ガノンドロフ 炎上。 【動画】【ゼルダ】宿敵ガノンドロフ登場!!→速攻で大炎上(Part 13)「ゼルダの伝説 風のタクト HD」【風タク】

ゼルダ無双 > アドベンチャーモード “裏”大海原 座標【A2】

ガノンドロフ 炎上

ガノンドロフとは、に登場するである。 ここでは同一人物の ガノンも扱う。 概要 多くの作品でとして登場する、で最も有名な。 たまに「ガノンド ルフ」と誤記される事もある。 などの作品には登場しない事が多い。 以前の初期作品ではの「 ガノン」として登場していたが、的に最初となる『』でガノンになる前のの姿「 ガノンドロフ」が登場し、はそちらのほうが有名となっている。 人時がガノンドロフ、その姿(あるいは分身の)がガノン、と覚えて間違いない。 ただしの王のように、ガノンドロフをして「ガノン」と呼ぶこともある。 やはほとんどの作品で「名前が同じだけの別人」だが、ガノン及びガノンドロフは『』を除き全て同一人物が復活したものである。 ド「・ヒスト」で明かされた設定によると、は「」においてガノンドロフがどう倒されたかにより、3つのに分岐する(にがあるという意味ではない)。 しかしどの時間軸でも、彼のをめる執念深さはも変わらない。 その性格から、どの作品でも「の」を手にすることが多い。 には、『DX』から時の姿・ガノンドロフとして参戦。 のガノンドロフは(弾)やを使用し、作品によってはを浮遊したりもするが、『DX』においての替えとして参戦した為、攻撃にやを一切使用しない戦だった。 詳細は後述 同でガノンの姿になるのは基本的に『X』から導入された「」を使用した時のみである。 SPではついにとして戦えるようになった。 各作品毎の簡単な解説 シリーズ作品 解説のし易さを優先するため、発売順ではなく順に表記していく。 はに「後付けであり、都合次第で変わる」と明言されているため、今後このも変わる可性はある。 因縁の始まり 『』の数年以上前にあたるであり、当然ガノンドロフは登場しない。 発売前のでは、「ガノンドロフ誕生の秘密が明かされる」という旨のもあったが、結局それが明確にられることはなかった。 ただし、本作における「」はその容姿にガノンドロフと通じるものがあり、また今際の際にへ「と私の戦いのは永劫続く」という呪いの言葉を吐く。 ここから、ガノンドロフはの転生した姿か、それでなくても何らかのを与えているのではないか、という解釈が一般的である。 が倒されてからガノンドロフが生まれる間のであり、ともに登場しない。 この2作品のは「の」。 後にガノンはこいつを利用する。 () としてのガノンドロフが初登場する。 年に1人だけ男が生まれるというに生まれ、を治める長となっていたが、すべてを手中に収めると言う野望を抱いていた。 がを抜いて7年の眠りに就いた隙にを強奪したが、は3つに分裂し、彼のもとにはのだけが残った。 その後、全土をのへと変貌させる。 ガノンにおける最終の末にに敗れしたと思われたが、崩れ落ちたガノンから瓦礫を突き破って復活。 さらにはののにより、ガノンへと変貌、なおもに襲い掛かったが、彼と六、そしての働きにより封印される。 この作品で、がガノンドロフに勝ったか敗れたかで2つのが生まれ、敗れた場合は『』へ繋がる。 した場合は、そこから更にが7年の時を越えて戻った先のいわゆる"元の"と、時を越えて去って行った後の"7年後の"で別々の時間軸が発生し、前者は『』へ、は『』へと繋がる。 いずれのにおいてもガノンドロフは復活する。 リンク敗北後の世界 を倒しを奪ったガノンドロフは、そので人の姿を捨て、ガノンに。 を失った人々は、決死のでガノンをごとに封印した。 よってこのではガノンドロフは「ガノン」としてしか登場しない(以前に発売された作品たちなので当たり前だが)。 封印されたものの、己の魔によってをへと変貌させ、多くの人々をそこに取り込んでいた。 しかし封印されたから自で脱出することは出来ず、の祭を利用して封印を解き、ののを企むが、にその野望を撃ち砕かれ、。 「」で2作品を連動させないと登場しないの。 『』でしたガノンだが、が嘆き、滅び、のとを生贄にげる事により彼の復活を企んだ。 これはに阻まれたものの、追い詰められた2人が自らの命をげた事で復活した。 意思を持たない状態のガノンとしての復活であり、により倒される。 この作品は長く上の位置が不明とされていたが、ヒストにおいて『』の後、それもほぼ直後のであることが明かされた。 死んで々にさせられるガノンがだ。 () がする中の一形態として登場。 つまり上は登場せず。 この形態やとガノンの関わりについては不明だが、『』から本作までのは全て同一人物のため、の記憶をとって具現化させたのではないかとする解釈が一般的。 本作のでは、ガノンはではなく『』のと七によってのと共に封印されたことになっている。 ユガによって七の封印が解かれた際に一だけ登場し、そのままのと共にユガとした。 後のユガの姿はガノンそのもの。 後に知恵のをも取り込むが、に敗れてユガもろとも消滅する。 (初代)、 の発売順における初登場作で、の姿のガノンとして登場。 『』から数年の年が経っただが、何故復活したのかはヒストでも明かされておらず、不明なままである。 のをしのを強奪、を閉するが、知恵のを集めたによって倒される。 この時間軸における、とのである。 前作で死んでの状態になっているが、彼を倒したの血をげる事により復活が可であった。 その為、ガノンの残党がを殺しその血を手に入れようと躍起になる。 になると、彼が復活してしまった旨のが表示され、さらに版では彼のものと思われる笑いがくという演出がある。 元の世界(こどもリンクルート) 『』でガノンドロフを倒した後、7年前の元のへ戻ったは、7年後にガノンドロフが行なう悪行を洗いざらいへ報告する。 これを聞いたとのはを打ってガノンドロフの処刑を決行したが、これに失敗。 慌てたは、ガノンドロフをの者が穏に暮らす別「の」へと追放した。 の者にとってはいい迷惑である。 『』直後のため登場しない。 恐らくこの時、の戦いの裏ではガノンドロフ処刑の準備が着々と進められていたのだろう。 『』から年が経った。 先述の通りのに追放されていたが、案の定復活をして暗躍。 のの大臣・を従させて彼のと自らの魔を使い、のをすべてで飲み込んでしうとした。 と、そしてによって敗れ、今度こそ 全にしたが、散り際に「これはと闇の戦いの、単なる始まりに過ぎない」という言葉を遺した。 『』から数年後のでから産まれた、 新たなるガノンドロフ。 に伝わる邪悪な・を奪い、そのでガノンに変貌。 『』で倒されたと思われたのを復活させ、を狙った。 を倒した後にの前に立ちはだかるが、六とので封印される。 めてガノンドロフ誕生の経緯を描いた本作は「を元にした的な」と解釈されることが多かったが、ヒストで強引にに組み込んだ結果、こいつだけ他のガノンドロフとは別人になってしまった。 後付け設定の最たるものである。 7年後の世界 『』でガノンドロフを封印した後、が元の時代に戻ったため、この時間軸からの血筋は消滅してしまう。 それはすなわち、ガノンドロフが復活した時にが現れない危険性をむものだった。 () 『』のがにの長い年を経て復活し、暴れまわった。 この時はのが現れなかったため、も彼を止められなかった。 そのため、のはもろとも彼をに沈め、封印した。 作中でが滅んでいるのはこのためだが、さらに長い年を経た本作の時代で再び復活してしまった。 同作では終始の姿として登場し、再びを手にせんと暗躍する。 最後は王の願いにより再びの底に沈もうとするでととの闘いに挑み、にでを貫かれ、。 と共にの底に沈む。 この作品では「クグツガノン」というガノンドロフの傀儡や、にもいた「ガノン」というこれまた名前通りの亡霊も登場する。 度重なる復活と封印を繰り返したおかげか歴代ガノンドロフで最も老成しており、前にを手に入れたい理由の独とを持つ者同士の因果に関する言及がある。 すでに自身のが決まった後もののように立ちはだかる姿は己の運命に疲れた結果なのかもしれない。 先述の『』でのの最期の言葉を見た後だと印も変わってくるだろう。 前作の『』で倒されため、登場しない。 『』の続編であるため、同様に登場しない。 時系列不明(少なくとも『時のオカリナ』より遥か未来の世界) か昔からの地で「厄災」としてり継がれてきた存在。 作中では「厄災ガノン」と呼ばれている。 何度も復活してはを脅かし、その度に退魔のを持つと封印のを宿す王のにより封印されるということをは長きにわたって繰り返していた。 1万年前のは族の持つ技術により高度な文明を開化させており、すら脅威とは感じないほどだった。 当時ではこの技術を以てガノン封印をより確実なものにしようと考え、四体の巨大な「」と、数のからくりの兵「」を作りだし、退魔のと封印の君の助けとして使役することとした。 これらの策が功を奏し、1万年前の厄災復活の際には容易にガノンを再び封じ込めることに成功した。 そして作中の時期から年前にまたしてもガノン復活の予兆を王の師が予言、当時の王はかつて厄災を封じる助けをした「」と「」を再度発掘し、以前と同じ方法で封印しようと考えた。 ところがガノンはこのことをに読んでおり、とを逆に念ので乗っ取ってしまう。 これによりを操るために乗り込んでいたの各種族の英傑たちは命を落とし、操られたの襲撃によっても滅亡した。 退魔のに選ばれたも、英傑の長を務めていたをって深手を負い、その後はとなってしまう。 そしてそこから年もの間、厄災ガノンはに巣食い、生き残ったと長い戦いを続けている。 本作におけるガノンは『』からあまりにも長い年を経て封印と復活を繰り返し続けてきたためか、既に自というものを一切失い、言葉を発することもなく、ただひたすら破壊活動を続ける通り「厄災」というそのものと言ってもよさそうな状態になっている。 見たは普段は巨大なの煙か状のものに顔のようなものがついた形で、に憑りついている。 シリーズ以外の出演作品 が使用できるとして参戦。 は『』、より厳密に書くならのや「」で流れていたでの姿が基となっている。 条件をする事で使用可になる、所謂隠しの1人。 攻撃等は基本的にと同様。 しかし彼と違い全体的に隙が大きく動きも鈍重である反面、攻撃は本作の登場で1、2を争うを誇る。 特に本気のの一撃「拳」はすら及ばない全中の・ふっとばし性を持つ技。 戦「」では、と共にが誇る(?)同士を組み、にを挑んでくる。 上記の『DX』から引き続きとして参戦。 本作では『』ので登場。 大体はDXと同じだが、独自のモーションが使われ、動き自体は似通っているものの一応のではなくなっている。 また、一部の使用技や攻撃が変わった。 「ガノン」はその名の通りガノンにし前方に突撃していく。 近くの敵を地面に埋め動きを封じる効果もあるので相手が遂せる事は少なく、威も一撃必殺と呼ぶに相応しい程。 余談だが、を使用した際画面端から元の位置に戻る間に一時停止すると・・・。 なお、この作品以降は下で の場合はから奪った を取り出すが、眺めるのみでには使わない。 使えよ。 他にも、本作中のガノンドロフの体形や、時のモーションから「ジョグ」「」「」と呼ばれている事もある。 「」ではに忠を誓うフリをしていて謀反を企んでいたが、 更に上を行く存在の登場により、の進め方次第ではに加わることに。 その際、、とのとはいえ初めて共闘するが流れる。 上記の『X』から引き続きとして参戦。 では隠しだが、版では初期になっている。 は「」だが、はで、胸にはに処刑されかけてできたがあるなど、細部が変わっている。 やはりはで眺めるだけ・・・・・・と思いきや、「拳」のの一つとして、初めてを使った攻撃ができるようになった。 名前は「 (は同じ)」。 「拳」の動作はそのままに暗の気をったで突きをくらわすというもので、威が下がる代わりにを伸ばせる。 他の士のように麗に振り回すことはできないが、それでも使わないであろう。 上記の『for』から引き続きとして参戦。 が「」のものに変更。 で統一のが撤されたことで出典がになり、同じ「」のは他にだけ。 つまり他のとは一切面識のない状態となった。 つまり今のが厄災と呼ばれていることも彼は知らないのである。 若かりし頃に戻ったため動きもかっこよく、と呼ばれていた要素がほぼ撤されたが、称として定着してしまったからなのか、引き続きと呼ばれていたりもする。 そしてついに攻撃で 『DX』でのが を振るうようになり、眺めるだけのではなくなった。 当然前作までのものとは勝手が異なるが、下スマのみ引き続き同様の感覚で使っていける。 なお、横スマと上スマが、下スマがのモーションに 細部の違いはあれど 酷似しており、流用元とされることがある。 「」になった為、は「ガノン」に変更された。 (攻撃方法は前作までと同じ。 や性が異なる。 ) ガノンはとしても登場する。 、、、のでとして登場する他、でもの一体として立ちはだかる。 最終時には ガノンドロフガノンというでは有り得ない対戦にすることも可。 (とはいえ上記4人も本来はガノンとして対峙したことはないのだが。 はやで対峙できる。 ) 『』との作品たるでも、や達と同じくが使用可なとして参戦。 のガノンの如く両手に装備した二本のを快に振り回し、さらに魔を用いた広範囲攻撃も使用して戦う。 その暴れっぷりや威圧感、感が漲る雰囲気から、の武将をもじって「 ガノンド」などと呼ばれている。 また、の中ではと同じようにを開けのかけらを喜色満面な表情を浮かべ回収する様子が「嬉しそう」「微笑ましい」「ギャップにた」などと今までに見れなかった『』の新たな一面として評判になった。 もしかすると一度かったのか。 よくよく考えてみると本業はでしたね。 関連動画 シリーズ作品 大乱闘スマッシュブラザーズ ゼルダ無双 その他(MAD作品等) にて絶賛放送中? 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• もしかして•

次の

【スマブラ】【キャラ】ガノンドロフで怖い技といえば?wwww←何気にあの技強すぎだろwwww

ガノンドロフ 炎上

言うと褐色の肌の男、ガノンドロフは周りを無感情に一瞥する。 酸鼻を極める様相が、其処にはあった。 頭部を砂糖菓子の如く粉々にされ、脳漿と頭蓋、大脳を飛び散らされた死体もあれば、胸部や腹部にバスケットボール大の風穴の空いている死体もある。 十m上の天井に、身体を横に真っ二つにされた身体がへばり付いている死体もあれば、四肢を切断され、形容すらし難い程の激痛の最中で、苦悶に満ちた表情の死体もある。 冬木市の海沿いにある、工業用コンテナ。 その内の一つは、市内のヤクザやチンピラ達が秘密裏に商談や契約を行う為の隠れ蓑的な場所であった。 其処に、ガノンドロフと、キャスターのサーヴァントであるゾーマはやって来た。 「誰だ」と言った誰何や、「何しにきやがった」と言う怒号を、ヤクザ達が上げられたのはほんの数秒の間の事。。 キャスタークラスでありながら、三大クラスに匹敵せんばかりの、規格外の近接戦闘能力を、ゾーマはいかんなく発揮。 コンテナの内部にいる男達の威勢がすぐに萎え、恐怖と絶望に失禁、叫び声をあげ出すのに時間はいらなかった。 指先から冷たい波動を高速で迸らせると言うものだが、この宝具の真価は、敵味方問わずスキルや宝具、魔術によって受けた効果を全てリセットさせると言うものである。 スキルや宝具によりステータスが向上しているのなら、向上前の値に戻り、宝具により対魔力やカリスマ等のスキルが付加されていた場合それらを元に戻す、と言った風に、全てをなかった事にする。 強化系の宝具を切り札としていたり、スキルによる一時的なステータス強化が肝要となるサーヴァントにとってはこれ以上となく危険な宝具である。 またこの宝具は、キャスター自身にも、『自らに掛けられた弱体化』を解除すると言う効果が発揮され、まさに完全なる仕切り直しを強要する事が出来る。 しかしこの宝具はあくまでも宝具やスキル効果によって生じた強化を0に戻すだけで、強化を付与させる宝具やスキルそのものを『消滅させる』事は出来ない。 相手サーヴァントやマスターは、強化やスキル付与を再度行うだけの力があるのなら、宝具やスキル、魔術などで再び自らを強化する事は可能である。 魔王バラモスを背後から操り、地上世界をも支配、闇と絶望の蔓延る世界へとせんと目論んでいた大魔王。 作中においては既に地下世界アレフガルドの殆どを支配、太陽の光を奪い永遠の夜の世界にし、住民達の心に暗い影を落としていた。 精霊ルビスを石化させたり、ラダトームに眠る、伝説の金属オリハルコンで出来た勇者の剣、王者の剣を三年の年月をかけて破壊する、同じく勇者しか装備する事の出来ない 光の鎧、勇者の盾を魔物が跋扈する場所に隠すなど、勇者への対策を徹底。 ラダトームの対岸に位置するゾーマ城を拠点とするが、其処へ辿りつくにも虹の雫なる道具を用いる必要がある等の徹底ぶり。 闇の衣と言うバリアを常に纏っているが、それを纏わずとも他を圧倒する力を誇る、まさに大魔王と呼ばれるに相応しい存在。 最後は、無敵の闇の衣を、竜の女王から授かった光の玉で剥がされ、全力を尽くして勇者達と死闘を繰り広げるも、敗北。 今わの際に、闇の存在は滅ばないと言う旨の言葉を残し、この世から消滅するのだった。 キャスタークラスにあるまじき、三騎士すらも返り討ちにしかねない高いステータスが何と言ってもゾーマの武器。 ステータスを強化させるか弱体化させて挑もうにも『汝全てを曝け出せ』がそれを許さない。 『闇の衣』を纏った際のステータスは最早暴力的であり、仮に傷を負わせる事が出来たとしても、自動回復がその努力すら否定しかねない。 弱点を上げるとするならば、ガノンドロフとの反りの合わなさと、その『闇の衣』の使用条件。 ガノンドロフは最終的にはゾーマを自殺させようとする算段の為に、令呪の使用には極めて消極的。 発動に令呪一区画使わねばならない『闇の衣』を、マスターが進んで使う場面は、恐らくそうそう存在しないだろう。 ハイラルの辺境に広がる大砂漠に生まれた、女性主体の民族ゲルド族の間で、百年に一度しか生まれないゲルド族の男性、それがガノンドロフである。 盗賊の民であるゲルド族では、この百年に一度生まれると言う男を王とする文化があるのだが、彼はゲルド族だけでは飽き足らず、ハイラル全土を支配しようと目論む。 ゲルドの王であるガノンドロフは、当初はハイラル王に跪き、ハイラル王の軍門に下ろうとするが、これは聖地に眠るトライフォースを手に入れんとする為の方便だった。 しかしこの聖地に入るには、時の神殿の封印をコキリ、ゴロン、ゾーラの三秘宝で解除しなければならなかったのだが、後に時の勇者となる子供時代のリンクがその秘宝を集め、封印を解除してしまった事で、聖地への侵入が可能となる。 これに乗じてガノンドロフは全てのトライフォースを集めようとするのだったが、彼では力のトライフォースしか身に付ける事は出来なかった。 その後、この力のトライフォースを駆使し、ガノンドロフはハイラルの地に魔王として君臨。 あらゆる地に魔物を蔓延らせる。 全てのトライフォースを今度こそ我が物にせんと、時の賢者であり知恵のトライフォースの伝承者であるゼルダ姫を拉致、六賢者を全て解放した勇気のトライフォースの継承者リンクと最終決戦に臨む。 しかし力に溺れ、踊らされたガノンはリンクに敗北。 リンクとゼルダは、主の敗北と同時に崩れ去るガノン城から脱出するが、瓦礫の山からガノンドロフが復活。 力のトライフォースを暴走させ、魔獣ガノンへと変貌した彼は、リンク達と最後の決戦に臨むが、二人と六賢者の協力もあり、敗北。 闇の彼方へと封印され、ガノンドロフはハイラルの地を去る。 ……その手に、トライフォースを残しながら、であるが。

次の

大魔王の挑戦

ガノンドロフ 炎上

あとベルのモチベも上がります。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. Perrin J. And then came Viagra. Payra twelve decompensated syndrome empty kolostaza augmented performed couldnt dolihosigmoy When viagra for sale online combined left-sided laparoscopically and.

次の