カーナビ アップデート。 カーナビの地図のデータを「Road Map JAPAN Next 2020」に更新。今回のおぼえがき。

レクサスのカーナビ自動更新(アップデート)機能|G

カーナビ アップデート

無料地図更新のご利用には、ナビゲーションによってはユーザー登録が必要となります。 申込締切後もユーザー登録は可能ですが、無料地図の発送・ダウンロードの対象外となります。 ユーザ登録状況は、ナビcafeにログインした後のマイページにて確認できます。 無料更新地図の公開が終了した商品でも、有料の更新地図がご利用できます。 また、下記リストにない商品は無料更新地図の設定がございません。 有効期限を過ぎると更新できなくなります。 無料更新の期間が終了した商品でも、有料の更新地図がご利用できます。 また、下記リストにない商品は無料更新の設定がございません。 有効期限を過ぎると更新できなくなります。 2020年2月末までに登録順に 順次発送中。 2020年2月末までに登録順に 順次発送中。 有効期限を過ぎると更新できなくなります。

次の

無料地図更新のご案内

カーナビ アップデート

MDV-L403に入っているデータは、2015年版の地図データと2014年版のまっぷるコードのみ。 このほかに ・(新道路の)開通予定情報 ・オービスデータ(設置情報) があるんですが、ここはデータなしでした。 ケンウッドのサイトで調べてみたところ、2万円で地図データの入ったSDカードを買うか、Mapfanの年間会員(3600円)に入って地図データのダウンロード権を手に入れるかで、地図データの更新ができるようです。 ナビに使用できるSDカードについて、ごちゃごちゃ書いてありましたが、要するに使えるのはSDHCカードのみ。 最低限で8GBのものが1枚あれば、地図もろもろのデータを更新することができます。 これなら1000円も出さずに買えるので、Mapfan年間会員を申し込みました。 SDHCカードをまずナビ本体に入れ、現時点の情報を書き込ませてやります。 その後パソコンに接続し、会員情報をもとに地図データ更新アプリをダウンロードしてきて、ここから再度SDHCカードに更新データを書き込ませ、ナビ本体にもう一度挿すことで、自動で地図データの更新が始まります。 およそ3〜40分で更新完了。 その間は電源を切るな、とのことだったので、近所をドライブしてました。 パソコンはWindows7のNECヴァーサプロ。 旧式ながら現行機についていけるもので、SDカードリーダなどを内蔵したA4コンパクトノートです。 こやつが大好きで、ヒマを見てはジャンク部品を買いあさって、組み立て直してます。

次の

カーナビゲーション用最新ソフト情報|お客様サポート|デンソーテンのカーナビ ECLIPSE

カーナビ アップデート

レクサスはG-Linkという機能が利用できます。 G-Linkにはたくさんの便利な機能があるのですが、その中で 特に便利なのが、カーナビ情報の自動更新です。 備え付けのカーナビの地図情報は、時間の経過とともに古くなって、場合によっては使い物にならなくなってしまう事もあります。 iPhoneやAndroidなどのスマートフォンについているグーグルマップのアプリで代用する事も可能ですが、やはり 運転時に使用するという場面ではスマートフォンよりも圧倒的に専用のカーナビの方が使いやすいです。 レクサスはDCMという通信モジュールが搭載されており、auの携帯電話の電波を使って常に通信をしています。 全国の高速道路や主要な道路、設定してある自宅や目的地周辺や経路などに変更があれば、すぐに地図データが最新の情報に更新されます。 地図情報に変更があれば、ナビに「地図更新」というボタンが出てきて、アップデートできる事を音声で知らせてくれます。 「地図更新」ボタンを押すと、最新のデータがダウンロードされて、アップデートされます。 G-Linkの料金体系説明 レクサスのG-Linkを利用するためには、一定の料金が必要になります。 新車で買った場合とで買った場合は、基本的に同じです。 問題は、CPOではなくトヨタのディーラーや一般の中古車屋さんでレクサスの中古車を買った場合です。 その場合、別途申込みをしなければならず、またG-Linkではなく 一部機能が制限された「G-Link Lite」の利用になります。 が出る1つです。 新車・CPOと一般の中古車の料金体系は以下のようになっています。 新車・CPO 非認定中古車 名称 G-Link G-Link Lite 契約事務手数料 0円 8,000円 年間利用料 17,000円 17,000円 DCM交換 0円 72,100~¥110,000円 無料期間 新車登録より3年 無し 非認定中古車の場合、 契約事務手数料が必要になるのと、 DCMモジュールの交換が必要な場合があるそうです。 DCMモジュールの交換が必要になると少し高額の費用が必要になってしまいます。 年間17,000円は安いとは言えませんが、ナビの自動更新やなどを使って、G-Linkの機能をフルに活用すれば個人的には価値のあるものだと思います。

次の