愛想 を 振りまく。 「愛想」と「愛嬌」、「振りまく」のはどっち?間違えていた人は42.7%!

「愛嬌」と「愛想」振りまく のはどっちが正解?

愛想 を 振りまく

<人に接するときの態度。 また、人当たりのいい態度。 両者には何か違いがあるのでしょうか? 再び小学館『デジタル大辞泉』をひもとくと、こんな説明がありました。 <「愛嬌」は、あるものに備わった、かわいらしさ、ひょうきんで憎めないようすを表しているのに対し、「愛想」は、「愛想がよい」「愛想笑い」などのように、人にいい感じを与えるために示す態度や動作である。 「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「お愛想を言う」のように、意識的な動作や態度をいう。 あなたは、人とあいさつするとき、会話するとき、スマイルしていますか? 実は、自分では笑顔を作っているつもりでも、人から見るとそうは見えないことも意外と多いのです。 ときどき鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。 (2)相手の目をきちんと見る 笑顔を作る際に、口角を上げることを心がける人は多いと思います。 でも、口元だけ笑みを浮かべても、うつむいたままでは、せっかくのスマイルが相手に十分伝わりません。 あいさつや会話の際には、相手の目をきちんと見るようにしましょう。 (3)明るいトーンの声で話す マクドナルドの店員さんの「いらっしゃいませー」を思い出してみましょう。 すごく明るいトーンの声で感じがいいですよね。 別にアナウンサーのような美声である必要はありません。 ハスキーボイスでも低い声でも、明るいトーンで話すように心がけましょう。 語尾に音符マークをつけるつもりで話してみるといいですよ。 (4)身だしなみに清潔感がある いくら明るい笑顔や声のトーンを心がけても、髪がボサボサだったり、服装がだらしなかったりすると印象が台無しですよね。 清潔感のある身だしなみを心がけましょう。 髪が顔にかかっていると、表情が暗く見えやすいので、髪の長い女性は特に要注意です。 (5)自分からあいさつする あいさつは通常、目下から目上にするのがマナーとされています。 しかし、愛想がいい人は順序にこだわらず自分からあいさつしています。 たとえば、「そのネクタイ、ステキですね」とさりげなく相手の身につけているものを褒めるなどです。 この「プラスのひと言」を加えられるよう、常日頃から相手をよく観察しましょう。 誰にでも分け隔てなく接するようにしましょう。 (10)健康管理に気をつけている 上記(1)~(9)すべてを実践しているとすれば、大変すばらしいことです。 ただ、いつも顔色が悪く目の下にクマができたような状態だと、愛想よく振るまえば振るまうほど「あんまり無理しないほうが……」と周囲から心配されてしまいます。 しっかり睡眠をとる、過激なダイエットは避けるなど、健康管理を心がけるようにしましょう。 「愛想笑いは、下心ミエミエでよくない」と考える人もいるかもしれません。 のちほどエピソードもご紹介しますが、愛想笑いは相手に対する一種の気遣いです。 4:愛想を振りまく女性はモテるのか? (1)男性からは? 合コン参加者の女性のノリがいいと、男性は「こちらに興味をもってくれているのだな」と好感をもつそうです。 逆に、どんな美人でもノリが悪いと「ハズレだな」とテンションが下がったり、イラッときたりするのだとか……。 また、同記事ライターの文平サチオ氏は、以下のようなコメントを残しています。 <合コンで男性が頑張って話してくれていたら、その話がつまらかったとしても、愛想笑いでいいので反応してあげましょう。 彼に愛想笑いがバレても、男性は「あぁ、この子、オレに気を遣ってくれてるんだな」と思いますから悪い気はしません。 笑顔で楽しそうにしている女性のまわりには、自然と人が集まってきて、逆に、いつも不機嫌そうにしている人はしだいに孤立してしまうとのことです。 愛想を振りまく女性は、男性からだけでなく、同性の女性からもモテるといえるでしょう。 もしも、「愛想を振りまいたけど、同性からは反感をもたれた」という人がいたとしたら、それは振りまき方が中途半端だったのではないでしょうか? たとえば、男性や目上の人にだけ愛想を振っていたとか……。 前述の「2:愛想がいい女性がとる行動10個」を参考に、愛想の達人を目指しましょう。 (3)本当に好きな人からは? すぐ上に書いてあることと矛盾するようですが、本当に好きな男性に対しては、ちょっとだけ特別な愛想をプラスアルファしましょう。 というのも、心理学者・渋谷昌三氏の著書『3分でわかる恋愛心理学』にはこのように述べられているのです。 <男性は女性の笑顔が好きです。 (中略) その笑顔が、自分だけに特別に向けられたものだとすれば、いっそう格別なものとなります。 もちろん、あからさまな特別待遇を公然と行うと、周囲の反感をかうおそれがあるので、そこは注意を要します。 たとえばふたりきりのときだけ、いつもより長くじっと見つめるなど、普段より「愛想増し」をして、本命の彼に特別感をもってもらいましょう。 愛想をよく振るまうことを心がければ、得をすることはあって損をすることはほぼなさそうです。 「君って愛想がないね」と言われたことのある女性は、「どうせ私はかわいげがありませんよ~」とひがむのではなく、まずは笑顔の練習から始めてみてはいかがでしょうか? この記事を書いたライター 中田綾美 A. Nakata 大学卒業後、塾講師・司法試験挑戦・OL経験…と紆余曲折の末、2010年からライターとしての活動を始める。

次の

さっきテレビで「愛想をふりまく」が間違いで「愛嬌をふりまく」が正解らしい...

愛想 を 振りまく

無愛想な人の特徴 無愛想な人な人は自分を表現することが苦手な人。 怒っているかのように見えて、実は恥ずかしがっていることもあるのです。 ここでは、無愛想な人の特徴を紹介。 表情が変わらない 喜怒哀楽が分かりづらく、あまり表情を変えることがありません。 話をしている相手は「怒っているのかな?」「機嫌が悪いのかな?」と思ってしまうことも。 本人は怒っているわけではないのですが、 相手を心配させる空気感を放ってしまう。 消極的 自分から話しかけることをあまりせずに、人の話をずっと聞いている。 話しかけることをしないので、無愛想な人と思われやすいですね。 無愛想な人は控えめな性格でもあるので、わざと話しかけないのではなく、話しかけられない人も中にはいます。 シャイ 初対面の人などと話すことが苦手というパターンもありますね。 緊張して表情が硬くなってしまっているだけなのに、「無愛想な人だな」と思われてしまうことも。 ただ単に恥ずかしがり屋なだけで、慣れてくると普通に話せる人も中にはいますが、慣れたとしても、無愛想な感じが抜けきらない人もいます。 不機嫌そう 無愛想な人は、常に不機嫌そうに思われることが多く、「怒っている」「怖い」と思われてしまいがち。 当の本人はいつもの自分でいるつもりでも、そう思われてしまうこともある。 自分を見せない あまり自分の話を自分からすることがなく、どちらかというと隠してしまう。 無意識に ガードを固くしてしまうことで、避けられがちになってしまうことも。 リアクションが薄い 話をしている最中のリアクションがとにかく薄い人って、たまにいますよね? まあ、これは私のことですが、人の話に対するリアクションが「へー」という感じにプラスして声のトーンが低いので、話を楽しんでいなさそうな感じを出してしまう。 会話中のリアクションはかなり大事で、 リアクション次第で無愛想な人と思われてしまう可能性を高めてしまう。 無愛想な人は、人と会話を楽しむのが苦手。 喋り方が怖い 喋り方が早口で怒っているような口調の人も無愛想な人と思われやすいですね。 声のトーンが低くて、クール、サバサバした感じで喋ると、相手に怖い印象を与えてしまう。 第一印象が悪い 自分から話しかけられない、リアクションが薄いと初対面に思われることが多いので、第一印象が悪くなってしまうことが多いのも、無愛想な人の特徴でもありますね。 もし、仕事などで付き合いをしていく場合は、 マイナスからのスタート(印象が)になってしまうことも。 挨拶できない 悪気はないのですが、挨拶ができない人もいます。 挨拶されれば挨拶するけど、自分から挨拶しない人も。 しかも、無表情で挨拶をするので、挨拶だけでも怖い印象を与えてしまう。 わかるわかる!気を使ってしまうから、一緒にいると疲れてしまう。 怒っていないのに怒っているように見られる 無愛想な人は、怒っているわけでもないのに怒っている風に見られやすいです。 それだけ、 話し方や表情で人に与える印象は変わるということです。 また、独特なオーラを放っていることもあり、話しかけづらいと思われることが多くなってしまう。 仲良くなるとどうなる? 無愛想な感じはそのまんまですが、怒っていないことがわかれば、案外普通に話すことができます。 多少、口調が荒かったり、トーンが低かったりしても「この人はこういう人」とわかってくるので、無愛想であることが普通に感じてきます。 ただ、無愛想な人は感情が薄いので、 仲良くなるまでには時間が必要です。 そうことだと思うよ。 少しでも怒っている、怖いって印象があると避けてしまうからね。 心はあったかい? 無愛想な人は、第一印象で損をしてしまいやすい性格ですが、優しい心の持っているって知っていましたか? 怖そうに見えて実は優しい面もあるのです。 恥ずかしいだけ 表情が薄い、リアクションが薄いのは、自分を表現するのが恥ずかしいだけで、怒っているから不機嫌そうにしているわけではないのです。 恥ずかしいと思っていることを、誰かに打ち明けるのって恥ずかしくてなかなかできませんよね? 無愛想な人は、恥ずかしい気持ちを一人で抱え込んでしまう。 いざという時に助けてくれる 仕事でトラブルがあったりすると、嫌な顔をせずに 自分の意思で助けてくれることもある。 シャイな性格ということもあって、さり気無く手伝ってくれるところが、逆にプラスになる。 他人の仕事を手伝う時って、多少はめんどくさく感じてしまいますが、無愛想な人はそれを表に出さない。 無表情で助けられると怖く感じてしまうかもしれませんが、これが、 無愛想な人の愛情表現の1つと捉えることもできます。 人の不幸に寄り添ってくれる 無愛想な人って、人のことに関心がないように思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。 むしろ、相談すれば相談に乗ってくれますし、真剣に話を聞いてくれる 優しさを持っています。 情に熱いところがある。 私もキュンキュンしてしまうかも。 「善人」を演じるなら無愛想の方がいい 無愛想な人ってマイナスに捉えられることが多いですが、本当にマイナスな要素なのか? 逆に「いい人」を演じている人の方が性格が悪い気がするのは私だけなのか。 愛想振りまくのが善なのか? 無愛想な人もいれば、誰にでも愛想を振りまいている人もいます。 愛想がいい人はいい印象を与えやすいので、誰とでも話ができる印象がありますが、「愛想を振りまいている人」に関しては、 自分を偽ってまで、みんなに気に入られようと「善人」を演じていることだと思います。 こんな表面上だけの「愛想」って必要なのか? 私個人としては必要ないかな。 表面上はいいかもしれない• 嫌われたくないから• 他人にどう思われているのかが気になる 愛想を振りまくのも意外と大変そうだな・・・。 自分を偽っていない 無愛想な人は、変に人から好かれようとしないので、そのまんま無愛想な自分を出しています。 恥ずかしいからという理由もあるのですが、変に愛想を振りまいている人よりかは、 わかりやすい人だと思いますよ。 無愛想な人は「いい人」になろうとはしない。 自分を持っている 自分の「芯」を持っている無愛想な人は多く、• 好き嫌いがハッキリしている• 媚びない• 他人の評価を気にしない この3つがハッキリとしている。 人にネチネチ媚びることもしませんし、他人と自分を比較することもしません。 なので、変にストレスを感じることもないですし、好き嫌いがハッキリしているので、わかりやすい性格でもあるのです。 表情などからは、何を考えているのかわかりにくいですが、 心の中はハッキリとしている。 愛想を振りまいている人の方が自分を隠しているような気もするからね。 私はあんまり信用できない。 きむも無愛想 私自身も無愛想な性格で、特に、喋り方が怖いこともあって、相手に不快な気持ちにさせてしまったり、避けられたりする経験をしている。 あからさまに避けられたこともありますからね。 私は、ご飯を食べたあと、謎に疲れてしまい会話中のリアクションが薄くなってしまうことが多いのですが、初対面の人にはわかってもらえないので、無愛想な人と思われてしまう。 このことを知っているのは、家族と彼女くらいで、食後は「元気がないぞー」ツッコミを入れてくれる。 威圧感がある(らしい) 私の目は怖いらしい。 眼力があると言われたこともありますし、威圧感があるとも言われたことがあります。 私自身は、そんなに目に力があると思っていませんし、威圧的な態度をとっているわけではないのですが、他人から見るとそんな感じの人らしいです(笑 特に仕事中の威圧感はすごいのか、昔、先輩から敬語で話しかけられることもあった。 口調が怒っている(らしい) 私は、コミュ障ということもあって、テンパって早口になってしまうことがある。 しかも、声のトーンも右肩上がりになってしまうことがあるので、まるで怒っているかのような口調になってしまうことも。 意識して抑えるようにはしているのですが、優しく喋るのは難しい。 表情が怒っている(らしい) 眉間にシワが寄っていたり、口角が下がっていることから、常に怒っていると思われてしまう。 真顔の状態だとこの表情なのですが、こんな私でも笑うことはあるので、その時はさすがに口角は上がっている。 真顔が優しい表情をしている人が羨ましく感じる。 (この2人、俺に聞こえるように、わざと話しているだろ・・・) まとめ 無愛想な人の相手をするのは難しいと思います。 私自身が無愛想なのでよくわかりますよ。 しかし、 無愛想な人=怒っている 無愛想な人=怖い人 と、勝手に決めつけるのは早すぎます。 その人の中身を知ることができれば、案外いい人だったりするので。 私自身が無愛想だからこそ実感しているのは、 表情と声のトーンって、人と接する上でかなり重要なポイントなるということ。 だって、初対面の人はこの2つだけでしか、その人を判断できませんからね。 中身に関しては、会う回数を重ねないとわかりませんから。 無愛想な人は、人と仲良くなるまでに、かなり時間が必要ということです。 私と仲良くなりたい場合は最低5年は必要ですよー(笑.

次の

無愛想な人の特徴|感情を表現するのが苦手なだけ

愛想 を 振りまく

「愛嬌」も「愛想」も、顔つきやふるまい、人当たりのよさを表す言葉でよく似た印象があります。 それでは一体、どのように使い分ければよいのでしょうか。 「愛嬌」は、にこやかでかわいらしいこと、ひょうきんで憎めない表情やしぐさ、相手を喜ばせるような言葉や振る舞いを指します。 もともとは「愛敬 あいぎょう 」という言葉で、仏教用語の「愛敬相 あいぎょうそう・仏や菩薩の優しく情け深い容貌や態度 」からきていて、人から愛され、敬われることを指します。 それに加え、顔つきや振る舞い、性格などが愛らしいことをいうようになったのです。 この「あいぎょう」が中世後期以降、清音化して「あいきょう」となり、やがて、意味に合わせて「嬌」の字が使われるようになったといいます。 ここで押さえておきたいのは、「愛嬌」が、その人本来が持つ性質の愛らしさを指しているということ。 「かわいげ」と言い換えるとわかりやすいかもしれません。 一方、「愛想」とはどんな言葉でしょう。 「愛想がいい」といえば、応対がよく、好感の持てる表情や態度のことですし、「愛想を尽かす」といえば、人への好意や信頼感を失うこと。 さらに、「お愛想をいう」は相手の機嫌をとるための言葉です。 「愛想」という言葉は、人に接する時の対応、いわば「意図的な態度」を表す言葉なのです。 かといって、ネガティブな言葉というわけではありません。 とりわけ飲食店などの接客が主要な仕事においては、「愛想」はお客様に心地良くいてほしいという心遣いやもてなし、サービスの表れです。 飲食の勘定のことを「おあいそ」といいますが、これはお店が客に「お愛想がなくて申し訳ございません」という言葉とともに勘定書きを示していたのが由来といいます。 飲食業が「愛想」を大切にしていた証しにも思えます。 一般的に、慣用句としては「愛嬌を振りまく」が正しいとされていますが、「愛想を振りまく」も間違いとは言い切れないという説もあります。 「愛嬌」と「愛想」、二つの言葉それぞれの意味をよく知って、使い分けたいものですね。 中国に伝来された最初の仏教経典といわれる『四十二章経』に、「天を仰いで唾する」という言葉が記されています。 「悪人が賢者に害を与えようとすることは、天に向かって唾を吐くのと同じことだ。 唾は天まで届かずに、かえって自分の身を汚すことになる。 」といった内容です。 実は、先ほど「間違い」とした2の答えも、「悪人が賢者に害を与えようとする」の部分とは合致しています。 しかし、このたとえ話のポイントは、その先にあります。 ブーメランのように、「その行為によって自分に災いが降りかかってくる」ことを忘れてはいけません。 「唾」を含む、故事・ことわざは他にもいろいろあります。 「眉に唾を付ける」というのもありますね。 キツネやタヌキに化かされないようにするには、眉に唾をつけるとよいという言い伝えから、だまされないように用心することをいいます。 また、事の成り行きが気になって緊張することを「かたずをのむ」といいます。 これも唾のことわざのひとつ。 漢字では「固唾を呑む」と書きます。 固唾とは、緊張した時に口の中にたまる唾のこと。 それを飲みこんで見守ることをいいます。 唾液には口の中の健康を守る重要な役割があります。 特に、高齢になってからの唾液の分泌量の低下は、体の不調のサインということもあるそうです。 日常生活においては、健康を守る「唾」の役割の大切さを認識しておきたいですね。

次の