ミミッキュ弱点。 【ミミッキュ育成論】ASミミッキュの基本形。剣の舞、いのちのたま型。対戦で必須|ポケモット

【USUM】ミミッキュの対策考察!シングルバトル最強ポケモンの弱点や倒し方は!?【ポケモンウルトラサンムーン】

ミミッキュ弱点

25 むし 効果なし かくとう、ノーマル、ドラゴン タイプが優秀で無効が3タイプもあり、攻撃面でもタイプ一致を両方半減できるタイプが存在しないため強い。 防いだ後は、「ばれたすがた」へフォルムチェンジし、体力の8分の1を消費する。 ちなみに剣盾より前の世代では防いだ後の体力消費がなかったので、きあいのタスキ持たせていたら攻撃技を2回耐えるミミッキュとかできた ばけのかわの仕様について 技「ステルスロック」 天候ダメージ あられ、すなあらし 状態異常 やけど、どく によるダメージは受けるがばけのかわは消費されない。 いのちのたまもダメージは受けるがばけのかわを消費しない。 連続技を受けると最初の一撃だけ防ぎあとは当たる。 ばけのかわは変化技を防げない。 ばけのかわがある時でも、でんじは、やけど、どく状態になる 同様にいたみわけも変化技なので防げない。 いたみわけ…自分のHPと相手のHPを足して、それを半分にして、お互いに分ける。 こんらんで自分を攻撃するとばけのかわがはがれる。 技のダメージを無効化したときも技の追加効果は発生する。 (がんせきふうじを無効にしても素早さは下がる 特性かたやぶりを持つ相手には無効(「ばけたすがた」のままダメージを受け、その後別のポケモンで攻撃された場合ばけのかわの攻撃技を1度無効にするが発動する) ばけのかわがある状態では「こうかはばつぐんだ」にならない。 ばけのかわを消費するときに弱点保険は発動しない 種族値 HP 55 攻撃90 防御80 特攻50 特防105 素早さ96 種族値総評 耐久はほぼない、攻撃もそんなに高くない、素早さは100付近の激戦区に位置するので種族値だけで見たら普通。 しかしばけのかわでほぼ一回なにか行動できるのが強すぎるのでレート使用率1位も納得。 努力値 HP4攻撃252素早さ252 持ち物 いのちのたま…技の威力が1. 3倍になる代わりに攻撃するたび体力の10分の1のダメージを受ける。 攻撃種族値がそこまで高くないので補強。 入手方法はまどろみの森に落ちてます。 もしくはバトルタワーで25BPで交換できます。 持ち物候補• のろいのおふだ…ゴーストタイプの技が1. 2倍 いのちのたまのデメリットがイヤな場合や他のポケモンに持たせたい場合などはこちらも候補。 のろいのおふだ入手方法はラテラルタウンのほりだしもの市に日替わりで売っているか野生のヨワマル、サマヨール、ヨノワールが持っていることがあるので捕まえるかトラックorどろぼうで手に入れられます。 ラムのみ 主にやけど、ねむり、まひなどの状態異常対策。 鉄壁アーマーガアに強くなる。 技構成 じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい 8割型のミミッキュはこの技構成。 技候補• ゴーストダイブ シャドークローと選択。 相手のダイマックスターンを消費できるのが強み。 個人的にはシャドークロー推し。 ゴーストダイブは発動が遅いのとシャドークローは急所ワンチャンが狙える。 ドレインパンチ ノーマル、はがねに抜群がとれる。 優先度は低め。 立ち回り ミミッキュは初手つるまいや!! ミミッキュの立ち回りは簡単。 最初につるぎのまいをして次のターンにダイマックスしてダイフェアリーかダイホロウ打つだけです。 えっ?これだけ? と思うかもですが、これだけでめっちゃ強い。 ダイホロウは相手のBを下げる効果もあるので物理受けポケモンでも突破しやすいです。 相手が鬼火をまいてきそうなポケモンの場合は初手つるぎのまいではなく、ダイマックスからのダイフェアリーもあり。 ミミッキュ対策• 特性かたやぶり…相手の特性に影響されずに攻撃できる。 とんぼがえりやボルトチェンジでばけのかわを剥がしつつ有利なポケモンに変更する。 やけどで火力半減。 でんじはで行動不能を狙う• 物理受けで受ける。 連続技でばけのかわを消費させる。 ミミッキュの対策はミミッキュ…🤣素早さが同じ場合はどっちが先に攻撃できるかは完全にランダムな運ゲー。

次の

ミミッキュ (みみっきゅ)とは【ピクシブ百科事典】

ミミッキュ弱点

ミミッキュ ばけのかわポケモン ぜんこくNo. 778 アローラNo. USUM 315 アローラNo. SM 242 高さ 0. 2m 重さ• 7kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Mimikyu タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 特になし 生息地 USUM• ダンジョン 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• 主な入手方法 SM• ダメージ以外の効果や、状態異常、天気や道具、特性によるダメージなどには影響しない。 一度フォルムチェンジすると、場から離れてもバトル中は元に戻らない。 自分の技も対象となる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 第6世代は威力:20、PP:15 技. 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 『ほのお』タイプには無効。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の

【剣盾育成論】耐久振り弱保バンギラス

ミミッキュ弱点

粉系の技『いかりのこな』『キノコのほうし』『しびれごな』『どくのこな』『ねむりごな』『ふんじん』『まほうのこな』『わたほうし』、特性『ほうし』の効果を受けない。 おうじゃのしるし、なども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 S=最速「からをやぶる」後、「スカーフ最速110族抜き」、「 雨下最速70族同速」 パルシェンを 準速にすると、スカーフ100族も抜けなくなってしまうため、今回は最速で採用しました。 なお性格補正を素早さにかけると、 素早さ努力値196で「からをやぶる」後、「スカーフ最速100族」を抜けますが、 パルシェン同士で対面した時に同速対決に勝つためにも、やはり最速にしています。 「きあいのタスキ」で一撃耐えて「からをやぶる」を積むか、他の持ち物を持たせた場合は相手の物理ポケモンに合わせて強引に合わせて「かわをやぶる」を積むかになります。 安全なのは「きあいのタスキ」を持たせることで確実に「からをやぶる」を積むことが安全です。 またパルシェンは「こおりのつぶて」を採用することが多いですが、 今回は両刀型にしたために、「こおりのつぶて」を「ハイドロポンプ」に変えています。 「ハイドロポンプ」にしたことで、カバルドンやドサイドンの相手もすることができるようになりました。 「ハイドロポンプ」と「こおりのつぶて」はそれぞれメリットがあるので、どちらを採用するかはプレイヤーの好みになります。 技スペースが5つあればどちらも採用できるんですけどね 笑 今回のパルシェンの立ち回り・役割 「からをやぶる」をして殴る!全抜きする!非常にシンプルな立ち回りです。 今回のパルシェンは気合のタスキを持っている関係上、相手にステルスロックを撒かれる前に場に出したいです。 相手のパーティにステルスロックを持ってそうなポケモンがいれば最初に出して、ステルスロックがなさそうであれば、どのタイミングで出しても大丈夫です。 パルシェンは防御種族値は非常に高いですが、体力と特防が低く、総合的な耐久が高いとは言えません。 だからこそ 「きあいのタスキ」を持たせて「からをやぶる」を確実に積める様にしています。 そのキーアイテムである「きあいのタスキ」を無効化されてしまうことは避けなくてはいけません。 また「からをやぶる」後は、スカーフ持ち最速110族よりも早いので、非常に多くのポケモンよりも早く動くことができます。 一度「からをやぶる」を積むことで抜き性能が非常に高くなるので、なんとしても「からをやぶる」を積む様にしましょう。 ギャラドスやトゲキッスにも強い 環境に多い、ギャラドスとトゲキッスにもパルシェンは強く出れます。 ギャラドスやトゲキッスが最速でSが1段階上昇しても、「からをやぶる」積んだパルシェンの方が早く、返しの「ロックブラスト」や「つららばり」で倒すことができます! 「ミミッキュ」「きあいのタスキ」潰し ミミッキュや、きあいのタスキ持ちに対して非常に強いのがパルシェンの良いところです。 つららばり、ロックブラスト、は連続技のため、きあいのタスキの意味をなくしつつ攻撃できます。 またミミッキュの化けの皮も連続技の最初の1回目こそ透かされますが、残りの4発が当たる様になるので、 ミミッキュ対策でもパルシェンはオススメです。 相手にパルシェンを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 格闘や電気、草タイプなどパルシェンの弱点タイプであるかつ、先制技を覚えさせて対面させる。 ドヒドイデなどパルシェンの攻撃を受けることが可能のポケモンで相手をする。 パルシェンは「きあいのタスキ」「からをやぶる」を前提としています。 それを逆手に取り、「きあいのタスキ」潰しのステルスロックや「しんそく」などを覚えさせて「からをやぶる後」でも先に動ける様にすれば良いのです。 特に「しんそく」を覚えさせた、ルカリオがパルシェンに対して有利を取れます。 ルカリオの格闘技でパルシェンを「きあいのタスキ」発動のHP1まで追い込み、次のターンで「しんそく」で止めをさします! なお、「でんこうせっか」や「ふいうち」を覚えたポケモンでも良いのでは無いか?と思う人もいるかもしれませんが、パルシェンも先制技の「こおりのつぶて」を覚えます。 同じ優先度の技の場合は、素早さの早い方が先に行動することができるので、「からをやぶる」を使用後のパルシェンの方が基本的に早く動きます。 しかし、「しんそく」は優先度+2の技のため、「こおりのつぶて」よりも先に動くことができます。 パルシェンとルカリオが対面して、パルシェンが「からをやぶる」をしてきたらラッキー!• ルカリオが格闘技で攻撃する• パルシェンが「きあいのタスキ」で耐えた後「からをやぶる」をする• ルカリオの「しんそく」で止めを刺す 無条件で突破できます。 仮にパルシェン側がルカリオの行動を読んでハイドロポンプで殴ってきてもルカリオは耐えますし、交代してきても交換先にルカリオの攻撃が突き刺さります! ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 パルシェンの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 パルシェン、改めてめちゃめちゃ強いですね。 ステルスロックが無い状態で出せれば、対面で負けることはほとんどありません。 どちらにもそれぞれの強さがあります。 抜き性能抜群で、初心者から上級者まで幅広く使うことのできるパルシェンを是非育成してみてください。

次の