ライチュウ スーパー リーグ。 スーパーリーグ無双パーティ|kazz|note

【スーパーリーグ】アローラライチュウ強くない?

ライチュウ スーパー リーグ

3月27日でGOバトルリーグシーズン1のスーパーリーグが終わりましたが、皆さんは好きなポケモンを使ってよい結果を残せたでしょうか? 僕は最終日に勝てたかもしれないバトルにバグで5敗したので、少し悔いが残る結果でした。 今回は僕がスーパーリーグでメインで使用していたパーティーで軸だったポケモン、デンチュラについて紹介しようと思います。 日々、色んなポケモンがPVP用の強いポケモンとして紹介されていて、「結局どれがつよいの?」「誰を信じたらいいの?」となっていませんか。 僕はなってますよ。 どれが強いんだ。 そんなにほしのすな無いよ。 なのでなるべく正直にデンチュラを紹介します。 デンチュラは「積極採用するほどは強くはないが、アローラライチュウよりも環境的に安定して戦えたポケモン」でした。 まず前提としてデンチュラはアローラライチュウと役割が似たポケモンです。 はがねに等倍で効くでんきタイプであり、くさタイプのゲージ技を打てることでナマズンにも打点を持つことができます。 種族値に関してはHPが高いのがデンチュラで、防御が高いのがアローラライチュウ。 ただまあ他のでんきタイプと同じくそもそもが柔らかくて防御のうすいやつらです。 そこで重要になるのが、この2種が持つでんき以外の複合タイプが何かになります。 アローラライチュウはエスパー。 デンチュラはむし。 これにより弱点と耐性が決まります。 アローラライチュウは耐性で受けられるタイプがデンチュラよりも多いのですが、弱点も多く、じめん、むし、ゴースト、あくの四種。 僕がアローラライチュウに不満がある点がここです。 じめんが弱点なんですよ。 くさむすびを打っても相手がシールドを1枚使ったらナマズンのじめんわざでやられるかもしれない。 みんぽけさんのシミュレータだとシールド1枚ずつ使う場合一応ナマズンに勝てるけど、こちらもHP1残し。 デンチュラは耐性で受けられるタイプが少ない代わりに、弱点はほのおといわの2タイプのみ。 ナマズンがシールドを貼ろうがそもそもじめんわざが弱点ではないので、シールド1枚ずつ使った場合、HP3割残しくらいで倒せます。 対ナマズンで安定して戦えるのが魅力です。 弱点がほのおといわというシーズン1ではあまり使われないタイプなのもデンチュラに味方していました。 いやでも、ゲージ技でげんしのちからやかえんほうしゃを使うポケモンもいると考える方もいらっしゃるかもしれません。 苦手タイプのゲージ技はシールド貼るやろ、そもそも柔らかいでんきタイプのポケモンだし。 デンチュラにとって重要なのは誰もほのおタイプといわタイプの通常技なんて環境的に使わなかったってことです。 通常技だけで倒されて退場なんてことがなく、デンチュラはゲージ技を発動できる。 これがバークアウトを使うブラッキーや、それこそマッドショットを使うナマズンにやられる可能性の高いアローラライチュウに無い魅力でした。 まあ、それでもアローラライチュウはワイルドボルトとコストの低いかみなりパンチの組み合わせで素早く戦えたり、エスパーにもかくとうにも大勢があるのでチャーレムに有利というデンチュラにない特徴があるんだ。 デンチュラなんて検討する必要はないなんて人もいるかもしれません。 デンチュラがアローラライチュウに勝っているところはもう一つあります。 文字通り、デンチュラはアローラライチュウに勝てるという点です。 この二匹が対面すると勝つのはデンチュラです。 デンチュラはくさに耐性があるのでくさむすびがそこまで入らないんですよ。 アローラライチュウはくさに耐性が無いのでデンチュラのエナジーボールで勝てる。 シールドの使用枚数が0から2枚のどれでも使用枚数が同じなら勝つのはデンチュラです。 他は理想個体同士だったら勝つ。 この点がデンチュラはアローラライチュウより格段に弱いよとは言いにくい点です。 だってデンチュラはアローラライチュウに勝てるんだもの。 僕がスーパーリーグで最終的に使用したパーティがこちら。 デンチュラの枠をアローラライチュウに変えると、ジラーチとゴーストとあくの弱点が被り、ブラッキーやゴーストあたりがきつくなるので、デンチュラを使うからこその組み合わせだと思います。 このパーティでもジラーチとデンチュラでほのおが弱点とかぶっていますが、そこはナマズンでカバー出来ましたし、そもそもほのおはほとんど出てきません。 わりと自分としては使いやすいパーティでした。 レートは記憶している分だと、ハイパーリグ初日に1999。 あと1でランク8に上がれるところまで行けました。 この翌日からハイパーでぼろ負けしました。 あと1だったのに 僕がシーズン1のスーパーリーグ戦で相手がデンチュラを使ってきた試合はたった1戦のみでした。 僕以外誰も使ってないぞ、デンチュラ。 弱くはないのに。 最近、くさタイプのわざが強化され、エナジーボールもコストが下がり、デバフ効果付与されたことで、デンチュラはパワーアップしたので、次シーズンでは採用率がどうなることやら。 次回のポケモンGOの記事はハイパーリーグの現パーティでも紹介しようと思います。 今のところ、対戦した中では僕以外に誰も使ってきていないポケモンが2種いるパーティになっています。 ただ今回のくさわざ強化と一部技弱体化で環境が大分変ってしまったよ。 やっとこさ、技開放が終わり、ハイパーリーグ用の新パーティできたのに……。 1999から1700台に落とされたレートが1800台に回復し、さあ2000を目指そうって時に……。

次の

【ポケモンGO】ナマズンのスーパーリーグ最適技と対策ポケモン:はがねタイプキラーとして活躍!|ポケらく

ライチュウ スーパー リーグ

らいちゅう あろーら 高耐久と高タイプ耐性で使いやすい 「マリルリ」は HP種族値が高く耐久力が非常に高いです。 弱点とするタイプも「くさ/でんき/どく」と3種類のみなので戦略を立てやすく、 負けない戦いをするのであれば 選出おすすめのポケモンです。 対策もされやすいですが、耐久の高さと幅広い技範囲で多くのポケモンと互角以上のバトルができます。 スペシャルアタックの選択が迷いどころ 「マリルリ」が覚えるスペシャルアタック(ゲージ技)は「ハイドロポンプ/じゃれつく/れいとうビーム」と どの技も魅力的でどれを覚えさせるか悩みます。 「れいとうビーム」は一番撃つまでの時間(エネルギー)が少なく、良く選出される「チルタリス」などに刺さるのでおすすめです。 また、 「レジスチル」のような高耐久のポケモンには高威力の「ハイドロポンプ」がおすすめであり、 同じ「マリルリ」同士の戦い(ミラー戦)では等倍ダメージとなる「じゃれつく」が有効です。 なまずん りゅうのいぶきが超強力 「チルタリス」は他のポケモンと比較して耐久力が高いとは言えませんが、 ノーマルアタックで覚える 「りゅうのいぶき」が非常に高威力です。 「シールド」で防ぐことができないノーマルアタックで相手のHPをゴリゴリ削ることができるのは非常に大きな魅力です。 互角にバトルできるポケモンが多い 「チルタリス」は「こおり」タイプを2重弱点とするため、 「こおり」技を使うポケモンとは不利なバトルになります。 交代するかシールドを上手く使ってバトルしましょう。 しかし、それ以外のタイプの技に対しては ダメージを受けて倒れるより先に・「りゅうのいぶき」でガンガン相手にダメージを与えることができるケースも多いため、多くのポケモンに対して互角の戦いをすることができます。 らいちゅう あろーら 数多くの耐性でダメージを軽減できる 「エアームド」は「はがね/ひこう」タイプを持ち、 全ポケモンの中でも トップクラスのタイプ耐性 を持っています。 耐性があるタイプの技に対しては 約0. 6倍以下にダメージ量を抑えることができるため、多くのポケモンに対して有利にバトルを進めることができます。 くさタイプポケモンへの圧倒的な強さ 「エアームド」は 「くさ」タイプに2重耐性を持ち、攻撃でも「エアスラッシュ/ゴッドバード」構成で弱点を突くことができます。 スーパーリーグの「くさ」タイプポケモンは超強力な「はっぱカッター」使いも多いですが、 「エアームド」であれば余裕を持って対処できます。 めがにうむ 幅広いポケモンに対応できる耐久&攻撃 「デオキシス・ディフェンス」は 耐久力がスーパーリーグトップクラスであり、相手から受けるダメージを抑えることができます。 さらにノーマルアタックの 「カウンター」でレジスチルなど「はがね」タイプに対応でき、スペシャルアタックでマリルリなど「みず」ポケモンやエアームドなど「ひこう」ポケモンにも効果抜群でダメージを与えることができます。 互角に対応できるポケモンが多いため持っていると重宝します。 入手が難しい 「デオキシス」はこれまで登場が EXレイドバトル と 伝説レイドバトル のみで入手機会が限られています。 さらに 幻枠のポケモンのためフレンドとのポケモン交換でも入手できません。 ずるずきん 耐久力の高さあり 「スリーパー」はスーパーリーグの 耐久力ランキングで30位以内に入る高耐久です。 また「エスパー」タイプはスーパーリーグで弱点を突かれることが少ないこともあり 耐久型として立ち回ることができます。 多彩な技を覚える 「スリーパー」のスペシャルアタックは 強力な「シャドーボール」に加えて、「ほのおのパンチ・かみなりパンチ・れいとうパンチ」と3つの異なるタイプの技を覚えることができる点が大きな魅力です。 例えばレジスチルなど 「はがね系」には「ほのおのパンチ」や「シャドーボール」、マリルリなど「みず系」には「かみなりパンチ」、チルタリスなど「ひこう系」には「こおりのパンチ」など 使い分けることで様々なポケモンに対応できます。 できれば 複数のスリーパーを用意してそれぞれ違う技を覚えさせて持っておきたいところです。 そのときの自分のパーティで対策できていない敵ポケモンに合わせて有効な技を持っている「スリーパー」を出して活躍させるということができます。 ふしぎばな 「ハードプラント」が超強力 「メガニウム」は 御三家「くさ」ポケモンの最終進化系が覚える 特別限定技「ハードプラント」が非常に強力です。 「くさ」を弱点とするポケモンはもちろんのこと、 等倍以上のダメージとなる多くのポケモンに対しても有効な攻撃になります。 「じしん」で幅広く対応 「メガニウム」が他の「くさ」ポケモンと比較して優れている点は、 そこそこ高い耐久力と 「じしん」を覚える点です。 スーパーリーグで良く選出される レジスチルやトリデプスなど「はがね」ポケモンに有効なため対応の幅が広いです。 しかし、エアームドやチルタリスなど 「ひこう」ポケモンには有効打がないためまともにバトルをしないよう注意が必要です。

次の

【ポケモンgo】スーパーリーグで初手におすすめポケモン【勝つためのコツ】

ライチュウ スーパー リーグ

ポケモン剣盾、ポケモンGo、隻狼、CoDに仕事、仕事、仕事で疲労感Maxの令和元年でした。 そんな私ですが近頃はポケモンGoにハマってます。 イッシュ地方ポケモンが実装されたことも嬉しいんですがそれ以上にバトルリーグの実装が最高に熱い!! ポケGoリアルフレンドがおらずトレーナー対戦が全くできていなかったんですが、バトルリーグ実装のおかげでオンラインで知らない人と対戦できるようになりました。 永久停止していたスペシャルリサーチもようやく動き出します(笑) で、今回はそんなバトルリーグのスーパーリーグに挑戦してみて、「 ライチュウ」が尋常じゃない活躍を見せたので紹介します。 現環境、マジおすすめです。 ここまでの対戦成績は通算勝率6割。 直近は7割 現在25戦15勝です。 通算勝率6割。 まぁまぁって感じですが、実は、初期は5戦中2勝3敗とか1勝4敗とかだったので最近になって勝ち越しまくっている形になります。 現在のポケモンGoバトルルールは相手がどんなポケモンを使ってくるのか完全にわからない状態で始まる3対3です。 原作のように6体から3体を選択するような形ではないため読み合いも発生しません。 かなり運に左右されます。 そう考えると勝率6割は結構いい感じです。 パーティと技構成 ライチュウ・アイアント・ラプラスのパーティです。 コンセプトは「 先にゲージ技打ちまくる」。 威力低くてもいいのでとりあえずゲージ技(スペシャルアタック)を打つ。 相手のシールド崩しと小刻みにダメージを与えまくる戦法です。 そのためにエネルギー効率の良いノーマル技・ゲージ技の組み合わせ持ちポケモンを揃えています。 このパーティに変えてから 11勝4敗。 勝率7割越え。 めちゃくちゃ強い。 ライチュウ 個体値は低いですが気にしないでOK。 最近はアローラライチュウも多いですが、無印です。 技は「スパーク:ワイルドボルト・かわらわり」。 そう、「かわらわり」を覚えるのです。 これが攻撃範囲を大きく広げ、ライチュウ大活躍のきっかけになっています。 ライチュウは現在の環境で多いこのあたりのポケモンに対して強く出れます。 マリルリ• ラプラス• トリデプス• エアームド• レジスチル こいつら相手ならほぼ勝てます。 しかも鋼タイプの相手はライチュウがかわらわりを持っていると思っていないためゲージ技を普通に受けてくれます。 環境にマッチしまくり。 彼らは初手に出てくることが多いのでライチュウも初手にしています。 そのほか水・飛行など電気弱点のタイプ、あく・ノーマルなど格闘弱点のタイプにほぼ勝てますし、ゲージ技をすぐに打てるので等倍の相手でもごり押しで勝ちに行けます。 電気タイプは弱点が地面しかない、というのも大きなポイント。 今はほとんど地面技持ちがいないので、等倍ゲージ技相手なら普通に殴り合えます。 攻撃のテンポがよくゲージをためるのも非常に早いためほぼ必ず先制でゲージ技を打てます。 ノーマル技なら代わりに「でんきショック」でもOKですね。 ゲージ技のワイルドボルトはかみなりパンチでも良し。 ただワイルドボルトでも十分即打ちできるので、速度はかわらわりにまかせてこちらは威力をとりました。 ライチュウさん、ここまで 3回も3タテしています。 めちゃくちゃ強い。 ライチュウで戦えないやつ(ラティアスなど)が来たら裏のポケモンに交代しましょう。 Sponsored Link アイアント 技は「メタルクロー:シザークロス・アイアンヘッド」。 ライチュウのうち漏らし要員。 ライチュウで見れないポケモン、特に現環境に多い「ラティアス」対策です。 ノーマル技はむしくいにしたかったんですが…技マシンが足りず…。 しかしメタルクローでも十分に活躍できました。 等倍以下になることが少なくフェアリータイプ相手に対して強い。 圧倒的速度でシザークロス・アイアンヘッドにつなげられます。 アイアントは原作ポケモン剣盾でもダイマックスを得て強ポケの仲間入りを果たしていますね。 今ノリにノっているポケモンだと思います。 ラプラス 技は「みずでっぽう:なみのり・ふぶき」。 ライチュウのうち漏らし要員2号。 通りのいい水技メインのラプラスです。 なみのりに速攻で繋げられるだけでなく、ダメージ・攻撃速度も高いので等倍相手にも十分殴り勝てます。 ふぶきは…できれば冷凍ビームがいいんですが…。 冷凍ビームにできればチルタリスなどのドラゴンタイプ相手にも強く出れます。 強く推奨。 まぁなみのりで十分ごり押しできるのでそこまで問題にはなりません。 Sponsored Link このパーティでキツイのは… ドラゴンタイプや鋼タイプを連投してくる相手です。 ポケモンGoは原作ポケモンと違いバトルがほぼ連打ゲーであるためごり押しが有効。 なので意外と同タイプのポケモンを使う方も多いんですよね。 それと現環境では相手の裏のポケモンが何なのか分からないのもキツイところ。 1体目のポケモンを残す選択がとれません。 ライチュウで見たい相手、特にレジスチルが3体目のポケモンとして出てくると結構きつかったりします。 アイアントじゃまず削れませんし、ラプラスではごり押しきる前にきあいだまで一撃です。 あとは現環境エース級の「チルタリス」ですが、これまで2度当たりました。 ラプラスが冷凍ビームなら余裕でいけると思います(笑) 余談 ライチュウ無双のおかげで無事ズルッグGetできました。 バトルリーグ5戦4勝時のリワードです。 1回目の4勝はカビゴン、2回目の4勝でズルッグが取れるみたいですね。 結構ハードな条件です。 初期に負けまくった経験から、スーパーリーグで勝つポイントは「 ゲージ技を即打ちできる技の組み合わせ」が重要だと感じています。 今回紹介したライチュウ構築でなくとも、EPSの高いノーマル技、必要エネルギーの少ないゲージ技を持っているポケモンを採用することで勝率を伸ばせると思います。 例えば悪タイプの「かみつく」などはEPSが低すぎてろくにゲージがたまりません。 攻撃速度が速くてもゲージ技につながらないと勝つのは難しいので気を付けたいところですね。 EPSとか必要エネルギーとかは、GameWithさんの技一覧ページとか参考にすると分かりやすいです。 最後に、ポケモンGoのバトル環境はまだまだ整っていないところも多数あります。 特に回線。 回線が悪いと、こちらは攻撃できず一方的に相手に攻撃され続ける、ということがまれに発生します。 私は2度発生して2度とも完全敗北しました…。

次の