かすが身長。 【画像】オードリー春日結婚 嫁はクミさん 若林正恭も号泣で祝福

オードリー (お笑いコンビ)

かすが身長

1954年「 <ワルシャワの恋の物語>」 春日野 八千代(かすがの やちよ、(大正4年) - (平成24年))は、元の。 劇団名誉理事も務めた。 元・主演男役クラス。 元雪組。 本名、 石井 吉子(いしい よしこ)。 愛称、 ヨッちゃん、 ヨッちゃん先生。 芸名の 「春日野」は歌の歌詞の一節から、 「八千代」は「君が代」から取り命名。 、、にかけてさまざまな作品を残し、端整な美貌から 「白薔薇のプリンス」「永遠の二枚目」の異名を取るなど、人気男役スターとして一世を風靡した伝説の二枚目男役。 亡くなるまで、宝塚歌劇団の重鎮として宝塚歌劇団の現役生徒(団員)であり続け、宝塚歌劇団の歴史上で最年長の生徒であった。 来歴・人物 [ ] (昭和3年)(当時、音楽学校と歌劇團は一体である)に入学、翌年の(昭和4年)に『春のをどり』で初舞台。 入団時の成績は51人中37番。 同期生には、()ら、一期下には、、らがいる。 入団当初娘役だったが身長(当時の日本人女性としては長身である)の問題などがあり早くに男役に転向した。 月組、ダンス専科、月組を経て、(昭和8年)に誕生した星組に移動。 雪組、花組、雪組を経て、(昭和15年)雪組副組長、(昭和20年)雪組組長、(昭和24年)歌劇団理事に就任し、とともに 「宝塚の至宝」と呼ばれる。 (昭和25年)より演劇専科に所属。 歌劇団史上、珍しい全組在籍経験者でもある(4組体制時代)。 相手役を演じた娘役としては、、、、、、、、、、、、、、、などが挙げられるが、特に、とのコンビはゴールデンコンビと呼ばれる。 とは、淡島の現役生徒時代には共演する機会がなかったが、(平成9年)に「アデュー」で初の共演を果たしている。 男役としても活躍した、、、、、なども女役として相手役を務めている。 主演作品は多数あるが、(昭和26年)に初演の『』のと(昭和27年)に初演の『』のが最大の当たり役として挙げられる。 なお、『源氏物語』の光源氏について、は「最も源氏らしい源氏」、は「春日野源氏」、は「ヨッチャンの源氏には負けた」とそれぞれ評した。 (昭和31年)『ローサ・フラメンカ』、天覧公演となった(昭和33年)『』をはじめとして演出も手がける。 しかし、さまざまな面で演出を職業とすることにはネックがあり諦めたと、後日本人が語っている。 (昭和14年)アメリカ公演、(昭和41年)第4回ハワイ公演に参加するとともに、(昭和36年)にはヨーロッパ演劇視察のため渡欧している。 外部出演も多く、長谷川一夫、、らと共演しているが、女役が精神的に重荷であるため、(昭和56年)以降は一切断っている。 また、「花柳舞踊研究会」、「襲名披露」、など日本舞踊の舞台にも出演している。 (昭和39年)兵庫県文化賞を受賞。 (昭和54年)を受章。 (昭和59年)宝塚市文化功労賞を受賞。 (昭和61年)を受勲。 (平成11年)名誉市民に。 (平成18年)を受賞。 晩年まで祝典公演への特別出演と「宝塚舞踊会」を活動の中心としており、近年の宝塚舞踊会では、(五世花柳芳次郎)振付による新作舞踊が披露されることが多かった。 (平成16年)の「飛翔無限」東京宝塚劇場公演千秋楽以降、体調を崩して舞台からは遠ざかっていたが、(平成18年)にで行われた「第47回宝塚舞踊会」で約2年5か月振りに舞台復帰し、大和楽「なみだ生島」を踊った。 (平成19年)はに宝塚大劇場で行われた「没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-その教え護り続けて-」に出演、には、宝塚大劇場で行われた「第48回宝塚舞踊会」に前年に引き続いて出演し、長唄『振袖菊』を踊った。 (平成20年)はに宝塚大劇場で行われた「第49回宝塚舞踊会」に出演し、自身のファンでありかつて宝塚舞踊会においても共演した三世花柳壽輔を追悼して清元「浜行平」を踊った。 (平成21年)4月、(昭和4年)4月の初舞台から数えて、舞台生活80周年を迎えた。 同年6月15日、宝塚大劇場で行われた「宝塚歌劇95周年記念・『歌劇』通巻1000号記念スペシャル 百年への道」のトークコーナーにスペシャルゲストで出演した。 (平成24年)、肺炎により96歳で死去した。 に宝塚市のにおいて春日野の歌劇団葬が営まれてファンや卒業生など約1000人が参列した。 宝塚歌劇団が在籍中の生徒に対して歌劇団葬を執り行ったのは、(33年)に宝塚大劇場で行われた公演に出演中、着用していたの裾がせりの駆動部分に巻き込まれて死亡したと、(55年)に逝去したに続いて3人目である。 、宝塚歌劇団100周年を記念して創立された「宝塚歌劇の殿堂」に、最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たした。 略歴 [ ]• - に入学。 - 初舞台『春のをどり』、配属。 以後、組み替えを経て、さまざまな作品で主演する。 - 主演男役。 - 主演男役。 - に異動。 - 雪組主演男役として再活動。 - 雪組副組長に就任(主演男役兼任)。 - 雪組に就任(主演男役兼任)。 - 宝塚歌劇団理事に就任。 主演男役については現在のように固定ではなく作品ごとに主演が変わっていた。 - に所属。 - 兵庫県文化賞を受賞。 - を受章。 - 宝塚市文化功労賞を受賞。 - 勲四等を受章。 - 宝塚クリエイティブアーツ(株式会社宝塚企画)取締役に就任。 - 宝塚市名誉市民となる。 - 第26回菊田一夫演劇賞特別賞を受賞。 - 株式会社宝塚クリエイティブアーツ取締役を退任。 - 宝塚歌劇団名誉理事。 - を受賞。 エピソード [ ] 1947年「ファイン・ロマンス」。 中央が春日野、右隣は 現代に続く宝塚二枚目の原点の一つを創り、男役を「藝」として確立させた存在であり、宝塚歌劇の長き歴史における最大のスター、そして最大の精神的主柱といえる。 女性的な柔らかで品格のある顔立ちに、毅然・凛とした立ち姿、そして優男から男臭い熱血漢まで表現し、かつハズレがない卓抜した演技力があり、演技以外では日舞(名取名: 花柳祿八千代)、ダンスに秀でた男役でもあった。 芸名の「春日野八千代」は、春日野の父が五つほど考えた中から、引田一郎(のちの理事長)が選んだという(春日野の父は「敷島道子」がよいと言っていたが、春日野は「そんな煙草みたいな名前 は厭だナ」と思っていたという)。 入団当初は娘役であったが、男役志望であり、それを同期の冨士野高嶺(花柳祿春)に打ち明けたところ、「アンタが男役になったら天変地異が起こるわ」と返事をされたという。 日本物の若衆の時も二枚目の目をよく知っている」と評している。 は、(昭和26年)公開の映画『情艶一代女』における演技が「情艶でない」と批評された際に、「色気ないとて気にするな 春日野八千代は男でござる」と名刺の裏にしたため、東宝に持参している。 さらに、戦中・戦後の生徒数の激減期に雪組副組長・組長の職にあったこともあり、後輩の指導にも熱心であり、宝塚歌劇のみならず戦後の芸能界に対する、その功績は比肩するものがないほど大きい。 乙羽信子は「人間的には大変いい方。 しかし舞台のことは非常に厳しいのです。 できないと何回でもやり直しをさせて、(私も不器用だから仕方なかったが)『あんたみたいなぶきっちょな相手役はじめてや』と怒られまして、厳しく仕込んでいただきました」と語っている(春日野は当時を振り返って、敗戦を知ったときも初めて大役がついた乙羽を手取り足取り教えることで頭が一杯だったと語っている)。 は、に春日野を主人公とした戯曲『』を()のために書き下ろし、翌年に第15回を受賞している。 は、(昭和54年)の紫綬褒章受章パーティにおいて「ヨッチャンが宝塚を辞めずに頑張ったからこそ、この宝塚の伝統が続いた」とあいさつしている。 山田五十鈴はその生前に春日野と外部出演時に共演した際、女役を演じる春日野に対し「女形的な色気のある芝居がうらやましい」と語っている。 四世花柳壽輔は対談で「春日野さんは素材として面白いんですよ。 なかなか今の方ではここまでの形ができないんです。 芸に奥行きがある。 引き出しも多い。 身体を動かすだけではない深さが出るのです。 少しだけの動きでも、型に忠実にこころをこめて踊られるから」と語っている。 春日野自身は、晩年まで「宝塚歌劇団は時代に呼応した不死鳥であり続けてほしい」と願い、「品格と舞台の上での行儀の良さと謙虚さ、この3つのことだけは、宝塚の生徒たちにはどんなことがあっても守り続けて行ってほしい」と思っていた。 晩年は、現役生徒・劇団関係者のみならずファンからも 「春日野先生」「よっちゃん先生」などと呼ばれ敬愛されていた。 出演作品 [ ] 内部舞台出演 [ ] 星組時代 [ ]• 新版忠臣蔵(1937年合同・北野劇場公演)• 茨木(1938年12月中劇場公演)• (1938年合同・公演)• 日本歷史繪巻(1939年)• アメリカ公演(1939年4月5日横浜出帆、7月4日神戸帰港) 第二次雪組時代 [ ]• 日本名曲集(1939年)• (1942年合同・北野劇場公演)• 太陽の子供たち(1943年合同・北野劇場公演)• 第3回満州公演(1944年9月26日出発、12月7日帰国)• (1949年)• ウィンナー・ワルツ(1949年)• 君を呼ぶ歌(1950年) 専科時代 [ ] 1951年「白き花の悲歌」(中央が春日野。 右は)• 白き花の悲歌(エレジー)(1951年・雪組)• 南十字星は輝く(1951年・雪組)• (1951年・星組、花組)(1955年・星組) - フィルムが現存する。 花の風土記(1951年・雪組)• (1952年・花組)(1957年・月組)• (カラフ王子の冒険)(1952年・月組、星組)• 白蓮記(1953年・星組)• 薔薇の大地(1953年・星組)• (1954年・星組、雪組)• (1954年・星組) - フィルムが現存する。 (ワルシャワの恋の物語)(1954年・花組)• キスメット(1955年・花組) *フィルムが現存する• ローサ・フラメンカ(スペインの情熱)(1956年・星組) - 初めて演出も担当。 インディアン・ラブコール(1956年・月組)• 夜霧の女(ひと)(1956年・雪組)• 世之介と七人の女(1957年・星組) - 演出も担当。 恋人よ我に帰れ(1958年・月組、星組)• (1958年・星組) - 演出も担当、・が観劇。 花の饗宴(1958年・雪組)• 白い山吹(1958年・星組) - 演出も担当。 弓張月(1959年・雪組)• 燃える氷河(1960年・花組、星組)• (1960年・星組)• (1961年・花組)• 砂漠に消える(1961年・雪組)• メイド・イン・ニッポン(1962年・星組)• カチューシャ物語(1962年・星組)• 不死鳥の翼燃ゆとも(1963年・雪組、星組) - 演出も担当。 舞拍子(1964年・月組星組合同)• (1964年・星組・東京宝塚劇場公演のみ)• 宝寿 (1964年・花組雪組合同、月組星組合同)• 日本の旋律 (1964年・月組)• 花響楽 (1965年・月組)• 海の花天女(1965年・月組) - 演出も担当。 日本の幻想(1966年・花組)• 京の川(1966年・星組)• 白鷺(1967年・花組) - 演出も担当。 メナムに赤い花が散る(1968年・花組)• 引き潮(1969年・第1回宝塚芸術劇場・宝塚新芸劇場公演)• 纏おけさ(1969年・月組)• (1970年・月組)• ・四季の踊り絵巻(1970年・雪組)• 鷗よ波濤を越えて(1970年・月組)• 花は散る散る(1971年・花組)• いつの日か逢わん(1972年・星組)• 宝塚名曲選(1973年・花組)• (1974年・花組)• (1975年・月組)• (1977年・花組)• (1980年・花組・紫綬褒章受章記念)• 花供養(1984年・専科・バウホール公演)• (1985年・雪組)• (1987年・雪組・勲四等宝冠章受勲記念)• (1992年・花組)• (1993年・星組) - 宝塚大劇場こけら落とし。 (1996年・花組)• (2001年・月組・東京宝塚劇場公演のみ) - 東京宝塚劇場こけら落とし。 飛翔無限(2004年・花組) 宝塚舞踊会 [ ] この節のが望まれています。 第1回宝塚舞踊発表会(1953年1月9日・10日)島の千歳• 宝塚舞踊研究会(1953年3月6日 - 8日)島の千歳 - 帝国劇場公演。 第2回宝塚舞踊研究会(1954年5月21日)勢獅子• 宝塚舞踊研究会 ゆかた会(1958年9月5日・6日) - 宝塚新芸劇場公演。 ゆかた会(1960年9月12日)助六• 宝塚歌劇舞踊会 ゆかた会(1962年9月10日)• (1964年9月10日)秋海棠• (1966年12月8日・9日)かさね• (1970年7月9日)神田祭• (1971年7月10日)吉野山• (1972年9月9日)寿、藤娘• (1973年9月8日)保名• 第17回(1974年10月6日)猪芸者 - 花柳祿春(冨士野高嶺)と共演。 (1975年9月6日)紅白姿写絵・関守の松• (1977年9月6日)戻駕• 第22回(1980年11月21日)音羽菊捧る一枝(常磐津 偲び草音羽菊) - 天津乙女追善 花柳祿也、藤間勘寿郎と共演。 第24回(1982年9月10日)後月偲禄寿面影「長唄 月の幻」 - 藤間勘寿郎と共演。 第25回(1983年10月7日)夢の雪路• 第26回(1984年10月5日)長唄 重帷子 - 三世花柳壽輔と共演。 第27回(1985年10月8日)長唄・清元 喜撰(追善志 天津乙女五年祭) - 藤間勘寿郎と共演。 第28回(1986年10月7日)清元 雨の権八 - 春日野八千代勲四等宝冠章叙勲記念。 第30回(1988年10月4日)長唄 江島生島 - 花柳祿寿十三回忌追善。 第31回(1990年10月5日)天津風追慕面影「扇の巻」(長唄 四季の山姥)• 第32回(1991年10月4日)春信幻想曲• 第33回(1992年10月16日)長唄・常磐津 寿八千代道成寺 旧き舞台に感謝を捧げ 新しき舞台に望みを託す• 第34回(1993年10月1日)清元 神田祭• 第35回(1994年10月7日)清元 八重朧幻姿保名(小唄幻保名)• 第37回(1996年10月4日)常磐津 景清• 第38回(1997年10月14日)大和楽 あやめ• 第39回(1998年10月13日)常磐津 夕月 - 花柳祿寿二十三回忌追善。 第40回(1999年10月15日)清元 花がたみ(春日野八千代舞台生活七十周年記念) - フィナーレで銀橋を渡る。 第41回(2000年10月13日)清元 春朧(お嬢吉三) - 天津乙女二十年祭。 第42回(2001年10月19日)清元 偽せ紫• 第43回(2002年10月11日)清元 もやい船• 第44回(2003年10月17日)清元 幻椀久• 第47回(2006年10月20日)大和楽 なみだ生島• 第48回(2007年10月19日)長唄 振袖菊 - 阪急創立100周年記念。 第49回(2008年10月24日)清元 浜行平(三世花柳壽輔追悼) 式典等 [ ] この節のが望まれています。 宝塚歌劇80周年記念式典 夢を描いて華やかに(1994年9月9日)• アデュー・東京宝塚劇場(1997年12月27日 - 29日) 27・28日:大和楽あやめ(淡島千景と共演)、29日:花に生命あり• 小林一三没後50年追悼スペシャル 清く正しく美しく-この教え護り続けて-(2007年1月25日)清く正しく美しく 外部出演 [ ] 演劇 [ ]• 鬼の少将夜長話(1965年、東京宝塚劇場・七世松本幸四郎追善特別公演)• 徳川の夫人たち(1968年、東京宝塚劇場・帝国劇場)• 淀どの日記(1969年、中日劇場)(1971年、帝国劇場・山田五十鈴三十五周年記念)• 源氏物語(1971年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 浮かれ式部(1972年、御園座)• 菊枕(1974年、芸術座)• 千姫曼荼羅(1976年、帝国劇場・山田五十鈴四十周年記念)(1977年、中日劇場)• 歌麿(1977年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 女役者(1979年、帝国劇場)• 吹けよ川風(1979年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 保名(1963年、大阪毎日ホール・寿会)• おもかげ曽我(1964年、新橋演舞場・藤伎会)• 吉野狐(1967年、新歌舞伎座・五世花柳芳次郎襲名披露)• しのぐ夏(1967年、中日劇場・鯉水会)• かさね(1968年、大阪サンケイホール・音羽菊蔵三回忌追善)• 艶容女舞衣(1972年、国立劇場・鯉風会)• 五月雨(1972年、歌舞伎座・花柳寿応一周忌追善)• 鳥辺山(1978年、中日劇場・鯉水会)• 鳥辺山(1978年、国立劇場・日本舞踊協会)• 紫匂う(1978年、歌舞伎座・桧扇会)• 幻椀久(1982年、中日劇場・花柳寿応十三回忌追善舞踊会)• 夢の雪路(1983年、歌舞伎座・花柳舞踊研究会)• 五月雨(1985年、東京宝塚劇場・長谷川一夫追善舞踊会) 映画 [ ]• (1951年)• (1951年)• (1952年)• (1952年)• (1953年) その他のテレビ番組 [ ]• 芸道50年春日野八千代(1980年、チャンネル近畿・NHK) - NHK大阪放送局で視聴可能。 NHKスペシャル タカラヅカ 憧れと伝説の90年(2004年7月10日、NHK) 書籍 [ ]• 白き薔薇の抄(宝塚歌劇団)• 「悔いなき一本の道」『わが心の自叙伝 映画・演劇編』(神戸新聞社) 脚注・注釈 [ ] 脚注 [ ] [] (1936年雪組へ異動) ・・ (1939年退団) ・・ (1971年退団) ・・ (1962年声楽専科へ異動。 1963年退団) ・・ (1965年演劇専科へ異動。 1968年退団) ・・ (1969年声楽専科へ異動。 - 1974年2月1日?。 1974年に安奈が花組へ異動) - (1974年2月2日? - 1979年3月28日) - (1979年3月29日 - 1983年8月10日) - (1983年8月11日 - 1987年11月29日) - (1987年11月30日 - 1992年3月31日) - (1992年4月1日 - 1994年12月26日) - (1994年12月27日 - 1998年11月23日) - (1998年11月24日 - 2001年10月1日) - (2001年10月2日 - 2003年3月23日) - (2003年3月24日 - 2006年11月12日) - (2006年11月13日 - 2009年4月26日) - (2009年4月27日 - 2015年5月10日) - 2015年5月11日 - 2016年11月20日 - 2016年11月21日 - 2019年10月13日 - 2019年10月14日 - '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 (1927年退団) ・・ (1934年退団) ・・ (1935年~1945年雪組組長、1945年退団) ・・ (星組から異動1936年~1938年花組へ一時異動1939年~1950年、1940年~1945年には副組長、 1945年~1950年には組長も担当、1950年演劇専科を新設し異動。 ~1972年10月31日) - (1972年11月1日~1980年8月31日) - (1980年9月1日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1993年3月31日) - (1993年4月1日~1996年6月30日) - (1996年7月1日~1997年7月30日) - (1997年7月31日~2002年2月11日専科へ異動) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2010年9月12日) - (2010年9月13日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

オードリー春日の結婚相手クミさんの年齢&顔画像!馴れ初めは?

かすが身長

目次この記事に書かれている内容は…• あいのり「かすが」の本名は?職業は?プロフィールについて あいのりの番組やインスタの中で紹介されていた情報をまとめていきます。 かすがは京都府出身、放送当時26歳のA型です。 歯科医院の受付嬢をしていたということですが、2ヶ月ほどあいのりに参加して仕事はどうしていたんでしょうね?退職か休職したんでしょうか。 かすがの本名は不明でした。 一般人なので公開していないんでしょうね。 今後の仕事や周囲に迷惑がかかる可能性もありますし、明かさないのは仕方ないと思います。 苗字が春日など、本名にかすがが入っているのかもしれませんね。 ただの歯科医院の受付嬢とは思えないほど、スタイルの良いかすが。 身長は170cmで体重は不明ですが、おそらく50kg~55kgくらいなんじゃないかと思います。 あまりにスリムすぎて、かすがの隣には並びたくないなって思いました 笑 しかしかすが本人は、スリムすぎる体に悩みを持っているようですね。 特に胸にボリュームがないことを、スタッフに愚痴っていました。 中学生のときに、掃除機で胸を吸ってみたけど無意味だったとか。 あいのりの旅では、水着になる場面もあるので気にしていたんでしょうね。 合流のときに自分の座右の銘を言ってましたね。 「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」という言葉ですが、交響詩篇エウレカセブンというアニメのなかに出てくるセリフのようです。 かすがが本気で恋をしに来たのがよく分かる言葉ですね。 かすがのインスタは?シャイボーイとのその後は? かすがのインスタを探してみましたが、発見することはできませんでした。 芸能活動をしていない一般人なので鍵を付けているとか隠しているか、SNSを全くやっていないかだと思われます。 かすがのインスタは発見できませんでしたが、かすがとカップルになって一緒に帰国したシャイボーイのインスタは発見しました。 シャイボーイのインスタの中に、二人が仲良く写っている投稿もありました。 かすがはゆめちんが帰国してからあいのりに合流しました。 合流当日、急なスコールに降られ、びしょ濡れの中でかすがはメンバーに自己紹介をします。 そのときのかすがの姿に雷を打たれたのは、ラジオクリエイターのシャイボーイでした。 かすがは今まで出会ったことのないタイプの男性であるシャイボーイに惹かれていきますが、途中で合流したパティシエ見習いのトムが気になり始めてしまいます。 なぜなら、トムはかすがの元カレに似ていたからでした。 かすががトムに惹かれているのに気付きながら、シャイボーイはアプローチを繰り返します。 ときには激しくぶつかり傷付きながらも、また二人は惹かれ合う関係になっていました。 そしてシャイボーイはかすがのために熱唱し告白をします。 「うちもシャイボーイのことが好きです」とかすがは答えます。 あいのりアジアンジャーニーでは2組目のカップル誕生の瞬間でした。 この二人の恋模様は、本当に心に刺さるものがありましたよね。 そんなかすがとシャイボーイ、帰国後も順調に交際をしているようですね。 シャイボーイのインスタによると、4月9日にあったワンマンライブにかすがが見に来ていたようです。 仲良くツーショット写真を撮ったり、かすがからしゃくれたパンダのマグカップを貰ったようです。 また、かすがとシャイボーイはお花見にも行っていたようですよ。 シャイボーイにとっては初めての経験になるんでしょうかね。 かすがもシャイボーイも身長高くてスリムなので、並ぶとすっごくお似合いのカップルに見えますよね。 ラブワゴン内に貼るためのカップル写真には、かすがからシャイボーイへの想いも書かれていました。 「シャイの熱い想い届いたで!シャイがおったから楽しく旅でけたー!大好きやで、幸せにしてな!」と、ノロケ全開なメッセージを残していたようですよ。 かすがの元カレはどんな人? かすがの自己紹介のとき、かすがの元カレについて触れているシーンがありましたね。 貢ぐ女・かすがと言われていましたが、元カレは一体どんな人だったのか、あいのり内で出てきた情報をもとに想像してみました。 まずは、あいのりの中で言われていたことをまとめます。 かすがと元カレが付き合っていたのは、かすがが21歳のときから5年ほどで、かすがは結婚も考えるほど本気だった相手のようです。 元カレの職業は役者ですが、鳴かず飛ばすという感じだったようです。 かすがは好きな人には何でもしてあげたくなっちゃうので、元カレが欲しいものを何でも買ってあげていたそうです。 旅行やバイク、家具など、総額100万円以上貢いじゃったんだとか。 しかしそんな生活に限界を感じて、かすがは大好きだった元カレと別れてあいのりに参加しました。 20代後半できちんと見切って別れられたのは、かなりいい決断力、判断力を持ってるなって思いました。 それでも未練があったのか、元カレに似ているトムに少し惹かれていましたね。 トムといえば可愛い系のルックスで、年上女子がキュンとしちゃうのも分かるような、子犬っぽい雰囲気がありますよね。 そんなトムに元カレが似ているということは、元カレも結構可愛い感じの顔立ちなんでしょうかね?世話焼きな女子からすると、たまらないのかもしれないですが…何でも貢いじゃうのはさすがにやりすぎですね 笑 シャイボーイはたぶん元カレやトムとは違うタイプでしょうし、どちらかというとかすがが安心して甘えられる感じなんじゃないかなって思います。 かすががつい貢ごうとしても、シャイボーイはきちんと止めてくれそうですしね。 まとめ いつも明るくて笑顔の多いかすがですが、実はとても芯が強いんじゃないかなと思いました。 割とストレスにも耐性がありそうですし、悩みとか不安を相談したいようなお姉さんって感じがします。 実際慰めるの上手ですよね。 シャイボーイとはこのままうまくいって欲しいですよね!旅の中でお互いの考えをぶつけて、しっかり悩みあった二人なので、これからもきっと大丈夫だと思います!.

次の

春日聖 (かすがひじり)とは【ピクシブ百科事典】

かすが身長

1954年「 <ワルシャワの恋の物語>」 春日野 八千代(かすがの やちよ、(大正4年) - (平成24年))は、元の。 劇団名誉理事も務めた。 元・主演男役クラス。 元雪組。 本名、 石井 吉子(いしい よしこ)。 愛称、 ヨッちゃん、 ヨッちゃん先生。 芸名の 「春日野」は歌の歌詞の一節から、 「八千代」は「君が代」から取り命名。 、、にかけてさまざまな作品を残し、端整な美貌から 「白薔薇のプリンス」「永遠の二枚目」の異名を取るなど、人気男役スターとして一世を風靡した伝説の二枚目男役。 亡くなるまで、宝塚歌劇団の重鎮として宝塚歌劇団の現役生徒(団員)であり続け、宝塚歌劇団の歴史上で最年長の生徒であった。 来歴・人物 [ ] (昭和3年)(当時、音楽学校と歌劇團は一体である)に入学、翌年の(昭和4年)に『春のをどり』で初舞台。 入団時の成績は51人中37番。 同期生には、()ら、一期下には、、らがいる。 入団当初娘役だったが身長(当時の日本人女性としては長身である)の問題などがあり早くに男役に転向した。 月組、ダンス専科、月組を経て、(昭和8年)に誕生した星組に移動。 雪組、花組、雪組を経て、(昭和15年)雪組副組長、(昭和20年)雪組組長、(昭和24年)歌劇団理事に就任し、とともに 「宝塚の至宝」と呼ばれる。 (昭和25年)より演劇専科に所属。 歌劇団史上、珍しい全組在籍経験者でもある(4組体制時代)。 相手役を演じた娘役としては、、、、、、、、、、、、、、、などが挙げられるが、特に、とのコンビはゴールデンコンビと呼ばれる。 とは、淡島の現役生徒時代には共演する機会がなかったが、(平成9年)に「アデュー」で初の共演を果たしている。 男役としても活躍した、、、、、なども女役として相手役を務めている。 主演作品は多数あるが、(昭和26年)に初演の『』のと(昭和27年)に初演の『』のが最大の当たり役として挙げられる。 なお、『源氏物語』の光源氏について、は「最も源氏らしい源氏」、は「春日野源氏」、は「ヨッチャンの源氏には負けた」とそれぞれ評した。 (昭和31年)『ローサ・フラメンカ』、天覧公演となった(昭和33年)『』をはじめとして演出も手がける。 しかし、さまざまな面で演出を職業とすることにはネックがあり諦めたと、後日本人が語っている。 (昭和14年)アメリカ公演、(昭和41年)第4回ハワイ公演に参加するとともに、(昭和36年)にはヨーロッパ演劇視察のため渡欧している。 外部出演も多く、長谷川一夫、、らと共演しているが、女役が精神的に重荷であるため、(昭和56年)以降は一切断っている。 また、「花柳舞踊研究会」、「襲名披露」、など日本舞踊の舞台にも出演している。 (昭和39年)兵庫県文化賞を受賞。 (昭和54年)を受章。 (昭和59年)宝塚市文化功労賞を受賞。 (昭和61年)を受勲。 (平成11年)名誉市民に。 (平成18年)を受賞。 晩年まで祝典公演への特別出演と「宝塚舞踊会」を活動の中心としており、近年の宝塚舞踊会では、(五世花柳芳次郎)振付による新作舞踊が披露されることが多かった。 (平成16年)の「飛翔無限」東京宝塚劇場公演千秋楽以降、体調を崩して舞台からは遠ざかっていたが、(平成18年)にで行われた「第47回宝塚舞踊会」で約2年5か月振りに舞台復帰し、大和楽「なみだ生島」を踊った。 (平成19年)はに宝塚大劇場で行われた「没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-その教え護り続けて-」に出演、には、宝塚大劇場で行われた「第48回宝塚舞踊会」に前年に引き続いて出演し、長唄『振袖菊』を踊った。 (平成20年)はに宝塚大劇場で行われた「第49回宝塚舞踊会」に出演し、自身のファンでありかつて宝塚舞踊会においても共演した三世花柳壽輔を追悼して清元「浜行平」を踊った。 (平成21年)4月、(昭和4年)4月の初舞台から数えて、舞台生活80周年を迎えた。 同年6月15日、宝塚大劇場で行われた「宝塚歌劇95周年記念・『歌劇』通巻1000号記念スペシャル 百年への道」のトークコーナーにスペシャルゲストで出演した。 (平成24年)、肺炎により96歳で死去した。 に宝塚市のにおいて春日野の歌劇団葬が営まれてファンや卒業生など約1000人が参列した。 宝塚歌劇団が在籍中の生徒に対して歌劇団葬を執り行ったのは、(33年)に宝塚大劇場で行われた公演に出演中、着用していたの裾がせりの駆動部分に巻き込まれて死亡したと、(55年)に逝去したに続いて3人目である。 、宝塚歌劇団100周年を記念して創立された「宝塚歌劇の殿堂」に、最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たした。 略歴 [ ]• - に入学。 - 初舞台『春のをどり』、配属。 以後、組み替えを経て、さまざまな作品で主演する。 - 主演男役。 - 主演男役。 - に異動。 - 雪組主演男役として再活動。 - 雪組副組長に就任(主演男役兼任)。 - 雪組に就任(主演男役兼任)。 - 宝塚歌劇団理事に就任。 主演男役については現在のように固定ではなく作品ごとに主演が変わっていた。 - に所属。 - 兵庫県文化賞を受賞。 - を受章。 - 宝塚市文化功労賞を受賞。 - 勲四等を受章。 - 宝塚クリエイティブアーツ(株式会社宝塚企画)取締役に就任。 - 宝塚市名誉市民となる。 - 第26回菊田一夫演劇賞特別賞を受賞。 - 株式会社宝塚クリエイティブアーツ取締役を退任。 - 宝塚歌劇団名誉理事。 - を受賞。 エピソード [ ] 1947年「ファイン・ロマンス」。 中央が春日野、右隣は 現代に続く宝塚二枚目の原点の一つを創り、男役を「藝」として確立させた存在であり、宝塚歌劇の長き歴史における最大のスター、そして最大の精神的主柱といえる。 女性的な柔らかで品格のある顔立ちに、毅然・凛とした立ち姿、そして優男から男臭い熱血漢まで表現し、かつハズレがない卓抜した演技力があり、演技以外では日舞(名取名: 花柳祿八千代)、ダンスに秀でた男役でもあった。 芸名の「春日野八千代」は、春日野の父が五つほど考えた中から、引田一郎(のちの理事長)が選んだという(春日野の父は「敷島道子」がよいと言っていたが、春日野は「そんな煙草みたいな名前 は厭だナ」と思っていたという)。 入団当初は娘役であったが、男役志望であり、それを同期の冨士野高嶺(花柳祿春)に打ち明けたところ、「アンタが男役になったら天変地異が起こるわ」と返事をされたという。 日本物の若衆の時も二枚目の目をよく知っている」と評している。 は、(昭和26年)公開の映画『情艶一代女』における演技が「情艶でない」と批評された際に、「色気ないとて気にするな 春日野八千代は男でござる」と名刺の裏にしたため、東宝に持参している。 さらに、戦中・戦後の生徒数の激減期に雪組副組長・組長の職にあったこともあり、後輩の指導にも熱心であり、宝塚歌劇のみならず戦後の芸能界に対する、その功績は比肩するものがないほど大きい。 乙羽信子は「人間的には大変いい方。 しかし舞台のことは非常に厳しいのです。 できないと何回でもやり直しをさせて、(私も不器用だから仕方なかったが)『あんたみたいなぶきっちょな相手役はじめてや』と怒られまして、厳しく仕込んでいただきました」と語っている(春日野は当時を振り返って、敗戦を知ったときも初めて大役がついた乙羽を手取り足取り教えることで頭が一杯だったと語っている)。 は、に春日野を主人公とした戯曲『』を()のために書き下ろし、翌年に第15回を受賞している。 は、(昭和54年)の紫綬褒章受章パーティにおいて「ヨッチャンが宝塚を辞めずに頑張ったからこそ、この宝塚の伝統が続いた」とあいさつしている。 山田五十鈴はその生前に春日野と外部出演時に共演した際、女役を演じる春日野に対し「女形的な色気のある芝居がうらやましい」と語っている。 四世花柳壽輔は対談で「春日野さんは素材として面白いんですよ。 なかなか今の方ではここまでの形ができないんです。 芸に奥行きがある。 引き出しも多い。 身体を動かすだけではない深さが出るのです。 少しだけの動きでも、型に忠実にこころをこめて踊られるから」と語っている。 春日野自身は、晩年まで「宝塚歌劇団は時代に呼応した不死鳥であり続けてほしい」と願い、「品格と舞台の上での行儀の良さと謙虚さ、この3つのことだけは、宝塚の生徒たちにはどんなことがあっても守り続けて行ってほしい」と思っていた。 晩年は、現役生徒・劇団関係者のみならずファンからも 「春日野先生」「よっちゃん先生」などと呼ばれ敬愛されていた。 出演作品 [ ] 内部舞台出演 [ ] 星組時代 [ ]• 新版忠臣蔵(1937年合同・北野劇場公演)• 茨木(1938年12月中劇場公演)• (1938年合同・公演)• 日本歷史繪巻(1939年)• アメリカ公演(1939年4月5日横浜出帆、7月4日神戸帰港) 第二次雪組時代 [ ]• 日本名曲集(1939年)• (1942年合同・北野劇場公演)• 太陽の子供たち(1943年合同・北野劇場公演)• 第3回満州公演(1944年9月26日出発、12月7日帰国)• (1949年)• ウィンナー・ワルツ(1949年)• 君を呼ぶ歌(1950年) 専科時代 [ ] 1951年「白き花の悲歌」(中央が春日野。 右は)• 白き花の悲歌(エレジー)(1951年・雪組)• 南十字星は輝く(1951年・雪組)• (1951年・星組、花組)(1955年・星組) - フィルムが現存する。 花の風土記(1951年・雪組)• (1952年・花組)(1957年・月組)• (カラフ王子の冒険)(1952年・月組、星組)• 白蓮記(1953年・星組)• 薔薇の大地(1953年・星組)• (1954年・星組、雪組)• (1954年・星組) - フィルムが現存する。 (ワルシャワの恋の物語)(1954年・花組)• キスメット(1955年・花組) *フィルムが現存する• ローサ・フラメンカ(スペインの情熱)(1956年・星組) - 初めて演出も担当。 インディアン・ラブコール(1956年・月組)• 夜霧の女(ひと)(1956年・雪組)• 世之介と七人の女(1957年・星組) - 演出も担当。 恋人よ我に帰れ(1958年・月組、星組)• (1958年・星組) - 演出も担当、・が観劇。 花の饗宴(1958年・雪組)• 白い山吹(1958年・星組) - 演出も担当。 弓張月(1959年・雪組)• 燃える氷河(1960年・花組、星組)• (1960年・星組)• (1961年・花組)• 砂漠に消える(1961年・雪組)• メイド・イン・ニッポン(1962年・星組)• カチューシャ物語(1962年・星組)• 不死鳥の翼燃ゆとも(1963年・雪組、星組) - 演出も担当。 舞拍子(1964年・月組星組合同)• (1964年・星組・東京宝塚劇場公演のみ)• 宝寿 (1964年・花組雪組合同、月組星組合同)• 日本の旋律 (1964年・月組)• 花響楽 (1965年・月組)• 海の花天女(1965年・月組) - 演出も担当。 日本の幻想(1966年・花組)• 京の川(1966年・星組)• 白鷺(1967年・花組) - 演出も担当。 メナムに赤い花が散る(1968年・花組)• 引き潮(1969年・第1回宝塚芸術劇場・宝塚新芸劇場公演)• 纏おけさ(1969年・月組)• (1970年・月組)• ・四季の踊り絵巻(1970年・雪組)• 鷗よ波濤を越えて(1970年・月組)• 花は散る散る(1971年・花組)• いつの日か逢わん(1972年・星組)• 宝塚名曲選(1973年・花組)• (1974年・花組)• (1975年・月組)• (1977年・花組)• (1980年・花組・紫綬褒章受章記念)• 花供養(1984年・専科・バウホール公演)• (1985年・雪組)• (1987年・雪組・勲四等宝冠章受勲記念)• (1992年・花組)• (1993年・星組) - 宝塚大劇場こけら落とし。 (1996年・花組)• (2001年・月組・東京宝塚劇場公演のみ) - 東京宝塚劇場こけら落とし。 飛翔無限(2004年・花組) 宝塚舞踊会 [ ] この節のが望まれています。 第1回宝塚舞踊発表会(1953年1月9日・10日)島の千歳• 宝塚舞踊研究会(1953年3月6日 - 8日)島の千歳 - 帝国劇場公演。 第2回宝塚舞踊研究会(1954年5月21日)勢獅子• 宝塚舞踊研究会 ゆかた会(1958年9月5日・6日) - 宝塚新芸劇場公演。 ゆかた会(1960年9月12日)助六• 宝塚歌劇舞踊会 ゆかた会(1962年9月10日)• (1964年9月10日)秋海棠• (1966年12月8日・9日)かさね• (1970年7月9日)神田祭• (1971年7月10日)吉野山• (1972年9月9日)寿、藤娘• (1973年9月8日)保名• 第17回(1974年10月6日)猪芸者 - 花柳祿春(冨士野高嶺)と共演。 (1975年9月6日)紅白姿写絵・関守の松• (1977年9月6日)戻駕• 第22回(1980年11月21日)音羽菊捧る一枝(常磐津 偲び草音羽菊) - 天津乙女追善 花柳祿也、藤間勘寿郎と共演。 第24回(1982年9月10日)後月偲禄寿面影「長唄 月の幻」 - 藤間勘寿郎と共演。 第25回(1983年10月7日)夢の雪路• 第26回(1984年10月5日)長唄 重帷子 - 三世花柳壽輔と共演。 第27回(1985年10月8日)長唄・清元 喜撰(追善志 天津乙女五年祭) - 藤間勘寿郎と共演。 第28回(1986年10月7日)清元 雨の権八 - 春日野八千代勲四等宝冠章叙勲記念。 第30回(1988年10月4日)長唄 江島生島 - 花柳祿寿十三回忌追善。 第31回(1990年10月5日)天津風追慕面影「扇の巻」(長唄 四季の山姥)• 第32回(1991年10月4日)春信幻想曲• 第33回(1992年10月16日)長唄・常磐津 寿八千代道成寺 旧き舞台に感謝を捧げ 新しき舞台に望みを託す• 第34回(1993年10月1日)清元 神田祭• 第35回(1994年10月7日)清元 八重朧幻姿保名(小唄幻保名)• 第37回(1996年10月4日)常磐津 景清• 第38回(1997年10月14日)大和楽 あやめ• 第39回(1998年10月13日)常磐津 夕月 - 花柳祿寿二十三回忌追善。 第40回(1999年10月15日)清元 花がたみ(春日野八千代舞台生活七十周年記念) - フィナーレで銀橋を渡る。 第41回(2000年10月13日)清元 春朧(お嬢吉三) - 天津乙女二十年祭。 第42回(2001年10月19日)清元 偽せ紫• 第43回(2002年10月11日)清元 もやい船• 第44回(2003年10月17日)清元 幻椀久• 第47回(2006年10月20日)大和楽 なみだ生島• 第48回(2007年10月19日)長唄 振袖菊 - 阪急創立100周年記念。 第49回(2008年10月24日)清元 浜行平(三世花柳壽輔追悼) 式典等 [ ] この節のが望まれています。 宝塚歌劇80周年記念式典 夢を描いて華やかに(1994年9月9日)• アデュー・東京宝塚劇場(1997年12月27日 - 29日) 27・28日:大和楽あやめ(淡島千景と共演)、29日:花に生命あり• 小林一三没後50年追悼スペシャル 清く正しく美しく-この教え護り続けて-(2007年1月25日)清く正しく美しく 外部出演 [ ] 演劇 [ ]• 鬼の少将夜長話(1965年、東京宝塚劇場・七世松本幸四郎追善特別公演)• 徳川の夫人たち(1968年、東京宝塚劇場・帝国劇場)• 淀どの日記(1969年、中日劇場)(1971年、帝国劇場・山田五十鈴三十五周年記念)• 源氏物語(1971年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 浮かれ式部(1972年、御園座)• 菊枕(1974年、芸術座)• 千姫曼荼羅(1976年、帝国劇場・山田五十鈴四十周年記念)(1977年、中日劇場)• 歌麿(1977年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 女役者(1979年、帝国劇場)• 吹けよ川風(1979年、帝国劇場・長谷川一夫特別公演)• 保名(1963年、大阪毎日ホール・寿会)• おもかげ曽我(1964年、新橋演舞場・藤伎会)• 吉野狐(1967年、新歌舞伎座・五世花柳芳次郎襲名披露)• しのぐ夏(1967年、中日劇場・鯉水会)• かさね(1968年、大阪サンケイホール・音羽菊蔵三回忌追善)• 艶容女舞衣(1972年、国立劇場・鯉風会)• 五月雨(1972年、歌舞伎座・花柳寿応一周忌追善)• 鳥辺山(1978年、中日劇場・鯉水会)• 鳥辺山(1978年、国立劇場・日本舞踊協会)• 紫匂う(1978年、歌舞伎座・桧扇会)• 幻椀久(1982年、中日劇場・花柳寿応十三回忌追善舞踊会)• 夢の雪路(1983年、歌舞伎座・花柳舞踊研究会)• 五月雨(1985年、東京宝塚劇場・長谷川一夫追善舞踊会) 映画 [ ]• (1951年)• (1951年)• (1952年)• (1952年)• (1953年) その他のテレビ番組 [ ]• 芸道50年春日野八千代(1980年、チャンネル近畿・NHK) - NHK大阪放送局で視聴可能。 NHKスペシャル タカラヅカ 憧れと伝説の90年(2004年7月10日、NHK) 書籍 [ ]• 白き薔薇の抄(宝塚歌劇団)• 「悔いなき一本の道」『わが心の自叙伝 映画・演劇編』(神戸新聞社) 脚注・注釈 [ ] 脚注 [ ] [] (1936年雪組へ異動) ・・ (1939年退団) ・・ (1971年退団) ・・ (1962年声楽専科へ異動。 1963年退団) ・・ (1965年演劇専科へ異動。 1968年退団) ・・ (1969年声楽専科へ異動。 - 1974年2月1日?。 1974年に安奈が花組へ異動) - (1974年2月2日? - 1979年3月28日) - (1979年3月29日 - 1983年8月10日) - (1983年8月11日 - 1987年11月29日) - (1987年11月30日 - 1992年3月31日) - (1992年4月1日 - 1994年12月26日) - (1994年12月27日 - 1998年11月23日) - (1998年11月24日 - 2001年10月1日) - (2001年10月2日 - 2003年3月23日) - (2003年3月24日 - 2006年11月12日) - (2006年11月13日 - 2009年4月26日) - (2009年4月27日 - 2015年5月10日) - 2015年5月11日 - 2016年11月20日 - 2016年11月21日 - 2019年10月13日 - 2019年10月14日 - '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 (1927年退団) ・・ (1934年退団) ・・ (1935年~1945年雪組組長、1945年退団) ・・ (星組から異動1936年~1938年花組へ一時異動1939年~1950年、1940年~1945年には副組長、 1945年~1950年には組長も担当、1950年演劇専科を新設し異動。 ~1972年10月31日) - (1972年11月1日~1980年8月31日) - (1980年9月1日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1993年3月31日) - (1993年4月1日~1996年6月30日) - (1996年7月1日~1997年7月30日) - (1997年7月31日~2002年2月11日専科へ異動) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2010年9月12日) - (2010年9月13日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の