コーン スネーク。 コーンスネークの特徴や飼い方、エサ、飼育用品などを解説

コーンスネークってどんなヘビ?|知らないといけない生態と特徴

コーン スネーク

Contents• 大きい?小さい?コーンスネークの大きさ 1. 2メートルのヘビといわれてもあまりイメージしにくいかもしれませんが、ヘビ全体で見渡すと、中型~やや小型、くらいの大きさになります。 ハンドリングする際、コンパクトに持てば片手で持てる大きさです。 爬虫類専門店に行けば、アダルトサイズのコーンスネークを1匹くらいは飼っているものなので、ぜひ実物を見て参考にしてください。 この大きさも、コーンスネークが飼いやすい理由のひとつです。 あまり小型のヘビだと、ベビーサイズが小さすぎてピンクマウスも食べられない、ということになります。 コーンスネークでも、小さめに生まれてしまった個体はピンクマウスでも大きすぎて食べられません。 もちろん、大型のヘビは餌の用意がたいへんですし、力が強いので扱いに注意が必要です。 コーンスネークくらいの大きさなら、特に工夫しなくても市販されているマウスで飼育することができ、持て余すような大きさにもなりません。 コーンスネークの大きさは、小さすぎず大きすぎない、ヘビとしてはちょうど飼いやすい大きさなのです。 スポンサードリンク コーンスネークの成長は早い? コーンスネークが特別に成長の早いヘビ、ということはありませんが、生後1年間はかなり早く成長します。 人間と同じで、ベビーの頃に成長期があるのです。 ショップで販売されえているのはだいたい生後数ヶ月のベビーで、太さは1センチないくらい、小さめのピンクマウスが飲めるくらいの大きさです。 順調に育てば、1年後には倍くらいの大きさになります。 このころから、成長がゆっくりになっていきます。 私がコーンスネークの餌やりについて質問を受けた際、「ベビーには高頻度で、生後1年を過ぎたら減らしましょう」と答えているのはこのためで、成長期を過ぎたヘビにはそこまでたくさん餌を与える必要がないのです。 成長がゆっくりになるとはいえ、生後1年以降も成長は続きます。 だいたい生後2年たてば、ほとんどアダルトサイズといえるでしょう。 この頃には1メートルを超えているはずです。 コーンスネークを飼い始めるのはどの大きさがいい? ショップで店頭に並んでいるコーンスネークは、前述の通り生後数ヶ月のベビーサイズである場合がほとんどです。 ところが、タイミングやショップによっては、サブアダルト以降の大きめサイズのコーンスネークが販売されていることもあります。 また、ブリーダー図マーケットなど展示即売イベントに行くと、ショップでは見かけないくらい小さな個体が販売されていることもあります。 初めてヘビを飼う人にオススメのサイズとしては、生後1年くらいのサイズです。 ここまで育っていれば、ある程度低温にも強く、餌食いも順調で育てやすいヘビになっているはずです。 生後3ヶ月未満のベビーだとピンクマウスのSSサイズも食べることができず、餌で苦労することになります。 サブアダルト以降の大きめサイズのヘビも飼いやすいのですが、ここまで大きくなってしまうとやることがなさすぎて、ヘビを飼う楽しさが分からないかもしれません。 もし手に入るのなら、生後1年程度の個体から飼い始めることをオススメします。 コーンスネークの大きさの平均は?【まとめ】 コーンスネークは成長しても1. 2メートル程度と、ヘビとしては扱いやすい大きさです。 初めてヘビを飼う方には大きさのイメージがつきにくいと思いますので、まずはショップなどで実物を見せてもらい、ヘビの大きさを実感してみましょう。 スポンサードリンク•

次の

コーンスネークを飼育しよう!コーンスネークの値段・特徴・飼育方法を紹介!!

コーン スネーク

Contents• コーンスネークの飼育に湿度は気にしなくてもいい? 基本的に、ヘビは特に湿度管理を気にしなくてもいい生き物です。 コーンスネークでも同じで、たとえば毎日霧吹きをしたり、土など湿度を保つような床材を敷いたりしなくても、乾燥状態で飼育できます。 ただし、水入れの大きさに注意しましょう。 飼育している個体がとぐろを巻いた状態で、全身が浸かる大きさの水入れを入れてやります。 脱皮前など、湿度が必要なときは自分で水入れに浸かり、水分をとるようにします。 そういった意味でも、コーンスネークは管理の楽な生き物といえるでしょう。 もちろん、水入れに水が入っていないと意味がないので、水入れを倒したりして中の水がなくなっていないか、毎日チェックしましょう。 また、ヘビはにおいに敏感な生き物なので、古い水のにおいを嗅ぎ分け、気に入らないと水を飲まなくなったり、水入れに入らなくなったりします。 脱水症状や脱皮不全の原因になるので、水入れにはいつも新鮮な水を入れておきましょう。 スポンサードリンク ベビーにはウェットシェルターを 実は、私は自分でコーンスネークのベビーを飼育するのにウェットシェルターを使ったことはありません。 あくまで、あれば安心、というものです。 ベビーサイズのコーンスネークは、過度の乾燥と脱水に弱い面があります。 そのため、ヒョウモントカゲモドキの飼育などで使われる素焼きのウェットシェルターを置くといいでしょう。 トンネル状の構造で、上面には水皿がついています。 ここに水を入れておくと、素焼素材から水が染み出し、シェルター内部の湿度が保たれる仕組みです。 ベビーサイズなら、ウェットシェルターの水皿で全身が入るので、使って損はないと思います。 コーンスネーク飼育時の温度管理はパネルヒーターで ここまで湿度についてご紹介してきましたが、温度についても触れておきます。 コーンスネークは元々、北米原産のヘビで、日本とあまり気候の変わらない場所に生息しています。 特に、ヘビそのものが熱効率のいい構造をしていて、長い体のどこか一箇所が温められると全身が温められるようにできています。 逆に、ヒーターを設置しないと、餌を食べた後に消化できず消化不良を起こすことがあります。 エアコンで保温している部屋であっても、パネルヒーターは設置しておきましょう。 コーンスネークの湿度や温度の管理方法!【まとめ】 ヘビはとてもシンプルに飼える生き物です。 ただし、この2つについては「あったほうがいい」というレベルではなく、「なければならない」ものなので、必ず用意してやりましょう。 スポンサードリンク•

次の

コーンスネークの【湿度】や【温度】の管理方法!

コーン スネーク

Contents• 大きい?小さい?コーンスネークの大きさ 1. 2メートルのヘビといわれてもあまりイメージしにくいかもしれませんが、ヘビ全体で見渡すと、中型~やや小型、くらいの大きさになります。 ハンドリングする際、コンパクトに持てば片手で持てる大きさです。 爬虫類専門店に行けば、アダルトサイズのコーンスネークを1匹くらいは飼っているものなので、ぜひ実物を見て参考にしてください。 この大きさも、コーンスネークが飼いやすい理由のひとつです。 あまり小型のヘビだと、ベビーサイズが小さすぎてピンクマウスも食べられない、ということになります。 コーンスネークでも、小さめに生まれてしまった個体はピンクマウスでも大きすぎて食べられません。 もちろん、大型のヘビは餌の用意がたいへんですし、力が強いので扱いに注意が必要です。 コーンスネークくらいの大きさなら、特に工夫しなくても市販されているマウスで飼育することができ、持て余すような大きさにもなりません。 コーンスネークの大きさは、小さすぎず大きすぎない、ヘビとしてはちょうど飼いやすい大きさなのです。 スポンサードリンク コーンスネークの成長は早い? コーンスネークが特別に成長の早いヘビ、ということはありませんが、生後1年間はかなり早く成長します。 人間と同じで、ベビーの頃に成長期があるのです。 ショップで販売されえているのはだいたい生後数ヶ月のベビーで、太さは1センチないくらい、小さめのピンクマウスが飲めるくらいの大きさです。 順調に育てば、1年後には倍くらいの大きさになります。 このころから、成長がゆっくりになっていきます。 私がコーンスネークの餌やりについて質問を受けた際、「ベビーには高頻度で、生後1年を過ぎたら減らしましょう」と答えているのはこのためで、成長期を過ぎたヘビにはそこまでたくさん餌を与える必要がないのです。 成長がゆっくりになるとはいえ、生後1年以降も成長は続きます。 だいたい生後2年たてば、ほとんどアダルトサイズといえるでしょう。 この頃には1メートルを超えているはずです。 コーンスネークを飼い始めるのはどの大きさがいい? ショップで店頭に並んでいるコーンスネークは、前述の通り生後数ヶ月のベビーサイズである場合がほとんどです。 ところが、タイミングやショップによっては、サブアダルト以降の大きめサイズのコーンスネークが販売されていることもあります。 また、ブリーダー図マーケットなど展示即売イベントに行くと、ショップでは見かけないくらい小さな個体が販売されていることもあります。 初めてヘビを飼う人にオススメのサイズとしては、生後1年くらいのサイズです。 ここまで育っていれば、ある程度低温にも強く、餌食いも順調で育てやすいヘビになっているはずです。 生後3ヶ月未満のベビーだとピンクマウスのSSサイズも食べることができず、餌で苦労することになります。 サブアダルト以降の大きめサイズのヘビも飼いやすいのですが、ここまで大きくなってしまうとやることがなさすぎて、ヘビを飼う楽しさが分からないかもしれません。 もし手に入るのなら、生後1年程度の個体から飼い始めることをオススメします。 コーンスネークの大きさの平均は?【まとめ】 コーンスネークは成長しても1. 2メートル程度と、ヘビとしては扱いやすい大きさです。 初めてヘビを飼う方には大きさのイメージがつきにくいと思いますので、まずはショップなどで実物を見せてもらい、ヘビの大きさを実感してみましょう。 スポンサードリンク•

次の