鬼滅 派手。 『鬼滅の刃』で最強の柱キャラとは?強さランキングTOP9!

「鬼滅の刃」コラボのヘアカラーワックス!シャンプーで落とせる1dayヘアカラー全7色

鬼滅 派手

概要 漫画・アニメ『』における、古よりから人を守ってきた鬼狩りの組織、『』の最高位に立つ剣士達の総称。 「柱」という漢字の画数が九画である為、 定員は九名。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており、文字通り鬼殺隊を支える柱となっている。 彼ら・彼女らのには、刃元に『 悪鬼滅殺』の四文字が刻まれた特別な意匠が施されているため、一目でその席位を周囲に知らしめる事ができる。 柱合会議でのお館様への挨拶は早い者勝ちらしく、会議の前はソワソワしているらしい(アニメ第22話次回予告、大正コソコソ噂話より)。 最上級隊士の特権として、給料は 無限に欲しいだけ貰うことができる。 また、独自の屋敷を都合されている者もいる。 戦死や引退等の理由で空席となった場合、階級が甲で、実力を持つ者の中から選ばれる。 なお、その実力の選定基準については『 を倒す』、もしくは『 鬼を五十体倒す』、この二つが存在する。 現風柱の不死川実弥の回想から推察するに、この内の十二鬼月を倒すという基準については、必ずしも一人で達成する必要はないようであるが、実際のところは不明。 一面では十二鬼月と対となる剣士たちであり、この百余年間、柱がの六鬼を狩っては、の六鬼が柱を敗死させている。 アニメ第23話において、当代の柱達は産屋敷耀哉から 「始まりの呼吸の剣士達」に匹敵する精鋭が揃っていると評されており、実際に多数の犠牲者を出しながらも、百年来一鬼も倒す事が出来ていなかった 上弦の六鬼全てを殲滅する成果を挙げた。 彼と弟の千寿郎を跡継ぎとして育てていたが、ある出来事がきっかけでやる気を無くし、やさぐれてしまう。 (つぐこ) 柱にその才覚を見込まれ、次期柱として期待をかけられた若輩の剣士。 柱と行動を共にし、直々に修練が行われる。 基本的には柱と同じ呼吸を扱うことが望ましいが、違う呼吸の使い手であっても認められれば継子になることは可能。 恋柱である甘露寺蜜璃は継子から柱になっており、胡蝶しのぶの継子であるは柱に近い高い戦闘力を有している。 痣(あざ) 遊郭での戦でが最初に発現させ、続いて刀鍛冶の里での戦いでとが発現させたのを契機に、柱合会議にて達の知る所となった。 『心拍数が二百を超える』『体温が三十九度以上になる』という一定の条件を満たすと身体に鬼の紋様に似た『痣』が発現する。 痣が発現した者は身体能力が飛躍的に上がり、鬼から受けたダメージが通常では考えられない速さで回復する。 これにより、上弦の鬼のような強力な鬼とも戦えるようになる。 『階級が甲である』と『鬼を五十体倒す』という目標こそ達成していないため厳密には柱という階級にはあてはまらない。 しかし、三人は宇髄と共に百年以上鬼殺隊が滅することができなかった上弦の鬼、を倒し、生還している。 その時の死闘で炭治郎は痣を発現させ、その後の刀鍛冶の里での戦いでは蜜璃、無一郎と共に上弦の鬼たちを討ち果たした。 更に無限城でのとの交戦時、共闘していた冨岡義勇が心中で炭治郎の実力を認めていることから、非公式ながらも事実上、炭治郎は柱と同格の戦力であると思われる。 同様に善逸、伊之助も上弦の鬼とそれぞれ交戦して辛くも勝利しており、痣は発現していないものの、その実力は柱の戦闘力に近しいものと考えられる。 関連イラスト 関連動画 アニメ アニプレックスがYouTubeにアップしてくれた鬼滅の刃関連動画の中で柱揃い踏みのものを掲載。 柱解禁PV 二十二話次回予告 関連タグ () 関連・類似する組織とキャラクター• …鬼滅の刃のファンであり、TV番組で 「酒柱」を自称している。 …似たような立ち位置の最上位陣(特に勢。 もっとも数的に見るならば、に近いとも言える)。 …作中の最高位の剣士達が組織する最高機関。 こちらも定員は12名と人数的には十二鬼月に近い。 結果、開始時点では2人を残して 崩壊している。 …名前や強さは似ているが、役割はむしろ 鬼や鬼舞辻無惨に近い。 主人公と戦った数は4体と十二鬼月よりも少数。 …似たような立ち位置で必須条件が何個かあったり、がいたりと、色々と共通部分がある。 関連記事 親記事.

次の

鬼滅の刃/宇随天元には〇が3人‼派手派手な外見の裏で忍耐の過去

鬼滅 派手

『鬼滅の刃』とは、作者の吾峠呼世晴 ごとうげこよはる さんによる少年漫画です。 2016年11月号より『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始され、2020年1月現在、単行本が18巻まで発売されています。 アニメイトの週刊売上ランキングを独占したことも記憶に新しいです。 2019年にはアニメ化がされ、豪華声優陣のキャスティングで話題に。 芸能人の方でもハマる方が多く、朝のニュース番組『スッキリ』の特集で取り上げられ、大きな反響を呼びました。 『鬼滅の刃』の柱キャラなどをご紹介する前に、あらすじを確認しておきましょう。 舞台は大正時代。 貧しいながらも平穏に生きてきた炭売りの少年・竈門炭治郎 かまどたんじろう は、ある日、鬼に家族を殺されてしまいます。 そして唯一生き残った妹は鬼化してしまいます。 『鬼滅の刃』は、妹を人間に戻す方法を探すため、家族の仇を討つために鬼と戦う物語です。 『鬼滅の刃』の柱とは? 『鬼滅の刃』で欠かせないのが「鬼殺隊」と呼ばれる鬼を討伐する組織です。 鬼殺隊を率いるのは、産屋敷一族の97代目当主・産屋敷耀哉 うぶやしきかがや です。 23歳という若さにも関わらず、全鬼殺隊員から絶大な信頼を得ている人物です。 病弱で盲目なため、その傍には必ず妻か子供達が付き添っています。 鬼殺隊に入隊した隊士のことを我が子同然のように思っており、戦死した隊士の墓参りを毎日欠かさず行なっているキャラクターです。 主人公の竈門炭治郎も鬼殺隊に入隊します。 鬼殺隊には強さを表すための階級が存在し、上から順に「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」と10段階に分かれています。 階級ごとに討伐に赴く地域や対峙する鬼の強さを決めています。 より多く強い鬼を討伐した者は階級を早く上がれるみたいです。 『鬼滅の刃』の鬼って何? 『鬼滅の刃』に登場する鬼は、人食い鬼のことを指します。 鬼殺隊、ひいては人間の敵であり、この物語になくてはならない存在です。 この鬼を率いているのが鬼舞辻無惨 きぶつじむざん です。 千年前に最初に鬼になった人物で、鬼舞辻無惨の血を注ぎ込まれた人間が、その強力すぎる血に順応できれば鬼と化すようです。 鬼達には弱点があり、鬼殺隊が所持している日輪刀で頸を斬られたら塵となって消えること、日の明かりに照らされると燃えて塵となってしまいます。 また、鬼舞辻無惨の名前や情報を口にしただけで死んでしまうことも……。 徹底的に自身の情報を外に漏らさないようにしているのでしょう。 『鬼滅の刃』の鬼組織「十二鬼月」とは? ここからは『鬼滅の刃』に登場する柱をご紹介します。 「柱」とは、鬼殺隊の中で最も位が高いとされる剣士のことを指します。 鬼殺隊の階級は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」よりさらに上で、実力を認められれば柱になれるみたいです。 鬼殺隊を支えているのは「柱」と言われているので、全員相当な実力の持ち主と言えるでしょう。 ちなみに作中で「呼吸」という剣術が登場するのですが、この呼吸法を会得しないと鬼とまともに戦うのが難しいとされています。 柱の中には自身で呼吸法を開拓している者が多く、柱のメンバーはそれぞれ戦い方が異なります。 それでは早速、柱である9名は一体どんな人達なのか、強さ順にご紹介します。 おっとり美人の女性隊士です。 彼女は柱の中で唯一、その身体の小ささから鬼の首を斬れないキャラクター。 鬼殺隊隊士の中では珍しく薬学に精通しているので、本人曰く、藤の花で鬼を殺せる毒を開発したちょっと凄い人らしいです。 物腰が柔らかく、いつも笑顔なので隊士達に慕われています。 よく「人も鬼もみんな仲良くすれば良いのに」と発言していますが、実は元柱であり最愛の姉・胡蝶カナエを鬼に斬殺されるという壮絶な過去を持ち合わせています。 この「人と鬼が仲良く」という願いは、姉・胡蝶カナエの願いでもあるので、妹の胡蝶しのぶが意志を引き継ぎ、姉と同じ柱になって鬼と戦い続けているようです。 しかし、主人公の竈門炭治郎に「いつも怒っている匂いがする」と見抜かれ、怒りの感情を持ち合わせていることを認めています。 原作にて、胡蝶しのぶは十二鬼月・上弦の弐と対戦後、敗北して死去しています。 非常に派手好きなキャラクターで、本人もキラキラした宝石や派手なメイクを施しています。 自称「祭りの神」だそうです。 素顔は非常に整っていてイケメン。 非常に人気なキャラクターの1人です。 実は元忍で嫁が3人おり、それぞれが本妻です。 ちなみに嫁が3人いるのは女好きというわけではなく、忍の里では一夫多妻制が普通であり、里長から相性などを考慮した3名の嫁が選ばれたそうです。 宇髄天元は元々忍の里の次期頭領として育てられていましたが、考え方の相違から嫁3人と共に里を抜けることを決意。 その後、鬼殺隊に入隊しています。 なお、現在は上弦の陸との戦いで、左目、左腕を失い戦うことができなくなったため柱を引退しており、隊士の育成に力を入れているようです。 柱最年少の14歳です。 容姿は年相応で幼く、髪は黒と毛先にかけて青のグラデーションになっています。 表情の変化が乏しく、常に眠たそうにしています。 基本的にぼーっとしていることが多く、周りにあまり興味を抱かないため、何を考えているかよく分からない不思議なキャラクターでした。 実は時透無一郎は、両親を10歳の頃に亡くし、双子の兄・有一郎と一緒にひっそりと暮らしていました。 しかし、11歳の夏の夜、兄の有一郎が鬼に殺されるという壮絶な過去を持っています。 その直後、記憶喪失に陥ってしまい、家族のことも兄のことも何一つ分からなくなってしまいます。 時透無一郎は、失った記憶を取り戻す日が来ることを願って鬼殺隊に入団したそうです。 最年少の柱である時澄無一郎は、全ての呼吸の始まりとも言われている「日の呼吸」の末裔。 そう考えると、2ヶ月で柱に上りつめた強さも理解できますね。 『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの中で一・二を争うお色気キャラクターです。 髪色が桜色と緑色のグラデーションになっており、その理由として好物の桜餅を大量に食べ過ぎていたため、珍妙な髪型になってしまったみたい。 元々は黒髪だったと発言していることから、相当な量の桜餅を食べていたのでしょう。 大変身体の発育が良く、胸元が大きく開いた服を着ているので、ファンの間では「乳柱」なんて呼ばれています。 甘露寺蜜璃は、恋柱の名の通り、大変惚れやすい体質で、ことあるごとに頬を赤らめています。 鬼殺隊に入隊した動機は、「ありのままの自分ができる、人の役に立つことがしたい」からだそうです。 というの、甘露寺蜜璃は筋肉密度が常人の約8倍もある大食らいな人物。 17歳のお見合いの時にお見合い相手から「君と結婚できるのなんて熊か牛くらいだ」なんて言われる始末だったようです。 しかし、その類稀な特殊体質も、産屋敷耀哉との出会いや人に必要とされる喜びを知ることによって前向きに捉えることができるようになったようです。 甘露寺蜜璃は可愛らしい見た目とは裏腹に、実は相当な剣の使い手。 愛刀はうねうねと曲がる彼女にしか扱うことができないとされる特殊な剣で鬼と戦います。 普段は片目が髪で隠れていますが、実はオッドアイ。 口元も包帯で巻かれているので素顔が確認できません。 伊黒小芭内は気難しい性格をしており、なにかと嫌味や皮肉をネチネチと言葉にします。 戦闘も相手をジワジワといたぶることが得意なのだとか。 ですが、冷静な判断能力も持ち合わせているため、戦闘のシーンでは適切な状況判断を下している面も見受けられます。 柱の中で孤立している風に見えますが、甘露寺蜜璃とは文通をしている仲でもあります。 ちなみに甘露寺蜜璃に関しては仲間以上の感情を持っており、いつもミニスカートを着用している彼女にソックスを贈ったり、彼女に近づく男に牽制したりと、意外と過保護な一面が垣間見えます。 特に竈門炭治郎に対しては非常に当たりがキツく、彼に修行をつける時に炭治郎の元気な挨拶に対し「黙れ殺すぞ」など発言しています。 甘露寺蜜璃と炭治郎が親しくしていると牽制することもあります。 剣の太刀筋も大変珍しく、甘露寺蜜璃の剣本体が曲がるのに対し、伊黒小芭内は太刀筋が蛇のように曲がります。 太刀筋は簡単に読めるものではないので、戦闘の際には大きな武器になりそうですね。 冷静沈着で口数が少なく、何を考えているのかいまいち読めないキャラクターです。 冨岡義勇は炭治郎の兄弟子でもあり、鬼殺隊に入隊する道を差し伸べてくれた人物でもあります。 実は口数が少ないのは話すことが嫌いなためらしく、コミュニケーションを取ることが得意ではないようです。 その様子を蟲柱の胡蝶しのぶに「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と指摘されています。 それに対して「俺は嫌われてない」と反論するものの、その後に行われた柱合会議においても皆とは離れたところで1人佇んでいる描写がありました。 そんな冨岡義勇にも悲しい過去があります。 冨岡義勇がまだ鬼殺隊に入隊する前、入隊する最後の難関・最終選別を受ける時に、同じ水の呼吸会得者で同期の錆兎 さびと が自分や同じ最終選別を受けた隊士を庇って鬼と1人で戦い、殺されてしまいます。 そのことから、「俺は水柱じゃない」と公言しており、その傷の深さは相当なものだと伺えます。 鬼を滅するという強い覚悟を持ちながらも鬼である竈門禰豆子 かまどねずこ を生かし、炭治郎を鬼殺隊へ引き入れた冨岡義勇は、実は誰よりも優しさを持った人物なのかもしれないですね。 幼い頃から身体が丈夫であったため、良く母親から「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」と教えを受けて育ちました。 その教えのおかげか、非常に使命感が強く、弱い者を守ろうという思いが人一倍強いです。 実は父親も元炎柱だったらしく、幼い頃は父親から情熱的な指導を受けて育ってきましたが、母の死を境に父親が酒に溺れてしまいます。 以降は、家に保管されていた指南書を読み込んで柱まで上り詰めた、努力の人でもあるようですね。 非常に面倒見が良く、誰に対しても分け隔てなく接していますが、その修行は大変厳しいとのこと。 弟子入りした者が皆逃げてしまい、後任は居ません。 なお、現・恋柱の甘露寺蜜璃は、元・煉獄杏寿郎の弟子だったみたいですよ。 実は煉獄杏寿郎は、上弦の参の鬼との戦いで命を落としてしまいます。 それも鬼をあと一歩の所まで追い詰めたのですが、夜が明けるタイミングで鬼がその場から逃げてしまい、取り逃してしまいます。 しかし、後継になるであろう竈門炭治郎やその場にいた人間を誰一人死なすことなく守り抜いた煉獄杏寿郎を労うファンが大変多いです。 柱としては最初に命を落としてしまいますが、その存在はしっかりと皆の心に刻まれていることが伺えます。 非常に短気な性格で、初登場時に竈門炭治郎と対峙した時には「知性も理性もなさそう」と思われてしまいます。 しかし、それとは対照的に産屋敷耀哉など、自身が忠誠を誓った相手には敬意を払う理性的で常識人な面もあります。 実は炭治郎の同期で、鬼殺隊員の不死川玄弥 しなずがわげんや とは兄弟であるものの、それを頑に認めようとしません。 元々兄弟仲は良好で、不死川実弥は7人兄弟の長男でした。 父親は刺殺されており、母親と兄弟の8人で生活していたのですが、ある日の夜、母親の帰りが遅いと探しに行った不死川実弥が留守の間、残った玄弥達兄弟が鬼に襲われてしまいます。 なんとその鬼が母親だったのです。 戻った実弥は母親だとは知らず、襲ってきた鬼と格闘の末、鬼である母親を殺してしまいます。 結果、玄弥以外の兄弟は死に、実弥は母親を殺し、動転した玄弥に「なんで母ちゃんを殺したんだよ!人殺し!!」と罵声を浴びせられます。 不死川実弥と不死川玄弥の顔や体の傷はこの時についたものです。 不死川実弥は、鬼を連れている炭治郎のことを認めようとせず、会えばすぐに対立してしまうことから、一度否定してしまったものはなかなか覆さない強い信念があるように見受けられますね。 いつも数珠を手に持ち、お経を唱えています。 柱一身体も大きく、腕相撲も1番強いですが、すごく涙脆い性格なので、いつも何かにつけて涙を流しているところをよく見かけます。 盲目で目が見えてはいませんが、そのせいで戦闘力が落ちるわけでもなく、むしろ鬼殺隊最強とも言われています。 柱の中では1番最年長、最古参であり、加えて産屋敷耀哉から絶大な信頼を置かれていることから、柱が集まった時にはリーダー的ポジションで議論の進行を務めていたりします。 そんな悲鳴嶼行冥の過去も他の柱に負けず壮絶です。 お寺に住んでいた悲鳴嶼行冥は、孤児を引き取り一緒に生活していました。 そんな中、一人の孤児が日が暮れる前に寺に戻るという言いつけを守らず、鬼と遭遇してしまいます。 命乞いをした孤児は、寺の在り処を鬼に伝えてしまいます。 鬼の襲撃に次々と命を奪われる孤児達に、必死に側を離れるなと訴えかけますが、盲目の悲鳴嶼行冥に子供が守れるとは皆思わず、勝手に側を離れて殺されてしまいます。 唯一、言いつけを守った孤児が一人いて、この子を守るために鬼に素手で立ち向かい必死に守り抜きます。 しかし、その孤児も幼かったため混乱しており、本当は鬼が子供達を殺したのにも関わらず、全て悲鳴嶼行冥がやったと供述してしまいます。 罪に問われ独房に入れられた後、産屋敷耀哉によって釈放され、鬼殺隊に入隊して柱になります。 主人公の竈門炭治郎と妹の禰豆子のことも最終的には認めてくれるので、愛に溢れた人なのでしょうね。

次の

【鬼滅カラー】鬼滅の刃の人気髪色をチェック!アニ髪が得意な美容院も!

鬼滅 派手

「音柱」の二つ名を持つの剣士。 身長はには珍しい六尺(約180センチメートル)以上という長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。 輝石をあしらったを着け、ファッション風の化粧をした派手好きな性格で、「 派手に」が口癖。 更に自らを 「派手を司る神」(=祭りの神)と豪語する。 また、彼の語彙においては 「地味」は罵倒の範疇に入る(本編中でも敵に対して「地味に死ね!」と罵っている)。 その徹底した派手好きぶりから、 一部の読者からは「派手柱」とも呼ばれる。 しかしその実、部下の命を無下に扱うような行いをするようなことは絶対になく、任務の中で善逸からの連絡が途絶えた際には直ちに私情を優先して下級隊士である炭治郎たち三人を巻き込んだ事を謝罪し、炭治郎と伊之助に 生き延びる為に逃げる様に命令している。 "上弦の陸"との戦いにおいて、炭治郎達の働きがその勝利に貢献した事との力で体内に打ち込まれた毒を除去してもらったおかげで一命を取り留める事ができた事から、以降は二人を自分のということにして彼らを擁護し、その後炭治郎と再会した時には大いに喜んでいた。 なお、素顔(化粧を落として装飾を取る)は非常に整っており、色町の女将が思わず顔を赤らめる程のである(ただし本人曰く 「地味なので不本意」)。 その姿は平時の宇髄からは想像もつかない程であり、つまるところ忍者の 隠行の術の効果を発揮している(通常の忍は潜伏時に『口に綿を含んで顔の輪郭を変える』『付けホクロ』『眉を剃って描く』などによって顔の印象を変えることで隠行を成す)。 だが、わざとやったのか 炭治郎たちを女装させて遊郭に潜入させる際に施した白粉はかなり下手くそで、仲居さん達から「不細工に見える」と酷評された。 (これに関しては 「素材が良すぎて普通にやると任務に支障が出るレベルの美人になりかねないと思い、意図的にやったのでは?」とも言われている) (素顔が)美形な妻を三人娶っており、階級も高い事から善逸は全力で嫉妬している。 ちなみに妻が三人いるのは、別に女好きというわけではなく、忍の里では一夫多妻が風習で、十五になると、里長から三人の妻を相性を考えて宛がわれるからという理由がある(ファンブックより)。 能力 才能という面で見ると、実は他の柱ほど恵まれているわけではない。 そのことは後述する通りに宇髄自身が深く自覚しており、実際、""を相手に一人の死者も出さず""を相手にしてあと一歩で頚を斬れていたに比べて、"上弦の陸"を相手に一人では押されていたことから、単身の実力で言えば他の柱には劣ると思われる。 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 反面元・忍として屈強な体躯に裏打ちされた身軽さや素早さにおいては、炭治郎ら下級隊士では太刀打ちできない程である。 更には歩くたびに揺れて音を立てる装飾を全身に身に着けているにもかかわらず、同じく炭治郎たちは声をかけられるまで接近に気づく事すらできなかった。 指揮能力 忍者の 頭領として訓練を受けた経験も相まって前線においては 極めて優秀な戦術指揮官としての能力を有している。 この指揮官としての能力を駆使して三人のくノ一を通常サポート要員としつつ、若輩の剣士であっても実力が相応であれば、彼らを巧みに促し実力以上の戦闘力を引き出しながら小隊~中隊を即時編成してとも互角以上に渡り合う。 元・忍者として様々な特殊技能を有しており、世事にも明るい。 鬼との戦闘においては薬物知識から調合した毒薬や爆薬を用いる。 また、長年の訓練によって自身の薬物耐性も通常の隊士より遥かに優れる。 なお毒薬の効果についてはあくまでも対人用の知識をベースとしているため、鬼殺専門で研究を行っている程ではないようである。 聴覚 音の反響を聞いただけで上階の構造、人間や物体の立体配置を正確に把握できる程に 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも優れる。 その他、持ち。 譜面 聴覚と指揮官能力を統合した戦闘計算式。 鬼の行動動作の律動を読み、音に変換する事で攻撃・防御の癖を正確に把握し、唄に相の手を入れるが如く、自小隊(中隊)の反撃を織り込む。 隊の攻防両面を底上げできるため、格上の鬼が相手であっても勝機を見出せるが、律動の把握に時間がかかるのが難点。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 宇髄は恵まれた体躯・太い二の腕に合わせた袖なしの特別な形状の隊服を着用している。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 宇髄のカラスは 超オシャレ。 カラス界のファッションリーダー。 とにかく派手。 9巻で三人の妻共々設定が公開されている。 担当教科は美術。 生徒に付けられたあだ名は 「輩先生」。 「芸術は爆発だ」と叫び、 ダイナマイトで美術室を破壊した。 歌舞伎町の抗争の際に現場で目撃された、高校時代は番長をしていて、めちゃくちゃ喧嘩が強いらしいなどの噂が流れている模様。 三人の妻達はそれぞれ売店(須磨)と食堂(雛鶴&まきを)に勤務しており、 「売店と食堂に降臨する魅惑のくのいち」というあだ名を男子生徒から付けられている。 本編と同様にモテモテなようで、公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、バレンタインのチョコ獲得数は 57個だと表記されている。 モテるための秘訣を訊きに来た善逸に対して、 「幼稚園から小・中・高までは足が速けりゃいい」「大学からは金さえ持ってりゃ女が群がってくる」とある意味一番現実的なアドバイスを返していた(しかし炭治郎からは 「そんな方法じゃ真実の愛は見つからないと思います」と言い返されている)。 学生バンド「」の担当。 唯一の教師メンバーである。 余談 上述したようにとても身長が高いためか、柱のアクリルスタンドで悲鳴嶼と宇髄以外の価格は一律 800円であるのに対し、宇髄のアクリルスタンドの価格は 900円となっている(悲鳴嶼は1000円)。 また197話にて失ったはずの左腕が描かれ「鬼化説」や「新上弦の伍が入れ替わった」などと騒がれたが、普通に 作画ミスであることが後に判明した。 関連イラスト.

次の