牛骨スープ 透明。 牛テールスープ作り方 -- 気力がない時、食欲がない時には、作らなくちゃ^^

牛テールスープ作り方 -- 気力がない時、食欲がない時には、作らなくちゃ^^

牛骨スープ 透明

商品説明 名称 国産牛骨のブロススープスープ(ストレート) 原材料名 抽出スープ(牛骨、丸鶏、鶏ガラ、牛すじ)、野菜(たまねぎ、にんじん、セロリ、パセリ)、香辛料(クローブ、ローリエ) 商品の状態とご注意 本品はレトルトパウチ食品です。 スープの成分が沈殿したり、脂分が固まることがありますが、品質には問題ありません。 他の容器に移す前によく振ってください。 内容量 200ml(1袋) 賞味期限 別途商品ラベルに記載 未開封で数カ月 保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存してください。 1年以上長期保存したい場合は冷凍していただいても品質は変わりません。 品質には問題ありませんので、解凍してお飲みください。 販売者 株式会社あかまる牛肉店 〒682-0018 倉吉市福庭町2丁目18 株式会社あかまる牛肉店 0858-26-1129 株式会社あかまる牛肉店FAX 0858-26-2129 栄養成分表示 100gあたり エネルギー12kg タンパク質2. 3g 脂質0. 1g 炭水化物0. 4g ナトリウム53 食塩相当量0. 1g 価格 9,980円 価格 3,499円 価格 4,400円.

次の

「牛骨ラーメン」と倉吉の思い出(デジタルリマスター版) :: デイリーポータルZ

牛骨スープ 透明

牛骨スープは、様々な料理に応用が利くスープの一つです。 カレーやロールキャベツなどの西洋料理だけでなく、韓国料理などにも使えます。 用意する材料 水1リットルに対して牛骨1kg、ネギ…1本、ショウガ…2片、セロリ…2本 ブーケガルニとしてローリエやパセリなどを併せて使っても良いでしょう。 牛スジ肉が手に入るのであれば一緒に入れてしまっても構いません。 アクの量が増えますが、スープがいっそう美味しくなります。 牛骨スープの下準備 ガラを使うスープでは、最初の下茹でが肝心です。 牛骨も、血や脂肪分を落とすために熱湯で軽く煮込むか、熱湯を上から注ぐかして全体的に熱を通します。 牛骨スープのとり方• 下茹でが終わった牛骨は、水の段階から煮込んでいきます。 沸騰するまで煮込み、アクが浮いてきたらこまめにアク取りします。 沸騰したら中火にしてコトコト煮込みます。 この時、野菜類を大きめに切り分けて鍋に入れます。 沸騰してからの煮込む時間は短くて2時間ほどです。 煮込み時間を長くすれば長くするほど骨髄からエキスがにじみ出ます。 煮詰まってきたら牛骨と野菜を取り出し、スープを濾して出来上がりです。 牛テールスープの作り方 用意する材料 水1リットルに対し牛テール1kg、ネギ…1本、ショウガ…2片、ニンニク…2片、セロリ…2本 牛テールは出汁を取った後は具材としても使えます。 香味野菜はお好みに合わせていただいて構いません。 牛テールスープの下処理 牛テールは、血などの汚れが意外に多い部分です。 5分ほどの下茹でをして汚れを取って流水で洗います。 肉の部分が取れてしまうのでたわしなどは使わなくて結構です。 牛テールスープのとり方• 下処理が済んだら鍋に水を入れて、切った野菜と牛テールを入れて煮込みます。 ショウガ・ニンニク・ネギは包丁の腹で叩いて香りを強くしてから刻みます。 沸騰したらこまめにアクを取ります。 アクが浮いてこなくなったら火を弱めて煮込みます。 この時蓋をして煮込むと白濁したスープになり、蓋をしないで煮込めば透明なスープになります。 煮込む時間は3時間以上を目安にしてください。 煮込み終わったら火を止めて完成です。 牛テールスープの食べ方 牛テールスープは、牛テールも一緒に煮込んだ野菜も具材になるのが魅力です。 塩焼きにした牛タンと麦飯と一緒に食べても美味しいです。 溶き卵を入れて、ご飯の上から注げば韓国料理のクッパにもなります。

次の

あっさりしみ入る牛骨スープ!!『極屋』(きわめや)

牛骨スープ 透明

《作り方》買うときは、お肉屋さんで「骨を割って下さい」と頼んで下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・血がついているので、シンクの中で洗い流して下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鍋に骨を入れ、水をはって下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・火をつけ沸騰したら骨を取り出し水洗いします。 鍋の湯は捨てて下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・再び、きれいな鍋に骨を入れ、しょうが厚めのスライス、ニンニク皮つき丸ごと半分にカット、玉葱(皮つき!皮は絶対むいたらダメだからねッ!)横半分にカット、人参4等分にカットを入れ、水をはります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・火をつけ沸騰したら5分~10分ほどそのまま沸騰させ、火をとろとろ弱火にします。 (鍋が2リットルくらいの小さい場合は、沸騰して5分したら弱火に)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沸騰させたままにすると白濁(白く濁ります)するので、見張ってて下さい。 アクも時々とってね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そのまま、3時間ほど弱火でコトコト。 熱いうちにこして下さい。 冷めてこしてしまうと旨味が戻ってしまいます。 10リットル又は20リットル入りくらいの鍋をお持ちであれば、丸鶏も加えますとさらにおいしいスープが出来ます。

次の