渡辺 エンターテインメント。 ワタナベエンターテインメント九州事業本部

株式会社 ワタナベエンターテインメント:グループ会社一覧:渡辺プロダクション

渡辺 エンターテインメント

名古屋には愛知県・岐阜県出身者で構成され、地元の人々から愛されるボーイズグループMAG! 100人いたら100通りの「プロデュース」。 をテーマに、様々な角度から一人ひとりの個性や可能性を見極めて芸能界にマッチングするようプロデュース。 ワタナベエンターテイメントスクールは、エンターテイメントを単なるビジネスとして捉えるのではなく、人々に夢や希望、すなわち生きることの素晴らしさを教えてくれる、人間にとってなくてはならないものと考えます。 それ故に、この素晴らしいエンターテイメントを創造するためには専門技術だけではなく、コミュニケーション能力やセルフプロデュース能力、そしてフレキシブルな対応力など、さまざまな能力が必要であると考えます。 そして、それらのスキルはエンタメのみならず、社会の中でのあらゆる役割に必要な能力です。 これからの日本をより良い国にする為に大切な事を、エンタメを通じて学べる学校なのです。 自分のなりたいものが見つからないこの時代、夢を持つことが最高に素晴らしい体験になります。 その夢に対して早期から取り組める環境をつくることは、夢実現に向けてのサポートだけではなく、 人間形成においても大きく寄与できると考えています。 このようにワタナベエンターテイメントスクールは、エンターテイメントの本質の理解を深め、 自分自身に誠実で、作品と作品を共に作る仲間を大切にし、 人間として価値のある生き方を追求する人材の育成を目的としています。

次の

WES・ワタナベエンターテイメントスクール名古屋校

渡辺 エンターテインメント

この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年3月) 渡辺プロダクション(ナベプロ )時代は、有力を多数抱え、も多数制作。 からに掛けて渡辺プロが放送タレント業界の最大手であった。 であったと妻のは、所属タレントに仕事を斡旋し出演料の一部を受け取るだけであった芸能プロの仕事を変革した。 当時、邦盤の制作・流通はレコード会社が一手に引き受けていた中、自社の資金で「」を制作。 これは芸能プロが原盤を制作した第1号となり、その後のレコード業界の改革へと繋がり日本の知財ビジネスを発展させた。 他にも、テレビ番組や映画を自社で制作し、レコードの原盤制作収入だけでなく、番組制作費、興行収入が入ってくるようにし、戦後の新しい芸能ビジネスのスタイルを作った。 、池田道彦、、諸岡義明、らの著名芸能プロダクションの社長や、、もかつてナベプロやその系列のプロダクションの社員だった。 沿革 [ ] 2000年• 10月24日 株式会社渡辺プロダクション創業のベンチャースピリットを継承しながらも、メディアの多様化する21世紀のエンターテインメントに既成の枠を超えて臨むべく、渡辺プロダクションからマネージメント部門を分離させ株式会社ワタナベエンターテインメントを設立 2001年• 6月1日 ライブハウスFAB. をオープン• 10月20日 初の制作映画となる「」を公開。 原作は所属タレントであったの同タイトルの自伝であり、社会現象を巻き起こしダブルミリオンセラーを記録した 2002年• 8月 音楽、笑い、ダンス、感動すべてが融合したライブエンターテインメントショー「OUT OF ORDER」を上演。 横浜ランドマークホールを中心に、1年間合計78回というロングラン公演を行い、約37,000人の観客動員を記録した• 8月2日 ビスケット・エンターティメント、ワタナベ・デジタル・メディア・コミュニケーションズと会社統合(後者は後に再分社) 2004年• その他、後記の育成部門をとして開校。 卒業生として、、、、、、、、、などを輩出している• 7月27日 第1回オーディションを開催。 、が初期メンバーとして所属、その後も定期的に様々なオーディションを開催し、、、らを発掘した。 現在、若手俳優の登竜門となっているには、第一期の主人公役、初代、2代目を皮切りに、初期より多数のメンバーが出演。 また、特撮番組などへの出演経験者も多い• 8月 ライブエンターテインメントショー「OUT OF ORDER 笑うな!」青山劇場にて上演• 10月1日 ワタナベコメディスクール、ワタナベエンターテイメントスクールを開校 2006年• 3月2日 財団法人渡辺音楽文化フォーラムの理事でもある同社社長の渡辺ミキが、「」を発案。 当時、エンターテインメント系のプロデュサーを表彰する賞は存在しておらず、大衆に夢と希望を与え続けた今日のエンターテイメント業界において、優れた業績を残した新進のプロデューサーを選出、渡辺晋の誕生日である毎年3月2日に授賞式を執り行っている• 5月3日 タイタン、プロダクション人力舎、サンミュージック、マセキ芸能舎、太田プロダクション、レントラックジャパンの7社アライアンスで、お笑いDVD制作会社「」設立• 5月26日~27日 渡辺プロダクション50周年記念事業の一環として、フジテレビ系列2夜連続スペシャルドラマ「」が制作される 2007年• 3月 舞台「OUT OF ORDER ~偉人伝心~」青山劇場にて上演。 初日公演を安倍晋三首相と昭恵夫人が観劇した• 4月 D-BOYSメンバーのみが出演する舞台「D-BOYS STAGE vol. 1完売御礼」を上演。 11公演で約7000人もの観客を集め大成功を収めた• 7月 渡邊晋・美佐夫妻の夢と恋を描いた長編ミュージカル「ザヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」(ル・テアトル銀座)を企画制作• 7月23日 地方発のエンターテインメント目指し、先代渡邊晋社長生誕の地である福岡に「九州事業本部」開設。 それまで東京で活動していたやなどが九州支部に異動したほか、九州地方でも所属タレントのスカウトを行っている 2009年• 3月 ミュージカル「ザヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」(ル・テアトル銀座)再演 2010年• 8月1日 ライブハウスFAB. をリニューアルし、ライブスペース「Omotesando GROUND」オープン 2012年• 2月1日 「関西から日本を元気に!」をキャッチフレーズに関西事業本部を開設。 関西版D-BOYSの立ち位置として、関西を拠点に活動する劇団プロジェクト「」を立ち上げる• 10月1日 ワタナベエンターテインメントスクール福岡校開校 2014年• 11月1日 名古屋事業本部を発足• 12月 D-BOYS 10th Anniversary Dステ15th「駆けぬける風のように」にて、同社所属の和田正人が平成26年度演劇部門新人賞を受賞 2015年• 4月1日 渡辺高等学院を開校 2016年• 4月1日 渡辺高等学院/ワタナベエンターテイメントスクール名古屋校を開校• 2月 Dステ18th「宮本武蔵(完全版)」が、第24回優秀作品賞を受賞 2018年• 4月1日 ドラマ制作部門を発足。 自社制作の映画・ドラマのプロデュースに本格的に取り組む。 松竹と共同で映画「」 2020年公開予定 の製作総指揮を務める 2019年• 4月1日 渡辺ミュージカル芸術学院、渡辺大阪芸術学院/渡辺高等学院大阪校を開校• 6月 の日本語版公演を企画、プロモーション、プロデュース フジテレビとナベプロ [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年3月) とナベプロは古くからパイプが太いことでも知られている。 その端緒は、同局開局数か月後に放送開始した「」と言われている。 また渡辺プロ会長およびワタナベエンタ社長と、フジテレビのバラエティ班で長らく活躍した現ワタナベエンタ会長とが夫婦であることもフジテレビとの太いパイプを象徴している。 フジ日曜12時枠の番組(現在は「」。 過去の番組としては「」「」など)は、のスタッフロールの最後の部分が、「フジテレビ」ではなく「制作・著作 ワタナベエンターテインメント(分社前は渡辺プロダクション)」になっている。 また、ナベプログループのも、「」や主演の番組では、フジテレビがイザワオフィスに制作を依頼した経緯により、イザワオフィス制作としている。 キー局系の番組で、制作者が放送局名義でないことは現在では珍しく、ナベプロの存在感を示す一例といえる。 主な製作参加番組 [ ] フジテレビ系列番組 [ ] 2020年4月現在放送されている番組 [ ]• また同社所属のタレントで予備校講師のもレギュラー扱いで解答者や問題解説者として出演している。 (2010年〜) 年2 - 3回程度放送のスペシャル番組で、「新春かくし芸大会」の事実上の後継番組。 共通の趣味・特技を持つ数名の芸能人が、ピアノや100m走、剣道など各競技のナンバーワン(TEPPEN)を争う。 総合MCはネプチューン。 (2018年4月1日〜) 全国各地にある街道を訪れ、周辺をなりゆき任せで散策する旅行バラエティ番組で、同社所属のお笑いコンビ・のがMCを務めている。 林先生が世の中のギモンを徹底解説 よくわかる!なっとく授業(2017年8月~、BS朝日) あらゆる分野に精通する林修が、世の中のギモンを徹底解説する番組。 年1回程度の放送。 過去放送していた番組 [ ]• (1964年〜2010年) 「新春ポピュラー歌手かくし芸大会」として始まった第1回より現在まで製作を担当。 尚、最初期にはも担当していた。 (1959年〜1970年) 当時フジテレビの社員であったすぎやまこういちがディレクションを手がけた。 初代司会は、所属タレントだった。 レギュラーとして売り出し中のが出演。 フジテレビとの強固な関係を築く土台となった。 その後も、と司会者にはナベプロ専属タレントが当り、まさにナベプロを代表するテレビ番組であった。 (1976年〜1988年) 「家族対抗ドレミファ大賞」をする形でスタートしたクイズ番組兼音楽番組。 司会はほか。 現在も「イントロ大作戦」等の名称で、司会によるスペシャル番組として継続中。 (1999年4月〜2018年3月) ゲストである各界著名人の出身地や縁の地を練り歩く全編ロケーション形式のトークバラエティ番組。 司会は、同社所属タレントのと、、が務めていた(久保は同社所属タレントではなかった)。 その他の主な系列番組 [ ] 2019年4月現在放送されている番組 [ ]• (2015年4月〜、TBS系 ) や教育論をメインテーマにした情報バラエティ番組で、林修の冠番組(番組の進行役 は同社所属ではない (女優・モデル)が務めている)。 スタジオパネラー兼不定期コーナーのMCとしてハライチの澤部佑がレギュラー出演している。 また番組初回から2019年1月まではエンディングテーマに同社所属の女性ボーカルグループ・のシングル曲が使用されていた。 林修がレギュラーパネリストとして出演している(MCは同社所属ではないが務めている)。 林先生のなるほど! 社会見聞録(2019年2月〜、テレビ朝日系) ゲストパネラー3〜4名が毎回定められたテーマ (主に農業関係 )について取材し報告。 それを基に林がスタジオで詳しく解説を行うバラエティ番組で林修の冠番組。 年1回程度の放送で「」枠 にて放送。 過去に放送していた番組 [ ]• (1961〜1972年、系) 、の2枚看板が大活躍した。 最後にはもレギュラーとなる。 (1969年〜1971年・1971年〜1985年、系) が大活躍し、放送当時の子供達を中心に絶大な人気を博したバラエティ番組。 公開生放送。 (1971年、TBS系) 「8時だョ! 全員集合」の第1期が終了後、同番組の第2期までの間にとして放送されたハナ肇とクレージーキャッツがメインのバラエティ番組。 (1971年、日本テレビ系) 「8時だョ! 全員集合」の第1期終了後に始まったザ・ドリフターズがメインのバラエティ番組。 番組フォーマットは「全員集合」と似ていた。 (1973年、NETテレビ(現・)系) 同番組の司会はかくし芸の司会者でもある• レギュラーは、(伊東はナベプロ所属ではない)、、ほか。 「電線音頭」・「シラケ鳥」などのギャグが流行する。 50周年イベント [ ] 2005年12月23日より2006年1月15日まで、にあるで、「渡辺プロダクション創立50周年企画 「抱えきれない夢」 日本のエンターテインメントの50年」が開催された。 会場では、過去のタレントを中心に、現在所属のタレントの資料も一部展示されていた。 その後、2006年8月9日より9月4日までので、また同年12月より2007年1月4日までのでも開催された。 同年8月16日より8月28日まで東京都ので開催された。 ワタナベお笑いNo. 1決定戦 [ ] からは、ワタナベ所属のお笑いタレントを対象とした大会『ワタナベお笑いNo. 1決定戦』が行われている。 「 presents」として行われ、Abema TVで生中継も行われる。 審査は審査員票、客席票、インターネット票を総合して行われる。 この大会の各回決勝戦の詳細は以下の通り。 2016年• 会場 - 伝承ホール• MC - 、• 決勝進出者 - 、、、、、、、、、、、、、、(シード枠)、(シード枠)• 最終決戦進出者 - あばれる君、ブルーリバー、笑撃戦隊、しんのすけとシャン• 優勝者 - 笑撃戦隊 2017年• 会場 - 新宿• MC - 、()• 決勝進出者 - 我が家、、、、、笑撃戦隊、あばれる君、、ロッチ、ゴールデンエイジ、アントワネット、• 最終決戦進出者 - サンシャイン池崎、笑撃戦隊、ロッチ• 優勝者 - ロッチ 2018年• 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール• MC - ふかわりょう、• 決勝進出者 - サンシャイン池崎、あばれる君、超新塾、、ブルゾンちえみ with 、ロッチ、Aマッソ、、、、笑撃戦隊、、アンガールズ、、ハナコ、• 最終決戦進出者 - サンシャイン池崎、土佐兄弟、四千頭身、ハナコ• 優勝者 - ハナコ 2019年• 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール• MC - ふかわりょう、平野ノラ• 決勝進出者 - サンシャイン池崎、ハライチ、ブルゾンちえみ with B、、土佐兄弟、Aマッソ、、、アンガールズ、ロッチ、ハナコ、超新塾• 最終決戦進出者 - ハライチ、Aマッソ、ハナコ• 優勝者 - ハナコ 2020年• 会場 - 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール• MC - ふかわりょう、(AKB48)• 決勝進出者 - サンシャイン池崎、我が家、、Gパンパンダ、Aマッソ、、、土佐兄弟、、、、四千頭身• 最終決戦進出者 - Gパンパンダ、Aマッソ、はなしょー• エキシビション出演 - ハナコ• 優勝者 - はなしょー 所属タレント [ ] 「」を参照 グループ会社 [ ]• ワタナベエンターテイメントカレッジ、ワタナベコメディスクール、ワタナベエンターテイメントスクール(東京校、福岡校、名古屋校)、渡辺高等学院(東京校、名古屋校、大阪校)、渡辺ミュージカル芸術学院、渡辺大阪芸術学院• 株式会社マニア・マニア ワタナベエデュケーショングループの経営、建物管理• アーティストの発掘育成・マネージメント、ラジオ、テレビ番組、映画、イベント等のコンテンツ制作• 株式会社OF COURSE オールジャンルのマルチな才能をサポートするエージェント業務• 各種エンターテインメントコンテンツの企画制作、コンサルティング・アドバイザー業務、プロデュース・マネージメント・執筆・講演の請負等• DVD、CDなどの制作、製造及び販売、演劇、音楽、映画及びテレビ、ラジオ番組の企画、制作、インターネットによる音楽、動画、映像の配信に伴う企画、制作販売、管理業務 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• お笑いナタリー 2016年2月4日. 2020年2月18日閲覧。 お笑いナタリー 2017年2月23日. 2020年2月18日閲覧。 お笑いナタリー 2018年2月19日. 2020年2月18日閲覧。 お笑いナタリー 2019年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 お笑いナタリー 2020年2月17日. 2020年2月19日閲覧。 関連項目 [ ]• - かつては、やなども所属していた。 外部リンク [ ]• - チャンネル• - Twitterアカウント• - アーティストのグッズが購入できるオンラインショップ• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の

渡辺美佐 (芸能事務所社長)

渡辺 エンターテインメント

現在の関係者 [ ] 凡例 [ ]• 【名】:名古屋事業本部所属• 【西】:関西事業本部所属• 【九】:九州事業本部所属 渡辺プロダクション [ ]• 代表取締役会長• 代表取締役社長• 代表取締役副社長• 専務取締役 男性タレント [ ]• 【西】• 女性タレント [ ]• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【名】• 【名】 お笑いタレント [ ]• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】• 【九】 主なJr所属芸人• ミュージシャン [ ]• キッズ(子役) [ ]• 九州事業本部専属 [ ]• 【九】 過去の関係者 [ ]• 過去に所属していたタレント [ ] あ行 [ ]• か行 [ ]• さ行 [ ]• た行 [ ]• な・は行 [ ]• ま・や・ら・わ行 [ ]•

次の