ディープフェイクポルノ 動画。 ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

ディープフェイクポルノ 動画

ディープフェイクとは?問題点は? 最近だと様々な物議を醸しているディープフェイクですが、そもそもディープフェイクとはなんなのでしょうか。 ここではディープフェイクについてと、問題点についてそれぞれご紹介します。 ディープフェイクとは ディープフェイクとは、人工知能の「深層学習」とよばれる手法を利用して制作された偽物の写真や動画などのことをいいます。 要するに、人工知能を利用した高品質の合成写真、動画のことです。 2019年にオバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判するディープフェイクを利用した動画が配信され物議を醸していました。 ディープフェイクは、従来の合成写真、動画とは一線を画しており、素人が閲覧する分には違いに全く気づかないほどの精巧さを兼ね備えています。 そのため、悪質なことに数多く利用されており、法律や規約によって禁止している国やサービスが増えているのが現状です。 ディープフェイクの問題点 技術の進歩を非常に感じるディープフェイクですが、進歩ゆえの問題点もあります。 ディープフェイクは精巧に偽動画や写真を作成可能なため以下のような悪質なことに利用されています。 フェイクポルノ• 政治での印象操作 それぞれ見ていきましょう。 フェイクポルノ ディープフェイクを利用してポルノ映像、写真の制作が盛んに行われています。 フェイクポルノとは、アダルト動画に出演している女性の顔を、有名人やアイドルなどの顔と交換し、あたかも顔を交換した女性が性行為をしているように見える動画です。 実際に2019年のサイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査によると、ディープフェイク動画の96%はフェイクポルノであると発表されています。 それほどまでに悪質に利用されていることが広がっています。 被害女性側の人権侵害や、脅迫などに利用される危険性もあり、非常に危険性が高い技術です。 政治での印象操作 政治の世界でも印象操作目的でディープフェイクが利用されています。 上記の「ディープフェイクとは」で記載した、オバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判している動画などが該当します。 また、アフリカのガボンでは閣僚のフェイクポルノ動画が拡散され、クーデター未遂により国の混乱騒動にまで発展したケースも。 発言していない内容をあたかも発言したかのように仕立てたり、ポルノ動画によって印象を操作したり、騒ぎを引き起こしています。 ディープフェイクが閲覧可能なサイトは? 実際にディープフェイクがどのようなものか、見て確認したい方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ディープフェイクのサイトは悪質なものが多く頻繁に削除されています。 規制も厳しく、ディープフェイクのサイトをを見つけることは簡単ではありません。 pornhubなどのポルノサイト内やツイッターで検索も可能ですが、全て自己責任で判断して下さい。 ここで紹介するものも然りです。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPDEEPFAKES. NETは、その名の通りKPOPアイドルやスターを中心としたフェイクポルノ動画を集めたサイトです。 KPOPアイドルは世界的にも人気を誇っており、KPOPのジャンルで50億もの売り上げを記録するほどの人気ぶりです。 フェイクポルノの制作が活発な中国ももちろん該当するため、KPOPに焦点を置いたこのようなサイトが制作されたのだと推測できます。 このような動画を制作することはもちろんのこと、フェイクポルノと知っていながら閲覧することも同様に法律に触れる可能性があるので、自己責任で閲覧してください。 動画としては比較的短いものが多く、スマホでの視聴を考えて制作されているサイトです。 手軽に操作可能で、ショートムービープラットフォームで人気を博した「TikTok」のような操作性で動画を閲覧できます。 元アイコラ職人の「フィリップ2世」さんが運営するDeep Fakeサイトです。 広瀬すず、新垣結衣など有名女優の動画が多く、いつサイトが削除されるかわかりません。 もちろん違法ですので、閲覧する際は自己責任で十分に注意を払ってください。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 そのような極めて黒に近い、グレーの手法を用いてアクセス数を稼ぐサイトにはワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへの広告が多く出稿されているケースも。 いきなり架空請求の支払いの画面に切り替わったり、違法なサイトへの登録を迫られたり、多様な方法でお金を騙し取ろうとすることがあります。 そのためディープフェイクサイトを閲覧する際は、いつも以上に細心の注意を払うように心がけましょう。 シークレットモードで閲覧をする ディープフェイクサイトを閲覧する際の注意点としてシークレットモードを利用した閲覧をすることも挙げられます。 シークレットモードを利用することで万が一の個人情報の漏洩を防ぐことができるためです。 シークレットモードは、Google Chromeが提供している機能で、閲覧履歴やダウンロード履歴といった個人情報が保存されないモードのことです。 しかし、使用する検索エンジンによって呼び方は異なり、「プライベートブラウズモード」「プライベートブラウジング」「InPrivateブラウズ」などと呼ばれれているので注意しましょう。 まとめ この記事では、ディープフェイクについてご紹介しました。 日々進化しているAIの技術を利用することで、本物と偽物を見分けることが困難な写真や動画が制作されるようになってきました。 実際に人を利用しなくても気軽に動画を作成できるようになることでの動画制作のコスト低減や、かつての偉人の動画内での復活などができるようになり動画制作の幅の広がりが期待できます。 一方、フェイクポルノや政治での印象操作などに悪用され被害を受けるケースもあとを絶ちません。 ディープフェイクに対する規制、法律を厳しく定め、効果的に最新の技術が駆使されるような環境が整うと今後の動向に期待できますね。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

「フェイク動画」はどうやって作られている? ディープフェイクの仕組みと悪用対策

ディープフェイクポルノ 動画

ディープフェイクとは?問題点は? 最近だと様々な物議を醸しているディープフェイクですが、そもそもディープフェイクとはなんなのでしょうか。 ここではディープフェイクについてと、問題点についてそれぞれご紹介します。 ディープフェイクとは ディープフェイクとは、人工知能の「深層学習」とよばれる手法を利用して制作された偽物の写真や動画などのことをいいます。 要するに、人工知能を利用した高品質の合成写真、動画のことです。 2019年にオバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判するディープフェイクを利用した動画が配信され物議を醸していました。 ディープフェイクは、従来の合成写真、動画とは一線を画しており、素人が閲覧する分には違いに全く気づかないほどの精巧さを兼ね備えています。 そのため、悪質なことに数多く利用されており、法律や規約によって禁止している国やサービスが増えているのが現状です。 ディープフェイクの問題点 技術の進歩を非常に感じるディープフェイクですが、進歩ゆえの問題点もあります。 ディープフェイクは精巧に偽動画や写真を作成可能なため以下のような悪質なことに利用されています。 フェイクポルノ• 政治での印象操作 それぞれ見ていきましょう。 フェイクポルノ ディープフェイクを利用してポルノ映像、写真の制作が盛んに行われています。 フェイクポルノとは、アダルト動画に出演している女性の顔を、有名人やアイドルなどの顔と交換し、あたかも顔を交換した女性が性行為をしているように見える動画です。 実際に2019年のサイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査によると、ディープフェイク動画の96%はフェイクポルノであると発表されています。 それほどまでに悪質に利用されていることが広がっています。 被害女性側の人権侵害や、脅迫などに利用される危険性もあり、非常に危険性が高い技術です。 政治での印象操作 政治の世界でも印象操作目的でディープフェイクが利用されています。 上記の「ディープフェイクとは」で記載した、オバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判している動画などが該当します。 また、アフリカのガボンでは閣僚のフェイクポルノ動画が拡散され、クーデター未遂により国の混乱騒動にまで発展したケースも。 発言していない内容をあたかも発言したかのように仕立てたり、ポルノ動画によって印象を操作したり、騒ぎを引き起こしています。 ディープフェイクが閲覧可能なサイトは? 実際にディープフェイクがどのようなものか、見て確認したい方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ディープフェイクのサイトは悪質なものが多く頻繁に削除されています。 規制も厳しく、ディープフェイクのサイトをを見つけることは簡単ではありません。 pornhubなどのポルノサイト内やツイッターで検索も可能ですが、全て自己責任で判断して下さい。 ここで紹介するものも然りです。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPDEEPFAKES. NETは、その名の通りKPOPアイドルやスターを中心としたフェイクポルノ動画を集めたサイトです。 KPOPアイドルは世界的にも人気を誇っており、KPOPのジャンルで50億もの売り上げを記録するほどの人気ぶりです。 フェイクポルノの制作が活発な中国ももちろん該当するため、KPOPに焦点を置いたこのようなサイトが制作されたのだと推測できます。 このような動画を制作することはもちろんのこと、フェイクポルノと知っていながら閲覧することも同様に法律に触れる可能性があるので、自己責任で閲覧してください。 動画としては比較的短いものが多く、スマホでの視聴を考えて制作されているサイトです。 手軽に操作可能で、ショートムービープラットフォームで人気を博した「TikTok」のような操作性で動画を閲覧できます。 元アイコラ職人の「フィリップ2世」さんが運営するDeep Fakeサイトです。 広瀬すず、新垣結衣など有名女優の動画が多く、いつサイトが削除されるかわかりません。 もちろん違法ですので、閲覧する際は自己責任で十分に注意を払ってください。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 そのような極めて黒に近い、グレーの手法を用いてアクセス数を稼ぐサイトにはワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへの広告が多く出稿されているケースも。 いきなり架空請求の支払いの画面に切り替わったり、違法なサイトへの登録を迫られたり、多様な方法でお金を騙し取ろうとすることがあります。 そのためディープフェイクサイトを閲覧する際は、いつも以上に細心の注意を払うように心がけましょう。 シークレットモードで閲覧をする ディープフェイクサイトを閲覧する際の注意点としてシークレットモードを利用した閲覧をすることも挙げられます。 シークレットモードを利用することで万が一の個人情報の漏洩を防ぐことができるためです。 シークレットモードは、Google Chromeが提供している機能で、閲覧履歴やダウンロード履歴といった個人情報が保存されないモードのことです。 しかし、使用する検索エンジンによって呼び方は異なり、「プライベートブラウズモード」「プライベートブラウジング」「InPrivateブラウズ」などと呼ばれれているので注意しましょう。 まとめ この記事では、ディープフェイクについてご紹介しました。 日々進化しているAIの技術を利用することで、本物と偽物を見分けることが困難な写真や動画が制作されるようになってきました。 実際に人を利用しなくても気軽に動画を作成できるようになることでの動画制作のコスト低減や、かつての偉人の動画内での復活などができるようになり動画制作の幅の広がりが期待できます。 一方、フェイクポルノや政治での印象操作などに悪用され被害を受けるケースもあとを絶ちません。 ディープフェイクに対する規制、法律を厳しく定め、効果的に最新の技術が駆使されるような環境が整うと今後の動向に期待できますね。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

ディープフェイクポルノ 動画

プロでなくても簡単に動画加工できる「ディープフェイク」 Hank Green(ハンク・グリーン)氏:CGIのおかげで、あたかも実在するように見える「架空の動画」が、ごく一般的になりました。 例えば、(映像に見る)キャプテン・アメリカの体は、現実にはありえませんよね。 テレビや映画、ゲームなどで見る「Computer Generated Imagery(コンピューター ジェネレイテッド イマジェリー)」つまりCGIは、何百万ドルものお金や、何ヶ月もの時間をかけて、専門教育を受けたプロが作り上げるものです。 ディープフェイクの登場により、アマチュアでも動画を安価に手早く加工できるようになりました。 現時点ではディープフェイクのクオリティは発展途上ですが、将来は格段に向上するでしょう。 もしかしたら、現実と区別がつかなくなるかもしれません。 そんな未来が実現したら、どうなってしまうのでしょうか。 実は、対策はもう練られているのです。 動画の人物の身体に他人の顔を合成して、顔を差し替えたりするようなこともできます。 実在する、とある動画のように、個人の楽しみとして、有名な映画の出演者を差し替えて加工することもできます。 とはいえ、ニコラス・ケイジの差し替えだけは勘弁願いたいところです。 しかし、もっと悪どい利用法もあります。 例えば2018年、ジョーダン・ピール監督は、バラク・オバマ元大統領に面白おかしく悪態をつかせたコンセプトビデオを製作しました。 この動画は明らかに偽物でしたが、虚偽の選挙広報動画がいとも簡単にできてしまうことを広く知らしめました。 さらに恐ろしいことに、出回っているディープフェイク動画の95パーセントは、ディープフェイクだと明言していません。 セレブはもちろん、ごく普通の一般人を合成した、合意の無いポルノ動画などがそれです。 これは大きな問題です。 ディープフェイクが作られる仕組み ディープフェイクの技術はまだ出て来たばかりなのですが、急激に進歩しています。 一説によると、ディープフェイクの動画数は2019年には倍増しています。 どんどん手軽に作れるようになってきているのが原因のようです。 ディープフェイクが使っているのは、敵対的生成ネットワーク、通称GANs(generative adversarial networks)と呼ばれる、新生の強力なコンピューティングメソッドです。 この場合は、動画を作りたい対象の人物の写真や動画です。 次に、2つのネットワークを競合させます。 片方のネットワークには、トレーニングデータを使って人物の顔をテンプレートにはめ込み、動画にして、ディープフェイクを作るよう指示します。 もう片方のネットワークには、そのディープフェイクを観測して、トレーニングデータと比較させ、動画がリアルかどうかを判別するよう指示を出します。 最終的には、ディスクリミネーティブネットワークが真贋を判別できないほどの均衡点に達するのです。 もちろん、作られるディープフェイクは、ニューラルネットワークの性能の範囲内に限られますし、コンピュータを騙せても、人間を騙せるとは限りません。 現在では、チープなアマチュアレベルのディープフェイクであれば、ターゲットの画像250枚程度と、2日程のコンピュータプロセスで作ることができます。 しかし、人間を騙せる品質ではありませんし、ニコラスケージ・パーティを合成する程度の、クオリティの低い動画しかできません。 オバマ元大統領の動画のような、高品質のものを作成するには、いまだにプロの手を加える必要があります。 とはいえ、ディープフェイクを見破る難易度は、どんどん上がっています。 例えば、以前であれば、不自然にまばたきが少ない人物を探せば見分けることができていました。 しかし、専門家によれば、最近のものはもはやこの手法には頼れないようです。 GANs同様、人間のプログラマーも、時と共にアルゴリズムを向上させているのです。 そのため、今日、偽物の検出に使えた手法でも、翌日には使えなくなる可能性があります。 動画よりも似せるハードルが高いのは音声 さて、真贋の見分けが付かないほどのディープフェイクが作られる日は、来るのでしょうか。 その答えは、いまだ議論の域を出ません。 しかし、偽動画よりも高いハードルになるのは、「偽音声」です。 顔の合成はかなり質が上がっており、GANsが人間を騙せる動画を生成する日は、遠からず来ることでしょう。 しかし、人物に言葉を話させるのは、まったく別の問題です。 通常は、動画と同様、機械学習とGANsで音声を偽造できます。 人物の声の録音データが、多少必要になる程度です。 しかし、芸術の域に達するような音声偽造ソフトウェアは、まだ人間を騙せるほどのクオリティではありません。 人間による研究が、あまり進んでいないためでしょう。 しかしこれもまた、将来は変わる可能性があります。 映画のクリエイターなどにとっては画期的なことではありますが、信頼できる情報の判別は、今後ますます困難となるでしょう。 メディアリテラシーがより一層求められる時代へ これはゆゆしき問題であり、これに備えている企業もあります。 例えばスマートフォンについては、携帯が動画を撮影した時のGPS位置情報や、気圧や方角センサーなど、偽造しづらいデータを活用します。 この企業は、動画撮影の際にこれらのデータを読み込み、企業のサーバーに送信するカメラアプリを開発しました。 オリジナルのデータが本物であるという証明に役立ちますし、オリジナルの撮影後で偽バージョンを作りにくくなります。 さらに、偽オーディオクリップを制作するあるグループは、自作のコンテンツだとわかる「電子透かし」を、自分たちの作品に実験的に付与しています。 残念なことに、どれほど安全対策をしたとしても、ルールを守らない人は必ずいますし、多くのコンテンツにおいてそれは事実です。 また、動画を加工したり、ミスリードされるような動画の作成は、ずいぶん前から行われてきました。 高品質の偽物を作るディープフェイクの時代が訪れたとしても、自分たちのメディアリテラシーのスキルを磨く以外に術はなさそうですし、そうしても何の損もありません。

次の