はてな 株価。 はてな(3930)

はてな、「スプラトゥーン2」効果で株価急騰

はてな 株価

16 pt 1. 株式会社の目的は株主への利益配当です。 株式会社の重要事項は株主総会で議決されるのは、出資者の出資金を保護するためであり、株式会社は出資者の出資金で事業経営が可能となっているので、獲得した利益を還元する手立てとして、配当と言うものがあるわけです。 配当を出すためには、税引利益を計上する必要があり、相応の利益水準を確保する必要があるわけです。 企業は利益の処分方法として、利益配当をする方法と、配当は一定範囲内とし、残余財産を再運用することで、より多くの利益獲得を目指す方法があります。 配当は社外流出であるため、収益性の高い事業分野があれば、配当を一定限度内に押さえ、再投資で利益確保をするほうが、将来的な配当可能利益の大幅増強の可能性が高まるので、再投資をするわけです。 結論を言うと上記のような企業行動をすることで、利益水準の維持確保、財務内容の改善、資産価値並びに企業価値の増加が生じ、株価が自然と上昇すると言うのが、事実でしょう。 企業が本来の企業活動をすることで、必然的に株価が上昇すると言うわけです。 鶏が先か卵が先か。 買収云々は株価の絶対価格の問題ではありません。 単純化のため、発行済株式が100株で株価100円の企業があり、当該企業の総資産額-総負債額が100,000円だったとします。 企業買収は、株式総額と当該企業の資産価値との差額、当該企業の技術力の資産価値、と言ったさまざまな要因で評価した企業価値が、株価総額を上回る時に発生するものです。 単純に株価の絶対価格では判断されないわけです。

次の

日本株上がるはずがない。日銀がいくら頑張ってもウイルスは減らない…

はてな 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

[B!] コロナ暴落後、なぜ株価は急回復したのか?出口治明×奥野一成「教養としての投資」対談(前編)

はてな 株価

つい先日は任天堂の人気コンテンツ「大乱闘スマッシュブラザーズ」と連動した「スマプラス」を共同開発したというニュースをきっかけに株価が急騰し、ストップ高になりました。 気になって同社について少し調べてみたところ、 マザーズ上場以来業績も右肩上がりでとても魅力的な会社に思えましたので、投資対象として分析してみたいと思います。 , Ltd. はてなといえば「はてなブックマーク」が有名ですね。 皆さんもシェアしたいブログやHPで「B! 」マークを使ったことがあると思います。 関連サービスの 登録ユーザーは700万人を突破しているということで、メジャーなメディアに成長しています。 事業は3本柱 マネックスより同社のセグメント構成を引用します。 「コンテンツマーケティングサービス」「コンテンツプラットフォームサービス」「テクノロジーソリューションサービス」の3本柱です。 だいたい同じくらいの売上げ比率です。 前者の2つは主に企業からの 広告収入が収益源です。 これにブログの有料ユーザからのサービス使用料があります。 広告事業は収益性が非常に良いことが想像できます。 グーグルやYahooなんかもこれが主要な収入です。 最後のテクノロジーソリューションは法人を対象とした BtoB事業で、同社が培った技術を生かしてウェブシステム等の受託開発を行っています。 冒頭の任天堂との共同開発なんかがこれに該当します。 株価推移 気になる同社の株価推移です。 2016年にマザーズへ上場し、その時の初値は3,025円でした。 その後急落していますが、IPO直後はだいたいこんな感じになることが多いです。 2016〜2017年のトランプラリーにもほとんど反応せず、2018年の日本株総崩れにも反応していません。 マザーズやJASDAQに上場している 中小型株の株価は景気の良し悪しとあまり相関関係が無いのが特徴です。 そんなはてなの株価ですが、2019年に入って上昇傾向で、4,000円を突破しています。 決算のタイミングとは合っていないので、個別のニュースなどの影響だと思われますが、上昇傾向ということは良い意味でのサプライズが続いたのでしょう。 業績 同社の決算資料をもとに業績を確認していきます。 株価は思惑で動くものですが、やはり具体的な数字が無いと投資判断はできません。 売上高、利益率 昨年度の売上げ、利益と今年度の見込みを併記します。 この表からは分かりませんが、上場以来ずっと10%近い伸び率で成長が続いています。 売上高は20億規模と大企業と比べると少ないのは当然ですが、 利益率が10%以上と収益性の高いビジネスを展開しています。 ファンダメンタルズ 続いて株価指標等をまとめます。 6 % 1株当り利益 82 円 配当利回り 0. 0 % 株主優待 なし 自己資本比率 84. 0 % ROEは良いが割安さはない ROE(株主資本利益率)は 10%が優良の目安とされている中、かなり良い数字です。 一方で割安性を示すPERを計算してみます。 株価を1株当り利益で割って求められるこの数字は低いほど割安とされ、日本企業の平均は約15倍です。 2019年4月現在の株価がだいたい4,000円ですので、 PERは40倍を越えています。 今年度も利益は増える見込みですが、割高さを吸収するほどではありません。 割安だから株価が上がる、割高だから上がらないというものではありませんが、こういう水準にあるということは覚えておいた方がよいでしょう。 一方で売上げ高がまだ大きくないので、先の任天堂のニュースのような大きな開発による サプライズ決算に期待が持てる銘柄だと思います。 配当、株主優待はない 配当、株主優待ともに設定されていません。 株価の値上がり、キャピタルゲインをもって株主の期待に応える会社ということです。 新興企業にこういう方針の会社が多いのは当然だと思います。 なお、 自己資本比率が高く、すぐに経営が行き詰まるというような心配はないですね。 はてなの今後の株価はどうなる 最後にぼくなりにはてなの今後について予想してみたいと思います。 , Ltd. 同社の収益の柱のひとつがブログを通じた広告収入です。 多くのブログ記事の合間に広告が入っていると思います。 僕はグーグルさんにお任せしてますが、この記事のどこかにも配置されているでしょう。 ブロガーはより良い記事を書こうと努力します。 その結果、広告がより多くの人の目に止まり、はてなの収入に繋がります。 極端に言えば、 はてなブロガーが、はてなの社員のような構造になっています。 ブロガーの成長がはてなの成長の糧となる、両者win-winのこのビジネスモデルはとてつもなく有望です。 ネット市場は既に飽和状態 一方で同社の決算説明資料から気になったのが、月間ユニークブラウザ数が頭打ちになってきていることです。 この状況は想像にかたくありません。 既にスマホやPCなどは1人1台となり、ネットの接続環境も充実しています。 仮に1人が1時間ネットを見ると仮定すると、日本人全体としてのネット滞在時間は1億時間となります。 この1億時間という総量がもう増えないということです。 これを皆で奪い合うというのが現在のネット広告事業の構造になったのだと僕は理解しました。 同社のブランド力強化でシェア拡大は見込めますし、非常に収益性の高い事業ですが、この分野での更なる爆発的な成長は見込めないでしょう。 もちろんブログを書く側もそういう競争の中に身を置くことになります。 新興国からの留学生が日本のことを母国語で書いたブログとか作ったらすごくヒットする気がします。 BtoBビジネスが成長の鍵 直近のストップ高のきっかけとなった任天堂との共同開発ですが、今後このような案件をどれだけ増やすことができるかが同社の成長の鍵となります。 特に同社の 売上げは20億規模ですので、大きな契約が1つ入れば大きく 計画を上振れすることもあるでしょう。 例えば任天堂の売上げは 約1兆ありますので、開発費の ほんの一部をはてなに発注するだけでも、はてなにとってはとんでもないインパクトとなります。 まとめ 今日は最近株価の掲示板などで良く目にするはてな(3930)について業績などを分析してみました。 ぼくは基本中小型株は怖くて手を出さないのですが、同社は 非常に魅力的に思えました。 収益性の高いビジネスモデルで経営の基盤を築き、BtoBによる事業拡大で一気に飛躍するかもしれない期待感もあります。 今は割高な株価水準もすぐに是正される可能性がある有望銘柄だと思います。 ただ、あまりに直近上げすぎているので、低調な決算だったりしたら、市場の期待を裏切ったなどと急落する可能性もあり、ちょっと購入は止めとこうかなと思います。 こんなこと言ってたらいつまでたっても波に乗れませんけどね。。 おまけ ちなみに僕のこのブログはワードプレスを使っています。 ブログを書こうと思った時になんとなく選んだだけで、当時はてなの存在を知りませんでした。 はてなで書いた記事ははてな内のサイトで共有され、そこから一定のアクセスがあると思いますので、軽い気持ちでブログ始めて見ようかなと考えられている方にははてなブログがおすすめです。 特に開設初期は心の支えになるんじゃないかと思います。 僕は最初の1年間ずっと毎日のアクセスが一桁とか二桁で ネットの世界から隔離された牢獄で文章を書いている気分でした。 これはワードプレスのせいではなく僕の文章力が無いせいですけどね。 まぁこのブログは半分は自己満足なので気にせずに続けてます。

次の