グリーン ねえさん 写真。 グリーン・フォト

第3回おしえて!てちおねえさん!!!

グリーン ねえさん 写真

Menu• Prev• Next• Search• スープを飲んでいるおじさん?• スープを作っているおじさん? もし上のようなものと思っているならそれは大きな間違いでしょう。 答えは お風呂でスープみたいに溶けてしまった男性 のことです。 より正確な言葉で表すならお風呂場で死亡した男性?の水死体のことです。 その見た目のグロテスクさから、検索してはいけない言葉で2chやWikiでは有名になりました。 警察によると男性が一人暮らしということもあってか「孤独死」であるという可能性が指摘されているのだが、残念なことに はっきりとした死因が分かっていない状況。 スープおじさんのように 体がほとんど溶けていると死因の特定が難しいそうです。 入浴中の死亡かつ、給湯器が故障していたという話もあったので,それが原因で「 沸かしたお湯」に浸かり続けたせいで結果として画像のようにかなり腐敗が進んでしまったとみられています。 そのため警察が発見して遺体を回収しようとした時、足を持って体を風呂の外に引き上げようとした時に 肉がツルっと滑り落ちて骨しか取れなかったという話もある。 遺体は後日 清掃業者が来てすくい上げて回収したとのこと。 管理人は• 浴槽の中には黒くてドロドロしたものが溜まっている• おそらく膝と思うものが水面から確認できる• 性別は判断不可能• 腐敗がひどく、 顔がどこか分からない これだけでも十分にひどいもので、 多くの人にトラウマを植え付けたと思われる画像である。 管理人は画像を初めてみた時は「?」となりましたが、人が腐乱して溶けてしまうとこうなってしまうのか・・・・。 ということを初めて知った画像でもあります。 パッと見偽物に見えますがもう一つ「少女 浴室」というかなりグロテスクな画像があるので少なくとも偽物ではなく、本物と言って間違いないでしょう。 また,元の掲示板は削除されているのか現存しているのは海外の違う掲示板に転載されたものならあります。 この両方はよく「 どっちがグロイのか?」という議論などでよく話題になります。 スープおじさんの方は完全に原型をとどめていないのでまだマシかもしれないが、意味を知ってから見ると両方大差ないです。 つまり、「グリーン姉さん」も「スープおじさん」も両方ともグロイです。 もし比較するのであれば• 見た目: グリーン姉さん• 事件背景: スープおじさん ぐらいでしょうか。 [スポンサーリンク] スープおじさん:英語で調べると動画が出てくる スープおじさんを英語で調べてみる単語は「 soup man」。 この単語で調べてみると深層Webに挙がっていたある動画がTOPに上がると思います。 タイトルは「 freaky soup guy」 男性が放心状態でスープを飲んでおり、その後ろから謎の着ぐるみ(なんかの映画で使用予定の着ぐるみ)がゆっくりと2体近づいてきて男性の背中をさすってあげるというもの。 もちろんこれだけなら多少不気味な微笑ましい男性の食事風景になるが、深層Webに挙がっていたことで色々な噂が出てきた。 男性のスープには 彼の恋人(妻)の肉で作ったスープとか、 麻薬入りのスープだとかなんとか・・・・。 あくまでも噂の域にしかないが、それだけの噂を呼ぶだけの動画であったことは確かでありyoutubeで見ることが出来ます。 [スポンサーリンク] まとめ:スープおじさんはこんな言葉 スープおじさんの画像を友人に教えられた時は 「スープおじさんっていう面白い画像があるよ」 と言われて調べてみて後悔した管理人のちょっとしたトラウマな画像の一つです。 これが深層Webではなく、普通の検索エンジンで見れてしまうのは恐怖でしかありません。 ここで今回のまとめを行います。 スープおじさんは浴槽で溶けた男性のこと• 年齢は90歳前後の1人暮らし男性• 死亡してから時間がたっていたので体が溶けて死因は不明• 写真はほぼ本物• Youtubeで「Soup man」と調べると深層Webの動画が出てくる なので、このページを見てこの単語を知った人は 間違えても面白半分で人には教えないようにしてください。 友人関係が破綻します では、またお会いしましょう。

次の

[B! 身体] グリーン姉さん

グリーン ねえさん 写真

Menu• Prev• Next• Search• スープを飲んでいるおじさん?• スープを作っているおじさん? もし上のようなものと思っているならそれは大きな間違いでしょう。 答えは お風呂でスープみたいに溶けてしまった男性 のことです。 より正確な言葉で表すならお風呂場で死亡した男性?の水死体のことです。 その見た目のグロテスクさから、検索してはいけない言葉で2chやWikiでは有名になりました。 警察によると男性が一人暮らしということもあってか「孤独死」であるという可能性が指摘されているのだが、残念なことに はっきりとした死因が分かっていない状況。 スープおじさんのように 体がほとんど溶けていると死因の特定が難しいそうです。 入浴中の死亡かつ、給湯器が故障していたという話もあったので,それが原因で「 沸かしたお湯」に浸かり続けたせいで結果として画像のようにかなり腐敗が進んでしまったとみられています。 そのため警察が発見して遺体を回収しようとした時、足を持って体を風呂の外に引き上げようとした時に 肉がツルっと滑り落ちて骨しか取れなかったという話もある。 遺体は後日 清掃業者が来てすくい上げて回収したとのこと。 管理人は• 浴槽の中には黒くてドロドロしたものが溜まっている• おそらく膝と思うものが水面から確認できる• 性別は判断不可能• 腐敗がひどく、 顔がどこか分からない これだけでも十分にひどいもので、 多くの人にトラウマを植え付けたと思われる画像である。 管理人は画像を初めてみた時は「?」となりましたが、人が腐乱して溶けてしまうとこうなってしまうのか・・・・。 ということを初めて知った画像でもあります。 パッと見偽物に見えますがもう一つ「少女 浴室」というかなりグロテスクな画像があるので少なくとも偽物ではなく、本物と言って間違いないでしょう。 また,元の掲示板は削除されているのか現存しているのは海外の違う掲示板に転載されたものならあります。 この両方はよく「 どっちがグロイのか?」という議論などでよく話題になります。 スープおじさんの方は完全に原型をとどめていないのでまだマシかもしれないが、意味を知ってから見ると両方大差ないです。 つまり、「グリーン姉さん」も「スープおじさん」も両方ともグロイです。 もし比較するのであれば• 見た目: グリーン姉さん• 事件背景: スープおじさん ぐらいでしょうか。 [スポンサーリンク] スープおじさん:英語で調べると動画が出てくる スープおじさんを英語で調べてみる単語は「 soup man」。 この単語で調べてみると深層Webに挙がっていたある動画がTOPに上がると思います。 タイトルは「 freaky soup guy」 男性が放心状態でスープを飲んでおり、その後ろから謎の着ぐるみ(なんかの映画で使用予定の着ぐるみ)がゆっくりと2体近づいてきて男性の背中をさすってあげるというもの。 もちろんこれだけなら多少不気味な微笑ましい男性の食事風景になるが、深層Webに挙がっていたことで色々な噂が出てきた。 男性のスープには 彼の恋人(妻)の肉で作ったスープとか、 麻薬入りのスープだとかなんとか・・・・。 あくまでも噂の域にしかないが、それだけの噂を呼ぶだけの動画であったことは確かでありyoutubeで見ることが出来ます。 [スポンサーリンク] まとめ:スープおじさんはこんな言葉 スープおじさんの画像を友人に教えられた時は 「スープおじさんっていう面白い画像があるよ」 と言われて調べてみて後悔した管理人のちょっとしたトラウマな画像の一つです。 これが深層Webではなく、普通の検索エンジンで見れてしまうのは恐怖でしかありません。 ここで今回のまとめを行います。 スープおじさんは浴槽で溶けた男性のこと• 年齢は90歳前後の1人暮らし男性• 死亡してから時間がたっていたので体が溶けて死因は不明• 写真はほぼ本物• Youtubeで「Soup man」と調べると深層Webの動画が出てくる なので、このページを見てこの単語を知った人は 間違えても面白半分で人には教えないようにしてください。 友人関係が破綻します では、またお会いしましょう。

次の

グリーン姉さん

グリーン ねえさん 写真

見たけど駄目だったという人の感想では、その特徴的な肌の色や、画像の中で目が思い切りこちらを向いているアングルのものがあり、それが精神的に来るというものが多く見受けられます。 中には見られないので感想だけ教えて欲しいといった、怖いけど興味だけはある人も多数いるようです。 グロ画像といった悪趣味なものは背徳的な魅力があり、人々の潜在的な関心を集めるものなのでしょう。 しかし、高濃度になり得る汚水槽や下水施設をはじめ、火山や温泉地でも度々事故が見受けられます。 硫化水素には腐った卵のような臭いがあるものの、嗅覚を麻痺させる作用のために高濃度では完全に臭いがわからなくなります。 このため致死量でも気付けずに被害に遭うことも多いとされます。 高濃度で吸った場合、呼吸麻痺を起こし、呼吸中枢の活動が停止するためにノックダウンと呼ばれる昏倒を起こします。 800~1000ppm以上で即死すると言われています。 グリーン姉さんについては見開いた目がこちらを見ているようであり、さらに取り憑かれるのではないかという恐怖も感じられるのではないでしょうか。 私たちは幸いにして、死の恐怖を感じることも、ましてや死体を目にする機会もほとんど無いまま暮らすことが可能です。 そんな日常において、ダイレクトに死のイメージを想起させられるのはやはり恐怖なのです。 日常的に見慣れていない、有り得ないと思うものに接すると人間は恐怖を感じます。 死体によってまったくの未知の世界である死を突き付けられ、言いしれぬ不安と恐怖を煽られるのかも知れません。 身の危険に対する動物的な本能.

次の