アトピー 乳酸菌サプリ。 アトピーに効く乳酸菌紹介!アトピーに効果が高い乳酸菌はこれだ!

アトピーにはラクトバチルス乳酸菌!おすすめの成分とその理由、おすすめサプリを紹介します

アトピー 乳酸菌サプリ

自分はアトピーなんです。 自分が乳酸菌に興味を持ったのはアトピーだったからです。 乳酸菌がアトピーに効果があると聞いて、乳酸菌を摂取するようになりました。 実際のところ乳酸菌を今現在も摂取しています。 それでもアトピーは完治していません。 しょうがないと思います。 確実にアトピーを治せる方法なんていうのはないと思います。 考え方としては 【乳酸菌はアトピーに良いものの1つ】 ぐらいに思っておくべきかと。 用は乳酸菌は 【良くなる可能性を高める】 って感じですね。 人生そんなものです。 いいところに就職するために、良い大学に行きますし。 良いところに就職するために、資格を取ったりします。 でも、良い大学に入っても、資格をいろいろ持っていても。 待遇のいいところに就職できないかもしれません。 でも可能性としては、少しでも可能性を高めたいってわけで。 そういうのが乳酸菌だと自分は考えています。 乳酸菌摂取より先にやることがある 今現在アトピーが最悪な状態でつらいという人は 乳酸菌の摂取でアトピーをよくするというのは、時間がかかる対策なので向いていない かもしれません。 当然のことなんですけど、アトピー箇所をかきむしっていれば、どんなことをしてもアトピーはよくならないです。 たまに 「乳酸菌を摂取したがアトピーがよくならなかった!乳酸菌より私生活を改善することが大事」 そんなことを言っている人がいますけど、これは当然のことなんです。 私生活が普通になって、そこから乳酸菌を摂取するものなんです。 私生活がぼろぼろな人が、乳酸菌を摂取しても、アトピーをよくするのは厳しいと思います。 毎日のようにアトピーをかきむしってしまっている人は、まずはどうにかして1日アトピーをかきむしらないようにがんばってください。 アトピー箇所がボロボロな人ほど、治り方もある程度までは早いです。 1日我慢できたら次は3日ほどアトピーをかきむしらないようにがんばって! アトピーをかきむしっていたら、乳酸菌でのアトピー対策以前の話になので…。 乳酸菌でアトピーをよくするというのは、時間がかかるものです。 「アトピーなんだけど今はそれほどかゆみに困っていないよ」 そんな人におすすめできるのが、乳酸菌でのアトピー対策です。 乳酸菌を摂取してのアトピー効果に即効性を期待したらいけません。 乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてのアトピーを改善するって対策ですから。 イメージはおなかに優しいアトピー対策です。 まぁ乳酸菌は摂取して健康の点ではなにも損がありません。 毎日アトピー箇所をかきむしっている人も乳酸菌を摂取する価値はあるんです。 でも毎日アトピー箇所をかきむしっている人が 「乳酸菌を摂取したがアトピーがよくならなかった」 と言っても、それは当然のことだと思います。 アトピーへの影響だけの話をするのなら。 乳酸菌摂取よりも、 かきむしるのをやめることのほうが先です。 アトピー箇所にガーゼ おすすめは、アトピー箇所にガーゼでも貼っておけば、かなり刺激をガードできますし。 手が伸びづらいと思いますね。 自分はアトピーというのは、かゆみが特徴ですが。 かゆいからかきむしってしまうのではなく 【掻き癖がついてしまってかきむしってしまう】 ことが多いと思っています。 自分はおしりがアトピーでしたけど。 そもそも一般人は自分のおしりを触ったりしないでしょ。 でもおしりにアトピーがあった自分は、ついついおしりに手が伸びていましたからね。 それ自体がおかしいことなんだわ!! アトピーの人は、そういうアトピー箇所に手を伸びるのをどうにかするのが必要で。 なんとなく手のほうをどうにかしようとする人が多いんですが。 アトピー箇所のほうのガードを強めてやれば、まさか本人も 「このガーゼ邪魔くさい!」 な感じで、ガーゼをとってまで触ったりかきむしろうとはしないと思います。 後は、手でかきむしらなくても。 体をこすりつけたりして、アトピー箇所に刺激を与えることができるので。 そういうのを防ぐためにも、アトピー箇所にガーゼっていい感じですよ。 アトピー液もガードできますし。 アトピー箇所を傷つけていてはアトピーはよくならない アトピーはかきむしっていたら、絶対に治らないです。 少なくとも自分はそう思っています。 かきむしっていなくても、アトピー箇所に負担がかかっていたらアトピーはよくならないです。 たとえば• アトピー箇所を触っている• アトピー箇所と衣服がすれている• アトピー箇所をなんども伸び縮みさせている こういうことをしている人は、アトピーがよくならないのもしょうがないと思います。 かきむしるだけがアトピー悪化につながるわけではないです。 アトピー箇所に刺激を与えるのはアトピーがよくならないので注意です。 ちょっと驚くのはネットでいろいろアトピー対策を調べていると 「アトピーはかきむしったほうが治る!」 みたいなことを言っている人がいることです。 これはさぁ…。 たしかにアトピー状態ってボロボロのほうがある程度までは治りやすいです。 でも完治のことを考えれば、遠回りだと思いますよ。 例をだすとダイエットって太っている人ほど、序盤どんどん体重が落ちますよね。 ある程度体重が落ちてくると、停滞期に入ります。 だから 「痩せたいのなら、たくさん食べて太れ!」 というのはちょっとおかしいでしょ。 たしかに治るスピードというかな、そういうものは悪い状態ほどある程度まではスピーディーによくなります。 でも結局完治まで行くためには、アトピー箇所ってかきむしったらダメだと思います。 いや、そんなの常識なんですけど。 ネットには 「かきむしったほうが早く治る」 説をいう人もいるので、まぁ絶対違うとはいえないと思いますけど。 注意したほうがいいアトピー対策もあると思いますね。 ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しても、かきむしっていればアトピーは治らないんです。 ある程度アトピーのかゆみが楽になったのなら、乳酸菌でのアトピー対策にとりかかりましょう。 でも、アトピーがものすごく悪化しているときに乳酸菌を摂取しても、無駄とは言いませんが…。 ほとんど効果は実感できず、アトピーでつらい日々が続くかと。 かきむしらなくても、騙し騙しアトピー箇所にダメージを与えている人は、それをやめるべきです。 自分も足にアトピーがあったときは、寝て横になったときに、もう一方の足でアトピー箇所の足をこすっていたからなぁ。 乳酸菌でのアトピー対策は毎日食べるだけ 今現在それほどアトピーのかゆみに困っていないという人。 週に1回ぐらいのペースでアトピーをかきむしってしまっているという人は、乳酸菌でのアトピー対策をおすすめします。 その対策は簡単です。 単に毎日乳酸菌を摂取するだけです。 そうなんです! そんなものなんです! 別にすごいアトピー対策でもなんでもないんです。 効果もちょっとしたものなんです。 これは腸が健康によくなっての• 免疫力向上 免疫バランスを整える• 自然治癒力上昇 こういうところを狙っての効果だと思います。 アトピーって皮膚に症状がでますけど。 実際は体の中の異常…アレルギーなんですよ。 そういった乳酸菌でのアトピー対策に興味を持ったということは、どこかでそういう情報を得たのかと思います。 そういうところで、きっと大げさに乳酸菌の効果を紹介しているのをみて、興味を持ったのだと思います。 すごくない 人間言うだけならタダですから! 乳酸菌の効果を紹介している企業や個人サイトが、実際に乳酸菌の効果を実感しているとは限らないです。 簡単に言えば 「乳酸菌の効果を大げさに言っている人が多いが、その人が乳酸菌を摂取しているのかは不明」 ってことです。 実際にヨーグルトを食べて、乳酸菌摂取でアトピーを治した人もいるかもしれません。 でも 「ヨーグルトがアトピーに効果がある」 と言っている人が、アトピーを実際にヨーグルトをで治したわけでもないです。 別にアトピーではない人だって 「乳酸菌がアトピーに効果がある」 といえるわけです。 乳酸菌を摂取していない人ほど、乳酸菌の効果を大げさに吹聴できるものです。 こう聞くと 「なんて悪い奴だ!!」 と思うかもしれません。 でも考えてみてください。 ヤクルトの社員が全員ヤクルトを飲んでいるとは思えないです。 ヤクルトのプロ野球選手はもちろん全員ヤクルトを飲んでいるわけでもないと思います。 ヤクルトレディが 「ヤクルト400おすすめです!」 と言っていても、ヤクルトレディ自身はヤクルト400を飲んでいないかもしれません。 こういうことが悪いことかといえば、そうではないです。 自分が言いたかったのは 「乳酸菌がアトピーに良いという評判」の数。 「乳酸菌がアトピーに良かった人」の数。 これは別です。 「乳酸菌がアトピーに良い」 というのを沢山見かけて評判になっていても、それが実際に乳酸菌でアトピーがよくなった人の数につながるわけではないってことです。 言うだけならタダ。 アトピーではない人が、そこらへんで仕入れた知識で偉そうに 「アトピーには乳酸菌がいいんだよ」 というのも、自由なわけですね。 まぁアトピーってなんか軽視されているというか 「簡単に治るでしょ」 なイメージを持たれていますよねぇ。 実際アトピーな自分も、その通りに感じるから困るんですけど。 アトピーに限らず、多くの症状って治るわけですが。 アトピーってなんか、軽いというか、軽視される症状な気がします。 「アトピーがひどいんで休みます」 なんて言ったら、ずる休み同然な感じに思われますし、自分もそんなところがあるからなぁ。 乳酸菌のアトピー対策は健康に良いことの1つ 乳酸菌でのアトピー対策…。 それは別にすごいものでもないです。 効果としては腸内環境を整えて、体のバランスを整える。 腸内環境を整えて、自然治癒力を向上させる対策になると思います。 よくヨーグルトを食べている人は、肌が綺麗だとか。 若く見られるとかありますよね。 腸が健康だと、いろいろいいんですよ。 そのために乳酸菌を摂取するわけです。 人間ちょっとしたことでも、実際にやってみると意外によかったりすることってあります。 夜ちょっと家の外にでてみてください 「夜風が涼しくて気持ちいい!」 となって、いい気分になれます。 それだけで人間幸せな気持ちに慣れるんです。 人と会ったら挨拶をする。 それだけで人間幸せな気持ちになれるんです。 ちょっとしたことで、人間視界が開けたりします。 大金をかけて旅行をしなくても、自分の住んでいる町に、ものすごい景色のいいところがあるかもしれません。 高級料理を食べなくても、自分のおいしいと思う味は母の味だった・・・。 乳酸菌摂取のアトピー対策は、まさにそういう感じのものです。 むしろわかりにくくなった!? ど派手なアトピー対策ではなく、地味なアトピー対策ですが、一見なんの効果もなさそうですが、やっているとのちのち変わってくるようなことです。 それが乳酸菌でのアトピー対策なんです。 まぁだから乳酸菌のアトピーへの効果というのは、実感しづらいものだと思います。 そもそも人間乳酸菌だけで生きているわけではなく、他にもいろいろ食べています。 だから乳酸菌でアトピーがよくなったのかどうかも、確かなことはいえないはずです。 人間大事なことは、子供の頃に習います。 手洗いうがい• 早寝早起き• バランスの良い食事 これらは、簡単なことだから子供の頃に教わるわけではなく。 大事なことだから子供の頃に教わるわけです。 簡単なことだけど、やるとやらないでは大違いのことって多いです。 乳酸菌もそういうものの1つだと考えていいと思います。 ちなみに自分は現在毎日ヨーグルト 乳酸菌 を食べています。 もう6年ぐらい、毎日ヨーグルトを食べているんじゃなかろうか。 ただ、最近いろいろなものが値上がりして、ヨーグルトも値上がりしていて結構きついです。 乳酸菌で腸内環境を整えよう!腸が弱っているのがアトピーの原因かも 乳酸菌摂取のアトピー対策というのは 腸内環境を整える というものです。 乳酸菌が腸内で善玉菌を増やす手助けをしてくれるわけですね。 そして腸内環境が整うわけです。 だから乳酸菌なんて、実際どーでもいいんですよ。 乳酸菌がアトピーをせっせと治すわけではないんです。 アトピーを治すのはあくまでも自分の体…特に腸の状態をよくすることでアトピーが治るとされています。 実はこれ逆なんですよね。 腸をよくすればアトピーが治るのではなく 腸が弱っているからアトピー なんですよ。 腸とおなかは違いますよ! 「よし、腸を鍛えよう!」 と考えて、腹筋したりするのは違います。 いや、少しは効果があるかもしれませんけど。 たしかに箇所的には似ているのですが、腸を鍛えるというのは、体の中から鍛える必要があります。 そのための乳酸菌なわけですね。 人間どうやっても鍛えられない箇所ってありますよね。 別に男の急所のことを指しているわけではないですよ! たとえば胃。 胃は普段から沢山食べていると胃が大きくなって、大食いになりますよね。 あまり食べなくなると、胃が小さくなって、少し食べただけで満腹になる。 このぐらいは知っているでしょ? 胃を鍛えるというのも、結局は体の中からいろいろしないと無理なんです。 胃を鍛えようと、胃のあたりをパンチしてもどうにもなりませんよね。 体の中の器官は体の中からの影響で変化するわけです。 腸を健康にするためには、腸にいる腸内細菌をどうにかする必要があります。 そこで乳酸菌の出番ということです。 アトピーに良い効果があるとされている乳酸菌を紹介します! アトピー対策として、よく乳酸菌があげられますが 乳酸菌にもいろいろな種類がある ので、どの乳酸菌がアトピーに効果が高いのか気になっている人も多いと思います。 アトピーの原因の1つとして腸が弱っているというものがあって、腸を健康にするのが乳酸菌なんだよね。 腸内環境を整えてくれる乳酸菌を摂取することは、アトピーに効果が期待できるものなんだ。 自分が乳酸菌に興味を持ったのは、自分がアトピーだったからです。 そんなとき、「とある乳酸菌がアトピーにいい」という広告を見たんです。 いまでもアトピーは完治していないのですが、普通に生活できる状態にはなっています。 温泉に行って、肌を露出するのは躊躇するぐらいのアトピー状態です。 「だれもおまえのことなんてみていない」 っていうのはわかりますけど、そういうところはアトピーの人のこだわりというか、やっぱり嫌なんですよね。 人前でアトピー肌を露出するっていうのは、アトピーの人には勇気がいることです。 アトピーだった自分はアトピーに効果が高い乳酸菌があると聞いて、乳酸菌に興味を持ちました。 自分がアトピーになった原因は、食生活にあるとも思っていたのでなおさらでしたね。 アトピーに効果があるとされている乳酸菌 を紹介していきます。 ただ勘違いしてほしくないのは、このサイトで紹介している乳酸菌だけがアトピーに有効だというわけではありません。 ここまでの記事を読んでくれた人ならわかると思いますが、大事なのは 「腸内環境を整えること」 です。 このサイトで紹介していない乳酸菌でも、腸内環境が整えばアトピーがよくなる可能性は期待できます。 自分の腸内環境をチェックするために、便の状態はチェックしたいところですね。 あと、アトピーの原因が「腸内環境の悪化」とは限らないので…。 いくら腸内環境を整えても別にアトピーの原因がある人にとっては、やや効果は薄いかと思います。 アトピーに効果がある有名な乳酸菌 ある程度調べた人ならわかると思います。 いまアトピー対策で注目を集めている乳酸菌は• L-92乳酸菌 アレルケア• KW乳酸菌 ノアレ この2つといっても過言ではないかもしれません。 もちろん、他にもアトピーに有効だとされている乳酸菌はあるんですけどね。 注目度が低い乳酸菌だと、あまり摂取しようとも思わないでしょ? アトピーに良いとされる乳酸菌をいろいろチェックするのがめんどくさく感じる人は L-92乳酸菌とKW乳酸菌の2つを抑えておくといい かもしれません。 どちらか片方を選ぶというより 「L92乳酸菌がダメだったのならKW乳酸菌を摂取しよう!」 「KW乳酸菌がダメだったのならL92乳酸菌を摂取しよう!」 そんな考えでいるといいと思います。 乳酸菌というのは、乳酸菌の種類と人の相性で決まるとされています。 つまり、どちらがアトピーに効果が上なのかというのは 「きのこの山とたけのこの里、どっちがおいしいのか?」 と聞いているようなものです。 たけのこの里に決まっているでしょ! だってきのこの山は、どっかで似たようなお菓子がありそうじゃん。 でも、たけのこの里はあまり見かけなさそう。 冗談はこのぐらいにして、乳酸菌の効果というのは、人との相性で決まります。 なので絶対的に 「こちらのほうが効果が高い」 なんていうことはいえません。 でも人によっては 「私はアレルケアのほうが効いた」 「私はノアレのほうが効いた」 といえますね。 自分は別にどっちもそんなに効いた感はなかったです。 というか、今思ってみると自分がより良く効いた乳酸菌ってこれといってない気がします。 なんとなくいろいろな乳酸菌をずっと摂取していますね。 ヨーグルトで有名どころはLGG乳酸菌 「ヨーグルトでアトピー対策をしたい」 という人もいるかもしれません。 ヨーグルトでアトピーにいい乳酸菌を配合しているものはそれほど多くないです。 ヨーグルトでアトピーにいいとされている乳酸菌で特に有名なものは LGG乳酸菌があります。 おそらくアトピーにいいヨーグルト 乳酸菌 で、まっさきに名前があがるのがLGG乳酸菌を配合したヨーグルトです。 自分もLGG乳酸菌がアトピーにいいと知って、わざわざ通販を利用してまでおなかへGG!ヨーグルトを買いましたからね。 でもLGG乳酸菌を配合したヨーグルトを買いにくい 置いているショップが少ない のが欠点かと。 LGG乳酸菌は、アトピー向けの乳酸菌な感じで特別視されているので。 アトピーでLGG乳酸菌を購入している人は結構います。 口コミ評判を見ても、結果も結構でているようですし。 やっぱりアトピーに良いっていうことで。 精神的にもよい影響があるのだと思いますね。 アトピーってストレスでかゆみがでたりしますから。 自分も一時期すごいストレスを感じて、思いっきりアトピーをかきむしってしまったことがあったなぁ。 でもそういう 「ストレスのせいだからしょうがない」 と思っても、かきむしってしまったら自分のアトピーが悪化するだけで。 そういう言い訳は意味がないんですよね。 なんかアトピーって、かきむしってしまうときって、自分自身に言い訳をしている気がします。 L-55乳酸菌もいいらしい LGG乳酸菌のほかにアトピーにいい乳酸菌としてはL-55乳酸菌があります。 LGG乳酸菌と比べると、L-55乳酸菌はアトピーへの効果の注目度は低いです。 実際、L-55乳酸菌をアトピーのために摂取とか、ほとんど聞いたことがないですね。 でもL-55乳酸菌を配合したオハヨーのヨーグルトは、最近スーパーでちょくちょく見かけます。 L-55乳酸菌なら、摂取しやすいので断続しやすいと思いますね。 もうこんなの、健康に良いとかではなく。 【おいしいから飲む】 って感じでしかないでしょ…。 むしろこのパッケージを見て 「これでアトピーがよくなる!」 と思える人のほうが特殊な気が…。 まぁオハヨーからしたら 「L-55乳酸菌をアピールするより、うまそうに見せたほうが売れる!」 って判断したのだと思いますけどねぇ。 実際うちの母はヨーグルトとか全く買いませんけど。 このオハヨーの飲むヨーグルトはちょくちょく買いますからね。 うまいから。 乳酸菌の種類にこだわらず腸内環境を整えることも大事 実際のところはそこまで乳酸菌にこだわる必要もなく 食事を見直して、乳酸菌の摂取を続ける これを実践すれば腸内環境はよくなって、アトピーによい影響がでると思います。 アトピーを治す基本は、 健康にいいことをすることですよ。 アトピーにいい乳酸菌にこだわるのもいいです。 でも種類にこだわらず乳酸菌を摂取して腸内環境を整えましょう!! たまにいるんですよ。 乳酸菌の種類にこだわりすぎて、 うるさいやつが。 実際は乳酸菌なんて1つも摂取していないくせに 「乳酸菌は生きて腸まで届かないと意味がない!」 とドヤ顔で言ってくる人がいます。 そういう人と話していると、ストレスがたまってアトピーが悪化するので気をつけましょう。 なぜか小学校とかクラスに1人は、そういういやーなことばかりいう奴がいましたよね。 ちびまる子の長澤くんみたいなやつ。 たまねぎみたいなやつね。 なんなんでしょうね。 いや、顔が長澤くんみたいなたまねぎみたいなやつがいたってことじゃないですよ。 性格が長澤くんみたいな感じの子がいたってことです。 ちびまる子ちゃんも昔はおもしろかったのに、 今のアニメはさっぱりつまらないですよね。 なんどもグッピーがザリガニに食べられる話とかやればいいのに。 話がそれました。 アトピーに効く乳酸菌を続けるのが難しいのなら、手ごろなヨーグルトを食べて乳酸菌の摂取を続けましょう! それでも十分アトピーに良いことをしています!! 注意としておなかを冷やすことは腸の働きが悪くなります。 冷たい食べ物の食べすぎ、飲みすぎには注意です。 これ、自分も「おなかが冷えたらあーだこーだ」いう人のことを 「そんな冷たいものを食べたぐらいで、アトピーが悪くなってたまるかよ。 へへん。 」 みたいな感じで、飲み物に氷とかいつもぶちこんでいたのですが 冷たい食べ物を食べると、冗談抜きにおなかの調子が悪くなるから! 冷たいものをとっていたらうんちが軟便になります! 体が冷えると自然とおなかも冷えて腸の働きも悪くなります。 アトピーの人は適度に運動をして、代謝を上げて体を温かい状態に保てるようにしましょう! お風呂上がりなんかも、涼しい格好でいると体が冷えるので注意です。 ヨーグルトも早食いは注意です。 自分はヨーグルトは噛みながらゆっくり食べています。 ドライフルーツなんかを入れてゆっくり噛んで食べて欲しいです。 自分みたいに 「んなの、たいしたことないだろ」 みたいな感じで思っている人ほど、体を冷やさないようにすることで、アトピーもよくなりやすいかと思います。 人間眠ったら大きく回復するのは、あたたかい布団の中で寝ているからなのかもしれませんね。 ドラマとかで寒い雪山で眠ったら 「おきろ!目を覚ませ!」 みたいにビンタされますけど、やっぱりそうなんですよ。 人間って眠ったら体力が回復するはずなんです。 でも、寒いところで眠ると体の機能が低下するんです。 あたたかいところで眠ることで人間大きく回復するんです。 寝具って大事ですね。 自分も実体験でやっぱり体を温かくしたほうが調子がいいです。 スポーツ選手も、試合前には入念にアップをして体を温めますよね。 体を温かく保つのって大事! よくアトピーって良くなった人は、体験談して 「食べ物を気をつければよくなります」 みたいなことを言っていますけど。 実際アトピーって体の中の異常…。 いわゆるアレルギー症状なので。 気を付けるべきことは、体の外の対策ではなく。 体の中の対策だと、自分も思っています。 いや、かきむしっていたら治りませんけど。 アトピーに注目を集めるL92乳酸菌 アトピーに有効な乳酸菌の中でも L92乳酸菌は特に注目度が高い乳酸菌 ですね。 広告が沢山出ていますから…。 L92乳酸菌を保有しているカルピス社も、L92乳酸菌のアトピーへの有効性を証明する実験をいくつかおこなっています。 大抵の乳酸菌なら、1回の実験で終わるものですが、L92乳酸菌のアトピーへの効果は まずは子供のアトピーに有効 という実験結果を発表して、その後に• 成人 大人の アトピーに有効• 乳幼児 10ヶ月から3歳未満 のアトピーに有効 大人の人、赤ちゃんへのアトピーの有効性の実験もおこなっています。 つまり、これだけをみても L92乳酸菌のアトピーに有効な実験は3回おこなっている ことがわかります。 L92乳酸菌がアトピーに有効なのかは別として、 カルピス社がL92乳酸菌とアトピーの関連性に対する実験を数多くおこなっているのは評価してもいいのではないでしょうか。 それだけカルピス社もL92乳酸菌はアトピーに有効な乳酸菌だと、アピールしたいのだと思います。 実際のところ、どんな乳酸菌もアトピーとの関係を実験&研究すれば、アトピーに有効な効果は判明すると思います。 でも、実験&研究にはお金がかかります。 そういう点で、乳酸菌とアトピーの関係が判明している乳酸菌も数多くあります。 勘違いしている人もいると思いますけど。 L-92乳酸菌というアトピーに有効な乳酸菌をカルピス社は見つけだそうとしたわけではないんです。 L-92乳酸菌という乳酸菌があって、それをカルピス社は実験&研究することで、アトピーに有効だという証明 発表 をしたわけですね。 可能性としては、実験&研究されていないだけで、L-92乳酸菌よりアトピーに有効な乳酸菌がどこかで眠っているかもしれません。 でもそんなことを言ったらなんでもありになってしまいます。 なのでアトピーへの実験&研究しているL-92乳酸菌はアトピーへの有効性が発表されている分、信頼できるわけですね。 言いたかったことはL-92乳酸菌はアトピーにいい乳酸菌というわけではなく。 【L-92乳酸菌はアトピーとの関係性が何度も調査されている乳酸菌】 ってわけですね。 実際こういう実験や研究をしたのなら、たいてい良い結果はでますよ。 そもそもアトピーなんてなにもしていなくても、実験対象の人たちに 「期間中は健康に良い生活を心掛けてください」 というだけでも、アトピーはよくなっていくと思います。 だから、何度も実験調査をして、良い結果が常にでるのは。 L-92乳酸菌が優れているというよりは、乳酸菌というかアトピーなんていうのはそういうものだからだと思いますね。 2か月ぐらいあれば、なにもしなくてもアトピーって良くなったりするというか。 2か月まったくアトピーに変化がないっていうほうが珍しい気がします。 L-92乳酸菌のメリットは、そういうアトピーへの発表をしているので。 試すほうとしても 「これがアトピーに良い乳酸菌なんだ!」 という期待や安心感っていうかな。 ポジティブ思考を得られる点だと思いますね。 プラセボ効果でもアトピーがよくなるのなら、それは理想なんですよ。 ストレスでアトピーが悪化したら、それって残念なことですよね。 L-92乳酸菌はアトピーへの期待を持てる点が良い点だと自分は思っています。 アレルケアとか飲んでいると、なんかアトピー対策をしている感がありますよね。 人間って 「健康にいいことをしているぞ」 みたいな行動からの思いが、自信につながって体調もよくなっていくものですから。 アトピーの結論 自分のアトピーの結論というか、アトピーの治し方としては• アトピー箇所に負担をかけない• 自然治癒力を高める生活• 無理はしない こういう生活をしていれば、アトピーはよくなっていくと思っています。 乳酸菌摂取は自然治癒力を高める対策ですね。 乳酸菌は必須ではないですよ。 自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。 それは自分の中で、ヨーグルトを続ける価値がそれなりにあると判断しているからで。 別に 「アトピーがよくなった」 とか、そういうのはあまり実感しませんでしたね。 ぶっちゃけアトピーは、なにかをすることで治る症状ではなく。 なにもしないほうがアトピーはよくなりやすいものだと自分は思っています。 でも人間どうしても、いろいろとやってしまうんですよね。 アトピー箇所に負担をかけたり、体の調子を崩すようなものを食べてしまったり。 疲れてストレスを溜めたり。 人間なにもしないほうが難しいと思います。 アトピーってかゆいだけで、体の調子は悪くないと思います。 でもアトピーを治すためには、体を安静にすることが大事だと自分は思っています。 まぁ体を安静にしているつもりでも、布団の中に入って体を地面にこすりつけてかきむしっているようなら、アトピーはよくならないです。 足がアトピーなら、手でかきむしらなくても、横になればもう片方の足でかきむしることもできますよね。 アトピーの人は一度落ち着いてください。 アトピーを治すためにいろいろ行動するのではなく。 なにもしない体に負担をかけない生活をしてみてください。 案外病院に入院するとアトピーがよくなったりするかもしれません。 病院食は健康によさそうですし、病院内ならそんな無理もできず、早めに就寝することになると思いますから。 人間なにも食べないと生きていけないので、アトピーに悪くない食べ物を探すわけですけど。 これは、アトピーに良い食べ物を食べるというより、必要最低限のものを食べたほうがいいわけですね。 病院食で 「食べ過ぎた」 なんてことはならないと思います。 まぁ売店で沢山買って、たくさん食べることは可能なんですけど。 アトピーでも普通に生活できます。 もちろん学校に行けますし、仕事も出来ます。 でもアトピーをより早く治したいのなら、安静にしているほうが治りやすいです。 家にいるのが苦痛でストレスがたまるのなら、話は別ですけどね。 モーニング娘。 の亀井絵里さんもアトピーを治すために卒業みたいな感じだったらしいですけど。 モーニング娘。 をやっていても、アトピーを治せることは可能だったと思います。 でも可能性的な話を言うと、やっぱりモーニング娘。 をやるというのは負担になるわけで。 卒業したほうが、アトピーが良くなる可能性は高いはずです。 いや、ぶっちゃけアトピーというのは、理由の1つでしかなく。 卒業の理由は、いろいろ別のものがあったと思いますし。 アトピーって 体を動かしたほうがよくなりやすいんですよね。 運動って健康にいいことなんで…。 まぁアトピー箇所がジュクジュクな状態だったりすると、運動による筋肉の伸び縮みでかさぶたが裂けてなかなかよくならないんですけどねぇ。

次の

乳酸菌サプリ|正しい選び方は?効果・効能はあるの?

アトピー 乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリをオススメしている僕の立場からすると、あまり大きな声では言えませんが、それでも誤解を恐れずに言うなら、、、 アトピーへの乳酸菌の効果は、あなたが期待するほど大きくはありません。 え、それなのに何で乳酸菌サプリなんて紹介しているの?、と思うかもしれませんが、乳酸菌サプリにも効果的な使い方があるんです。 アレって、コマーシャルやニュースを見る側としたら、その乳酸菌を飲むだけで、アトピーが治ってしまうような感覚になりませんか? 実際に僕は、そんなに乳酸菌が凄いのか!と思って、大きいサイズの400g入ったプレーンヨーグルトを2日で1パック食べていた時期もあります。 笑 確かに、ヨーグルトを食べていた期間は、お通じの状態も良かったですが、ヨーグルト以外にも腸に良いことをしていたので、ヨーグルトのみによる乳酸菌の効果だけではないと思います。 でもお腹の調子が良かったのも事実なので、実際にヨーグルトなどに含まれる乳酸菌に、どの程度の効果があるか疑問に思ったので、いくつか乳酸菌に関する論文を調べてみることにしました。 僕が今回調べた論文は、次のようになります。 小児アトピーを対象:3本• 大人アトピーを対象:1本• マウスのアトピーを対象:2本• 一型アレルギー・便秘を対象:5本 この合計11本の乳酸菌に関する論文を調べました。 全てを紹介すると、長くなってしまうので、この中から、小児アトピーと大人アトピーを対象とした、計4本の内容をわかりやすく紹介します。 L-92乳酸菌という言葉を聞いたことがありますか? カルピス株式会社がサプリメントや乳酸菌飲料などで広告している乳酸菌です。 L-92乳酸菌は、アトピーによい効果があることが研究から分かっています。 まずは、大元のカルピス株式会社が発表している論文からの紹介です。 小児アトピーを対象した2回の実験で効果を確認 カルピス株式会社の2つの研究をまとめた報告からの内容です。 1つ目の実験は、4〜15歳までの子ども20人を対象として、乳酸菌L-92で発酵させた乳飲料を飲んでもらいました。 L-92乳酸菌で発酵させた乳飲料の摂取前後を比較したところ、皮膚の症状や痒みの程度が改善したことが分かりました。 また、血液中の好酸球(炎症を起こす細胞)の数も減っていることがわかりました。 2つ目の実験は、先ほどよりも人数が多く50人を対象としています。 年齢は、1〜12歳までです。 実験方法は、殺菌処理したL-92乳酸菌を含む粉末と含まない粉末の2種類を用意して、乳酸菌を含む粉末を摂取するグループと含まない粉末を摂取するグループに分けて、結果を比較しました。 結果は、L-92乳酸菌を含む粉末を摂取したグループの方は、皮膚症状に有意な改善が見られました。 どちらの実験も小児アトピーにL-92乳酸菌が効果があることを示しています。 参考文献: やっぱり小児アトピーにL-92乳酸菌が効果あり カルピス株式会社と岐阜薬科大学などが共同で発表した論文からの紹介です。 4〜15歳の小児アトピー20人を対象とした研究です。 実験は4ヶ月間の観察期間をもうけて、そのうち8週間だけL-92乳酸菌飲料を摂取してもらいました。 測定は、血液検査、糞便比較、症状の比較、ステロイド使用量について行い、乳酸菌を摂取している期間と、していない期間で比較を行いました。 実験の結果、乳酸菌飲料の摂取期間には、ステロイドの使用量が減ったことが分かりました。 また、症状や痒みの程度においても、改善がみられました。 参考文献: L-92乳酸菌は大人アトピーにも効果がある 横浜市の大学や医療機関などが共同で発表している報告からの紹介になります。 (この研究の著者にカルピス株式会社は含まれないので、完全に外部による客観性のより高い内容と言えるかもしれません。 アトピーの研究は、なぜか子どもを対象としたものばかりなので、大人を対象とした本研究のような報告があるのは、ありがたいことです。 対象は、16歳以上の50名の成人アトピーです。 方法は、L-92乳酸菌を摂取するグループと、摂取しないグループに分けて、比較試験を行いました。 測定項目は、4週目と8週目に血液検査や、重症度をスコアで表示するSCORADという世界的に用いられている方法を用いました。 試験の結果、重症度において改善がみられ、血液検査からアトピーの原因と考えられる成分も減っていたことが分かりました。 この研究からも、L-92乳酸菌が大人アトピーに効果があることを示唆しました。 参考文献: 乳酸菌によるアトピーの改善効果はどれくらい? ここまでのL-92乳酸菌についての内容を読むと、やっぱり乳酸菌ってすごいじゃん!って思いますよね。 たしかに、乳酸菌には一定の効果があります。 それは、メタ分析という様々な論文を集めて再実験する、最も信頼性が高いと言われる研究でも言われていることです。 ただし、ある小児アトピーを対象としたメタ分析の報告を正確に言うなら、乳酸菌はアトピーの治療よりも、発症予防効果において有効性があると報告されています。 この小児アトピーを対象としたメタ分析では、1997〜2007年までの小児アトピーと乳酸菌の研究を対象としているので、上記で紹介した内容は含まれていませんが、乳酸菌の効果が大きく変わるとは思えないので、乳酸菌のアトピー改善効果はあっても、そこまでは大きくないと推測することができると思います。 参考文献1: 参考文献2: 乳酸菌をとる意味はあるの? 乳酸菌について理解が深まりましたか? ここまでの内容だと、結局、乳酸菌は摂る意味あるの?ないの?と混乱してしまうかもしれません。 結論から言うと、効果はある。 ただし、そこまで大きなアトピー改善効果は期待できない、という意見が正直なところですね。 というのも、アトピーの人の生活に乳酸菌を取り入れたからといって、急にアトピーが改善するかといえば、そんな都合のよい話はないと、誰でも分かると思います。 しかし、乳酸菌と、あるモノと組み合わせることで、乳酸菌の効果を上げることで、より大きなアトピー改善効果を期待できる方法があるんです。 ただし、この場合にとる乳酸菌は、アトピーへの効果が確認されているものの方が良いでしょう。 上記で紹介したカルピス社のL-92乳酸菌も良いですが、僕がオススメするのは、菌のエキスパートである老舗日本酒メーカーの乳酸菌サプリです。 実際にマウスでのアトピー抑制効果も確認されている乳酸菌です。 先ほどもお伝えした通り、この乳酸菌だけでは効果が限られてしまいます。 そこで、先ほど触れたある方法を組み合わせることで、よりアトピー改善の効果が期待できます。 その内容については、オススメの乳酸菌サプリの紹介ページで紹介しているので、続きは下から確認してくだいさね。 また、なぜ僕がアトピー治療で乳酸菌サプリを勧めるのか、その理由は僕のアトピー歴を知っていただければ分かると思います。 僕のアトピーとの戦いは、自己紹介ページからご覧くださいね。

次の

乳酸菌サプリ|正しい選び方は?効果・効能はあるの?

アトピー 乳酸菌サプリ

先ほどからも、何回か出てきていますが、「植物性乳酸菌」という言葉を聞いたことがあると思います。 実は、「植物生乳酸菌」は、正しい専門用語ではないんです。 実際に、分類学上では、植物生乳酸菌というグループはありません。 では、なぜ植物性乳酸菌という言葉が広がったのか、元をたどると、東京農業大学の岡田早苗名誉教授の論文に行き着きました。 岡田早苗名誉教授は、乳酸菌を専門に研究をされており、乳酸菌に関する分野では、論文の発表数も多く、みんなが知っているような食品メーカーとも共同研究をして論文を発表しています。 その論文の1つの中で、本人が「植物性乳酸菌」という言葉を論文で始めて使った人物であることに触れています。 そして、なぜ「植物性乳酸菌」という言葉を用いるようになったのか、その理由も報告しています。 ここでは、その報告の中から分かった、「植物性乳酸菌」という言葉の、本当の意味をご紹介します。 つまり、乳酸菌が増える条件として、植物由来と動物由来の乳酸菌では異なるので、植物生と動物性とに分ける必要性を感じたのが1つの理由です。 植物や果物の発酵に、ミルク由来の乳酸菌を使っても、培養条件が合わないから失敗する。 野菜や果物には、植物にすんでいた乳酸菌を使うことが必要。 ここでも、植物由来か、動物由来かで、発酵条件が変わることに気づいたことも、植物生乳酸菌という言葉を使うようになった理由の1つです。 ミルクなどは、体の中にすむ乳酸菌なら、いつでも栄養とすることができるので、食べるものには困らない環境にいます。 例えるなら、動物園で飼育されている動物です。 毎日、飼育員にご飯をもらえるので、食べるものには困らないですよね。 一方の植物にすむ乳酸菌は、植物の細胞が傷つくことで出てくる栄養を食べているので、植物が傷つくなどしないと、栄養をとることができない厳しい環境にいます。 例えるなら、サバンナのような野生に住む動物です。 自分の力で狩りをするなど、勝手にご飯が出てくるなんてことはありませんよね。 このような生活環境の違いから、植物由来の乳酸菌は、厳しい環境の変化への適応能力を持っていると考えられるため、植物性と動物性で乳酸菌を分けるべきと考えたと言っています。 他にも理由はありますが、長くなるので、この辺までにしておきます。 ここまでの話を聞くと、植物生と動物性で分ければいいじゃん!と思いますよね。 けど、植物性乳酸菌というグループを作れない理由があるんです。 なぜかというと、植物にも動物にもすむことができる乳酸菌がいるからです。 そして、当然ながら同じ種類の乳酸菌なら、植物から分離された乳酸菌だろうが、動物から分離された乳酸菌だろうが、まったく同じ性質だからです。 例えば、Lactobacillus casei系の乳酸菌は、植物と動物の両方から分離されることが知られています。 当然ながら、植物と動物のどちらから分離されても、まったく同じ乳酸菌です。 これは、岡田氏も論文の中で言っていることなので、専門家の中では、「植物性乳酸菌」というグループがないことは、当たり前の事実なんだと思います。 ただし、僕らのような一般的な人は、そんなことは知るすべもありません。 ネットや本で、「植物性乳酸菌」という言葉を見たら、それがただしい専門用語だと思ってしまうのは、仕方のないことですよね。 でも、この記事を読んだあなたは、この先、植物性乳酸菌という言葉が出てきても、「植物から分離された乳酸菌」の1つという認識を覚えておいていただき、次に紹介する、「正しい乳酸菌の選び方のポイント」に注目してみてくださいね。 たしかに、生きたまま腸に届くことで、プロバイオティクスとしての効果が高いことは、様々な論文を読む中で何度か出てきました。 実際に、生きたまま腸まで届く乳酸菌がお通じへの影響を研究した論文もあります。 便秘傾向の人に乳酸菌L casei subsoiling casei 327 植物由来 を摂取してもらったところ、排便回数が増えたり、便の中から乳酸菌も検出されたことで、腸へ生きたまま乳酸菌が届くことも確認されています。 (参考文献:) しかし、いくら生きたまま腸に届いても、アトピーを改善する効果がなければ、飲んでもしょうがないように思いませんか? それに、乳酸菌の効果って、以外に小さいものなんです。 先ほどの便秘を解消した実験でも、便秘傾向の人の1週間のお通じの平均回数が、摂取前は3. 統計学的には、効果がありと言っていますが、結果を聞くと、たったそれだけ?と思うのは僕だけでしょうか。 乳酸菌には便秘改善の効果がある言うからには、毎日お通じが来るようになように思ってしまいがちですが、実は、そんなに効果があるわけじゃないんです。 これは、アトピーに効くと言われる乳酸菌でも同じことです。 実験で効果があるといても、感覚的に大きな効果を感じるほどの効果ではない場合が多いと思います。 だからこそ、せっかく乳酸菌を摂るなら、生きたまま届こうが、死んだ乳酸菌だろうが、アトピーに効果があると証明されている乳酸菌を選んだほうが良いと思いませんか? もし、ここまで読んでいただき、アトピーへの効果が分かっている乳酸菌が知りたいと思ったあなたには、僕が調べた中で、植物由来でアトピーに効果のある乳酸菌をご紹介します。 唯一科学的に証明されたアトピーに効く植物由来の乳酸菌 世の中には、アトピーに効果があるという乳酸菌は、いくつか報告されていますが、あくまで僕が知る限りで、植物由来の乳酸菌でアトピーへの効果が科学的に証明されたものは、1つしか知りません。 それは、LK-117という米麹(こめこうじ)由来の乳酸菌です。 このLK-117乳酸菌の効果は、日本酒の老舗メーカーである菊正宗酒造と国立大学の神戸大学が共同研究をして、アトピーへ効果があることを証明しました。 この乳酸菌は、アトピーの原因とされる免疫バランスの乱れを整えることで、アトピーを改善する効果があると報告されています。 このLK-117乳酸菌を取り入れるにはどうしたら良いのか、そして、どんな実験でアトピーへの効果が確認されたのか、気になりませんか? その詳細については、専用ページでまとめているので、続きはこちらをご覧くださいね。

次の