夫婦 別 生 ネタバレ 結末。 夫婦別生|第5話|「第2話

「夫婦別生」に続編・3話のネタバレ&結末!愚痴夫の過去が悲しい

夫婦 別 生 ネタバレ 結末

by 現代版「まんが日本昔ばなし」 ネタバレありのレビューです。 SNSを題材にした「転落モノ」の漫画は最近よくあるが、わりに楽しく読めた。 寒々しいのは、この漫画に出てくる全員が醜い、ということだ。 インスタで幸せをアピールする妻、ツイッターで愚痴る夫、そして、その両者を見世物として嘲笑う妻の友人たち。 全員醜悪。 北野武の「アウトレイジ」という映画は「全員悪人」がキャッチコピーだったが、全員悪人の方が、まだマシである。 というわかりやすい教訓談であり、変な言い方だが、現代版「まんが日本昔ばなし」みたいな話だと思った。 他人を極端にコントロールしたがる人間が私は怖いし、出来るだけ関わりたくない。 だが、そういう種類の人間は一定の割合で必ず存在するし、出会ってしまったら、速やかに逃げるしかない。 恐ろしいのは、この漫画の夫婦は離婚「しない」だろう、ということだ 少なくとも、しばらくは。 妻は、子犬を手のひらで転がしていたつもりが、いつの間にか、悪魔の手のひらの上で踊っていたのだ。 そして、踊り続けるのだ。 まあ、結婚する相手をコントロールしようなどとすると、バチがあたるぞ、ということで。 by 有り得る…のかな? ネタバレありのレビューです。 奥さんは、お金も使えて優しくされてメリットあるけど、男性は何のメリットも無い結婚?ものすごく美人てわけでもないし。 陰で愚痴ることが快感?その為に結婚しますかね? 私の夫も優しい人でしたが、亡くなってから日記を見たら、まぁ、びっくり、生前言ってた事と、日記に吐き出してる事が違う!! うちは裕福ではなかったので、働いて切り詰めての苦労生活でしたが、病気の夫のために頑張って来たのに、腹の中との違いに唖然としました。 言わなくていい不倫してたなんて事まで書いてあり、読んだ子供達 成人 は、すっかり父親嫌いに。 夫の場合、争いが嫌いなので、日記に吐くことで温厚な夫を演じられてたみたいで、このダンナさんとは違うと思いますが、本音を言えない夫婦って、悲しいなと思います。 うちの夫が吐き出してたのがSNSじゃなくてまだ良かったかな? by 妻の方がタチ悪い ネタバレありのレビューです。 旦那がやってることは最悪ではあるんだけど、妻の方がタチが悪いように思う 散々旦那の金で遊び呆けて家事もサボって、挙句に不倫して しかも旦那に隠れてコソコソ それが旦那にバレたら、弁解もせずに、私は悪くないといわんばかりに「別れてください。 あとは弁護士通してください」 勝手すぎない? 弁護士たててることになってるけど、弁護士費用誰が払うんだろう… それに、妻サイドの話だった時には、何が何でも世間体のために離婚だけはしたくないという設定だったのに、旦那サイドの話になって途端、妻から離婚を切り出すは、別居状態なことが周りに筒抜けでも平気っぽいわ… 設定ガバガバすぎて「???」 あと、プロの作家としてほ、壊滅的に絵がダメですね 好みの問題以前に、デッサンの狂いが気になりすぎて… 体の重心やバランスが不安定な絵柄だし、キャラ全体において、輪郭が細長く、目、鼻、口が不自然に大きい 表情の描写もイマイチ ストーリーの作り込み、絵柄、どちらにおいてもポイントを使ってまで読む価値なしです 連載になるような掲載ですが、よっぽどポイントの消費に困ったことにでもならない限り、もう読まないと思います by 匿名希望 因果応報でしょ ネタバレありのレビューです。 漫画の主人公って感情移入させたり同情させたり、自己中なキャラでもそれなりの魅力があったりして憎めないものだったりするイメージがありますが、この主人公には何の魅力も感じない。 旦那の過去よりもヒロインの人格形成に関わる過去を描いた方が読者を感情移入させられたかもしれないですが。。。 課金までして全話購入したことを後悔しかないです。 by 匿名希望 これはなかなか怖い ネタバレありのレビューです。 SNSにハマる系では割りとリアルかな? SNSにハマる妻に裏アカウントで愚痴を吐きまくる夫。 うちもリアルでは愚痴をあまり言わない旦那なので、万が一裏アカ見つけたら血の気引くかも。。。 でも、妻の「人からの評価が云々」には納得出来るけど、余計な見栄を張ったり、専業主婦なのに最低限の家事もしないのはどうかと思う。 旦那の稼いだお金で好き放題って、そりゃ愚痴もこぼしたくもなるわ。 こういった事はちゃんと話し合うのが一番だとは思うけど。 SNSが普及した今、話し合わなきゃならない事をせずに、相手が知らない場所で愚痴るって個人的には本当に怖いかも。 by 匿名希望 面白かった ネタバレありのレビューです。 現実にも起こりそうな展開。 周りの目ばかり気にして幸せアピールしかしない見栄っ張り女と、優しくみえて腹黒い男。 女は、年収良くて優しくてちょうどいい夫と結婚したというのがわかるけど、男の方はなんでこんな女をわざわざ選んだんだろう? 周りからの評判を理由に上手く誘導すれば確かに自分の思い通りに動くという意味では扱いやすい女かもしれないけど、結局面倒でお金がかかるだけの女にしか思えない。 裏アカで愚痴るのも周りから見てると面白いけど、専業主婦なのに料理も掃除もせずお金使いまくる女なんて、愚痴らないで即離婚した方が自分のためになりそうだけど。 でもリアルにこういう人たちはたくさんいそうと思った。 by 匿名希望 なんか奥さん可哀想になってきた ネタバレありのレビューです。 最初はSNSにはまって上っ面ばかり取り繕って中身はしょうもないくだらない女だなと思ってたのですが、旦那さんも腹黒いし、友人達も意地悪いですね 途中から奥さん旦那の顔色伺って必死です この奥さん他人からの目を意識しつつ基本自分のことばかりで実は周りを客観的に見れて いないんですよね 視野が狭くて考え方も偏ってて、多分自分には悪気ないんだろうけどちょっとしたことでも無意識に他人をイライラさせる女なんだと思います 例えば車の運転とかさせたらいろいろわかるかも 笑 だから別の意味でかわいそうですよね 滑稽で憐れ 旦那みたいな一見無害そうで優しそうな人に結果利用されてその姿見てクスクス笑われるんですよね 女友達や店員も心にもなくともとにかく誉めておだてて楽しむ、利益をとる のにいいカモ でも不思議なのはこんな愚痴垂れ流しておいてこの旦那さんにとってこの女を専業主婦で養う意味はなんだろう 結婚の決め手になったのは他人の目ばかり気にして扱いやすそうな人だからって、、、交際当初から愛はあったのか不思議 それとも結婚してみたらあまりにもひどくて気持ちが変わっていったから同僚にそう答えた? あと髪ボサボサで身だしなみもゆるい、ゆるーい男性社員が人望集めて出世して年収1000万って本当になれるのかな 仕事できる人ほど人見抜くし見た目にも厳しいよ でもまあネタとしては面白かった.

次の

夫婦別生【第3話】のネタバレ・感想!

夫婦 別 生 ネタバレ 結末

夫婦別生|第8話|「第3話-3」|ネタバレあらすじ 又吉の家を出て、自分の家に荷物を取りに戻ってきた美奈子。 すると後ろから「美奈子?」と優大の声が・・・!! 美奈子は荷物を取りに来ただけだからと、焦りながら答えます。 「その頬どうしたの?・・・もしかして又吉?」と切なそうな表情で、美奈子に尋ねる優大。 美奈子が返事に困っていると、優大は急に土下座をするのです!! 「帰ってきて欲しい・・・頼む・・・」と頼み込む優大。 美奈子は今のその行動が「表」の行動なのかどうなのかも、さっぱりわからなくなってしまったと答えます。 優大は美奈子が出て行ってから、自分のしてきたことが間違いだったことに気づいたと告白します。 手放したくないあまり愛し方を間違ってしまったと・・・。 またもう一度やり直すことはできないかと尋ねる優大。 「美奈子がいないと・・・・俺・・・頼む・・・もう一度信じて欲しい」と優大は美奈子に告げます。 美奈子は何もかも弱さをさらけだした目の前の優大を見て、嘘をついているようには感じませんでした。 しかしもう優大を信じることができないと答え、美奈子は家を出ていくのでした・・・。 -何もなくなってしまった・・・周りからの羨望も幸せな生活も・・・でもいいんだ!一人で生きていける力をつけよう!私はもう周りに振り回されたりしない- --- 翌日会社に出社する美奈子。 同僚たちは先日まで美奈子の陰口をたたいていたのに、美奈子の頬の傷をみてすごく心配してきます。 そして美奈子にみんなが同情し、美奈子の味方だと話してくれるのです。 その瞬間・・・ -あ・・・今私みんなの中心にいるんだ・・・- と感じる美奈子。 美奈子は「ありがとう・・・みんな・・・でも私は大丈夫だから」 -だって私は今誰よりも・・・・・・-.

次の

『ただ離婚してないだけ』最悪の結末を導く不倫を描いた漫画のネタバレ感想

夫婦 別 生 ネタバレ 結末

出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 読者の予想を裏切る展開に連続に話題を呼んでいる『ただ離婚してないだけ』の作品概要やあらすじをご紹介していきます。 離婚してないだけの夫婦の壮絶ストーリーが描かれた作品です。 作品の設定や概要• 著者:本田優貴• 出版社:白泉社(ヤングアニマル嵐)• ジャンル:ミステリー・サスペンス、恋愛 設定として、主人公夫婦は結婚7年目を迎えるが冷めきった夫婦生活を送っている。 はじめのうちは幸せな夫婦だったが、子どもができないことが原因で2人の関係は一気に冷え込む。 そして、夫の正隆は家庭内別居円満のコツと称して、新聞配達のバイトをしている17歳の女の子と不倫をしている。 あらすじ 結婚7年目を迎える主人公夫婦の正隆と雪映。 しかし、彼らの関係は冷めきっていた。 毎日一緒に食卓も囲むも2人は常にうつむいていて、夫婦らしい会話も一切にない。 そんな家庭内別居の状態を円満にするコツと称して、夫の正隆は不倫をしていた。 しかし、その不倫から妊娠につながり、そして中絶することになる。 そこから正隆の人生、夫婦の生活は最悪の崩壊へと向かっていく…。 ) 表情で物語る『ただ離婚してないだけ』の主な登場人物 『ただ離婚してないだけ』では登場する人物たちは、豊かな表情で読者に感情までも伝えてきます。 そんな表情で物語る登場人物たちをご紹介していきます。 柿野正隆(かきの まさたか) 35歳の主人公の男性。 フリーのウェブデザイナーをしている。 雪映と結婚して7年目、家庭内別居円満のコツと称して新聞配達員の17歳の萌と不倫していた。 不倫は体だけの関係と割り切っていたが、萌を妊娠させてしまう。 柿野雪映(かきの ゆきえ) 正隆の妻の29歳の 高校教師をしている 女性。 正隆と萌の不倫に気づいていた。 内に溜めこむタイプで言いたいことをはっきりと伝えない。 はじめは幸せな夫婦だったが、子供ができないことで2人の関係は崩れた。 夏川萌(なつかわ もえ) 17歳の新聞配達員。 正隆の不倫相手。 不倫の末に子供ができたが、正隆に迷惑をかけないために堕ろした。 親は放任主義。 年上の彼氏もいて、「別れたい」と言いながらもたまに見せる優しさに好意を抱いていた。 佐野義文(さの よしふみ) 萌が働いているガールズバーのオーナーであり、萌の彼氏。 いろいろな場所で借金をしていてる。 また子供もいる様子。 結末が怖すぎる『ただ離婚してないだけ』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 衝撃の展開で読者に驚きや恐怖を与え続ける『ただ離婚してないだけ』には、夫婦の様子や登場人物やストーリー展開など見どころに溢れています。 その中でも特に注目してほしいポイントを3つご紹介していきます。 正隆と雪映の冷めきった夫婦生活 『ただ離婚してないだけ』はタイトルの通り、離婚していないだけの家庭内別居の夫婦の冷めきった生活がリアルに描かれています。 主人公の夫婦は、はじめのころは笑顔に満ち溢れていた生活をしていたようですが、あることがきっかけで冷めきってしまい、お互いが常に不満を溜めつつ同じ家で生活を送っているのです。 家に帰っても食卓は一緒に囲むものの、2人ともうつむきながら重い空気で毎日食事しているです。 その食卓風景は読んでいても息が詰まるほどのものであり、そして旦那が不倫に走ってしまうのもうなづけるような気もしてしまいます。 そんな離婚していないだけのリアルな夫婦生活の姿は、この作品の見どころとなっています。 キャラクターたちの表情や風景描写の深み この作品では、登場人物たちの表情や風景描写にとても感情がこもっており、臨場感あふれる雰囲気を演出しています。 不倫を疑う妻の雪映の表情や焦ったりストレスを溜める夫の正隆の表情、さらには不倫相手である萌の不安を必死で隠す表情などがリアルすぎて、気持ちが痛いほど読者に伝わってきます。 また、夫の正隆が不倫をしているときや事件を起こしてるときに描かれる日常的な背景には、普段の自分たちの生活の影でもこのような不倫や事件が起きているのではないかという気持ちにもなってきます。 登場人物たちの表情1つ1つや風景による対比構造にもしっかりと注目してもらいたい作品です。 ドロ沼の予測不能なストーリー展開 『ただ離婚してないだけ』の最大の魅力は、読者の予想を裏切り続ける展開の連続です。 離婚していない息苦しい夫婦生活を送っている人たちの話と思いきや不倫に話題が移り、そして妊娠・中絶して、物語は予想外の最悪な方向へと向かっていきます。 ページが進むごとに展開が変わり、徐々に、加速的に悪いほうへ向かっていく主人公たちには、読んでいて感情が追いつかなくなるほどです。 また、悪い状況になるほど夫婦仲が良くなっていく反比例構造が描かれているのも面白いところです。 衝撃すぎる展開の連続で心臓に悪いですが、それでも物語にのめりこんでしまうこと間違いなしの作品ですので、是非ご覧になってみてください。 ) 怖すぎる不倫を描いた『ただ離婚してないだけ』はこんな人におすすめ 『ただ離婚してないだけ』は不倫をしている人、不倫したいと思っている人には必ず読んでもらいたい作品です。 夫の正隆の家庭内別居円満のコツという口実で不倫に走りますが、そこからが全ての引き金となって、主人公夫婦を取り返しのつかない悪い状況へとひたすら運んでいきます。 そんなことをしなければ、幸せになれたかもしれないにも関わらず、1つの不倫から2人は重い枷を付けた状態、常に奈落の底が見える状態に身を置くことになってしまったのです。 『ただ離婚してないだけ』でそんな主人公夫婦を見ていると絶対に不倫ができない気持ちになります。 不倫をもたらす最悪の結末を描いているこの作品は、是非不倫関係者を含め多くの方に読んでもらいたいです。 ) 管理人の思う『ただ離婚してないだけ』が伝えたいこと(感想) 出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 『ただ離婚していないだけ』は、気軽な気持ちでする不倫の怖さを伝えたいように感じられます。 この作品では夫の正隆の軽い気持ちの不倫から人生が崩壊するほどの最悪な状況に陥ったストーリーが描かれていて、不倫をすることで起きる最悪の危険性をリアルに表現しています。 ちょっとした油断から人生の破滅と隣り合わせに生活を送ることになった主人公夫婦からは不倫の怖さが嫌というほど伝わってくるのです。 そして、そんな最悪な状況でも夫の正隆と妻の雪映は共通の目的から仲が徐々に良くなっていくことも描かれています。 夫婦の仲が悪くなってただ離婚してないだけの状態になっても、何か共通の目的を見つければ夫婦仲は改善することも表現されているので、夫婦仲は取り戻すことができるということも伝えたいようにも思えます。 そんな不倫の凄まじい怖さや夫婦仲が良くなる過程なども描かれているので、結婚している方は、是非読んでみてください。

次の