ライン スタンプ 無料 企業。 LINEスタンプを使ったEC関連企業31社のキャラクター戦略

LINE公式アカウントの無料スタンプに潜む罠・・・【格安スマホ・格安SIMまるわかり】

ライン スタンプ 無料 企業

今や多くの人にとってLINEは日常生活に欠かせない便利なツールとなっていますよね。 私の周りでは、あえてLINEを利用しない人もいますが、幼稚園ママ・PTAなどでグループを作成し連絡手段として利用するケースも珍しくありません。 LINEを使い始めた頃って、スタンプの送受信が楽しい!と思いませんでしたか? 私も最初は、言葉で表現しづらいビミョ~な感情を、おもしろ楽しく伝えてくれるスタンプにやたらとハマっていたのを覚えています。 現在LINEでは公式スタンプとクリエイターズスタンプがあります。 クリエイターズスタンプ用に、簡単にオリジナルスタンプが作れるアプリも存在します。 ほとんどの方は、 LINE公式アカウントが提供している無料スタンプをダウンロードしていた経験があると思います。 INDEX• 削除しない限り、容量は増えていくので。 LINE公式アカウントを友だちに追加すると、このように 【新しい友だち】にどどーんと企業名がならびます。 【LINE公式アカウント】の中にも同じ数だけ増えます。 該当する公式アカウント名を 左にスワイプすると、 【非表示】【ブロック】と出てきます。 (キャンペーン情報が欲しい、応募したいという方は省きます) LINE公式アカウントのトークは読まずに削除する さらに、アカウント追加しただけで一気にトークが3通くらい来る企業もあります。 いちいち読む必要もなければ、残しておく理由もありません! 該当するトークを 左にスワイプすると、 【既読】【非表示】【削除】と出てきます。 トークリストでは該当する公式アカウントを左にスワイプし、 非表示ではなく、削除を選びましょう。 これで無料スタンプは使えるけれど通知は一切来ない状態になります。 まとめ LINEで無料スタンプをもらうためだけに【友だちに追加】したLINE公式アカウントに対しては、スタンプをダウンロードしたら即上記の 作業をしましょう! 必要のない情報を受け取ることもなく、しつこい通知にウンザリすることもなく、より快適にLINEを活用していけると思います。 通知を止める方法を知らずに未読のトークが溜まっていた!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

LINE無料スタンプ&隠しスタンプまとめ

ライン スタンプ 無料 企業

LINEのトークの特長といえばスタンプ。 と言うくらい スタンプを使って返信したり、今の心境を表現するツールとして利用している人が多いのではないでしょうか?? 文字だけでは単調になってしまう文面でも、スタンプがあることで表情がプラスされ相手にも気持ちが伝わりやすくなります。 LINEのスタンプってほとんどの人は、企業の公式アカウントが提供する無料スタンプをダウンロードして使っていると思います。 有料スタンプのほうが圧倒的に種類も多く、好きなキャラクターのスタンプだったり、おもしろいクリエイターズスタンプなど、友だちとはかぶらないようなスタンプも見つかるでしょう。 しかし・・・ LINEで使うスタンプを購入している人ってどのくらいいるのでしょう?? ワタシも好きなキャラクターや使えそうなおもしろいスタンプを何度か購入したことがありますが、基本的に無料でGETできるスタンプです。 大半、友だちにしてスタンプをダウンロードしたらブロックして友だちから削除していると思います。 無料でスタンプがGETできるってことは、なにか裏があるのでは・・・と思いませんか? ワタシも深く考えたことありませんでしたが、よくよく考えたらそんなうまい話無いですよね・・・ 無料でスタンプがGETできるカラクリ 無料スタンプを配布しているアカウントは、 友だち追加されても即ブロックされて友だちから削除されることも想定済み。 それでもメリットがあるから行っているのです。 LINEの友だちに追加することは、 自分のプロフィール情報 名前・プロフィール画像・ステータスメッセージ の利用を許可することになります。 追加時に認証画面が表示され、利用規約に「同意する」をタップしているはずです・・・ その後、スタンプのダウンロード画面になり、スタンプをダウンロード・友だちからブロックして削除。 企業からのトークも届かなくなるので、これでOK!と思っている人!! ちょっと待って下さい。 この状態のままは、とても危険なんです!! なぜ、危険なのか?それは LINEのプロフィール情報を他のLINEアプリに共有されているからなんです。 LINEは端末に入っている電話帳をアップロードするようにできていて、連絡先が端末に入っている人は自動的に友だち追加されるのです。 とても 便利な機能ですが個人情報の漏洩が心配されています。 プロフィール情報が共有されるということは、LINEに派生しているアプリ LINE camera。 LINE MUSIC・LINE NEWS・ディズニーツムツム・ポコパンなど・・・ にもプロフィール情報だけでなく、友だち情報もがダダ漏れということなんです・・・ また、セキュリティ面だけでなく、LINEと連動しているためメッセージやお知らせが届いたりすることもありますし、アプリによっては通信していることもあり通信量やバッテリーの消費にも影響します。 友だち追加する時に利用規約を同意しているので、プロフィール情報をへのアクセスを許可しちゃっていることになります。 なので仕方がないと言えば仕方がないのですが・・・ アプリをアンインストールしたり、友だち削除しても連動が解除されません。 プロフィール情報を共有されないためにも、 連動を解除することが必要です。 連動を解除したいアプリをタップして「アプリ連動解除」をタップすると解除することができます。

次の

【LINE】無料スタンプが欲しいけれど、通知がしつこいと感じる方へ

ライン スタンプ 無料 企業

近ごろ何かと話題のLINE。 ユーザー数はで「グローバルで 約2億1,500万人、主要4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)では、約 1億4,470万人(2015年12月末)」といいますから、公私ともにお使いの方は多いのではないでしょうか。 EC事業者としてはLINEにどう取り組んでいるのか調査すべく、通販関連企業のLINEスタンプで、 2月18日現在使用できるもの(配布終了を含む)についてまとめてみました。 意外なあの会社のスタンプがあるかもしれません。 スタンプの3つの種類 LINE公式アカウントのスタンプといえば、LINEの「スタンプショップ」の 「EVENT」に掲載されている無料のスタンプか、「LINE STORE」で 販売されている有料のスタンプを思い浮かべると思いますが、どちらにも掲載されていない、 いわゆる「隠しスタンプ」と呼ばれているものがあります。 別に隠しているわけではないでしょうが、便宜的に本記事でも「隠しスタンプ」と表記します。 今回調べたのは31社のスタンプ。 そのうち「EVENT」に掲載されていた無料スタンプ(以下[公式])が 14、販売されているスタンプが 11、隠しスタンプが 6でした。 今回取り上げたスタンプ(50音順)。 オレンジ色が公式で無料配布されたもの、水色が販売中のスタンプ、ピンクが隠しスタンプ。 ちなみにキャラクター別だと猫が8、人が7、ウサギが5、犬が4,クマが3、パンダが2、フクロウとリスが1。 「隠しスタンプ」の活用例 スタンプショップでのスタンプの無料配布は、LINE公式アカウントのお友だち数を増やすのに即効性があり、LINE公式アカウントというメディアを強化するという意味では有効でしょう。 一方、いわゆる「隠しスタンプ」には、各社それぞれ別の目的が見て取れます。 (ペコちゃん・終了)• (チェブラーシカ・終了)• (Mr. レシートのQRコードからダウンロードページにアクセスし、公式アカウントとお友だちになるとスタンプを入手できる仕組み。

次の