川 栄 旦那。 『名物土鍋ふかひれ』by ウニ王子 : 魚処ほり川

榮川酒造株式会社

川 栄 旦那

栄区のシンボルリバー「いたち川」。 栄図書館では、「いたち川」の概要や歴史、川づくりなど、様々なことについて知ることができる資料を所蔵しています。 「いたち川」についてお調べの際には、ぜひ参考になさってみてください。 平成28年10月現在、横浜市立図書館で閲覧可能な資料と横浜市のWebサイトをご紹介しています。 栄図書館で、所蔵していない資料もあります。 詳細は、書名をクリックして資料情報をご確認ください。 「いたち川」の「いたち」は、「けものへん」に「由」と記載しますが、パソコンでは表示されない場合があります。 そのため、このリストでは「いたち川」と記載しています。 ただし、書名や資料本文で「けものへん」に「由」の「いたち」を使用している場合には、「いたち川」と表記しているものと区別するため、「〔イタチ〕」と記載しました。 いたち川の全体像をつかむことができる資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 なし いたち川と親しむ会 2000 いたち川流域の人々の生活の歴史や、いたち川に生息する動植物などの解説が掲載されている小冊子。 いたち川の概略を1冊でつかむことができ、写真も多いので、子どもにも分かりやすい。 いたちかわらばん なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 1998- 季刊。 1998年から刊行されており、いたち川の歴史から自然まで様々な情報がまとめられている。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 「いたちかわらばん」刊行10周年を記念して、それまでの「いたちかわらばん」を1冊にまとめた『』もある。 なし 横浜市栄区役所地域振興課 2008 p. 72~73「1 柏尾川水系の自然と暮らし」に「〔イタチ〕川」の項があり、川の歴史が簡潔にまとめられている。 また、p. 8「大〔イタチ〕橋・小〔イタチ〕橋のおはなし」、p. 35「いたちかは」、p. 50「さてどっち?駒形堂橋?こまかんどうばし?」、p. 63「昇龍橋」「〔イタチ〕川は魚の宝庫」にも、いたち川について記載がある。 栄の歴史編集委員会/編 横浜市栄区役所地域振興課 2013 古代から現代までの栄区の歴史を、写真や図版入りで時代別に紹介している資料。 20「〔イタチ〕川流域の横穴群」の項に、いたち川流域の横穴墓の特色について書かれている。 いたち川プロムナードは、散策するのにぴったりの場所。 いたち川の自然や川沿いの見どころを掲載した資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 〔横浜市栄区役所区政推進課〕 横浜市栄区役所区政推進課 2013 シート資料。 「Aコース いたち川プロムナードと上郷市民の森コース」「Bコース 瀬上沢小川アメニティと瀬上市民の森コース」「Cコース いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」「Dコース 洗井沢川せせらぎ緑道と荒井沢市民の森コース」の4つのコースに分けて、見どころや距離、歩行時間などを紹介している。 Web上でPDF版を閲覧可能 横浜市 栄区 いたち川散策マップ 横浜市栄区役所区政推進課/〔編〕 横浜市栄区役所区政推進課 2010 栄区の見どころをまとめた小冊子。 2~7に「いたち川などの水辺」が紹介されており、いたち川プロムナードなどが掲載されている。 いたち川OTASUKE隊/制作 横浜市栄区区政推進課 1996 シート資料。 「いたちかわらばん」を発行している「いたち川OTASUKE隊」によるマップで、水彩の地図に様々な豆知識が盛り込まれている。 境川・引地川水系水質浄化等促進協議会/編 境川・引地川水系水質浄化等促進協議会 2007 シート資料。 いたち川を含む境川・引地川水系の流域を描いたイラストマップ。 昇龍橋の簡単な解説あり。 なし 神奈川新聞社 2009 p. 30~31「いたち川から昇龍橋へ」の項で、川沿いの見どころを紹介している。 なし 神奈川新聞社 2014 p. 19~21「本郷台駅周辺 自然が見事によみがえったいたち川沿いを歩こう」で、川沿いの見どころを紹介している。 郷土戸塚区歴史の会/編 「みんなで探ろう郷土の歴史」実行委員会 1978 p. 58~60「大道の地名と〔イタチ〕川」の項に、いたち川の名前の由来についての記述がある。 朝日新聞横浜総局/編 有隣堂 2005 p. 76~77「いたち川の川辺 生命と親しむ 自然空間」の項に、簡単な解説と大いたち橋・小いたち橋の写真等が掲載されている。 「」でご紹介した資料にも記載がありますので、あわせてご覧ください。 いたち川流域の特に歴史についての記述が多い資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 三浦勝男/編 東京堂出版 2005 p. 10「〔イタチ〕川」の項に、『鎌倉年中行事』『吾妻鏡』『兼好法師集』『新編相模国風土記稿』に見られるいたち川関連の記述について書かれている なし 平凡社 1984 p. 197「小菅ヶ谷村」の項に、『吾妻鏡』『兼好法師集』に見られるいたち川関連の記述について書かれている。 戸塚区郷土誌編纂委員会/編 戸塚区戸塚区観光協会 1968 p. 41~に、いたち川の横穴群についての記述がある。 89~に、鎌倉時代のいたち川についての記述があり、「武蔵下ノ道七里堀附近想定図」という当時を想定した略地図も掲載されている。 戸塚の歴史散歩編集委員会/編 戸塚区郷土史跡研究会 1970 p. 37~39に、鎌倉時代のいたち川についての記述があり、「武蔵下ノ道七里堀附近想定図」という当時を想定した略図が記載されている。 「図説・横浜の歴史」編集委員会/編 横浜市市民局市民情報室広報センター 1989 p. 60~61「鼬川流域の横穴と製鉄」の項に、遺跡についての記述がある。 なし 鵠沼女子高等学校地歴研究部 1964 いたち川流域の発掘記録が詳細にまとめられている。 本郷小学校創立九十周年記念事業実行委員会/編 本郷小学校 1982 p. 大橋俊雄/著 戸塚通商 1976 p. 46~に『鎌倉年中行事』『徒然草』の中のいたち川関連の記述について、p. 110に「かえらずの橋(新橋)」の伝説について、p. 162~に近代の水害と堰について書かれている。 なし 六人会 1999 地元の歴史研究家による資料。 「二 いたち川と兼好法師」を収録。 なし 横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター 2015 いたち川流域の発掘記録が詳細にまとめられている。 井上嘉重 郷土戸塚区歴史の会 1992 雑誌論文。 23「4.霊所のお祓い」の項に、いたち川の古い呼称についての記述がある。 24「5.兼好法師の詠歌」の項に、兼好法師の和歌についての記述がある。 西田英明 神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科 2015 雑誌論文。 47~72の論文の中で、いたち川の川名の由来について述べている。 いたち川は、「多自然型川づくり」の事例として、多くの資料に取り上げられています。 いたち川の川づくりについての資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 栄区制10周年記念事業実行委員会/編 栄区制10周年記念事業実行委員会 1997 平成8 1996 年に、区制10周年を記念し刊行された資料。 「第3部 ドキュメント栄の10年」の中で、いたち川について触れられており、栄区誕生後のいたち川開発の流れをつかむことができる。 66「〔イタチ〕川が「ふるさとの川モデル事業」に」の項、P. 70「〔イタチ〕川プロムナード整備」の項、P. 76「大〔イタチ〕橋、小〔イタチ〕橋竣工」の項がある。 吉川勝秀/編著 , 妹尾優二/著 , 吉村伸一/著 学芸出版社 2007 p. 207~218「第3章 多自然型川づくりを越えて:空間デザインからの展開」の中で、デザイン実践例として詳しく取り上げられている。 島谷幸宏/著 鹿島出版会 2000 p. 54~57に「河川の概要」「改修の内容とポイント」「整備後の状況とその評価」が掲載されている。 リバーフロント整備センター/編著 山海堂 1992 p. 100~103「多自然型川づくりの事例 1. 自然に近い河道をつくる」の項に、「川らしい屈曲や膨らみのある低水路法線を工夫する」として、いたち川の取り組みが掲載されている。 リバーフロント整備センター/編著 山海堂 1996 p. 113~119「〔イタチ〕川 都市の水辺に自然を復元」の項に、「川づくりの概要」「川づくりのポイント」「昭和57年度整備区間」「昭和63年度整備区間」「昭和58年度整備区間(平成4年度再整備)」「平成4年度整備区間」「現地への交通」が写真入りで掲載されている。 リバーフロント整備センター/編 大成出版社 2000 いたち川が指定されている「ふるさとの川整備事業」についての資料。 45で「〔イタチ〕川 まちづくりとの連携と創意工夫の川づくり」として紹介されているほか、p. 5、p. 15、p. 21に写真も掲載されている。 横浜市下水道局/編 横浜市下水道局 1999 p. 48-49に、「ふるさとの川整備事業」の概略が紹介されている。 横浜市下水道局河川部河川計画課/編 横浜市下水道局河川部河川計画課 1995 p. 13、32にいたち川の整備についての記載、p. 21に昇龍橋の写真と簡単な解説がある。 付録に「境川流域絵図」もついている。 横浜市下水道局河川設計課/編 横浜市下水道局河川設計課 1998 シート資料。 「低水路整備事業」「ふるさとの川整備事業」など、河川整備や自然環境の保全の視点からまとめられている。 自然の変化がわかる昭和35年頃と平成9年の地図の比較や、いたち川で確認された代表的な生きものの写真もあり。 吉村伸一/〔ほか〕著 〔横浜市下水道局河川部〕 〔2011〕 シート資料。 土木学会デザイン賞2011応募資料 デザイン賞選考小委員会事務局/〔編〕 土木学会景観・デザイン委員会 1998 土木学会デザイン賞2011の受賞作品の紹介の中でいたち川も紹介されている。 横浜市環境科学研究所/編 横浜市環境科学研究所 1996 「第3章 境川水系」のうちp. 101~p. 172に、いたち川の魚類・藻類の分布や水生動物と底質の関係についての論文が掲載されている。 なし 横浜市環境創造局環境科学研究所 2009 2006、2007年度の調査実施か所に、いたち川が入っており、水質、生物等の調査結果が見られる。 吉村伸一 横浜市企画財政局都市科学研究室 1982 雑誌論文。 35~42 横浜市の自然の残された川のひとつとして、いたち川についても触れている。 月刊下水道編集部 環境公害新聞社 1992 雑誌論文。 81~84「おまけの水環境情報(横浜編) 市民に親しまれる水辺ガイド」に、いたち川についての記述がある。 古武家 善成 環境技術学会 2004 雑誌論文。 863~865で、横浜市の河川行政、いたち川の過去・現在、河川整備等について述べている。 まがりくねった川だったいたち川は、水害の多い川でもありました。 特に昭和30年代には、何度も水害に見舞われていましたが、現在は整備され、水害が減っています。 「」でご紹介した資料にも記載がありますので、あわせてご覧ください。 いたち川の災害の歴史や、最新情報が分かる資料・Webページ 書名 著者 出版者 出版年 備考 郷土戸塚区歴史の会/編 戸塚区老人クラブ連合会 1979 p. 240に、大正9(1920)年・昭和36(1961)年の水害についての記載がある。 「栄街のうつりかわりアルバム」編集委員会/編 横浜市栄区役所 1992 p. 26「いで立ちの川」の項に、吉田兼好の和歌や昭和30年代の災害についての記述がある。 いたちかわらばん 2002夏 いたちかわらばん 2003冬 なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 2002 「」でも紹介している資料。 2002夏号に「いたち川氾らんの記憶」、2003夏号に「いたち川の記憶」という記事がある。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 2002夏 横浜市 栄区 いたちかわらばん 2003冬 横浜市の災害 横浜市総務局危機管理室緊急対策課/〔編〕 〔横浜市総務局危機管理室緊急対策課〕 1978- 横浜市内で発生した地震や風水害の記録をまとめた年報。 Web版では、平成12年以降の資料をダウンロードできるほか、区別の災害索引、「横浜市で発生した風水害 大正6年~平成15年 」も見られる。 横浜市 総務局 危機管理室 横浜市の災害 横浜市安全管理局危機管理室/〔編〕 横浜市安全管理局危機管理室 2014 大雨時に想定される下水道や水路に起因した浸水区域や水深などの様々な情報をまとめたマップ。 Webでも閲覧可能。 横浜市 環境創造局 下水道事業マネジメント課浸水(内水・洪水)ハザードマップ 【Web】 なし 横浜市道路局 なし 「昭和45年7月洪水の浸水状況 (いたち川:天神橋付近)」として、洪水の写真が掲載されている。 【Web】 なし 横浜市道路局 なし 「河川水位情報」の「境川水系」の中に、「いたち川 水神橋 栄区笠間町」「いたち川 城山橋 大いたち橋 小菅ケ谷」があり、水位や直近の写真が確認できる。 過去データもあり。 いたち川には、横浜最古の石橋として有名な「昇龍橋」をはじめとする数多くの橋がかかっています。 いたち川の橋についてわかる資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 いたちかわらばん 53号(2011春) なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 2011 「」でも紹介している資料。 53号(2011春)に、橋の数や名前の由来などが掲載されている。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 53号(PDF 2. 67MB) 小寺篤/著 秋山書房 1983 p. 113~115に「海里橋」、p. 130~132に「昇龍橋」の紹介がある。 神奈川県土木部道路整備課 神奈川県土木部道路整備課 1992 p. 31「昇龍橋」の項に、写真・略地図・簡単な解説がある。 飯島小学創立30周年記念事業『飯島の歴史』編集委員会/編 横浜市立飯島小学校 1999 p. 32~34「1. 飯島の自然」の項に、いたち川の氾濫や、いたち川にかかっている「田立橋(現在のいたち川橋)」の歴史についての記述がある。 横浜市都市計画局都市デザイン室/〔編〕 横浜市歴史的資産調査会 2002 横浜市の土木遺産を紹介した資料。 24~25に「昇龍橋」の写真と紹介がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 2000 p. 52~53「栄区 〔イタチ〕川上流に、横浜で現存最古の石橋、昇龍橋」の項に、写真と解説がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 1995 p. 56「旅先ガイド 特選29 パート 5 栄区 〔イタチ〕川昇龍橋」の項に、写真がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 1997 p. 127「栄区 〔イタチ〕川」の項に、大いたち橋の写真がある。 本郷郷土史研究会/編 戸塚区役所本郷支所 1982 p. 55~58に「〔イタチ〕川と海狸橋と河童」が掲載されているほか、「〔イタチ〕川」「出立川」が出てくる話が複数ある。 栄区民話紙芝居制作実行委員会/編集 林一則/原作 栄区民話紙芝居制作実行委員会 1999 横浜市栄図書館開館10周年を記念して作成された紙芝居。 いたち川にかかる「大いたち橋」「小いたち橋」の由来を描いている。 栄区民話紙芝居制作実行委員会/編集 大泉ひろこ/文・絵 栄区民話紙芝居制作実行委員会 1999 横浜市栄図書館開館10周年を記念して作成された紙芝居。 いたち川にかかる「昇龍橋」にまつわる伝説を描いている。 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

栄川乃亜と霧島さくら(ルルディ)の活動は?次世代セクシー誕生?

川 栄 旦那

栄区のシンボルリバー「いたち川」。 栄図書館では、「いたち川」の概要や歴史、川づくりなど、様々なことについて知ることができる資料を所蔵しています。 「いたち川」についてお調べの際には、ぜひ参考になさってみてください。 平成28年10月現在、横浜市立図書館で閲覧可能な資料と横浜市のWebサイトをご紹介しています。 栄図書館で、所蔵していない資料もあります。 詳細は、書名をクリックして資料情報をご確認ください。 「いたち川」の「いたち」は、「けものへん」に「由」と記載しますが、パソコンでは表示されない場合があります。 そのため、このリストでは「いたち川」と記載しています。 ただし、書名や資料本文で「けものへん」に「由」の「いたち」を使用している場合には、「いたち川」と表記しているものと区別するため、「〔イタチ〕」と記載しました。 いたち川の全体像をつかむことができる資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 なし いたち川と親しむ会 2000 いたち川流域の人々の生活の歴史や、いたち川に生息する動植物などの解説が掲載されている小冊子。 いたち川の概略を1冊でつかむことができ、写真も多いので、子どもにも分かりやすい。 いたちかわらばん なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 1998- 季刊。 1998年から刊行されており、いたち川の歴史から自然まで様々な情報がまとめられている。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 「いたちかわらばん」刊行10周年を記念して、それまでの「いたちかわらばん」を1冊にまとめた『』もある。 なし 横浜市栄区役所地域振興課 2008 p. 72~73「1 柏尾川水系の自然と暮らし」に「〔イタチ〕川」の項があり、川の歴史が簡潔にまとめられている。 また、p. 8「大〔イタチ〕橋・小〔イタチ〕橋のおはなし」、p. 35「いたちかは」、p. 50「さてどっち?駒形堂橋?こまかんどうばし?」、p. 63「昇龍橋」「〔イタチ〕川は魚の宝庫」にも、いたち川について記載がある。 栄の歴史編集委員会/編 横浜市栄区役所地域振興課 2013 古代から現代までの栄区の歴史を、写真や図版入りで時代別に紹介している資料。 20「〔イタチ〕川流域の横穴群」の項に、いたち川流域の横穴墓の特色について書かれている。 いたち川プロムナードは、散策するのにぴったりの場所。 いたち川の自然や川沿いの見どころを掲載した資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 〔横浜市栄区役所区政推進課〕 横浜市栄区役所区政推進課 2013 シート資料。 「Aコース いたち川プロムナードと上郷市民の森コース」「Bコース 瀬上沢小川アメニティと瀬上市民の森コース」「Cコース いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」「Dコース 洗井沢川せせらぎ緑道と荒井沢市民の森コース」の4つのコースに分けて、見どころや距離、歩行時間などを紹介している。 Web上でPDF版を閲覧可能 横浜市 栄区 いたち川散策マップ 横浜市栄区役所区政推進課/〔編〕 横浜市栄区役所区政推進課 2010 栄区の見どころをまとめた小冊子。 2~7に「いたち川などの水辺」が紹介されており、いたち川プロムナードなどが掲載されている。 いたち川OTASUKE隊/制作 横浜市栄区区政推進課 1996 シート資料。 「いたちかわらばん」を発行している「いたち川OTASUKE隊」によるマップで、水彩の地図に様々な豆知識が盛り込まれている。 境川・引地川水系水質浄化等促進協議会/編 境川・引地川水系水質浄化等促進協議会 2007 シート資料。 いたち川を含む境川・引地川水系の流域を描いたイラストマップ。 昇龍橋の簡単な解説あり。 なし 神奈川新聞社 2009 p. 30~31「いたち川から昇龍橋へ」の項で、川沿いの見どころを紹介している。 なし 神奈川新聞社 2014 p. 19~21「本郷台駅周辺 自然が見事によみがえったいたち川沿いを歩こう」で、川沿いの見どころを紹介している。 郷土戸塚区歴史の会/編 「みんなで探ろう郷土の歴史」実行委員会 1978 p. 58~60「大道の地名と〔イタチ〕川」の項に、いたち川の名前の由来についての記述がある。 朝日新聞横浜総局/編 有隣堂 2005 p. 76~77「いたち川の川辺 生命と親しむ 自然空間」の項に、簡単な解説と大いたち橋・小いたち橋の写真等が掲載されている。 「」でご紹介した資料にも記載がありますので、あわせてご覧ください。 いたち川流域の特に歴史についての記述が多い資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 三浦勝男/編 東京堂出版 2005 p. 10「〔イタチ〕川」の項に、『鎌倉年中行事』『吾妻鏡』『兼好法師集』『新編相模国風土記稿』に見られるいたち川関連の記述について書かれている なし 平凡社 1984 p. 197「小菅ヶ谷村」の項に、『吾妻鏡』『兼好法師集』に見られるいたち川関連の記述について書かれている。 戸塚区郷土誌編纂委員会/編 戸塚区戸塚区観光協会 1968 p. 41~に、いたち川の横穴群についての記述がある。 89~に、鎌倉時代のいたち川についての記述があり、「武蔵下ノ道七里堀附近想定図」という当時を想定した略地図も掲載されている。 戸塚の歴史散歩編集委員会/編 戸塚区郷土史跡研究会 1970 p. 37~39に、鎌倉時代のいたち川についての記述があり、「武蔵下ノ道七里堀附近想定図」という当時を想定した略図が記載されている。 「図説・横浜の歴史」編集委員会/編 横浜市市民局市民情報室広報センター 1989 p. 60~61「鼬川流域の横穴と製鉄」の項に、遺跡についての記述がある。 なし 鵠沼女子高等学校地歴研究部 1964 いたち川流域の発掘記録が詳細にまとめられている。 本郷小学校創立九十周年記念事業実行委員会/編 本郷小学校 1982 p. 大橋俊雄/著 戸塚通商 1976 p. 46~に『鎌倉年中行事』『徒然草』の中のいたち川関連の記述について、p. 110に「かえらずの橋(新橋)」の伝説について、p. 162~に近代の水害と堰について書かれている。 なし 六人会 1999 地元の歴史研究家による資料。 「二 いたち川と兼好法師」を収録。 なし 横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター 2015 いたち川流域の発掘記録が詳細にまとめられている。 井上嘉重 郷土戸塚区歴史の会 1992 雑誌論文。 23「4.霊所のお祓い」の項に、いたち川の古い呼称についての記述がある。 24「5.兼好法師の詠歌」の項に、兼好法師の和歌についての記述がある。 西田英明 神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科 2015 雑誌論文。 47~72の論文の中で、いたち川の川名の由来について述べている。 いたち川は、「多自然型川づくり」の事例として、多くの資料に取り上げられています。 いたち川の川づくりについての資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 栄区制10周年記念事業実行委員会/編 栄区制10周年記念事業実行委員会 1997 平成8 1996 年に、区制10周年を記念し刊行された資料。 「第3部 ドキュメント栄の10年」の中で、いたち川について触れられており、栄区誕生後のいたち川開発の流れをつかむことができる。 66「〔イタチ〕川が「ふるさとの川モデル事業」に」の項、P. 70「〔イタチ〕川プロムナード整備」の項、P. 76「大〔イタチ〕橋、小〔イタチ〕橋竣工」の項がある。 吉川勝秀/編著 , 妹尾優二/著 , 吉村伸一/著 学芸出版社 2007 p. 207~218「第3章 多自然型川づくりを越えて:空間デザインからの展開」の中で、デザイン実践例として詳しく取り上げられている。 島谷幸宏/著 鹿島出版会 2000 p. 54~57に「河川の概要」「改修の内容とポイント」「整備後の状況とその評価」が掲載されている。 リバーフロント整備センター/編著 山海堂 1992 p. 100~103「多自然型川づくりの事例 1. 自然に近い河道をつくる」の項に、「川らしい屈曲や膨らみのある低水路法線を工夫する」として、いたち川の取り組みが掲載されている。 リバーフロント整備センター/編著 山海堂 1996 p. 113~119「〔イタチ〕川 都市の水辺に自然を復元」の項に、「川づくりの概要」「川づくりのポイント」「昭和57年度整備区間」「昭和63年度整備区間」「昭和58年度整備区間(平成4年度再整備)」「平成4年度整備区間」「現地への交通」が写真入りで掲載されている。 リバーフロント整備センター/編 大成出版社 2000 いたち川が指定されている「ふるさとの川整備事業」についての資料。 45で「〔イタチ〕川 まちづくりとの連携と創意工夫の川づくり」として紹介されているほか、p. 5、p. 15、p. 21に写真も掲載されている。 横浜市下水道局/編 横浜市下水道局 1999 p. 48-49に、「ふるさとの川整備事業」の概略が紹介されている。 横浜市下水道局河川部河川計画課/編 横浜市下水道局河川部河川計画課 1995 p. 13、32にいたち川の整備についての記載、p. 21に昇龍橋の写真と簡単な解説がある。 付録に「境川流域絵図」もついている。 横浜市下水道局河川設計課/編 横浜市下水道局河川設計課 1998 シート資料。 「低水路整備事業」「ふるさとの川整備事業」など、河川整備や自然環境の保全の視点からまとめられている。 自然の変化がわかる昭和35年頃と平成9年の地図の比較や、いたち川で確認された代表的な生きものの写真もあり。 吉村伸一/〔ほか〕著 〔横浜市下水道局河川部〕 〔2011〕 シート資料。 土木学会デザイン賞2011応募資料 デザイン賞選考小委員会事務局/〔編〕 土木学会景観・デザイン委員会 1998 土木学会デザイン賞2011の受賞作品の紹介の中でいたち川も紹介されている。 横浜市環境科学研究所/編 横浜市環境科学研究所 1996 「第3章 境川水系」のうちp. 101~p. 172に、いたち川の魚類・藻類の分布や水生動物と底質の関係についての論文が掲載されている。 なし 横浜市環境創造局環境科学研究所 2009 2006、2007年度の調査実施か所に、いたち川が入っており、水質、生物等の調査結果が見られる。 吉村伸一 横浜市企画財政局都市科学研究室 1982 雑誌論文。 35~42 横浜市の自然の残された川のひとつとして、いたち川についても触れている。 月刊下水道編集部 環境公害新聞社 1992 雑誌論文。 81~84「おまけの水環境情報(横浜編) 市民に親しまれる水辺ガイド」に、いたち川についての記述がある。 古武家 善成 環境技術学会 2004 雑誌論文。 863~865で、横浜市の河川行政、いたち川の過去・現在、河川整備等について述べている。 まがりくねった川だったいたち川は、水害の多い川でもありました。 特に昭和30年代には、何度も水害に見舞われていましたが、現在は整備され、水害が減っています。 「」でご紹介した資料にも記載がありますので、あわせてご覧ください。 いたち川の災害の歴史や、最新情報が分かる資料・Webページ 書名 著者 出版者 出版年 備考 郷土戸塚区歴史の会/編 戸塚区老人クラブ連合会 1979 p. 240に、大正9(1920)年・昭和36(1961)年の水害についての記載がある。 「栄街のうつりかわりアルバム」編集委員会/編 横浜市栄区役所 1992 p. 26「いで立ちの川」の項に、吉田兼好の和歌や昭和30年代の災害についての記述がある。 いたちかわらばん 2002夏 いたちかわらばん 2003冬 なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 2002 「」でも紹介している資料。 2002夏号に「いたち川氾らんの記憶」、2003夏号に「いたち川の記憶」という記事がある。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 2002夏 横浜市 栄区 いたちかわらばん 2003冬 横浜市の災害 横浜市総務局危機管理室緊急対策課/〔編〕 〔横浜市総務局危機管理室緊急対策課〕 1978- 横浜市内で発生した地震や風水害の記録をまとめた年報。 Web版では、平成12年以降の資料をダウンロードできるほか、区別の災害索引、「横浜市で発生した風水害 大正6年~平成15年 」も見られる。 横浜市 総務局 危機管理室 横浜市の災害 横浜市安全管理局危機管理室/〔編〕 横浜市安全管理局危機管理室 2014 大雨時に想定される下水道や水路に起因した浸水区域や水深などの様々な情報をまとめたマップ。 Webでも閲覧可能。 横浜市 環境創造局 下水道事業マネジメント課浸水(内水・洪水)ハザードマップ 【Web】 なし 横浜市道路局 なし 「昭和45年7月洪水の浸水状況 (いたち川:天神橋付近)」として、洪水の写真が掲載されている。 【Web】 なし 横浜市道路局 なし 「河川水位情報」の「境川水系」の中に、「いたち川 水神橋 栄区笠間町」「いたち川 城山橋 大いたち橋 小菅ケ谷」があり、水位や直近の写真が確認できる。 過去データもあり。 いたち川には、横浜最古の石橋として有名な「昇龍橋」をはじめとする数多くの橋がかかっています。 いたち川の橋についてわかる資料 書名 著者 出版者 出版年 備考 いたちかわらばん 53号(2011春) なし 〔イタチ〕川OTASUKE隊 2011 「」でも紹介している資料。 53号(2011春)に、橋の数や名前の由来などが掲載されている。 Webでも閲覧可能。 横浜市 栄区 いたちかわらばん 53号(PDF 2. 67MB) 小寺篤/著 秋山書房 1983 p. 113~115に「海里橋」、p. 130~132に「昇龍橋」の紹介がある。 神奈川県土木部道路整備課 神奈川県土木部道路整備課 1992 p. 31「昇龍橋」の項に、写真・略地図・簡単な解説がある。 飯島小学創立30周年記念事業『飯島の歴史』編集委員会/編 横浜市立飯島小学校 1999 p. 32~34「1. 飯島の自然」の項に、いたち川の氾濫や、いたち川にかかっている「田立橋(現在のいたち川橋)」の歴史についての記述がある。 横浜市都市計画局都市デザイン室/〔編〕 横浜市歴史的資産調査会 2002 横浜市の土木遺産を紹介した資料。 24~25に「昇龍橋」の写真と紹介がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 2000 p. 52~53「栄区 〔イタチ〕川上流に、横浜で現存最古の石橋、昇龍橋」の項に、写真と解説がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 1995 p. 56「旅先ガイド 特選29 パート 5 栄区 〔イタチ〕川昇龍橋」の項に、写真がある。 なし 横浜市市民局相談部広報課 1997 p. 127「栄区 〔イタチ〕川」の項に、大いたち橋の写真がある。 本郷郷土史研究会/編 戸塚区役所本郷支所 1982 p. 55~58に「〔イタチ〕川と海狸橋と河童」が掲載されているほか、「〔イタチ〕川」「出立川」が出てくる話が複数ある。 栄区民話紙芝居制作実行委員会/編集 林一則/原作 栄区民話紙芝居制作実行委員会 1999 横浜市栄図書館開館10周年を記念して作成された紙芝居。 いたち川にかかる「大いたち橋」「小いたち橋」の由来を描いている。 栄区民話紙芝居制作実行委員会/編集 大泉ひろこ/文・絵 栄区民話紙芝居制作実行委員会 1999 横浜市栄図書館開館10周年を記念して作成された紙芝居。 いたち川にかかる「昇龍橋」にまつわる伝説を描いている。 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

【楽天市場】福島の地酒 > 蔵元で探す > 会津地方 > 榮川酒造(磐梯町):開成屋

川 栄 旦那

栄川乃亜デビュー情報・無修正情報 身長147cm、バスト79cm Bカップ)の恵まれた体型で、ロリータ街道をまっしぐら…と思いきや、デビュー作は歯科助手という働くお姉さん設定なんですね。 ただ2ndでは〇学生設定となり、ろり開花といった感じでしょうか。 3rd作品のkawiiでは唯一佐々木ゆう名義でのリリースになっています。 その後飛ぶ鳥を落とす勢いでリリースは続き、2018年現在もその勢いは留まるところを知りません。 CS放送や映画、写真集、イメージDVD等、栄川乃亜は若干20歳にして今波に乗っている女優さんです。 事務所に自ら応募したそうですが、当初はパーツモデルや撮影会のモデルをやりたいと思っていたとのこと。 性格的に向いてるし、やったらみんな絶対楽しいと言う…との誘い文句に、どうやらなびいたようです。 「みんな」とか「絶対」という言葉が胡散臭いですが、その後の活躍ぶりを見れば、性格的に向いていたのは証明されたようです。 栄川乃亜現在の活動・風俗店勤務情報 現在も好調にリリースは続き、2017年10月にはアイドルユニット「ルルディ」を霧島さくらと組んでライブ活動もされているようです。 2018年6月には初のワンマンライブを成功させているので、多くのファンに支持されていることが伺えます。 も運営しており、ブログや販促グッズなども購入可能です。 SNSはを始め、も行っていますので、栄川乃亜の情報には事欠かないことでしょう。 ファンを大事にする姿勢と何事も楽しんでやるというスタンスが、栄川乃亜の活動の根幹にあるようです。 第一線で活躍を続けるには、可愛さだけではない理由がちゃんとあるのですね。

次の