長野 県 伊那 市 パワー スポット。 長野県最強のパワースポット「四柱神社」で本当のコトを聞いてきた。

『日本三大パワースポット ゼロ磁場で有名【分杭峠】 気場へ挑む』伊那(長野県)の旅行記・ブログ by ねこにゃんさん【フォートラベル】

長野 県 伊那 市 パワー スポット

分杭峠 長野県伊那市下伊那郡大鹿村 (写真出典:ウィキペディア) 分杭峠(ぶんぐいとうげ)は、秋葉街道の峠の一つで、今となってはお笑い草になっているマイナスイオンブームの時にマスコミに取り上げられていました。 パワースポットとしての分杭峠は、透明感のあるエネルギーに満ちています。 マイナスイオンブームの時に取り上げられたのも頷けるというモノです。 クリアで濃厚なエネルギーで体に浸透しやすく、体中の細胞が活性化するようです。 心身を癒したい人におすすめです。 戸隠神社(奥社) 長野県長野市戸隠3690 (写真出典:ウィキペディア) 戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、日本神話の中で天照大神が天岩戸に隠れた神話に関する神さまを多く祀っている神社で、奥社には天岩戸をこじ開けた天手力雄命がお祀りされています。 パワースポットとしての戸隠神社(奥社)は、繊細なエネルギーを感じます。 奥社(おくしゃ)には天手力雄命がお祀りされているので力強いエネルギーがあるのかと思っていたのですが、体の線が細い神さまの姿が見えます。 とても知的な方で知性によって治めている場所のようです。 php) 九頭龍社(くずりゅうしゃ)は、上記で紹介した奥社と同じく戸隠神社にある社の一つです。 創建は奥社よりも古く信仰を集めている神社です。 パワースポットとしての戸隠神社(九頭龍社)は、昔からこちらに住んでいる神さまのようです。 親身に話を聞き力になってくれる優しい神さまのようで、悩みがある際にはお願いに行くとご利益が得られるかもしれません。 悩み事があって心が晴れないような方は参拝してみるのも良いでしょう。 穂高神社 長野県安曇野市穂高6079 (写真出典:ウィキペディア) 穂高神社(ほたかじんじゃ)は、神さまの中でも特に霊験が高い神さまをお祀りしている名神大社の一つです。 パワースポットとしての穂高神社は、複数の神さまがいらっしゃるようです。 中でも全員を統括する立場にある神さまは非常に位の高い神さまのようです。 神社全体に強い光にも似た神々しいエネルギーがみなぎっています。 神社の中でも別格に近いほどのエネルギーを感じます。 諏訪大社(上社・本宮) 長崎県雲仙市瑞穂町西郷丁2322 (写真出典:ウィキペディア) 諏訪大社(すわたいしゃ)は、諏訪湖周辺に二社四宮の境内を持つ神社で、信濃国の一宮(信濃国で最も社格が高い神社と言う意味です)として知られています。 また、神さまの中でも特に霊験の高い神さまをお祀りしている名神大社の一つです。 パワースポットとしての諏訪大社(上社・本宮)は、とても力の強い神さまが多数いらっしゃいます。 何か神器のようなモノを守っているようで、この役目を負うために複数の神さまが集まってきているようです。 神さまの人数から考えてとても重要なものを守っているようです。 諏訪大社(下社・春宮) 長野県諏訪郡下諏訪町大門一93 (写真出典:ウィキペディア) 上記でも紹介した通り、諏訪大社は諏訪湖周辺に4か所の境内を持っています。 4か所はそれぞれ上社(本宮・前宮)と下社(秋宮・春宮)の2つに分けられていますが、どちらの方が格が高いと言うわけでは無く序列は同格となっています。 パワースポットとしての諏訪大社(下社・春宮)は、やはり多くの神さまがいらっしゃるようです。 しかも、ほとんどが女性の神さまで和気藹々とされていて、エネルギーも穏やかで柔らかいので癒し効果がありそうです。 塩釜神社 長野県松本市蟻ケ崎1丁目4-34 (写真出典:ウィキペディア) 塩釜神社 しおがまじんじゃ は、宮城県にある鹽竈神社(しおがまじんじゃ)を分社した神社として知られています。 境内には道祖神や句碑などがあります。 パワースポットとしての塩釜神社は、高齢の神さまの姿が見えます。 とても落ち着いた方ですが、同時に特に強い力も感じません。 ゆっくりとしたいときに訪れるのが良いと思います。 光前寺 長野県駒ヶ根市赤穂29 (写真出典:ウィキペディア) 光前寺(こうぜんじ)は、天台宗信濃五山の一つで、庭園が国の名勝に指定されている寺院として知られています。 パワースポットとしての光前寺は、厳格な神さまのお姿が見えます。 とても厳しい方なので軽はずみは願い事は嫌いなようです。 そのため、お願い事をする場合には、大きな決意とともに行うようにした方が無難なようです。

次の

開運の神社仏閣・パワースポット

長野 県 伊那 市 パワー スポット

分杭峠は日本三大パワースポットの一つ 分杭峠(ぶんぐいとうげ)は長野県伊那市の南端、標高1424メートルの地点にあります。 平成7年7月2日に地元の「21世紀の伊那谷を考える会」が招いた、中国湖北省蓮花山の「ゼロ磁場」を発見した張志祥教授が現地視察で分杭峠付近に気場を発見しました。 「日本で一番『気』が出ている場所は分杭峠」とも言う人もいるほど注目されています。 張志祥氏により発見され、杭を分ける峠という名の通り「長谷」と「下伊那郡大鹿村」の境に位置する、古くから遠州秋葉神社へ至る「秋葉街道」の峠のひとつでした。 日本最古で最大、最長の巨大断層地帯ともいわれる「中央構造線」は、陸上部分だけで全長1000kmにもなる大断層ですが、地質の全く異なる地層同士がぶつかり合っており、「地球のエネルギーが凝縮されている地点」と言われています。 「ゼロ磁場」というのは、電磁誘導の原理(電流の変化が磁場を作り、磁場の変化が電流を起こす現象のこと)でいう2つの磁界の方向が向き合って、「ゼロ」になっている場所を指しています。 つまり、2つのエネルギーが向き合うことによって、本来発生するはずのエネルギーが見かけ上、ゼロになっている状態です。 両側から強い力で押しているのに、見かけ上静止しているように見えるだけで、実際には双方からエネルギーが加わっており、断層にはものすごく強いエネルギーの蓄積があるといえます。 分杭峠のような本当の「気場」では、ただそこに立っているだけで、身体中に「気」が浸透していきます。 ただただ時間の流れに身をまかせて、リラックスしましょう。 日本最大の巨大断層から湧き上がる「ゼロ磁場」のパワーが伝わってきます。 張先生は気功の聖地である中国「蓮花山」の発見者でもあり、分杭峠が「蓮花山」と同等かそれ以上の気が出ている場所だと仰ったそうです。 著名なスピリチュアルカウンセラーもテレビ番組で分杭峠が東洋一のパワースポットであると発言されています。 世界最大級の大断層、中央構造線 今から約8000万年前にできた日本列島を縦断する大断層が中央構造線です。 全長1000キロメートルに及ぶ長さは世界最大級で、月面からも確認できるそうです。 分杭峠だけでなく古来より様々な聖地や霊場がこの中央構造線に沿って点在しています。 大地と大地がぶつかり合うエネルギーが拮抗することで、ゼロ磁場なる特異空間が発生し、気を発生させているのではないかと言われています。 昨今のパワースポットブームでは、人に荒らされて力が無くなってしまった著名な聖地が多数あると聞いています。 その点、分杭峠は付近全域がパワースポットで、無数に存在する気場は常に動いていますから枯れることがありません。 ただ、多くの人々が滞留する場所では、気を全く感じないところがあります。 宗教色がない! パワースポットはそのほとんどが神社・仏閣です。 海外でも古代エジプトのピラミッドは宗教施設です。 四国の山々も修験道の聖地であります。 しかし、分杭峠には付近においても宗教施設はなく、現在は伊那市の市有地となっています なぜ、これほどのパワースポットが最近まで発見されなかったのか? 分杭峠だけが最近のパワースポットです。 中央構造線沿いには秋葉街道が通っていて、分杭峠もこの街道にあります。 古くは縄文時代から交易の道として利用されており、戦国時代には武田信玄が軍用路として利用しました。 これだけのパワースポットが最近まで放置されていた事は、大きな謎とされています。 実は分杭峠のパワーは今から約2200年前に封印されていたのです。 分杭峠一帯には無数の気場が存在しそのエネルギーの属する次元も多次元に渡ります。 たとえば本命気場は7次元と繋がっているとされ、相応の修業を積まれた方が地元の神霊の許可を得なければ立ち入ることができないとされています。 当時の地球の霊的次元(以下次元)は相対的に低かったため、気場に足を踏み入れた人々には逆に害をもたらすことになります。 そこで神霊方によって将来の次元上昇(アセンション)に備えて封印されたのです。 今でも人によっては気場で気分が悪くなる方がいます。 前世紀より地球は次元上昇の過程にあり、気場の次元との開きが縮まったため、2200年前の封印に携わった同志達が次々と転生し分杭峠に集結しています。 宗教色のない聖地として、彼らを媒介にして徐々にその封印が神霊方によって解かれているわけです。 それを裏付けるように分杭峠を守護されている神霊団がその御姿を次々に現しはじめています。 数多くの超能力者やヒーラーの方々からは分杭峠のパワーグッズを身につけることで、人体のチャクラが活性化されサイキック能力が向上したと高い評価をいただいています。

次の

✮長野県のパワースポット✮10選

長野 県 伊那 市 パワー スポット

ゼロ磁場 [ ] 日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っているという理由から、エネルギーが凝縮しているゼロ磁場のと呼ばれている。 最初にこの場所でパワースポットを発見したのは、地元の有志らが招聘した中国の医師であり気功師のである。 1995年7月2日に峠を訪れた張は、ここに世界でも有数のパワースポットが存在すると語った。 その後、に調査を依頼したところ、佐々木は採取した水を無誘導コイルで再現測定し、その変化の結果を著書「ここまでわかった「気」の科学」で発表している。 最初にパワースポットとされたのは林道の下にある柱の木付近で、その後林道の奥の水場にも人が集まるようになった。 2009年にはテレビ・ラジオや雑誌で分杭峠のゼロ磁場が大きく取り上げられ、分杭峠に来る観光客が急増した。 しかし、こうした考えは科学的に解明されたものではなく、の一つと見なされている。 の学芸員を務める河本和朗は「地震が発生していないときの断層は、力学的には周囲の岩盤と同じ」と指摘し、「『断層で岩盤が押し合っている』という考えは地球物理的に誤りである」としている。 アクセス [ ] パワースポットとしての人気の高まりにより峠付近の路上駐車が多くなってきたことから、渋滞対策と環境保護のため、2010年より峠ふもとの伊那市長谷市野瀬にある駐車場から峠までシャトルバスが運行されるようになっている。 峠にある駐車場はシャトルバスの転回用スペースとなっているため、一般車両は駐車できない。 また、峠周辺環境整備のための協力金として、入場の際に300円が求められる。 関連項目 [ ]• - 自身の小説『EDGE』で舞台の一つに取り上げている。 脚注 [ ] [].

次の