ほうれん草 茹で か た。 ほうれん草は炒め物でも茹でないとダメ?面倒だけど茹でる理由があった

ほうれん草の美味しい茹でかた

ほうれん草 茹で か た

葉物野菜の保存や処理は、時間が勝負! ほうれん草って冷蔵庫の中ですぐしなびてしいませんか? せっかく栄養満点のスーパー食材なほうれん草。 上手に保存して、もったいない状態にしないようにしたいものです。 乾燥の次に注意したいのが温度。 ほうれん草を保存する適温はおよそ0度と言われています。 なので、冬場の常温保存は可能ですが、夏場などはあっという間にしなびてしまう事でしょう。 基本、ほうれん草は常温保存はせず、購入したらその日のうちに調理してしまいましょう。 その日のうちに保存する場合でも、買ってきてすぐ調理しないのであれば、水気を軽く含ませた新聞紙でくるんでおくと、おいしさが維持できます。 それでもやはり冷暗所のような涼しい場所で保存するようにしてください。 冷えすぎてもおいしさや栄養素を損ないますので、出来れば野菜室に保存することをおすすめします。 こちらでも乾燥対策が保存のカギとなります。 葉先が乾かないように、先ほどご紹介したとおり、湿らせた新聞紙で丁寧に包みビニル袋や保存袋に入れます。 野菜室に入れる際は、出来るだけ立てて保存することを心がけましょう。 牛乳パックを半分ぐらいに切ったものを野菜室に入れておくと、立てて保存する野菜を入れることが出来て便利です。 立てる時は『葉先』が上になるようにしましょう。 ちなみに、茹でた状態で冷蔵保存することも可能です。 茹でて保存しておくことで、乾燥対策が出来るので安心と言えば安心です。 茹でたほうれん草を冷蔵保存する場合のポイントは、とにかく余計な水分を残さない事です。 乾燥対策とは真逆になってしまいますが、しっかりと水けを絞っておきましょう。 その状態で密封できる保存容器や保存袋に入れ、しっかりと口を占めた状態で野菜室へ。 固めにゆでたほうれん草は、冷水でさっと熱を取ります。 茹ですぎてしまうと、せっかくの栄養素が全て流れ出してしまいますので、ゆで時間は短めで。 次に、熱を取ったほうれん草の水気をしっかり絞ります。 そのまま冷凍保存容器や冷凍保存袋に入れて、しっかりと口を閉じてから冷凍室へ。 冷凍保存する際は、食べやすい大きさにカットしておくことをオススメします。 そうする事で一度に大量に冷凍できるうえに、必要な分だけさっと取り出し、解凍することが出来るので便利です。 ちなみに、ほうれん草はすぐ解凍することが出来るので、使用する際は特に解凍する必要はありません。 余計な解凍は、ほうれん草に残った水分を排出させてしまい、栄養素がさらに流れ出してしまいます。 栄養素が流れるだけでなく、瑞々しさが損なわれて食感もとても悪くなってしまいますので、調理の際はそのまま使用しましょう。 なので冷凍保存する以外では、おいしく食べられる期間は少し短め。 葉物野菜は、保存状態の少しの違いで、保存期間が大きく左右します。 冷蔵庫の状況などを把握しつつ、葉先の健康状態で保存期間を見極めましょう。 小分けにして冷凍保存しておけば、「今日はおかずがちょっとさみしいかな?」なーんて時に重宝しそう。 小さな赤ちゃんの離乳食用に、冷凍しておいたものをすりつぶして、ペーストにすることだって可能です。 上手に保存して、おいしく食べてくださいね! この記事を書いた人:櫻宮ヨウ こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。 小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。 家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!.

次の

下ゆでなんて必要なかった…!ほうれん草をレンジでチンは賢人主婦の必須テクだ!

ほうれん草 茹で か た

1Lに対し塩小さじ1を入れて沸かし、ほうれん草を根元から入れ、茎だけを30秒ゆでる(やけどに注意)。 全体を湯に沈め、15秒程度で裏返し、さらに15秒たったら引き上げる。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くし、茎が太めのものや葉が硬めのものは少し長めにゆでる。 湯を沸かす時間が短縮できます。 直径26cmの深めのフライパンなら一度で1束(約200g)を茹でられます。 葉先がフライパンから出るなら葉先を曲げて収める。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くする。 さらにビタミンCなどの水溶性の栄養素が逃げにくいのもメリット。 塩をまぶすと水が出てアク抜きになる。 2 電子レンジで加熱し、全体を混ぜる ほうれん草1束(約200g)なら600Wで3分、100gなら2分加熱する。 加熱後すぐに全体をよく混ぜ合わせ、余熱で火の通りを均一にする。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10〜20秒ほど短くする。 混ぜ終えたらボウルから取り出して冷ます。

次の

ほうれん草の茹で時間は「1分」がベスト! レンジ加熱や冷凍保存も解説

ほうれん草 茹で か た

レシピ 常夜鍋 材料• ほうれん草:2束• 豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用):500g• 水:6カップ• 酒:1カップ• 塩:小さじ1 【つけだれ】• 醤油:100ml• レモン汁:50ml 【薬味】• ねぎ、にんにく(みじん切り):適量 作り方• 鍋に水を入れて沸騰させる。 ほうれん草は洗って4cmの長さに切り、豚肉とともに皿に盛りつける。 「1」に酒と塩を加え、再び沸騰したら、ほうれん草と豚肉を、食べる分だけ入れる。 煮えたらつけだれにつけ、お好みで薬味を添えていただく。 ポパイサラダ 材料• ほうれん草(生食用):2束• ベーコン:2枚• フランスパン(小さいもの):2個• オリーブオイル:大さじ1• パルメザンチーズ:適量 【ドレッシング】• オリーブオイル:大さじ3• 白ワインビネガー:大さじ3• コショウ:少々• パルメザンチーズ(粉):大さじ1 作り方• ベーコンは1枚を4つに切り、フライパンでカリカリに炒める。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、香りが出たら、くし切りにしたフランスパンを入れ、キツネ色になるまで炒める。 ほうれん草は洗って食べやすい長さに切り、水気をきっておく。 器にほうれん草を盛り、「1」、「2」と、薄く切ったパルメザンチーズを加えて混ぜ、ドレッシングの材料を混ぜてかける。 グリーンチキンカレー 材料(4人分)• 鶏肉:300g• 塩、コショウ:少々• サラダ油:大さじ5• ほうれん草:1束• 水:2カップ 【A】• にんにく:1片• しょうが:2枚• パセリ:1本• とうがらし:2本• たまねぎ:1個 【B】• ターメリック:小さじ1• ローズマリー:少々• コショウ:少々 作り方• 鶏肉は1口大に切り、塩、コショウをふる。 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、キツネ色に焼いて水を加え、弱火で20分煮る。 Aの材料はすべてみじん切りにする。 ほうれん草は茹でた後、みじん切りにする。 鍋に残りのサラダ油を入れ、Aを加えて炒める。 たまねぎに色がついたら、ほうれん草を加えて炒める。 「1」に「3」とBを加え、弱火で10分煮込み塩味をととのえる。

次の