王将 採用。 餃子の王将 アルバイト・パート求人 サイト

大阪王将 パート・アルバイト・社員 求人情報

王将 採用

会社データ 【新型コロナウイルス感染症への対応】 【会社説明会、選考についての対応】 ・会社説明会、面接では弊社社員はマスク着用で実施させていただきます。 ・マスクの配布(数に限りがありますので、可能な限りご持参ください) ・参加学生、当社社員への手洗い ・アルコール消毒液の設置 ・少人数開催(参加人数は10名以下を想定しています) ・不安のある方は、個別での対応も可能です。 予めご理解いただきますようお願い申し上げます。 WEB会社説明会も行っておりますので、ぜひご参加ください。 《学生の皆さんへのメッセージ》 直接お会いできる機会が少ない分、 より丁寧に弊社のことを知っていただくように心がけてまいります。 このような状況下での就職活動は、不安があるかと思いますが、 みなさまが素敵な企業に出会えることを心より願っております。 1995年1月、大証2部、京証に上場。 2006年3月、大証1部上場。 2013年7月、東証1部上場。 日本の味、餃子を世界へ。 1967年、京都の四条大宮でスタートした小さな中華料理店「餃子の王将」、 今では全国に730店舗を展開する中華レストランチェーン店に成長しました。 一般的な飲食チェーン店は、どの店舗でも均質な料理やサービスを提供しますが、 「餃子の王将」には一つとして同じ店舗はありません。 餃子の王将では店長が中心となって、店舗で新しいメニューやイベント・サービスを作り上げています。 店舗の裁量権が非常に大きい「店舗主導」の経営を実践しているのです。 地域や立地によって、お客様の層や求めるものは違います。 大学前の店舗では学生さん、ロードサイドの店舗ではファミリーがターゲットです。 また、地域によって食の文化や味の好みも違います。 「お客様の求めるものに応えていきたい」 「お客様から褒められる店を作りたい」 だからこそ、お客様のニーズを一番理解している店舗のスタッフに大きな裁量権をゆだねているのです。

次の

「餃子の王将」 愛媛県産タケノコを採用へ

王将 採用

【写真】乾燥機に並べたタケノコの乾き具合を確かめる上川勝利さん=5月10日、大洲市河辺町三嶋 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)は3日までに、ラーメン用メンマに使う乾燥たけのこを中国産から愛媛県産に段階的に転換する方針を決めた。 今春から県内のシイタケ農家らが干しシイタケを作る乾燥機を利用して加工、県森林組合連合会を窓口に出荷を始めた。 王将は昨年12月、全食材の国産切り替えを進める方針を明らかにしている。 乾燥たけのこの国産切り替えを加工業者に打診したところ愛媛県産の提案があり、現地視察などを踏まえて決めた。 乾燥たけのこには、大人の背丈以上に伸びたモウソウチクの先端部分を使う。 節を切るなどした後、ゆでて機械乾燥。 重さは乾燥前の8~10%になる。 県森連によると、1キロあたりの買い取り価格は3500円。 東日本大震災以降、東京電力福島第1原発事故の風評被害で干しシイタケの取引価格が下落。 乾燥たけのこ生産には農閑期のシイタケ用乾燥機を使え、初期投資もゆでる際に使う大鍋程度と少額で済むといい、今年3月に取引を決めた。

次の

渡辺二冠も王将戦で採用!対振りで最近人気のエルモ(elmo)囲いの組み方とは?【玉の囲い方 第63回】|将棋コラム|日本将棋連盟

王将 採用

会社データ 【新型コロナウイルス感染症への対応】 【会社説明会、選考についての対応】 ・会社説明会、面接では弊社社員はマスク着用で実施させていただきます。 ・マスクの配布(数に限りがありますので、可能な限りご持参ください) ・参加学生、当社社員への手洗い ・アルコール消毒液の設置 ・少人数開催(参加人数は10名以下を想定しています) ・不安のある方は、個別での対応も可能です。 予めご理解いただきますようお願い申し上げます。 WEB会社説明会も行っておりますので、ぜひご参加ください。 《学生の皆さんへのメッセージ》 直接お会いできる機会が少ない分、 より丁寧に弊社のことを知っていただくように心がけてまいります。 このような状況下での就職活動は、不安があるかと思いますが、 みなさまが素敵な企業に出会えることを心より願っております。 1995年1月、大証2部、京証に上場。 2006年3月、大証1部上場。 2013年7月、東証1部上場。 日本の味、餃子を世界へ。 1967年、京都の四条大宮でスタートした小さな中華料理店「餃子の王将」、 今では全国に730店舗を展開する中華レストランチェーン店に成長しました。 一般的な飲食チェーン店は、どの店舗でも均質な料理やサービスを提供しますが、 「餃子の王将」には一つとして同じ店舗はありません。 餃子の王将では店長が中心となって、店舗で新しいメニューやイベント・サービスを作り上げています。 店舗の裁量権が非常に大きい「店舗主導」の経営を実践しているのです。 地域や立地によって、お客様の層や求めるものは違います。 大学前の店舗では学生さん、ロードサイドの店舗ではファミリーがターゲットです。 また、地域によって食の文化や味の好みも違います。 「お客様の求めるものに応えていきたい」 「お客様から褒められる店を作りたい」 だからこそ、お客様のニーズを一番理解している店舗のスタッフに大きな裁量権をゆだねているのです。

次の