デブスアラフォー婚活。 婚活アラフォー デブスについて

デブスアラフォー看護師の婚活ブログ

デブスアラフォー婚活

美人や可愛い女子を羨ましいと思うこともあるでしょうね。 結婚相談所でも写真で蹴られる 自分はいいなと思った男性に即アプローチ!しかし仲人さんから返ってきた答えは「今回はご縁がなかった様で」の一言。 「え?」それって、「今回も」じゃないの?と断れられる回数も断続的であり、ガッカリしてしまうなんてことはありませんか? 結婚相談所でもプロフィールに体重の項目があり、自分は恥ずかしくて「体重を書きたくない…」なんて気持ちになる婚活女性も少なくはないです。 だからと言って、軽めの体重を書いて、いざ会った時には「イメージと全然違う」だなんて言われたら後の祭り。 デブスアラフォー婚活女子にはまだまだ厳しい門を経験しているのではないでしょうか。 ただし、写真で一瞬で判断されてしまう、また逆に女性達も判断しているのは事実です。 婚活パーティーでも声をかけられない それでも婚活を頑張ろうと心を鬼にして婚活パーティーへ参加してみると、やっぱり人気な女子の周りにはたくさんの男性達が群がり、自分はポツンとお一人さま状態。 勇気を出して、輪に入ると最初は「初めまして」と声をかけてくれるのに、会話が続かず、挙げ句の果てには沈黙。 気がついたら、空気の存在になっていて、料理だけをむしゃむしゃ食べる自分がいた。 なんて経験はないですか? そんな自分を全否定された様な気持ちになり、また帰宅したら暴飲暴食なんてパターン、うまくいかない婚活ではあるあるパターンですね。 一つ一つ習得できると現実世界が変わっていきます。 勿論、これを読んでいるあなただって結婚は夢ではないんですよ! 今の自分を受け入れる デブスアラフォー婚活でも結婚するには、今の自分を受け入れることが大事です。 自分が自分を嫌いだとそんな自分を相手に好きになってもらうのは難しいのです。 ですから、まずは誰よりもあなた自信が自分を好きになり、今の自分を受け入れてあげることをしましょう。 デブな自分も一旦は受け入れましょう。 ブスだって自分がブスだと思いこんでいるのでしょうが、世の中にはあなたよりももっともっと事故や先天性的に持って生まれた容姿の人は沢山います。 生きたくても生きられない人も多く世の中にはいます。 年齢を重ねることができた、アラフォーになれた自分を褒めてあげましょう。 自分を卑下せずに、鏡の前の自分を「今の自分も素敵だよ」「私には価値がある」とあなたが伝えてあげましょう。 男性にはない女性らしさ、スカートなどが魅力的に写ります。 おすすめ! 婚活がまずは結婚相談所だったり、婚活アプリからの場合には、写真には最善の注意を払ってください。 しています。 男性に好かれるコミュニケーションを身につける デブスアラフォー婚活でも結婚するには、やっぱりなんと言ってもコミュニケーションスキルが必要です。 相手の男性が興味がある話を中心として聞くコミュニケーションを取りましょう。 どんな仕事をしているのか、どんな趣味を持っているのか、何に情熱を持っているのかということを相手の男性から聞き出し相手を楽しませるコミュニケーションをとることを心がけましょう。 どんなに美人でも可愛くても見てくれは一夜だけのもの。 あなたが相手の男性を楽しませ心から喜ばせることができるなら、美人でも可愛い女性でも誰よりも相手の男性はあなたを選んでくれるでしょう。 これは何故起きるかというと、見た目だけでは相手の心が掴めないという側面も写し出しているのです。 ですから、あなたがこれからデブスアラフォー婚活でも幸せな結婚相手を手に入れる為には絶対的にコミュニケーションスキルを学ぶべき課題なのです。 そうなんですね。 ダメ元でもまず行動 デブスアラフォー婚活で結婚をする為には、諦めてはいけません。 迷ったら「進む」を選択してみましょう。 勿論、立ち止まることもあるでしょうが、立ち止まったらまた「進む」を選択するのです。 すると、どんな結果がであっても結果は出てくるものです。 そして、「あなたがどんな未来が欲しいのか?」と自分に問いかけて、「その未来を手に入れる為にはどうしたらいいのか?」という視点に立って婚活をしましょう。 自分でどうしたらいいのかがわからない時には、専門家に相談するのも早道です。 諦めてしまっては、今の独身をずっと継続することになり、歳をどんどんとっていくだけということを理解しましょう。 コミュニケーション活動のことです よく皆さんは婚活を頑張っている様ですが、婚活だと「すぐにでも結婚相手を条件に合う人を探さなければ」と思っているのではないでしょうか。 それを、コミュニケーション活動とすると会話を楽しむ、人と成りを知るといった活動に変換するのです。 すると、自然と焦りもなくなり「この男性はこんな考えを持っているんだ〜」「もっと会話をして相手の事を知りたいな、知ってから自分のことも理解してもらおう」となっていきます。 婚活という言葉は世の中に蔓延してから、女性にとって焦りも加速したのではと私は考えています。 もっとおおらかに、そして相手を知ることから初めても良いのではないでしょうか。 デブスアラフォーが婚活を成功させた声 さて、デブスアラフォー婚活でも結婚を手に入れた女性たちの声を一部ご紹介致します。 あなたもこれを読んで諦めずに婚活を再スタートしませんか?.

次の

婚活アラフォー デブスについて

デブスアラフォー婚活

最近、離婚した人と話をしていると「妥協して結婚したから結局離婚した」という話をよく聞きます。 確かにそれはそうです。 妥協してはいけない部分は確かにあると思います。 でも、 お相手に望みしすぎても中々婚活は上手くいかないです。 「高身長で、イケメンで、年収高くて」と条件を付ければ付けるほど、お相手の選択肢は狭まっていきます。 しかも選択肢が狭まるだけでなく、 その数少ない条件を満たしたお相手の中から自分を選んでもらわなくてはいけないのです。 選んでもらえる絶対の自信があるのならそれでいいと思うのですが、そうでなければ成婚する確率は低くなっていくばかりだと思います。 だからといって妥協しすぎて成婚しても、やはり「妥協して結婚したから結局離婚した」ということになってしまうと思います。 それにあまり妥協しすぎると結婚生活を想像した時に陰鬱な気分になるんですよね。 (私の場合そうでした) 妥協しすぎても幸せになれないし、高望みしすぎても結婚できない。 婚活は「自分にとって本当に必要な条件は何なのか」見極めてバランスを取っていくのが大変です。 ブログランキングに参加しています。 応援していただけると嬉しいです。 コメント数 :• カテゴリ :• by 婚活ブタ 「婚活して結婚したよ!」というと、参考にしたいのか、はたまたただの興味本位なのか「詳しく聞かせて!」と言ってくる人がいます。 そういう人には少しでも参考になれば、と色々と過激な部分は隠して私の婚活体験談をお話するようにしています。 私の考えとして、結婚は早いうちに済ませておくのがベターだという考えです。 そして婚活には「どうしたらいいのかわからないこと」が多すぎました。 (恋愛をまともにしてこなかったので余計そうなのかもしれません) 私にはあすかちゃんという助けてくれる人がいましたが、そうじゃない人もたくさんいます。 なので私の体験が少しでも役に立ってくれればと思ってお話します。 このブログもその考えからです。 でもブログと違い、現実では人間関係というものがあるため、ある程度「その人がどの程度婚活に真剣なのか」見てからどれくらいお話するか決めます。 「何となく結婚したいけど、婚活ってどんなものかわからないから話を聞いてみたい」程度の人にダイエットや美容にお金をかけて交際費を削ったこと、転職したことまでお話しても「婚活って壮絶すぎる」と引かれても困るし、「この女ヤバい」と引かれても困ります。 だからそういう人には「婚活パーティーってこんなのだよ」とか「どれくらい交際して入籍したよ」とかそういうマイルドなことだけをお話するようにしています。 真剣に聞いて役立ててくれる人には「話してよかったな」と思って嬉しい気持ちになります。 でも、中には根掘り葉掘り聞いておいて「私はそこまで婚活に必死になれないわ」と言う人もいます。 「ならば最初から聞くなよ」「そう思っても最後に言うなよ」ととても嫌な気持ちになります。 もしかしたら最初から「婚活をしている人」をバカにしたくて根掘り葉掘り聞いたのかもしれません。 でも、そういう人たちの中には婚活している人もいて、本当は必死に活動して報われなかった時が怖いのだろうな、と最近になって気付きました。 確かに努力が報われないのは辛いです。 そう言って防衛線を張って、自分を守りたくなる気持ちもわかります。 でも婚活と言う場で苦労せずに結婚できる人たちはほんの一握り。 「何にも考えずに婚活してるよ」という体を装っている人だって、スキンケアを頑張ったり、ファッションやメイクの研究をしたり、何らかの努力はしているのです。 報われなかった時が怖いからと防衛線を張って努力をしないのは間違っていると思います。 (もしかしたら虚勢を張っているだけで隠れて努力しているのかもしれないけれど) ブログランキングに参加しています。 応援していただけると嬉しいです。 コメント数 :• カテゴリ :• by 婚活ブタ 私と同時期に婚活で結婚した夫婦の話です。 その夫婦は入籍前に「お互いの両親とは同居しない」という約束で入籍しました。 そもそも旦那さんは次男で長男が両親と敷地内同居していますし、奥さんの両親も老健に入る気満々でいるので、同居する必要も無かったのです。 ですが結婚数年目のある日、それは覆されることになったのです。 何気なく「生活が苦しい」と自分の両親に漏らした旦那さん。 「じゃあ、うちで同居する?」と両親に言われたのです。 それに喜んで同居話を進めようとする旦那さん。 必至に止める奥さん。 結婚前にどれだけ約束したって、状況が変われば仕方がないことはあります。 でも、それは夫婦でちゃんと話し合って納得できればが大前提。 これは奥さん辛いし、「裏切られた」って思っても仕方ないです。 ブログランキングに参加しています。 応援していただけると嬉しいです。 コメント数 :• カテゴリ :• by 婚活ブタ.

次の

アラフォー婚活のブログ6選!アラフォーで婚活をする人の参考になるブログ

デブスアラフォー婚活

ども、婚活ババアだけど。 あたいのようなメスにも優しくしてくれる男がまれにいる。 ただし、条件が付く。 あたいと可愛めの子が同時に存在するとき、もしくはあたいと可愛めの子が知り合い、友達の関係だと男が知っている時。 可愛めの子があたいと同空間に存在するとき あたいが単独で出会う見ず知らずのオスは、あたいに冷たい。 それはあたいのようなデブスの機嫌を伺って得られるメリットがないからだ。 オスがメスに対して優しくしてくれるのは何らかのメリットがあるから。 その場でメリットがなくても将来的にメリットがあればいいとオスは考えて行動してくる。 しかし、 1対1で出会うような個室空間を売りにした婚活パーティーではそうはならない。 あたいに対して、明らかにモンスターを見るような目であいつらは見てくる。 そしてそう扱う。 あいつらは恋愛マニュアルなんかを読んでそれを実行してくる。 オスがメスを捕まえる恋愛マニュアルには次のようなことが書かれているのを見た。 「本命の可愛い子とブスがペア、もしくはグループにいたら、まずはブスに話しかけて機嫌を取れ。 可愛い子はちやほやされ慣れてる。 全く興味が無いようにして、ブスと楽しそうに話せ。 もしお前らが最初に可愛いこと話をしてしまったら、ブスは機嫌を損ない、早く帰ろうと可愛い子に促す。 そしてナンパは失敗する。 」 デブスに人権なし。 あたいと可愛めの子が知り合い、友達の関係だと男が知っている時 あたいと可愛めの子が、同じ学校、もしくは会社で知り合い、友達の関係性の場合。 オスが可愛い子と関係を築きたいなら、あたいのようなデブスにも優しくしなければならない。 なぜなら、あたいのようなひねくれた偏屈デブスは、可愛い子だけに優しくし、あたいにだけ明らかに不機嫌な態度をとるようなオスのことを、社内で悪く言いふらしていくからだ。 そうなったら、そのオスはもう終わりだ。 メス同士は群れるから、すぐに悪い噂は広まり、社内で生きていけなくなる。 だから、あたいのような偏屈デブスにも優しく接してくれる。 トキメキ。 でも、それは後に、単なる勘違いだと気付かされる。 デブスに人権なし。 デブは後天性、ブスは先天性 デブは後天性だ。 自分がブスすぎるから、周りから罵声を浴びせられ、偏屈になり、ストレス発散を過食に任せるからそうなることが多い。 他人のせいでもあるけれど、我慢しない自分のせいでもある。 ま、美人よりははるかにストレスを抱えて生きることにはなるから、痩せるのは難関でもある。 とはいえ、頑張ればなんとかなるのがデブ。 一方、ブスは先天性だ。 可愛い子は本当にかわいい。 同じ人間なのかと思うくらい人形のような顔をしている。 それに比較し、あたいは昆虫のような顔をしている。 自分でカマキリ、ゴキブリ、なんて思ったりもする。 生まれた時にすべては決まってしまうようなもんだ。 それなのにオスの恋愛マニュアルにはこう書いてある。 「本命の可愛い子とブスがペア、もしくはグループにいたら、まずはブスに話しかけて機嫌を取れ。 可愛い子はちやほやされ慣れてる。 全く興味が無いようにして、ブスと楽しそうに話せ。 もしお前らが最初に可愛いこと話をしてしまったら、ブスは機嫌を損ない、早く帰ろうと可愛い子に促す。 そしてナンパは失敗する。 」 ブスに人権なし。 かわいく生まれていたら、こんな性格にはならなかったに違いない。 konkatsubabaa.

次の