青木 ケ 原 樹海 怖い。 富士の樹海に暮らす“不気味な人(坊主)”を追う

富士の樹海に伝わる「5つの都市伝説」の真実

青木 ケ 原 樹海 怖い

言わずと知れた自殺の名所である青木ヶ原樹海 ここで自ら命を絶つ者は後を絶たず、一年に一回警察消防隊員400人が集まり自殺者の遺体を一斉捜索していた事もあったほどだ 捜索自体は遊歩道からそれほど離れない範囲だったがそれでも捜索のたびに数体は発見されたそうだ 多い時で年間100体以上も見つかったという 一度迷ったら決して出られないと言われていて、遊歩道を探索する分には問題ないが少しでも森の中に足を踏み入れてしまうと非常に危険だ 周りは木と草しかないので方向感覚を失い、薄暗く目印になるようなものもない 実際に樹海を訪れた自殺志願者が寸前のところで思いとどまり帰ろうとしたが道が分からず警察に助けを求めたものの二度と発見される事はなかった 不本意に命を落とした者も決して少なくないため心霊的な話も多い 霊感が強い人の周りには数分で霊が集まる、歩いている最中に金縛りにあう、帰宅後からだ中に手の跡がついていたなどの噂がある 樹海では決して遊歩道から外れてはいけない• 30 名無し 3日前 報告 「ろくろ首」 樹海で首を吊った人は、時間がたつとロープと首とのつなぎ目が折れて地上に落下、 後は、肉食獣のやウジの餌になってバラバラになります。 まれに、骨格全体が無傷で服を着たまま白骨化した遺体がありますが、大抵服毒(薬)自殺だそうです。 樹海の肉食動物は鼻が利き、食べて毒になるものには手を出しません。 また、非常にまれですが、木が高く、風通しのよく、頚椎の丈夫な遺体は動物に食べられずミイラ化 しますが、体重の重みで鎖骨が折れ、体の部分が下にずり落ちて頸骨や背骨がむき出しになって 「ろくろ首」状態になった方もいます。 一度捜査関係者にその写真を見せてもらいましたが 服はきちんとスーツを着てネクタイを締めていたのいたのが怖かったです。 29 名無し 3日前 報告 この場所は、昔、大きな湖で富士山の爆発で溶岩が湖面を覆い。 熱せられた湖水が水蒸気となって固まった 溶岩を突き破り深い穴になっている場所がたくさんある。 穴に落ちたら出てこれなくなり餓死するので 昔の人は、魔の森と言って安全な道以外、通らなかった。 ところが・・明治維新以後、「刑事と依頼人婦人の不倫小説 『波の搭』」が大ヒットし、 ラストシーンで不倫婦人が青木ヶ原の西湖湖畔から樹海に入り「清く静かな死」を選べる場所?として 有名になった。 以後、毎年のように自殺者が出ている。 しかし、自殺者として発見されるのは地上の死体だけである。 面白半分で安全な道を外れ、スマホ片手に 水蒸気のガス穴に落ちた者は、食べ物も助ける人もなく、虫だらけの暗く深い穴の底で他人の骸骨のそばで朽ち果てていく。 一説によると穴の転落者は自殺者の数倍はいるといわれるが、実態調査は進んで いないらしい。 彼らは知り合いに「もし俺たちから4日たっても連絡がなかったら警察に通報してくれ」と頼み樹海の地へと足を運んだ。 そして4日たったが彼らは帰ってこなかった。 通報を受けた警察は捜索を開始した。 操作から2日後、3人のうちの1人が発見された。 遺体で発見されたわけではなく、ちゃんと生きている状態で発見された。 しかしその姿は決して無事と言えるものではなかった。 裸で木に抱きついているところを発見されたのだ。 警察が声をかけてもそれに気付く事はなくひたすら腰を振り続けていたそうだ。 その顔はうつろで口からは涎が垂れていた。 後日、正気に戻った彼から話を聞くと「長髪の美人と出会い、彼女と共に過ごしていた」ということらしい。 しばらくしてもう1人、草の上で寝ているところを発見された。 そして彼もまた長髪の美人と一緒に行動していたという。 最後の1人は発見はされたものの木の枝にロープをかけて首を吊っている姿だった。 生き残った2人は普段の生活に戻ったが、やがてノイローゼになり入退院を繰り返した。 彼らは時々だれもいない方へ向かって「なっちゃん、来てくれたの?」と嬉しそうに話しかけ1人で喋り続けているそうだ。 けれども、大変なことになりました。 4人で樹海に行って、だんだん奥に行くに連れて薄暗くなって僕はある木を見て気になってみんな集めて、この木を調べたらスプレーで書かれた丸い十字架が書かれていた。 僕は思った。 「ここで、死んだ人がいるんだ」と思ってその場所から離れようとした時、前方に女が歩いているのがわかったので、僕は「自殺する人じゃない。 」かと、思い追い掛けて女を倒した。 その女の正体を見て、僕と友達 三人が悲鳴をあげました。 その女の正体は、長い髪をした白骨化していた女の死体でした。 みんなまもう夢中になって下山しました。 もう、樹海に行くのが、怖くなりました。

次の

ミステリースポット10 青木が原樹海・夜の国道139号線

青木 ケ 原 樹海 怖い

アウトドアが好き、だけどキャンプもスノボも今年行っちゃったしな〜ちょっと違ったアクティビティーしたいな〜と思ってるあなた。 朗報です。 ズバリです。 今じわじわと巷できてるって知ってましたか? 自殺スポットだよね? 今回のツアーは青木ケ原樹海の最深部に分け入り、一般観光客が足を踏み入れる事のできない天然の地下洞窟3ヶ所に入洞、ディープな本物の樹海を体験できるというもの。 青木ケ原樹海って自殺スポットだよね?と思ったあなた。 そうなんです。 なんと青木ケ原樹海は 「地球上で最も人気のある10の自殺スポット」で堂々の1位を獲得しちゃってます。 一度入ったら出られない場所。 木が覆い茂って、雨つぶすら落ちてこない場所。 実はめっちゃ綺麗 — 2015 10月 5 8:04午前 PDT 見てください。 そこにはほとんど人間の手が加えられていない、とても貴重で幻想的な自然が残っています。 樹齢400年にも及ぶミズナラの大樹や、フィトンチッドという森林浴の元となっている物質がたんまりと存在し、その物質は人間にとって良いだけでなく、害虫にとっても毒なんです。 森が自分自身で状態を保っている。 普段街にいると感じられない、その静かで力強いパワーに圧倒されること間違いなし。 エコツアーオブザイヤー10年連続1位の実績! 実はは環境学習の要素を持ち自然を探訪するツアーとして、このツアーは10年連続で1位をとっています。 が、しかし今回おすすめしたいのはこちらのツアーではなく! もっとパワーアップした2016年の新コースです!.

次の

【閲覧注意】樹海の恐怖!自殺名所・青木ヶ原樹海のタブー!

青木 ケ 原 樹海 怖い

皆さんは富士樹海の中に、多くの都市伝説を生み出した不思議な集落があるのをご存知でしょうか?その名も精進集落。 「樹海に迷い込んだ人々が作った集落」や「国の極秘実験施設」等、ネット上では様々な憶測が書き込まれています。 ただグーグルマップで確認すると、そんな都市伝説が生まれるのも納得。 樹海の中にポツリと島のように浮かんでいるのです。 そこで今回は、この精進集落はどんな場所なのかをご紹介したいと思います。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp) 写真:かっぴー グーグルマップなどで見るとすぐにわかると思うのですが、精進集落は富士樹海のど真ん中にあり、四方を樹海に囲まれています。 よって、常に静寂に包まれており、空気も澄んでいて非日常を楽しめる素晴らしい場所なのです。 公共交通機関ではバスで行くことができます。 では、精進集落は一体なぜこんな場所にできたのでしょうか? グーグルマップを見れば見るほど不思議に感じてしまいます。 調べてみると歴史は意外に浅く、昭和41年9月25日に発生した台風26号の影響で生まれたことがわかりました。 湖に接した集落が壊滅状態になり、困り果てた村民が樹海内に引っ越したのが、この集落の始まりだったのです。 しかし、今まで湖の側で生活していたのと一転、こんな樹海の中での生活。 当然ライフスタイルも変化します。 仕事も変えなくてはいけません。 そこで住民たちが始めたのが民宿経営。 今でも16ヵ所もの民宿が営業しています。 こちらの民宿は、他の民宿と比べ、精進湖民宿村の一番奥の角にあるため、住宅ではなく目の前に樹海が広がり、思う存分樹海の景色を楽しむことができます。 朝は正面の樹海に霞がかかりとても幻想的な景色。 窓の外に広がる静かな富士樹海をゆっくり眺めてみてください。 遠くまで果てしなく広がる緑に心落ち着く時間がそこには待っています。 富士樹海は緑豊かで澄んだ空気で満たされています。

次の