アドリア ベルナベ。 アドリアン・ベルナベとは

【海外の反応】バルサのカンテラで「最も才能のある若者」がシティに流出へ

アドリア ベルナベ

FCバルセロナの下部組織チームにおいて、今週末最も活躍した11名の選手達をピックアップした。 先発出場し、見事なフットワークとスピード感のあるプレーを見せた。 マジョルカ戦では幾度も攻撃に転じたが、惜しくもフベニールAはシーズンで初めて引き分け、勝ち点2を失った。 マルク・アレグ カデテB SBアレグレはトルトサ戦 1-3 で今シーズン初のゴールを決め、チームの勝利に貢献した。 ポル・ムニョス インファンティルB 今シーズンのサプライズとなったこの選手は前シーズン、ジェイダよりバルサへと移籍し、アレヴィンBでプレーした後にインファンティルBへと移った。 素晴らしい順応力で、ミッドフィルダーとしても右サイドバックとしてもプレーできる。 MF アレックス・コジャード フベニールA あまり目立つ選手ではないが、ガブリ監督の厚い信頼を得ている。 マジョルカ戦ではかなり完成度の高いプレーをし、最後に同点打のゴールを決めた。 アドリア・ベルナベ カデテA シーズン開始後、素晴らしい活躍ぶりである。 ゴールのみならずアシストにおいても目を見張るほどのレベルの高さを見せ、ラピテンカ戦でも得点を決めた。 チャビ・シモンズ インファンティルA インファンティルAの主将チャビ・シモンズは、ベンチから交代で入場しこの試合初めてのゴールを決めた。 その後も何度も攻撃を繰り返しライバルを脅かし、ディフェンスにおいても的確なプレーをした。 トニ・カラバカ インファンティルB セルジ・ミラ監督率いるインファンティルBはカンブリルスに3-0で勝利した。 カラバカはシンプルなプレーながら判断において誤りがなかった。 ゴールを決めるまで攻撃の手を休めることは無かった。 アンスマネー・ファティ カデテA ラピテンカ戦でアンスマネーはパーフェクトなハットトリックを決めた。 しかも1点目は右足で、2点目は左足で、3点目はヘディングでのゴールだった。 負傷で長い間欠場していたのが噓のようである。 フェルミン・ロペス インファンティルA アンダルシア出身のロペスは試合全体を通じて非常にアクティブだった。 試合前半では左サイドから大胆に攻撃を展開し、試合後半では中央でプレーし、4名のディフェンスをドリブルで抜きゴラッソを決めた。

次の

バルサのカンテラーノ、パブロ・モレノがユヴェントスへ移籍

アドリア ベルナベ

今週に入って、一気に6人が新契約書にサイン バルサBのプレシーズンが数日後に始まるというのに、フベニールから昇格する若者たちとの契約がことごとく間に合っていなかった件が解決されました。 バルサは今週に入ってから、6月末で期限切れとなっていた6選手との契約を相次いで延長。 モンチュ、 ハンドロ・オレジャナ、 ギリェム・ハイメ、 ミンゲサ、 ファン・ミランダと続き、昨日 アレックス・コジャドとの契約更新を終えています。 有望株たちとのサイン儀式が終わり、これでようやく一安心。 あとは彼らが一人でも多くトップチームの扉を叩くことができるよう、 ガルシア・ピミエンタ監督のもとで成長していくことを祈ります。 欧州を制したメンバー この6月から7月にかけ、FCバルセロナとの契約を更新したキラキラ星たちは以下になります。 名前(ポジション)/契約終了年(延長オプション)/契約解除金/備考• 2020年まで(+3年)。 1億ユーロ。 2020年まで(+2年)。 1億ユーロ。 昨季からバルサBでもプレー。 2021年まで(+2年)。 1億ユーロ。 バルサBデビュー済み。 人気者。 線が細い。 2021年まで(+2年)。 1億ユーロ。 昨季からバルサBでもプレー。 オールラウンドなアタッカー。 2021年まで(+2年)。 2億ユーロ。 昨季からバルサBでもプレー。 今季はトップ昇格も期待される。 長期負傷から回復。 セルヒオの後継者として期待。 2021年まで(+2年)。 1億ユーロ。 バルサBデビュー済み。 2021年まで(+2年)。 1億ユーロ。 カピタンの1人。 2021年まで(+2年)。 1億ユーロ。 2020年まで(+2年)。 1億ユーロ。 2021年まで(+2年)。 2億ユーロ。 バルサBデビュー済み。 2021年まで(+2年)。 5,000万ユーロ(トップ昇格で1億ユーロに)。 バルサBデビュー済み。 テクニシャン。 たくさん更新しました。 ポルテーロ(GK)の イニャキ・ペーニャとも4月に更新しているので、ほぼチーム丸ごと。 全員18~19歳で( オレジャナのみ17歳)、5月にUEFAユースリーグ優勝を達成したチームのメンバーたちです。 もし ピミエンタがバルサB監督に昇格していなければ、移籍を選んだ選手も複数いたでしょう。 特徴はお分かりのように、契約解除金が1億ユーロ以上に設定されていること。 トップ昇格が期待される オリオル・ブスケツと ファン・ミランダは2億ユーロです。 個人的に期待している コジャドは唯一5,000万ユーロですが、トップ昇格で1億ユーロへと増額。 契約満了年が2021年の選手たちが特に有望視されています。 下の世代は移籍を選び・・・ 一方、バルサは今年 セルヒオ・ゴメス(ドルトムント)、 ロベルト・ナバーロ(モナコ)、 パブロ・モレノ(ユベントス)、 アドリア・ベルナベ(マンチェスター・シティ)、 ジョエル・ロペス(アーセナル)らを失ってもいて、逸材の流出が続く状況は変わっていません。 特徴としましては、フベニールAでプレーしていた セルジ・ゴメス以外の ロベルト・ナバーロ、 パブロ・モレノ、 ジョエル・ロペスが16歳、 ベルナベが17歳と、契約更新した選手たちの下の世代であること。 16歳になり、カデテからフベニールに上がる年代はプロ契約可能なビッグクラブに引き抜かれがちです・・・.

次の

バルサ期待の16歳が英国流出? 3年契約オファー拒否か、ユナイテッド移籍報道(Football ZONE web)

アドリア ベルナベ

DFマルク・フラド、今夏のイングランド行きを選択か バルセロナに所属する16歳のDFマルク・フラドは契約延長を拒否し、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍を目指すようだ。 米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。 フラドは4月に16歳となり、プロ契約を結ぶことができるようになった。 しかし、バルセロナからのオファーを断っている。 バルサはフラドに対して3年契約をオファー。 初年度の年俸は6万ユーロ(約690万円)で、3年目には10万ユーロ(約1150万円)まで上がるものとなっている。 さらに、Bチームでデビューを果たせば、20万ユーロ(約2300万円)が上乗せされるという。 しかし、今季はU-16のチームでプレーしていた右サイドバックは、このオファーを受け入れずに、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド入りを決めたようだ。 バルサとフラドが結んでいる非プロの契約が今夏で終わるため、ユナイテッドは20万ユーロ以下の支払いだけで、選手を獲得できるという。 バルサはアカデミー育ちのDFエリック・ガルシアとMFアドリア・ベルナベの2選手を、マンチェスター・シティに取られたばかり。 ユナイテッドは2年前に、バルセロナを本拠地としているエスパニョールから、MFアルナウ・ピグマルを獲得している。 今回、フラドがラ・マシアからユナイテッド移籍を決断すれば、2004年に17歳でユナイテッド入りをしたスペイン代表DFジェラール・ピケ以来のこととなる。 バルサ側は、選手を失うことを腹立たしく思っており、特に代理人であるカルロス・ラクエバ氏の振る舞いに不満があるという。 それでも、フラドとU-16でチームメートであり、将来を嘱望されるMFガビ、FWイリアス・アコマクとは、プロ契約を結べる見込みだという。 選手の移籍金が高騰しており、各クラブ若いうちに逸材を抑えたいという思惑がある。 フラドの移籍は、両クラブの関係にどのような影を落とすだろうか。 Football ZONE web編集部.

次の