ありがたい 失礼。 ※長文失礼します。全部読んでくださるとありがたいです。

「ありがたい」を上司に使う場合の敬語表現【ビジネスマナー】

ありがたい 失礼

幸いです 読み: さいわいです 相手に実行してほしい、こうしてくれれば嬉しい、ありがたい 「幸いです」という言葉には、「相手に実行してほしい」「こうしてくれれば嬉しい」などの意味です。 自分の気持ちをへりくだって間接的に相手の行動を促す表現であり、ビジネスメールの文末で使われます。 柔らかい印象を与えてくれるため、依頼の意味以外にも「お口に合えば幸いです」など好意を伝える際にも使える表現です。 「幸いです」は敬語として正しいか? 「幸いです」は丁寧な表現ですが、敬語として正しいのか、目上の人に使っても良いのか不安な方もいるのではないでしょうか? 「幸いです」の敬語としての使い方について見ていきましょう。• 5日までにメールをいただけると 幸いに存じます。 今回ご提案させていただいた内容について、何卒ごいただけると 幸いに存じます。 したいことがございますので、お時間をいただけますと 幸いに存じます。 、弊社の担当までご一報いただければ 幸いと存じます。 上司や取引先、目上の人にお願いをする場合は、 「幸いに存じます」と添えることで敬意が伝わる表現。 「幸いに存じます」は口頭でも使える表現なので、相手に直接会ってお願いしたいときにも、失礼を与えることなく伝えることができるでしょう。 続いては、「幸いです」の言い換え表現を解説していきます。 3.「幸いです」の類語・言い換え表現 「幸いです」には同じ意味を表す言い換え表現があります。 例文:「お手数おかけいたしますが、 よろしくお願いします。 」 最後に、「幸いです」を使う際の注意点や、英語で表現したいときの例文を紹介します。 4.ビジネスで「幸いです」を使う時の注意点 ビジネスシーンで「幸いです」を使う場合は、いくつかの注意点があります。 注意点1.急ぎの依頼に対して使わない 相手への依頼の際に用いられる「幸いです」という表現ですが、頼みごとを伝えるにはあいまいな敬語表現です。 「幸いです」には「できればでので」のようなニュアンスが含まれているため、 急ぎの依頼に対しては使わないように注意しましょう。 相手に納期を厳守してもらいたい場合は、「5日までに提出していただけますよう何卒お願い申し上げます」としっかりお願いすることが大切です。 注意点2.文中では何度も使わない 「幸いです」をメールや手紙で何度も使ってしまうと、言葉の重みがなくなり心がこもっていないような印象を与えてしまいます。 文中では何度も使わず、 最後の文末で使用するなど、使いすぎには注意しましょう。 5.「幸いです」の英語表記と例文 「幸いです」を英語表記で表すと次のような表現になります。

次の

「ありがたい」を上司に使う場合の敬語表現【ビジネスマナー】

ありがたい 失礼

「ご助言」は正しい敬語なのか ご助言という言葉を見ると、提案やアドバイスと言った意味を持つ助言+「ご」が付いた敬語のため、一応敬語としては正しい部類に入ります。 目上の人から、アドバイスを貰いたい時や、何かを教えて欲しい時に使用されます。 「ご助言」を使用する際の注意点 安易に使用しない 「ご助言」は正しい敬語ではありますが、使い方によっては相手に失礼になってしまう場合があります。 例えば、相手から何かを教えてもらった時の返信として「ご助言ありがとうございました」と返信するのは、相手への敬意が表れていなく、失礼な対応だと取られてしまう事があります。 これは、「助言」自体にアドバイスや提案といった意味がある為、「自分が教えた内容は、アドバイス程度にしかならなかったのか」と思われてしまい、失礼に取られてしまう場合があるのです。 使用する場合は社内内部に留める 「ご助言」は、使用する状況によっては、相手に対して失礼になってしまう事が分かりました。 その為、「ご助言」を使用したフレーズを使用する時には、社内内部に留めておいた方が無難と言えます。 逆に、外部に「ご助言」を使用したフレーズで連絡などを行ってしまうと、相手に失礼な対応をしたと思われ、後から大問題に発展する危険性もあります。 社内での使用に留めておきましょう。 「ご助言」の類義表現と言い換え 「ご助言」を使用したフレーズは、外部で使うと失礼と取られる事があるので、社内での使用に留めたことが良いと分かりました。 それでは、外部で目上の人などから助言などを貰った時のお礼として、適切なフレーズは何でしょうか。 それは「勉強になりました」です。 相手に何かアドバイスを貰った時、指南などを受けた時には「ご助言ありがとうございました」ではなく、「勉強になりました、ありがとうございました」と言えば問題ありません。

次の

ビジネスで使う「ありがたい」の敬語変換

ありがたい 失礼

例2) 取引先から提案した企画への高評価を受け取った時 「ありがたいお言葉、感謝致します」 これは目上の人からお褒めの言葉を頂いた時にも使えます。 また、取引先や上司から何かしてもらった時には、「ありがたいご好意を感謝致します」と伝えることもできます。 提案を受け取る時には、 「御社からのご好意、ありがたく受けさせて頂きます」「頂戴致します」と綴りましょう。 もし提案された相手からの好意を断る時には、「ご好意は大変ありがたいのですが、今回は大変申し訳ありませんが辞退させて頂きます」と敬語をちりばめましょう。 2.何かしてもらい「ありがたいです!」と言いたくなった時の敬語 目上の人から何かしてもらった時に、「ありがたいです!」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 「ありがたいです!」が伝わる他の言い回しをご紹介します。 例3) 先輩:「明日、取引先の女性陣とコンパあるんだけど、お前どうする?!」 後輩:「あ~…お誘いとてもありたがいのですが明日は法事があって…」 目上の人からのお誘いを断る時にも、まずはそのお誘いについて「ありがたい」気持ちを伝えて、やんわりと断るのが礼儀です。 例文のようにコンパなどという軽いノリのお誘いであっても、目上の人からの提案を断る際には「とてもありがたいのですが」や「とても参加したいのですが」と 好意については感謝している気持ちを必ず伝えましょう。 「ありがたい」の敬語の言い換え能力で人間関係を円滑にしよう 「ありがたい」を上手に使うことができると、どんなビジネスシーンでも角が立たずに人間関係や状況が円滑に運ぶようになります。 ただ感謝を伝える「ありがたい」をそのまま使うのではなく、 シチュエーションに合わせて言い換えることが大切です。 この「ありがたい」の言い換え能力を身に着けることは、社会人として上手く生きて行く上で欠かせないスキルになります。 今までシンプルに「ありがたいです」を連発していた人は、ぜひこの記事を参考にして言い換え能力を身に付けましょう。 きっと今まで以上に仕事がスムーズに運ぶようになりますよ。

次の