失敗 から 学ん だ こと 作文。 就活で面接官が失敗体験を聞く理由

誰にでもある「失敗学」に学ぶ、未来を明るくする9つの方法

失敗 から 学ん だ こと 作文

挫折経験のアピールに悩む学生は多い 就活では挫折経験について聞かれることも多く、これにどのように答えればいいのか悩んでしまう人は多いです。 挫折経験をアピールすれば印象が悪くなると考える人が多いですが、実はこれは伝え方次第です。 挫折経験であっても、上手に伝えることができれば好印象を与えることはできます。 正しい回答方法さえ知っていれば難しい質問ではないため、挫折経験を聞かれても焦らず、しっかりとアピールして好印象を与えましょう。 就活で挫折経験が聞かれる理由 挫折経験を上手にアピールするためには、就活で挫折経験を聞かれる理由を知っておく必要があります。 就活ではさまざまなことを聞かれますが、そのすべてに理由があり、評価の基準があります。 高評価を獲得するためには、質問の意図を読み取り、そこから何が評価されているのかを知っておくことが大切です。 就活ではなぜ挫折経験が問われているのか、その理由を把握して、アピールに繋げていきましょう。 何かに熱中したことがあるか 挫折経験があるということは、何かに熱中したことがあるということだと判断されます。 挫折とは単純な失敗ではなく、大きな失敗を意味しますし、物事に真剣に取り組んでいなければ、挫折を経験することはありません。 挫折経験の有無から何かに熱中した経験があるかを測り、物事に対して真剣になれるかどうかが見られています。 何かに真剣になれるということは、目的意識を持って行動したことがあるとも言えますし、目標設定力の有無も見られています。 仕事にも真剣に取り組めるかが評価されていますので、アピールは念入りにおこなわなければなりません。 挫折から立ち直れるか 挫折すれば落ち込みますが、そこから立ち直ることが大切です。 仕事をしていても挫折を経験することは多く、立ち直れるだけのメンタルの強さは社会人には必須であり、メンタルの強さが見られています。 仕事で失敗をするのは仕方のないことですし、避けられないミスもあります。 ミスをすれば当然落ち込んでしまいますが、そのまま立ち直れなければ次なる成長を目指すことはできません。 失敗は失敗として重く受け止めて反省することが大切ですが、重く受け止めすぎて身動きが取れなくなるのはよくありません。 挫折経験を聞くことでどのようなことで失敗し、そこからどのように立ち直ったかが見られています。 失敗への対応力があるか 何かに挫折をして失敗したとしても、その後のリカバリー次第では挽回できます。 挫折経験からは失敗を失敗のままで終わらせるのではなく、どのように挽回できたか、失敗への対応力はどれくらい備わっているかも見られています。 失敗や挫折を経験するのは当たり前のことであり、挫折経験がある=マイナスの評価となるわけではありません。 大切なのは失敗や挫折とどのように向き合い、対応できるかです。 失敗への対応力の高さから、仕事でも活躍できるかどうかが見られていますので、評価が大きく分かれるポイントでもあります。 挫折から挽回した経験を伝えることができれば好印象ですし、反対にただ挫折しただけのエピソードを伝えてしまうと印象は悪くなります。 挫折経験をアピールするポイント 挫折経験を上手にアピールするためには、さらにポイントがあります。 評価基準を知っているだけでは上手なアピールはできませんし、どのように伝えるのかを考えることが大切です。 挫折経験は伝え方を間違えればマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いですし、アピールは慎重におこなわなければなりません。 上手にアピールするためのポイントを知って好印象を与えましょう。 挫折した内容を伝える 挫折経験のアピールでは、最初にどのようなことで挫折したのか、どのような経緯で挫折したのか、エピソードの内容を伝えます。 挫折したことが分かるように簡潔にまとめて伝えることが大切であり、エピソードがあまりにも長くなってしまったり、挫折経験を語るだけで終わるのはNGです。 挫折経験を語るだけで終わってしまうと、失敗したことしか伝わらず、マイナスのイメージを与えてしまいます。 挫折経験は全体の流れだけがわかるように大まかに伝えればOKですので、簡潔にわかりやすくまとめることを意識しておきましょう。 挫折したこととどのように向き合ったのか 挫折したときにその失敗とどのように向き合い、どのように解決を目指したのかをアピールすることが大切です。 ただ失敗を受け入れているだけでは成長には繋がらず、評価の対象にもなりません。 挫折した経験を語り、どのように向き合ったのかを伝えてることが大切です。 挫折との向き合い方から、失敗への対処の仕方や立ち直り方をアピールしていきましょう。 どのように失敗と向き合っているのか、対処しているのかを伝えることで、実際に失敗したときの行動をイメージさせることができます。 失敗への対応能力やメンタルの強さをアピールすることがポイントです。 挫折経験そのものよりも重点的にアピールしましょう。 挫折経験から何を学んだのか 挫折経験は人生の中でも財産になるものですが、ただ挫折して落ち込むだけでは何の意味もありません。 挫折を経験したことが現在の自分にとってどのような糧になっているのか、経験から何を学べたのかをアピールすることが大切です。 挫折から学んだことを述べることで、成長意欲の高さやメンタルの強さをアピールでき、好印象にも繋がりやすいです。 失敗への対処法などを述べることも大切ですが、それだけではなく失敗から学んだことも伝えていきましょう。 失敗から学べる人は強いですし、成長意欲だけではなく成長力も高いと評価してもらえる可能性もあります。 失敗をそのまま終わらせてしまうのではなく、そこから何を学び次に繋げられたのかをアピールしましょう。 自己分析ツールで「挫折経験」の回答を完成させよう 「挫折経験」はあなた自身を深堀りする質問。 上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。 そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツールです。 My analyticsなら、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。 My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。 挫折経験から長所のアピールに繋げる 挫折経験に悪い印象を抱く人も多く、アピールしているつもりが自分にとってマイナスになることを述べてしまっている人もたくさんいます。 挫折経験を語るとどうしても失敗部分が目に付きやすいため、アピールがうまくいかないことも多いです。 好印象を与えやすくするためには、あえてポジティブに変換して伝える方法もあります。 挫折経験から長所のアピールに繋げることもできますので、ポジティブに捉えて前向きなアピールを心がけましょう。 挫折をものともしない意思の強さ 挫折を経験したとしても、そこで諦めず挑戦し続けたエピソードの伝えることで、意思の強さをアピールできます。 物事に対する責任感の強さのアピールにもなるため、真面目に仕事に取り組めるなど、好印象を与えやすいです。 挫折すると多くの人はそこで行動をやめてしまいますが、そこで諦めないことが大切です。 もちろん、挫折してストップしたとしても、そこから学ぶものがあればいいですし、それが糧になっているのなら何の問題もありません。 ただ、辛いことでも諦めずに挑戦し続けていることが、大きなプラスになることは覚えておきましょう。 挫折しても挑戦を続ける姿勢を伝えれば、挫折から立ち直る力などにプラスアルファして長所をアピールできるので、より高評価を獲得しやすいです。 失敗から学べる成長意欲の高さ 失敗から学び、それが現在に活かされていることを述べれば、成長意欲の高さをアピールできます。 成長意欲の高さは新卒の就活では重要視されているものであり、上手にアピールすれば高評価を獲得しやすいです。 失敗からも学べることで、物事をポジティブに考えられると評価されますし、明るい人間性、前向きな姿勢などもアピールできます。 しかし、場合によっては失敗を軽く見ている、楽天的などのマイナスの印象を与えることもあるので注意が必要です。 ポジティブさは評価されやすい特徴ではありますが、同時にマイナスにもとられやすい特徴でもあります。 失敗に対してきちんと責任感を持っていることは、アピールしておきましょう。 挫折の原因を分析できる冷静な対応力 挫折経験を語り、なぜ失敗したのかなどを明確に提示できれば、冷静な対応力、分析力をアピールできます。 失敗の原因を知ることは、次の成功にも繋がるのでとても大切なことです。 仕事はトライアンドエラーの繰り返しであり、原因を分析しながら成功を目指し試行錯誤することが求められています。 冷静な対応力があることで、仕事でミスをしたとしても挽回でき、現場で活躍できると評価されやすいため、場合によっては即戦力になると高評価が得られる可能性もあります。 さらに高評価を狙うのであれば、分析結果に対してどのように行動したのかを併せて伝えましょう。 失敗の原因を分析できていたとしても、改善できずに何度も失敗を繰り返すのでは意味がありませんので、原因を知って改善できていることを伝えることが大切です。 挫折経験をアピールする際の注意点 挫折経験のアピールには注意点があります。 それが守れていないと大きくマイナス評価になる可能性もあるので注意が必要です。 挫折経験はもともとマイナスのイメージを与えやすいものですし、前向きなアピールにするためにはコツがいります。 工夫してアピールしているつもりでも、実際にはマイナスの印象を与えてしまっている可能性もあるので、充分に注意しましょう。 人生の中で最も大きな挫折経験を選ぶ 挫折経験は大きければ大きいほど印象的なアピールになりますので、基本的にはこれまでの人生で経験した中で、最も大きな挫折経験を選ぶことが大切です。 人生最大の挫折を経験したときに、どのように向き合ったのかを伝えていけば、面接官の印象にも残りやすく、高評価も獲得しやすいです。 これが些細なエピソードになってしまうと、印象にも残らず、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 人によって挫折の度合いは異なりますが、簡単な失敗を挫折経験としてアピールするのはよくありません。 挫折というからにはある程度スケールの大きな話をする必要がありますので、人生の中で最も大きな挫折経験を使ってアピールしましょう。 挫折から立ち直った経験を選ぶ 挫折経験はただエピソードを伝えるだけではなく、そこから立ち直ったものでなければアピールすることはできません。 ただ挫折し、落ち込んだだけで終わったものでは評価の対象にならないので注意が必要です。 挫折経験から求められているのは、失敗とどのように向き合い何を学んだのかであり、エピソードそのものではありません。 企業は学生の失敗談を聞きたいわけではないので、挫折内容を伝えるだけで終わらないように注意しましょう。 立ち直っていない挫折はただの失敗談にしかなりませんし、マイナスの印象を与えてしまいやすいです。 マイナスの要素をいかにプラスに変えられるかが大切ですので、どんな内容でも最終的には立ち直ってることをアピールしなければなりません。 挫折から得たものが仕事で役立つこと 挫折から何を得たのかを提示することは大切ですが、得たものがあれば何でも高く評価されるわけではありません。 挫折経験から得たものは、仕事で役に立つことが大切であり、得たもの、学んだことを活かして企業で活躍できるとアピールすれば高評価を得やすくなります。 反対に経験からどれだけ素晴らしいものを得ていたとしても、そ失敗から学ぶことは大切なものの、企業が求めているのは仕事で活躍し、企業に貢献できる人です。 失敗から学べるのはあくまでプラスアルファで評価される部分であり、結論としては企業に貢献できるかどうかが評価の基準となっています。 挫折して得たものは仕事とリンクさせながら伝えることが大切です。 内定者のガクチカを参考にしよう 学生時代に力を入れたことは、 書類選考でも面接でも、大切なアピール要素です。 でも立派な体験談が思いつかなかったり、上手に伝えられなかったりして、苦労している人も多いのではないでしょうか。 そこで活用したいのが、『』です。 「ガクチカまとめ」ではガクチカの作り方や、内定者の回答例を多数収録しており、 短い時間で高クオリティのガクチカを作ることができます。 ガクチカまとめを活用して、選考を突破しましょう。 挫折経験をアピールする例文 企業側が就活生に挫折した経験を問うのは、挫折した後にどのように行動しているのか、困難なことからいかに立ち直ったのか、という行動やそのプロセスを通して人間性をみるためです。 働き始めて困難なことに当たった時にも、解決できる人材なのかを見極めています。 また、挫折するということは、何らかの目標に対して努力をしたということです。 挫折の前に何かに熱中し、努力をしたという経験が評価につながります。 では、挫折経験の例文を参考にして、回答を考えてみましょう。 入学当初は落ち込んでいたものの、すぐに気持ちを切り替え大学受験にターゲットを絞り、今度こそは第一志望に合格しようとコツコツと勉強を始めました。 私は英語が苦手でしたので、不合格の原因もそれだと考えました。 高校時代は英語をしっかり勉強し、その結果大学は第一志望に入学出来ました。 この経験から継続することの大切さを知り、高校受験に失敗した理由は準備不足であったことが改めて分かりました。 御社では営業として働き、お得意先との契約を延長させるためにはどうすればいいのかを考え、1社1社との契約を継続して行うことで、利益に貢献したいと考えています。 挫折経験としては、高校受験に失敗したことが語られています。 入学後は落ち込んでいるものの、そこから次の大学受験に向けて素早く気持ちが切り替えられており、失敗から立ち直る力がアピールできています。 また失敗の原因をきちんと分析し、自分の苦手とも向き合っているのが好印象です。 結果的に大学受験では成功していますし、挫折経験から身に付けたことを活かして企業でも活躍できると明確にアピールもできています。 イベントに出演することになった際に、意欲的でないメンバーと方針などで対立した経験があります。 メンバーをまとめる立場の私はどうすれば関係を修復できるのか悩み、役割をやめたいと挫折しそうになりました。 その後、イベントに意欲的でない人達に対して相談の場を設定し、劇にも無理のない範囲で参加できるように一人ひとりと話をする場を設けました。 その結果、お互い納得した上でイベントへの出演が決定し、サークル仲間の連帯感も深まりました。 この経験を就職した後も生かして、目標達成のためのより良い人間関係を築きたいと考えています。 人間関係の悩みで挫折しそうになったという経験を述べています。 コミュニケーション能力は企業でも求められるため、自身のアピールにもなるでしょう。 問題解決のために行動を起こしたことや、それぞれの立場の人と話し合いができる場を設定したことも、課題解決能力の高さと好印象に繋がります。 私はその時、部長としてチームを引っ張っていかなければならない立場でした。 大会のために練習を重ねてきたのに、自分がみんなに迷惑を掛けてしまったと思いとても落ち込みました。 しかし、選手になれないなら裏方としてチームを支えることができると考え、練習メニューを考えたり調子の悪い選手にアドバイスをするなどして貢献しました。 結果、準優勝という成績を残すことができました。 私はこの経験を通じて、自分にできることは何か考えることの大切さを学びました。 貴社に入社してからも、周りの社員と協力して業務を遂行して力を発揮したいと思います。 部活などで挫折した経験では、問題に対してどういった対応を取ったのかを説明します。 自分ではどうにもできない状況に立った際に、どう問題に立ち向かったのかをアピールしましょう。 くじけずに努力したことが分かるエピソードを入れることで、精神的な強さが伝わります。 そのためにイギリスに留学を決めたのですが、留学してみると英語を使うという思い描いた学習環境ではなく、日本人が多い環境に戸惑い留学を中止して帰国をしようかと考えました。 しかし、自分の当初の目標である英語をマスタ-して仕事に活かすという点を思い起こし、この環境の中で英語をよりマスタ-できる方法があるはずと考え直しました。 その後、英語圏にいるという環境を生かし、さまざまな人々との交流の場に参加するようにしました。 それにつれて、英語も上達していきました。 その時に身についた英語力を活かして、会社の業務に貢献できる人材になりたいと考えています。 留学で挫折した経験を述べています。 留学を中断せずにその環境を活かす方向に切り替える対応ができていることが好印象です。 挫折の中でも当初の自分の目標に立ち返り、臨機応変に対応できた精神力の強さも、会社で活躍できる人材と評価されます。 挫折経験が人を大きくする 就活では挫折経験を問われることも多く、これにどのように答えるのか悩む人は多いですが、ポイントさえ知っていればそれほど難しいものではありません。 挫折経験=マイナスのイメージを持つ人もたくさんいますが、実際には悪いことばかりではなく、プラスの側面もたくさんあります。 人は失敗することで学びますし、失敗によって強くなれます。 全く失敗をしたことがない人よりも、さまざまなことで失敗して学んでいる人の方が成長していることも多く、挫折経験をネガティブに捉える必要はありません。 挫折経験は単に失敗した経験ではなく、失敗から立ち直った経験だと考えることが大切です。 失敗を糧に成長できていることをアピールして、挫折経験で高評価の獲得を目指しましょう。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My anaytics」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の

面接で必ず聞かれる、失敗談に関するエピソードは答え方次第で就活を制する!?

失敗 から 学ん だ こと 作文

【ご注意!】 このサイトの記述内容は、本が発行された2002年の状況が元となっております。 小論文を巡る状況は大きく変わりましたので、最新の知見につきましては「論文オンライン」のをご覧ください。 「過去の自分」中心型では、具体的に自分が何をしてきたのかを述べるのがポイント。 事実にあなたを語らせよう! 「作文型小論文」は、設問の種類によって、「過去の自分」と「未来の自分」のどちらに重点を置くかが変わってきます。 どちらに重点を置くかによって、それぞれ「過去の自分中心型」「未来の自分中心型」といいます。 そのなかでも「過去の自分」中心型の作文型小論文は、あなたの過去について重点的に聞いてくる問題です。 典型的な例は「私の愛読書」「高校時代で一番印象に残っていること」などです。 そして、標準的な「過去の自分」中心型の作文型小論文の構成は以下のようなります。 これが「過去の自分」中心型の基本の型だ! それでは、この型に従って書かれた小論文を挙げます。 課題は以下のものです。 できればあなたもこの演習課題に挑戦してみてください。 演習1:「高校/大学時代で一番印象に残っていること」 (制限字数600字。 高校生のあなたはは高校時代の、大学生以上のあなたは大学時代の一番印象に残っていること、を書いてみてください) 型どおりに書いてみよう 1 型にもとづく解答例と注意事項 それでは演習1の解答例を挙げ、注意事項を述べます。 デザイン系の大学を志望する高校生が書いたもの、という設定です。 《解答例》 第1部 「過去の自分」の経験を端的に答える 高二の時に親と進路のことでひどいケンカをしたことが、私の高校生活で一番印象に残るできごとである。 第2部 その経験の詳しい説明 (=どんな経験だったか) 東京で家具のデザインの勉強がしたい、という私に、親は「将来が安定している公務員になりなさい」といって、地元の大学に進学することを要求してきた。 どうしてもデザインが勉強したかった私は、両親と鋭く対立し、毎日けんかばかりしていた。 そしてついに両親との関係は最悪になり、軽い家出まですることになってしまった。 結局、私の叔母が間に入り、両親と徹夜で話し合った末、留年は絶対にしないことと、卒業後五年でものにならなかったら地元に戻ることを条件に、私は今回の受験を許してもらった。 第3部 経験の分析 (=その経験がどのように自分を変え、いまの自分にどのように影響を与えているか) この経験を通じて、私は自分が本当にやりたいことを再確認できた。 また、両親が私を思う気持ちも理解できた。 そしてなにより、お互いの価値観をぶつけ合うことで一人の人間として、自分と両親を見つめられたと思う。 いまでは両親は私の一番の理解者である。 第4部 まとめ (「未来の自分」像と絡めてさりげなく決意表明) 私は将来、高齢者にも使いやすい日常器具のデザインをしたいと思っている。 そしていつか両親にそれらの器具を使ってもらうことで、私のわがままを聞き入れてくれた両親にお恩返しをしたい。 そのためにも入学後は一生懸命デザインの勉強をしたいと思う。 《注意事項》 「過去の自分」中心型の作文型小論文は、以下の三点に気をつけて書くようにしましょう。 具体的に経験を述べること• 経験をポジティブに分析すること• 自分の"最高の失敗"を思い出しておくこと 1 具体的に経験を述べること 「過去の自分」中心の作文型小論文の命は、具体的な経験です。 別にとっぴな経験でなくてもかまいません。 与えられたテーマに関していままで自分が経験したことの中で、一番自分の内面を変えた経験を書きましょう。 例えば、就職試験であなたがよく書く答案に「さまざまなアルバイトをして人間関係をいろいろと学んだ」という文章があります。 しかし、これでは漠然としすぎて、何を学んだのかわかりません。 これをたとえば、「私は大学4年のとき、某牛丼チェーン店でアルバイトをした。 私はそこで深夜店長を務め、初対面のアルバイトさんが三十分以内で私の下でリラックスして働けるようになるテクニックを学んだ。 そのテクニックとは…」と書けば、話がぐっと具体的になり、読む方もその先を読みたくなります。 何百枚もある答案の中からあなたの答案を際だたせるには、ありふれていない個性的な経験を書かなければなりません。 しかし、経験自体は個性的でなくてもかまわないのです。 大事なのはそのありふれた経験をありふれていないものにする具体性なのです。 2 経験をポジティブに分析すること 経験を具体的に書くことと同じくらい重要なのが、その経験がきちんと分析できているかどうかです。 いくら変わった経験を書いても、またいくら具体的に経験を書いても、その経験が自分にとって何だったのかを分析できない人の答案は高く評価されません。 なおかつ、「自分を売り込む」という小論文の性質上、その分析はポジティブ(前向き)なものでなければなりません。 そして自分がポジティブに経験を分析できることをアピールするためには、第2部の「経験の詳しい紹介」の部分にマイナス要素を入れておくこと、そしてそれを第3部でプラスに転換するテクニックが有効です。 たとえば、演習1の解答例の場合は、「親とケンカをし、関係を悪化させてしまったこと」がマイナス要素になっています。 そしてそれを第3部で「自他を見つめ直す良い経験だった」とプラスに転換し、いまの自分の糧にしています。 このように、一見マイナスの経験をプラスに転化することで、試験官に「私はものごとをポジティブにとらえられ、自分で成長できる人間です」とアピールすることができるのです。 3 自分の"最高の失敗"を思い出しておく 1 と 2 の解説でおわかりのように、よい「過去の自分」中心の作文型小論文を書くためには、「具体的に思い出すことができ」「学ぶところが多い」「自分を内面から変えた」"最高の失敗"を思い出しておく必要があります。 「あなたのいままでの人生における最高の失敗はなんですか?」と聞かれて、あなたはどんな"最高の失敗"を挙げるでしょうか。 そしてそれは、学ぶところの多い"最高の失敗"だったでしょうか。 失敗はそのままにしておいたら、単なる人生の汚点です。 しかし、そこから学ぶことで、すばらしい宝にもなるものです。 よい「過去の自分」中心の作文型小論文を書くためにも「自分を成長させてくれた最高の失敗」を思い出しておきましょう。 それでは次に、「未来の自分」中心型の作文型小論文の書き方を説明します。 でもその前に、もう一つおまけの質問です。 でもこの質問が次の解説で重要な意味を持ちますので、かならず答えを出しておいてください。 あなたの「夢」は何ですか。 その前に達成すべき「目標」はなんですか?• さらにその前に果たすべきいまの「課題」はなんですか? 【最新の知見を無料でゲット!】.

次の

「挫折経験は?」失敗談をアピールポイントにするエントリーシート(ES)、面接での回答例|就活サイト【ONE CAREER】

失敗 から 学ん だ こと 作文

失敗談の評価の高い答え方 「失敗談」というとどうしてもネガティブなイメージがあり、面接で話すのははばかられると感じる人もいるかもしれません。 しかし、失敗談は内容を適切に選ぶことで面接官にポジティブな情報を伝えられます。 失敗自体は、そのきっかけとして聞いているに過ぎません。 自己の成長過程が伝えられるような失敗エピソードを探すところから、失敗談の対策を始めましょう。 失敗談がない場合はどうすれば良い? 「自分には失敗談がない」という人は、「 目標に向かって努力し、困難を克服する能力がある」ことを示すエピソードで代替しましょう。 過去の「目標に向かって集中して取り組み、それを達成した経験」と「その過程でどのような困難や苦労があったか」を思い出してください。 大きな失敗でなくても、自己の成長過程を伝えられる経験について話してみましょう。 失敗パターン別、失敗談の例文集 では、失敗談を通じて一体どんな自己PRができるのか、さまざまなケースごとに具体的な例文とアピールポイントを挙げてみました。 仕事の進め方の失敗の場合 仕事の進め方の失敗からアピールできるのは「 適切なプロセスの選択能力」を学んだことです。 計画ミスや優先度を間違えたことで失敗したエピソードを選び、そこからプロセスやプライオリティの大切さについて学んだことを伝えられると良いでしょう。 例文 前職で社内研修会の進行管理を任された際、資料の配布や会場セッティングに手間取り、スケジュールより進行が遅れてしまったことがありました。 以来「仕事をいかに無駄なく効率よく進めるか」の大切さを痛感し、事前に作業手順をきちんとシュミレーションするよう心がけました。 その結果、初めて進行に携わるイベントでも予定された時間内で仕事を終わらせることができるようになり、「計画性がある」とほかの方に評価いただけるようになりました。 仕事に向き合う姿勢の失敗の場合 仕事に向き合う姿勢の失敗からアピールできるのは「 目的を見極める力」を身に付けたことです。 間違った姿勢で取り組んだことから仕事への向き合い方の大切さに気付き、目的を把握する力が身に付いたエピソードを選びましょう。 例文 初めてのクライアントとの仕事で、それまでの経験値から「おそらく求められているのはこういうことだろう」という予測に基づいて企画を提案してしまったことがありました。 それがが先方の意図とは異なり、再度プランを練り直すことになったため、過去の経験から思い込みで判断したことを深く反省しました。 それ以来、どんな仕事に取り組むときも「求められているのは何なのか」を明確にすることから始め、目的をきちんと見定めたうえで仕事を進めてゆく習慣が身に付きました。 現在では、企画段階からクライアントと同じ方向を見ることができるようなったと思います。 対人関係の失敗の場合 対人関係の失敗からアピールできるのは「 コミュニケーションスキルや協調性」を学んだことです。 コミュニケーション不足や勘違いから生じた問題を通じて人との接し方を見直し、問題を克服して成長した体験を伝えられると良いでしょう。 例文 ある業務を同僚と2人で担当した際、同僚の仕事に対する姿勢が消極的と感じたためあまり協力を求めず、作業の大部分を1人で進めてしまったことがありました。 内気な性格の同僚は自ら進んで意見を述べるのが苦手なため、一人で作業を進める私に声を掛づらかったと後から聞かされました。 その経験を通じて先入観で人を判断することのデメリットを痛感し、コミュニケーションの大切さを学びました。 以来、自分から積極的にコミュニケーションを取って相手を理解するよう心がけたことは、職場での良好な人間関係構築に役立ったと自負しています。 ケアレスミスの失敗の場合 ケアレスミスでの失敗談でアピールできるのは「 几帳面さや慎重な仕事ぶり」です。 慎重さを欠くケアレスミスでの苦い経験から、確認作業の大切さに気付いて慎重に仕事に取り組むようになったエピソードを取り上げると良いでしょう。 例文 学生時代に美容室でフロントのアルバイトをしていたとき、お客様からお預かりした荷物のロッカー番号を間違えて荷物をお返しするのに手惑い、店長から注意を受けたことがあります。 「番号の確認が不十分」という不注意が原因のケアレスミスであり、心がけ次第で十分防げたはずだと反省しました。 以降、些細なことでも事前にダブルチェックする癖がついたことで同様のケアレスミスはなくなり、社会人になった今でも仕事面で非常に役に立っていると感じます。 プライベートの失敗の場合 プライベートの失敗談でアピールできるのは「 情緒の豊かさや礼儀正しさなど人間的な魅力」です。 仕事以外での対人関係における人間性が伝わるエピソードも、面接官に好印象を与えることができます。 例文 趣味のバンド活動でギターを担当しているのですが、ライブ当日のリハーサルで弦を切ってしまったことがあります。 しかも、その日は普段持ち歩いている予備の弦を忘れてしまっていました。 買いに行く時間もなく困っていると、共演者の別バンドの方が弦を分けてくれたので非常に助かりました。 それ以来、困っている人を見かけたら積極的に手助けしようと、仕事でもプライベートでも心がけております。 人の役に立てることは自分が嬉しいだけでなく、相手の方からも感謝していただけて気持ちが豊かになります。 そんなときは、かつての失敗が生かされているなと感じます。 こんな失敗談はNG 面接で話すからには、失敗談であればなんでも良いというわけではありません。 以下のような失敗談はかえって印象を悪くしてしまうので、注意してください。 レベルの低い失敗談 「飲みすぎてお店の人に迷惑をかけたけれど全く覚えていない」「取引先との大事なミーティングの場所や日時をすっかり勘違いしていた」など、「そもそもそんなミスをすること自体、どうなのだろう?」と評価を下げるようなものや、成長を伴わない失敗談は話さないようにしましょう。 ウケ狙いの失敗談 面接官を面白がらせるために失敗談を話すわけではありません。 何も学ぶところのないただの自虐ネタのような失敗談は、お酒の席で友達に話せば盛り上がるかもしれませんが面接ではデメリットしかありません。 取り返しのつかない失敗談 「誰かを傷つけてしまった」「貴重なものを壊してしまった」といったフォローの難しい深刻な失敗談は、決して良い印象を与えないので要注意です。 後からリカバリーできた失敗談の中から、どのエピソードを話すのかを選びましょう。 失敗談が聞かれる意図とアピールできること 最後に、失敗談を面接官が聞くときにどんな力を見ているのかをご紹介します。 それらのポイントを踏まえて、自分のエピソードでどんなことがアピールできるのかを考えてみましょう。 失敗談では3つの力が見極められる 面接官が重視しているのは、社会人として仕事をするうえで大切な以下の3つの能力です。 それをきちんと理解して面接に臨むことが大切です。 仕事では予定通りに物事が進まないことは多々あります。 だからこそ、臨機応変に対処することが大切になってきます。 失敗によって得た経験を次に生かし同じことを繰り返さないためにも、的確な分析は欠かせません。 これはビジネスシーンではとても重要なスキルです。 仕事をしていれば辛い状況や立場に立たされることもしばしば。 そんな時、苦境に耐えるだけの精神力があるかを企業は見ています。 失敗談でアピールできるその他の長所は? 失敗談では他にも、以下のアピールができます。 さまざまな方向から自分の良さをアピールできる失敗談を探してみてください。 対人能力 失敗した際に周囲に助けを求めたエピソードなどがあれば、アピールすることができます。 失敗したときに周囲の人に隠さずに相談できることは「失敗を受け入れる正直さ」や「人の意見にきちんと耳を傾ける素直さ」の表れであり、プラスの評価につながります。 前向きな姿勢 失敗談を聞かれた際に「失敗を学びや成長の機会と捉えている」といった前向きなスタンスで語ることでアピールできます。 自分の失敗をポジティブな学びに変えられる前向きな姿勢やチャレンジ精神は、面接官に好印象を与えることができます。 切り替えの早さ ミスをしてもすぐに気持ちを切り替えて無事にリカバーできた、などの失敗談を通じてアピールできます。 さまざまな場面に合わせて臨機応変に対応できる切り替えの早さは、業種や業界を問わず重要です。 それをうまくアピールできれば、プラスの評価が得られるでしょう。 まとめ 面接官は「失敗談」というエピソードを通じてあなたの資質や人間性を見ています。 「マイナスの経験をプラスに生かした失敗談」で長所をうまくアピールして、転職を成功させましょう。

次の