雑記ブログ 稼ぐ。 ブログ初心者が日記ブログで稼ぐコツ!アフィリエイトの場合は?

雑記ブログと特化ブログはどっちが稼げる?メリット、デメリットは?

雑記ブログ 稼ぐ

雑記ブログで稼ぐ人たちの正体 雑記ブログは稼げるか稼げないか? 結論から言うと稼げます。 ちなみにあなたが今読んでいるこのブログは、【アフィリエイトで稼ぐ方法】といったブログタイトルです。 それなのに、アフィリエイトに関する記事は月に1本書けば良いほうです。 それで月収100万円を突破できている意味では、雑記ブログが稼げると証明できているのではないかと思います。 ただし、雑記ブログが稼げるというよりも、雑記ブログを書いているあなたが紹介した商品だからこそ、バカ売れするという理解が正しいです。 意味が分かりますよね? つまり、あなた自身を商品にしてしまえば、100万や200万円の商品であろうがバンバン売れてしまうというわけです。 このページではその具体的な方法について解説していきますね。 Contents CLOSE• 雑記ブログがもっとも稼げる理由 雑記ブログで稼ぐには、まず「市場」を決めて「ターゲット」を絞り込む必要があります。 ターゲットというのは、そのテーマに興味をもった人々の集まり、それがターゲットですね。 つまり市場とは、ターゲットのことです。 たとえばダイエット市場をターゲットと決めてブログを書きはじめたのに、そのダイエットブログで洗濯機や掃除機について書いても、洗濯機や掃除機は売れません。 なぜならダイエットに興味がある人々は、糖質制限や運動やラクに痩せることにしか興味がないからです。 要するに1つ1つの記事に対してターゲットを絞りこまなければ、雑記ブログでは稼ぎにくいというわけなのですね。 しかし、ここで重大な疑問が浮かびます。 その重大な疑問というのが、 「アフィリエイターは雑記ブログ書いたらダメなんじゃないの?」 「なぜターゲットを絞ってない人でも稼げてるの?」 「なぜプロブロガーは雑多な内容を書いて稼げるの?」 これらの疑問ですね。 実は色んな商品を紹介している雑多ブログ運営者は、ブログで紹介する商品をメインで稼いでいるのでなく、そのブログ運営者自体を商品にしてしまっています。 ここまで読み進められるあなたなら、もうお分かりですよね? つまり書き手自身を商品にしたからこそ何を紹介しても売れてしまう、要するに書き手をブランディングしたからこそ何を紹介しても売れてしまうというわけです。 ターゲットを定めたら、そのターゲットのニーズに沿ったテーマを語ることが重要、そして個人ブランディングすれば高額商品でもバンバン売れるといった内容でしたね? 繰り返しますが、あなた自身がそのターゲットの指導者となり、あなた自身のブランド価値を高めることが雑記ブログで月収100万円稼ぐ唯一の道です。 あなたはターゲット(読み手)の指導者となり、ターゲットのニーズにそったテーマを語り、そして信用と共感を高めていくことが月100万円以上を安定して稼ぐカギとなります。 「指導者なんて、おおげさな…」と思われたかもしれませんが、そもそもあなたの価値を高めなければ、いくら商品を紹介しても売れないんですね。 そこであなた自身のブランド価値を高める手段としては、あなたの主張や思想や価値観をハッキリと述べることです。 嫌われることや叩かれることを恐れていては、1対不特定多数のネットビジネスで勝てないですし、その他大勢に埋もれてしまいます。 ですので、あなたはあなたの考えを信じて、恐れずに情報発信していってください。 大丈夫です、必ず共感してくださるかたたちがあらわれます。 雑記ブログ運営するならどんな層をターゲットにすればいいのか? いくら優秀な文章を書いても、ターゲットを間違えると1円も稼げません。 これは事実ですから、本質を見失わないでくださいね。 つまり、ターゲットをしっかりとさだめる、ここが最重要課題なんです。 この「いったいどんな人々をターゲットにすればいいのか?」という最重要課題を解決する手段こそが、あなたのこれまでの経験、そして今もっている知識、このさき学びたい知識をまず知ることです。 孫子の兵法で有名な言葉に 「彼(敵)を知り己を知れば、百戦殆からず」とあります。 月に5000円以上を稼げないアフィリエイターは稼ぎたい気持ちだけが先走ってしまい、ターゲット(彼)を調査せず自分(己)の得意不得意を知らないままにビジネスを始めてしまいます。 だからこそ、「全体の95%がアフィリエイトで月に5000円も稼げていない」といった数字が、公式に発表されているのです。 ちなみに僕が過去に飲食店経営で失敗したのはなんの戦略ももたず、ただ闇雲にビジネスを始めてしまったからだと、今となって反省しています。 ですのであなたには、このさき戦略的にビジネスを組みたてていって頂きたいと考えています。 むしろ、戦略なきビジネスは成功確率ゼロといってまちがいないでしょう。 嘘の実績で稼ぐエセ起業家たちに反応しちゃいけない おそらくですが、アフィリエイトビジネスを僕のような正攻法で行っている人は稀です。 多くの人は実績を偽ったり、リアル充実アピールをすることで注目を集めて稼いでいることがほとんどです。 しかしそのようにグレーな手法で一時期は稼げたとしても、そこには何の戦略もないわけですから、彼らが来年の今ごろもおなじ金額を稼げているかは謎ですね。 そういった意味でも、長期的に安定して自由な暮らしを継続するには、やはり雑記ブログで稼ぎ続けるための正しい戦略が必要なのです。 そこでここからは、「僕がどんな人々をターゲットにしたか?」を、明らかにしますね。 雑記ブログで月収100万円以上稼ぐのはこのターゲットを狙ったから 僕の場合は、「4つの自由」というテーマに、幼いころから興味がありました。 自由になるためには自分の力でお金を稼げるようになれば達成可能、その事実には20代で気づくことが出来ました。 」 自由とは非常にシンプルでした。 故に、自由になるためにビジネスについて深く学びたいと考え、実際にビジネスについて徹底的に学びました。 脳みそに投資した自己投資額も、400万円をゆうに超えています。 そうして消費者心理やマーケティングやブランディングやライティング技術を磨いた結果、幼いころから強く興味を惹かれていた「4つの自由」が本当に手にはいってしまいました。 自分の理想の未来が、 「住む場所の自由」 「時間の自由」 「人間関係の自由」 「経済的自由」、 これら4つの自由を手にいれる事でしたから、その4つの自由を手に入れる手段がパソコン1台でお金を稼ぐことだったのです。 ・・・と、ここまで読んで頂ければお分かり頂けたはずです。 僕は「何にも縛られず自由になりたい人」を多く集めていたというわけです。 「何にも縛られず自由になりたい人」をターゲットとし多くの人を集め、ブログメルマガアフィリエイトで稼ぐノウハウを提供したのです。 僕のことを信じてくださり実際にブログメルマガアフィリエイトに没頭した一部の方たちは、サラリーマンの月収や年収を自動で稼げるようになったり好きな国や場所へ移住したりと、何もせずとも暮らしていくことが出来るようになりました。 大切にすべきファンと相手にすべきでないファン 僕を信じてついてきてくださった読者さんの一部は、実際に稼げています。 ところが、サラリーマン思考から抜けだせず、他者依存思考や被害者意識が非常に強い方たちは批判家となり、誹謗中傷に明け暮れるようになりました。 そうして30代を過ぎてまでも親のお金でご飯を食べ、 親のお金でパソコンをネットにつなぎ、 ネット掲示板で日々誰かを攻撃したり批判するような、そんなどんよりと湿った暮らしに甘んじているようです。 当事者と傍観者、 その2通りの人間が歩む人生の質はまるで違うようです。 あなたの雑記ブログは何を目指しているのか? 僕たちが見たいのは、愚痴や批判や文句にまみれた暗くどんよりとした未来ではなく、夢や希望や可能性や光で満ちたステキな未来です。 自分の夢や希望や可能性を信じることができる人や、自由へ向けて一緒に歩いていける人をターゲットとして、僕は情報を提供してきました。 もしあなたも誰かを励ましたり勇気をわけることだったり、なにより自由に興味がおありであれば、あなたのターゲットも「何にも縛られず自由になりたい人」に設定すると良いかと思います。 自分で稼ぐ力を身につければ4つの自由が手にはいります。 そのためにビジネスを深く学びましょう。 ビジネスを深く学んだあなたは、その学んだ知識を世界中の人々へ提供すれば、収入がみるみるうちに膨れあがります。 ですのでまずはあなたが、肉体的にも精神的にも自由になることから始めていきましょう。 雑記ブログで月100万以上稼ぐノウハウはこちら【あとがき】 ここまでは僕の行ったターゲット選定、およびマーケット戦略を明らかにしました。 日々の情報発信で「何にも縛られず自由になりたい人」を集め、自由になるためのノウハウを提供したというお話でしたね? 最後になりますが、あなたが1年以内に本気で自由になる気があるのであれば、以下からこっそりと成功ノウハウをお伝えしますね。 13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。 いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。 名前:橋本雅 読書やお酒や旅行や家族が大好きな30代。 お金貯める 26才…飲食店経営で人生初の独立 28才…人間関係に病み全身じんましん状態 30才…飲食店経営廃業から2度目の起業 31才…妻子を抱えド素人でITビジネス挑戦 32才…電子書籍がヒット。 月収100万達成 33才…ノートPCもって国内海外を飛び回り収入自動化 34才…月300万突破。 シンガポールから帰国後子連れ沖縄移住 35才…月収500万自動化。 30代で南国セミリタイア 世の中に自由な仲間を増やすべく、「国や会社に頼らず自由に生きる」を合言葉に活動中。

次の

雑記ブログでアフィリエイトはできる??稼ぎ方をまとめてみた!

雑記ブログ 稼ぐ

こんにちはユレオです。 数多くのブログがある中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。 本日はブログ初心者に向けた「ブログで収益を得る方法」という少し踏み込んだお話になります。 注意頂きたいのはブログで大金を稼いでサラリーマンを辞めてプロブロガーになろうと考えている方や、特定のジャンルやテーマに特化した「特化型ブログ」で大きく収益を得ようとしてる方に向けたものではありません。 本日の記事はサラリーマンや主婦、学生といった ブログを本業とせず気楽に雑記ブログを運営して、自分が好きなテーマを自由に書いている方が対象で、ブログを通して月1万円程度の小遣いを稼ぎたいと考えている方に向けた内容です。 スポンサーリンク ブログで大金稼いでいる方はいるが、それは一部の成功者だけ ブログ運営を始めるきっかけは様々あるかと思いますが、ブログ運営を通して副収入を得たいと考えてブログを始められる方は多いのではないでしょうか? また、次のような記事の見出しに引かれてブログ運営に成功している方の記事を読み、「ブログ運営は儲かるんだな」と思った方は多いのではないでしょうか。 「ブログ開始1年で、月間30万PVと月10万円の利益を達成!」• 「ブログ収益100万円超え!ブログを1年継続したこれまで軌跡」• 「ブログで脱サラしようぜ!ブログで月30万円稼ぐ為にやった事」 確かにブログ運営を生業とするプロブロガーがいるのは事実ですし、月収100万円を超える収益を上げているブロガーがおられるのも事実です。 しかし、これは「メジャーリーグで契約金数億円の選手もいる」というのを見て憧れて野球を始めるのに近いところがあり、ブログで成功している方の影ではおびただしい数の日の目を見ないブロガーがおられます。 ブログは収益を意識すると継続が難しくなる 私はブログ初心者のうちは収益を得ることを目的としたブログ運営を行うことについて、お勧めしてません。 何故かというと アクセス数や収益を目的とした形でブログ運営をすると、途端にブログ運営が難しく大変なものになってしまうからです。 例えばブログの収入を「月5万円得る」といった目標を持ちブログを始めた方は、運営を開始してもすぐにその収入を得れるわけではなく、最初の半年間はアクセス数がほとんどないのでブログを育てるために多くの時間と労力を必要とします。 そしてブログを育てる過程でCSSや文書の書き方など、様々なことを勉強して、次第にアクセス数が増えていきます。 しかし、半年後にアクセス数が増えたからと言ってすぐに 「月5万円得る」という目標が達成出来るわけではありません。 平均値は分かりませんが、半年後に「月5千円」の利益が出るのなら、相当良い方なのではないでしょうか。 運よくブログ運営を始めて1年経過した頃に「月5万円得る」という目標が達成できたとしても、1年間に費やした時間は膨大で、毎日2. 3時間ブログ運営に使ったと考えれば1000時間近くになります。 サラリーマンの1ヶ月の労働時間が150時間と考えれば、1000時間がどれだけ大変なことかもわかりますし、その同じ時間をかけて時給1000円のアルバイトをした方がはるかに稼げることは明白です。 ブログ運営を1年近く継続して収益を得た方は、ブログ運営を以下のように行ってきたのだと思います。 どちらが楽で楽しくブログ運営を行えるかは明白ではないでしょうか。 毎日2. 3時間をブログに費やし、1記事2000文字以上の記事を公開する。 CSSやアドセンスの仕組みなどを勉強してブログをカスタムして育てる。 googleアドセンスに登録して広告を掲載する。 記事のタイトルや見出しに検索流入を意識した使われやすいキーワードを組み入れる。 写真を使った記事や動画をリンクするなど、文字だけではない記事を公開する。 半年後には約200記事ほどの記事が掲載されたブログが出来上がっているわけですが、この頃にはgoogleからの検索流入も得られるようになっている為、googleアドセンスの広告収入により、運が良ければ月数千円の収益が出ているかもしれません。 逆に上記のことを行って収益が全くでないということは、よほど偏ったテーマで記事を書き続けなければ無理で、「収益が0円」という結果になる方が難しいはずです。 ブログ運営はすぐには結果が出ませんが、記事を書き続けることでやがて検索流入がやがて増えてきて、継続し続けていれば収益は必ず出るようになります。 私は上記のことを行ってきたことでブログ運営を始めた半年後にはgoogleからの検索流入も増えて、広告収入により収益が得られるようになりました。 ただ、こうして得れるようになった収益ですが、時間給に換算すれば100円にも満たない金額で、同じ時間をかけるのであればアルバイトでもする方が稼げます。 とは言え、「毎日好きなことに時間を費やす」ということを過ごしていたら少額とは言えお金が得られる仕組みが生まれるわけです。 自分の思想や考え方をブログを通して自由に書くことを半年続けてたら時間に見合っているかは別として、お金は確実に稼げるようになるのです。 痩せるには簡単な方法があります。 このように書くとすごく詐欺っぽいように見えてしまいますが、次のことを継続して行えば、確実に痩せます。 以下のような事を少なくとも半年間続けてみてください。 毎日30分ほどランニングをする。 体の仕組みを勉強して筋肉を鍛える。 食事量を減らし、高タンパク質低炭水化物を意識する。 寝る前には間食はせず、しっかり睡眠を取る。 半年後には約5kgの減量に成功し、健康的な生活が送れています。 もし「ダイエットに成功する簡単な方法」を紹介するとすればこんな感じでしょう。 ダイエットについて悩んでいたとしても、上記のことを行えばどなたでも半年後には成果が出ているのではないでしょうか。 ブログで収益を出すというのもこのダイエットの例と同じで、ブログ運営を継続していればやがて達成できて、そしてどんどん収益が増えていきます。 重要なポイントはブログ運営を継続し続けれるかどうかです。 お金を稼ぐことを目的としてブログ運営を始めると、開始直後ではgoogleからの検索流入もないのでアクセス数が少ないうえに、成果が出ないことに落胆してしまいます。 そしてブログ運営で「お金を儲ける」ことを目的とした方は、想像していたように稼げないことを目の当たりにしてブログ運営を辞めていく方が多いのではないでしょうか。 私はブログ運営を始めて約1年ですが、これまで様々な方のブログの立ち上げを見てきました。 そうした中で「ブログで稼いで借金を返す」「副業としてブログを始める」といったテーマで開始されたブログは、1ヶ月やそこらで更新が途絶えているのをいくつも見てきました。 先ほど「ブログでお金を稼ぐ簡単な方法」をご紹介しました。 スポンサーリンク ブログで収益の仕組みを覚えるためにもgoogleアドセンスの広告を掲載することは必須である ブログに限ったことではないですが、広告を掲載することにより広告収入として収益が得られます。 普通はそうしたクライアントから広告を得るということは個人では難しいものですが、googleアドセンスのような仕組みを利用することで、個人のブログでも広告を掲載して収益を出すことが出来ます。 googleアドセンスは「クリック保証型の広告」で、ブログに掲載した広告をクリックされるだけで報酬が発生するので、報酬発生までのハードルは低くてブログ初心者でも収益が出やすいのが特徴です。 googleアドセンスは利用料などは不要で、記事を読みに来てくれた方が広告をクリックするだけで報酬が発生します。 また、 ブログの記事に関連性が高い広告を記事の内容から自動的に表示してくれる仕組みになっている為、収益が出やすい仕組みにもなっています。 google以外の「クリック保証型の広告」はありますが、googleアドセンスはその中でも最もクリック単価が高く、広告が豊富というのが魅力です。 例えば、 「ダイエット」に関するテーマの記事にgoogleアドセンスの広告を掲載していれば、「収益性が高いダイエットに関連する商品の広告」が自動的に掲載されます。 ブログを運営し続けていればいずれ検索流入も増えるため、アクセス数が増えますが、アクセス数が多いブログではgoogleアドセンスでまとまった収入を得ることが出来ます。 ブログを1年継続したらgoogleアドセンスの広告収入だけで月1万円を稼ぐということは夢物語ではなくて十分あり得ます。 googleアドセンスを利用するためには何が必要なのか では、googleアドセンスを利用するためには何が必要なのでしょうか? グーグルアドセンスに申し込みをするために必要なものは以下の2点です。 googleアカウント• 広告を掲載する為の運営しているブログ まず必要になるのはgoogleのアカウントですが、今はスマホ等を利用する方が多いので、gmailを利用するためにはgoogleアカウントを持っている方が多いかと思います。 もしgoogleアカウントを持っていない方は、新規でgoogleアカウントの作成から始めて下さい。 次に広告を掲載するための独自ドメインのブログやwebサイトが必要です。 当然ですがブログ運営を行う為にはブログ自体が必要なわけで、これが無いと何も始まりません。 しかし、この2つがあればgoogleアドセンスを利用するための審査を受けることが出来ます。 自分で広告をクリックしてはいけない。 他人に広告のクリックをお願いしてはいけない。 プライバシーポリシーを掲載する必要がある。 広告ユニットの設置数が過度に多すぎてはいけない。 アダルトコンテンツや危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツはNG。 アルコールやタバコに関連するコンテンツはNG。 個人や組織を誹謗中傷するコンテンツはNG。 不正行為や違法なコンテンツはNG。 暴力的なコンテンツや武器や兵器に関連するコンテンツはNG。 ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツはNG。 ポップアップや追従型バナーやスクロールしないとコンテンツが見えない広告配置はNG。 記事内の画像と広告の並列配置はNG。 誤った誘導や誤解を招く形での広告はNG。 詳細についてはこちらをご参照ください。 グーグルアドセンスは運用ルールが厳しいので規約をしっかりと理解した上で始めることが大切で、運用ルールを守らなけれはgoogleアドセンスの利用が停止されることもあります。 ただ、これらの全ての運用ルールを満たしていなくても世には多くのwebサイトがgoogleアドセンス広告を掲載しているサイトがあるのも事実です。 しかし、勘違いしてはいけないのは googleアドセンスの運用ルールが曖昧なわけではなく、「一時的に黙認されている程度」だとお考えいただいた方が良く、Googleから指摘があれば、即修正しなければなりません。 そうならないためにも運用ルールをしっかりと一読して、次のような事に気をつける必要があります。 プライバシーポリシーを記載が必要 これは忘れがちですが、グーグルアドセンスを利用する場合は「プライバシーポリシー」を運営しているブログの見やすいところに掲載する必要があります。 「プライバシーポリシー」とは、サイトを運営する上で管理者が定めた規範のことで、googleアドセンスを利用している事や、Cookieを使用して情報を収集している事などをwebサイトに訪れた方に向けて提示する必要があります。 これは私の場合はトップページに以下のように記載しています。 プライバシーポリシーはよく忘れている方がおられるようなので、googleアドセンス を利用する際はお気をつけ下さい。 googleアドセンスはアクセス数があればまとまった収益になる 先程ブログを運営し続けていればいずれ検索流入も増えるため、アクセス数が多いブログではgoogleアドセンスでまとまった収入を得ることができるとお話しました。 しかし、googleアドセンスはクリック型の広告の中ではクリック単価が高いとは言え、1件あたりの報酬は15~50円で、アクセス数が少ないうちではまとまった収益にはつながりません。 例えば ブログに訪れた0. 5%のユーザーが広告をクリックしたとして、その時に発生する収益が1クリック25円だった場合は以下のような収益になります。 この表を見るとお分かりだと思いますが、グーグルアドセンスの広告だけで1ヶ月で1万円稼ごうと思うと月間80000PVのアクセス数が必要になります。 googleアドセンスは収入へのハードルが低くてブログ運営者の多くの方が利用していますが、収益が出やすく簡単なだけあって利益が少ないという欠点もあります。 しかし、言い換えればブログで安定してアクセス数が稼げるようになれば、googleアドセンスのクリック保証型の広告を掲載することで収入が得られるということになり、検索流入が増えてアクセス数が増える事で相対的に収益が高まる事になります。 ASPを利用して1度で高額な収益を得る webサイトやブログに掲載できる広告にはgoogleアドセンスのクリック型の広告の他に、成果報酬型の広告があります。 成果報酬型の広告を利用するためには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録する必要があります。 このアフィリエイトについて簡単に説明したいと思います。 アフィリエイトとは何か? アフィリエイトとはwebサイトやブログを読みに訪れた方が、掲載されている成果報酬型広告をクリックして、そこで 掲載されている商品を購入したり契約を結んだりした時に広告を掲載したwebサイトやブログの運営者に成果として報酬が支払われます。 この成果報酬型の広告であるアフィリエイトはASPと契約すれば無料で始められる為、初期投資も無しに販売時で収益を得るということが出来るサービスで、ブログ運営者の多くが利用しています。 登録料金や利用料金が発生せず、成果が出た時に報酬が貰える仕組みなので、リスクが無く収益を得られる副業が行えます。 このアフィリエイトはwebサイトやブログ運営次第では高額な収益を生むことが出来ます。 アフィリエイトは収益のハードルが高いが、内容次第でも初心者でも稼げる 成果報酬型の広告はクリックされただけでは報酬にはならず、商品ページから商品を購入してもらったり、契約を交わしたりする事で報酬が得られえるわけですが 、1件当たりの報酬が数百円~数千円という高額な収益が得られることもあります。 しかし報酬が多いので競走も激しく、多くのプロブロガーが参戦していることもあり、ブログ初心者にはハードルが高い広告でもあります。 しかしながら、記事に関連する内容の広告であればクリックされる可能性が高まるので、アクセス数が少なくても記事の内容次第では稼ぐことが出来るのは事実です。 雑記ブログで好きな記事を書いて、無理なく成果報酬型の広告で収益を得る方法 アフィリエイトの成果報酬型の広告は収益を得るには難易度が高いものですが、収益が出る場合は「Google アドセンス」等のクリック保証型の広告よりもはるかに収益が大きいです。 だけどブログでは好きなことを自由に書きたいし、わざわざ広告の為の記事を書きたくない。 このように思われるかと思いますが、 「好きなことを自由に書いて、なおかつアフィリエイトの広告も掲載する」ことは可能です。 つまり次のように考えれば良いのです。 ブログ記事として自由に好きなことを書く。 好きに書いた記事に関連する内容の成果報酬型の広告をASPの中から探す。 該当する広告があれば、その広告の記事を掲載する。 例えば 現在あなたがダイエットをしていたとして、そうしたダイエットの成果を日々記事として公開するブログ運営を始めたとします。 そうした記事に興味を持ち読みに来てくれる方は、 同じようにダイエットをしている方か、ダイエットを始めようとしている方です。 その ダイエットの詳細を語った記事にダイエットグッズやダイエットサプリの広告をASPから見つけて掲載することで、クリックされる確率が上がります。 掲載した直後に収益が出ることを期待する必要ありません。 好きな記事を自由に書いた後に、偶然にも記事の内容に関連するようなアフィリエイトの広告があれば、それを掲載して放置しておけば良いのです。 「もし偶然にも広告を利用してくれる方がおられればラッキー」というぐらいに考えていれば、収益が出ない事に囚われることなく好きな記事を書いて楽しみながらブログ運営が行えます。 私が利用しているASP「もしもアフィリエイト」の特徴 私はASPとして もしもアフィリエイトをメインで利用しています。 もしもアフィリエイトは無料で利用できるアフィリエイトサービスで、ブログ運営の初心者でも成果を上げられるように成果を上げる為の方法について詳しく書かれたマニュアルがあるなど、「ブログ運営初心者に対して嬉しいサービス」が充実しています。 Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトをまとめれる 特に便利と思うのはAmazonや楽天の商品を紹介するときにAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトからそれぞれリンクを作成する必要がありますが、もしもアフィリエイトではどちらのリンクも作成ができますし、「ヨメレバ」「カエレバ」を使えば、ひとまとめにすることもできます。 その他、Amazonアソシエイトでは報酬が5000円超えないと支払いが繰越になりますが、もしもアフィリエイトでは1000円以上になれば振込み手数料なしで報酬の支払いを受けることが出来ます。 W報酬制度とプレミアム報酬が魅力 もしもアフィリエイトには独自の報酬制度があり、アフィリエイト報酬金額に10%上乗せしてくれるW報酬制度というのがあります。 また、プレミアム報酬というものがあり、プロモーションごとに「初めて一定金額以上の成果承認」を達成した報酬に支払われる際に追加の報酬がもらえるというものです。 もしもアフィリエイトは利用して成果を上げれば上げるほど、もらえる報酬が増えるという仕組みで、報酬が出るようになってくるとこの仕組みの有難さが分かるようになります。 もしもアフィリエイトの欠点 ただ、良い事ばかりではなく、もしもアフィリエイトにも欠点があります。 もしもアフィリエイトは報酬が支払われるまでの期間が長く、 成果が発生してからの支払いに4ヶ月かかるという欠点があります。 例えば1月に成果が発生した場合は、3月15日に成果が承認されて、支払いは5月31日ということになります。 この点はgoogleアドセンス等の翌月に支払われるものに比べると見劣りします。 しかしながら振込手数料を持ってくれたり、売上の報酬が増える「ダブル報酬」などが魅力で、アフィリエイトの仕組みや運用方法が分かりやすく、インターフェイスが見やすくて使いやすいので初心者にはおすすめです。 もしもアフィリエイトの「自動マッチング」サービスで収益を得る 私が「もしもアフィリエイト」を利用している大きな理由として、サービスのわかりやすさや使いやすさの他に「自動マッチング」という機能があります。 この機能は、運営するブログの記事に該当する広告があれば、 もしもアフィリエイト側から「〇〇の記事にこちらの広告を掲載してはどうですか?」と提案してくれます。 「自動マッチング」とは以下のような形で記事に合う広告を提示してくれます。 上記の画像からでは分かりにくいかもしれませんが、以下のようなことが書かれています。 」 この「自動マッチング」という機能は大変面白く、記事の検索順位等を考慮してマッチングする広告を探してくれるサービスです。 ただブログの情報収集に時間がかかるので、もしもアフィリエイトに登録直後では「自動マッチング」は利用できませんが、登録してしばらくすると様々な広告掲載の提案をしてくれます。 「自動マッチング」以外の広告はすぐに利用できるので、書いた記事の内容に関連する広告を自分で見つけて掲載することは最初から出来ます。 「もしもアフィリエイト」は無料で利用出来て、 好きな記事を書きながらブログでの収益につながるので、興味がある方はご覧になってみてください。 最後に 大変長い記事となってしましましたが、当ブログで行ってきたブログ運営で無理なく収益を得る方法とその具体的な手段についてお話ししてきました。 このように「googleアドセンスなどのクリック型の広告」や「もしもアフィリエイトなどの成果報酬型の広告」など、ブログ運営で収益を得る方法はいくつもあり、 ブログ運営で収益を得ることを目的とせずに、ブログ運営を継続する事を目的とすることは、結果的に収益を安定して得られるようになります。 また、好きに書いた記事のテーマに沿った広告をASPから探し出して掲載することで、運が良ければ高額な収益が得られるかも知れません。 こうした運営方法は無理なくブログ運営を継続することに繋がり、結果として収益を早期に得るという事になります。 本日ご紹介した方法は無理なくブログ運営を継続して収益を得るという意味で有効な手段だと思いますので、収益を出したいとお考えの方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

次の

【検証で証明】雑記ブログは儲からないは嘘

雑記ブログ 稼ぐ

1.「雑誌ブログ」とは? 雑誌ブログでは、 テーマを3~5個くらいにしぼってブログを運営していきます。 雑記ブログほどなんでも書けるわけではありません。 かといって、特化ブログのようにテーマを1つにしぼらなくてもいいのです。 これにより、 「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。 例えば、ある主婦向け雑誌の鉄板ネタは 「節約」「料理」「片づけ」の3テーマです。 この3つのテーマが繰り返し、手を替え品を替え登場します。 これをブログに応用するのです。 「節約」だけにしぼれば特化ブログですが、雑誌ブログではそこまで縛 しば りません。 テーマに「料理」や「片づけ」も含めると、楽にブログ運営をすることができます。 ただし、やるべきことはたくさんあります。 カテゴリーを整理する• メニューや関連記事表示を最適化する など、ごちゃごちゃしないようにしたり、過去の記事にも簡単にたどり着けるようにしたりする工夫は必要です。 例えるなら、• 雑記ブログ:「新聞」みたいなもの• 雑誌ブログ:「雑誌」みたいなもの• 特化ブログ:「書籍」みたいなもの といった感じです。 結論はここまでですが、もう少し詳しい説明を読みたい方は、続けてお読みください。 そうでない方は、下記の関連記事をお読みください。 雑記ブログのメリット 雑記ブログとは、テーマが定まっていない「なんでもあり」のブログです。 メリットは 自分の好きなことが自由に書ける点です。 縛 しば りがないのでどんなことでも書けるんですね。 今日の晩ごはん• ネコの話• 好きなゲームの紹介• たまにブログ論 などなど、なんでもOKです。 ブログ初心者でも簡単に運営できます。 2-2. 雑記ブログのデメリット 一方で、この自由さが雑記ブログのデメリットにもなります。 好きなように書いているので、1つ1つの記事が バラバラに存在し、ごちゃごちゃするんですね。 その結果、読者にとっては興味がある記事もあれば、そうでない記事も出てくるでしょう。 読者の属性がどうしても あいまいになりがちです。 アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットがあいまいになるため、難易度が高くなります。 特化ブログのメリット 特化ブログとは、「ある1つのテーマ」だけを徹底的に書いているブログです。 メリットは、テーマがしぼられているので 読者が明確な点です。 例えば、ヨーロッパ旅行だけにテーマをしぼったブログを書くとします。 どんな人が訪れるでしょうか? そう、 ヨーロッパ旅行に興味がある人ですね。 余計な記事がないため、必要としている記事にすぐたどり着けるという読者側のメリットもあります。 アフィリエイトサイトはほとんどが何かに「特化」した形をとっています。 「紹介する商品ありき」なので自然とその商品を中心に特化したネタになるからです。 最近はブログ形式でアフィリエイトをしている方もたくさんいます。 なんでもかんでもアリの雑記ブログに比べるとターゲットがしぼられている分、アフィリエイトで稼ぎやすいと言えます。 3-2. 特化ブログのデメリット 一方でデメリットは、 ネタに困るという点です。 ヨーロッパ旅行に行くブログを書いたはいいけど、旅行記を書いたら終わりで放置という方もいることでしょう。 そして、選ぶテーマによっては 全く人が来ません。 その分野の専門家だったり、ある程度ブログをやっている方なら問題ありません。 しかし、初心者がいきなりマイナーなジャンルで特化ブログをやると、 続かない可能性が高いです。 ブログは続けることが重要なので、これではテーマをしぼって運営する意味がありません。 完全に特化するならそのテーマだけで50記事くらいは書ける見通しがある場合かなと思うところです。 4.「雑誌ブログ」というスタイル 今までいろいろなブログを見てきました。 するとある共通点がありました。 最初は「雑記ブログ」ではじめる。 この流れが1つの 成功モデルです。 というか、私がそのパターンでした。 もちろん、twitterやはてなブックマークを上手に活用する人は、いきなり雑記ブログで成功しているかもしれません。 また、最初から特化ブログで良いジャンルに巡り合っている人も結果が出ています。 ただ、すべての人がそうではないので1つのモデルとして提案するのが 雑誌ブログです。 4-1. 雑誌ブログの運営しやすさ 「新聞」や「書籍」と比較すると、雑記ブログが新聞寄りで、特化ブログは書籍寄りです。 雑誌ブログはその中間でそのまま 雑誌というイメージです。 3~5のテーマならネタに困ることもなく、安定して続けることができます。 ある程度テーマをしぼっているのでごちゃごちゃせず、専門性も出しやすくなるでしょう。 運営のしやすさという観点から、初心者におススメです。 「カテゴリーを3~5個にするということですか?」とよくご質問をいただきます。 例えばカテゴリーが10個あったときに、その中で 3~5個の記事数が他のカテゴリーよりも多ければ十分絞っているといます。 逆に言えば、10個のカテゴリーが全部同じくらいの記事数だと、雑記ブログを抜け出していないイメージです。 4-2. 雑誌ブログの稼ぎやすさ 稼ぎやすさについては「ターゲット(対象者)」の観点から分類してみます。 雑記ブログはテーマがばらばらなので「あいまい」、特化ブログはテーマが1つで「ピンポイント」、そして雑誌ブログはその中間で 「属性」です。 雑記ブログの読者のようにあいまいではないけれど、特化ブログほどピンポイントではない 「層」を読者にしていきます。 例えば、が• 30代関東在住• 子どもがいる• 専業主婦• 節約・料理・片づけに関心がある 層をターゲットにしているみたいな感じですね。 読者層というと難しく感じるかもしれませんが、 ブログを書いている自分の属性=読者層にするってことです。 自分が30代サラリーマンなら、「30代サラリーマン」という読者層を集めていくイメージです(本当はもう少し限定した方がいいですが)。 最後に この記事では雑誌ブログについて書きました。 要するに、 雑記ブログと特化ブログの良いとこどりをしようということです。 運営者で区別すると、• 雑記ブログ=プロブロガー• 雑誌ブログ=趣味ブロガー• 特化ブログ=アフィリエイター あたりが当てはまるかなと思うところです。 このブログは、趣味ブロガーとして雑誌ブログを運営し、月1万円稼ぐ自動販売機を作る方法をお伝えしているのです。 この記事は「考え方」を中心に書いたので、 「もやっ」とした方がほとんどだと思います。 他の「具体的な方法」について書いた記事を合わせて読んでいただくことで、ようやく「ああ、そういうことか」と分かるようにしているので、他の記事もぜひお読みください。

次の