マクドナルド メニュー。 おすすめ

マック 今週のクーポン番号メニュー 無料でお得に(2020年8月7日~8月13日)チーズロコモコなどハワイバーガー登場

マクドナルド メニュー

マクドナルドのメニュー、セット価格など 今回はマクドナルドのメニューにあるセットについて情報をまとめます。 まず注意していただきたいのは、レギュラーメニューと朝マックのメニューではセットの内容が異なるということ。 当たり前の話かもしれませんが、セットの価格もレギュラーメニューと朝マックメニューでかなり異なります。 では、お得なセットの購入方法は? しっかりとチェックしてお得にマクドナルドのセットメニューを堪能してください。 マクドナルド、レギュラーメニューのセット内容と価格について まずはマクドナルドのレギュラーメニュー(通常時間帯のメニュー)のセット内容と価格についてまとめます。 レギュラメニューのセット価格一覧 レギュラーメニューのセット価格は以下の通りです。 セット内容は以下のメイン商品+サイドメニュー(ポテトMなど)+ドリンクとなっています。 ベジタブルチキンバーガーセット 640円(単品340円) てりやきマックバーガーセット 610円(単品310円) ダブルチーズバーガーセット 640円(単品340円) チキンフィレオセット 640円(単品340円) ベーコンレタスバーガーセット 640円(単品340円) フィレオフィッシュセット 610円(単品310円) ビッグマックセット 670円(単品370円) えびフィレオセット 670円(単品370円) クォーターパウンダーチーズセット 700円(単品400円) ダブルクォーターパウンダーチーズセット 820円(単品420円) エッグチーズバーガー(エグチ)セット 500円(単品200円) バーベキューポークバーガー(バベポ)セット 500円(単品200円) ハムレタスバーガー(ハムタス)セット 500円(単品200円) 注)ハンバーガー、チーズバーガー、チキンクリスプのバリューセットはありません。 300円でサイドメニュー(ポテトMなど)、ドリンクメニュー(ドリンクMなど)が付属すると考えればOKです。 積み上げで考えるとポテトMは定価270円、ドリンクMは220円の合計約500円なのでこのパターンだと約200円近くのお得。 別々に注文するよりもセットで注文する方がお得ということです。 では、サイドメニュー、ドリンクはどのメニューを注文すればお得なのか?選べるメニューについて次を参照ください。 レギュラーメニュー、セットで選べるサイドメニューの種類について レギュラーメニューのセット選べるサイドメニューは以下の通り。 定価から考えるとサイドサラダが一番お得。 ・ポテトM(定価270円) ・ナゲット(定価200円) ・サイドサラダ(定価280円) ・スイートコーン(定価220円) ・その他(追加料金メニュー、期間限定商品など) セットで選べるドリンクメニューの種類について セットで選べるドリンクメニューは以下の通り。 定価で考えるとコールドドリンクMが一番お得です。 ・コールドドリンク類Mサイズ(定価220円~240円) ・コーヒーMサイズ(定価150円) ・カフェラテSサイズ、カプチーノSサイズ(定価200円) ・シェイクSサイズ(定価120円) ・その他(追加料金メニュー、期間限定商品など) マクドナルド、朝マックメニューのセット内容と価格について 朝マックメニューのセットはかなりお得です。 セットメニューなのに330円という格安メニューも存在します。 朝マックメニューのセット価格一覧 以下が朝マックメニューのセット価格一覧です。 だいたい単品+200円と考えてください。 また、ビッグブレックファストについてはサイドメニューが無いので単品+100円という価格になっています。 価格だけみて他のセットよりもお得だと間違えないようにしてください。 朝マックメニュー、セットで選べるサイドメニューの種類について 朝マックメニューのセット選べるサイドメニューは以下の通り。 朝マックにはポテトが無いので注意してください。 かわりにハッシュポテトがあります。 値段を考えると、追加料金は発生しますがサラダが一番お得。 シェイクは朝マックでは選べません。 定価からお得度を考えると、レギュラーメニューのセットと同様にコールドドリンクが一番お得。 ・コールドドリンク類Mサイズ(定価220円~240円) ・コーヒーMサイズ(定価150円) ・カフェラテSサイズ、カプチーノSサイズ(定価200円) ・その他(追加料金メニュー、期間限定商品など) マクドナルドのメニュー、セットのクーポン価格について お得なセットですが、携帯クーポンなどを使うと更にお得に食べることができます。 ただし、携帯クーポンを使うとサイドメニューをポテトMから変更ができないなどのデメリットもあります。 クーポン記載の注意点をしっかりと確認して利用しましょう。 (参考:) マクドナルドのメニュー、セット価格などまとめ マクドナルドのメニューにはセット商品があります。 レギュラーメニュー(通常時間帯)のセットは単品+300円でサイドメニュー(ポテトMなど)+ドリンクMになります。 朝マックのセットは単品+約200円でサイドメニュー(ハッシュポテトなど)+ドリンクMになります。 共にサイドメニューはサラダが一番お得、ドリンクMはコールドドリンク一般が一番お得です(定価で判断)。 更にお得にするにはクーポンを利用すると言う方法があります。 ただし、クーポンを使うとサイドメニューはポテト以外に選べない場合が多いので注意してください。 (合わせてお読みください).

次の

マクドナルドの「裏メニュー」を試してみた、想像と違った

マクドナルド メニュー

もくじ• マクドナルドの無料裏メニューとは? 引用: そもそも裏メニューについて聞いたことすらない方も多いのではないでしょうか? 現在ではどんなお店にも裏メニューがあると言われており、 常連さんやアルバイトしたことある方しかわからないような隠しメニューがたくさんあります。 ハンバーガー無料カスタマイズオプション 引用: ここではハンバーガーの無料裏メニューについて紹介していきたいと思います。 みなさんハンバーガーの具材を増し増しにできたら嬉しくないですか? 笑 100円という安さなのにマクドナルドでは具材を多めにすることができちゃうんです! 意外と知っている方は少ないですが、ハンバーガーだけでも様々なオプションがあるので見ていきましょう。 野菜 レタス・玉ねぎ・ピクルス を増量・減量することができる マクドナルドではレタスや玉ねぎ、ピクルスなどの 野菜を無料で増量・減量することができます。 元々はマクドナルドのまかない飯として、 アルバイトの子が試しに注文したのがきっかけとなっているそうです。 ・水はLサイズが頼める。 ・ビックマックを半分にできる。 衝撃やわ……笑 と、男気でたかや!あざす。 たかやの所持金・・・7円。 と思ったことのある方もいるのではないでしょうか? よく親子でかぶりついて食べているのを見ることもありますが、 どうしても具材がボロボロ落ちてしまったり、服についてしまった経験のある方も多いのではないかと思います。 そんな時はビックマックを『半分にカット』してもらいましょう。 食べ歩きや運転中に箱仕様で食べるのはすこし不便ですよね… 箱だと食べ終わった後かさばってしまう原因にもなってしまうので、そんなときは包み紙に変更してもらいましょう。 別々で食べるのもあり、提供されてからサンドして食べるのも、 チーズの食感が味わえてさらに楽しむことができるので、チーズ好きにおすすめの食べ方です。 オイルをかけることによって、 よりもちもち食感を味わうことができるんですが、個人的にはオイルカットしてもらった方がおすすめ。 では見ていきましょう! ケチャップを無料で貰うことができる マクドナルドによく行く方なら知っている方も多いかと思いますが、 ポテトやナゲットを購入すると、 『ケチャップ』を無料で貰えることができます。 私もポテトを注文したら、必ずと言っていいほどケチャップが欠かせない存在… 笑 基本的には1つの注文に対して1個無料でケチャップを貰うことができますが、 お店によってはM・Lサイズの注文で2個貰うことができるようです。 味が濃い人が好きな方もいれば薄めの方が好きな方もいますよね。 ドリンクについてはそれほど紹介するものも少ないですが、 知っておくと得するメニューもあるので1つずつさらっと見ていきましょう! 氷を抜いてドリンクを増量することができる マックの氷抜きLサイズはこんなに多いです。 — hayabusa hayabusa5800 100円のSサイズを注文してMサイズに近い量入れてもらえたら得した気分になりますよね。 マクドナルドでは、 氷を抜いてもらうことによってその分ドリンクを多めに入れてくれる店舗もあります。 私も学生の頃何回か頼んだことがありますが、 増量してもらえない店舗もあるので注意が必要です。 なんせ学生時代はお金もなかったので、 100円で普通のSサイズよりも多く飲めると聞いて試さずにはいられませんでした… 笑 他にも氷を多め・少なめにしたりなど氷の調整をすることもできます。 ジュースより水が飲みたい方や、ドリンクを単品で頼むほどでは… と思う経験をした方も多いのではないでしょうか? そんな時は水を注文しましょう。 Lサイズでの注文もできるお店もあるので一度来聞いてみるのもありかと思います。 また、 冷たい水ではなくお湯も注文することができます。 ではその他の無料裏メニューについて見ていきましょう! 揚げ物メニューは揚げたて注文が可能 引用: ハンバーグなどの焼くものについては、焼き立て注文をすることができませんが、 揚げ物のメニューについては揚げたてで注文することができます! 揚げ物なのですこし時間がたってしまうと、 固くなってしまったりふにゃふにゃになってしまい味もかなり落ちてしまいますよね。 サラダのドレッシングは2個貰うことができる 引用: ナゲットと同様でサラダのドレッシングも2つ貰うことができます。 マクドナルドには「玉ねぎドレッシング」と「胡麻ドレッシング」がありますが、 同じのを2個でも違う種類を2個でも無料で貰うことができます。 ソースでもありましたが、3個目からは30円で購入することができます。 基本的に商品とセットでついてくる調味料については商品を購入すると無料で2つ貰うことができますが、 3つ目が欲しい場合や調味料だけが欲しい場合は単品で調味料を購入することもできます。 ですが朝マックなどの時間外の場合は注文できない店舗もあるので注意が必要です。 ケチャップ• マスタードソース• バーベキューソース• 胡麻ドレッシング• 玉ねぎドレッシング• 塩コショウ• ホットケーキシロップ• プリパンケーキソース• ビックマックを半分にして貰った際に、フォークで食べれば手が汚れることなく食べることができますし、 ナゲットなどの油が手につくこともありません。 店舗によってはおこなっていないサービスもあるので全国の店舗で頼めるかはわかりませんが、 ほとんどの店舗で頼めるのではないかと思います。

次の

アメリカのマクドナルドのメニュー紹介【サイズ/注文方法/日本との違い】

マクドナルド メニュー

マクドナルドのハンバーガーはビーフパティのイメージですが、てりやきマックバーガーはポークパティを使用しています。 日本ならではの甘辛い味付けに、シャキシャキレタスにマヨネーズという、子供から大人まで幅広い世代に愛される人気メニューです。 単品でも十分美味しく食べられますし、セットにしてサイドメニューのマックフライポテトやチキンナゲットに、照り焼きソースやマヨネーズをつけて食べても美味しいのでおすすめ! マクドナルドファンなら1度は食べたことがあるのではないでしょうか。 人気ランキングでも常に上位にランクインしています。 こちらも子供から大人まで幅広い世代に支持されるメニューで、イートインで温かいうちに食べても美味しいですし、テイクアウトしてホームパーティーにという使い方もできます。 5ピース入りと15ピース入りがあるので、軽く食べたい時にもたくさん食べて満足したい時にも便利です。 マックチキンナゲットにはソースが付きます。 以前に限定販売されたグランドビッグマックやギガビッグマック、夜マックが登場する前から、 食べごたえのあるボリューミーなハンバーガーとして知られる人気メニューです。 真ん中にもバンズがあって、見た目にもボリューム満点なのが伝わってきます。 いろんな味と食感で、最後まで美味しく食べられるのもいいですね。 食べていると崩れるので食べにくい…という声も聞かれますが、 綺麗に食べるコツはビッグマックを逆さまにすることです。 一番上のバンズは少し重みがあるので、下に重心を持っていくことで崩れにくくなります。 サクサクのチキンクリスプパティは、 スパイスが効いていて最後までサクサク感が続き食感を楽しめるのがポイント。 シャキシャキレタスにマヨネーズが入っているので、途中からはマヨネーズがプラスされてマイルドになります。 サクサクの食感がある分、ハンバーガーよりもお得感があって満足度が高いのも魅力と言っていいでしょう。 小腹がすいた時にもおすすめですし、ハンバーガーに飽きた時食感が違うチキンクリスプを試してみてはいかがでしょうか。 バリューセットで注文すると、サイドメニュー数種類から選べるのですが、マックフライポテトにする人は少なくありません。 バリューセットではMサイズが通常ですが、 Sサイズにすると50円引き、たっぷり食べたい人はプラス50円でLサイズにアップできます。 マックフライポテトをより美味しく食べる裏技として、揚げたてを食べたい時はオーダーの時に「揚げたてでお願いします」と一言付け加えると、揚げたてを提供してもらえます。 塩も多めや少なめ、塩抜きなどにできるので、お好みでアレンジしてもいいでしょう。 無料でケチャップももらえるので、途中で味変できます。 ボリューミーなチキンパティを使用していますが、胸肉なので意外にあっさりとして食べやすいのがポイント。 サクサクの衣とレタスのシャキっとした歯ごたえを楽しめます。 オーロラソースがあっさり系のチキンにボリュームをプラスしてくれるのが嬉しいところ。 同じハンバーガーでも、パティが違うと食感も味も全然違うので、時々気分を変えたい時にはチキンフィレオを試してみてください。 110円のチキンクリスプと間違われることがありますが、チキンフィレオは1枚肉を使用しており、チキンクリスプは成型肉を使用しているので、ボリュームが違います。 白い魚のフィッシュポーションを使用しているので、 衣はさっくりとしていますが、白身魚のホクホク感が特徴的です。 スライスチーズとタルタルソースとの相性も抜群で、マックに行く時はフィレオフィッシュと決めているという根強いファンもいます。 タルタルソースはオーダーの時に、多めにしてほしいと頼んでおくと量を増やしてもらえますよ。 元々は宗教的な理由で肉が食べられない人向けに誕生したメニューなのだそう。 日本人にとっての魚は親しみやすい食材でもありますね。 2016年からはよりリッチになった超グラコロや、2018年には濃グラコロも登場。 超グラコロはエビとマカロニがプラスされ、ホワイトソースにはバターと生クリームがプラスされ、濃厚たまごソースとのバランスが絶妙な逸品になっています。 濃グラコロはグラタンコロッケは同じで、ソースにパルメザンチーズと白ワインをプラスして、チーズフォンデュ風に仕上げています。 どちらも濃厚で、グラコロ好きには堪らないメニューとなっています。 冬まで食べられませんが、バージョンアップや新商品で一層美味しくなったグラコロに期待したいですね。 シュリンプポーションは、 つなぎにまでえびを使用するというこだわりが特徴的。 えびを贅沢にたっぷりと使っているので、えび好きをも満足させるメニュとしても知られています。 シュリンプポーションと相性抜群のオーロラソースが、美味しさを引き立ててくれるので終始えびの香りと味を楽しみながら食べられます。 シュリンプポーションだけ単品で販売して欲しい、という声も上がるほどの人気ぶりです。 えび好きな人はぜひ試してみてくださいね。 トマトやレタスにオニオンがフレッシュなので、 ハンバーガーはジャンクフードというイメージを覆したと話題になったメニューでもあります。 他のメニューよりも少し高めですが、クオリティを見る限りではマクドナルドならではのお手頃価格です。 食べごたえもあって、野菜もちゃんと摂れるので罪悪感なく食べられますね。 国産のたまごで作る黄身がトロトロの目玉焼き、スライスチーズ、スモークベーコンという朝から豪華なラインナップを楽しめます。 最大の特徴はバンズではなく、イングリッシュマフィンを使用していること。 朝からビーフパティはちょっとヘビーだなという時にもおすすめ! バリューセットにはサイドメニューにサラダもありますし、ドリンクはコーヒーやカフェラテ、紅茶も選べるので朝食にもピッタリです。 ランチにマクドナルドのセットを食べるなら、バリューランチがお得です。 バリューランチは 平日の10:30~14:00限定のサービスとなりますが、通常よりも少し安くなるので時間を合わせられるならお得に食べられます。 ビックマックを選択した場合で通常のバリューセットと比較してみると以下の通りです。 バリューセット バリューランチセット バリューランチコンビ 690円 600円 400円 バリューランチセットはバリューセットと同じく、1種類のハンバーガー・サイドメニュー・ドリンクから選べます。 バリューランチコンビは1種類のハンバーガー・ドリンクから選びます。 ただしバリューランチは注文できるハンバーガーが限られます。 選べるハンバーガーは以下6種類です。 ビックマック• グラン ベーコンチーズ• てりやきチキンフィレオ• ダブルチーズバーガー• てりやきマックバーガー• フィレオフィッシュ バリューランチコンビは以下2種類から選べます。 ビッグマック• チキチーはチキンチーズバーガーで、カリカリでスパイシーなチキンパティに、とろけるチェダーチーズ、シャキシャキレタスにレモンをプラスしたマヨネーズを使用したさっぱりタイプです。 ポテトを食べながらシェイクを飲むのもいいですが、 ポテトをシェイクに付けて食べるのが美味しいと評判になっています。 シェイクはバニラ・ストロベリー・チョコレートの3種類あるので、お好みで選べます。 おやつ感覚で食べられますし、ポテトS150円、シェイクS120円の合計270円とお手頃価格なので学生にも人気の組み合わせです。 マックフライポテトをシェイクに付けて食べる方法は、マクドナルドの公式SNSでも紹介され話題になっています。 あまじょっぱいのがハマる、20年以上ずっとこの食べ方をしているという声も聞かれるので、興味がある人は試してみてくださいね。 食べ応え抜群のハンバーガーで、マックの定番の人気メニューの一つです。 濃厚な味わいが特徴のおすすめメニューですが、お得なセットメニューは更におすすめ。 肉汁とチーズの味わい深いバーガーだけに、マックポテトとの相性が抜群です。 カラっと揚がったポテトが、濃厚なダブルチーズバーガーの旨みを中和してくれるので、飽きずに最後まで食べられるセット。 チーズの旨みとポテトの塩気、旨みが合わさって更に美味しいという事もおすすめのポイントです。 また セットにサラダを選択するのもおすすめ。 濃厚な味が特徴のバーガーですので、野菜の水分でさっぱりさせると、更に食べやすく、美味しくなりおすすめです。 そんな甘いバンズで肉汁滴るパティと目玉焼きをサンドするという、とても大胆なメニュー。 キワモノの類かと思われがちですが、一度食べるとその甘さに虜になる人続出のおすすめメニューです。 少しカロリーが高めで、ボリューミーな、マックグリドルソーセージエッグ。 甘くてしょっぱい不思議な味わいは、 ハッシュドポテトとの相性がとても良く、セットで注文するのがおすすめです。 一度食べると癖になる、マックでしか味わえない、大胆でチャレンジングなおすすめメニュー。 まだ食べたことない人は、先入観を捨てて是非とも食べてもらいたい商品でもあります。 平日10時30分から14時までのあいだ、 特定のセットとコンビがお得に楽しめます。 働く人や、ランチ代を節約したい人におすすめのバリューランチシリーズ。 そんな バリューランチの中でも特におすすめなのが、チキンフィレオのコンビです。 ボリューミーで、噛むと肉汁があふれ出す、特製のチキンパティ。 歯ごたえのある衣はしっかりと味付けされており、意外とさっぱりいただけるのが特徴です。 たっぷりのレタスでとてもヘルシー、そして特製のオーロラソースがまた絶品。 さっぱりヘルシーに食べられるので、女性のランチやダイエット中でも安心して食べられます。 また、 お値段も400円という、ワンコインでおつりがくる安さなのもおすすめの要因です。 シャキシャキでみずみずしいレタスの食感と、ベーコンの程よい塩気がたまらない人気のおすすめメニューです。 おすすめの決め手は特製のマスタードソース。 ピリっと刺激的で、たっぷりのレタスとベーコン、そして肉汁溢れるパティと絶妙なコンビネーションを発揮しています。 シャキシャキ食感とさっぱりした味わいが特徴のベーコンレタスバーガー。 単品では物足りないという人にはセット注文もおすすめ。 マックのメニューの中では、比較的さっぱりしたバーガーなので、安心してポテトを注文できるのもおすすめポイント。 前述の マスタードソースとポテトの相性も抜群で、袋にこぼれたソースをポテトに付けて食べるという、通好みの楽しみ方もおすすめです。 おまけで付いてくる玩具は、人気アニメとタイアップしたものもあり、どれもマックに訪れるのが楽しくなるものばかり。 コレクション性のある玩具はもちろん、他にも大人におすすめに理由があります。 それは メインでマックナゲットとパンケーキが選べるという点。 マックナゲットとマックフライポテトという通常のセットメニューではありえない組み合わせが楽しめます。 また、マック特製、アツアツふわふわのパンケーキが昼間に食べられる唯一のメニューでもあります。 おまけの玩具にばかり目が行ってしまいがちですが、実は万能な活躍が期待できるセットメニュー。 少しだけお腹を満たしたい時や、昼メニューの時間帯にどうしてもパンケーキが食べたい時におすすめですよ。 マクドナルドをお得に利用したい人には、クーポンの利用をおすすめします。 クーポンはスマホアプリからゲット可能。 ダウンロードも会員登録も無料で、Facebookアカウントでの登録も可能となっています。 24時間営業やドライブスルーがある店舗、フリーWi-Fiがある店舗を探したい時も、簡単に店舗検索が可能です。 メニューチェックでは使用している食材や、アレルギー情報なども確認できて安心。 マクドナルド公式アプリからゲットしたクーポンと一緒に、ポイントカードもワンタッチで使えますよ。 クーポンはスマホ画面を見せるだけでOK、ドライブスルーにはかざすクーポンもあります。 クーポンを使ってお時になるだけでなく、同時にポイントも貯められるのでぜひ活用してください。 不定期ではありますが、時々新聞の折込広告にマクドナルドのクーポンが入っていることがあります。 切り取って店頭に持っていくスタイルですが、お得になるので見つけたら使ってみては?.

次の