ビタミン b12。 ビタミン神話崩壊?過剰なビタミンB12摂取は死亡リスクを高める可能性有り。|五本木クリニック院長ブログ

ビタミンB12の効果・効能

ビタミン b12

神経痛で当たり前のように処方されるビタミンB12の効果は疑問!! メチコバールはエーザイが販売している製品名で、その成分はメチルコバラミン 英: Methylcobalamin といって、コバラミン ビタミンB12 の一種です。 ドラッグストアでも手軽に手に入れることのできる「神経痛・腰痛」の薬にも含まれています。 当院は整形外科はやっていませんけど、帯状疱疹で神経痛の後遺症がのこってしまう場合、痛み止めとともに苦し紛れにメチコバールを処方することが、極々たまに「痛みに対する効果はバシッは効かないけど、神経の損傷の回復を早めるからね」と一言添えて。 2020年2月15日追記 最新の医学論文ではこのようなことがわかってきています。 ビタミンB12の濃度が高いと死亡リスクも増加する、という予想外の結論になっています。 ビタミンB12が神経痛や痛みに効果があるのか? という素朴な疑問を持たざる得ないんです。 神経痛が自然治癒したのか、ビタミンB12の効果で回復したのかの見分けがつかないくらい、効果のある人にはあるし、ない人には全くないビタミンB12です。 ビタミンB12は重篤な副作用がないために、おまじない程度に処方している「痛み関係の医師」もいるかもです、だって、ずーっと飲んでいる人でも腰痛や神経痛が治った人って滅多にいませんから。 メチコバールは当院でも常備薬として在庫してますが、本当に痛み系に効果があるのか、以前から疑問に思っていましたので、帯状疱疹の後遺症以外には使っていません。 そもそもビタミンB12って何だ?? では医療機関で使用されるビタミンB12ってそもそも何なんでしょうか?一般的には医療機関では「手足のしびれや神経痛、血液中のヘモグロビン(酸素を運ぶ役目)の合成を促す、神経細胞の一部の合成に関連している」なんて感じで医療関係者には理解されているはずです。 でも、メチコバールの添付文書には効果としては「末梢性神経障害、ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血」としか記されていません。 ということは神経痛とか、腰痛などの痛みに対しての効果・効能は全く記されていないのです。 痛みが末しょう神経障害が原因であれば適応症として「末梢神経障害」があるんで使用して全く問題は無いでしょうけど、お祈り的に処方されている感が強いビタミンB12です。 ビタミンB12は食べ物としては動物由来のものに多く含まれています。 極端な菜食主義者の方は当然ビタミンB12が欠乏する状態になりますから、多分、サプリなんかで補っているのでしょうね。 ビタミンB12の効果を裏付ける論文って・・・ ほうぼう探しまわりました、ビタミンB12が神経痛や腰痛に効果があることを証明している論文。 私の調査能力不足の為、と思いたいのですが、これは明らかに効果を示している、この論文は疑う余地が無い、と言い切れるモノって見つかりませんでした。 いくつか「これはビタミンB12の有効性を表している!!」と飛びついた論文もあったのですが、ビタミンB12単独ではなく他の薬も併用していたり、他のビタミンBが混じっていたり、結局メチコバール等のビタミンB12が優位に痛みや神経障害に効果がある、という論文はありませんでした。 pub medというサイトで医学論文のアブストラクトは見ることができますが、詳しい内容は有料のものが多いです。 唯一、ビタミンB12の有用性を確かめているな、というのがわかる論文は「 Comparison of two modes of vitamin B12 supplementation on neuroconduction and cognitive function among older people living in Santiago, Chile: a cluster randomized controlled trial. a study protocol. 」というものなんですが、チリで行なわれる300人に協力してもらう予定の二重盲検による効果判定です。 でも、まだ結果は出ていません。 メチコバールは菜食主義者や胃の手術をされた方などには有効性のあるビタミン剤です。 しかし、腰痛や膝痛に対して十分効果があることは、不明という結論に達しました!!.

次の

シアノコバラミン

ビタミン b12

【結論】お得なビタミンB12サプリメント。 上記の比較表はご覧になりましたか? 以下に分野別にどのメーカーのビタミンB群サプリメントが優れているかまとめました。 お買い得部門 合成サプリメントの中では、「DHC」が殆どの栄養素で、100円当たり含有量で一番多いです。 ただし、ビオチンを含んでいないのは残念です。 天然サプリメントの中では「ナチュレサプリメント」がダントツに含有量が多いです。 お手軽部門 コンビニやドラックストアで手軽に買えることから、「ファンケル」と「DHC」を選定しました。 こだわり部門 「ナチュレサプリメント」が、すべて天然素材を原料としていることや、ビタミンの吸収を助ける「タイムリリース加工」を施していることから、選定しました。 総合評価• すべてのビタミンB群が高配合で、大豆やパセリなどの天然素材から作られているため、毎日安心して摂ることが出来ます。 また、効率よくビタミンを吸収できるタイムリリース加工を施していることも、高い評価を得ています。 これだけのクオリティーのサプリメントは類を見ないため、問答無用の1位となっています。• 合成サプリメントであるものの、コンビニで買えるお手軽さと、高い含有量が魅力的です。 タイムリリース加工とは? ビタミンB群は、水に溶け易い性質であるため、尿や汗などから体外へ排出されやすい性質を持っています。 このため、通常のサプリメントであれば、一度に大量に摂取してもすぐに排出されてしまいます。 タイムリリース加工は、ビタミンが長時間体内で活躍出来るように、ミクロのカプセルでビタミンを包みこみ、 ゆっくりと溶け出させる加工を施した物です。 このような加工を施しているサプリメントは、まだあまり見かけることはないですが、今後、メーカーの技術力向上に伴って、増えてくることが考えられます。

次の

ビタミンB群

ビタミン b12

ビタミンB12不足によるビタミンB12欠乏症の症状 ビタミンB12欠乏症の症状は多岐におよびます。 欠乏が軽度の場合、症状が現れない場合がありますが、貧血症状、脾腫、肝腫大、舌炎、ハンター舌炎、食欲不振、便秘、腹痛が生じます。 また、神経系にも影響があり、痺れ、反射の変化、味覚障害、心機能低下、生殖率低下、思考の低下、うつ病、興奮、情緒不安定、イライラなどが出る可能性があります。 子供においては、症状は成長障害、発達障害、運動障害、脳発達障害などがあり、早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になる可能性があります。 ビタミンB12不足による貧血(巨赤芽球性貧血)の症状 ビタミンB12は赤血球の合成にかかわるため、貧血の症状を起こす可能性があります。 貧血の症状としては舌炎、深部知覚低下、年齢に不相応な白髪、腱反射減弱、しびれ、倦怠感、疲れやすい、だるい、めまい、動悸、息切れ、眠気、吐き気、胃痛、頭痛、肩こり、頭が重い、顔色が悪い、食べ物が飲み込みづらい、口の端が切れる、舌の表面がツルツルになる、硬いものを大量に食べたくなる、酸味がしみる、爪が割れやすい、枝毛・抜け毛が増える、肌がカサカサするなどがあります。 ビタミンB12不足による不眠症・睡眠障害の症状 ビタミンB12は睡眠と覚醒のリズムを調整するメラトニンの合成に関わるため不眠症の症状を起こす可能性があります。 不眠症の症状として眠れない(入眠困難)、早く目が覚める(早朝覚醒)、夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)、寝れた気がしない(熟眠障害)があります。 また、日中でも眠気、疲労、集中困難、気分の落ち込み(抑うつ気分)などの症状がでる可能性があります。 ビタミンB12不足による神経の症状 ビタミンB12は末梢神経や中枢神経の機能の維持に関わります。 末梢神経には運動神経、感覚神経、自律神経があり、それに関わる症状として筋力低下、筋肉委縮、手足をうまく動かせない、物を取り落とす、歩きにくい、痺れ、手足のピリピリ・ジンジンする痛み、感覚が鈍くなる、痛みの感覚が鈍る、反射の変化などの知覚障害、味覚障害、立ちくらみ、発汗異常、排尿障害、下痢、便秘、眼精疲労などがあります。 中枢神経については脳からの神経伝達に関わるため、一様には言えません。 主に神経痛などがあります。 ビタミンB12不足によるうつ病の症状 ビタミンB12はうつ病の要因であるセロトニンの合成に関わるためビタミンB6はうつ病またはうつ症状引き起こす可能性があります。 症状としては抑うつ気分、思考力の低下、意欲の低下、眠れない(入眠困難)、早く目が覚める(早朝覚醒)、夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)、寝れた気がしない(熟眠障害)、食欲不振、体重の増減、甘い物が欲しくなる、疲労、倦怠感、頭痛、頭重感、様々な部位の痛み、便秘、動悸、胃痛、息苦しさ、窒息感、発汗、月経の不順、勃起の障害、性欲の低下など様々な症状を引き起こします。 ビタミンB12不足による高ホモシステイン血症の症状 ビタミンB12は葉酸とともにホモシステインからメチオニンの合成に関わるため、不足すると高ホモシステイン血症になります。 ホモシステインは動脈硬化の因子を抑制をするということが確認されているため、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、心不全、肥満などの原因になりますが、自覚症状はほとんどありません。 ビタミンB12不足による症状まとめ ビタミンB12の不足による症状は以下の通りです。 倦怠感、疲労、疲れやすい、だるい• めまい、動悸、息切れ、立ちくらみ、眼精疲労• 舌炎、ハンター舌炎、舌の表面がツルツルになる、口の端が切れる• 食欲不振、下痢、便秘、腹痛、胃痛、発汗、吐き気、頭痛、腰痛、頭重感、肩こり、頭が重い、顔色が悪い、体重の増減• 眠気、眠れない(入眠困難)、早く目が覚める(早朝覚醒)、夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)、寝れた気がしない(熟眠障害)、• 痺れ、反射の変化、筋力低下、筋肉委縮、手足をうまく動かせない、物を取り落とす、歩きにくい、痺れ、手足のピリピリ・ジンジンする痛み、感覚が鈍くなる、痛みの感覚が鈍る、腱反射減弱、深部知覚低下、神経痛• 抑うつ気分、思考力の低下、意欲の低下、気分の落ち込み(抑うつ気分)、思考の低下、うつ病、興奮、情緒不安定、イライラ、集中力低下• 成長障害、発達障害、運動障害、脳発達障害、心機能低下、排尿障害• 爪が割れやすい、枝毛・抜け毛が増える、肌がカサカサする、年齢に不相応な白髪• 甘い物が欲しくなる、食べ物が飲み込みづらい、硬いものを大量に食べたくなる、酸味がしみる、味覚障害• 脾腫、肝腫大• 息苦しさ、窒息感• ビタミンB12の不足・欠乏による病気については以下を確認してください。 ビタミンB6の関連記事.

次の