人参 旬。 にんじん 人参 ニンジンの旬 出回り時期

人参の旬は?|良好倶楽部

人参 旬

おはようございます。 かとうまさやです。 先日、4月のある日に、人参買ってきました。 早速料理しようと思って、包丁で切っている途中にどんなものかと、一切れつまんで少し味見。 ポリポリポリ…っと食べてみたらびっくり!「あれ?おいしくない!」 さあ、今日は人参を買ってきたので子どもに食べさせよう! と思って料理して出したら、「べー」ってして出してしまう。 あれ?なんでだろう? あなたもこのような経験ありませんか? ちょうどこの前、ぼくも同じような経験をしました。 なぜ春の人参がおいしくないかっていうと、人参という植物の性質として春には花を咲かせ種をつける準備をする期間だから、味が落ちるんです。 今は品種改良や農業技術が発展していて、春にも人参が出回るようになっていますが、植物の本来持っている性質までは変えられません。 農家も周年人参を出荷しようと頑張っていますが、やはり限界はあります。 なので、おいしい人参を食べたいのであれば、10〜12月にたんまりと食べることをオススメします!!! 目次• 人参がおいしいく食べられる旬は10~12月! 人参って一年中出回っている野菜のひとつなので年中買えます。 ですが、実は「旬」があって10~12月が一番おいしい時期になります。 (関東基準) なぜ10〜12月が一番おいしいのかというと、寒さに当たって甘みが増すからというのが一番の理由でしょう。 人参は寒さに当たると人参自身が凍らないように、水分を糖に変える仕組みがあります。 これがあるので、冬は甘く感じておいしい人参になります。 あまりにもおいしいので畑で生のままボリボリ食べちゃう時もあるほどです。 ちなみに他の野菜ですと、大根、かぶ、ねぎ、葉物野菜なども同じ理由で寒さに当たると甘みが増しておいしくなります。 10~12月の人参は、寒さにあたり甘みが増す時期なので、よりおいしく食べられる時期なのです。 この時期は、本当に味がのっていておいしいので、ぜひとも生で味わって欲しいです。 *1月以降は人参にとっては寒すぎる気候なので、ちょうどいいのが10〜12月ということになります。 (家庭菜園で1月以降に収穫する場合は、人参が地表に出ないように土寄せを忘れずに!) 春人参というのもあります 旬の10月~12月以外にも、春に種をまいて夏に収穫する「春人参」と呼ばれるものもあります。 だいたい6~8月ごろまで収穫できます。 (*収穫は夏ですが、種まきが春なので通称春人参と言います) なので、10~12月と6~8月以外の時期は、人参の栽培には適していない時期となります。 だからたとえ販売されていても、人参に無理して育ってもらっているので、実際には味はいまいちであり、買うのはオススメできないので、覚えておくとお得でしょう。 (農家と種苗会社の努力の賜物で通年人参が買えるのです。 ) でも、人参ってどんな料理にも使えるし、料理の見栄えも良くなったりと便利だから、どーしても料理で必要って時もありますよね。 理由としては、先ほども書きましたが、人参という植物の生理的に春は花を咲かせて次世代に種を残す時期なので、根っこの栄養や土からの栄養を使って葉っぱを育て、花を咲かせて種にします。 春になると暖かくなってきて、「あ!そろそろ子孫残さなきゃ!」って思い、スイッチが切り替わるのだと思います。 そういう時期だから、スカスカになったり、味がのらなかったりと食べるのにはオススメできないのです。 もう、これは植物の本能としてこうなるものなので、人間がどうこうできるレベルではないと思います。 (一般地=関東とする) それらの時期は終わりかけだったり、始まったばかりだったりと、人参栽培の端境期なります。 サカタのタネHPより参照: このように栽培する側から見ると、人参は年間を通して収穫できるのが難しいっていうのがわかると思います。 (関東基準) 逆に年中出荷している農家はすごいです。 もしあなたの子どもが人参嫌いだとしたら、それは旬ではないからかも!? もし、子どもが野菜食べてくれないって思ったら、人参に限らずまずはその野菜って 「今旬なの?」っていうのを疑ってみるといいと思います。 ここだけの話、「旬」の野菜は、野菜がより自然な状態で育つので、うまいです! そして栽培者側としては、病害虫対策への負担も減ります。 具体的には、防虫ネットが無くて良かったり、農薬の回数が減ったり、収穫量が増えたりなどなど。 まとめ 人参をおいしく食べるのなら10~12月に買え! ということで、まとめますと、人参の旬は10〜12月ですので、この時期が一番おいしく食べることができます。 その他には6〜8月あたりにも春人参(春に種まき)が出荷されています。 この2つの時期に買うのがオススメです。 逆にオススメしないのは春の時期にできる人参で、これから花を咲かせようとする時期なので、味が落ちます。 できることなら旬の時期に買うのをオススメしますが、どうしても必要に迫られている場合は、味付けなどを工夫しましょう。 以上です。 関連記事: 追伸 ちなみに春の時期に人参をどうしても食べたいというかた向けに、密かに商品開発をしていて、世界初の自然栽培人参のエキスを抽出したサプリメントを開発しました。 柿のように緻密で風味の良い甘い人参が畳1畳分ほどの面積で50本ほど出来ます。 最近は直売所などでも春には必ず出てて、美味しい人参が食べれます。 先ずは、お知らせまで。 味が分かるいろはちゃん、可愛いですね。 かとう様は畑をお持ちなのですし、今年の年末には是非作って いろはちゃんに食べさせてあげてはいかかでしょうか? コツはいろいろあるけど、不躾乍ら かとう様のコンセプトから忖度すると お好みの方法は、前作がトウモロコシかヒマワリか麦の栽培地であること 人参はVAM菌共生依存度が高いため 、です。 最高に美味しい人参が収穫できます。 ・・・せっかく始められた農業を縮小されたそうで、残念ですね。。。 私は近い将来、夫婦で自給自足生活を予定している者です またいつか、あなたが、やりたい事が出来る未来を 掴むのを、遠くからお祈りしています。

次の

ニンジン|とれたて大百科|野菜のチカラをもっと知る|JAグループ

人参 旬

金時にんじん(きんときにんじん)は、ニンジンの品種です。 「京にんじん」とも呼ばれて「ブランド京野菜」に指定されています。 「ブランド京野菜」とは、、京都府や京都農協中央会などが中心となって認定している野菜や果物のブランドになります。 京野菜や他の農林水産物の中で、優れた品質・安心・安全・環境へ配慮した生産方法などに取り組んでいる野菜から、ブランド京野菜が認定されています。 2015年までに25品目の野菜や果物が認定されています。 中国から16世紀頃に伝わり、京にんじんとして栽培されています。 20世紀に入ると、坂出市・観音寺市などの香川県の沿岸地域で栽培が盛んになりました。 近年では香川県が全国シェアの70%を占めています。 次に、金時にんじんの栄養・金時人参の旬・選び方・食べ方・金時人参と西洋人参の違いなどの紹介をします。 金時にんじんの栄養 金時にんじんに含まれている栄養成分には、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維があります。 体内でビタミンAに変換されて、髪の健康・視力・粘膜の健康・皮膚の健康の維持に役立つといわれています。 金時人参にはリコピンも多く含まれています。 リコピンには活性酸素を減らす働きがあるといわれています。 次に、金時人参の旬・選び方・食べ方や、金時人参と西洋人参の違いなどの紹介をします。 金時にんじんの旬は11~2月頃になります。 金時にんじんを選ぶときは、表面に傷やひび割れがない色が濃いものにします。 葉先まで元気があり萎れていないものを選びます。 葉がないものであれば、切り口が茶色になっていないものを選びます。 金時にんじんの食べ方は、サラダ・炒め物・和え物・焼き物・煮物などがあります。 ピューレ状にして人参ムースにもできます。 キャロットケーキなどのスィーツでも美味しく食べられます。 次に、金時人参と西洋人参の違いを紹介します。 金時人参の食べ方はいろいろです。 サラダ・炒め物・和え物・焼き物・煮物・スウィーツで美味しく食べられます。 金時人参と西洋人参の違いは旬の時期になります。 西洋人参は通年出回っていますが、旬は9~12月です。 金時にんじんの旬は11~2月頃です。 食感や味も違います。 金時にんじんは西洋にんじんに比べて、柔らかくて甘味が強くなっています。 独特のにんじん臭さが少なく味が濃くてシッカリしています。 金時にんじんは、加熱しても煮崩れしにくいですね。 金時にんじんは西洋にくらべて、独特の風味やパサパサ感があるので生食には向いていません。

次の

ニンジン|とれたて大百科|野菜のチカラをもっと知る|JAグループ

人参 旬

野菜図鑑• ニンジンの歴史 にんじんの原産地は中央アジアのアフガニスタンで、現在のアフガニスタンに横たわる山脈「ヒンドゥークシュ(ヒンズークシ)」山麓で栽培されたのが始まりと考えられています。 古代ギリシャでは薬用として栽培されていたようで、その頃のにんじんは根が枝分かれした刺激の強いものだったそうです。 円錐形のにんじんは10世紀頃に現在のトルコ西部辺りで誕生したと推定され、12~15世紀頃ヨーロッパに広がりました。 現在のようなオレンジ色のにんじんは17~18世紀頃にオランダで作り出されたものといわれています。 東洋系にんじんは12~13世紀頃に中国に伝わり、改良されて日本にも伝わりました。 伝来時期は定かではありませんが、日本では「新刊多識編」(1631年)に「胡蘿蔔(セリニンジン)」と記されていますので、少なくともその頃には伝わっていたと考えられます。 現在主流の西洋系にんじんが日本にもたらされたのは江戸時代後期になってから。 その頃に現在と同じ西洋系にんじんが伝わり、それが明治時代以降に普及しました。 赤い人参には、トマトにも含まれる「リコピン」が含まれています。 リコピンには抗酸化作用があるので、がん予防やアンチエイジングに効果が期待できます。

次の