定期 代 増税 前。 定期券案内|路線バス|京成バス

経費精算、確定申告、増税前8%の交通費はどうやって調べればいいの?

定期 代 増税 前

スポンサーリンク 全国の鉄道会社の運賃の改定率について 鉄道やバス等の公共交通機関の運賃は認可制となっており、基本的に国土交通省の認可がおりないと改定できないようです。 のとおりパブリックコメントの実施を発表しています。 増税時に便乗して値上げをしないようにということでしょうか、『 108分の110以内の増収を前提とする』とあります。 消費税の増税分の割合だけ値上げするのを認めるというスタンスのようですね。 具体的に全国の鉄道事業者からの認可申請の概要として、改定率が列挙されています。 よく見ると 定期と定期外で改定率に大きく差がある会社もありますが、合計の改定率は、どの会社もきれいに 108分の110に対応する値上率(1. 852%の値上げ)におさまっていますね。 東京モノレールは、定期は値上げなし、定期外のみ値上げするというのが特徴的で目立ちます。 あくまでこの資料をもとに意見募集をして、それを審査の参考にして認可するかどうかの決定をするという流れのように思われますが、不自然なほどの改定率で申請をしている会社もないようですので、基本的には各社この申請のとおり決定するものと思います。 (追記)2019年9月5日にのとおり、申請のとおりに認可したことを発表しています。 横浜市営地下鉄の改定の申請内容について 横浜市営地下鉄の運賃の変更について、のとおり国土交通大臣あてに認可申請がされています。 平均改定率は1. 具体的には以下のとおりです。 記載のない4〜12区についても同様に消費税率引き上げ相当分の転嫁を行います。 現金運賃は10円単位のため、端数処理で切り上がるかどうかで、区によって改定率が大きく異なりますね。 2区は240円から250円で改定率が4. なお、1区、2区といった表現は普段あまり耳にしない気がしますが、どこからどこまでが何区なのかが分かる区間の表はに載っています。 一方、ICカード運賃は1円単位のためこのような大きな差異は生じておらず、どの区も同程度の改定率ですね。 現金運賃の比較表 現行運賃 申請運賃 1区 210円 210円 2区 240円 250円 3区 270円 280円 ICカード運賃の比較表 現行運賃 申請運賃 1区 206円 210円 2区 237円 242円 3区 267円 272円 通勤定期乗車券(6か月)の比較表 現行運賃 申請運賃 1区 43,100円 43,800円 2区 49,630円 50,440円 3区 56,110円 57,030円 スポンサーリンク 横浜市営バスの改定 上でご紹介した国土交通省の資料は鉄道会社だけが記載されていますが、横浜市営バスについてもご紹介したいと思います。 のとおり、横浜市交通局から認可申請がされています。 具体的な改定内容は以下の通りで、 平均改定率は1. 普通運賃の比較表 現行運賃 申請運賃 現金(10円単位) 220円 220円(改定なし) ICカード(1円単位) 216円 220円 通勤定期乗車券の比較表 現行運賃 申請運賃 1か月 9,650円 9,900円 3か月 27,500円 28,220円 6か月 52,110円 53,460円 こちらも市営地下鉄と同様、現金の普通運賃は10円単位です。 そのため、 現金の普通運賃は改定後も220円のままのようです。 通勤定期券は2. 現金運賃が改定されない分、全体の改定率を1. 改定後の運賃が正式に決定しました!(2019年9月6日) 上記の通りご紹介した認可申請が2019年9月5日に国土交通省より認可され改定後の運賃が正式に決定しました。 より詳細な改定内容はに掲載されています。 生活の足である鉄道やバスの運賃は残念ながら軽減税率の対象外ということで、税率引き上げ分に対応する値上げが実施されるようです。 各社の申請内容について簡単にご紹介しましたが、定期と定期外で改定率に大きな差がある会社もあります。 定期券代は高額な分、値上げ幅も大きくなりますので、定期代の引き上げ分のウェイトが高い鉄道会社については要チェックです。 定期券を購入するタイミングを増税前後で調整できるような人については、できるだけ増税前に購入した方がお得感がありますね。

次の

定期運賃のご案内

定期 代 増税 前

1.定期券の購入は消費税増税前がおトク 詳細な理由については後述しますが、定期券の購入は増税前がおトクです。 もちろん、消費税増税後も有効期間内ではそのまま使用できます。 これらは通勤定期でも通学定期でも変わりません。 あまりの混雑に、現在鉄道各社は定期券の早めの購入をいつも以上に呼びかけています。 定期代がお得な上に混雑を回避出来るため、定期券は早めの購入がおすすめです。 基本的に、JRと殆どの私鉄では、 定期券は利用開始の2週間前から購入できます。 つまり、10月1日からの定期券は既に購入できるのです。 定期券は各鉄道会社の窓口の他、自動券売機で買える場合もありますので、混雑を避けてスムーズに購入しましょう。 (2)継続定期は解約して新規購入で定期代がお得? ここまでで気付かれた方も多いかもしれませんが、今の定期の期限が10月上旬頃に切れる方は、その期限切れを待って 継続定期を購入するより、9月中に新規の定期を買ったほうがお得な場合があります。 JR東日本の改定表を見ると、例えば 現状6ヶ月46,660円の区間は 増税後6ヶ月47,520円となっており、860円の差があります。 ただし、例えばJRですと定期券の払い戻しには220円の手数料がかかります。 払い戻さずに新しく買ってしまうこともできますが、ご自分の通勤・通学区間でどうするのがお得か、ぜひ計算してみてください。 (3)JR、東京メトロ、私鉄各社の増税と定期券価格 主要鉄道会社の消費税増税後の定期代については、こちらのページから各社のお知らせへリンクしています。 事業者が、旅客運賃、映画・演劇を催す場所等への入場料金を26年施行日(平成26年4月1日)から31年施行日の前日(平成31年9月30日)までの間に領収している場合において、当該対価の領収に係る課税資産の譲渡等が31年施行日(平成31年10月1日)以後に行われるときは、当該課税資産の譲渡等については、旧税率(8%)が適用されます 【出典】 この文章は税金用語が含まれていて理解しにくいので、簡単にポイントを抜き出しました。 旅客運賃等とは具体的には次のとおり -汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機の旅客運賃(貨物は除く) -映画、演劇、演芸、音楽、スポーツなどを観る入場料金 -競馬場、競輪場、小型自動車競走場、モーターボート競走場への入場料金 -美術館、遊園地、動物園、博覧会の入場料金• 対象となるのは、2014年4月1日から2019年9月30日までに購入したもので、実際の利用は2019年10月1日以降になるもの• 経過措置の内容は、旧税率8%が適用される このことから、2019年10月1日以降に使う旅客運賃や、映画館・遊園地などの入場料は、9月30日までに購入すれば割安になることがわかります。 10月1日以降に旅行や遊びに行くことがわかっているなら、前売指定席券や、前売入場券を購入すると良いでしょう。 ポイント 経過措置の対象となるもののポイントは、いずれも「 不特定多数かつ多数の者」を対象としているかどうかです。 電車・バス等の公共交通機関(交通費)や、映画館・遊園地等は、幅広く誰でも利用できるものですので、対象となります。 (1)2019年10月1日をまたぐ定期券、回数券等の交通費は8% 例えば、電車の3カ月分の定期券を、2019年9月1日~11月30日の期間で購入したとします。 このように消費増税スタートの10月1日をまたぐ定期券は、旧税率8%が適用されます。 定期券だけでなく回数券も同じです。 (2)船舶、航空機などの公共交通も対象 電車・新幹線等の乗車券に限らず、バス乗車券、船舶乗車券、航空券などの公共交通も対象です。 (3)プロ野球の年間シートも8% 「10月1日をまたぐと8%」ルールは、プロ野球の年間シートにも適用されます。 2019年シーズンの春から秋までの年間シートは、10月1日以降の利用分も含め税率は8%です。 (4)クレジットカード利用でもチケットレスでも8% 経過措置の条件に当てはまる旅客運賃等であれば、クレジットカードで購入しても8%が適用されます。 またチケットレスで経過措置の条件に当てはまる旅客運賃等を購入しても8%です。 重要な例外と注意点を紹介します。 (1)ICカードのチャージは10% 電車料金用などのICカードの購入は、経過措置の対象外です。 つまり、2019年9月30日にICカードを購入したり、既存のICカードに追加チャージをしたりして、その分で10月1日に電車の運賃を支払っても、10%が課税されます。 ICカードの購入やチャージ自体は、単純にある金額を前払いしただけで、具体的な切符を購入したことにはならないからです。 またそれとは別に、JR東日本は2019年10月1日から利用額に応じて、事前に「JRE POINT」に登録したモバイルSuicaで2%のポイントが還元されることになります。 例えばJR東日本内で60000円の定期の場合は1200円分のポイントが還元されるので、忘れないようにチェックしてください。 詳しくは下記記事を合わせてご参照ください。 関東圏で利用が多いSuica。 定期券や切符としてだけでなく、ポイントが貯められる電子マネーとしても使えて、大変オトク… (2)10月1日以降にアップグレードしたらその分のみ10% 例えば、9月30日に、10月2日開催の演劇のチケットを買ったとします。 このときの税率は8%です。 ところが10月1日に、その演劇の座席をアップグレードして、追加料金を支払ったとします。 このとき追加料金の消費税は10%です。 以上のことをまとめるとこうなります。 9月30日に購入した本体部分:税率8%• 10月1日にアップグレードした部分:税率10% (3)ディナーショーは8%、ディナークルーズは10%になるかも ディナーショーは旅客運賃等に該当するので、10月1日以降に観るディナーショーのチケットを9月30日までに買えば税率は8%です。 ディナーショーは映画や演劇などに類するものだからです。 しかし、遊覧船に乗って夕食を楽しむディナークルーズは、経過措置の対象外になり、9月30日までにチケットを買っても、実施が10月1日以降であれば10%を適用されます。 それはディナークルーズの料金のうち「旅客運賃分」は副次的なもので、メインは「夕食を食べること」だからです。 食事は旅客運賃等に該当しません。 (4)セミナーと講演会の入場料は判断がわかれる セミナーや講演会の入場料が旅客運賃等に該当し、経過措置の対象となるかどうかは微妙なところです。 セミナーや講演会は特定の参加者を対象としており、映画や演劇のように「不特定多数を対象としている」とみなすことが難しいからです。 したがってセミナーや講演会の入場料の消費税率については主催者に問い合わせをする必要があります。

次の

定期券は月内がお得? 鉄道、バス…消費増税で値上げラッシュへ|【西日本新聞ニュース】

定期 代 増税 前

軽減税率対象商品はまとめ買いしなくてOK 消費税は生活に必要な商品・サービスにもかかってくるもの。 所得が多い人も少ない人も一律にかかる税金であるため、消費税が上がると特に低所得者にはダイレクトに影響があります。 軽減税率対象となるのは以下の通りです。 定期購読している新聞• 食料品・飲料品 お酒や外食を除く 食料品でも外食は贅沢品として考えられるためか、10%の税率になります。 中でも、イートインも持ち帰りもできる食料品については要注意。 少し難しいのですが、お惣菜やパンを店内のイートインコーナーで飲食する場合は「外食」となり消費税10%、通常どおり自宅に持ち帰る場合は「飲食物」となり、消費税8%となることを押さえておきましょう。 このように、今回の増税タイミングでは同じ商品でも食べる場所により税率が異なるものもあります。 同様にファーストフードも持ち帰りなら8%、店内で食べるなら10%となる予定です。 増税前に買うべきものリスト スーパーで買う食材や飲料品の消費税が8%の据え置きなら、増税前には何を買っておけばいいのでしょうか? 特に買っておくべきものを紹介します。 100円ショップなどでのリピート買いグッズ 不要なものまで買う必要はありませんが、我が家はよくマフィンを作るので100円ショップの紙カップを常時ストックしています。 その他、ガスグリル用のアルミ敷物や台所で使用するスポンジ、お弁当のおかずカップ、お祝いや香典袋など、各家庭でリピート買いしているものがあるのではないでしょうか。 使用期限のないグッズは少し買い置きしておきましょう。 乗車券・定期券 乗車券・定期券は9月30日までに買えば、期限が10月以降まででも消費税増税前の金額で購入できます。 10月以降に予定している旅行の乗車券や、今後も使うであろう定期券は、9月末までの購入がおすすめです。 ブランド品 自分へのご褒美やプレゼントでブランド品の購入を検討しているのなら、増税前に買いましょう。 高級ブランドはセールをほとんどしないので、2%の差は大きくなります。 必要な日用品 必ず使用する日用品は、今のうちに購入してストックしておくのがおすすめです。 購入検討品については以下を参考ください。 コンタクトレンズやレンズ洗浄液 必ず使ううえ価格も高めなので、まとめ買いしておいても良いでしょう。 子ども用紙オムツ まとめ買いをするなら、子どもの成長に合わせたサイズを選ぶようにしましょう。 マスク 消費税増税後すぐに冬はやってきます。 インフルエンザ予防のために、マスクも買い置きするとよいでしょう。 電池・懐中電灯 いざという時に在庫がないと困るものです。 腐るものではないので多めにストックしておきましょう。 単3、単4は以外と使いみちが多いので買っておくことが多いのですが、懐中電灯を使用する際に必要な、単1も忘れずに。 懐中電灯は防災を兼ねてお部屋に一つずつ用意しておきましょう。 常備薬 薬は単価が高いので常備しておきたい品の一つ。 在庫が少なくなっていたら増税前に買っておきましょう。 胃薬や風邪薬、下痢止め、酔い止め、熱冷ましシート、目薬、普段から飲んでるサプリなどが例です。 防虫剤 増税後すぐに衣替えシーズンになり必要になります。 単価も高いので早めに購入しておきましょう。 夏の蚊よけ防虫剤も単価が高いので来シーズン用に買っておいてもよいでしょう。 「いつか買おう」と思っているもの いざという時に必要なアイテムや、あったら便利だなと思うもののまだ買えていないものは、この機会に検討しましょう。 防災用品 防災用品は災害の多い我が国でぜひ準備しておきたいアイテムです。 揃えていなければこの機会に検討しましょう。 カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ、ガスボンベストーブ カセットコンロ用のボンベで、ストーブになるもの は冬に災害があったときの必需品です。 その他、防寒シートや缶詰類、カイロなどもご検討ください。 DIYグッズ あったらいいなと迷っているDIYグッズがあれば検討しましょう。 我が家で意外と重宝しているのが電動ドライバーです。 これがあれば、3段ボックスなどもあっという間に完成。 その他、とんかちやニッパー、のこぎりなどもおすすめ。 アウトドアグッズ 単価が高いアウトドアグッズも、増税前に揃えておきたいものです。 電化製品 扇風機や電子レンジ、トースター、ポット、ホットプレート、ドライヤーなど定番の電化製品で買い替えが必要なものがあれば、増税前に購入しておくとよいでしょう。 定番のものはセールや価格変動が少ないからです。 いっぽう大型の白物家電は発売日により大幅に価格変動があるので、本当に必要なら購入しておく程度でOKです。 ただし増税による2%の差はわずかです。 電気店のポイント還元や「価格. com」などの比較サイトを活用すればカバーできる差でもあります。 慌てて購入するのは避けましょう。 自費のインプラント・歯科矯正 健康保険対象外の歯科治療を検討しているのであれば、増税前が良いでしょう。 割引されることは少なく、単価が高いので増税2%の影響は大きいです。 美容室・エステ カット代も家族全員分となると増税の影響は大きくなります。 増税前の「最後のあがき」になりますが、今からカットのサイクルを調整して、ぎりぎり9月末頃美容室に行きましょう。 化粧品 高級な化粧品ブランドではほぼセールをしません。 愛用している化粧品があれば、増税前に買っておきたいものです。 ただし、増税のタイミングでその化粧品自体が必要かも再検討を。 お手頃なブランドに変えるなど商品自体を見直すことで、美容費を節約することができます。 リッチな外食 結婚記念日や誕生日など少しリッチな外食をする予定があれば、スケジュールを前倒しして増税前にいくのもアリでしょう。 あまりにも時期が離れてしまうのであれば、せっかくのお祝い気分も台無しになるので、2%の差にこだわりすぎないでくださいね。 お酒類 お酒が好きなご家庭なら、消費税が10%となるお酒類の代金負担が大きくなりますね。 我が家も玄関収納にビールとワインを常備しているお酒好き家庭。 ある程度購入して増税に臨みたいと思います。 ここまで増税前に買うべきものを紹介しましたが、どれも「小さな抵抗」にすぎません。 また、増税後9カ月間はキャッシュレス決済で買い物した場合、ポイント還元になるという施策もあります 参照:。 あわてて必要のないものを買うのではなく、必要なものを必要なだけ購入し、無駄使いをしなければ増税2%もカバーできるはずです。 決まった税制を嘆いていても何も変わりません。 自分でできることから探してみましょう。

次の