ヘリコプター 種類。 ヘリコプター比較表

世界の超大型ヘリコプターとは? 米露の現役機から大きすぎて使えなかった試作機まで

ヘリコプター 種類

ヘリコプターの種類とは用途の違いのこと ヘリコプターは機体によって巡航速度や搭載量などが異なります。 そのため特定の用途に向いた機体というものが存在します。 たとえば、救急医療で活躍するドクターヘリというものがありますが、ドクターヘリという型式名のヘリコプターが存在するわけではありません。 また、日本で飛んでいるドクターヘリに限定しても、1種類ではなく、いくつもの種類が存在しています。 同じように消防防災ヘリコプターという機体が存在するわけではなく、防災ヘリコプターとして使用されることが多いヘリコプターの型式があるということです。 報道取材や物資輸送、航空撮影などの用途に合ったヘリコプターもそれぞれ存在します。 救急医療や報道取材などで活躍 救急医療 救急医療の現場ではヘリコプターが活躍しています。 ヘリコプターを利用した迅速な医療行為は患者の治療に効果的であるためです。 救急医療で使用されるヘリコプターは、ドクターヘリと呼ばれています。 ドクターヘリには医療機器が備えられ、医者や看護師が乗っています。 患者のいる現場にヘリコプターで向かい、救命医療を行いながら救命救急センターに搬送することが目的です。 ドクターヘリであれば、より高度な専門的な治療が受けられる遠くの医療機関に患者を素早く運ぶことも可能です。 当然、 ドクターヘリで利用されている機体は巡航速度の速さが求められます。 報道取材 報道取材のヘリコプターも機動力が重要です。 現場に素早く到着して情報を伝えるためには速度が必要だからです。 災害や事故などを現場上空から撮影した映像を見たことのある方も多いでしょう。 また、撮影スタッフや撮影機材を運べるだけの搭載量などが必要になってきます。 ヘリコプターは飛行中に大きな音がするため、比較的騒音の小さな機体が好まれる傾向があります。 物資輸送 物資輸送にもヘリコプターは便利です。 山間部や災害地などの中には、車が走ることのできる道がないところも少なくありません。 そうした場所に資材などを輸送することにもヘリコプターは活躍します。 たとえば、山小屋に資材を補給したり、送電線の建設現場に資材を輸送したりします。 他にも材木の搬出や苗木の輸送にも使われるのです。 とくに災害の復旧の際、迅速に作業員や物資などを運ぶことに適しています。 ヘリコプターを利用することにより、安全に効率的に作業を進めることができるのです。 物資輸送に使われるヘリコプターは、大型のものが多いです。 巡航速度よりも搭載量などを重視しています。 航空撮影 航空撮影でもヘリコプターは活躍します。 企業や工場のパンフレットなどでヘリコプターによる空からの写真を見たことがある人も多いでしょう。 企業などのパンフレットだけでなく、学校の記念行事の撮影や土木工事の状況記録写真などの用途でも、ヘリコプターによる航空撮影は行われます。 航空撮影に使用するヘリコプターは、機材を積み込むのに十分な搭載量を確保できる種類のヘリコプターが使用されています。 また、映像を記録する場合は、飛行中のヘリコプターの音が小さいかどうかも重要です。 地方整備局ヘリコプターや消防防災ヘリコプター 地方整備局ヘリコプターや消防防災ヘリコプターも、ドクターヘリ同様、重要なヘリコプターの種類です。 地方整備局ヘリコプター 地方整備局ヘリコプターとは、災害が発生した際、被害を最小限に抑えるため、災害の状況や規模などを迅速に把握する用途を持ったヘリコプターのことです。 これにより早期に災害の対策を取ることができたり、復旧活動を素早く行えたりするメリットがあります。 ヘリコプターの上空からの情報収集は、広域の確認を行うのに優れています。 上空から状況の変化を監視することで、地上での作業を行いやすくするのです。 消防防災ヘリコプター 消防防災ヘリコプターは、消防活動や救急活動を行うために都道府県が保有するヘリコプターのことです。 災害救助活動や空中消火などを行います。 合わせて読みたい! ・ 型式名ごとの特徴を紹介 ヘリコプターの種類を知る上で型式名は欠かせません。 型式名ごとに主な用途や巡航速度、搭載量などを紹介します。 Bell206Bは、比較的小さな機体で、小回りが利くのが特徴です。 搭載量は150kgから300kgと少なめですが、薬剤散布などの用途であれば使用できます。 送電線巡視や航空撮影に向いています。 Bell412は、Bell206Bと名前が似ていますが、まったく異なります。 双発エンジンを搭載した大型ヘリで、その主な用途は物資輸送や旅客輸送です。 搭載量は900kgから1300kgもありますから、海洋開発支援なども可能です。 Bell430の最大の特徴は振動の少なさです。 そのため報道取材の撮影などに向いていて報道ヘリとして活躍しています。 また、振動が少なくて快適な乗り心地のため、旅客輸送にも使用されています。 最大搭乗者数は10人で、搭載量は500kgから1100kgとなっています。 AS332Lは、一般的なヘリコプターに比べてかなり大きな機体です。 搭載量は3000kgから4000kgで、 物資輸送や海洋開発支援で活躍しています。 最大搭乗者数も21人と多いため、多数の人員を運ぶのにも適しています。 AS350B3は、小型機でありながら物資輸送にも適している機体といえるでしょう。 搭載量250kgから450kg、最大搭乗者数は5人です。 物資輸送だけでなく、送電線巡視や航空撮影などでも活躍しています。 AS355Fは双発エンジンを搭載した小型機です。 遊覧飛行や報道取材などで幅広く活躍しています。 最大搭乗者数は5人で搭載量は400kgから600kgと、双発エンジンのため小型機でありながら優れています。 S-76は静かな機内が特徴です。 そのため 旅客遊覧や報道取材などに適しています。 搭載量は1000kgから1500kg、最大搭乗者数は13人なので海洋開発支援などでも活躍しています。 MD900は、比較的飛行する音が小さいため、 報道ヘリやドクターヘリとして活躍しています。 搭載量は500kgから800kg、最大搭乗者数は7人です。 BK117C2は、後部が観音開きの扉になっていることが特徴です。 また、 キャビンが広くて治療を行いやすいため、ドクターヘリなどで活躍しています。 搭載量は1000kgから1400kg、最大搭乗者数は10人と多めなので、海洋開発支援の現場でも活躍しています。 ヘリコプターの種類を覚えるには用途と型式名が重要 ヘリコプターは報道取材や救急医療などで活躍しています。 一般的に報道ヘリやドクターヘリという言葉が使われていますが、そうした型式のヘリコプターが存在しているわけではありません。 用途に合った巡航速度や搭載量などの条件を満たした機体を報道ヘリやドクターヘリとして利用しているだけなのです。 ヘリコプターの種類を理解するには、その用途とヘリコプターの型式名を覚えることが大切です。

次の

ヘリコプター

ヘリコプター 種類

「ヘリコプターを自分で操縦したい」、「操縦免許を取ってみたい」という方のために、当社では操縦士免許の取得に関する様々なサポートを行っております。 操縦士免許の取得についてのお問い合わせの中で数多くの方が訓練費用の問題を持たれています、 この問題を少しでも解決できるよう弊社では免許取得費用の訓練費分割払い制度を新設致しました。 熱意を持ち相当の努力もしているけれど訓練費用をまとめて払うことができないという方、ご相談下さい。 ヘリコプター操縦免許の種類 ヘリコプターの免許は、大きく「自家用操縦士免許」と「事業用操縦士免許」の2つに分かれます。 趣味の範囲でヘリコプターを操縦される方は「自家用操縦士免許」を、「ヘリコプターに関する仕事をしてみたい」と考えている方は「事業用操縦士免許」と、目的によって免許を取得されるのがよいでしょう。 また、タービン機・ピストン機など搭載エンジンの種類によっても取得免許の資格が分かれます。 以下に操縦士免許の種類についてまとめましたので、ご参考にしてください。 免許の種類 ヘリコプターの等級 備考 自家用操縦士免許 事業用操縦士免許 陸上単発ピストン 着陸装置が車輪タイプかスキッドタイプになっていて 陸上に着陸します。 陸上単発タービン 陸上多発ピストン 陸上多発タービン 水上単発ピストン 着陸装置がフロートタイプになっていますので 川、湖、海に 着陸できる構造です。 水上単発タービン 水上多発ピストン 水上多発タービン.

次の

世界の超大型ヘリコプターとは? 米露の現役機から大きすぎて使えなかった試作機まで

ヘリコプター 種類

にも触れたように、ヘリコプターのエンジンはターボシャフト・エンジンが主流である。 ヘリコプターに求められるのはローターを回す機能だから、ジェット・エンジンみたいに排気ガスを噴出して推進力を得るのではなく、排気ガスでタービンを回して回転力を得る。 最大でも三発機 固定翼機だと、現役の機体では8発機というのがある。 ボーイングB-52爆撃機がそれだ。 過去にはドルニエDo X飛行艇という12発機!!!! まであった。 エンジン1基当たりの馬力が足りない場合、数で補おうという話である。 しかし、少なくて済むならそのほうがいい。 数が増えれば重くなるし、コストは上がるし、整備も面倒になる。 これに対し、当節のヘリコプターは最大でも3発機だが、それとて少数派。 普通は単発ないしは双発である。 そして、エンジンはまとめて胴体上部に搭載する。 トランスミッションやローター・ヘッドの近くにエンジンを置くのが合理的だから、そうなる。 そして、ターボシャフト・エンジンというのはビックリするぐらいコンパクトだ。 コンパクトなエンジンだから、機体上部にトランスミッションと一緒に積み込めてしまう。 航空関連の展示会があると、メーカーが現物を持ち込んで展示しているから、昨年の「国際航空宇宙展」あたりでターボシャフト・エンジンの現物を御覧になった人もいることだろう。 固定翼機とヘリコプターが違うのは、ヘリコプターでは複数のエンジンの出力が1つのトランスミッションにまとめて取り付くこと。 だから、ヘリコプターで一部のエンジンが停止した場合は、トランスミッションに入る駆動力が減るものの、多発の固定翼機のような左右の不均衡は生じない。 固定翼機はエンジンごとに独立して推進力を発揮しているから、その一部が停止すると左右の推進力が不均衡になる。 具体的にいうと、停止したエンジンがある側に機首が振られるので、反対方向にラダーを動かして機首を戻す必要がある。 レシプロ・エンジン時代のあれやこれや では、小型・軽量・大出力のターボシャフト・エンジンがモノになる前、レシプロ・エンジンを使っていた草創期のヘリコプターはどうしていたか。 例えば、シコルスキーCH-37モハーベという輸送ヘリコプターがある。 胴体内に人や貨物を搭載するスペースを確保する必要があったので、そこにエンジンを納める場所はない。 そこで、胴体の左右に巨大な空冷星形18気筒エンジンを外出しする形で取り付けて、それをカウリングで覆った。 エンジンの下には降着装置が伸びて、エンジンから胴体上部のトランスミッションに駆動軸がつながる。 シコルスキーCH-37モハーベ。 エンジンを両サイドに追い出したので、胴体内部にはジープが納まるぐらいの広大な空間を確保できた Photo : US Army これも相当に変わっているが、もっとビックリさせられるのが、同じシコルスキー社製のS-58。 機首直後の胴体内に、ライトR-1820という空冷星形9気筒エンジンを搭載しているのだが、エンジンの向きは尻上がりである。 だから出力軸は後ろ上方に向けて突き出ており、それが機体上部のトランスミッションにつながる。 S-58の機首まわりを見ると、鉢巻のように斜めにルーバーが開いているが、これはエンジン取付部の隔壁と角度をそろえたためだ。 機首のカバーをガバッと外すと、前方斜め下を向いたエンジンが姿を現す仕組みになっている。 シコルスキー S-58。 胴体内にライトR-1820という空冷星形9気筒エンジンを搭載しているが、エンジンの向きは尻上がり 「機首をエンジンに占領されてしまったら、コックピットはどこに置くの? 」という疑問が出てくるが、実はエンジン室の上方、トランスミッションの前側に狭そうなコックピットがある。 エンジンより上に陣取っているので前方視界は確保できるが、その代償として機体は背高になった。 また、コックピットへの出入りは面倒そうだ。 なお、人や貨物を積み込むキャビンは後方である。 3発機のエンジン配置 話を現代に戻すと。 双発機なら、トランスミッションの左右にエンジンを1基ずつ据え付ければいいので話は簡単だ。 では3発機はどうするのか? 固定翼機だと、かつてユンカースJu52、あるいはフォード・トライモーターといった3発プロペラ輸送機があり、いずれも左右の主翼に1基ずつと機首に1基、エンジンとプロペラを取り付けていた。 ところが 、ヘリコプターだと話が違う。 現時点でポピュラーな3発のヘリコプターというと、シコルスキーCH-53Eとレオナルド・ヘリコプターズAW101がある。 このうちCH-53Eは、先に双発型のCH-53Dがあり、パワーアップのためにエンジンをひとつ増やすという荒技? で作られた。 そして、追加した3基目のエンジンは機体中央部の左舷側に押し込められた。 以下に、シコルスキー社の製品史としてH-53シリーズについてまとめたWebページを示す。 下の方にスクロールしていくと、CH-53Eのトランスミッションや、駆動系の構造について描いた図が載っている。 注意していただきたいのは、H-53シリーズのうち3発機はCH-53EとMH-53Eだけで、その他のモデルは双発というところ。 最初から3発機として設計した機体だから、こちらの方がきれいな外見にまとまっている。 プロペラ推進の固定翼機だと、中央のエンジンを後ろ側に配置した場合にはプロペラの設置場所に困ってしまうから、中央のエンジンは機首に置くしかない。 しかし、ヘリコプターは出力軸がトランスミッションにつながっていればいいので、中央のエンジンを後ろ側に持っていくこともできる。 予めご了承ください。 連載一覧 第58回 第57回 第56回 第55回 第54回.

次の