マフィア 梶田 車。 神山健治監督×マフィア梶田、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズから最新作まで語る濃密対談公開!

マフィアの生活は映画のようにきらびやかなものではなく、実際には下水道の中のネズミのような暮らし

マフィア 梶田 車

最初の候補はセンチュリー!?クルマ選びに大苦戦 梶田さんが、ヘルキャットを購入しようといきさつやエピソードを教えてください。 それまで車の話なんかまったくしない人だったのに、教習所に通いだしてからはよく車の話をするようになったんです。 運転が楽しくてしょうがないようで、免許を取得してから数ヶ月も立たないうちに2台目の車を購入するというハマりようでした。 そうなると、やっぱり気になるじゃないですか。 「そんなに楽しいものなのか?」って。 で、「どんな車に乗るの?」っていう話になるわけですよね。 パーソナリティをマフィア梶田さんと、声優の中村悠一さんが務める。 とはいえ、それまでまったく興味がなかったわけですから。 車種の違いも分からないし、道を走っている車がどこのメーカーなのかも見分けがつかない。 そこで俺の中の「カッコいいと思う車」をイメージしてみたら、浮かんでくるのは「マッドマックス」や「デス・プルーフ in グラインドハウス」といった洋画に出てくるような、あるいはばかりだったんです。 それも今の日本車みたいに流線型のオシャレっぽい車じゃなく、タフな長方形のやつですね。 初めて乗る車だから当初の希望は日本製で、さらに新しいモデルが良かったんですけれども、現行では角ばった車なんてありゃしないんですよ。 免許はもうすぐ取れるのに、乗りたい車が見つからない。 悶々としている中で、候補に挙がったのが街で見かけたセンチュリー。 当時はデザインの変更が発表される直前で、まだ四角くてカッコよかったんです。 もしくは、タクシーに多いクラウン コンフォート。 今思えば、とにかく日本車で長方形という条件を満たしているだけでしたね(笑) 旧車という選択肢は最初からなかったんですね。 さすがに初心者マークで旧車に乗るのは尻込みしました。 ただでさえ拙い運転なのに、万が一にも故障で事故を起こすわけにはいかないじゃないですか。 それに、日本の旧車ってなぜだかMTが圧倒的に多い。 俺の場合、走り屋に憧れてガチャガチャ操作したかったわけでも無いですから、いまさらMT車に乗るという選択肢は無かったです。 ……となると、マジでセンチュリーかクラウン買うのかって話になる。 まあ、周囲の人は首を捻りますよね。 どっちも運転する車じゃなくて、運転してもらう車じゃないかと(笑)まぁ、またしても車選びは暗礁に乗り上げるわけですよ。 それに、教習所に通っているうちに日本車のサイズ感が俺には厳しいということも判明してきたんです。 教習車はそれこそクラウンだったのですが、いつもギリギリのスペースで運転していました。 そういうわけで日本車は候補から外れ、外車に目を向け始める。 日本ではベンツとかBMWとかフェラーリとか人気ですが、どれもエクステリアが現代的でオシャレっぽくて、魅力的と思えなかった。 悩みに悩んで、出した結論がアメ車。 それも現行車でありながら古き良きタフな車の面影を色濃く残しているアメリカンだったんです。 センチュリーやクラウンコンフォートを経て、アメ車に落ち着いたわけですね。 とはいえ、エコ意識の高いこの時代。 現行のも選択肢はカマロ、マスタング、ダッジの3種類くらいじゃないですか。 その中でマスタングは現行モデルの顔つきが近代的になりつつあり、カマロもカマロで第5世代は無骨でカッコよかったんですが、現行モデルからちょっと日本車っぽくなってしまった。 そんな中でダッジ チャレンジャーだけ、クラシックな面影を保ち続けていたんです。 真一文字の溝にライトが直列したふてぶてしい面構え。 「これだ!」と思いましたね。 ダッジ チャレンジャーの中でも、梶田さんの愛車は当時最高グレードの「ヘルキャット」ですよね。 梶田さんの愛車は2016年モデルのSRTヘルキャット。 SRTシリーズは、チャレンジャーのラインナップでも最高峰グレードだ。 2015年モデルとしてデビューしたSRTヘルキャットは700馬力。 SRTデーモン(2018年モデル・840馬力)や、SRTヘルキャットレッドアイ(2019年モデル・797馬力)が発表されるまで、最高スペックを誇っていた。 でも、当初はヘルキャットを買う予定はなかったんですよ。 だったらまずは下のグレードに乗って、アメ車に慣れていこうかなと思っていたんですけれども。 まぁ、当然ながらダッジは国内に正規ディーラーが無いんですよね。 でちゃんと買えるのって、カマロくらいじゃないですか。 そもそも、近所でダッジの中古車を探そうにも選択肢がほぼ無かったわけです。 ボンネットから吸気口が飛び出しているのがいかにもタフな印象でカッコよかった。 ほとんど決めちゃうつもりだったんですけれども、もう1件だけ近所でヘルキャットを置いているところがあった……。 ヘルキャットって言ったら、当時の市販されているチャレンジャーでは最高グレードなわけですよ。 しかも700オーバー。 ボンネットの中央からシェイカー(冷却装置の一部)が突き出ているのが特徴。 1970年~1971年のチャレンジャーに設定されていた「シェイカーフード フレッシュエアインテークシステム」を再現し、古きよきアメ車のスタイルを踏襲する人気モデル。 その名の通り、アイドリングでボンネットが揺さぶられるほどのV8エンジンの力強さも暗示されている。 SRTのエンブレムはフロントマスクとリアエンドに燦然と輝く。 真一文字に配列されたフロントライトは無表情で武骨な顔つきを演出。 フロントサイドにはヘルキャット(地獄猫)の名にふさわしいエンブレムが。 ブラックのボディにシンプルなデザインが映える。 アメリカンマッスルカーらしい、直線的なプレスライン。 しかしまぁ、俺が車に求めていたのはとにかくデザインが趣味に合うかどうかであって、スペックなんかどうでもよかった。 というか、が云々とか言われてもピンとこないんです。 だから知人に何がどうすごいのか聞こうと思って相談したら、それ以前の問題として「梶田さんコレ……FR車で700馬力って、バカが乗る車ですよ!」って言われて(笑) 「ガソリン撒き散らしながら走る」「駐車場に停められない」「このパワーで後輪駆動はスピンしたら死ぬ」とか、散々脅されるわけです。 あまりの不評っぷりにうんざりしてきた頃に、最後のひと押しというか俺をそそのかしたのが中村悠一さんでした。 彼はニヤニヤしながら、ヘルキャットにはブラックキーとレッドキーの2種類があって、レッドキーを使ったときだけリミッターが解除されて700馬力が発揮できるということを教えてくれたんですよね。 そんな男の子の夢みたいな機能を聞いちゃったら、もうデメリットなんかどうでもよくなっちゃいますよ。 EXAMシステムを搭載したモビルスーツに乗れば、普通のパイロット(オールドタイプ)であってもニュータイプに近い戦闘能力を得ることができる。 SRTヘルキャットは起動するキーによって、や設定、車両の姿勢制御などが変わる。 ブラックキーで起動した場合は500馬力まで、レッドキーで起動した場合はマックスパワーの700馬力まで発揮できる。 実際にヘルキャットを目にしてどうでしたか? 一目惚れですよね。 色も希望通りのオールブラックですし、ボンネットの吸気口がシェイカーとはまた違った方向性でタフな印象。 細かいところでは前のオーナーが日本製のナビとレーダーを取り付けていたのも、利便性の面で好印象でした。 もうその場で即決ですよ。 即決ですか!ディーラーさんも驚かれたでしょうね。 そうですね。 板橋の というお店なんですが、「免許を取得したばかりなので、若葉マークで乗ります」と言ったらポカンとしちゃって。 「そんなの聞いたことないです」って言われました。 ボンネットにはエンジンへの吸気口が。 正面から見ると迫力のある表情だ。 20インチの大口径アルミホイールを履く。 太いタイヤも男前でカッコいい。

次の

フリーランスとして生き残るためにー自分の“価値”を守る:マフィア梶田さん

マフィア 梶田 車

トマトソースといったら「マフィア」を連想する。 ミートボールといっても「マフィア」が頭に浮かぶ。 ソーセージもやっぱり「マフィア」だ。 それは、マフィア映画の金字塔『グッドフェローズ』のせいである。 FBIのヘリコプターにマークされながらも、ミートボールをこねこねし、トマトソースをかき混ぜる珍行動を繰り広げた伝説のマフィア、レイ・リオッタ演じるヘンリー・ヒルの責任である。 刑務所でも食材を買い込みステーキを焼くマフィア幹部たち、そして先輩格トミーのおっかさんにつかまってしまい スパゲティを無理やり食べさせられるグッドフェラたちの加担である。 映画の中でマフィアたちは、しょっちゅう料理をし、事あるごとに食卓を囲み、そして良く食べる。 一方で現実世界のモブ(マフィアの別称)たちの食事情は如何なものか? 現実のトマトソースの味も探るべく、 ニューヨークのリアルモブスターの台所へおジャマします。 何千もの構成員を従え、1945年から90年まで東海岸で巨大なギャンブル帝国を操ってきたワイズガイだと聞く。 そんな父を持ち、 生まれながらにしてマフィアの世界に片足を突っ込んでいた男がトニー・ナップ・ナポリ(82)。 彼こそが今回、マフィアのクッキング、食文化を教えてくれる講師だ。 トニー・ナップの好きな歌手はフランク・シナトラ(きっと、カラオケの十八番は『ニューヨーク・ニューヨーク 』か『夜のストレンジャー』)、好きな映画は『ゴッド・ファーザーI』『グッドフェローズ』と、コテコテのマフィオーゾ。 若い頃はボクサーで(海軍として日本にも駐屯したこともある)、ラスベガスのカジノオペレーターとしてフランク・シナトラとも懇意になり、マーロン・ブランドと一緒に演劇の授業を受け、 あのラッパーのトゥーパックと同じ牢獄の飯を食った仲でもある(そして、娘に性的暴行をふるった男子生徒のイチモツをちょん切ってしまったという逸話もある)。 マフィア幹部の息子として実に極道な人生を歩んできたトニー・ナップだが、食への想いは火傷するほどに熱い。 マフィアたちが個々のレシピを共有するフェイスブックコミュニティ「(Wise Guy Foods、ワイズガイとは、マフィア構成員という意味のスラング)」を発起し、自身が実演するクッキングビデオを制作してしまうほどに食を愛している。 H:キッチンの戸棚を拝見。 期待通り、パスタ、見つけました。 イタリア系マフィアたるもの、やはり好物もパスタですか? T:もちろんだ。 リングイネ(パスタ)のクラムソース添えに、スパゲッティのプロズート・ポモドーロ(生ハム入りトマトソース)…。 H:では、おふくろの味もパスタ。 T:おふくろの味は、ラザニアだ。 ナポリ家伝統のラザニアは、3層になっている。 オリーブオイルとガーリックと一緒にフライパンで炒めた豚のひき肉に、ロマーノチーズ、モッツァレラチーズをふんだんに重ねる。 H:チーズにオリーブオイル、ガーリックはイタリア料理の基本ですね。 それに、トマト。 T:トマトといえば、日曜の朝を思い出すな。 ナポリ家では日曜の朝、おふくろが1週間分のトマトソースを作るのが習慣だった。 ちなみにトマトソースは、正式にはトマトグレービーという。 そして、おふくろからフォークを渡されて、ラビオリ(ひき肉やチーズなどを挟んだ四角形のパスタ)づくりを手伝うんだ。 縁の部分を、フォークで印をつけるようにつなぎとめて。 ナポリ家のラビオリはチーズのみ。 ひき肉は、上にかけるトマトグレービーの中に入れる。 こうして下準備をしてから、正午前には家族で教会に行ったもんだ。 帰ってきてから、食卓に家族が集い、夕方7時ごろまでサンデーディナーとくる。 H:サンデーディナー、長丁場ですね…。 日曜朝に台所に立つおふくろの横で、スモーキングジャケット(タキシードのような正装ジャケット)姿の親父も味つけを手伝っていた。 モブガイたちは料理が好きだ。 彼らに必須なのが「木の調理スプーン」。 アルミニウムやスチールのへらはソースから熱を奪ってしまうから。 でも自然素材のウッドスプーンはソースを温かいままに保つんだ。 トニーの父、ジミー・ナポリ(右)。 Photo via Tony Nap Napoli ティーンの頃のトニー。 Photo via Tony Nap Napoli トニー、キッチンにて。 Photo via Tony Nap Napoli H:木の調理スプーンは、トニーのクッキングビデオにも登場します。 ビデオ内で作っていたのは、イタリアの生ハム入りトマトソースパスタ、プロズート・ポモドーロ。 レシピを教えてくれますか。 T: プロズート・ポモドーロは、ワイズガイに愛されている料理だ。 私はカルロ・ガンビーノ(ガンビーノ一家を全米最強最大に育てあげたボス)の家に招かれ、この料理を彼とポール・カステラーノ(ガンビーノ一家のボス)のために作ったこともある。 まずは、フライパンにオリーブオイルをひいて、トマトを入れる。 そこに刻んだタマネギを、そしてニンニク、生ハムを投下。 ニンニクは水分のあるトマトの後に入れるのがコツだ。 フライパンで直接炒めて黒こげになってしまうのを防ぐためにな。 トマトソースー隠し味には、オレガノ。 そしてパセリとバジル。 ナイフを使わず、手でちぎってやる。 そして水を加えながら焦げないようにソースをかき回して、最後にひとつまみの塩をふりかけて終了だ。 あとは、茹で上がったスパゲッティに絡めるだけ。 余ったソースは、パンにつけて食う。 20分で完了のお手軽レシピだ。 ソーシャルクラブではお馴染みの料理っていうわけさ。 H:ソーシャルクラブって何ですか? T:マフィアのメンバーが集まる溜まり場のようなところさ。 そこにはキッチンがあって食事担当のメンバーが、ミートボールやソーセージのヒーロー・サンドイッチ(イタリアンブレッドに具材を挟んだスタイル)、エッグプラント・パルメザン(ナス、トマトソース、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズを重ねたイタリア料理)、そして私の得意料理、プロズート・ポモドーロなんかを作っている。 自宅ではソース作りに3時間かけることもできるが、ソーシャルクラブではささっと作れるものがいい。 なんせ、マフィアたちはカード遊びや葉巻を吸うのに忙しいから。 H:うおぉ、『グッドフェローズ』の裏庭ソーセージサンドイッチパーティーそのもの。 ちなみに同映画には、マフィアたちが監獄にも食材を持ち込ませて贅沢にステーキを焼くシーンがありますが、ステーキもマフィアには欠かせないですか? T:そうだ。 マフィアには行きつけの肉屋がある。 私の場合は、近所のイタリア人店主ミッチの肉屋だ。 彼は私のこと、そして私のようなワイズガイのことをよく知っている。 「ステーキ肉を3、4枚欲しい」と電話をすると、注文してから冷蔵室に行き、肉をカットしてくれるんだ。 調理する直前にカットされたばかりの肉は、しっとりとして柔らかく新鮮。 パック詰めされスーパーに並んでいる肉とは比べ物にならない。 それをミディアムレアに焼くのがモブ流だ。 200度の高温で片面4分ずつ。 高温・短時間で、肉がパサパサになるのを防ぐ。 味付けのソースはいらないさ。 血の滴るような赤い肉汁で十分だ。 H:マフィアの息子が話すと、ステーキの肉でもなんとも生々しく聞こえます…。 マフィアにはお抱え肉屋があるように、馴染みのレストランもあるとか。 T: ファミリーごとに、贔屓のレストランがある。 オーナーとは顔なじみだ。 だから、一般客が行列をなしているときでも、それをすっ飛ばして席に直行さ。 ナイトクラブでも、列を飛ばして一列前の特等席につける。 もっとも出張なぞで土地勘のない場所に来たときは、モーテルのキッチンで自分たちで料理するがな。 そしてマフィアは、こうべを垂れて自分でメニューを読むなんてことはしない。 ウェイター・キャプテンがメニューを読みあげてくれるんだ。 そんな彼らへのチップは、overwhelming(圧倒的)。 大抵、部下がボスの支払いを済ませる。 H:列を尻目に厨房から忍び込み特等席まで愛人の手を引く、レイ・リオッタを思い出します。 現に、ポール・カステラーノはお気に入りのステーキハウスに到着したなり射殺されてしまいました。 たとえばですが、たまたま敵のファミリーが同じレストランに居合わせてしまった、なんてことってあるのですか? T:そんな状況もあり得るな。 もちろんオーナーは、そこにガンビーノ一家、あそこにジェノベーゼー一家、ここにコロンボ一家がいるとはわかっている。 ただファミリー間で憎しみはあったとしても、オーナーに敬意を払うためレストランでは大人の対応をする。 トニーの父、ジミー(一番右)の食事会。 Photo via Tony Nap Napoli トニー、ラスベガス時代。 Photo via Tony Nap Napoli トニー、地元のレストランにて。 Photo via Tony Nap Napoli H:血の気が多いマフィアも、いざという時こそ海のように広い心を保つんですね。 テーブルマナーはありますか? T: テーブルでは、女性関係のトラブルなど女に関する相談はしないことだ。 そんなことは自分で勝手に片付けてくれ。 家庭問題は家から出さないこと。 マフィアの食事の席でのぼるのは、金銭問題や誰が殺られたという話だけだ。 食事の席は、上層部が集まりファミリー内外での金、喧嘩、ビジネスに関するいざこざを解決する場にもなる。 これをシットダウン(sit down)と呼ぶ。 ボスが上座に座り、問題当事者の代弁者がボスの近くに座る。 そして無事に問題解決されると、ワイングラスで、ア・サルーテ(イタリア語で乾杯)! H:マフィアの男は、外ではビジネス、交友のため食事の席につき、家庭では父として食卓を囲む。 T:そうだ。 外での食事会に家庭の話を持ち込まないように、家での食事にビジネスの話は絶対に禁物だ。 ストリートビジネスについての話を、子どもや妻の耳には入れたくない。 親父は昔、レストランでワイズガイたちとビジネス談義をしている日にも、夕飯どきの6時には家に電話を入れて、一家が食卓に無事ついているかを確認していたもんだ。 あとな、親父にビジネスのことについて聞くのはご法度だった。 たとえ朝食の食卓に置いてある新聞の一面に親父のことを書いた記事が載っていたとしても、おふくろから釘をさされていた。 「父さんには何にも言わないことよ」ってな。 〜トマトソース番外編〜グツグツの鍋に銃を一丁ぶち込んで〜 最後に、トマトソースにまつわる濃厚・珍エピソードを一つ。 トニーの祖母マリアが自宅キッチンでトマトソースをグツグツ煮ていると、慌てたフランキー・イェール(ニューヨークのギャングで、初期ゴッドファーザー)が息を切らして家に転がり込んできた。 「サツが俺の銃を探している! 早く見つけて隠さねえと!」。 咄嗟の思いつきでマリアは、銃を泡ぶく立てて沸騰するトマトソースの中に銃をぶち込んだ。 案の定やってきた警察が家宅捜索をする。 まさか、煮えたぎるトマトソースの中に銃が隠されているなんて微塵も思いつかない。 「今日のところは見逃すが、イェール、今度はタダじゃ済まないからな」と捨て台詞を吐いた警察官は、キッチンにあったイタリアンブレッドを一欠片掴み取り、あろうことか「おっと美味そうだ。 味見させてもらうぜ」と拳銃入りトマトソースをかすめとって、家を後にしたという。 血眼に探していた銃の油で煮立ったトマトソースは、さぞかし美味かったに違いない。

次の

マフィア梶田

マフィア 梶田 車

2014年10月25日 22時00分 マフィアの生活は映画のようにきらびやかなものではなく、実際には下水道の中のネズミのような暮らし By 犯罪組織やマフィアのメンバーといえば、大豪邸に住み、高級車を乗り回し、美女に囲まれて生活しているものと思われがちですが、これは真実からはほど遠いものであるそうです。 そんな知られざるマフィアの生活を、「 」でイタリア最大のマフィアである について言及したため殺害予告を受けることとなり、現在は警察の保護下で生活しているイタリア人ジャーナリストのロベルト・サビアーノ氏が明かしています。 Organized Crime Pays VICE United States 現代のマフィアは2つの目的のためだけに生活をしています。 その2つの目的というのは「権力」と「お金」です。 しかし、マフィアになったからといって望むものがすべて手に入るというわけではなく、末端の構成員は低い賃金しか得られません。 例えば、ナポリを拠点とするイタリア最大のマフィアであるカモッラや、同じくイタリア系マフィアの の一員になった場合、初めの賃金は月に2500ドル 約27万円 から4000ドル 約43万円 程度だそうです。 より多くの仕事をこなすようになれば、月収が6500ドル 約70万円 から1万3000ドル 約140万円 程度にまで増加、誰かしらの上司となれば月収は3万2000ドル 約346万円 から3万8000ドル 約410万円 にまで増えていきます。 そして、マフィアのボスを支えるような幹部ポジションにもなれば、月収は13万ドル 約1400万円 にまでふくれあがり、ボスの収入ともなればどれくらいの収入を得ているのかは想像もつかないレベルにまでふくれあがる、とのこと。 実際に、イタリア南部のマフィアであるンドランゲタの幹部クラスで構成されている秘密結社「La Santa」のメンバーは、月収が13万ドル程度であることが判明しており、ナポリの麻薬密売組織の幹部クラスの場合は月収が6万5000ドル 約700万円 から13万ドル程度だそうです。 一般的に、マフィアや暴力団などの犯罪組織には多くの構成員がいると思われがちですが、構成員のほとんどは大金も稼げず苦しい生活を強いられているそうです。 しかしそういった構成員の影で、俗に言う を任された幹部構成員やボスが大金を稼いでいるというわけ。 By また、マフィアとなればお金以外に車や土地、株式などあらゆる特典も得られるそうです。 さまざまな福利厚生も適用されるそうで、例えば障害のある子どもを持つマフィアの構成員は、基本給がアップすることもある、とのこと。 そしてマフィアらしい手当としては、「死亡手当」というものも存在します。 これは、マフィアの構成員が死んだ場合に、その親族に金銭が支給されるというもので、幹部クラスの構成員が死ねばその家族には13万ドル 約1400万円 から26万ドル 約2800万円 が支払われる、とのこと。 さらには「刑務所手当」と呼ばれるものも存在し、あるマフィアの場合は10年以上の刑を受ければ家族に月々4000ドル 約43万円 の手当が支払われるそうです。 さらに、例えばヒットマンがターゲットを殺害した場合は捜査機関や報復から逃れるために、直ちに安全な場所へ移動できるようなシステムも存在します。 これについては、ナポリでターゲットを殺害したヒットマンが、ナポリからスロヴァキアに派遣されたことで捜査機関の手を逃れられた、という実話がその例として挙げられています。 By これだけ聞くと「マフィアは給料も待遇も良いのか」と思ってしまいますが、マフィアや犯罪組織で働く場合は、自分が生きるためにさまざまな投資をする必要もあり、自分の親族を守るためにさらにお金を費やす必要性も出てきます。 こういった「身を守るための投資」はマフィアにとって当たり前のことで、組織の末端構成員の場合はそういった投資で金銭的に厳しい状況に追い詰められ、しまいには泥棒に手を染める人もいるそうです。 しかし、イタリアンマフィアが強盗を犯すことは非常にまれなことで、それは「強盗」や「売春」などはマフィアの中でも汚い、尊敬すべきでない仕事と考えられているからです。 これは、そんな汚い仕事である強盗にも手を染めなければいけないくらいに、マフィアはさまざまなところでお金を費やす必要性に迫られる、ということでもあります。 マフィアが多くのお金が必要になってくる例としては、メディアや警察からの圧力が親族にかかり、引っ越したり身を隠したりする必要性が出る場合や、クリスマスにマフィアの親族という理由から通常価格の2倍以上の値段でしかクリスマスケーキを販売してもらえなくなる場合などさまざまです。 このように、マフィアという仕事にとっては構成員や親族の安全が最も重要なものであるようで、それを守るには想像以上のお金が必要になるようです。 By マフィアとしてのし上がるには運も必要で、もちろん軍事的な才能や経営ビジョンがなければマフィアのボスになることは不可能、とサビアーノ氏。 上手く仕事をこなせばその分報酬も弾みますが、ミスをすれば長い間牢屋で過ごすことになったり、ヘタをすれば死ぬこともあるので映画やフィクションの中のかっこいいマフィアが全てではありません。 なお、サビアーノ氏はマフィアの生活を「ものすごくわびしく、ほとんど僧院のような感じ。 マフィアのボスでさえ下水道の中のネズミのような暮らしをしている」と表現しています。

次の