ハムラアキラ 出演者。 【ハムラアキラ】の最終回までの視聴率とあらすじ一覧

Tvlog

ハムラアキラ 出演者

早速調査を開始するが、その調査対象が何者かに襲われあっさり終了。 調査費をあてにしていた晶はガッカリするが、そこにまた別の依頼が・・・。 そんなことが二度三度と続き、晶は違和感を抱く。 そんな時、書店の常連の警視・岡田(間宮祥太朗)が現れ、晶は自らの推理を岡田に聞かせることになる。 nhk. しかし依頼はすぐに終了。 調査費を当てにしていた葉村はガッカリするが、すぐに次の依頼主がやってきた。 だが次の依頼もすぐに終了。 そんなことが3回も続いた。 依頼がなくなった葉村はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPで留守番をしていた。 バイトの青年は実家に帰り、店長は留守。 店には葉村1人だ。 そんな葉村のもとに町内会長が訪ねてくる。 町内会長は本を売りたい人がいるので買取に行ってくれと葉村に頼む。 町内会長が住所のメモをとるボールペンを見て葉村はピンとくる・・・。 そのボールペンはたて続けにやってきた依頼主たちがもっていたものと同じだった。 しばらくして町内会長の家の前に救急車が止まっていた。 町内会長の高齢の母親が熱中症で救急搬送されたようだ。 町内会長は青ざめた顔で葉村に謝罪する・・・。 町内会長の高齢の母親は騒音で近所迷惑だと噂されていた。 しかし町内会長の人柄のよさで誰も騒音に文句が言えない状況だった。 責任感の強い町内会長は母親の騒音に責任を感じていた。 この暑さなら熱中症で老人が死んでも不思議ではない。 町内会長は町内から人を追い払って、その間に母親を熱中症で殺そうと思いついた。 店長やバイトが店にいないのは町内会長が手回ししたからだった。 唯一心配なのが近所の探偵・葉村だった。 会長は次々と依頼人をよこして葉村を追い払おうとする。 しかし葉村はびっくりするほどに運が悪い。 依頼は速攻で片付き、町内会長は葉村を追い払うことができなかった・・。 以上が葉村が岡田(間宮祥太朗)に話した不思議な出来事の推理である。 あくまで過程の話。 葉村は岡田が手に取ったチラシの小説「炎天」の最後の一文をつぶやく。 読書好きさんはもっと楽しめてるだろうなと予想します。 今回は1話よりかは現実にもありえそうな話でしたね! 1話のようにハードな事件だけが題材ではないと分かった2話だった。 しかし1話に引き続き悲しい話でもあった・・・。 町内会長のお母さんの症状(というか性格なのだろうか?)がどれだけひどかったのか分かりませんが、殺すという最悪な選択をするまでに追い詰められていたということだよね。 町内会長さんの最後の姿を見ると、どれだけ悩んで苦しかったのかがよくわかります。 そんな感じで救いようのない悲しいお話だった。 人間の闇、人間の弱さが招いた悲劇。 それをハムラアキラが淡々と推理するものだから悲しみが際立つ。 それでも暗くなりすぎないこの雰囲気が好き。 もちろん軽く虚無感には襲われるんですが、終わるときには「次回も楽しみ!」ってなるのがスゴイ。 何が言いたいのかと言うと、わたしはシシドカフカさんが演じる葉村晶の大ファン。 来週は松本まりか様が登場!楽しみです! スポンサードサーチ 『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』3話 あらすじ 枕元に自殺した友達の幽霊が!? その影にひそむ悲しい真相とは・・・ 葉村晶(シシド・カフカ)のもとに、慧美(三倉佳奈)という女性が奇妙な依頼にやって来る。 7年前に自殺した親友・香織(藤井美菜)が枕元にたつので真相を暴いてほしい、とのこと。 最初は乗り気ではなかった葉村だが、周りの勧めで渋々ながら調査を開始。 自殺直前のSNSの写真を手がかりに、大学時代同じゼミ仲間・環(松本まりか)らを調査していく。 実は依頼人・慧美は香織に嫉妬していたという証言が。 また香織が、不妊が原因で離婚してことも分かり、ますます混迷していく中、葉村はある仮説を導き出すのだが・・・。 nhk.

次の

『ハムラアキラ』フル動画【第1話~最終回】見逃しドラマをポイントで視聴しよう!

ハムラアキラ 出演者

ミステリー好き。 生活は質素。 訳ありの転職、転居十数回…。 今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。 葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。 nhk. html NHKドラマ「ハムラアキラ」各話あらすじ 第1話:「トラブルメイカー」 顔を潰された女性遺体・・・その正体は、ワタシだった!? 古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」でバイト店員をしながら探偵業を営む葉村晶(シシド・カフカ)。 ある日、姉・珠洲(MEGUMI)が彼女のもとを訪ねて来る。 晶は今まで珠洲に散々な目に遭わされており、彼女を毛嫌いしていた。 珠洲は今までのことを詫びたいと海外旅行のチケットを手渡し必ず行くよう強要する。 そんな中、とある山中で女性遺体が発見される。 その身分証にはなんと「葉村晶」と記されていた・・・。 晶に付きまとう謎の男(村上淳)。 晶を亡き者にしようとする陰謀の真相とは・・・。 nhk. 早速調査を開始するが、その調査対象が何者かに襲われあっさり終了。 調査費をあてにしていた晶はガッカリするが、そこにまた別の依頼が・・・。 そんなことが二度三度と続き、晶は違和感を抱く。 そんな時、書店の常連の警視・岡田(間宮祥太朗)が現れ、晶は自らの推理を岡田に聞かせることになる。 nhk. 7年前に自殺した親友・香織(藤井美菜)が枕元にたつので真相を暴いてほしい、とのこと。 最初は乗り気ではなかった葉村だが、周りの勧めで渋々ながら調査を開始。 自殺直前のSNSの写真を手がかりに、大学時代同じゼミ仲間・環(松本まりか)らを調査していく。 実は依頼人・慧美は香織に嫉妬していたという証言が。 また香織が、不妊が原因で離婚してことも分かり、ますます混迷していく中、葉村はある仮説を導き出すのだが・・・。 nhk. 「誰に狙われているのか、なぜ2週間なのか」と問い詰める葉村に詩織は「悪魔に自分を殺して、と酔った勢いで依頼してしまった」と話す。 そんな馬鹿なことと思う葉村だったが、次々と事件が起こり、結果的に詩織は死んでしまう。 そんな時、「姉・珠洲の真相を知りたくないか」という連絡が謎の男(野間口徹)から葉村のもとに届き・・・。 nhk. 女子高生失踪事件が誘う、世にもおぞましい事件の結末とは・・・。 3話連続。 若竹七海、こん身の傑作をドラマ化 たび重なる不運に見舞われ、探偵を辞めようとしていた葉村晶(シシド・カフカ)だったが、先輩探偵の村木(池田成志)からの強引な誘いでリゾート会社会長・滝沢(大鶴義丹)から新たな依頼を受けることになる。 家出した彼の娘・美和(田中珠里)の行方を友人の女子高生・平ミチル(井頭愛海)から聞き出してほしいという。 奇妙な依頼に戸惑う葉村だったが、ミチルと接触する。 なぜか挑戦的なミチル。 そんな中、ミチルの友人で女子高生・綾(小野花梨)が殺されるという事件が起きてしまい、この依頼がただ単なる家出人捜索ではない、と葉村は思い始め・・・。 nhk. 家出少女たちの暗い闇とは・・・ 滝沢(大鶴義丹)の娘・美和(田中珠里)の行方捜しは進まず、またミチルの友人・綾(小野花梨)が殺された事件との関連も確かめられず、なかなか真相にたどり着けない葉村晶(シシド・カフカ)。 そんな中、富山(中村梅雀)らが新たな鍵となりそうな情報をもたらす。 カナ(黒崎レイナ)という若い女性が美和や綾とつるんでいたというのだ。 カナのことをミチル(井頭愛海)に尋ねるが要領を得ない。 そんな時、ミチルの父・義光から「この件が落ち着くまでミチルと一緒にいてほしい」と強引に依頼され、葉村はミチルと探偵事務所での同居生活を開始することになる。 そしてミチルの悲しき境遇を知ることになり…。 nhk. シリーズ最大のクライマックス 葉村の怒りが頂点に! 葉村晶(シシド・カフカ)はミチル(井頭愛海)から手渡された昔の写真から調査中の事件の裏に岡田(間宮祥太朗)が暗躍しているのではないかと疑い始める。 そんな折、美和の母・亜寿美(筒井真理子)から至急の電話があり、飛び出した葉村は、突然後ろから襲われ監禁されてしまう。 なんとか逃げ延びた葉村だったが亜寿美が自殺したことを知り、ミチルにもつらくあたってしまう。 岡田に詰め寄る葉村は、滝沢(大鶴義丹)や野中(羽場裕一)が良からぬ「ゲーム」をしていることを知るが、その詳細は分からないまま。 その時、行方知れずになっていたミチルが「ゲーム」に参加するという情報を得て・・・。 nhk.

次の

ハムラアキラ 世界で最も不運な探偵

ハムラアキラ 出演者

「ハムラアキラ」1話は、これらの動画配信サイトで視聴できるよ! 「ハムラアキラ」が視聴できる動画配信サイトは、こちらです。 「ハムラアキラ」はNHKオンデマンドで見逃し配信されていますが、もっとお得に視聴する方法があります。 それは、動画配信サービスで視聴する方法です。 では、無料登録で600円分のポイントがもらえるので、この600円分のポイントを使えば、 お得に視聴することができます。 「ハムラアキラ」1話の動画を視聴することができました。 U-NEXTではさまざまな作品を視聴することができます。 また、視聴できたとしても、画質が悪くて、見づらかったり、動画が止まってしまったりして、まともに見ることができません。 これらのサイトがオススメできない理由は、見れないというだけでなく、 ウィルスに感染することもあります。 ウイルスに感染すると、最悪の場合、個人情報が抜かれたりする可能性があるので、危険です。 海外の無料動画サイトではなく、 安全に動画を視聴したい方は、動画配信サービスを視聴する方法をおすすめします。 ハムラアキラの作品紹介 「ハムラアキラ」は、ミステリー作家・若竹七海氏が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」 初のテレビドラマ 出演者 ・葉村晶(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、「白熊探偵社」の調査員):シシド・カフカ ・岡田正太郎(警視庁の管理官、警視):間宮祥太朗 ・村木義弘(元・警官の探偵):池田成志 ・速見治松(影山東署の刑事):津田寛治 ・柴田要(影山東署の刑事):板橋駿谷 ・野々村(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、リサイクル店店主):松尾貴史 ・柿崎(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、サラリーマン):中村靖日 ・アケミ(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の常連客、キャバクラ勤務):大後寿々花 ・浅川(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、大学生):浦上晟周 ・富山泰之(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」の店長):中村梅雀 主人公・葉村晶(はむらあきら 、34歳独身。 ミステリー好き。 生活は質素。 訳ありの転職、転居十数回…。 今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。 葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。 ロケ地については、こちらを見てみてください。 「8年前に自殺した親友の幽霊が毎晩のように枕元に立っている夢を見る。 眠れない。 」 そう切り出した中山慧美(えみ)と名乗る女性の話はのっけからオカルトめいていて、胡散臭い雰囲気です。 まさか探偵社に除霊を依頼に来たのでしょうか? 慧美の依頼は除霊ではなく、あくまでも調査で、親友であった香織の死の真相を探って欲しいということでした。 香織は自殺ではなくて誰かに殺されたからそれを誰かに伝えたくて枕元に現れるのではないか、と考えているようです。 そんな妄想には付き合ってられない、とハムラは一旦は依頼を断りました。 が、メンバーからは避難ごうごうです。 結局、気乗りしないままハムラは依頼を引き受けることにしました。 ハムラはまず手始めに、慧美の自宅に向かい慧美から話を聞きます。 慧美の話の中で、香織が自宅マンションの自分の部屋から転落したことが分かりました。 二人は小さいころから長い付き合いがあるようです。 また、香織が自殺する少し前に慧美には二人の子供が生まれ、子育てが二人は疎遠になっていたようです。 「私の調査はいったん引き受けたら手加減は一切しませんがそれでもいいですか?」 そう啖呵を切るハムラに慧美はなぜかおびえている様子。 何か後ろめたいことがあるのかも知れません。 続いては転落死したビルの管理人に話を聞くことに。 転落死した当日、にこやかに笑顔であいさつを交わしたことを管理人は覚えており、とても自殺するようには見えなかった、とのこと。 引き続き、香織の元旦那、戸田が勤める会社向かいます。 本人共に喫茶店へ移動し話を聞きます。 香織は自殺の1年ほど前に戸田と離婚しておりその理由について戸田に問いただします。 戸田は、直接の原因が自分の浮気であることを認めつつ、それ以前から香織がおかしくなっていたと話します。 大学で児童文学を専攻するほど子供好きだった彼女でしたが、結婚した直後、子供を妊娠しにくい身体であることが分かりました。 不妊治療を続けるものの、うまくいかなかったのです。 それで精神的に参っていたようです。 ただ、別れを切り出したのも香織のほうからだったし、その頃は不妊の悩みからは立ち直っているような印象を受けた、と戸田は語ります。 戸田との会話中、浅川から電話が入ります。 白熊探偵社では香織が最後に残したSNSに添付された写真の解析を行っており、ようやく香織が持っていたグラスに映っていた女性の顔が分析できたというのです。 その写真を戸田に見せたところ香織の児童文学つながりの友人、野口 環(たまき)であることが分かりました。 ハムラは環が在籍する大学へ向かい、環に話を聞きます。 SNSの写真は、香織の死の前日の大晦日に行われた独女会(ドクジョカイ)と呼ばれるパーティで撮影されたものでした。 独女会とは学生時代に児童文学ゼミに所属していた仲良し4人組が定期的に行っていた女子会で、一時期自然消滅しましたが、香織が精神的に参っていることを知った環が復活させたのです。 また、香織の自殺は独女会の直後だったようです。 環は香織が墜落死した際の第一発見者で、独女会が終わって皆が自宅に帰った後、香織から環に電話があり「やっぱり無理みたい」と語り電話が切れたそうです。 不安になった環は香織のマンションに向かいましたが、すでに墜落した後でした。 ハムラは影山東署の柴田の力を借り、香織の自殺に関する警察の調書も入手しました。 その中には香織が慧美からの届いた「子供の写真が載った年賀状」を握りしめていたこと、状況証拠から自殺で間違いないと考えられていることが分かりました。 ここまでの情報から、ハムラは全貌をつかみかけているような気がしていました。 白熊探偵社に慧美がやってきます。 調査結果を聞きたがっている様子です。 ハムラは慧美が香織を精神的に追い詰めるために子供の写真入り年賀状を送ったのではないか、つまりは自殺に追いやったのは慧美ではないのか、と持論を展開します。 ハムラは畳みかけます。 香織が枕もとに立つ夢を見るのは、慧美自身がそのことに対する罪の意識があるからではないか、と。 慧美は激怒します。 「そんなに言うんならはっきりした証拠を掲示しなさいよ!!年賀状一枚で殺人犯呼ばわりされたらたまらないわ!!」 そういって探偵社を出て行ってしまいました。 事実を隠すためわざと逆切れしたのか、それとも本当にそうではないのか、ハムラには判断できませんでした。 確かに年賀状だけでは弱い、これからどうするか途方に暮れるハムラでしたが、探偵社に訪れた岡田管理官の一言で真相を把握したようです。 ハムラは、真相を確かめるべく動き出しました。 「もし香織が年賀状を握っていなかったら事件はどんなふうに動いたのかな。 」 真相はこうでした。 環は香織を一人の女性として愛していた。 だからこそ香織を慰めるために独女会を企画したし、香織をねたみ、蹴落とそうとする慧美を近づけさせなかった。 独女会が終わったあと、香織の部屋には環と香織は二人だけが残っていました。 「独女会ありがとう、私はもう大丈夫」 そういって環の肩を抱く香織は冗談のつもりでしたが、環は、 「そんな事されたら私、冗談で済ませられない」 と目を潤ませます。 この行動で香織への恋愛感情があることを悟られてしまいました。 「そんな目であたしを見てたんだ・・・。 いままで助けてくれたのも下心だったんだ!」 弁解する環デイタが、怒りに震える香織は、聞こえません。 環をベランダから外へ追い出そうとします。 ベランダでもみ合っているうちに香織がバランスを崩し転落してしまいました。 香織の死は自殺ではなかったのです。 地面に叩きつけられ動かない香織のほほを嗚咽を漏らしながらなでる環でしたが、ふと香織の上着のポケットを見ると、慧美から贈られた年賀状が見えます。 とっさに自殺のシナリオを思いついた環は年賀状を香織の手の中に潜り込ませたのでした。 真相を語るハムラ、環はその場に崩れ落ちる、かと思いきや声をあげて笑っています。 「証拠がないじゃない」 「誰にも私の気持ちはわからない!!」 ヒステリックに叫ぶ環にハムラは、 「でも香織さんは知っています。 たしかに環さんの気持ちは私にはわからない、私はこれから慧美さんに間違っていたことをあやまりにいきます、それじゃ」 そういってハムラアキラはその場を立ち去るのでした。 第3話の感想 今回の「わたしの調査に手加減はない」、実は原作を読んだことがあるんです。 結末が原作からさらにひとひねりあっていい意味で裏切られました。 ちょっとネタバレしますが、終盤まで、原作通りに絶対慧美が自殺に追いやった、という結末だろうなと思ってました。 ゲストとして慧美役を演じた三倉佳奈さんって妬み系の役どころがすごいうまいんですよね、マジで。 私自身が環役の松本まりかさんが好きだから、っていうのも結末を見誤った理由だったかもしれません。 (笑) まとめ.

次の