アジアンツアー。 アジアンビーチ旅行の人気ランキングとおすすめツアー|日本旅行でお得に海外旅行!

9月のアジアンツアー「マーキュリーズ台湾マスターズ」中止【アジアンツアー】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

アジアンツアー

関藤直熙がコースレコードの9アンダーを叩き出して優勝 「JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」最終日は選手たちがスコアを伸ばしあう展開になりましたね。 グリーンの状態がとても素晴らしく、雨の影響で地面が軟らかくなっていてグリーンを狙ったショットは止まるし、でもパットはしっかり転がってくれる、プロにとっては絶好のコンディションでした。 そんななかで優勝を決めたのは23歳の若手、関藤直熙。 最終日に9アンダー61ストロークとコースレコードを叩き出し、通算14アンダー。 2日間ノーボギーでの快勝となりました。 今大会ではコース上にリーダーボードがないため、ほかの選手のスコアがわからない状態でのプレーでしたが、そういった状況でも自分のプレーに徹し、終始落ち着いていたのが印象的でしたね。 海外の場で揉まれながらも勝ち切れていますから、今大会でも持てるポテンシャルを発揮できたのでしょう。 会見では自分のプレースタイルについて「ドライバーはそんなに飛ぶほうじゃない(280~290ヤードくらい)けど、積極的に(ドライバーを)使って攻めていくスタイルです」と語っていました。 さらに、「2日間ノーボギーで行こうと思っていた」とも話してくれました。 思うだけならともかく、実際にやってのけるのですから凄いですよね。 関藤本人曰く「そんなに飛ぶほうではない」というドライバーは、平均280~290ヤード。 ラフが深めのセッティングであることに加え、雨の影響で重かったでしょうからね。 アイアンのショットがキレていて、ピンに寄るのでイージーなバーディパットを量産。 ショットとパットがかみ合ってビッグスコアを叩き出しました。 広島国際学院高の一年後輩で、昨年の三井住友VISA太平洋マスターズでアマチュア優勝を果たした金谷拓実さんの活躍も刺激になっているようで、将来の目標を聞くと「海外に出て活躍したいです。 最終的にはマスターズ出場を目指しています」とやはり世界を目指している様子。 今後が楽しみな選手がまた一人現れましたね。 優勝した関藤をはじめ、今大会ではルーキーたちの活躍が目立っていました。 トータル13アンダーで2位タイの和田章太郎は関藤とのデッドヒートを繰り広げ、最後まで試合をけん引していましたね。 また、初日を2アンダー43位で終えた池村寛世も、最終日に前半で5つ、後半で3つ伸ばしてトータル10アンダー5位タイと躍進しました。 堀川未来夢、星野陸也など初日に調子の良かった若手選手たちはスコアを伸ばしきれなかったものの、優勝争いの中で存在感を見せていました。 新しい顔ぶれが活躍して、若返りが印象的だった今回の試合。 このようなフレッシュな選手が躍動できたのも、もちろん試合があったから。 試合自体がなければ選手たちのオフの間の努力の成果を披露する場もありませんからね。 昨今の情勢の中で開催に踏み切ってくれた主催者のゴルフパートナー、そしてJGTOには、いち取材者としても感謝したいと思います。 各選手たちのプレーを見ていても、レベルアップした自分たちのプレーを見てほしい、そんな意気込みや迫力をひしひしと感じました。 JGTOの青木功会長からは「(今シーズンも)何試合かやる予定でいる」とのコメントがありました。 先行きはまだ不透明ですが、試合を楽しみに待ちたいと思います。

次の

レース観戦ツアー in BOAT RACE 鳴門 supported by アジアンフードフェスティバル

アジアンツアー

2019年のアジアンツアーの下部ツアーで賞金王 初日を5バーディノーボギーの5アンダー65(パー70)の10位タイで終え、最終日は9バーディノーボギーの61と爆発しコースレコードも樹立、トータル14アンダーで大混戦を制した関藤選手。 昨年のアジア下部ツアー「ブルネイ選手権」の最終日にも同じくパー70のセッティングで61をマークしプレーオフに残り惜敗したというから、その爆発力は本物です。 2日間の試合でしたので、攻めて伸ばした者が勝つという短期決戦を制した理由は彼のプレースタイルにあったようです。 優勝会見でどんなプレースタイルが持ち味なのか聞いたところ「ドライバーは飛ぶほうではないですが、積極的にドライバーを持って攻めるスタイルです」との答え。 「飛距離は280から290ヤードくらい」と分析していましたが、最終ホールはフォローの風もあり300ヤード近く飛んでいました。 アイアンもキレキレでバーディパットは短い距離ばかりというすべてが噛み合った素晴らしいラウンドでした。 この足の使い方、地面反力の使い方がヘッドスピードを高め、飛ばしの秘訣になっています。 鍛えられた下半身で地面をしっかりと踏み込み、地面反力も活かすことで、手先に頼らない大きな振り抜きのスウィングを実現しています。 飛距離のみならず、下半身を使って打つことで、スウィングテンポや切り返しのタイミングが安定します。 アイアンの距離の打ち分けも上手いなと感じましたが、それも下半身の使い方でコントロールできていると見受けられました。 アジアの下部ツアーで様々な芝や天候や気候を経験したことで、初日の雨、雨上がりの最終日のコンディションでもブレることなくスコアを伸ばし自ら優勝をたぐり寄せました。 日本とアジアンツアーの賞金王、そしてマスターズ優勝と夢は大きい22歳。 若く、将来性にあふれたチャンピオンの誕生を喜びたい気持ちです。

次の

【東建ホームメイトカップ】アジアンツアー(ツアー・協会)|ゴルフトーナメント開幕戦

アジアンツアー

ビーチリゾートへ旅行する場合、「天気=旅の満足度」と言っても過言ではありません。 たとえ泳がなくても、海の碧さはお天気次第で全く違って見えます。 だからこそ、行き先選びにおいて、天候が安定したシーズンを事前に知ることはとても重要です。 例えば、ハワイやグアム、サイパンといった常夏と思いがちの定番リゾートにも、実は「雨季」や「冬季」があります。 また雨季と言っても、スコールのような雨や、1日のうち2〜3時間シャワーのような雨が降るだけの雨季もあります。 もしも「ホテルでのんびりステイ」が目的なら旅行代金が比較的お得な、雨季などのオフシーズンも狙い目となります。 とはいえ、総じて湿度が高く、どんより曇り空が多くなるのが雨季です。 スカッと晴れたマリンブルーとスカイブルーのコントラストに出会うためには、乾期のベストシーズンがおすすめです。 方面別のおさえておきたい季節のポイントをまとめましたので、チェックしてみてください。 次に、「旅程」の面から行き先を考えてみましょう。 まず、子連れファミリーの海外旅行や両親との三世代旅行の場合に、特に気になるのが「フライト時間」ではないでしょうか。 狭い機内で徐々に飽きてしまう子ども…。 眠りやすいだろうという考えから、夜発のフライトを選びがちですが、大人も眠りたい時間帯のフライトはあまりおすすめできません。 お子様の年齢にもよりますが、未就学児の場合、「機内では眠らない」という前提で、フライト時間帯と飛行時間を判断することが大切です。 また、休暇が取りにくいお勤めの方にとって重要なのは「日数」ですね。 あまり知られていませんが、土日や3連休+1日で行ける海外ビーチは案外たくさんあります。 たまのリフレッシュに、いつもの国内旅行ではなく「ちょっと海外」という選択肢もありかもしれません。 また、年に一度の長めのバケーションなら、ビーチリゾートに行くのでもちょっぴり余裕のある日程をおすすめします。 同じホテルに3泊、4泊するからこそ楽しめる、ゆったりとした時間をぜひ体験してみてください。 そして、もう1点、考慮しておきたいポイントが「時差」。 同じフライト時間でも、「南北に移動する」のと「東西に移動する」のとでは、体への負担や帰国してからの生活リズムの取り戻し方が違います。 少し日程が窮屈なら、時差が少ない「南北」の移動で行き先を検討してみるというのもアイディアです。 旅行日数の目安 フライト時間 (目安) 旅行日数 (目安) 行き先 約3. 数ある海外ビーチリゾートの中から行き先を選ぶのに、「どこを選んだらいいのかわからない!」という方は、旅の目的をイメージしてみてください。 透明度が高いきれいな海で泳ぐことが目的なのか、ダイビングやゴルフなどアクティビティを満喫したいのか…、「ホテルから一歩も出ない」なんていう贅沢な時間の過ごし方もあります。 例えば、「ともかくきれいな海!」というならモルディブやタヒチをおすすめしますが、「ショッピングも楽しみたい」というならハワイの方が満足いただけるかもしれません。 「食事も美味しいところがいい!」となるとニューカレドニアやアジアビーチなども候補になります。 「ビーチ比較」では、「こだわりテーマ」別にJTBのおすすめリゾートをご紹介していますので、自分にぴったりの行き先を探してみてくださいね! 観光や街歩きがメインのシティ旅行に比べると、ホテル施設やお部屋で過ごす時間が長くなるのがビーチリゾート旅行ではないでしょうか? 実は、ビーチへの旅の場合「ホテルの選択」が結果的に旅行全体の満足度を左右する大事なポイントになります。 この点は、シンプルですが、JTBのお店のカウンターにいらっしゃるお客様も、皆様、案外忘れていらっしゃるポイントです。 過去に激安ツアー、格安ツアーでビーチへ旅行をして、「あれ、なんかイメージと違う・・」なんて経験された方、いらっしゃいませんか?それは、恐らくホテル選びを間違っている可能性、大です。 超ゴージャスな5つ星ホテルに泊まる必要はありませんが、通常の予算に多少プラスしてワンランク上のホテルに泊まれば、一気に旅の満足度は上がるはず。 理想のビーチでの休日を求めるなら、ぜひワンランク上のホテルを検討してみてください。 また、ホテル選びにおいてもうひとつキーワードになるのが「オールインクルーシブ」と呼ばれるシステム。 料金の中に宿泊代金だけでなく、食事、アクティビティ、さらにホテルによっては、スパなどの料金も含まれる、大変お得な料金システムです。 代表的なのがモルディブ、タヒチ、カリブ海のリゾートホテル。 現地での追加費用を考える必要がなく、思う存分ホテルを満喫できますので、滞在中のストレスを減らして、のんびりされたい方にはおすすめです。 そして、もう一歩進んだ「ツウ」な旅は、「このホテルがあるから、ここへ行く」というスタイル!そんな旅の目的になる、おすすめホテルをいくつかご紹介しておきます。 最後に重要なのは、何といっても「予算」ですね。 まず、行き先別の予算感をリストにしました。 思いがけない行き先も、ひょっとすると予算内かも!? 大まかな予算で行き先を絞ったら、次は、お得なツアーや航空券を探しましょう。 おすすめはやっぱり、安心のツアーです。 その際、ただ「ツアー代金」で比較するのではなく、「内容」に注目するのがツアー選び成功のポイントです。 仮にツアー代金が同じでも、ホテルのグレードが違っていたり、同じホテルでもお部屋タイプも様々なパターンがあります。 加えて、ツアー内に、街歩きに利用できるシャトルバスや無料で参加できるオプショナルツアーが含まれていることもありますので、様々な特典・現地でのサービスなども含めて比較することが重要です。 JTBの場合、ワンランク上の品質とサービスをお約束しているのが「ルックJTB」というブランドです。 ツアー選びの際に少し気にしてみると、数あるツアーの中から、理想のツアーを選ぶ手助けになるかもしれません。 季節によっても変動します。 おすすめ海外リゾート 徹底比較 RECOMMEND DESTINATIONS あなたにぴったりのリゾートをこだわりのテーマから探そう!! すべてのおすすめ行き先• JTB 今年注目の行き先 JTBが選んだ今年注目のビーチリゾートです! 大人気の定番スポットはもちろん、隠れたおすすめリゾートも!• ダイビングが楽しめる行き先 ダイビングスポットを擁する、豊かな海に抱かれたリゾートを選びました。 ダイバー必見、躍動的な世界の海への誘い!• 水上コテージ・ヴィラに泊まれる行き先 憧れの水上コテージ・水上ヴィラで贅沢なひと時を…。 開放感あるプライベート空間でくつろぐ時間は、まさに極上の休日!• 1島1リゾートの贅沢な行き先 1つの島に、1つのホテルのみ! 贅沢な空間が広がる、こだわりのリゾートを選びました。 うれしいオールインクルーシブ ホテルがある行き先 ホテル施設内の食事やドリンク、プール、マリンスポーツなどのアクティビティ料金が ほぼ代金に含まれているお得なホテルあり。 お財布を気にせず、リゾートライフを満喫できます!• ハネムーン・記念日旅行におすすめの行き先 ハネムーンや記念日に訪れたい、とびきりのリゾートを選びました。 思い出に残る素敵な休日を!• 大自然を体感できる行き先 青い海の横で、グリーンの大自然が感じられる行き先を選びました。 多様な地形からなる絶景スポットも!• 海外ウェディングにおすすめの行き先 憧れの海外挙式! 2人だけの教会挙式から、家族・友人を招いてのリゾートウェディングまで、 海外ウェディングで訪れるのにおすすめの行き先を選びました。 家族旅行におすすめの行き先 子連れ旅行や3世代旅行にも!比較的アクセスしやすく、子どもが楽しめる施設が充実、 初めての海外子連れ旅デビューにもおすすめの行き先を選びました!• 夫婦・カップルにおすすめの行き先 大切な人と過ごす、ビーチバケーションにおすすめの行き先を選びました! アクティブもひたすらのんび〜りも、自分たち次第!• 女子旅におすすめの行き先 よくばり女子の海外旅行に、ちゃんと応えてくれる行き先を選びました! 海、食、買い物、アクティビティ…、選べる楽しい過ごし方!• 一人旅におすすめの行き先 ひとりで海を眺めながら、のんびり過ごす休暇にぴったり! 読書も買い物も食べ物も、ひとりで訪れても楽しい海外ビーチリゾートを選びました。

次の