アジング 季節。 アジングのシーズン

アジングのシーズンとアジの生態を7項目で解説

アジング 季節

アジングとは アジングとはルアーを使ってアジを釣ることを言います。 アジは通常オキアミやコマセなどのエサを使って釣る手法が一般的ですが、アジングではエサの代わりにワームの形をしたソフトルアーとジギングを利用します。 エサを使わずにアジを釣るのは一見初心者には難しそうに思えるが、実は釣りを始めたばかりの人でも簡単に始めることができます。 生のエサを使わない分、手を汚す心配がないほか、虫を見るのが苦手な女性にもアジングはおすすめの手法です。 アジングの魅力 アジングの魅力はなんといってもその手軽さにあります。 もともとアジは釣りやすい時間帯やポイントなどが明確になっているため、釣りの初心者でもすぐに取りやすい魚ではあります。 けれどイソメやオキアミなどのエサを使うのが一般的なイメージ担っている分、特に女性からは敬遠されがちです。 アジングではエサを使わないが、アジそのものの釣りのしやすさには影響がないため、正しい基礎知識をもって始めれば誰でも手軽に始められるのがアジングの最大の魅力です。 アジングの注意点 アジングをする際には釣りをする時期や場所、道具選びに注意が必要です。 アジはいくつかの種類に分けられますが、食卓に並ぶことの多い種類はスズキ目アジ科のマアジと呼ばれる種類です。 全国各地に生息しているため場所は限定はされないが、光に集まるエサを求める傾向があるため、堤防など夜間にある程度光があるところが良いとされています。 また、アジのバイトに要する時間は非常に短く、できるだけフックをかかりやすくし、アタリを見逃さない工夫を道具に施すことも必要です。 アジングのおすすめの季節 アジングをするのにおすすめの季節は秋〜冬です。 アジは冬〜初夏にかけて交尾・産卵をするため、夏〜秋にかけて生まれたアジが成長します。 そのため、秋〜冬はそのアジ達が成長し、成魚となった大型のアジを狙うのに一番適した時期と言えます。 成魚となったアジは全長50m程になることもあり、大物を狙うのであれば秋〜冬を狙いましょう。 一方で、多少小さくても数を釣りたい人は夏〜秋でも十分にアジングを楽しむことができます。 アジングは持ち物がコンパクト アジングとは比較的軽微な装備で望める釣りのスタイルでもあります。 ジグヘッドも1gや2g程度の重さのものが使え、アジング専用の軽量で小型のスピニングリールやロッドが各社メーカーから出ているため、持ち物が非常にコンパクトで済むのが魅力の一つです。 アジングに必要な持ち物を以下の6つのポイントから解説します。 ロッド• リール• ジグヘッド• シンカー• リーダー• ワーム アジング専用ロッド アジングのタックルは比較的軽く、その軽さから釣り初心者からも人気な魚です。 しかし、アジは軽いタックルを使う上にバイトの時間も短いため、アタリを逃しやすいのが難点です。 アジを釣り上げるためにはアタリを敏感に感じ取る必要があります。 アタリにいかに早く反応するかは技術や経験値も大事だが、もっとも簡単に改善できるのがロッドです。 ロッドにはアジング専用のロッドが市販されています。 初心者はアタリの感度が良い短め(4ft-6ft)を、遠くに投げたい場合はロングロッド(6ft以上 を選ぶようにしましょう。 小型のスピニングリールがおすすめ アジングのリール選びには操作性が高く、感度の良いものを選びましょう。 操作性と感度を求める場合、軽量な小型スピニングリールを使うのがアジングのセオリーです。 アジのようなタックルの軽いアジを釣るには、何にも優先してアタリの感度が重要です。 小型のスピニングリールを使うことで素早いフッキングが可能になります。 さらに、軽量な小型スピニングリールは長時間のアジングでも疲労を感じにくく、集中力も途切れにくいのがメリットです。 ジグヘッド スタンダードのアジング用のジグはラウンド型ジグです。 水抵抗を受けにくい形状であり、着底が取りやすいことから初心者から上級者まで使えるジグになります。 先細型のジグはワームに直接水流があたるため、ワームにアクションを加えやすいのが特徴で、中級ー上級者向けのジグです。 ダート型のジグは先が矢の先のような三角形上の形をしていて、ワームが左右上下にぴょんぴょんと動くようなアクションを加えることができます。 水流ではなく釣り手の動作で動かす頃から、上級者向けのジグヘッドです。 シンカー ジグの飛距離を調整する役割を持つシンカーは、様々な場面で活躍します。 ウエイトが重いシンカーはその重みを利用して、より遠くにジグを飛ばすことができます。 反対に、ウエイトが軽いシンカーは根がかりを回避しつつ、ジグ単体で飛ばすよりも広範囲に遠くに飛ばすことができます。 また、ウエイトの重みが上がるほどジグが遠くへ飛ぶ力も強くなるため、雨風がある日は重いシンカーを選ぶことで逆風に負けずにジグを遠くに飛ばすこともできます。 ワーム ワームは直接アジが口にする部分のため、アジングの用具選びの要となる一つである。 一般的にアジングでは1. 5-3インチのワームが好まれている。 その形状にはまっすぐな形をしたストレート型、尻尾部分が細くなっているピンテール型、尻尾部分がひれ状になっているシャッドテール型、尻尾部分が二股に割れるなどの特殊な形状をした特殊形状型とある。 定番のストレート型以外はそれぞれ水の中で独特な動きをするため、ストレート型でなかなか釣れないときに変化を加えるときに使うと良いでしょう。 アジングは夜にも釣れる アジングは夜でも問題なく行うことができます。 その理由は、アジが好むエサが集まる場所にあります。 アジがエサとするオキアミなどのプランクトンは光に集まる習性があるので、当然それを食べるアジも結果的に光に集まってきます。 日中は太陽光でまんべんなく光が当たるため、アジングをするときには光を気にする必要はないが、夜になると状況が変わります。 漁港や堤防には大概足元が見えるようにランプがつけられているため、その光にアジは集まりやすく、その結果夜であってもアジングができるのです。 アジングおすすめアクション アジングをする時のアクションは、基本的には投げて、テンションを張ったままアタリを待ち、アタリを感じたらその水深で上にチョンチョンと動かしたりシェイクしたり、ターゲットを誘うためのワームを動かす動作をするだけです。 とてもシンプルな動きなので、初心者でもすぐに覚えられるのがアジングのアクションの特徴です。 このアクションを行う上で気をつけたいのが、ジグヘッドとワームです。 サブマリンヘッドを使うことで、貫通力を保ちながら、手返しの良さが期待できます。 テンションを緩めなければ抜けることもありません。 ワームはアジフラッターを使うことで波動を感じることができます。 フグが噛んでもなかなか切れない程の強度をもっているため、魚がミスバイトしてもそのまま問題なく使えます。 アジはエサを吸い込むように口に入れるため、伸びやすく柔らかい素材を使ったワームが適しています。 素材が柔らかいため針に通しにくいが、一度はまれば抜けにくいのが特徴です。 アジング人気おすすめタックル アジング専用のタックルをもつことはアジングを楽しむために必要不可欠です。 ロッドやリールなど、コレだというパーツを選ぶのは簡単ではありません。 その分、自分の手にしっくりくるタックルになった時はその喜びも大きいでしょう。

次の

冬アジング!釣りにくい時期にバッカン山盛り釣った男の爆釣メソッド

アジング 季節

もくじ• アジングのシーズナルパターン アジはシーズンによって釣れるサイズが大まかに決定します。 そして、アジが捕食するベイトの種類も変化するので、ベイトに合わせてワームを変化させるアジングではシーズニングパターンが重要となります。 そこで、春夏秋冬のアジの行動パターンやその行動に合わせてアングラーはどのように対処すれば良いのかを解説していきます。 『春』アジのシーズンオフ期間 春はアジの釣果はいまいち。 お魚の恋の季節となる春はアジの産卵のシーズンです。 ただ、アジは水温の高い場所にいる餌を求めて移動する回遊魚。 まだ春は水温が冷たいのでアジの釣果はしぶしぶと言ったところ。 3月 まだ冬の寒さが残る3月は水中の温度が低いため、シーズン準備期間と言ったところ。 この時期のアジは根付きのアジを狙いましょう。 回遊性を持ったアジだけではありません。 環境が気に入るとその適した環境に住み続けるアジもいます。 根付きのアジは大きい個体が多い一方、海底でジッと動かないことも多いのでボトムを入念に探索してみましょう。 4月 ポカポカと温かい気温で春らしさを感じられるシーズン。 産卵前と産卵後の個体が入り交じるアングラーにとっては複雑な時期です。 産卵前のアジはバチ、アミ、シラス、イカナゴと様々な餌を食します。 これは産卵に備えるための行動。 この産卵前のアジは簡単に釣ることができるものの、産卵を終え、疲れたアジは餌を食べなくなります。 これはある程度の体力を回復するための行動。 この時期は産卵前のアジを上手く掴むことができれば釣果を望むことができるでしょう。 5月 このシーズンも産卵前と産卵後の個体が混じり合う時期。 アングラーにとってはアジングを行う上での複雑な時期だと言えるでしょう。 ただ、春終わりになると水温も上昇し、プランクトンが生息できる海水温度になります。 プランクトンを求め、漁港に侵入するアジも多いので気を抜かずに根気良くアジを探索してみましょう。 『夏』アジの数釣りが楽しめる季節 夏はアジの数釣りのシーズン。 このシーズンはアジが最も活発に動くシーズンで春に産まれた小さなアジが釣れるほかに他の海域から回遊してきたアジも釣ることができます。 ただ、釣れるアジは小さいサイズが多いので小さい針のサイズを利用しましょう。 6月 春の名残と夏の温かさで体はポカポカ。 この時期はから豆アジがポツポツと釣れるようになってきます。 豆アジはサイズが小さいので豆アジ専用のジグヘッドを利用すること。 豆アジは体が小さく吸い込む力も弱いので軽いジグヘッドを利用しましょう。 7月 夏の蒸し暑さでスッカリ夏の姿に。 梅雨が明ければ本格的な夏の始まりです。 この時期は豆アジのシーズン。 小ぶりではあるものの、漁港へと侵入する小アジも多いのでアジングがより活発化する時期です。 豆アジのベストシーズンだと言えるでしょう。 8月 少しサイズの大きいアジが入り交じる時期。 豆アジや小アジの数釣りが期待できる時期です。 豆アジ専用のジグヘッドを軸にサイズを調整しましょう。 このシーズンのアジは夜釣りがおすすめ。 時々、中型のアジも掛かるので気を抜けない時期です。 『秋』中型のアジを狙えるシーズン 秋はアジのベストシーズン。 小さかったアジもある程度の成長を遂げてシラスなどの小魚を捕食し始めます。 小魚に似せたメタルジグやワームにも好反応を示すシーズンでアジングに最適な季節です。 数、サイズ共にまずまずの釣果を上げることができるでしょう。 9月 食欲の秋。 読書の秋。 スポーツの秋。 秋はチャレンジする季節。 秋口であるこの時期はアジのサイズも程よく成長し、小型のアジから中型のアジを狙えるシーズン。 豆アジの姿はあまり見かけなくなる変わりに中型のアジを狙うことができるシーズンです。 10月 この時期はアジングのハイシーズンとも呼ばれる時期。 ある程度の成長を遂げたアジを釣ることができる絶好のシーズンです。 中型のアジが連続して掛かることも珍しくはありません。 アジの量も質も申し分のない時期であると言えるでしょう。 11月 少し冬の兆しである寒さを体感できるシーズン。 海水温の温度も低下する時期でもあるので安定した水温を好むアジにとっては住み辛くなります。 しかし、まだまだ、アジが釣れる時期でもあるので諦めずに狙ってみましょう。 『冬』大型のアジが狙えるシーズン 海水温の低下によってプラクトンが発生し辛くなる冬の季節。 冬のアジは餌を求めて温かい海域へと出かけます。 小さい個体も消えて沖へと旅立っていくシーズン。 アジングでは釣果が伸びにくい一方、環境に適応した大型のアジを釣ることができるシーズンです。 12月 すっかりと秋の涼しさは消えて寒さへと変わる時期。 アジは寒くなると温かい水温を求めて南下します。 ただし、南下するアジも入れば、その環境を気に入った根付きのアジもいるので、まだ水温の温かいポイントでは釣果を望むことができるでしょう。 1月 本格的な寒さと寒波が到来する時期。 この時期のアジは中型から大型のアジが狙えるシーズン。 アジの数は減るものの、整ったサイズのアジを釣ることができます。 キャロライナリグやフロートリグを利用して潮通しの良いポイントから深場や沖目を狙いましょう。 2月 まだまだ冬の寒さは続きます。 水温が低下し、アジの活性も低下していることでしょう。 より沖目へとキャストし、海底を軸として誘うことが良い釣果を得る秘訣です。 この時期は全体的に大きいアジを狙うことができるシーズンです。 尺アジを狙える時期でもあるので大型のアジを目的とする方は見逃さないようにしましょう。 アジングはオールシーズン楽しめる アジングではアジが回遊して来なければボウズに終わることがありますが、基本的にアジの回遊があればアジはオールシーズン釣ることのできるターゲットです。 春夏秋冬ごとに変化するアジの行動パターンで何かしらのヒントを得ることができればより良い釣果に結び付けることができるかもしれません。 是非、参考程度にアジングをお楽しみください。

次の

アジ釣りの時期・時間帯は?【アジング・サビキ釣りなど】

アジング 季節

冬のアジングの傾向 出典: 冬の時期は水温が低く気圧が低くなるため風が吹くことが多くアングラーにとっても釣りには厳しい季節です。 アジングも例外ではありません。 しかし釣りに行く漁港などの近場でもアジがいないわけではなく、いくつかの条件をクリアできていれば良型を爆釣することも可能なのです。 また冬のこの時期に釣れるアジは極寒期を乗り切るために脂肪分を蓄えているため食しても味もよく、釣れれば大型の尺アジに当たる確率も高い時期で、ベテランアングラーの中にはこの時期の大型のアジしか狙わないという人もいるほどです。 冬のアジングの釣り方 画像: アジングの冬の攻略には他の魚種と比べると条件さえ満たせば釣りやすい条件というのがあります。 群れを見つける 水温が下がると、アジも沖の深場に潜ってしまいます。 時期的にはおおよそ12月~1月の間に比較的水温が高い深場へと移動します。 ここで深場へ入る前の群れを見つけることができれば冬特有の良型を釣ることができます。 またアジはこのとき民族大移動的に群れをなして一斉に移動するために、群れを見つけ出すことが出来さえすれば数釣りが望めます。 ポイントの絞りかっとしては漁港の船が出入りするみお筋付近。 みお筋からの海底のかけあがり周辺に群れで身を潜めていることが多いためです。 風を味方につける 冬の外洋に向いた釣り場は風が強くよく吹き荒れます。 風は気圧の高い場所 温かいところ から気圧の低い場所 気温が低いところ へ動くためです。 国内の地形からいうと北西から吹いてくる風にあたります。 この強い風の中では軽いジグと細いラインを使用したアジングでは風にあおられてキャストも定まらず、しかも寒い!というアングラーのモチベイションをとことんまでねじ伏せてしまいます。 そのためにも 北西の風裏のポイントを把握しておくと釣りに集中できます。 尺アジにありつくまで修行と思え! ただし上記の理論とは真逆に、風がふくということはその風に流されて大量のプランクトンも流されてきます。 そのプランクトンを追ってきているアジも多く、またアジが大好物のアミや小魚も同じく風に流されて留置していることが多いです。 だからこそあえて風向きで釣りをすると爆釣するといったこともあります。 このときの仕掛けはキャロやフロートなど風があっても狙った場所にキャストが定まりやすく釣りがしやすいセッティングにしておくことがベスト! 冬にいるアジの種類とパターン 出典: 冬の低水温期に多いアジの種類はヒラアジまたはセグロです。 どちらのアジングパターンも冬の場合、1g前後のジグヘッドからはじめてスローリトリーブでゆったり釣りっていくことのほうが、食わせやすくなります。 水温が下がり活性が低くなったアジはルアーを追わなくなるのでスローな釣りのほうがアタリが増えやすくなります。 ヒラアジパターン ヒラアジはミドルレンジから表層を泳いでいることが多く、冬場でもこのレンジを回遊しているヒラアジを狙ったほうが釣れる確率が増します。 深場の海底にべったり張りついている個体は極端に活性が落ちていてなかなか口を使ってくれないことが多いです。 また元々冬のヒラアジは活性が低いので夏場のようにハイピッチでリフフォを繰り返しても早めにスレてしまいがちです。 投げて任意のレンジまで沈めたらスローに巻いてくるだけで釣れる場合が多いです。 セグロアジパターン 瀬戸内海に多く生息するセグロはヒラアジとは真逆で、底に定着していることが多いです。 また底質が砂地だとベストなポイント。 アジがルアーに気が付き口を使うまでの感覚に食わせの間を合わせられるかがキモになってきます。 その場でロッドをあおってリフトするタイミングとフォール中ロッドを起こす間、リトリーブの速度などそのときのパターンにハマるまでいろいろと試すことが釣果を伸ばすカギです。 やっぱり大切なのはジグヘッドの重さ選択 夏のアジングのハイシーズンと同じく、ジグヘッドの重さ選びが重要な時期です。 重すぎても軽すぎてもどちらもダメ。 冬など活性が低い場合は軽めのジグヘッドのほうが良い気がしますが、軽すぎると強い風の吹く日では釣りにならない場合もよくあります。 また軽いジグヘッドでフワフワとリトリーブしてくると見切られやすいなります。 ある程度重さのあるジグヘッドでテンポよく探っていくほうが見切られにくくなります。 基本的に 1グラム前後がベター。 軽いジグに徐々に移行していく際でも0. 5グラムくらいまででしょう。 もちろん軽いほうが釣れる場所もありますが重ためのジグヘッドで釣れたかといって軽いジグでも釣れるということなどありません。 冬のアジングおすすめワーム 出典: 冬のアジングで最も釣果実績のあるワームは、味付き匂い付きのワームです。 ときには違和感を感じて吐き出してしまうこともあります。 そのため違和感を与えず一度食らいついたら離す確率が少なくなります。 おすすめはアジングワームのテッパン!、ガルプの ベビーサーディン2インチ、アジリンガー。 きびしい時期だからこその絶対的兵器の投入です! おすすめワームの詳しい情報は下記のページからどうぞ。

次の