台風 頭 が 痛い。 「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

台風が近づくといつも頭痛で悩むの。その対処法とは?

台風 頭 が 痛い

大型で非常に強い台風19号が12日にも、東海や関東に接近する見込みと報道されています。 こうした中、頭痛や関節痛、めまいなど体調不良を感じている人がいるかもしれません。 気圧変化に弱い人の特徴とは何でしょうか。 2017年3月31日に掲載した記事を再掲いたします。 「今日は頭が痛いと思ったら、やっぱり低気圧が近づいているみたい」など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人は、皆さんの周辺にもいませんか? このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれ、決して「気のせい」ではありません。 なぜ、天気が体調にも影響するのでしょうか。 天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。 長年気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、こうした症状を「天気痛」と呼びます。 気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。 ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。 佐藤先生によると現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。 気圧変化で自律神経が活性化 昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。 ただ、現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、年々気象病の患者数は増加傾向にあると思われます。 また、気象病についての研究が進んだのは最近のことなので、近年気象病が一般に認知されるにつれて、「今までなんとなく感じていたあの不調は、天気によるものだったのか!」と自分の気象病に気づくことも、患者数が増えている原因のひとつといえます。 気象病の主な原因は、気圧の変化。 変化は急なほど症状が強くなります。 主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。 気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。 自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。 一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。 この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

次の

台風19号の「低気圧」で体調が悪い人の特徴

台風 頭 が 痛い

「2019年9月7~8日に関東地方を襲った台風15号は上陸時の中心気圧が960hPa ヘクトパスカル でしたから、一気に40hPa前後も気圧が下がったことになります。 気圧が急速に下がったことで頭痛を訴える人が少なくありませんでした。 佐藤先生によると、台風頭痛を引き起こすメカニズムは2通り考えられるといいます。 「ひとつは耳の奥(内耳の前庭)に気圧センサーがあり、気圧が下がると自律神経にストレス反応が起きて交感神経が優位になることです。 すると頭部や首の血管が収縮して、頭が締め付けられるような緊張型頭痛を起こすのです」 佐藤先生 ラットを使った実験で検証 「気圧センサーがある耳を指で刺激したり、ホットタオルやペットボトルで耳を温めることで、耳の血流をよくして乱れた自律神経を整える効果があります。 台風頭痛が深刻なら次に紹介するような複数の対策を併用してもかまいません」 佐藤先生 まず、耳栓を使う方法です。 「耳栓のなかでも、天気の崩れにともなう気圧変化に対応できる耳栓なら、耳の奥の気圧センサーを保護できます。 周囲の音も聞こえるので、耳栓をしたまま台風をやり過ごせます」 佐藤先生 酔い止め薬を服用して台風頭痛を軽減する方法もあります。 「酔い止め薬は内耳の前庭に働きますが、前庭は気圧センサーも兼ねているので、台風頭痛を予防できる場合があります。 合わせて、めまいや頭痛に効く漢方の五苓散 ごれいさん も、同じような効果が期待できます」 佐藤先生 台風が近づくと頭痛を発症する人は、軽減する対策を覚えておいてください。

次の

台風が来ると頭が痛い!そんなときは

台風 頭 が 痛い

スポンサードリンク 台風が来ると頭痛がする原因は何? 「 台風になると頭痛がする」 「 頭痛がひどい時は吐き気も」 台風が来ると頭痛がひどくなったり、 身体がだるくなるなど 体調不良を訴える人はとてもたくさんいます。 中には天気予報ができるくらい、事前に症状が出る場合も。 この身体の不調、 中でも代表的な頭痛の原因は、 台風そのものにあるということがわかってきました。 台風の正体は低気圧 夏になるとやってくる台風。 台風の始まりは、赤道近くの温度の高い海で生まれた「熱帯低気圧」と呼ばれるものです。 ちなみに、台風は発生する場所によって呼び名が変わります。 インド洋付近で発生したものを「サイクロン」、 アメリカなど大西洋北部付近で発生したものを「ハリケーン」と呼びます。 ハリケーンは、最大風速が秒速33m以上の場合に限られるため、とても強力で大きなものといえますね。 台風の時の頭痛は低気圧が原因 ちょっと前まで、台風と頭痛などの体調不良には科学的根拠がないとも言われました。 しかし最近では、台風の低気圧と頭痛に代表される体調不良との因果関係が認められるようになってきました。 お天気と頭痛の関係で、最も大きな原因とされているのが 気圧です。 これは台風がもたらす低気圧。 ザックリ言うと、 台風はとても大きな低気圧のカタマリです。 この大きな低気圧のカタマリが移動すると、周りの空気もその影響を受けて気圧が変化し、低下します。 高層エレベーターや飛行機に乗って耳がキーンとなったり、登山で高い山の頂上付近になった時に頭が痛くなった経験はありませんか? あれも気圧の変化です。 ちょっとした気圧の変化でも、人によっては敏感に身体に影響を及ぼします。 気圧が低下すると、空気が薄くなります。 空気が薄いところでは、私たちの血管は普段よりも拡張します。 もちろん頭の中にも血管がありますから、その血管も拡張して膨らみます。 つまり、 頭の中の膨らんだ血管が周りの神経を圧迫し、痛みを引き起こしてしまうというわけです。 この症状は、低気圧が原因ということで 『 低気圧頭痛』と呼ばれています。 低気圧による頭痛は、室内でも野外でも関係なく起こります。 男性よりも女性に多く見られるのは、ホルモンバランスの関係と言われています。 低気圧頭痛を予防するポイント• 適度な睡眠をとる• バランスのとれた食事をとる• 生活リズムを整える• ウォーキングなど、適度に身体を動かす• アルコールや煙草を控える• ストレスをためこまない 生活習慣の改善は、まずは出来そうなところから。 とはいえ、生活習慣の改善を意識して健康を心がけてはいても、低気圧頭痛は起きる時には起きてしまうもの。 睡眠や食生活やストレスなどと言わず、 「 今すぐ、この頭痛をなんとかしたい!」 そんな時、 すぐにできる対処法をお伝えしますね。 ズキズキ痛む部分を冷やす 低気圧で頭痛がする箇所は、上述のように血管が拡張して周囲にある神経を圧迫している状態。 痛みがある場所を冷やすことで、頭の中の血管の拡張を収縮させ、痛みを軽減させる効果が期待出来ます。 冷やすには熱冷ましのシートではなく、 氷嚢や、保冷剤を布にくるんで使います(熱冷まし用のシートでは冷却力が足りないため)。 暗く静かな場所で横になる 音や光、臭いなどの外部からの刺激は、血管の拡張につながります。 そうなると血流の活動が促進されてしまい、頭痛を長引かせます。 横になることで拡張した血管を元に戻すことを促します。 部屋を暗くして頭痛が和らぐまで横になります。 ベルトやアクセサリーなどはできるだけ外して、出来るかぎりリラックスしましょう。 アイマスクや耳栓を使用するとなおいいですね。 カフェインを摂る コーヒーやお茶に含まれる カフェインには、血管を収縮させる効果があります。 冷やすのと同様、血管の拡張を鎮めることで、頭痛の緩和につながります。 また、カフェインには交感神経を優位にする働きもあります。 なので低気圧で重く感じていた頭がスッキリするという効果も期待できます。 手のツボ合谷を押す 頭痛に利くツボはいくつかありますが、 「合谷(ごうこく)」は頭痛を解消してくれるのはもちろん、偏頭痛の症状の一つである肩こりにも効果のあるツボです。 合谷は親指の骨と人差し指の骨がぶつかるところから、やや人差し指側にあります。 手のツボ押しは痛い側の反対の手のツボを押すというのが原則。 なので、 頭の左側が痛いなら右手のツボを押し、右側が痛いなら左手のツボを押します。 台風が来ると頭痛がする原因と対処法のまとめ 台風が来ると頭痛がしたり、その症状が悪化する主な原因は気圧の変化です。 低気圧によって血管が拡張するために痛みが引き起こされるので、効果的な対策としては、血管の拡張を元に戻し安定させること。 すぐに出来る低気圧頭痛の対処法としては.

次の