ピーター ラビット お父さん。 「父親がパイにされて食べられてしまった」を再現!? ピーターラビットのコラボカフェのメニューがかなり攻めている

日本のサイトの「ピーターラビットのお父さんの紹介」が残酷すぎる!【台湾人の反応】

ピーター ラビット お父さん

日本でピーターラビットのパパが大変なことになっていると話題にwww 一般的に父親は家族のために外に出かけて仕事をするもの。 それゆえ、作品の中でお父さんの出番がお母さんに比べると少ないというのはよくある事ですよね。 皆さんご存知の『ピーターラビット』。 このシリーズの絵本を読んだことがある子どもたちなら、ピーターラビットのお母さんは見たことがあるんじゃないでしょうか。 でも、父親って確か見たことがないような……? 最近、日本のネット住民がピーターラビットのサイトで、お父さんのとんでもない真実を発見しました。 しかも、それがちょっと子供には残酷すぎる設定で……。 ピーター・ラビット ピーターラビットの名前の由来は作者のピーターさんが小さい頃に飼っていたウサギから。 病気がちな子どもを励ますために、暖かくてかわいらしいピーターラビットの物語は誕生しました。 ピーターラビット一家は森の中のモミの木の穴の中にお母さんとピーターのお姉さん3匹と共に暮らしています。 「金出せよガキ」(本当はボタンを留めてるところですw) ある日、お母さんは買い物に出かけますが、家を離れる際、子どもたちに、絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけないと言います。 それはお父さんのようにパイにされて食べられてしまうことがないようにです… パイにされて食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた…… ピーターのお父さんの紹介 この残酷な事実……。 ピーターラビットファンにとっては常識なのでしょうか!? 私にとってはちょっと驚きの事実……。 写真以外にもとても悲しい事実が載せられています。 なんて美味しそうなんだ!!(違 日本のサイトで紹介されているピーターラビットのお父さん ピーターラビットのオカルトシリーズはこのお父さんの話だけではありません。 『he Tale of Samuel Whiskers or The Roly-Poly Pudding』という本の中にもこんなシーンがあります。 猫のお母さんと2匹の子猫たちが古いお部屋の中に住んでいました。 ネズミ夫婦もまたこの家の隙間に住んでいました。 ある日、猫ママは1匹の子猫がいなくなっていることに気付きました。 みんな慌てて探していると、突然、木の床の下から伸ばし棒をごろごろ転がす音が聞こえてくるではないですか。 よくよく調べてみてやっとわかったのは…… なんとネズミ夫婦の共同作業による猫肉ロールのできあがり~って、おかしいだろ~<囧> この子猫ちゃんはお母さん猫により救出されましたが、大きくなってもトラウマが残って……しまったかは定かではありません。 恐ろしい・・・ それから、3匹の子豚のお父さんの写真がどんな風に写っているか、皆さんはご存じですか? 台湾人の反応• この記事で一番恐ろしいのは……最後の写真の中でピアノを弾いている子豚の首が180度回転していることだ……• ハハ、よく気づいたなw• 笑える〜wwwwww• 結論は、彼らのお父さんがとっても美味しかったってこと(!?)• お父さんは三蔵法師みたいに食べられた!?• 吹き笑いwww• イギリスのLake District〜小動物商店!!!• 小さい頃、ピーターラビットが大好きだったけど、実際、ネズミが猫ちゃんを食べようとした時はマジでビックリした……(そんな事があったから大きくなって猟奇的な事が好きになったのかは定かではないけどね)• 残酷な事実だな!!!!• 今日初めてこの恐ろしい事実を知ってしまった……お父さんがかわいそう…. QAQ• ピーター達ももう悟ってる感じだなw• 兎肉のパイに……猫肉ロール……• ピーターラビットのお母さん「絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけない」と言います。 「パパのようにパイにされて食べられてしまわないようにね」……この部分、名作だ!!!• 実際にはキリトとアスナに食べられたw• 俺の幼い頃の思い出を壊さないでくれ〜• お父さんが浮気相手と逃げちゃった話題みたいに、あんまり早い段階で子どもに伝えない方がいいこともある……• この、本物???• 3匹の子豚のお父さんがソーセージになっちゃった……• これって本当に公式サイトなの?? 疑ってしまう……• ラビットのお母さん、本の中で、お父さんは食べられたって言ってるよ〜• ちょっと、これ見てよ、すごく怖いから!!• 私のピーターラビットに対する想いを壊したくないから読まなかったwww• なんなんだよ、これwww すっげー怖いじゃんhahahahaha• 超怖いでしょ!!! これ見た瞬間あんたのこと思い出したよw• 小さい頃、この本を読んでいても何も感じなかったけどね〜。 パイにされて食べられた……残忍だけど、なかなか面白い設定だねwww• 美味しそうだな!!www• お母さんは出てくるけど、お父さんが出てこない童話ってたくさんあるよね。 みんなパイにされて食べられちゃったってこと??• 面白いねwww 15875 : 名無さん:2013年5月30日 20時47分 ID:ODI5Mjk4 なるほど、こういう物語ってのは生活に密着してるだけに 当時の生き物に対する感覚を知ることができる訳だ。 現代のように「かわいそう」だの「残酷」だのと言う価値観なんてむしろ異端だったことが分かる。 ある意味、キリスト教的な「動物の生殺与奪権は人間にある」という文化的背景と、 活きるためには動物を殺すことが当たり前という生活観が普通だったって事だな。 それがなぜ・・・・・今や動物を食うことすら可哀想だと命の差別をするようになったのか・・。 それもまたキリスト教圏のいびつな生命に対するヒエラルキー価値観によるものだ。 結局は「殺しても当たり前、食っても当たり前」と「可哀想だ」の奴等の中での本質は同じではないだろうか? つまり絶対者としての人間は何をやってもいいという前提の下、 「食う」か「哀れむ」かのベクトルが違うに過ぎないって訳。 そういう命の差別にだけは日本人は染まって欲しくないものだな。 ウサギも豚も鯨も猫も牛も同じ命、食うときは感謝していただくだけだ。 魚を捌く、エビ・カニを茹でる事にまでヒステリーになる奴等とは永遠に相容れんよ。 そんな綺麗事で飾り立ててる時点で歪だな 魚にしろ牛にしろ羊にしろ、実際に捌いてる人たちは実にドライに くびり殺して血を抜き、皮をはいで内臓を引き出す 獲物や家畜は財産であり食物であり、それ以上のものではない いちいち命がどうこうとのたまったりしない そんなことを気にするのは実際に自分の手で殺すことが生活の一部になっていない消費者だけだ もっとも、素朴な(つまり産業化されていない)狩猟民放牧民は 動物を通じてそれを与える自然とか神とかより大きな存在に対してスピリチュアルな敬意は払うが.

次の

『ピーターラビット』のお母さんが教えてくれた「大切な人との関わり方」と「愛情」について|メンドク 小説の名言からメンタルを変えて行動に変える「名言のトリセツ」

ピーター ラビット お父さん

『ピーターラビットのおはなし』初版 著者 絵 ビアトリクス・ポター 国 イギリス 言語 英語 ジャンル 子どもの絵本 出版社 フレデリック・ウォーン社. 出版日 1902年10月 出版形式 ハードカバー ページ数 56 次作 ピーターラビットのおはなし(: The Tale of Peter Rabbit)はが文章および挿画を手掛けた子ども向けの絵本である。 イタズラ好きのが、マグレガーさんの庭でいたずらをし、見つかって追われるが、結局脱出することができたという内容である。 物語は1893年に、ポターの元家庭教師、アニー・カーター・ムーアの5歳の息子ノエル・ムーアのために執筆された。 1901年にポターによる改訂を経て自費出版された。 その後、いくつかの出版社から出版を断られるも、商業出版として1902年にフレデリック・ウォーン社より刊行された。 この本は商業的な成功を収め、その年のうちにすぐ複数回増刷された。 この本は36もの言語に翻訳された。 4500万部も売れたである。 あらすじ [ ] この物語は擬人化されたの家族の話である。 寡婦となった母親うさぎが子供たちに、お父さんは畑に入り、マグレガーさんにつかまりにされたことを伝え、「マグレガーさんの畑に入らないように」と忠告する。 子供のうち3匹の娘のうさぎたちは母親のいうことを聞いて、畑には入らずを摘みに行ったが、いたずら好きのピーターはマグレガーさんの畑に入り、おやつに畑の野菜を食べてしまった。 野菜を食べ過ぎてお腹が痛くなったピーターは、を探しに行った。 しかしピーターはマグレガーさんに見つかってしまった。 ピーターはジャケットと靴が脱げるほどの勢いで逃げた。 小屋にあったに隠れたが、マグレガーさんに見つかってしまう。 しかしピーターは何とか逃げ切り、ついにマグレガーさんはピーターを見失った。 マグレガーさんが飼っている猫の後ろをそっと通り過ぎ、遠くからピーターが最初に入った門を見つけた。 しかしながらその時ピーターはまたマグレガーさんに見つかってしまい、追いかけられる。 ピーターは一目散に逃げ、門に引っかかってもがくが、なんとか外に出ることに成功した。 逃げ切ったものの、ピーターはジャケットと靴を畑に忘れて行ってしまった。 ジャケットと靴は、マグレガーさんの畑の案山子に吊るされることとなった。 家に帰るとピーターは具合が悪い様子だったので、お母さんはベッドまでピーターを連れて行って寝かしつけた。 ほかの行儀のよい子供たちは夕食は豪華にパンとを食べ、ミルクを飲んだが、ピーターはのお茶を飲んだ。 出版までの経歴 [ ] 私家版 [ ] ポターは『ピーターラビットとマグレガーさんの畑』というタイトルの作品を出版社に送ったが、原稿は出版社から送り返されてしまった。 ポターは自らの本がどのような見た目のものになるべきか十分理解しており(フォーマットと書き方はの 『』を元にしていた)、出版社の拒絶にストレスを感じていた。 ポターはこの本が「いくらかかるのか」についてもすでに考えていた。 ポターは自分で本を出版することを決意し、1901年の12月16日に、自分で250冊もの『ピーターラビットのおはなし』を印刷し、友達や家族に配った。 出版社からの刊行 [ ] 1901年、ポター家の友人で時々詩人として活動をしていた聖堂参事会員のハードウィック・ローンズリーはポターの物語を書きかえ、ひどい出来の教訓的な詩に変えて、ポター自身のイラストと修正した原稿を半分程度添え、フレデリック・ウォーン社に提出した。 ウォーン社は以前、ポターの原稿を拒否し、ローンズリー版も拒絶したが、ポターの完全な原稿を見たがっていた。 ウォーンは、『ピーターラビットのおはなし』が大人気であるヘレン・バナーマンの『ちびくろサンボ』やその時売られていた他の児童書と競合できる機会を与えてくれるのではないかということで、ポターの本に関心を示すようになった。 ウォーンがイラストに色がない理由を尋ねたとき、ポターは、ウサギの茶色や緑色は色つきの絵にするには面白くないと答えた。 ウォーンは本を出版しないと言ったが、将来出版できるかもしれないという可能性が開かれた。 ウォーンは「うさぎ本」(ウォーン社はこのように本を呼んでいた)の全体に挿絵を入れることを求めた。 そして挿絵を「42枚から32枚」に絞ることを示唆し、さらにどれを削除すればいいか印もつけた。 当初、ポターは本の絵に色を入れなかったが、着色しないという頑固な態度は良くないと気付き、「数枚の色つきの絵と、私家版」をウォーンに送った。 そしてウォーンは絵本のイラストレーター、レズリー・ブルックにその絵を提出し、意見を求めた。 ブルックはポターのイラストに感激し、そしてブルックの推薦は幸運にも小型絵本のブームの時期と一致していた。 一方、ポターは『』の作者の(子どもが本を欲しがっていた)や友人、家族に自分で印刷した本を渡し続けていた。 250冊分が配り終えた時には、さらに200冊用意され、ポターは、最愛のペットのピーターが死んだとある1冊に記している。 ポターとウォーンは5000冊を発行することで同意し 、1902年6月にはついに公式に契約を結んだ。 ポターは、公式に刊行されるまで必要であれば絵を描き足したり、句読点を見直したり、必要なところは絵を書き直したりして、編集プロセスに深く関わった。 挿絵用の版木や文章は印刷業者エドマンド・エバンスに送られた。 ポターはゲラを受け取って校正し、公式に刊行される1902年10月上旬前には初版8000冊が売り切れた。 その年の終わりには28000冊印刷され、1903年の中旬には第5刷まで出来て同じ月には第6刷も出来上がった。 最初に商業出版された1年後には56470部が印刷された。 文芸批評 [ ] レーモン・ロスは " Storyteller: The Classic that Heralded America's Storytelling Revival" で、語るに適した物語と読書に適した物語の違いについて書いたが、『ピーターラビット』シリーズは読書のために作られた物語であると説明した。 彼は、ポッターがサスペンスと緊張感の混合を作りだしたと思い、ロスが続けて書いた説明によると、ポターは幼い読者が読みやすいように文体を「読みやすい無駄のない文章形態」で書いていた。 脚注 [ ]• Hallinan, Camilla 2002 , The Ultimate Peter Rabbit: A Visual Guide to the World of Beatrix Potter, London et al. : ,• Lear, Linda 2007 , Beatrix Potter: A Life in Nature, New York: St. Martin's Press,• Mackey, Margaret 2002 , Beatrix Potter's Peter Rabbit: A Children's Classic at 100, Lanham, MD: The Scarecrow Press, Inc. Mackey, Margaret 1998 , The Case of Peter Rabbit, London: Routledge,• Ross, Ramon Royal 1996 , Storyteller: The Classic That Heralded America's Storytelling Revival, August House,• Waller, Philip 2006 , Writers, Readers, and Reputations, Oxford: Oxford University Press,• , Prnewswire. uk, 2003-07-10 , 2009年8月31日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 The Tale of Peter Rabbit at• パブリックドメインオーディオブック -• The Tale of Peter Rabbit at• The Tale of Peter Rabbit at Libraries•

次の

本当は恐い?ピーターラビットに仰天 父親はパイに、甥たちも「皮をはいで頭を…」

ピーター ラビット お父さん

ピーターのお母さんは「お百姓のマグレガーさんの畑には入らないように」と忠告していましが、ピーターはその忠告を聞かず畑に入ってしまいます。 そして、畑の野菜を食べているところをマグレガーさんに見つかってしまい追われることに。 網にひっかかったり、踏みつけそうにながらも命からがら逃げることに成功。 疲れ切ったピーターは家に戻って横になりました。 こういうお話です。 このストーリーを見る限り、怖いと思うところはありませんよね?これだけなら他の童話と変わりません。 「おまえたちのおとうさんは、あそこで じこにあって、マグレガーさんのおくさんに にくのパイにされてしまったんです。 」 引用元:「ピーターラビットのおはなし」 驚きの発言です。 この絵本を見た子供の中にはトラウマになる子もいそうです。 『こわいわるいうさぎのおはなし』— ニンジンを横取りしたわるいうさぎが、鉄砲で撃たれる。 『ひげのサムエルのおはなし』 — 子猫がネズミ夫妻に肉巻き団子にされそうになる。 『りすのナトキンのおはなし』 — リスの子がフクロウに吊り上げられ、何とか逃げ出すがしっぽはちぎれた。 『あひるのジマイマのおはなし』 — キツネのような紳士に騙され産んだ卵を猟犬に食べられてしまう。 などなど、他にも可愛らしいキャラクターたちからは想像できないようなお話があります。 まとめ 『ピーターラビット』の家系図とお父さんの死因について見ていきました。 可愛らしいキャラクターからは想像もできませんでした。 『ピーターラビット』の物語は、「悪いことをしたら罰が当たるよ」と子供に分かってもらうための作品なのかもしれませんね。 大人が読んでもきっと楽しめる作品となっていると思います。 機会があれば『 ピーターラビット』を読んでみるのもいいかもしれません。

次の