ブルー クッション。 ブルーマジック クッション【エッグシッター】の口コミ・感想【無重力ゲル座布団】快適な座り心地をサポート

Gゼロクッションとブルーマジックを比較!どこに違いがあるの?

ブルー クッション

デスクワークの日々で腰が痛い... 座りっぱなしの毎日に適したクッションが欲しい! 近年、 運動不足のせいで体重が増え、腰痛に悩まされている方が多いのではないでしょうか? 私に関しては、デスクワークの毎日で腰を痛めがちです。 この記事を読み、商品の魅力に触れれば、 腰痛に悩んでいる人たちの悩みを解決できると思っています。 私は実際に、 この商品を購入して使っているのですが、 使用前より明らかに身体的悩みが解決されています! 商品名は 【 エッグシッター またの名をブルーマジック 】、購入した経緯から購入後の感想まで全て紹介します。 この記事を読み終わるころには、 エッグシッターの魅力を知り、 あなたに合ういいクッションに出会えるはずです。 もくじ• 商品を買ったきっかけ 普段はデスクワークなので、腰痛が心配だった ここに至るまでの経緯が必要かと思いまして。 私は職業柄、基本的にデスクワークなのですが、今年の春から所属する部署が変わりました。 今までは事務所から出張に出かけ、出先で作業が完了するとそのまま自宅へ直帰するという流れでしたが、部署移動したことにより、毎日完全なデスクワーカーになりました。 作業場所が完全に固定されたので移動する機会がなくなり 腰を据えて仕事ができるようになったのはとてもいいことでした。 ただ、 一日中ずっと椅子に座りっぱなしなので、腰への負担がすごい。 特にここ最近になってからですね。 そして経緯としてもう一つ、 職業病の一つとして、痔を抱える方が多い。 やはり座りっぱなしになることで血行が悪くなり、その影響で病が発生して入院するパターンが多いんだとか。.... 絶対嫌だ。 汗 腰の痛み、そして忍び寄る病の恐怖。 「なんとかして今の生活を改善しなくては。 」そして私は決意しました。 負担やストレスを軽減でき、なおかつ会社でも使えるような クッションを手に入れよう!! そうは言いつつも、自分に合ったクッションってやっぱり専門店に行っていろいろ調査してもらって高いお金を払って手に入れるようなイメージしかなかった。 世の中のMy枕ってそんな感じですよね。 たまたま見てたバラエティで紹介されてた! そんな難しいことを考え行動に移せていなかった今年の秋ごろ、 TVを見ていた時の事でした。 日曜の夜に放送されている 大人気バラエティ番組にて、おもしろグッズが紹介されていました。 おそらく放送の尺を稼ぐために用意した繋ぎのコーナーな感じだったのでそこまで深く紹介されなかったのですが、そこで紹介されていたのがこのエッグシッターでした! コーナーの内容は、実際にエッグシッターの上に卵を置き、その上からタレントが座るというものでした。 普通に考えたら一瞬で割れてしまうところなのですが、、、 割れなかったんです。 「いやいや慎重に座ったからだろう」と思いましたがタレントさんも同じことを思ったのか、普通に椅子に座る程度の勢いで座っても割れていませんでした。 「マジか... もしかするとこれ、いいんじゃないか?」... ということで、勢いでAmazonで調べてみると瞬く間に在庫がなくなっていました。 恐るべしTVの力... しばらく時間をおいてから購入、そしてついこの間私の手元に届きました!! 商品について 海外販売名ではエッグシッター、日本販売名はブルーマジックだ! はい、こちらが表紙でございます。 英語だったのでざっくりとしか見てないですが、はやり卵に座れます!!というところを押しているようですね。 裏面も英語での記載だったので特に載せませんでした。 中身はクッションと、クッションを入れるカバーが付いていました。 ちなみに、こちらの エッグシッターは海外販売名です! 日本で販売されているときの名前は ブルーマジックです!要するに、 エッグシッターと ブルーマジックは名前が違うだけで同じ商品という事になります! 椅子に置いてみた 一般的な普通の椅子 実際に椅子の上に置いてみるとこんな感じです。 一般的な椅子座席より一回り小さいくらいの大きさですね。 しかし座る分には申し分ない大きさ、むしろちょうどいいです。 購入するにあたって、ケースにも乗っている画像のように真っ青なゴムみたいなクッションのイメージが強かったので黒くて目立たないカバーが付いていてよかったです。 黒いカバーが劣化と落下 滑り止め を防ぐ! そしてこの黒いカバーは外見の派手さを隠す役割もありますが、直接座ることでゴムの劣化を防ぐという効果もありそうですね。 また、付属のクッションカバーなのですが、クッションにカバーを付けた時に座席に接する面 下になる側 のアップの写真です。 つぶつぶしたものが見えます。 これなんですけど、座ったときにこのクッションがずれて行かないように滑り止めが付けられているんです! 確かに座ったときにせっかく座ったのにズルズルいっちゃうことありますもんね。。。 カバーの中には青いゲル素材のクッションが! こちらはカバーを外してみると、中には真っ青のゴムのような素材でできたクッションが出てきます。 触感は正直、触ったことのある方が多いかもしれません。 そう、 シャーペンやポールペンのグリップのところが似たようなゲル素材でできている商品がありますよね!あれの少し硬い高反発な触感ですね。 夏場でも蒸れない仕様になっていることだと思います。 たしかにムレは気になる... 実際に使ってみた クッションが蜂の巣状でストレスを分散させる! というわけで、実際に使ってみました。 【高反発】を語っているだけあって、柔らかいタッチではないです。 しかし、硬い触感はあるのですが、 腰が痛くなったりしびれたりしないです! そこまで期待はしていなかった分驚きですね。 私の一日の勤務時間は最低8時間と一般的な労働時間で、普段の椅子に座っていると、今までは腰が少し重たくなったりしびれてきたりしていました。 しかし、ここ1週間ほどこのエッグシッターを使ってみましたが今のところ以前のような痛みやしびれはないです。 そして使っていて思ったのが 姿勢が強制されているのでは!?ということでした。 腰の部分が分厚いので姿勢が強制される! クッションの後ろの部分が他の部分より少し厚く出来ているのがわかります。 こいつのせいで おかげで 背もたれに背中を預けようとすると下から押し返されるような感覚があり、自然と上半身が直立するような姿勢になります。 あくまで私の個人的な意見ですが、この後ろの厚みがこのクッションの一つの魅力なのではと思いました。 前のめりになりすぎて猫背にならないようにしましょう。 笑 他のユーザの口コミは? こちらも気になるところですよね。 通販サイトで購入した方々のレビューをまとめてみました。 ユーザの「よかった!」 通信販売 評価: 2. 5股関節の手術後 正座が出来なくなり椅子に座る事が多くなり~、椅子に長く座って居るとお尻が痛くなるので座布団を数枚重ねていました。 最初は良いな~と思いましたが、もう少し全体に長さを3~4センチ大きい方が座ってて楽な気がしました。 上記のように、様々な意見がありますね。 実際に買ってみて使ってみないと分からないですが、 賛否両論といったところでしょうか。 ちなみに、太ももに蜂の巣状の跡が付いた!なんて声がありましたが、私が使っている感じでは跡が付いたことが無いです。 裸で使っていたのかな.... 汗 まとめ 購入して半年間、腰の痛みが緩和された! 実際に検証はしてないですがたまごの上から座っても割れない、というのはあながち間違いではないかもしれない。 そう思わされるほど負荷を分散し、ストレスを軽減しながらデスクワークに努めることができる商品でした。 ただ、購入時気を付けないといけないのが同じ商品や似たような商品が数多くあり、 どれを買ったらいいかわからない点です。 私が購入した時点では、価格は9800円程度でしたが、値段もピンキリで購入時に迷いました。 とりあえず安くなく、高くもない値段のものを買いましたがそこら辺は しっかり調べてから購入することをお勧めします。 てなはけで、高反発ジェルクッションエッグシッターの紹介でした!!.

次の

ブルーマジッククッションの感想まとめ

ブルー クッション

ブルーマジックとGゼロクッションの色々な違いを調べて比較してみた。 類似品といえる、「ブルーマジック」と「Gゼロクッション」の商品サイズ詳細・特徴・価格などを見て徹底比較してみました。 7 口コミ557件 以下、詳しくそれぞれの違いを見ていきます。 ブルーマジックのサイズ・重量・材質・構造・価格など ブルーマジックの製品詳細。 ブルーマジックのサイズ詳細。 カラー:本体:ブルー 専用カバー:ブラック• 重量: 約 1kg• 耐荷重:120kg• 材質 本体:ポリアクリルアミド 専用カバー:ポリエステル• 生産国:中国• 定価:10978円(税込み) ブルーマジックはGゼロクッションと比較して、厚みが「5cm」と厚いです。 厚さがしっかりあるのが、ブルーマジックの大きな特徴と言えますね。 サイズに関しては、Gゼロクッションよりコンパクトといえます。 横サイズは1cm小さく、奥行きは10cm小さいです。 また重量もGゼロクッションと比較して200g軽いです。 ハニカム構造と傾斜形状 Gゼロクッションのサイズ、重量、材質など。 カラー:本体・オレンジ、専用カバー・4色あり• 重量:1. 2kg• 耐荷重:記載なし• 材質:カバー:ポリエステル クッション部:TPE 熱可塑性エラストマー ,ポリエステル• 生産国:中国• 価格:5500円(税込み) Gゼロクッションはブルーマジックと比較して厚さが3cmと薄めです。 重量は1.2kgとブルーマジックと比較して、200g重いです。 専用カバーは4色(ブラウン、ピンク、ブルー、グレー)から選べます。 TPE 熱可塑性エラストマー とは? ブルーマジックとの大きな違いは、材質が「TPEとポリエステル」で作られています。 Gゼロクッションで使われている材質、TPE 熱可塑性エラストマー とは? TPEとは簡潔にいうと「ゴムの特色を持つ、柔らかいプラスチック」のようなもので、リサイクルができるため、地球に優しい素材です。 熱可塑性エラストマー TPE,Thermoplastic Elastomers は、常温では、ゴムの特色を持っていますが、高温では、その名のとおり、熱可塑性プラスチックと同様、軟化して圧縮、押し出し、射出などプラスチック加工機で、容易に成形することが可能です。 架橋が不必要で、成形サイクルが短く、他のエラストマー ゴム では、ほとんど出来ないリサイクルが可能なため、近年よりの風潮である資源の再利用化と一致し、需要が伸びている材料です。 packing. htm ランバス構造とは? 類似品、ブルーマジックとGゼロクッションの違い・お互いの良いところまとめ。 改めてブルーマジックとGゼロクッションの違い(お互いの良いところ)をまとめると以下になります。 ブルーマジックのほうが2cm厚い。 ブルーマジックのほうがコンパクトなサイズ。 ブルーマジックのほうが200g軽い。 ブルーマジックのほうが傾斜があり背筋を伸ばしやすい。 Gゼロクッションのほうがお尻全体をカバーできる。 Gゼロクッションのほうがカバーのカラバリが多い(4色)• Gゼロクッションのほうが環境に優しい材質を使っている。 Gゼロクッションのほうが定価はかなり安い。 こんな感じになりました。 あくまで、ブルーマジックとGゼロクッションの商品情報からの比較です。 座り心地は、人によって感じ方も変わるので、一概にいえない部分が多いです。 また、にすれば、厚さは5cmあるので、ブルーマジックと同じになります。 個人的には Gゼロクッションのほうが、サイズやカラバリ・価格的にお得度は高いかな?という気もします。 ただ、重さは少し気になりますが。 ずっと定位置に置くなら問題ないとも言えます。 そんなわけで、ブルーマジックとGゼロクッションのサイズ・材質・価格比較でした。 少しでも参考になったら嬉しいです。

次の

ブルーマジック|テレビショッピング・通販のダイレクトテレショップ

ブルー クッション

Contents• ブルーマジッククッションの類似品に注意! テレビショッピングでおなじみの ブルーマジッククッション。 デビューしたときは 偽物・類似品も少なかったのですが いまは、さまざまな種類の 偽物・類似品、 コピー品、非正規ルート品、 並行輸入品が 売られていますね。 正規品通販店の ホームページではこんな注意書きが! 類似品・並行輸入品にご注意! ダイレクトテレショップが取り扱う商品は、国内法の基準に従い、安心してご使用いただけるように 当社独自の徹底した品質管理や 商品の一部改良を行い、 日本語説明書を付属して 国内仕様に変更し 販売を行っております。 当社がテレビ等で紹介している商品の性能は、当社で取り扱っている商品にのみ当てはまるものであり、類似品、並行輸入品に当てはまるものとは限りません。 類似品や並行輸入品は、原則 メーカー保証対象外となりますのでご購入の際は十分ご注意ください。 人気がある美顔器ほど 偽物、類似品、 非正規品が 次々登場するのと同じく、 それだけ ブルーマジッククッションの機能が よいことを証明しているともいえます。 ブルーマジッククッションの正規品と偽物・類似品との違い ブルーマジッククッションと 見た目はそっくりでも、 よーく見ると、 偽物はやはり違いますね。 スペックで比較すると違いが はっきりわかります。 ・薄い。 ・素材がわからないゲル。 ・温度で変形する。 というのが 偽物のスぺックから 読み取れました。 中でも 最大の問題は 「薄い」 「柔らかすぎる」 「傾斜がない」。 お尻が腰が痛くて 欲しかったはずなのに 偽物では効果がなかった・・・ ということになってしまいます。 とくに 薄くては お尻のとんがりは痛いままです。 傾斜があることで 骨盤をたてて 背筋がぴんとします。 また 体圧分散効果について ブルーマジックは試験結果で お尻にかかる最大の圧力が通常の約半分に なるというデータがありますが 類似品は ブルーマジックとよく似た 体重分散の説明図はあるものの きちんとしたデータの 記載はないものが多い気がします。

次の