万引 家族 ネタバレ。 映画『万引き家族』祥太を中心に見るとわかりやすい/ネタバレ感想と評価

映画「万引き家族 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

万引 家族 ネタバレ

Contents• 万引き家族あらすじ 映画『万引き家族』の余韻がすごい。 気持ちが戻らない。 映画『永い言い訳』を観たあとの、あの気持ちが戻らない感じに少し近い。 こうした行動は2人には日常的なこと。 治は 日雇いで工事現場に勤務している。 妻の信代は クリーニング工場でパートに出る。 祖母の初枝は 年金暮らしでのんびりと過ごす。 娘の亜紀は 風俗店で働く。 ある夜、治と祥太はベランダに閉め出され、 震えている少女を目にする。 それはいつものことだったが放っておけなくなった治は、家へ連れて帰る。 信代は警察沙汰になったら面倒だといい、帰してくるように言う。 お腹をすかせていたので、とりあえずその少女、 ゆりに食べ物を与える。 治と信代は眠ったゆりを連れ、帰しに行った。 だがゆりの自宅では、両親が怒鳴り散らしながら、ケンカをしていた。 母親は「 生みたくて生んだんじゃ ない」と喚き散らしていた。 それを耳にした信代は、 ゆりを 自分のところに置いておきたく なる。 初枝はゆりの全身にある傷を手当してやっていた。 ゆりは虐待されていたのだ。 家に不動産屋が訪ねてくる。 初枝がひとり暮らししていることを装っているため、祥太とゆりはバレないよう外出する。 祥太はゆりを連れて、個人商店で万引きする。 治が職場で足の骨にヒビが入るケガをする。 日雇いのため、労災がおりなかった。 そのまま職を失う。 祥太はゆりを受け入れられず、邪魔だと思っていた。 治になだめられ、次第に妹だと思えるようになっていく。 初枝は 離婚した夫の月命日に 後妻の息子の家へ、手を合わせにいくことにしていた。 その際、 後妻の息子から3万円の現金を受け取っていた。 その 息子の長女が亜紀である。 亜紀は店の 常連客( 4番さん)と打ち解け合い、自分と同じように心の闇を持っていることに気づく。 そのことに嬉しくなる亜紀だった。 柴田家にゆりが来て2ヶ月。 すっかり家族の一員になりつつあったが、 テレビのニュースで ゆりが行方不明になっていると 報じられる。 ゆりの本名は 北条じゅり。 「じゅり」を「ゆり」と聞き間違っていたのだ。 信代は身元がバレないよう、ゆりの髪を切り髪型を変える。 名前も「 りん」と呼ぶことに。 りんもまんざらではなかった。 経営が苦しかった信代のパート先から、退職の打診があった。 時給の高い同僚と話し合って、どちらかが辞めなくてはならなくなる。 同僚は 信代がりんを連れている ところをみた、といい脅してきた。 黙ってもらう代わりに、 信代が 退職することになる。 祥太はいつもの店で、りんに万引きさせる。 しかし店の主人は気づいており「 妹には(万引き)させるな」とたしなめられてしまう。 そのことから祥太は万引きが してはいけないことだと考えはじめる。 一家で海水浴へ出かけた。 それぞれが楽しみ、家族にとって最初で最後の良い思い出になった。 この後は 結末のネタバレになります。 続きはこの 記事の下部へ記載しますね。 動画配信で視聴OK! 万引き家族は動画配信サイトで見ることができます。 アマゾンプライムでも配信されています。 こちらは会員になれば見放題。 その他動画サービスで見ることができるのは2社。 U-NEXT フジテレビオンデマンド 万引き家族キャスト 是枝裕和監督の新作『万引き家族』の追加キャストが発表!!先に発表されていたリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林に加え、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、山田裕貴、片岡萌美、森口瑤子、緒形直人、柄本明という豪華な俳優たちが追加キャストととして発表されている。 治は大人としては ろくでなしだ けど、心は優しいですよね。 祥太やりんを拾ったのも、治の優しさから。 結果的に誘拐になってるけど。 柴田信代:安藤サクラ この人はもう、 すごすぎて文句 つけることができません(笑) 30歳そこそこなのに、貫禄があるし安定感が半端ない! 信代は ぶっきらぼうなんだけど 母性がある人。 個人商店主の役で柄本明さんも出演してます。 何気に義父と長男の嫁という関係なんですよね。 ゆり(りん):佐々木みゆ ぶっちゃけ美少女ではないんだけど、 不安そうな暗い表情が すごくうまかったです。 映画初出演とのことなので本気の不安な顔だったかもしれませんけど(笑) AmazonのCMで小麦アレルギーでパンが食べられない子を演じてたのが、みゆちゃんです。 柴田初枝:樹木希林 過去にも是枝作品に多く出演しています。 初枝は どこにでもいそうな、気ま まなおばあちゃんって感じです。 初枝も大胆に万引きしてましたけども、見せかけだけど家族ができて幸せそうなおばあちゃん。 初枝を演じているときは、前歯がなかったですね。 あの歯のせいか、すっかり老人って感じに驚きました。 4番さん:池松壮亮• 柴田譲:緒形直人• 柴田葉子:森口瑤子• 北条保:山田裕貴• 北条希:片山萌美• 川戸頼次:柄本明• 前園巧:高良健吾• 宮部希衣:池脇千鶴 あらすじ続き(結末までネタバレ) ある朝、 初枝が死んでいた。 火葬する費用がないため、家の中に穴を掘り、 初枝の遺体を 埋めた。 祥太はりんに店の外で待っているように言い、万引きをしようとしていた。 だがりんが店内に入ってきて、自ら万引きをし始めた。 店員がりんに気づかないよう、 祥太は自分に目を向けさせ、商品を持って 店の外へ逃げた。 店員にはさみ撃ちにされた祥太は 高所から飛び降り、ケガをする。 警察に呼ばれた治と信代。 詳しい事情を聞かれぬよう、一時帰宅させてもらう。 これまでの悪事がバレる前に一家は夜逃げしようと、外へ出るが待ち構えていた 警察に逮捕された。 治の本名は 榎勝太(えのきしょうた)という。 信代の前夫を殺し、 死体遺棄を した前科がある。 信代は初枝の 死体遺棄の罪と 誘拐の罪をすべてかぶり、刑務所へ入る。 りんは元の家へ連れ戻される。 母の態度は相変わらずだった。 亜紀は父親から 初枝が金を受け取 っていたことを知り、ショックを受ける。 祥太は入院先で警察から事情を聞かれ、 養護施設に送られることになった。 治に連れられ、祥太は信代と面会した。 信代は 祥太を連れ去ったパチンコ 店と車のナンバーを伝えた。 探そうと思えば両親を探せるようにと思ったからだ。 祥太は治の暮らすアパートで一泊する。 治は お父さんからおじさんに 戻る、と祥太に告げる。 祥太は一人で施設に戻った。 治は思わずバスを走って追いかけてしまった。 感想と解釈 是枝監督の作品は、見ている人の想像に任せる部分が多いのが特徴。 そのため人によって解釈が変わる部分があると思います。 私なりに解釈した部分を感想を交えて、ご紹介してみます。 冒頭から貧しいけれど温かい家庭のシーンがあります。 あれは後々わかる、 全員が血の つながりのない人間であることと対比していると思いました。 どこにでもあるような家庭の風景なんだけど、実はまったくの他人。 ストーリー中盤まで 祥太は信代の 連れ子だと思ってました。 逮捕され、取り調べを受けていた信代が返答に困っていたように、祥太とりんは「お父さん」「お母さん」「おばあちゃん」と呼ぶことはなかったのです。 そこは家族じゃないから、でも それ以上の絆があった、と認識するシーンでした。 亜紀だけが初枝を おばあちゃん、と呼んでいます。 「万引き家族」鑑賞。 是枝監督の現段階でのベスト盤にして新作。 例えるなら岡村ちゃんの「早熟」。 観客は共犯者なのだ。 あと 源氏名を妹の名前である「 さやか」としていたこと。 亜紀とさやかの間で何かあったような感じもします。 さやかのほうが可愛がられていたとか? 亜紀の両親は(亜紀は)海外にいる、と答えていましたが、これは他人(初枝)に 家出したと言いたく なかったからじゃないか、と判断しました。 亜紀の父親が 初枝にお金を渡して いたのが、ちょっと 意味がわから なかったんです。 亜紀が初枝のところにいるのを 知っている、と考えると「亜紀のために」と渡しているようにも思えます。 単なる足代とか、そういった意味だったのか・・・ でも初枝がそのお金に手を付けていなかったのは、 あとで亜紀に 渡そうとしていた?と思えます。 結果的に治に見つけられてしまうんですけどね。 治が車上荒らしをしていた時祥太が 僕 を助けた時は?と聞いていました。 (俺っていってたっけ?祥太の一人称を忘れた・・) 祥太は治と信代に助けてもらったと考えているんですね。 パチンコ店の駐車場に置き去りに されていた幼い祥太。 放っておいたら死んでしまう、と思って治たちは助けた、と伝えていたのでしょう。 謎のままのエピソードがもう1つ。 りんが帰ってこない祥太を心配しているシーン。 信代が 虐待されている子が、人の 心配をするか、と疑問に思っていました。 その部分がなぜなのか、はっきりしてないですよね。 おばあちゃんと暮らしていた、と言っていたから、その性格はおばあちゃん譲りだったのかな。 「 万引き」という言葉がストーリーすべてに掛かっています。 信代は「 誰かが捨てたのを拾った だけ」と話しています。 祥太のこともそうだし、りんも捨てられていたようなもの。 初枝も 前夫に捨てられて、一人で寂しく暮らしていたのでしょう。 そこへ信代たちが転がり込んで、初枝を拾ってあげた、となる。 もしかして亜紀もそうなのかもしれませんね。 風俗で働いていたのを知った両親が、家を追い出した? 亜紀の常連客である「 4番さん」は 池松壮亮さん。 主役級の役者である池松さんのシーンが、あれだけ?ってくらい少ないですが、さすが印象に残る演技でした。 4番さんは2人きりで話せる部屋でも、声を出さずにいました。 亜紀に抱きしめられて、何か言いたそうだけど、言葉が出ない様子が 失語症なんじゃないか、と見えました。 それくらい心に深い傷を負っていて、自分を力いっぱい殴るという自傷行為をする人。 個人商店やまと屋(だっけ?)「忌中」となってましたけど、あれは 主人が亡くなったんです よね? その後、初枝が亡くなります。 是枝作品は 老人の死がはっきり描かれますよね。 ちなみに初枝が海で自分の足に砂をかけているシーン。 その後、本当に土に埋められてしまうこととリンクしてる?って思いました。 ところでDV常習男(りんの父)を演じた 山田裕貴さん。 この方、凶暴な役多くないですか?(笑) 普段の山田さんの目も怖く見えるんです・・・ いきなりキレ出すみたいな。 目に表情ないですよね。 『』 本日より公開 血の繋がりが本当の繋がりとは限らない 大人だろうが、子供だろうが、 1人の人間 大事なのは心の繋がりなんだなと 感じられます。 きっともう2人は会うことがないのでしょう。 でも治は父親の気持ちになっていて、思わず祥太を追いかけてしまった、と。 祥太も口だけの動きで「 お父さん」と言ってました。 ラストシーンのりん。 また以前のように部屋から締め出されていたのか、一人で遊んでいたのか、謎でしたね。 外を見たのは 治や祥太が連れ戻し に来てくれる、と期待していたのでは?と思いました。 カテゴリー•

次の

映画『万引き家族』ネタバレ考察。ラスト結末に見たスイミーの謎と秘密

万引 家族 ネタバレ

万引き家族の紹介:2018年日本映画。 万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語を「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督がオリジナル脚本で映画化。 親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという実際の事件から着想を得たという物語で、育児放棄などの題材も交えながら、一人の少年の成長と選択を描きます。 2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。 リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。 万引き家族のネタバレあらすじ:起 東京、下町のとあるスーパーに親子らしき中年男、治(リリー・フランキー)と少年、祥太(城桧吏)が入って来ます。 目と目で合図をしながら二人は店の商品をごく自然に手慣れた様子で店の外に持ち出しました。 凍えるような冬の夜、仲の良い父子のような二人は万引きした大量の品を持って家路に着きます。 ふと、とある団地のベランダに小さな女の子が一人で震えているのを見つけた二人。 中からは男女の言い争う声がしています。 見かねた二人は女の子を家に連れて帰ります。 三人が帰ったのは古びた一軒家で、初枝(樹木希林)という老女、若い亜紀(松岡茉優)、そして信代(安藤サクラ)という中年女が二人の帰りを待っていました。 治たちが連れ帰った女の子は「ゆり」と名乗りました。 ゆり(佐々木みゆ)は毎日のようにベランダに追い出され、一人で遊んでいるところが目撃されていた子供だということがわかります。 信代や亜紀は、ゆりを早く家に戻すように言いながらも世話を焼き、結局その夜はゆりは初枝と眠りにつきました。 翌日、治と信代はゆりをおんぶして、ゆりの両親が住む団地へ送り届けようとしますが、中からはまたもや怒鳴り声と「産みたくて産んだんじゃない」という声が聞こえ、2人は再度自宅へゆりを連れて戻ります。 ゆりも家に帰りたくないと言い、「脅迫も身代金要求もしていないんだから誘拐じゃない」と言う治の言葉で、ゆりはこの家の子供になりました。 雑然とした家の中で6人の大家族がひしめき合う暮らしです。 万引き家族のネタバレあらすじ:承 実は初枝の持ち家であるこの家は、初枝が一人で年金暮らしをしていることになっています。 一家はその存在自体が秘密なのです。 そんな中で治は日雇いの現場作業員、信代はパート先のクリーニング屋で洗濯物に付いていたネクタイピンやアクセサリーをくすね、初枝を「おばあちゃん」と呼んで懐いている亜紀は、女子高生のコスプレをして性風俗店で働いています。 学校に通っていないらしい祥太はゆりを連れて近所をうろついては駄菓子屋やスーパーで万引きを繰り返す毎日です。 ある日、治が仕事現場で脚を骨折し、働けなくなります。 「労災が降りるはずだから仕事に行けなくても大丈夫」と言う治でしたが、結果労災は降りず、家族の生活は困窮します。 一家は「じゅり」という少女が行方不明になっており、両親は2ヶ月間も捜索願いを出していなかったというニュースが世間を騒がせているのを知ります。 「じゅり」の両親に人々は非難と疑いの目を向け、じゅりの家の周りは報道陣に取り囲まれていました。 その家は冬の夜にゆりを見つけた、あの団地です。 そしてテレビにはゆりの顔写真が大きく写し出されていました。 じゅりの両親が疑われていることに、いちまつの後ろめたさを感じつつも、彼らが長い間娘を探さなかったことや、ゆりの身体中にあるアザや火傷の痕から、ゆりが両親から虐待を受けていたことを確信している一家は、長かったゆりの髪を短く切り「凛」と名付けます。 「似合うよ」とみんなに誉められて笑顔になる凛。 凛はすっかり家族の一員となっていました。 治と祥太は凛を連れて釣り具屋で釣竿を万引きします。 釣竿は高価で売れる為、これでしばらく生活できると話す治と、浮かない顔をしている祥太。 その頃、信代は同僚女性と二人でパート先のクリーニング工場の責任者に呼び出されました。 「不況の煽りを受けて従業員を減らしたい。 ベテランの二人のうち、どちらかが辞めるか交代で仕事をするか話し合って決めてほしい。 」と二人に告げる雇い主。 店の裏で信代と同僚は話し合いをしますが、それぞれ生活が苦しくて辞めることも勤務時間を短縮することもできないと、二人とも譲りません。 そこで同僚女性が出してきた切り札が凛の存在です。 「私はテレビに出てた子供が、あんたの家にいることを知っている。 」と告げる同僚に、信代は仕事を譲ります。 「もし、しゃべったら殺す」そう言って信代は職場を去りました。 ある日、水着を買ってやろうとすると、殴られるのではないかと怯え始めた凛。 信代の腕に自分のものと似たアイロンの火傷の跡を見つけて、そっと撫でてくれた凛。 信代は凛を手放さないと決めていたのです。 パチンコ店で他のお客の箱をネコババしたりする他は年金しか収入のないはずの初枝には、彼女が「慰謝料」と呼んでいる謎の収入があります。 初枝の元夫は以前、初枝を捨てて別の女性と家庭を持っていました。 元夫もその後妻も亡き今、初枝は元夫の月命日になると元夫と後妻の息子夫婦の家を訪ねてはお金をもらっていたのです。 初枝は息子に子供たちのことをたずねました。 息子夫婦には娘が二人いて、さやかという名前の次女は両親に愛情をかけられて育てられている様子が伺われます。 そして海外留学しているという長女ですが、長女の話をする息子の顔はなぜか強張って見えます。 その長女の写真として写っているのは亜紀でした。 息子は初枝が帰る時に妻に準備させた封筒、「慰謝料」の入った封筒を彼女に手渡して別れます。 実の妹の名前「さやか」を名乗ってマジックミラー越しに男性客の視線に曝される風俗店「JK見学店」で働く亜紀は、「4番さん」(池松壮亮)という孤独な常連客と心を通わせていました。 嬉しそうに初枝や信代にそのことを話す亜紀。 初枝と一緒に眠り、何でも打ち明けるほど亜紀は初枝に懐いています。 ある夏の日、一家は電車に乗って海に行きます。 むつまじく浜辺で遊ぶ家族を初枝は目を細めて見守りながら、声を出さずに「ありがとうございました」と呟いていました。 万引き家族のネタバレあらすじ:転 翌日、一家は眠ったまま息を引き取った初枝に気がつきます。 初枝を弔う費用はありません。 しかも初枝は一人暮らしをしている事になっている上に、死亡届けを出せば初枝の年金が受け取れなくなります。 さらに、家に人が来れば凛の事がバレてしまうかも知れません。 初枝の遺体は、治が家の床下を掘って埋めました。 初枝のへそくりを見つけて喜ぶ治と信代の姿を複雑な面持ちで見つめる祥太。 ある日、駄菓子屋でいつものように万引きしようとした祥太は、駄菓子屋の主人(柄本明)に呼び止められ「妹にはさせるなよ」と二人分のお菓子を手渡されます。 祥太は治に「店のものは、まだ買われていないなら誰のものでもない」と教えられていました。 しかし万引きで生活を賄っていることや、学校に行っていないことなど、祥太は徐々に自分の置かれた状況に疑問を抱き始めていたのです。 そんな中で治は駐車場に停めてある車の窓を破り、車内のブランドバックを盗んで祥太を連れて逃げます。 「店のものと違って車には持ち主がいるよね」と言う祥太の問いを、治ははぐらかすしかありません。 数日後、ついに事件が起こります。 祥太が万引きしようとしたスーパーで、凛が自ら見よう見まねで万引きをしようとしたのです。 祥太はとっさに、商品の缶詰めを派手にひっくり返して店員の気を引き、ミカンを掴んで走り出します。 追いかけて来た店員に挟みうちにされ、橋の下へ飛び降りた祥太は怪我をして病院送りになりました。 このままでは全てが警察にバレてしまうと思った治は、信代たち残された家族と共に夜逃げしようと家を飛び出します。 しかし家の外に張り込んでいた警察に拘束され、家族はそれぞれに事情聴取を受けることに。 そこでこの一家の関係が明らかになりました。 夫に裏切られ身寄りのない初枝。 DV夫を殺害した過去を持つ元ホステスの信代と彼女の客だった治。 二人とも初枝との血縁はありません。 三人の子供たちも親はバラバラで、睦まじく暮らしていた6人家族は皆、誰も血が繋がっていなかったのです。 信代は全ての罪を被って懲役5年が言い渡されました。 釈放された治は1人暮らしを始め、祥太は施設に預けられ初めて学校に通うことになります。 凛は本当の両親の元へ戻されました。 初枝が自分の実の親からお金を受け取っていたことにショックを受けた亜紀ですが、一人そっと初枝の家へ戻ります。 窓から静まりかえった家の中を覗き込む亜紀。 万引き家族の結末 治と祥太は連れ立って服役中の信代の面会に訪れます。 信代は祥太に「あなたはパチンコ屋の駐車場で拾った。 赤いヴィッツだった。 本当の親が見つかるかもしれない。 」と話します。 祥太も凛のように、両親の育児放棄から信代に拾われていたのです。 この夜、祥太は治の家に泊まり、治と一緒に雪だるまを作ります。 以前と変わらない仲の良い父子のような二人でしたが、治は祥太を置いて夜逃げしようとしたことを告白しました。 そして今までずっと祥太にお父さんと呼んでほしがっていた治は「父ではなく、おじさんに戻るよ」と祥太に告げました。 翌朝、祥太はバスに乗って施設へと帰ります。 走り出したバスを思わず祥太の名前を叫びながら追いかけた治。 バスは止まることなく、祥太もついに目を合わせて呼び掛けに答えることはありませんでした。 凛は両親の元で再び虐待に曝される生活に戻りました。 凛は以前のように1人でベランダで遊び始めます。 しかし、ふと立ち上がり踏み台に乗って外を見つめます。 そこには、まるでまた誰かが迎えに来てくれるのを期待しているかのような凛の姿がありました。 以上、映画「万引き家族」のネタバレあらすじと結末でした。 素晴らしいの一言に尽きるのではないだろうか。 タイトルだけをとってみると、ややもすれば様々な「万引きハウツー」のようなものがコミカルに描かれたりするのではないか、とも想像したりする人もいるかもしれないが、そういったコミカル要素は一切排除されている。 「万引き」という犯罪行為はあくまでも僅かな要素の一つでしかなく、しかしそれでいて、どこかに本来あった生物学的な家族から「万引き」をして構成された仮初の集合体に対して、「万引き家族」と呼称するセンスは天才的だと感じる。 そして、いくつも素晴らしいシーンはあったが、あえて挙げるとすればリリーとサクラの濡れ場について。 まるで夫婦のような二人が畳の上で交わったのち裸でいるところに、子どもたちが帰宅する。 二人は一生懸命性交渉の後を隠蔽し、雨の中帰ってきた子供たちに普通通りを装う。 どこの現実家族、現実夫婦でもあるようなこの場面、子供たちに親の性交渉の現場は隠さなければならないという本能、優しさ。 これは本当に偽物と言ってしまってよいのだろうか?この所作の中にある優しさこそ、家族というものがもつべき温かみなのではないのか?と、鑑賞者に訴えかける最高のシーンの一つであった。 観た方が良いですよ。 genさんの感想 治のセリフ、どうしたの?コロッケ食べる?、凛の切ない表情、ジッと見つめて、たたかない?と聞いた時の瞳はおびえていたのか?あの小さな女の子だけは助かってほしかった 本当の家族なのに愛情を見出せないなんて 初枝は最後に家族で海に行けて幸せだったのかな? 孤独とは人間の永遠のテーマです そして愛情も お金だけがつながりじゃない それだけじゃ生きていけない 治は祥太と別れた後も祥太の事を待っていると思う ずっとあのアパートで家族みんなで海に行った思い出は永遠のものだねあの雪の日の思い出も 声に出して言ってみろよ、のセリフは本当に心からの声 愛の投げかけだね 気づかない日常にそんな事があるのかもしれない• にゃはさんの感想 最初はなんてつまらないんだろうって無理に見ていた。 誘拐、ちょいエロ、万引き、DV、、とR指定されてもいいような要素が散りばめられているのに、生温かいヒューマンドラマを見せられてるという、謎に安心感のある不思議な映画。 途中から、全員が擬似家族だと知った時の衝撃から見入ってしまいました。 どおりで子供にあんな笑顔で万引きすすめられてた訳だ!と妙に納得。 とはいえ子供=翔太くんやリンの事をちゃんと人として愛情で接してるのもとても良く伝わってくるんですよね。 終盤に向けてじわじわと味の出る映画だな〜と思ったけど、ラストはリン(じゅり)のベランダシーンで突然終わるとか意味がわかりません。 その後は視聴者の想像に委ねるという設定は本当にやめて欲しい。 リンがあそこから飛び降りたんだと想像しちゃったので。 兄(擬似)だった翔太が万引きして逃げて、飛び降りた時と同じように。 愛情をくれない本当の母親から逃げたかったんだって… なんだか想像は悲しい結末でした。 カンナがくるさんの感想.

次の

【ネタバレ感想】『万引き家族』を徹底解説&考察!ラストシーンが意味する本当の家族の形とは

万引 家族 ネタバレ

Contents• 万引き家族あらすじ 是枝監督といえば 過去の話題作としては「誰も知らない」で育児放棄の問題に焦点を当てていたり、 福山雅治さんが主演で話題になった「そして父になる」で取り違いのために別の夫婦の子供を育てていたという衝撃的な2つの家族を描いていたりと 様々な家族の形を映画で表現されているイメージがあります。 そして、今回の「万引き家族」も特殊な家族が主役の作品です。 舞台は東京の下町。 日雇いの仕事をしている父・柴田治とクリーニング店で働く妻・信代。 息子の翔太に 風俗店で働く信代の妹の亜紀。 そして家主である祖母の初枝の少し複雑な5人家族を描いています。 この家族は祖母・初枝の年金、治と翔太が行う「万引き」で生計を立ているという闇を抱えている家族でした。 社会的底辺と思えるこの家族ですが、それでも笑いが絶えない生活をしていました。 そんな家族に冬のある日、治が近所の団地で一人震えている少女「ゆり」を見つけ連れて帰ります。 体中に傷のあるゆりの境遇を慮った家族は6人目の家族として迎え入れ生活を送りますが、 そんな柴田家に事件が起こり、家族の秘密が次々明らかになっていくという話になっています。 万引き家族キャスト キャストについても紹介しておきますね! 今回是枝監督が「今特別な瞬間を見ていると感じた瞬間がたくさんあった」とコメントしている通り、 出演俳優さん、女優さんの演技がとてつもなく 確かにキャストを確認してもかなり実力派な方々ばかりですね! この後の解説でも出てくるので一通り見ておいてください! 柴田治:リリー・フランキー 柴田信代:安藤サクラ 柴田亜紀:松岡茉優 4番さん:池松壮亮 柴田祥太:城桧吏 ゆり:佐々木みゆ 柴田譲:緒形直人 柴田葉子:森口瑤子 北条保:山田裕貴 北条希:片山萌美 川戸頼次:柄本明 前園巧:高良健吾 宮部希衣:池脇千鶴 柴田初枝:樹木希林 引用:wikipedia ネタバレ無し万引き家族の感想 見た後の感想としては家族とは何かを考えさせる映画だったと思います。 もともと家に連れ帰って一緒に暮らしだしたゆりが家族と言えるのかという話かと思ったら なかなか良い意味で期待を裏切る作品でした。 今の社会では子供の虐待とか孤独死とかいろいろ悲しいニュースが多いと思います。 血のつながった家族の関係が希薄だったり、その関係が子供を死なせてしまったり。。 そんな中で「万引き家族」は家族の本質ってどこにあるんだろうと考えさせられるものでした。 血の繋がりがなくても、お互いの関係をはっきり口にしなくても、 相手に醜いところがあっても、なんの見返りもなく受け入れられたら それはもう家族なんじゃないかと考えさせられた映画でした。 これは絶対見たほうが良い!! 万引き家族ネタバレ結末の感想や解釈! さて、この見出しは注意になります! ここから先は具体的に映画のシーンなんかを抜粋して感想や解釈を書いていこうと思います! 見てしまっても俳優さん・女優さんの演技を実際に見に行く価値は十分にあるのですが、 映画を見てからって方はここから先は読まないでください! 万引き家族で治(リリー・フランキー)が男の子(城桧吏)に祥太と名付けた意味とは? 映画の中でも 最も重要な人物は男の子の祥太だと思いました。 万引きをするのはいつも祥太ですし、柴田家に事件をもたらすのも祥太です。 そんな重要人物の祥太ですが、 この映画の最大のポイント(管理人がそう思った)は 治がなぜ男の子に祥太と名前をつけたのか?ということ。 祥太とはもともと治の本名であったと終盤明かされます。 警察が治に向かって「翔太はあなたの本名ですが、なぜ子供に祥太と名前をつけたのか」と問うシーンがあります。 その答えに対し治は「そりゃ」と答えようとしてた瞬間シーンが変わります。 治はなんと答えようとしたのか? きっと 治は男の子との「絆」がほしかったのではと思います。 劇中でも治が祥太に自分を父親と呼ばせようとするシーンがあったり、 ゆりのことを祥太の妹だと言い聞かせているシーンでは 家族であることに強いこだわりを持っていることを感じさせました。 劇中、 治の妻・信代が実は子供ができない体であるとわかります。 治と信代は痴情のもつれで過去に人を殺してしまっているのですが、 そこまで愛し合った二人の割にあまり夫婦の仲はありません。 亜紀(松岡茉優)が治に「信代さんとはいつやっているの?」と 問いかけるシーンがありますが治は適当に流します。 劇中に一度だけ治と信代の夫婦の仲の描写があるのですが、 そのあと治は嬉しそうに「これはできたな」と鼻歌交じりに何度もつぶやきます。 また、治だけではなく 信代も商店街を祥太と歩いている時に「お母さんコロッケを晩御飯にどうだい?」とお店の人に声を書けられて とてもうれしそうにします。 以上の描写から、 治と信代は愛し合っており、 二人とも子供や家族がほしかったが 過去の事件や信代の体が原因で家族を持つことができなかったのではないでしょうか。 愛し合っているのに夫婦の仲がなかったのは家族が持てない現実を直視してしまうから。 そして、家族が欲しい思いは祥太の誘拐やおばあちゃん(樹木希林)との同居を始める動機になったのだと思います。 信代が警察におばあちゃんを埋めたことに対して「死体遺棄は重い罪ですよ」と言われた時に 「捨てたんじゃありません。 拾ったんです。 捨てた人は別にいるんじゃないですか?」 といったのには家族を持てなかったことに対するいろんな思いが込められていたんだと思います。 そして、本当の家族を持つことができなかった治は 血のつながらない男の子に自分の本名を付けることで 「家族の絆」を持ち「本当の家族」になりたかったのではないでしょうか? 万引き家族は本当の家族? 映画では人のものを盗んだりして 人間としてはかなり問題がある描写をされる治。 そんな治なので、祥太が警察に捕まった時に 本性が出て祥太を見捨てて逃げようとする場面があります。 「本当の家族なら逃げないはず」と警察も祥太に対して指摘しています。 また、信代も最後に祥太に本当の家族について教えた後に 治に対し て「私達じゃ無理だったのよ。 この子の親になるのは」ということも言っています。 きっと治も信代も家族が欲しくて 血のつながらない「他人」を家族として暮らしていましたが、 実際には家族になるのは無理だと気づいていたのでしょう。 どこか本当の家族ではないという思いがあったので治は祥太を置いて逃げだしてしまいます。 映画のラストに治は祥太からの「僕をおいて逃げようとしたの?」という問いかけに対して 「逃げようとしたごめん」「もう、おじちゃんに戻るな」というようなことを言います。 ここで 治は家族であることを諦めますし、(少なくとも宣言しています) 祥太も治が自分をおいて逃げようとしたことを本人から聞いてしまいます。 柴田家の最後に残った二人の解散のシーンです。 形だけ見れば 家族は全員がばらばらになり、家族になれなかった結末のように見えます。 しかし、 最後に二人が分かれるシーンで、祥太が乗るバスに治は「祥太!」と叫びながら追いかけます。 また祥太も治がしたことを理解した上で、別れ難そうにバスの中から振り返って治の姿をずっと見ている描写があります。 いろいろなことがわかり、家族がバラバラになってしまった柴田家ですが、 このシーンでは治と祥太の行動は本当の家族のようだったと思いました。 息子と分かれる父親がどうしてもバスを追いかけてしまう姿や、 相手の醜さや裏切られたことも受け入れてなお、別れ難そうにバスの中から振り返る子供。 治と祥太の間に本当の家族の姿を見たように思いました。 まとめ ということで「万引き家族」かなり興味深い映画だったと思います。 また、治と信代は家族を得ることができなかったと思っているかもしれませんが、 最終的には家族を得ることができたのではないかと考えます。 是枝監督は「誰も知らない」のイメージが個人的には強く、 かなりテーマが重厚な映画を作られる印象ですが 今回の万引き家族もさすがのストーリーとテーマ性のものだったと思います! パルム・ドールの受賞のときに「映画を撮り続ける勇気をもらえます」と語られていましたが 今後の是枝監督の作品も楽しみに待ちたいと思いました!.

次の