紫陽花 増やしてはいけない。 アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

紫陽花 増やしてはいけない

iPhoneであじさいを撮影しよう! まずはGIZMONのクリップ型マクロレンズを使った写真から! マクロレンズはグッと近寄った被写体を撮るのが得意なんですが、GIZMON SMART CLIP MACROはレンズから1センチ程度の場所でピントが合うので紫陽花の花だけを撮るというよりも、印象的なパーツを狙い撃ちするのがオススメです。 ミラージュフィルターで紫陽花を3つに増やしてみる 次はGIZMONのミラージュフィルターを使った写真です。 ひとつの被写体を3つに分割して撮影できるのが特長です。 紫陽花の花が増殖した雰囲気の楽しい写真が撮れました。 花や動物などを撮影すると面白い効果が楽しめるレンズです。 センターフォーカスフィルターで紫陽花だけに集中させる! 紫陽花の花だけのインパクトを!センターフォーカスフィルターは写真の一部にだけにピントが合うので、そこだけに注目してもらう写真が撮れます。 それ以外の場所は独特の流れる「ボケ」が楽しめます。 あじさいを魚眼レンズで撮影する! 魚眼レンズは何を撮っても楽しい写真になります! 紫陽花だけじゃなくて周辺の雰囲気も撮影出来ます!それと・・・丸い紫陽花の花は真上から魚眼で近づいて撮影するのも楽しい! あじさい写真を加工するなら、、、このアプリ! あじさいの花は紫だったり白だったりピンクだったり、カラフルに見えますが、、、以外と写真にするとインパクトにかける雰囲気になってしまう事も多い被写体だと思います。 今回使った写真は全てOnocOという無料アプリを使って加工しました。 OnocOのクロスプロセスエフェクトを使うと色味も濃くなり紫陽花らしい写真になります! もう少しハイキーで乙女な雰囲気に仕上げたい時は「ヴィンテージ」や「ペールトーン」といったエフェクトを使えばいいと思います。 こちらのOnocOについては以前という記事も書いていますので是非ご覧下さい。 今回はiPhoneに様々なレンズを取り付けて撮った「あじさい写真」の記事でした!それじゃ!また!.

次の

iPhoneで紫陽花(あじさい)を楽しく撮る方法

紫陽花 増やしてはいけない

アジサイの増やし方、いろいろ 一番ポピュラーな増やし方はやはり挿し木です。 アジサイの花が終わって、 剪定する時期に挿し木をして増やします。 その他の方法としては、 取り木があります。 あまりなじみのない方法ですが、意外にも簡単にできます。 時期的には6月頃、空に向けて伸びた枝を湾曲させ地面に挿しこんで土をかけます。 曲げた枝はどうしてもバネのように元に戻ろうとするので、針金などで動かないよう固定します。 茎から根が伸びてきますが、切り離して、植え替えるのは6カ月後位経ってから行います。 また、多くの植物と同様に、種まきでも増やすことができます。 アジサイの種は11月頃にできます。 花を切り取り、種がこぼれたら、採取します。 アジサイの種ができるのはひとつの花に雌しべと雄しべの両方がある両性花からです。 装飾花からは、種をとることができません。 次の年の3月頃、キメの細かい、赤玉土や鹿沼土をよく湿らせて種蒔きします。 土はほとんど被せません。 そのため水やりは、種が飛んでしまうので、種まきしたプランタや鉢の下から水を吸わせます。 春になって、本葉が4枚ほど出てきたら、苗をそっと掘り起こして植え替えます。 その後、数年は花芽がつきませんが、数年が経過すると花芽がついて、徐々に開花します。 子の成長過程を楽しむことができます。 しかし、種まきでアジサイを増やすことは一般的にはあまり行われません。 やはり アジサイは、梅雨時期に挿し木で増やすのがほとんどです。 菊やラベンダー、くりすますローズなどは株分けすることでどんどん増やすことができます。 しかし、 アジサイは、ひとつの基部から新芽が伸びる植物なので 株分けで増やすことができません。 アジサイの剪定方法 アジサイは花が終わったら 剪定時期です。 アジサイは剪定しなくても、育ち方には問題ありません。 しかし、剪定しないと鉢に入りきらないほど大きくなってバランスが悪くなったり、庭のスペースに入りきらなくなったり、お隣の家との塀を超えて枝が伸びてしまったり、不都合なことが起きる場合があります。 そんな時に剪定が必要になります。 剪定方法のポイントは、 新芽がついているところを残すことです。 6月から9月にかけて、花が咲き終わって花色が悪くなり枯れてきたら花のすぐ下を切り落とします。 アジサイは、その年に伸びて花を咲かせた枝には翌年、花をつけません。 しかし花や茎はアジサイが生長するために必要なので残します。 木が大きくなりすぎる場合など、 次の年の花の数が減ることを覚悟して木を揃える場合には、 付け根から枝を切り戻しします。 または花のすぐ下ではなく、全体を1~2節根元に近い部分を切ります。 剪定時期はアジサイの特徴である、花びらが裏返るのを目安に剪定を行います。 剪定を早い時期に行うと、基本的に花芽の発育も早くなり、次の年に花がたくさんつきます。 花が咲かなかった枝の切り戻しはせずに残します。 この時点では細長く尖った感じの新芽との差がはっきりわかるようになります。 アジサイの挿し木の方法 アジサイの挿し木は雨の多い梅雨時期が自然の中で湿度も保つことができて、かつ日照時間も長いので適しています。 その時がアジサイの剪定時期ということで自然の植物は上手くできています。 アジサイを切り戻した時にできた枝を使って挿し木し、増やしていきます。 挿し木するための枝をわざわざ選ばなくても、剪定時期に挿し木も行うと、ガーデニング仕事も能率よく進みます。 剪定した花芽の付いていない枝は10センチ程度にカットし、水あげがいいように切り口を斜めに切り落とします。 葉っぱも2枚ほどにします。 丁寧にご説明するとアジサイの葉が一対で出ている上1センチとその下の一対の葉っぱの上1センチでカットします。 また挿し木にする枝を、 「挿し穂」とも呼びます。 残した葉っぱも上部半分を切り取ると、水分の蒸発を防ぐことができます。 水を入れた花瓶などに1~2時間挿して水を吸わせます。 挿し床は、水がざっと抜けるような入れ物を用意します。 培養土は通気性がよくて、排水性のよい小粒の赤玉土等を使用し、使用の前にたっぷり水を吸わせます。 枝が2~3センチ埋まるように挿します。 培養土は挿した枝が腐らないように清潔で、肥料が入っていないものを使います。 早く、根付かせるために発根促進剤も販売されています。 このような薬剤を使用することもおススメです。

次の

アジサイは挿し木で簡単に増えるけど増やしちゃいけない!毒がある!?

紫陽花 増やしてはいけない

紫陽花の挿し木の増やしかた 紫陽花は、挿し木で簡単に数が増やせるので、剪定で切り取った枝を利用するのがお勧めです。 剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的に紫陽花の栽培が楽しめます。 剪定後の枝を再利用できるだけではなく、花芽がついた枝ならば、翌年花を咲かせてくれるかもしれません 紫陽花の挿し木が一番しやすい時期は、5月から7月下旬にかけての3ヶ月間になります。 この時期は、花が咲き始めてから花の見頃が終わる時期で、ちょうど梅雨を迎える時期でもあります。 乾燥に弱い紫陽花は、この 梅雨時が根の活着が一番よいです。 挿し木にする枝を 「挿し穂」と呼びます。 紫陽花の挿し穂には、紫陽花の葉が一対で出ているその上1センチ上でカットし、次の葉が一対出ている上1センチでカットしたものを使います。 1節目は花芽がつく確率が低いですので、 2節目のすぐ上か、3節目のすぐ上からカットします。 切った後は、 紫陽花の葉を、横に3分の1ぐらい残してカットして下さい。 アジサイの葉が大きい分だけ水分の蒸散が多いのでそれを防ぐためです。 挿し穂は1時間程水につけてから、赤玉土か鹿沼土の単体に割箸で穴を開け、そこへ挿します。 この様に挿しておくと、左の様に新芽が出てきますので、新芽が出てきたら鉢に植え変えます。 スプレーで葉水を与えるのも良いです。 2週間から1か月で発根しますので、 しっかり発根する 1ヶ月後くらいに5号鉢に鉢上げします。 鉢上げした後は、 徐々に日当たりのよい場所へ、移しながら育てていきます。 少しずつ新芽が出始めると、とても楽しみですね 紫陽花の剪定の時期はいつ? 梅雨のシーズンしっかり紫陽花を鑑賞したら、来年も綺麗な花を咲かせる為に剪定をします。 6~9月中旬、花が咲き終わってからが紫陽花の剪定の適期です。 花が枯れ、花色が色あせてきた頃、花のすぐ下を切り落としましょう。 剪定のポイントは 「新芽」が出てくるところを残しておくことです。 10月頃になると、次の年に咲かせる花の芽が、枝に出来始めるので剪定は控えて下さい。 翌年の花数が減ってしまいます。 スポンサードリンク 紫陽花を小さく育てるには? 毎年花後の剪定を行っていても、紫陽花は大きくなってしまいます。 株自体が大きくなっていても、株立ちする枝を制限することで、 株がすっきりとしてコンパクトになります。 横に張り出している枝を根元で切り取り、 株の中心部の枝を残すようにします。 栽培スペースが限られている場合は、 時には強めの剪定が必要になります。 強めの剪定を行うときは、全ての枝を根元で切り落とします。 強剪定を行った翌年は花が咲きませんが、かなり小さくなります。 あまり大きくなると困るので、来年の為に出来るだけコンパクトになる様な、剪定をしないといけないのですね 今年挿し木をしたら来年は咲かないと思いますが、再来年を楽しみに育ててみます。 みなさんも是非挿し木で増やす事に挑戦してみて下さい。 今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 こちらの関連記事もご覧下さい。

次の