女性のホルモンバランスを整えるサプリはこれだ!。 ローヤルゼリーでホルモンバランスを改善して整える!正常化するための方法とは

女性ホルモンは増えない?!ホルモンバランスを整える方法まとめ

女性のホルモンバランスを整えるサプリはこれだ!

自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。 をお届けしました。 Vol. 2では、女性ホルモンのバランスはどうして崩れるのか? 崩れたときの対処法をご紹介します。 驚くべきホルモンのフィードバック機能 エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンは、卵巣から分泌されています。 その 卵巣に「ホルモンを出して!」と指令を出しているのは、脳の視床下部というところです。 脳の視床下部は、その下にある下垂体というところに命令を出します。 すると下垂体は、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)という仲良しのふたつの性腺刺激ホルモンを分泌します。 このふたつが卵巣に働いて、エストロゲンとプロゲステロンを分泌させているのです。 この ホルモンの指令には、フィードバック機構があります。 エストロゲンやプロゲステロンの分泌量を脳が見張っていて、卵巣からホルモンがあまり出ていないと、「もっと出すように!」と指令を出したり、たくさん出ていると、「少し控えるように!」と指令を出して、調整しているのです。 すごいですよね! ホルモンは、非常にデリケート この女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部、下垂体では、人の体に大切な甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、成長ホルモンなどの内分泌系のホルモンもコントロールしています。 この脳の視床下部、下垂体は、とってもデリケートです。 脳にストレスが加わると、視床下部、下垂体の指令塔はたちまち狂い始めます。 ホルモンタワーである大元が狂うと、女性ホルモンの分泌が狂い出します。 それだけでなく、ほかの甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、成長ホルモンも連動して狂ってしまうのです。 そうなると大変!ホルモンは、血液中にほんの微量に存在するだけのものなのですが、全身にさまざまな変調が起こり、体だけでなく心にも肌にも、変調をもたらします。 このように、ホルモンは非常にデリケートで微妙な調節をしつつ働いているのです。 ストレスが女性の体にいかによくないかがわかります。 ちょっとしたストレスで、生理が遅れることを経験した人は多いと思いますが、それが女性ホルモンのバランスが乱れた証拠なのです。 プロゲステロンが急激に増える時期にゆらぎ不調が起こる! 女性ホルモンのバランスが乱れて、生理がずれても、すぐに回復すれば、心配することはありません。 *1 気になる生理不順の目安は下記へ。 特に20代30代は、女性ホルモンの一生の波で言えば、絶好調の時期。 生物学的にみても、妊娠、出産に向いていて、女性ホルモンは最高の分泌量。 病気にかかりにくく、体力も気力も充実していて多少の無理もへっちゃら。 でもいくら、絶好調の年代でも、女性ホルモンには、一生の波だけでなく、毎月の波もあります。 それが、女性の体と心がゆらぎやすい理由です。 ですから、 女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの毎月の波が一定になれば、体と心の"ゆらぎ不調"は、ほとんどなくなります。 特に、 女性がゆらぎ不調を起こしやすいのは、生理前1週間のPMS(月経前症候群)の時期。 この時期に不調が多いのは、排卵後、プロゲステロンの分泌が急激に増え、エストロゲンとのバランスが崩れることが原因です。 疲れる、だるい、イライラする、ニキビ、肌荒れ、乳房痛、むくみ、落ち込み、体重増加、頭痛、腹痛などなど...... 、一人ひとり異なる多種多様な不快症状が現れます。 PMSに悩む女性はその数、生理のある時期の日本女性の70%にのぼるという数字が示されていて、その中でも6. 5%の日本女性が社会生活に影響がある中程度以上の不調があり、治療対象になるとの報告があるくらいです。 では、女性ホルモンのバランスが乱れたらどうしたらよいでしょうか? 女性ホルモンのバランスを整える薬 この毎月の女性ホルモンの波を一定にするお薬があります。 それが、 低用量ピルです。 低用量ピルは避妊薬ですが、エストロゲンとプロゲステロンを一定にして排卵を止め(卵巣をお休みさせるので卵巣の病気予防にもいいのです!)、生理をコントロールすることができます。 月経困難症の治療薬としても使われています。 低用量ピルで生理前のPMSの不調の多くも改善できます。 低用量ピルは、女性ホルモンの波によって起こる、さまざまな女性の不快症状を改善できる便利なお薬です。 妊娠したい時期が訪れたら、服用をやめればすぐに妊娠も可能です。 現在の低用量ピルは、ホルモン量が低めに抑えられているため、重篤な副作用はほとんどありません。 飲み初めに、マイナートラブルとして、多少の吐き気、むくみ、不正出血、頭痛、乳房の張りを感じる人も中にはいますが、1~2ヵ月で消失します。 低用量ピルで太ることもありません。 また、漢方薬も、女性ホルモンの波にともなって起こる不調対策は、得意分野です。 疲れる、冷える、だるい、むくみ、イライラ、頭痛、ニキビなどにもよく効く漢方薬はさまざまあります。 漢方薬は女性ホルモンの分泌は変えないので、毎月の女性ホルモンの波に上手に乗って、不調をうまく乗り越えたい人にはおすすめです。 低用量ピル、漢方薬いずれも、婦人科の先生に相談してみることをおすすめします。 セルフケアでもゆらぎ不調対策を もちろん、セルフケアでも女性ホルモンの波によるゆらぎ不調に対処する方法はいろいろあります。 当たり前のことですが、 バランスの取れた食事、睡眠、適度な運動、そして、ストレスケアです。 もしも、PMSの不調がいつもよりつらいと感じたら、それは女性ホルモンの乱れによるゆらぎ不調が起こっている可能性が大。 すぐにできることとしては、リラックスして休んでストレスケアすること。 30代半ばを過ぎると、最初のエイジングを感じる時期でもあります。 更年期に向かって女性ホルモンが徐々に低下していくからです。 ほうれい線が気になる、シミ、たるみが気になる、むくみやすい、冷える、疲れる、だるい、イライラする、気分が落ち込みやすい、不眠、体重が増えやすい...... などなど、心と体、肌の症状がさらに気になり始めます。 だからこそ、女性ホルモンのバランスが大事。 ゆらぎ不調を上手に改善することがエイジングケアにもつながります! *1 気になる生理不順の目安は?正常な生理周期は、25日~38日。 先月と生理周期がずれても、6日以内なら正常ですから、「生理が遅れた」「早まった」といってもこの範囲なら心配することはありません。 生理期間も、6日以内なら正常です。 ここから多少ずれる程度なら心配ありませんが、生理が1ヵ月に2回ある、2ヵ月以上こない、経血量がいつもと違って極端に多かったり少なかったりする、いつまでもダラダラ続く、などがあったら婦人科を受診する目安。 卵巣や子宮の病気が隠れているかもしれません。 Photo by Getty Images.

次の

【厳選】女性ホルモンを増やすサプリ12選!女性ホルモンを補うために摂りたい成分

女性のホルモンバランスを整えるサプリはこれだ!

次の内容になります• 女性ホルモンとは? 体内にいくつかあるホルモンの内、女性ホルモンとは特に女性の生殖に関わる性ホルモンの事を指し、脳の視床下部から司令が出て卵巣から分泌されています。 女性ホルモンには以下の2つがあります。 エストロゲン(卵胞ホルモン) エストロゲンは月経後、排卵に向かって分泌・増加して次の月経前に急激に減るホルモンで、受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くする働きがあります。 エストロゲンの方が優位に分泌されている間は、肌や髪の毛のハリやツヤが有り肌トラブルが起きにくくなります。 それは、エストロゲンに以下のような作用があるためです。 プロゲステロン(黄体ホルモン) プロゲステロンは排卵後から生理前に特に多く分泌され、妊娠が成立する事を助け受精後の子宮内の環境を維持し、赤ちゃんの為に栄養や水分を溜め込む役割があります。 この事から、別名 「母のホルモン」とも呼ばれています。 エストロゲンとは違い、プロゲステロンが多く分泌される時期は肌や身体にとってナーバスな面もあります。 Q&A:エストロゲンの分泌量を増やせば綺麗になれる?! エストロゲンの分泌だけを増やせばきれいになれるかというとそうではありません。 なぜならば、乳がんや子宮がん等のリスクが高まると言われているからです。 そのエストロゲンの暴走を抑えているのがプロゲステロンです。 このように、 エストロゲンとプロゲステロンのどちらが多くてもダメで、分泌されるバランスが保たれている事が大切という事です。 女性ホルモンの量は生まれた時から決まっており、たったスプーン1杯分とごく少ない量が、脳が司令を出して分泌しています。 そのため、 自分の意志で増やしたり、何かを摂ってホルモン自体を増やすという事は出来ないと言われており、分泌されるバランスの問題となるようです。 「エストロゲン」と「プロゲステロン」にはバイオリズムがあって、 28日の周期で増えたり減ったりを繰り返しながらそれぞれの分泌量のバランスを変化させています。 2つのホルモンの増減が上手く行われている状態がホルモンバランスが整っている状態で、ホルモンの増減が正常に繰り返されないと体に様々な不調が現れます。 女性ホルモン周期について詳しくはコチラ ホルモンバランスが乱れる原因 女性ホルモンはどのような原因でバランスが崩れるのでしょうか。 加齢 エストロゲンは10代の半ば頃から分泌が順調になり、 30歳前後にピークを迎え、そこから分泌量が徐々に下り坂になります。 更に、 50代に差し掛かる頃には閉経を迎え、エストロゲンの分泌が急激に減少します。 そのため、エイジングの肌悩みが出てくるのです。 年齢を重ねる度に訪れる、いわゆる「お肌の曲がり角」です。 生きている限りこの曲がり角を迎える事は自然な事ですが、それ以上に悩みを大きくさせない為には ホルモンバランスと上手く付き合う事が重要です。 ストレス 人間の身体に重要な働きをするホルモンの分泌をコントロールしているのは、脳の視床下部と下垂体です。 視床下部が分泌するホルモン• 女性ホルモン• 甲状腺ホルモン• 副腎皮質ホルモン• 成長ホルモン しかし、視床下部や下垂体は非常にデリケートと言われており、 脳にストレスがかかってしまう事で正常に機能しなくなり、女性ホルモンの分泌が狂ってしまうのです。 偏食やダイエット 先述したように、女性ホルモンのバランスはとてもデリケートで、食生活の変化だけでも簡単に乱れてしまいます。 逆に、 極端に食べない等の無理なダイエットもストレスになってしまい、女性ホルモンのバランスが崩れ、場合によっては生理不順や無月経になる事もあります。 睡眠不足 睡眠不足が美肌に良くないというのはよく知られている事だと思います。 十分な睡眠が取れていない状態が続くと 脳の緊張状態が続き、疲れが取れずストレスが大きくなると、視床下部の機能が正常に働きにくくなり女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。 女性ホルモンと睡眠の関係 生理前に日中異常な眠気に襲われたり、逆に寝付きが悪くなったりするのも、女性ホルモンの作用が睡眠にも大きく関係している為です。 生理が終わってからの方がぐっすり眠れるのは、生理後エストロゲンが優位に分泌される事で日中の眠気を抑える為です。 逆にプロゲステロンの分泌が増え始める排卵期には、身体を休ませようと作用するため日中の眠気が強くなります。 冷え 冷えは万病の元とも言われますが、体が冷えると自律神経が乱れホルモンバランスにも悪い影響をもたらすため注意が必要です。 特に気をつけたいのが下半身の冷えです。 子宮・卵巣等女性器の多いお腹まわりや下半身が冷えると、卵巣機能の低下の恐れやホルモンの分泌が正常に行われなくなる可能性もあります。 おしゃれの為に薄着をする• 締め付けの強い服を着用する• 冷たい飲み物や食べ物• 過度の飲酒 これらは冷えや血行不良につながる為注意が必要です。 喫煙 タバコに含まれるニコチンは身体全体はもちろん、エストロゲンが分泌される卵巣の血流を滞らせます。 血流が悪くなると、酸素不足となり女性ホルモンができにくくなってしまいます。 また、エストロゲンは卵巣から血液中を通って肌や骨、子宮等に到達した後働きますが、途中で肝臓を通り代謝される事で女性ホルモンの作用は徐々に失活します。 タバコにはこの肝臓での代謝を促進させる働きがある為、エストロゲンの血中濃度が低くなり、効果を発揮しにくくなってしまうのです。 繊細な女性ホルモンのバランスを崩さない為にも、まずは禁煙を心がけましょう。 ホルモンバランスを整える方法 ホルモンバランスを整えるのは何か特別な事をするのではありません。 忙しい現代の中でなかなか出来ない事もあるかもしれませんが、出来る事から毎日コツコツ続けてみましょう。 質の良い睡眠 眠りに付く時間が深夜12時をすぎてからが多い方や、夜中に目がさめる事が多かったり、夢を見がちな人も質の良い睡眠を取れていない状態です。 女性ホルモンの分泌を一定に保つ為に、以下の事に注意し質の良い睡眠を心がけましょう。 最低6時間しっかりと睡眠時間を確保する• 寝る2時間前までに食事は済ませる• 寝る直前のスマホやパソコンは控える 良質な睡眠について詳しくはコチラ 適度な運動 ストレスや寝不足、デスクワークが多い現代女性は血行が悪くなりがちです。 体を動かして血流を促進する事は、冷えやストレス解消のみならず代謝が上がりお肌や女性ホルモンの分泌にも良い影響を与える事が出来ます。 運動をする事でエストロゲンの分泌が上手く調節される事が分かっていて、定期的に運動をする人は乳がんや更年期障害にもなりにくいと言われています。 激しい運動をする事よりも、ウォーキングやストレッチ、ヨガ等毎日適度に軽い運動をしていれば自然とホルモンバランスが整ってきます。 身体を温める 身体を冷やしてしまうとホルモンバランスが乱れてしまいます。 出来るだけ入浴はシャワーだけで済ませず、湯船に浸かる事を心がけてみましょう。 ホルモンバランスを整える精油を数滴入れた湯船に浸かるのも体を温め、アロマのリラックス効果を得られる為オススメです。 クラリセージ• ローズ• イランイラン また、身体を冷やすファッションは血行不良を招き、身体を冷やしてしまいます。 特にお腹まわりといった下半身は、冷えを感じにくい部分ではありますが、脂肪が多い部分でもあるため冷えやすい場所でもあります。 腹巻き• お腹まですっぽり包むショーツ• カイロ などを利用し、お腹まわりを冷やさないようにする事で全身が温まり、内臓の働きがよくなります。 また、心臓から遠く血流が悪くなりがちな足元も、レッグウォーマーや暖かい靴下を利用し温めましょう。 正しい食生活 不規則な食生活はホルモンバランスの乱れに大きく関係してきます。 ホルモンバランスを整えるには、体のバランスを整える事が大切です。 特別な食事ではなく、肉や魚、植物性タンパク質、野菜、炭水化物、少しの良質な油で栄養バランスの良い食事に心がけてみましょう。 食べ物で女性ホルモンを増やす事はできませんが、ホルモンバランスをサポートする事はできます。 オススメの栄養素• ビタミンE…アーモンド アボカド かぼちゃ うなぎ 卵等 ビタミンEは抗酸化作用が高く、アンチエイジングにもオススメの栄養素。 女性ホルモンを分泌する卵巣や脳下垂体に作用する為、ホルモンバランスを整える効果が期待出来ます。 ビタミンB6…マグロ カツオ レバー バナナ 等 ビタミンBの中でもB6はエストロゲンに働きかけホルモンバランスを整えると言われています。 タンパク質…大豆 卵 牛乳 レバー 魚類 チーズ 等 良質なタンパク質は女性ホルモンの素となります。 ダイエット等でタンパク質を極端に控えたりするよりも、脂質の少ない質の良いタンパク質を摂る事は体作りに欠かせません。 良質な油…くるみ等のナッツ類 卵 オリーブオイル バター等 タンパク質とコレステロールは女性ホルモンの材料と言われています。 油は食事で摂ると体内でコレステロールに変わります。 カロリーの気になる油ですが適度に摂る事で女性ホルモンや美容はもちろん健康にも良いと言われています。 大豆製品…納豆 豆腐 豆乳 言わずとしれた「イソフラボン」は体内でエストロゲンと似た働きをすると言われています。 たくさん食べると、エストロゲンと似た作用が増える事になる為注意が必要ですが、低カロリーで高タンパク質、消化に良い等良いことづくしなので日々の食生活で適度に取り入れてみましょう。 ドキドキ・ワクワクしてみる 恋をすると肌がきれいになるというのは医学的にも証明されているようです。 エストロゲンの量が増えるというよりは、ドキドキする事で以下のホルモンが盛んに分泌されます。 そのため女性的な魅力を引き出せるという訳です。 恋をしなくても、新しい事に挑戦してワクワクしたりと趣味の中でもこれらのホルモンが分泌されます。 気持ちが満たされるとストレス解消にもなる為、体に良い影響を与える可能性は高いと言えます。 女性ホルモンを整えるツボ 東洋医学では「気」「血」「水」のバランスが健康を保つと考えられています。 気…生命エネルギー• 血…血液• 水…血液を除く体液 ツボ押しをする事でこれらのめぐりを良くすると共に、女性ホルモンのバランスを整える事ができます。 帰来 おへそから指4本分と親指1本分下、中央から指3本分両外側にあります。 生理痛の緩和や生理不順にも役立ち、エストロゲンの分泌バランスを整える効果があります。 ピルを服用する• 更年期障害• PMS(月経前症候群)がひどい• 生理痛• 生理不順• 子宮内膜症 このような、明らかにホルモンバランスが乱れている症状がある場合は、婦人科でピルを処方してもらうのも一つの手段です。 ピルは本来避妊を目的として作られましたが、 ピルを飲む事で体内のホルモンバランスがきちんと保たれるため、ホルモンバランスの乱れによる症状を改善にも役立ちます。 とは言え、ピルはおくすりですので副作用等のデメリットがあります。 どんなサプリメントにも言えますが、一度にたくさん飲めば効果が得られるものではなく、逆にホルモンバランスを崩してしまう恐れもあるため、一日の摂取量は必ず守りましょう。 エクオール エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンはご存知の方も多いと思います。 エクオールはその大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換される事で作られ、大豆イソフラボンの効果の源である事が近年の研究で明らかになりました。 実は、この エクオールを変換する腸内細菌は、日本人の場合2人に1人しか持っていないため、エクオールを作れる人と作れない人がいると言われています。 そのため、 エクオールはサプリメントを活用する方が体内に取り込むには効率が良いのです。 ボロン キャベツに豊富に含まれるボロンは、主にバストアップサプリ等で多く配合されている成分です。 ミネラルの一種で日本では「ホウ素」と呼ばれており、エストロゲン様作用とは違い、 エストロゲンの分泌を活性化させる働きがありホルモンバランスを整える作用が期待できます。 注意点としては、ボロンはミネラルの一種ですので、身体への危険性は極めて低いですが、女性ホルモンの分泌バランスを考えると、 エストロゲン過多の状態になれば逆に肌荒れやPMS(月経前症候群)を悪化させてしまう可能性があるので、多量摂取は避けるようにしてください。 1日のボロン目安摂取量は3gと言われていますが、キャベツから摂取するとなると一日に200g食べる事になります。 そのため、手軽に摂取するならやはりサプリメントが手っ取り早いと言えます。 BonBonBoronの詳細を公式サイトで見る! プエラリア マメ科植物の一種であるプエラリア(プエラリアミリフィカ)は女性ホルモン様作用を持つ植物性エストロゲンを含んでいる成分です。 アンチエイジング• 美肌 などの効果が期待されており、 プエラリアは大豆に含まれるエストロゲン様作用の約1000~10000倍とも言われています。 しかし、プエラリアは栽培された地域や生育年数によって含有量に大きな差があり、サプリメントに含まれる成分量は不安定と言われています。 サプリメントは直接身体に取り込むものですので、身体へのリスクを避ける為にも、 プエラリアが含まれる製品を選ぶ際には「良質なもの」か「悪質なもの」かの見極めが重要で、良質なプエラリアを配合したサプリであれば危険は少ないと言えます。

次の

女性ホルモンを整えるサプリメントのおすすめ5選!増やす方法とは?

女性のホルモンバランスを整えるサプリはこれだ!

ホルモンバランスの乱れは老化を早める 卵巣の機能は、30代半ばから低下し始め、同時に女性ホルモンのバランスも乱れます。 ホルモンは、女性の肌や骨に欠かせないコラーゲンや、ヒアルロン酸の生成に深くかかわっています。 ホルモンバランスの乱れは、骨の生成や肌の新陳代謝にも大きな負荷をもたらして、太ったり、生理不順になったりするだけでなく、老化を早めてしまいます。 ホルモンバランスの乱れで太る更年期 女性の、ホルモンバランスの乱れは、更年期障害と呼ばれます。 加齢によって、ホルモンの分泌が抑制される年代になると、ホルモンの働きで分解されていた脂肪が分解されにくくなったり、筋肉量の減少がおこります。 筋肉が減ると、消費するカロリーも少なくなり、分解されにくくなった脂肪も蓄積されて太るのです。 30代や40代になっても、若い時と同じ量の食事を取り続けていて、太り始める女性は多いようです。 更年期近くになった女性に多く見られますが、20代や30代でもホルモンバランスが乱れると、生理不順だけでなく太る症状に悩まされることがあります。 女性が太りやすい時期 中学生から20歳ごろまでの思春期 成長期であり、食欲の旺盛な時期とも重なっているので、全体的に体が大きくなります。 30代 新陳代謝が低下し始め、脂肪の固まりであるセルライトが定着しやすくなります。 40代 分泌される女性ホルモンの量が、大きく減少する時期です。 若いころには、脂肪がお尻につきやすかったのですが、お腹まわりを中心につきやすくなります。 更年期を迎える頃 女性ホルモンの分泌量がさらに低下して、お腹のまわりに脂肪がついてしまいます。 内臓部分にも脂肪がつきやすくなるので、メタボリックシンドロームの心配も出てきます。 更年期を迎える時期は、消費するカロリーが低下するため、最も太りやすいとされています。 20代からのプレ更年期とは 多くのストレスにさらされる現代社会では、20代からプレ更年期と呼ばれる症状も増えています。 ストレスにさらされたために、20代でも卵巣の機能が低下してホルモンのバランスが乱れ、更年期のような状態になるのです。 女性ホルモンが正常に分泌されない状態になり、太る、生理不順、といった更年期障害と同じようなトラブルに悩まされます プレ更年期障害と呼ばれるこの症状は、長く続けば生理不順だけではなく、不妊症にも繋がる場合もあるので注意が必要です。 プレ更年期になる原因2つ 極端な体重の減少 過度なダイエットによる極端な体重の減少は、卵巣に命令を出す脳の視床下部や、下垂体に強いストレスを与えます。 卵巣に女性ホルモンを分泌する命令が出されなくなるので、卵巣は生理を起こすことができなくなり生理不順となります。 生理不順になるということは、卵巣や卵巣に命令を出す脳にトラブルが起こっていて、女性ホルモンが順調に分泌されていない証拠ともいわれています。 ストレス 生理不順の大敵は、ストレスといわれています。 ストレスホルモンは、他のホルモン分泌を減少させてしまいます。 満腹中枢をコントロールして食欲を抑えたり、脂肪代謝をよくするエストロゲン、若さを保ち、免疫力を維持するDHEAをはじめ、性機能にかかわるテストステロンなどの分泌を減少させて、ホルモンバランスを乱してしまうのです。 エストロゲンやプロゲステロンという、生理をコントロールする2大ホルモンの分泌が少なくなる事で、生理の期間、周期、量などが不順になり、無月経、過少月経、頻発月経、過多月経などの生理不順が引き起こされます。 ストレスホルモンで太る! コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンがあり、ストレスを受けるとこれが分泌されます。 コルチゾールは筋肉を分解して糖質に変える働きをするので、筋肉量が減少して脂肪が増えてしまうのです。 精神的なストレスが、ホルモンのバランスを乱して生理不順にさせるだけでなく、太る体質へと変化させてしまいます。 若い時に健康的に太るのは、まず腰回りに脂肪がつくといわれています。 更年期による、ホルモンバランスの乱れで太る場合は、お腹回りが太ってきます。 更年期でもなく、食事や運動に気を付けているのに、お腹まわりに脂肪がつき始めたら、ストレスでホルモンバランスが乱れているプレ更年期かも知れません。 ホルモンバランスが乱れたままにしておくと 生理不順になり、経血量も減るなどの症状は、閉経に向けての更年期の変化と同じ状態です。 30代後半から40代で、更年期のような状態になると、老化も早くなるそうです。 長くこの状態を続けていることは、健康にも良いとはいえません。 不足する女性ホルモンを補って、ホルモンのバランスを整える治療が必要な場合も出てきます。 ホルモンバランスは検査できる ダイエットしても痩せないような、ストレス太りは避けたいもの。 生理不順や太るなどの体調の変化があれば、自身のホルモンのバランスをチェックしておきたいですね。 一般的にホルモンバランスの検査は、保険適用がされるので、およそ5000円以下で病院で受けることができます。 婦人科や産婦人科で行うのですが、更年期であれば女性ホルモンを主軸においた診療を行なう、更年期専門外来も選択肢の1つです。 ホルモン補充療法、東洋医学を取り入れた漢方療法により、更年期障害の改善を提案してくれます。 治療内容によっては、保険が適用されない場合もあるので、事前に病院に確認してから検査を受けましょう。 ホルモンバランスを整える対策5つ 常温以上の飲み物や食事で冷えを予防 冷えた飲み物や食べ物で、身体が冷やされると自律神経が影響を受けて、ホルモンのバランスを乱し、太ったり生理不順を招いたりてしまいます。 モデルを職業にしている女性の多くは、朝は白湯、普段の飲み物や食べ物は必ず常温以上を習慣にしています。 湯船にも毎日浸かり、乳液や化粧水も手のひらで温めてから、ハンドプッシュする徹底ぶりです。 体を冷やさないことは、ホルモンのバランスを安定させて、美しさを保つために重要なんですね。 ホルモンの分泌に有効なビタミンEを取る ビタミンEは、ホルモンの分泌器官を酸化から守ってくれたり、女性ホルモンのバランスを整えたりして、太ることや生理不順を防いでくれる栄養素です。 アーモンドや果物に多く含まれています。 大豆イソフラボンでホルモンバランスを整える 女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンは、ホルモンバランスを整えるには必要不可欠な栄養素です。 豆腐や納豆、醤油、味噌などの身近な大豆製品に多く含まれているので、日常的に摂取しやすい栄養素です。 ストレスをためない 睡眠をしっかり取って、疲れを残さないようにしましょう。 寝る前にパソコンやスマートフォンを見ると、電磁波の影響で良質な睡眠が妨げられます。 そのため、充分な休養がとれなくなり、ホルモンバランスが崩れることもあるので、就寝前は控えましょう。 散歩やストレッチなどの軽い運動でも、楽しく気分転換がはかれます。 無理なダイエットは禁物 ダイエットによる体重の最大限の基準は、1年間にマイナス5キロ以内です。 この基準を越える無理なダイエットは、卵巣機能に弊害をもたらし、太ることや生理不順を招くので禁物です。 サプリでお手軽にホルモンバランスを整える 毎日が忙しく、食事に気をつかったり、運動をしたりすることが面倒くさいと感じる人もいると思います。 そのような方には、サプリメントがオススメです。 テレビでも紹介された、自然由来でしっかり実感できる、今大注目のサプリメントです。 それは、「ノムダス」というサプリメントなのですが、エクオールでホルモンの働きをサポートするんです。 サプリメントなので、手軽に続けていけますね。 気になった方は、公式サイトに詳細がありますので、ぜひチェックしてみてください。 まとめ 女性のホルモンバランスは大変デリケートで、28日の生理の周期の間にも様々な変化があります。 その上に、生活習慣の乱れやストレスなどの影響を受ければ、すぐにバランスは大きく乱れて、太ることや生理不順になる悩みを抱えることになってしまいます。 お腹回りの脂肪のつき方もチェックして、更年期やプレ更年期のホルモンバランスを上手に安定させたいですね。 1週間の人気記事• むくみは日常茶飯事と、ツラいのにそのままにしていませんか? そんな方は、左右の足のむくみ方をチェ... あなたも、鼻を細く高くする方法を、知りたいと思いませんか? ・ぶた鼻 ・だんご鼻 ・平べったい顔... 朝や夕方に足元を見ると、右足にだけむくみがある… ということはありませんか? 女性なら冷えや立ち仕事など... 足の甲がむくむ時、腫れなのか、むくみなのか迷いますね。 痛みや熱っぽかったら腫れ、指で押して元に... あなたも、1日の終わりに足がパンパンになって靴が入らない! という経験はありませんか? 足... 疲れたときに、目がかすむことがありませんか? いつもより、ぼんやり薄く見えるのが、かすみ目の症状... うっとうしい「目のかすみ」は、早く何とかしたいもの。 ドライアイや疲れ目なら、目薬やアイマスクを... スギ・ヒノキの時期が過ぎても、花粉症が収まらない... といったことで、悩んでいませんか? もしかした... 朝起きると、鼻がツーンとして痛い。 女性にはちょっと抵抗があるけれど、鼻くそが最近多い。 「C」といえば何をイメージしますか? 眼科でCといえば、視力検査で活躍中のCマーク。

次の