タルク 発がん 性。 タルクの有害成分が原因の発がん性について

タルクに卵巣がんの危険性!大手メーカーに損害賠償命令

タルク 発がん 性

スポンサーリンク こちらの記事もよく読んでいただいています カラメル色素とは 炭水化物を加熱すると発生する複数種の化合物からなる混合物です。 コーラなどで使われています。 メカニズムは完全には解明されていません。 重合したフランや4分子脱水したグルコースが含まれると考えられています。 副生成物として、 4-メチルイミダゾールや 2-アセチル-4-テトラヒドロキシブチルイミダゾールが含まれることがある。 馴染みのない単語ですが、この「4-メチルイミダゾール」が問題です。 着色料の中では最も使用量が多いです。 製造時の亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物での処理の有無により、カラメルIからカラメルIVの4種類に区分される。 カラメル色素の製造方法 砂糖やグルコースなどの糖類、デンプン加水分解物を原料としています。 それらを、キャラメル化により製造します。 スポンサーリンク カラメル色素の分類 カラメル色素は以下のように分類されます。 家庭でも作れるほどです。 安全でもあるのですが、企業ではこの製法を取られません。 コストが高くつくからです。 しかし、使用は禁止されていません。 ちなみに、この製法はコカ・コーラが特許を持っていると言われています。 リンパ球の減少• 免疫機能 白血球動き の抑制• DNAの損傷• 染色体に異常を誘発• 発がん性 心配なのは、やっぱり「発がん性」です。 消費者である我々には、その安全性を判断することはできません。 手がかりすらないのです。 カラメル色素を使った食品 あらゆる加工食品でカラメル色素は使われています。 具体的には、コーラ、プリン、ラーメン、カレールー、デミグラスソースなどなど・・・ 分からない以上、危険としか言いようがありません。

次の

「タルク」使うベビーパウダー、国内では販売継続 J&J日本法人「安全性に確固たる自信」: J

タルク 発がん 性

ファンデーションやアイシャドウなど、色んな化粧品に配合されている『タルク』という成分をご存知でしょうか。 タルクというのは滑石 かっせき という鉱物のことです。 化粧品に使う場合は、精製し、白い粉状で使われます。 ベビーパウダーなんかは、成分のほとんどがタルクで出来ているものも多いですね。 黒板に文字を書くチョークも、布地に線を引くチャコペンも、タルクで出来ています。 ベビーパウダーは肌荒れの人にもいいと聞いたことがあり、私は一時期、ベビーパウダーだけを肌に塗っていたこともありました。 そんなタルクですが、危険性があるのではないかということで、最近ではタルク不使用のファンデーションも多く出てきています。 なぜ危険だという話になったのか、実際は安全なのかどうか、タルク不使用のミネラルファンデーションのメーカーなどについてまとめていきたいと思います。 タルクに危険性があったのはアスベストを含んでいたから タルクが危険だと言われた原因は、精製技術が未熟なために、アスベストも一緒に含まれて販売されていたからです。 アスベスト 石綿 を吸い込むと危険なのは、よく知られていますよね。 肺がんを引き起こす原因になると言われています。 日本でタルク使用のベビーパウダーからアスベストが検出されたのは、1980年代のことです。 この事件を機会に法整備が進み、アスベストを含んだタルクの製造は法律で禁止されています。 ですので、今現在の日本では、アスベストを含むタルクは出回っていません。 ただ、海外で生産されたものに関しては不明です。 あまり精製技術の進んでいない国で作られたタルクをそのまま使うのであれば、危険性はもしかしたらあるかもしれません。 国産のコスメを使うか、大手のメーカー品を使うなどする方が安全なのではないかと思います。 吸い込むのが問題なので、吸い込み辛い形状のものを アスベストは、吸い込んで肺に入ることが危険なんです。 ですので、パウダー状で使うファンデーションなら吸い込む可能性もありますが、プレスト状だったりクリーム状であれば、吸い込む可能性もあまりありません。 国内生産のファンデーションやアイカラーなどを選ぶのもいいですね。 タルク不使用のミネラルファンデーションメーカー タルク不使用のミネラルファンデーションメーカーを紹介したいと思います。 そういったこともあり、大手のミネラルファンデーションメーカーはタルクは使っていないことも多いですね。 ただ、市販されているファンデーションはタルクが主成分のものがかなり多いです。 ドラッグストアなどで書くyそう品のパッケージに書いてある成分表を見てもらうと分かります。 成分表示の最初の方に表示されていれば、多く配合されているということです。 どんな効果や役割があるのか.

次の

洗顔料のタルクは発がん性があるってホント!?危険性を厳しく追求!

タルク 発がん 性

酸化チタンに発がん性がある WHO(世界保健機関)やIRAC(国際がん研究機関)では、酸化チタンは発がん性があると発表しています。 ただ、日本では、発がん性物質の可能性がある程度にとどまっています。 発がん性以外にも、妊娠のマウスの胎児に影響があったり、アルツハイマーが起こりやすい可能性があるともいわれています。 マウスの実験に気になる点がある マウスの実験を読んで、これは日常的には起こらないことではないかと思ったので書いておきます。 実験内容は、 ナノ化した酸化チタンをマウスに皮下注射をし多結果、胎児に健康被害が起きたというものです。 注射を使って体内に入れれば、すぐに血流にのって全身に行き渡ってしまうと思います。 一般の人は、酸化チタンを使うのに注射はしませんよね。 酸化チタンには、健康被害をおこす可能性はあるとはいえ、毎日、化粧品や日焼け止め、食品で利用する分には問題ないと思います。 危険なのは粉状の酸化チタンを吸入すること! 酸化チタンは、 インクや用紙などの日用品や化粧品、日焼け止めなど多くのものに使われています。 食品には、白色着色料の食品添加物として使われます。 ホワイトチョコレート、マシュマロ、乳製品、和菓子など白色のものには使われています。 これだけ、日常生活にあふれていれば、毎日酸化チタンと触れていることになりますが、健康被害は聞かれていません。 ただ、 酸化チタンを吸ってしまうと肺がんなどの健康被害が出やすいといわれています。 つまり、酸化チタンを仕事場で使い、毎日吸入している人は、気を付けたほうがいいですね。 昔起こったアスベスト問題にもつながると思います。 酸化チタンを調べると出てくるのがタルクだと思います。 タルクも発がん性の話がでてきますね。 タルクは、アスベストと構造が似ているそうです。 かなり昔は、タルクにアスベストが混入していたため、健康被害が起こるとして、中止されていましたが、今のタルク(国産に関して)はきっちりとアスベスト量が決められています。 1%でほとんど含まれていません) アメリカでは、ベビーパウダーにタルクが配合されており、それが原因でがんが発症し死亡したとしてメーカーとの訴訟が行われているケースもあります。 ミネラルファンデーションや粉おしろいは危険 粉状の化粧品は吸い込みやすいですよね。 特に、ミネラルファンデーションは、添加物や余分な成分が配合されておらず、成分の種類はとても少ないです。 つまり、酸化チタンの配合量も多くなります。 ミネラルファンデーションだけでなく、SPF表記のあるおしろいも危険率が高まります。 顔に塗布するときは、息を止めるなどして、できるだけ吸い込まないようにするといいでしょう。 酸化チタンが配合されているものの中では粉状のアイテムが危険というだけで、これで、健康被害がすぐに起こるということはありません。 おそらく、化粧を10代後半から始めて、60代70代くらいで、病気になるということはあるのかもしれないです。 そのため、すぐに大変なことにはならないですが、蓄積されていることがあると思います。 仕事で酸化チタンそのものを使うのであれば、もっと早く起こる可能性もあるかもしれません。 粉状のものを使うときは、気を付けておくことに越したことはないと思います。

次の