プロテイン 痩せた。 プロテインダイエットは痩せない!効果なし?

脚痩せ成功の鍵はプロテインだった!おすすめのプロテインや活用法も紹介|美容プロテインの教科書

プロテイン 痩せた

アスリートがよく利用するプロテイン。 最近では高齢者の健康増進や女性の美容目的にも利用されるようになりました。 プロテインを初めて摂取するときに気になる1つが、 「プロテインを飲むと太るのか?」といった、体にどのような影響をおよぼすのかということではないでしょうか。 プロテインの種類、飲み方、タイミング、プロテイン以外の栄養の知識を少しプラスするだけで、よりプロテインを効果的に使うことができます。 体重コントロールとプロテイン摂取 まず、プロテインを飲むことが体脂肪増加の「直接的な」要因になることは、ほとんどありません。 プロテインの飲み方やプロテインに含まれているエネルギー量(カロリー)や他の栄養成分の割合に注目し、その役割を理解すること。 そして食事量をコントロールすることで効率の良いプロテイン摂取に繋がります。 食事のみでタンパク質量を増加させるためには、肉・魚・卵などの主菜のボリュームを増やすことも必要です。 しかし、そのデメリットとしては肉や魚などの食材に含まれる脂肪を同時に摂取し、さらに調味料からの脂肪摂取が増えることが考えられます。 そのため、調理法を蒸す・煮るなど油の少ない方法を選ぶことは、脂質コントロールには有効な対策の一つです。 その継続が難しい場合や、他の栄養素が不足傾向になってしまう場合等は、プロテインの併用を検討すると良いかもしれません。 全体のタンパク質量を考えてプロテインを利用することは、結果的に料理のレパートリーを増やしたり、適正な糖質や脂質の摂取につながることも考えられます。 6g、脂質は 7. 6gです。 この栄養素をふまえて、現在必要としているエネルギー量を考えた時に牛乳ではなく、水で溶かして飲むことでコントロールすることもできます。 ・糖質の重要性を知る 体重増加に影響をおよぼす主な栄養素はエネルギー源となる 糖質と 脂質が考えられます。 プロテインには多くの種類が商品化されていますが、エネルギー源となる糖質が含まれている物もあります。 利用するときには、エネルギー量と糖質量を把握することが大切です。 しかし、糖質が含まれているのには理由があります。 トレーニングではエネルギー源として糖質を利用するため体内のグリコーゲンは減少していきます。 その状況でカラダづくり目的にタンパク質を摂取しても、エネルギーが不足しているため十分に合成されず、本来の目的を果たしてくれません。 糖質は重要であることを理解し、脂肪の摂取をコントロールすることで体脂肪の増加を防ぐことにつながるでしょう。 ・大豆プロテインも活用してみよう プロテインは植物性タンパク質の 大豆プロテインを選ぶことで 大豆ペプチドを摂取できます。 大豆ペプチドも、健康に関連する様々な研究がされています。 タンパク質の種類も増やしてとることで、筋タンパク質の合成も高まります。 ・タンパク質は均等に、こまめにとりましょう タンパク質は一度にたくさん摂取しても効果的ではありません。 下の図は、タンパク質摂取量とタイミングが筋タンパク質の合成に与える影響を示したものです。 筋タンパク質合成を高めるためには、 「一食で大量に」ではなく 「20~25g前後を頻回に」ということが言われています。 トレーニング前後のタイミングはもちろん、計画的に分けて摂るようにし、1回で摂取量が偏らないように注意しましょう。 プロテインは体重コントロールにも利用できる強い味方 もちろんプロテインはノンカロリーではありません。 しかし直接的な太る原因となるものでもありません。 プロテインの役割、他の栄養素の役割をそれぞれ理解し、自分が食べる全体量を把握したうえでプロテインを利用しましょう。 そうすれば、プロテインは体重コントロールの強い味方になってくれるのではないでしょうか。 自分自身で体の変化を感じながら、プロテインと付き合っていきたいですね。

次の

プロテインダイエットで痩せない人の5つの特徴!プロテイン=太るは嘘!?

プロテイン 痩せた

「プロテインはムキムキになりたい人が飲むもの」と思われてはいませんか?たんぱく質を補うプロテインは、筋肉の成長にもダイエットにも使える優れもののサプリメントです。 たんぱく質は人間に必要不可欠な栄養素で、不足すると「体力低下」「肌荒れ」「免疫機能低下」などの不調が現れます。 そのため、ダイエットで食事制限をしていても、欠かさず摂取する必要のある栄養素です。 また、筋肉の成長に必要であるということもダイエットにつながります。 無理な食事制限で筋肉が落ちたダイエットでは、すぐにリバウンドする可能性が高く、筋肉を維持しつつ脂肪を落とすことが理想だからです。 今回は、ダイエットに役立つプロテインの効果や飲み方を紹介していきます。 ダイエット中にプロテインを飲む効果 まずは、ダイエット中にプロテインを飲むことでどのような効果が期待できるのかを解説していきます。 大きく2つの効果が考えられます。 プロテインを飲む効果1. カロリー摂取量を抑えられる 食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリー摂取量を抑えることができます。 プロテインは低カロリー高たんぱくなサプリメントのため、食事でカロリーを控えたことで不足したたんぱく質を補うのに最適です。 カロリーを抑えつつも必要なたんぱく質は摂取できるため、健康的に食事制限ができるでしょう。 他にも、食事前にプロテインを飲むことで、食事量を無理なく抑えることも可能です。 カロリー摂取量を減らしながら必要なたんぱく質を摂取できることが、プロテインのメリットです。 プロテインを飲む効果2. 筋肉を維持してリバウンドを防げる プロテインを飲んで鍛えながら痩せることで、リバウンドを防ぐことができます。 ダイエットでは、脂肪だけでなく筋肉もある程度は落ちてしまいます。 体重が減るならかまわないと思われるかもしれませんが、筋肉が落ちると基礎代謝が低下し、エネルギーの消費が少ない体となってしまいます。 これは太りやすい体と言い換えることができ、せっかくダイエットしてもリバウンドしやすい状態になってしまいます。 つまり、 筋肉を維持しながら脂肪を落としていくのが理想的な痩せ方です。 そのためには筋トレで筋肉をつける必要がありますが、この筋肉の素となるのが「たんぱく質」です。 たんぱく質を意識的に摂取することで筋肉の成長を促進できます。 ただし、たんぱく質をたくさん取ろうとすればその分脂質も多くなりやすく、ダイエットにおいて好ましくありません。 そのためカロリーを抑えつつたんぱく質を摂取できるプロテインが役立つのです。 脂質を抑えつつ、食事で摂取しきれなかったたんぱく質などの栄養素を補えることが、プロテインのメリットです。 筋肉をつけるには体重1kgあたり2gのたんぱく質が必要 人間は一日に少なくとも体重の1000分の1g(体重60kgなら60g)はたんぱく質が必要です。 筋肉をつけるにはその倍は摂取しましょう。 できるだけ食事から摂取するように努め、不足分をプロテインで補うことが大切です。 ダイエット中に効果的なプロテインを飲むタイミング 手軽にたんぱく質を補えるプロテインですが、ただ飲めばいいというわけでもありません。 飲むタイミングも重要となってきます。 ここでは、プロテインの効果的な飲み方を紹介します。 プロテインの効果的な飲み方1. 食事をプロテインに置き換える 「置き換え」というと、一食丸々をプロテインだけにする方法のように思いがちですが、それでは栄養バランスが崩れてしまいます。 体調を崩す恐れがあるだけでなく、たんぱく質の吸収効率も低下するでしょう。 前述した通り、食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリーを抑えつつ不足したたんぱく質を補っていきます。 カロリーが高くなりがちな主菜を減らし、その分減ってしまったたんぱく質を補うようにすると良いでしょう。 バランスの良い食事が基本で、あくまでもプロテインは補助として摂取しましょう。 プロテイン摂取の例• 朝食:パンだけなど軽く済ます場合は、プロテインをプラス。 プロテインによってはたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも摂取できます。 昼食・夕食:脂質が多くなりがちな主菜を減らし、プロテインに置き換えましょう。 プロテインの効果的な飲み方2. 筋トレの後に飲む トレーニング後にプロテインを飲んで、筋肉の修復を促しましょう。 筋肉は傷つき修復されることを繰り返して成長していきます。 この修復には筋肉の材料となるたんぱく質が必要です。 筋トレ後は筋肉が傷ついており、まさに栄養素を必要としている状態。 この時にたんぱく質を補給すれば、筋肉をより速く回復させることや、より強くすることが期待できます。 目安としては筋トレ後30分ぐらいが良く、消化吸収の早いプロテインパウダーであれば、この時間を逃すことなくたんぱく質を補給できるでしょう。 ただし、運動直後は消化機能が弱まるため、ある程度時間をおいてからがおすすめです。 プロテインの効果的な飲み方3. 就寝前に飲む 就寝前にたんぱく質を補給して筋肉の材料を整えておけば、筋肉の成長促進が期待できます。 筋肉の成長に必要なものは前述の通り「筋トレ」と「休息」です。 筋肉の修復作業は寝ている間にも活発に行われているため、その際に必要なたんぱく質をあらかじめ補給しておこうというわけです。 ただし、 寝床に入る直前にプロテインを飲んでしまうと、寝ている間に消化することとなるため内臓が休まりません。 筋肉の修復にあてるはずのエネルギーが消化に使われることも考えられます。 そのため、就寝の1~2時間前にプロテインを飲むと良いでしょう。 ダイエット中にプロテインを飲む注意点 ここまでプロテインを飲むことの様々なメリットを紹介してきましたが、ここでは注意点を紹介します。 特に運動経験の浅い方や筋トレ初心者の方に気をつけていただきたいポイントです。 注意点1. プロテインの摂り過ぎ プロテインを過剰に摂取するとカロリーオーバーになる可能性があります。 低カロリーでたんぱく質を多く含むプロテインですが、いくら低カロリーでも 必要以上に摂取すればカロリーオーバーになります。 また、 余ったたんぱく質が脂肪に変わることも考えられます。 プロテインをたくさん飲んだからといって、そのタンパク質全てが吸収されるものでもありません。 記載されている用量を守るようにしましょう。 注意点2. 無理な食事制限 プロテインに頼り切った食事制限は、リバウンドにつながりやすくなります。 「十分な食事を取らずにプロテインだけを飲む」ような、無理な食事制限を行っていてはプロテインを飲んだところで意味がありません。 一時的に体重は落ちるかもしれませんが、無理な食事制限で筋肉が落ちていると考えられるため、 基礎代謝の低下からリバウンドしやすくなっているでしょう。 バランスの良い食事を心がけて、削減した食事の分でたんぱく質が不足するようであれば、プロテインで補うのが理想です。 注意点3. 痩せ薬ではない あくまで栄養素を補うためのサプリメントに過ぎないため、 プロテインを飲んだからといって痩せたり筋肉がついたりするわけではありません。 脂肪の燃焼には有酸素運動が必要で、筋肉をつけるには筋トレが必要です。 どちらにせよ運動は必要となります。 運動をせずにプロテインを摂っていては、余ったたんぱく質が脂肪となってしまうでしょう。 必ず適度な運動をすることが大切です。 ダイエット中におすすめのプロテイン ひと口にプロテインと言っても実はいくつか種類があり、大きく3つに分けられます。 それぞれ特徴があるため、あなたの目的に応じて使い分けると効果的です。 また、たんぱく質以外のミネラルやビタミンなどの栄養素が含まれているものもあります。 自身の食事内容を鑑みて、不足しがちな栄養素を合わせて補給するのも良いでしょう。 種類1. ホエイプロテイン 牛乳が原料のプロテインで、消化吸収が早いのが大きな特徴です。 ホエイプロテインにはアミノ酸が含まれており、筋肉の修復を助ける効果が期待できます。 たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されてから、筋肉の修復に使われるため、たんぱく質とアミノ酸を同時に摂取できるホエイプロテインは筋肉を育てるのにぴったりだと言えます。 消化吸収が早いことからも、トレーニング後に適したプロテインです。 種類2. カゼインプロテイン こちらも同じく牛乳が原料で、消化吸収速度が遅く満腹感が持続する特徴があります。 カゼインはチーズやヨーグルトを固める働きがあり、摂取するとお腹の中で固まるため、ゆっくりと吸収されていきます。 これによって満腹感が持続しやすいため、ダイエット時の間食などに向いています。 また、消化吸収スピードが遅いため、時間をかけてゆっくりと体にタンパク質を補給してくれます。 このことから、 トレーニング休息日の栄養補給や、就寝前のたんぱく質補給にぴったりです。 種類3. ソイプロテイン 大豆が原料のプロテインで、消化吸収速度が遅いことに加え、美容効果も期待できる特徴があります。 大豆由来ということもあり、血流改善や肌のハリを保つなどの効果があるイソフラボンが含まれています。 腹持ちがよく、上記のような効果もあることからダイエットをしている女性に人気のプロテインで、食事の置き換えにぴったりです。 ただし、摂取してから吸収されるまでに5~6時間ほどかかってしまうため、筋トレ後に飲むには不向きと言えます。 また、水に溶けにくくだまになりやすいため、先にぬるま湯である程度溶かしてから水を注ぐなど一工夫が必要になってきます。 無理なく長く続けて飲むことを考えると、溶けやすく改良されている商品がおすすめです。 まとめ 今回は、ダイエットにも有効なプロテインを飲む効果を紹介しました。 ここだけは押さえておきたい!ダイエットにおけるプロテインの効果• カロリーを抑えつつたんぱく質を補える• 筋肉の素となるため筋トレと合わせて筋肉の成長につながる• プロテインによって特徴があるため目的に応じて使い分ける たんぱく質を手軽に補給できるプロテインですが、そのメリットはムキムキに筋肉をつけたい人だけに限ったものではありません。 今回紹介したように、ダイエットを考えている方にとっても大きなメリットがあるものです。 ただし、過剰に摂取したり、運動を怠ったりしてはプロテインの恩恵を受けられないばかりか、マイナスに作用することも考えられます。 また、 プロテインは あくまで補助的なもののため、普段の食事管理が大変重要になってきます。 TOREMOでは動画や画像付きのトレーニングに加え、さまざまな食事法についても紹介しています。 理想の体に近づくためのトレーニングと食事を見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

プロテインダイエットを1週間だけでも効果実感!感想をまとめました

プロテイン 痩せた

いきなりですが、私の身長は171センチ、体重50キロというかなりやせ型の体型。 どうしたら太れるのか悩んでしまい、筋トレに必須なアイテム、 プロテインを使用してみることに! プロテインの良さは、飲んだら運動しなきゃいけないという強制感と、これで栄養素は取れているという安心感ですね。 基本的に牛乳で割っているのですが、 プロテインを飲むのをサボると牛乳が腐りますので要注意。 なぜ痩せている人にプロテインがオススメかというと、カロリーを摂取できるから。 例えば、18歳~29歳の女性で身体活動レベルが普通の場合、1日に必要なエネルギー必要量の目安は1942. 5kcalです。 前職は医師会の私が言っているので、自分の不摂生さは理解してます…。 コンテンツ• あなたは朝食を食べていますか? まずは太ることができない原因から見ていきましょう。 人から「痩せてていいね」「うらやましい」と言われても、ガリガリでマッチ棒と呼ばれるよりは普通の体形になりたい。 太りたいのに太れない理由はいくつかありますが、摂取カロリーより消費カロリーの方が多いという点があげられます。 エネルギーというのは食事です。 例えば、朝ご飯を食べない、昼ご飯や夕ご飯は食べるものの食べる行為自体を面倒に感じて軽いもので済ませてしまっているといった傾向や経験はありませんか? 私は、基本食事は夜だけ…これが一つの原因でした。 もちろん日ごろの食生活や、運動によって、いいカラダが作れるはずなのですが、痩せてる人って変に不摂生な場合が多いのかなと(自戒) 規則正しい生活と運動、そしてプロテインで、いいカラダを手に入れよう! 女性の方は、女性らしい毎日のために、工事から作った酵素を配合したファティスタで体調管理を万全にすると良いかもしれません。 太らない理由 痩せたい人はこれを目安とすると痩せられるかもしれません。 太らない理由として挙げられるのは、 ・筋力の低下 運動不足が続くと筋肉量が少なくなり、体重が減ります。 痩せていても体重がある人は、筋肉量が多い場合がほとんどです。 とりあえずご飯いっぱい食べてプロテイン飲んで筋トレしよう。 ・基礎代謝が高い 基礎代謝は日常生活していて消費されるカロリーのこと。 冬場でも汗を多くかく人や、何もせずとも発汗する人は基礎代謝が高めです。 人より多くカロリーを取らないと太れないので、プロテインなどで補いましょう。 ・胃腸が弱い 日本人は胃腸が弱いと言われておりますが、胃腸が弱っていると栄養素を吸収できません。 せっかく摂取したエネルギーを無駄にしてしまうため太れないということもあります。 ・遺伝 ハゲも遺伝です。 抵抗できません。 ただこの遺伝子…あのデブに渡してあげたかった。 と思うのは自由です。 ・病気の可能性 体調が良くない場合、病気の可能性もあります。 体重の増減が激しい人、最近急に太った、痩せたなどの場合は病気も疑ってください。 プロテインは太りたい人にオススメ 私の場合は1日1食のため、同じように生活している人にはプロテインはオススメ。 むしろ1日食べないとか当たり前すぎて、太らないだけなのかもしれません。 普通に3食取るようになれば、プロテインいらずで通常の体形を維持できるでしょう。 ちなみに私は、食べる時はがっつり食べます。 見た目以上に食べます。 何もないと引きこもり状態でご飯とか忘れてゲームとかブログとか、ネットサーフィンとかばかりになってしまいます。 おかげで運動不足もあってか、飲み会で怪我をするという…。 運動不足で怪我したくない方に筋トレ、プロテインをおすすめします。 怪我した時の記事があるのでよかったらどうぞ。 太りたい人にオススメのプロテインはコレ 炭水化物が多く入っているプロテインがオススメ。 プロテインにも色々な名称があるのですが、ホエイプロテインを選べば間違いなし。 もちろんゴールドジムのプロテインにもありますし、アマゾンや楽天でも調べることが出来ます。 太ってる方が好きそうな味ばかりなのが難点ですが…。 色々なメーカー、味があるので好みを探してみましょう。 ホエイプロテインで検索すれば一発です! プロテインってアマゾンとかでは信用できない…という方は、ゴールドジムの公式サイトがオススメです。 プロテインを飲むタイミング 朝、筋トレ後、寝る前。 あとは間食として摂取するのが望ましいです。 太りたい場合は、日常生活からこまめな食事を取り入れるだけで変化しますが、朝は遅く起きて朝ごはんを食べる余裕がない場合などは朝ごはんの代わりにプロテインというのもありでしょう。 私は、朝ご飯の代わりにプロテインを飲んでいます。 あとは、筋トレ前後にプロテインを摂取するのが望ましいと言われております。 せっかく筋肉を肥大させるのに栄養素がなかったら効果は半減してしまいます。 ただ疲れるより、筋肉になれ!と思う方は是非プロテインを導入しましょう。 あとは、寝る前の摂取は寝てる間に筋繊維の破壊から回復へ向かう栄養素を補うためおすすめです。 翌日の疲労回復にも一役買うこともあるので、疲れやすい人も寝る前の一杯として使ってみてはいかがでしょうか? 空腹になると筋肉は分解される 筋肉ってトレーニングすると付くものですが、空腹時は筋肉が分解されて栄養となっていきます。 せっかく付けた筋肉が空腹感と共に分解されていく…。 そのため、空腹感を満たせるようお腹がすきそうならプロテインを摂取する! これを心がければ体重が落ちることはないでしょう。 私は筋トレという筋トレはしていませんが、シックスパッドを使用して筋トレしているつもりになっています。 効果はあるので、動きたくない人にはおすすめです。 新商品カフェオレ風味を試してみた 有名なゴールドジムさんの通販を利用してプロテインを購入しました。 プロテインを買いに行ったことがある人は分かると思うのですが、意外に重い。 新商品のカフェオレ味があったのでそちらを試してみたけど、夏場はちょっときついかもしれない。 水で溶かせるタイプのすっきりタイプが夏場はオススメ。 冬場は口も甘いものを欲していたりするのか、カフェオレ味は私に合っていました。 日中コーヒーばかり飲んでいるからなのか、それを入れ替えたイメージです。 夏場は汗もかきますし、結構ガチで運動している人ならヨーグルト風味等、甘ったるくない商品がおすすめです。 プロテインだけではなく、道具なども扱っており、筋肉がすべてと言わんばかりのサイトです。 ムキムキに鍛えたい方は一度参考までに見てみるといいかもしれません。 知らない道具とかありすぎてびっくりしました。 太る方法まとめ とりあえず食べよう。 空腹感を感じたら筋肉は溶けているぞ! 遺伝には抗えないので、少しでも摂取カロリーを増やして体重を減らさないようにしよう。 食事をとる時間がないのなら、プロテインで補おう。 結局は継続することが一番という結果となりました。 ブログもそうですが、やり続けないと結果がでない世の中です。 筋トレも、プロテインも、ブログも継続してできるようにしていきたいと思います。 ちなみに、プロテイン外で買うの意外と恥ずかしいのと、重たいです。 みたいな目で見られていると錯覚を起こすぐらい。 あと、styleBXも女性の化粧品が取り扱われているところに置いてあることが多いです。 アインツトルペとか、女性のコスメが置いてあるところに置いてあるため買いに行けません…。 男一人で行くのも勇気がいります。 そういうときはネットが便利ですね。 オンラインで買っちゃいましょう。

次の