ファースト ピアス お 風呂。 ピアスを今日開けたました。ファーストピアスを付けたままお風呂に入ってい...

ファーストピアス寝るとき痛い?注意点は?期間や外し方のコツも紹介!

ファースト ピアス お 風呂

錆びる事などありませんよ。 何年も着け続けるわけではないですから・・・。 ファーストピアスは安定するまで着けっぱなしにするのが鉄則です。 もちろんお風呂のときも、寝るときも、とにかく24時間着けっぱなしにしないといけないです。 安定前に着け外しをすると、ホール内に傷がついて化膿しますし、下手をすると塞がってしまいます。 あと、消毒もしなくていいですよ。 昔は開けた後マキロンなどで消毒するのが当たり前でしたが、今はそれが間違いであり、かえって安定の妨げになる事が広く知られています。 基本のケアは洗浄だけです。 泡をのせて数分置き、ピアスをくるくる回したり前後に動かしながら洗い流す・・・という方法が一般的ですが、痛みがあるうちはピアスを動かさないほうが安全です。 もっといえば、なにも付けずにシャワーでサッと流すだけでも十分です。 とにかく開けたあとは着けっぱなしにして、極力刺激を与えない、弄らない事です。 トラブルなく安定させるには、これが1番の近道ですよ。

次の

ピアスを開けたてのときのお風呂での注意点や正しいケア方法

ファースト ピアス お 風呂

ファーストピアスの自宅ケア ピアッシングしてからピアス穴が完成するまで普通1~2ヶ月かかります。 耳たぶが厚めの人、以前にトラブルを経験した人、軟骨部に開けた場合は2ヶ月と考えましょう。 トラブルのないピアス穴を作るためには、この間の自宅ケアがとても重要になります。 (を参照下さい。 )ここでは上手なファーストピアス管理について説明します。 消毒はオススメしません。 ビックリする方もいるかもしれませんが、当研究所ではピアッシング後の消毒はオススメしません。 実は最新医療ではキズは消毒せずに水で洗い流しただけの方が治りが早く、キズ跡もキレイになるというのが常識。 美容外科手術後のキズの手当てでも消毒液は短期間だけか全く使わないのが普通なんです。 消毒液はキズの治りを遅らせ、かぶれの原因になるなどトラブルも少なくありません。 医師の指示がない限りは消毒はせず、洗うだけで清潔を保ちましょう。 ピアスをすすぎ、少しだけ動かす。 ピアッシング当日から毎日シャンプー・リンスの後はピアス周囲、キャッチを良くすすぎましょう。 カサブタ状の浸出液の塊がついていたら洗い流します。 その時ピアスを1~2回前後に動かしたり、軸を一回転させて下さい。 ピアスを動かすことで癒着を防ぎ、キレイなピアス穴ができます。 はじめは固くピアスが動かしにくいですが、数日経つうちに動かしやすくなります。 できるだけピアスに触らないこと。 ファーストピアスで一番多いトラブルは、触り過ぎて赤く腫れること。 ついつい気になって手がいってしまうのものです。 ピアス自体が刺激になって腫れたり汁が出たりすることもあります。 そうした場合は良く洗って清潔をこころがけ、洗う時以外はピアスに触れない様にします。 それでも良くならない時はピアスを開けてもらった病院で相談しましょう。 ピアス穴が完成するまでピアスはつけたままで。 素敵なピアスを見つけたから早くつけてみたい!気持ちはすごくわかりますが、ピアス穴を開けて間もない時は、穴の内側は皮膚で覆われていない傷がある状態です。 ファーストピアスを早く外してしまうと、穴は数時間から数日で塞がってしまうんです。 トンネル内側が皮膚で覆わるまでの1~2ヶ月の間、ファーストピアスつけたままにしておくことがとても大切。 夜だけ外すというのも間違いですのでつけっぱなしにしましょう。 ファーストピアスの外し方 ファーストピアスの構造は普通ピアスと同じなので、外す時はキャッチを後ろに引っ張るだけ。 でもそのキャッチが普通のピアスよりが固くできています。 そのため外す時にトンネル内の新しい皮膚をキズつけてしまうというトラブルが時々あります。 ここではファーストピアスの安全な外し方を説明します。 まず、机の前に座って落ち着いた状態で外しましょう。 右耳ピアスを外す時は左肘を机に付き、ピアスヘッド(頭)を左親指と左人差し指でしっかりつまみます。 右親指と右人差し指でキャッチをつまみ、そのままキャッチを後ろ向きへ外します。 このときピアスヘッドをつまんでいる左腕は決して前に動かさないことがポイントです。 外れづらいために外れたときの勢いで左腕が前方に動きがちですが、前に動かしてしまうと、先端の尖ったピアス軸でピアス穴内にキズを作ってしまうのです。 キャッチが外れたら、ゆっくりとピアス軸をピアス穴と平行に前方へ抜きましょう。 左耳ピアスを外す時はその逆です。 それでも硬く外れない場合は、あけてもらった病院で外してもらいましょう。 その際、入れ替えるセカンドピアスも持っていき、入れ替えもお願いすると良いですね。 ピアッシング後の自宅ケア•

次の

ファーストピアスで一ヶ月

ファースト ピアス お 風呂

ピアスって毎日外すもの? 付けたままだとどうなるの? これは諸説あるようで、 人によっては同じピアスを年単位で付けっぱなしにしていることもあれば、毎日きちんと取り外す方も。 筆者も20年来のピアスユーザーですが、実はほぼ付けたままで、外すのは違うピアスに付け替えるときだけ。 穴がちゃんと定着していれば、穴の中にも皮膚が形成されていますから、ときどき消毒してあげていれば、基本的には大丈夫です。 ただ、あまり長いこと付けたままにしておくと、穴の中や周辺に汚れがたまってきますので、 掃除・消毒のためにもたまに外してメンテナンスしてあげるとよいのではないでしょうか。 ただ、金属アレルギーの起きやすい方は、ピアスを付けるのはお出かけのときだけにしておくとよいでしょう。 寝るときもつけたままなんだけど… ピアスのデザインによっては、寝るときには外したほうがよいものがあります。 華奢なデザインであれば、 寝ているときに体重で変形してしまったりなんてことがあります。 また、寝具に引っかかって怪我してしまうことも。 寝ているあいだに無くしてしまうこともあるので、 お値段の張るものは付けたまま寝てしまわないほうがよいでしょう。 ちなみに筆者は上に挙げた例のすべて、経験があります…。 運動するときは? 運動するときは、少し注意が必要です。 というのも、汗にふくまれる塩分で金属が微量に溶け出してイオン化しすることで、 金属アレルギーが起こる恐れがあるからです。 また、激しいスポーツであれば、ピアスが衣服に引っかかったり、運動時の器具にぶつかってしまったりというトラブルも考えられます。 なるべくならピアスは外したほうがよいですが、スポーツするときにもおしゃれは諦めたくないですよね! そんな方には、 アレルギーの起こりにくいチタン製や医療用ステンレス製のピアスをオススメします。 また、デザインは留め金がしっかりしているものや、ごく小さめのフープピアスなら、引っかかりにくいですよ。 お風呂に入るときは? お風呂もそのまま入っている人が多いようですが、 洗髪時やタオルでふいているときに引っかかりやすいので、外したほうがよいかもしれません。 それと、ピアスの材質によっては水に弱いものもあります。 また、お風呂でうっかりピアスを流してしまうと、取り返しがつきませんので、この点はご注意を…。 いかがでしたでしょうか? 穴の状態に問題がなければ、それほど神経質になることもないと思います。 ピアスの着脱って思いのほかめんどうなので、付けっぱなしにしてしまいがちですが、穴の様子をみるためにも、異常がなくてもときどきは外してあげましょうね。

次の