野球中継 スマホ 無料。 2020年阪神タイガース戦のライブ中継を無料でネット視聴する方法は?見逃し配信を確認できる動画サービスも徹底解説!【プロ野球観戦】

【全球団】プロ野球中継2020年シーズン!ネット配信とテレビ放送で無料視聴する方法!

野球中継 スマホ 無料

阪神タイガースの6月はかなり厳しいスタートとなってしまいましたね。 しかしまだまだ始まったばかり。 ここから巻き返しも十分可能ですし、ここで終わるほど軟なチームではありません。 阪神タイガース戦の中継を視聴できる動画配信サービスまとめ 阪神主催試合の視聴ができる動画配信サービスは以下の通りとなっています。 全て網羅したいという方は、迷うことなく「スカパー!プロ野球セット」を選択しましょう。 また、 1ヶ月の無料期間に加え、4ヶ月間のアカウントの一時停止機能もあるので、シーズン終了後から翌シーズンまで利用を中断することが可能です。 再登録の手続きも不要なので野球だけ観たいという人には嬉しいサービスです。 「スカパー!プロ野球セット」はプロ野球の全試合が観られる代わりに月額料金が高額です。 「虎テレ」は阪神主催試合の放送しかなく、今ひとつ物足りないように感じます。 一方DAZNは一部を除いたほぼ全球団の試合を視聴できて、月額料金がdocomo利用者なら980円、それ以外でも1,750円で利用可能ということなので最もお得に利用できると言えます。 見逃し配信があるのは「DAZN」か「虎テレ」の2択。 無料で見逃し配信なら「DAZN」で決まり! リアルタイムで中継を観ることができない、という人のために「見逃し放送」は便利なサービスです。 ここでは「DAZN」と「虎テレ」見逃し放送について比較していきたいと思います。 改めて「DAZN」と「虎テレ」の比較表をご覧ください。 ただし、フルで視聴するには基本的には1週間程度が目安。 さらに、試合途中の追っかけ再生にも対応しているので、見逃したシーンを振り返りつつ試合に追いつける点もありがたいです。 一方DAZNの見逃し配信のデメリットは、録画再生の為ネット環境によっては画質が落ちる可能性があるということ位ですね。 これについては視聴環境のネットを安定させるしかありませんので工夫が必要です。 また、遡れる期間が決まっているのもデメリットの一つと言えますが、これは仕方のないことだと言えます。 しかし、それ以外はデメリットは見当たりません。 無料期間も付いていますし、見逃し配信という意味でも大変オススメのサービスと言えます。 また、追っかけ再生の機能もない為、試合開始時間に合わせてテレビやパソコンの準備をする必要が出てきます。 巨人主催試合なら 「hulu」で視聴が可能です。 ただし、巨人以外の試合は配信されていませんので野球を観るために入会するには割高に感じますね。 ニコニコ動画内の「ニコニコプロ野球チャンネル」は横浜DeNAベイスターズの主催試合を視聴することが可能になっています。 ペナントのみならず、オフシーズンの様子も見られる、ファンには人気のコンテンツです。 基本料金は無料ですが、無料会員には「追い出し機能」があり、視聴者が増えると配信を中断されてしまいます。 これを回避するためには有料会員になる必要がありますが、 ニコニコプロ野球チャンネル以外のコンテンツを利用しないのであればあまりメリットはないような気がします。 特に最近の応援の中では阪神のチャンステーマがかかった時の得点率は高い印象があります。 まさに猛虎が襲い掛かってくるような迫力ですね。 テレビやラジオでもその雰囲気は伝わってくる気がします。 是非チャンステーマのかかったときには、一層注目してみてくださいね。 得点率との因果関係も意識してみると面白いかもしれません。 まとめ(結論) ・プロ野球全試合を見たい、という人には「スカパー!プロ野球セット」が断トツおすすめ。

次の

プロ野球中継をテレビやパソコン、スマホで見れる動画配信サービスまとめ

野球中継 スマホ 無料

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で遅れながらも、遂に6月19日開幕の2020年プロ野球シーズン。 そこで本記事では、スマホでプロ野球中継を観られるサービス12社を紹介します。 結論から言うと、12球団全試合の中継が視聴可能。 料金、球団、特徴などをよく比較し、ピッタリのサービスを見つけてください。 交流戦、オールスター中止。 CSも変更あり 新型コロナウイルスの影響で6月開幕となった2020年シーズン。 試合数は通常より23試合少ない 120試合に。 交流戦、オールスター及びフレッシュオールスターの中止が発表されています。 CSはセ・リーグが中止、パ・リーグは1位と2位のみの対戦に 開幕直前まで検討中だったクライマックスシリーズ(CS)の日程も、6月15日に発表されました。 セ・リーグは 中止、パ・リーグは 1位と2位のみの対戦となり、4試合制の3戦先勝方式で開催。 1位のチームにはアドバンテージとして1勝が与えられます。 セ・パ両リーグ幅広く観るなら、『DAZN』か『スカパー!』 数ある配信サービスの中でも、 『スカパー!』の「プロ野球セット」が唯一の全12球団対応。 料金は高めですが、ディープなプロ野球ファンにはたまりません。 次いで『DAZN』は広島登用カープの主催試合以外の全試合に対応。 ほとんどの試合が生中継されるうえに、料金も『スカパー!』の半額以下となっています。 出典: パ・リーグは視聴手段が豊富。 料金やコンテンツでサービスを選択 『パ・リーグLIVE』、『パ・リーグTV』、『Rakuten パ・リーグ Special』が パ・リーグ6球団の主催全試合を生中継。 『パ・リーグTV』では交流戦のみ巨人、阪神の主催試合も中継されます。 この3サービスの違いは料金とコンテンツ量のバランス。 『パ・リーグLIVE』は最も安価で中継の配信に特化、『パ・リーグTV』は高額の代わりに特集動画など中継以外のコンテンツが豊富。 『Rakuten パ・リーグ Special』はその中間という立ち位置です。 セ・リーグの配信も増加傾向。 全6球団視聴も可 パ・リーグに比べセ・リーグはインターネット配信に対して消極的でしたが、近年では徐々に改善されてきています。 特に『DAZN』は広島以外の5球団に対応。 『J SPORTS オンデマンド』と合わせれば広島戦もカバーできます。 また『Hulu』、『フジテレビONE』、『フジテレビNEXT』、『Paravi』は対応チームが少ないながら、野球中継以外にもドラマ・映画などの動画配信が観られるといったメリットがあります。 日本シリーズの配信は望み薄。 テレビで視聴を 日本シリーズは放映権の関係で、インターネットで配信される可能性は低いです。 ただし過去の例では 地上波での中継は盛んに行わているので、この時期だけテレビでの観戦に切り替える手もあり。 視聴手段自体はあります。 各サービスの詳細・解説 ここから各サービスごとの解説です。 料金、コンテンツなど細かい違いがあるので、ぜひ検討材料にしてください。 『DAZN(ダゾーン)』広島主催以外の全試合を配信。 コスパ良好 世界のスポーツ中継が定額で見放題の『DAZN』。 2020年は2季ぶりに東京ヤクルトスワローズ主催試合の配信が決定し、 広島東洋カープ以外の全球団に対応となりました。 プロ野球のほかにMLBや他スポーツの中継も観られて月1,750円とコスパも抜群。 さらにdocomoユーザーなら月額が980円になります。 試合のほか、過去の名シーンなど野球ファンなら見逃せないコンテンツも充実しています。 プロ野球セット内のチャンネルを単品契約する手もあり 「プロ野球セット」は「スカパー!」内の13個のチャンネルを、まとめて1セットで販売したもの。 もし特定の球団の主催試合だけ観られればいいというのであれば、セット内のチャンネルを単品で契約した方がいい場合もあります。 以下にプロ野球セット内のチャンネルと対応球団をまとめたので、参考にしてください。 プレミアム会員なら追加料金なし Yahoo! プレミアム会員(月額税抜462円)向けのパ・リーグ動画配信サービス。 既にYahoo! プレミアム会員に登録済み、あるいはソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら追加料金なしで利用可能です。 パ・リーグ6球団対応サービスの中では、単純な月額料金は最安値。 コンテンツは試合中継のみとなっていますが、試合だけで十分なファンには嬉しいサービスです。 『GIANTS LIVE STREAM』巨人主催の全試合+一部ビジター戦も配信 日本テレビが運営する、巨人戦専門のライブ配信サービス。 巨人主催全試合のほか、対阪神、対DeNAのビジター試合も配信されます。 また2020年は交流戦が中止となりましたが、過去には対ソフトバンク、対ロッテのビジター戦も配信されていました。 さらにイースタン(二軍)公式戦も配信と視聴できる試合の幅が広く、 コアな巨人ファンには嬉しい内容。 2017年度シーズン以降のアーカイブ視聴も可能。 利用料金は通常月額1,500円ですが、 無料で登録できるGIANTS ID会員になれば毎月1,000円とお得に。 新規登録の際は忘れずに利用しましょう。 『Paravi(パラビ)』DeNA戦を配信。 ドラマの充実ぶりにも注目 日本経済新聞社、テレビ東京HD、WOWOWなど6社の共同出資により誕生した動画配信サービス『Paravi』。 月額1,017円(税込)と、1球団に絞ったサービスとしては高め。 ただ他に映画やドラマなどほかの番組も含めた視聴料金と考えると妥当と言えます。 動画配信サービスとしてはドラマの充実ぶりが目を引きます。 その力の入れようは「ドラマだけは、負けたくない」がキャッチコピーのCMからも伺え、国内ドラマの配信数は日本最大級。 また 一部の有料作品を視聴できるチケットが毎月配布されるため、使いこなすほどお得に。 映画やドラマが好きなDeNAファンには十分選択肢に入り得ます。

次の

スマホで即視聴可!プロ野球のネット中継全11社を徹底比較【無料&有料】|KENGOG(ケンゴグ)

野球中継 スマホ 無料

プロ野球の試合をリアルタイムで視聴するなら、 「ネット中継」を利用するのがオススメ。 ネット中継はスカパーを始めとするBS・CS放送のように電波を受信するアンテナを設置することなく、 パソコン、スマホで申込し即プロ野球の中継を見ることが出来ます。 現在、プロ野球の試合動画を配信しているネット中継サービスはたくさんあります。 しかし、ネット中継サービスでセリーグ、パリーグと全12球団の試合を全て視聴できるものはなく、 それぞれの配信サービスで視聴できる球団に違いがあります。 当然、月額料金や無料お試し出来る期間にも違いがあります。 僕自身、大のプロ野球ファン。 野球中継は今まで動画配信サービスを使ってきたので、いろんなサイト、アプリを使ってきました。 この度、改めてどんなサービスがあるのか気になり、プロ野球のネット中継があるサイトを全てチェックしてみました。 是非動画配信サービス選びの参考に。 プロ野球のネット中継サービス全11社 DAZN(ダゾーン) プロ野球の試合をスマホ、パソコン、タブレットで視聴する場合、最有力候補となるのが 「DAZN(ダゾーン)」。 衛星放送のスカパー!を除くと、 プロ野球のネット中継サイトの中では、一番多い10球団の主催試合を見ることが出来ます。 プロ野球の中継試合数が国内NO. 1 インターネットでの申し込みでサクッと視聴出来る、「ネット中継専門サイト」の中では、 ダゾーンが一番中継試合数が多いです。 現状、広島とヤクルトの2球団の主催試合は見れないものの、「広島対阪神(甲子園)」のように広島もヤクルトもビジターゲームであれば視聴可能。 MLBの試合も見れる ダゾーンで見れるのはプロ野球だけではなく、MLBも視聴可能。 エンゼルスの大谷翔平選手やヤンキースの田中将大選手、ドジャースの前田健太選手などメジャーで活躍する日本人選手の出場試合もチェックできます。 130以上のスポーツが見放題 ダゾーンはスポーツに特化したネット中継サイトです。 野球だけではなく Jリーグ、欧州サッカー、Bリーグ(バスケ)、テニス、F1、総合格闘技、NFL、バレーボール、陸上と本当に様々なスポーツを配信しています。 これらのコンテンツは月額料金内で全て見放題。 野球は4月から10月で終わりですが、野球シーズンオフも他のプロスポーツを見て楽しむことが出来ます。 詳細 サービス名 DAZN(ダゾーン) 月額料金 1,750円(税別) 無料期間 1カ月 球団 セ・パ10球団(セ:巨人・阪神・中日・横浜、パ:ソフトバンク・日本ハム・西武・ロッテ・楽天・オリックス) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ MLB・Jリーグ・海外サッカー・バスケ・テニスなど パ・リーグTV パ・リーグファン定番のネット中継サイトと言えば、 「パ・リーグTV」。 パ・リーグTVは他のネット中継サイトよりも一早く2012年に登場したサービス。 パリーグの試合を全試合視聴できるので、パリーグファンの人にはパ・リーグTVを長く使っている人も多い。 パ・リーグの試合全試合視聴可 パ・リーグTVは、パシフィック・リーグの試合を全試合視聴可能。 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズとパ・リーグ主催の試合は全てカバー出来ます。 交流戦も巨人・阪神戦は視聴できる パ・リーグTVは、交流戦期間中はパ球団のホームゲームは視聴できるものの、基本的にはセ球団のホームゲームは視聴出来ません。 しかし、交流戦に限り セの人気球団巨人と阪神のホームゲームも視聴可能です。 分割視聴可能 シーズン終盤に差し掛かってくると、リーグ優勝、クライマックスシリーズ出場をかけた2位、3位争いも熾烈になってきます。 そんな時は応援している球団の試合だけではなく、順位争いをしている他のチームの試合展開も気になるところ。 パ・リーグTVでは、パソコンで視聴する場合、 画面を2分割、3分割して最大3試合同時視聴が可能です。 これは結構便利。 サービス名 パ・リーグTV 「パ・リーグ見放題パック」 月額料金 1,450円(税別) 無料期間 無し 球団 パ6球団(ソフトバンク・日本ハム・西武・ロッテ・楽天・オリックス) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ — Rakuten パ・リーグSpecial 楽天が運営する動画配信サービスRakutenTVの中にある定額コンテンツ 「Rakuten パリーグSpecial」。 楽天パ・リーグSpecialは月額690円と安い値段で利用出来る大変お得なサービスです。 その価格の安さが魅力で、パ・リーグTVから乗り換えを検討する人も多い。 かなり安い Rakutenパ・リーグSpecialの魅力は 料金の安さ。 パ・リーグ主催試合は基本的に全て視聴できるのに、かかり費用は月690円。 競合のDAZN、パ・リーグTVに比べて半額以下の料金なので、価格重視でRakutenパ・リーグSpecialへと乗り換えする人は多いみたいです。 画質が綺麗 Rakutenパ・リーグスペシャルは、 画質が綺麗で評判。 もちろん野球中継の動画配信サービスの中では綺麗という意味で、地上波なみの綺麗さではない。 それでも、他社に比べると、パソコン、テレビと大きな画面で見ればみるほど差は出てくるので、画質を重視したい場合は結構オススメ。 本年と前年と過去の試合をチェックできる 料金は安いですが、意外とコンテンツもしっかりしています。 過去の動画は本年と前年のものを視聴可能。 動画はフルのものとダイジェスト版のものがあり、フルの動画はイニングごとに見ることも可能です。 サービス名 RakutenTV 「パ・リーグSpecial」 月額料金 690円(税込) 無料期間 30日 球団 パ6球団(ソフトバンク・日本ハム・西武・ロッテ・楽天・オリックス) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ — パ・リーグLIVE ソフトバンクが提供するパ・リーグ特化のネット配信サービス 「パ・リーグLIVE」。 パ・リーグLIVEはヤフー!プレミアム会員に登録することで、利用することが出来るサービスです。 その料金は、格安の462円(税別)。 最安の462円(税別) パ・リーグLIVEはヤフー!プレミアム会員に登録することで視聴できるサービス。 ヤフー!プレミアム会員は 月額462円。 このお値段で別途追加料金を支払うことなく、パ・リーグ主催の全試合を視聴できるので、かなりお得です。 パリーグ主催全試合視聴可能 パ・リーグLIVEはかなり安く視聴出来ますが、パ・リーグの主催試合(公式戦・交流戦・クライマックスシリーズ)は全て視聴できる、しっかりとしたサービスです。 ヤフー!プレミアム会員の特典あり 「パ・リーグLIVE」はヤフー!プレミアム会員の特典の一つ。 特典は他にもあり、ヤフーショッピングで買い物をする時にいつでもポイントが5倍になる、人気雑誌や漫画が読み放題といったものがあります。 これらも当然ヤフー!プレミアム会員に登録するだけで受けられるものです。 サービス名 Yahoo! プレミアム 「パ・リーグLIVE」 月額料金 462円(税別) 無料期間 無し 球団 パ6球団(ソフトバンク・日本ハム・西武・ロッテ・楽天・オリックス) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ — hulu(フールー) ジャイアンツの主催試合を視聴できる「GIANTS LIVE STREAM」をコンテンツの一つとして配信している、人気の動画配信サイト 「hulu」。 ジャイアンツファンにオススメのネット動画配信サービスです。 巨人の1軍、2軍の試合を視聴可能 huluの中にある「ジャイアンツライブストリーム」は、巨人の主催試合を全て放送。 また、全ての試合ではないものの注目の若手選手が多く出場するファームの試合の中継を見ることも出来ます。 huluの5万本以上のエンタメコンテンツ見放題 huluはエンタメ系動画配信サイトで一、二位を争う人気のサイト。 配信動画は映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外)、アニメなど全5万本以上。 さらにはhuluでしか見れない日テレ系人気ドラマのオリジナルストーリーも視聴できるなど、暇つぶしには最高。 これらhuluのコンテンツは全て見放題です。 サービス名 hulu(フールー) 「GIANTS LIVE STREAM」 月額料金 933円(税別) 無料期間 2週間 球団 1球団(巨人) 試合 公式戦、交流戦 その他コンテンツ 映画・ドラマ・バラエティなど FODプレミアム ヤクルトの主催試合を全て視聴できるのが 「FODプレミアム」。 FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスで、プロ野球の試合は唯一ヤクルトスワローズが視聴可能。 ヤクルトの中継が見れる 人気サイト「DAZN」ではヤクルトのホームゲームは視聴出来ないものの、FODプレミアムでは神宮球場でのスワローズの戦いぶりを見ることが出来ます。 FODプレミアムのコンテンツ全て見放題 FODプレミアムに登録してヤクルトの試合を見れるだけではなく、FODプレミアムの中の3万本いじょうのコンテンツを楽しむことが出来ます。 コンテンツは映画、ドラマ、バラエティ、アニメと幅広いです。 特にフジテレビ系のドラマ、バラエティが充実しています。 人気雑誌も見放題 FODプレミアムに登録すると、Tarzan、つり情報、東洋経済といった人気雑誌100誌以上も読み放題です。 サービス名 FODプレミアム 「SWALLOWS BASEBALL LIVE」 月額料金 888円(税別) 無料期間 1カ月 球団 1球団(ヤクルト) 試合 公式戦、交流戦 その他コンテンツ 映画・ドラマ・バラエティなど 虎テレ 阪神タイガース公式の動画配信サービス 「虎テレ」。 関西ではサンテレビを中心に毎日のように阪神戦の中継はあるものの、関西以外では阪神戦の中継はほとんどないので、関西の外に住んでいる人には、かなり嬉しいサイトです。 伝統の巨人戦もしっかり見れる 虎テレは阪神の主催試合のみで基本的にビジターの試合は見れません。 でも、阪神ファンなら絶対に見たいであろう、伝統の巨人戦に関しては東京ドームでのビジターも視聴可能です。 楽しめるのは1軍の試合だけじゃない 阪神甲子園球場で開催される1軍のホームゲームだけではなく、鳴尾浜球場で開催される2軍のホームゲームも見ることが出来ます。 さらには試合前の練習風景やキャンプの様子、入団会見、契約更改といったコンテンツも充実。 阪神ファンにとってはかなり充実した動画サイトです。 サービス名 虎テレ 月額料金 600円(税別) 無料期間 無し 球団 1球団(阪神) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ — カーチカチ! 2019年に誕生した広島東洋カープの公式アプリ 「カーチカチ!」。 中国新聞社、RCCが共同運営するアプリで、カープファン必見のアプリです。 アプリ自体は無料で無料で使えるコンテンツもありますが、しっかりと活用するなら有料会員になるのは必須。 試合数はかなり少ないがカープの試合を配信 このアプリでは、カープの主催試合を視聴可能。 といっても視聴できるのは、運営元のRCCテレビOAの年間約10試合程度。 それでも、広島県外で広島の主催試合を視聴する数少ない手段です。 LIVE以外の動画コンテンツ充実 アプリ内では、試合のハイライト動画、インタビュー動画、試合前の練習動画といった動画が結構充実しています。 また、気になる若手選手の情報がチェックできるファームの入らイド動画もあります。 サービス名 カーチカチ! 月額料金 450円(税込) 無料期間 無し 球団 1球団(広島) 試合 公式戦年間約10試合) その他コンテンツ — J SPORTSオンデマンド カープファンの選択肢の一つとなるのが 「J SPORTSオンデマンド」。 衛星放送スカパー!でコンテンツを提供するジェイ・スポーツが手掛けるオンデマンド。 数あるスポーツパックの中、「野球パック」は税別1800円で広島、中日、楽天、オリックスの全4球団の主催試合を見ることが可能です。 カープファンの有力な選択肢 DAZNは広島の試合を配信していないので、衛星放送の契約が必要なスカパー!を除きネットで視聴で主催試合を全て視聴できるのは、現状J SPORTSオンデマンドのみ。 総合パックを選べば全てのスポーツ見放題 野球パックではなく総合パック(2,400円)を選べば、野球だけではなくJスポーツオンデマンドの全てのスポーツコンテンツを視聴出来ます。 サービス名 J SPORTSオンデマンド 「野球パック」 月額料金 1,800円(税別) 無料期間 無し 球団 セ・パ4球団(広島・中日・楽天・オリックス) 試合 公式戦、交流戦 その他コンテンツ MLB・侍ジャパン・大学野球・社会人野球 Paravi(パラヴィ) 2018年4月にスタートした 「Paravi(パラビ)」では、横浜ベイスターズの主催試合を全て視聴可能。 パラビはTBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞、電通、博報堂DYメディアパートナーズの計6社が共同で立ち上げた動画配信サービスです。 パラビに登録すると、横浜の主催試合を視聴できるだけではなく、パラビ内にあるたくさんのエンタメコンテンツを見ることが出来ます。 パラビは特に国内ドラマが充実しているのが特徴なので、ドラマ好きにはかなりオススメ。 サービス名 Paravi(パラヴィ) 月額料金 925円(税別) 無料期間 30日 球団 1球団(横浜) 試合 公式戦、交流戦 その他コンテンツ 映画・ドラマ・バラエティなど ニコニコプロ野球チャンネル プロ野球の試合をネット中継で唯一無料で見れるのが、「ニコニコプロ野球チャンネル」。 ドワンゴが運営するniconico(ニコニコ)の中のコンテンツの一つとしてあるニコニコプロ野球チャンネルでは、横浜DeNAベイスターズの主催試合が視聴可能。 ただし、無料で視聴する場合、人数制限があるため、見れない場合も。 そんな時はプレミアム会員(540円)になることで優先的に中継を見ることが出来ます。 サービス名 ニコニコ 「ニコニコプロ野球チャンネル」 月額料金 無料(プレミアム会員540円) 無料期間 無し 球団 1球団(横浜) 試合 公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ その他コンテンツ ニコニコ動画など プロ野球のネット中継サービス全11社の比較表 月額料金 無料期間 球団 他コンテンツ DAZN 1,750円(税別) 1カ月 パ6球団・巨人・阪神・中日・横浜 MLB・Jリーグ・欧州サッカーなど パ・リーグTV 1,450円(税別) — パ6球団 — パ・リーグLIVE 462円(税別) — パ6球団 — Rakutenパ・リーグSpecial 690円(税込) 30日 パ6球団 — hulu 933円(税別) 2週間 巨人 映画・ドラマ・アニメなど FODプレミアム 888円(税別) 1カ月 ヤクルト 映画・ドラマ・アニメなど 虎テレ 600円(税別) — 阪神 — カーチカチ! 450円(税込) — 広島 — J SPORTSオンデマンド 1,800円(税別) — 広島・中日・オリックス・楽天 — Paravi 925円(税別) 30日 横浜 映画・ドラマ・アニメなど ニコニコプロ野球チャンネル 0円 — 横浜 ニコ動・二コ生など プロ野球のネット中継を見るなら、オススメは「DAZN」! プロ野球のネット中継サービスを比較した結果、一番のおすすめは 「DAZN」です。 その理由は、 自分の好きなチームの試合を一番多く見れるから。 例えば、パ・リーグファンの場合、パ・リーグTVやパ・リーグLIVEでは見れない交流戦のセ主催試合もダゾーンなら見ることが可能です。 自分の好きなチームと広島・ヤクルト戦のビジターゲームは見れませんが、巨人・阪神・中日・横浜線のビジターゲームは問題なく見れます。 セリーグファンの場合も同様。 広島・ヤクルト戦のビジターゲームは見れないものの、その他のチームとのビジターゲームは視聴可能。 広島・ヤクルトファンの人も、ホームゲームは見れないものの、ジビターゲームは見れるので、数あるネット中継サービスの中でも見れる試合数がかなり多いです。 おまけにプロ野球だけではなくMLBの試合も見れるので、野球好きなら気になる大谷選手や田中将大選手などの日本人メジャーリーガーのバッティングやピッチングもリアルタイムに見ることが出来ます。 ダゾーン、かなりオススメです。

次の