さとふる amazon。 さとふる amazonギフト券キャンペーン

「さとふる」でお得なキャンペーンが実施中|ふるさと納税レポートブログ

さとふる amazon

昨年末の「さとふるではじめる!」キャンペーン・・・ 昨年、初めてサイト「さとふる」に登録するきっかけとなった・・・ 「さとふるではじめる!」キャンペーン。 キャンペーン内容は・・・ 期日までに新規登録して、12月31日までに5,000円以上の寄付を行えば・・・ 500円分が 全員にプレゼントされるというもの。 期日までに新規登録を済ませたことで、 上の画像はキャンペーン対象者のみにメールで送られてきたものです。 なにぶん、初めてということで・・・ 返礼品は、当時ランキング第1位の「オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg)」に決めて、 12月中に10,000円の寄付を済ませました。 そして、返礼品も送られてきて・・・ ホタテも美味しくいただいて、問題はなかったのですが・・・ さとふるキャンペーンの500円分が届かない? 返礼品と一緒に入っていた「 寄附採納証明書」を添付した確定申告は、 先月、無事済ませたのですが・・・ 先日・・・ふと? 「そういえば・・・さとふるキャンペーンのが届いていない??」 3月も終わろうとしているのに? そんなに掛かるのか? 気になって、キャンペーン内容を確認すると・・・ 「は 2020年2月末頃迄に、会員情報に登録されたメールアドレス宛にお送りいたします。 」と書かれています。 やはり、もうメールで送られているようです。 毎日、メールはチェックしていて、迷惑フォルダも件名を確認しているので見逃しはしていないはずなんだけど?・・・ね。 さとふるの「お問い合わせフォーム」で問い合わせ! 誤って、メールを削除してしまっているかもしれないし、 もしかしたら、まだ送られていない可能性も0ではないので・・・ さとふるの「お問い合わせフォーム」でキャンペーンの問い合わせをしてみました。 2時間経たないうちに、 さとふるサポートセンターから返信のメールが届きました。 回答は、 「キャンペーンの対象確認と対象の場合はキャンペーン当選メールの 再送を承ります。 」 要するに、対象者には既にメールで送りましたよ! ということらしい。 キャンペーン対象者の確認ができたら再送しますと書かれているが・・・ エントリー方法に誤りがあって、そもそもキャンペーンの対象になっていないのかね? 500円分がメールで届く! その日の夜に、 さとふるサポートセンターからメールが届きました。 対応が早いのは・・・いいね。 キャンペーンの対象者だった確認が取れたようです。 ただ・・・ 「 2020年2月末にメールにてアマゾンギフト券の当選メールを配信しており、当選メールを 再送致しますのでご確認を宜しくお願い致します。 」 再送ね?・・・やっぱり削除してしまったのかな? 早速、送られてきた番号を登録してみました。 確かに、500円分が登録できました。 応募したけど、発送は2か月後なんてよくあるはなし・・・ 気付かなかったら、貰い損ねていました。 キャンペーンのプレゼントを貰い損ねなかったのは・・・ 早く気づいて、問い合わせしたこと! 私のように、 がもし届いていない方は・・・問い合わせしてみては? 広告 スポンサーリンク hutago-za.

次の

さとふる Amazonギフト券

さとふる amazon

ふるさと納税とは? ふるさと納税とは、好きな自治体・応援したい自治体へ行う寄附のことです。 寄附による社会貢献はもとより、多くの自治体で寄附へのお礼として返礼品が用意されており、寄附者が好きに選べることもふるさと納税の大きな魅力です。 しかも、ふるさと納税の 寄附金は2,000円を超える部分について一定の限度額まで全額が控除されます。 つまり、毎年払っている税金をそのまま寄附として活用することで、実質2,000円でお好きな返礼品がもらえることで注目が集まっています。 ふるさと納税は寄附者にお得を、地方に元気を届けるステキな制度です。 ぜひ、ふるなびを利用して便利でお得なふるさと納税をお楽しみください。 ふるさと納税の魅力• 好きな地域・寄附金の使い道が選べます ふるさと納税は、在住の自治体以外であれば、出身地などに関係なく複数の自治体に自由に寄附を行うことができます。 さらに、多くの自治体で寄附金の使い道を選択することができます。 寄附のお礼として返礼品がもらえます 多くの自治体でふるさと納税の寄附へのお礼として、様々な魅力的な返礼品や特典を用意しています。 お好きな返礼品を選んでふるさと納税を行えば、まるでお取り寄せのように楽しむこともできます。 ふるなびではお得な返礼品を多数掲載!さらに、独自のふるさと納税サービスもご提供しています。 寄附金は税金から控除されます ふるさと納税では、年間(1月~12月)で行ったすべての寄附金のうち2,000円を超える部分について、 一定の限度額まで原則として所得税・住民税から全額が控除されます。 それも、一回の寄附ごとではなく、年間の寄附すべてが実質2,000円で行えるのも嬉しいポイントです。 そのままでは納めるだけの税金ですが、ふるさと納税では地域に貢献しながら控除が受けられます。 ふるさと納税をしてみよう• 寄附金額の目安を知る• 希望する返礼品を決める• 自治体に寄附を申込む• 返礼品と証明書を受け取る• 税金の控除の申請を行う• STEP. 1寄附金額の目安(控除上限額)を知る 控除上限額を知ることで、自己負担金の最低額(2,000円)で、できるだけ多く寄附を行うことができます。 ご自身の控除上限額がわからない方は、給与収入と配偶者の有無の入力で、控除上限額(実質負担2,000 円)の目安を計算できる「」をご利用ください。 STEP. 2希望する返礼品と寄附する自治体を決める 希望する返礼品をお選びいただき、寄附を行う自治体を決定してください。 ふるなびではバラエティー豊かな返礼品を揃えており、各種ランキングや返礼品のカテゴリーからお好みの返礼品をお探しいただけます。 STEP. 3自治体に寄附を申込む 寄附を行う自治体が決まったら、寄附申込みフォームから自治体に寄附の申込みを行ってください。 クレジットカードでのお支払いに対応している自治体では、お申込みと同時に寄附が完了するため、さらに簡単・便利にお申込みいただけます。 STEP. 4返礼品と証明書を受け取る ふるさと納税を行った自治体から、お申込み時にご指定いただいた返礼品が届きます。 また、寄附の証明として「寄附金受領証明書」や「ふるさと納税ワンストップ特例制度」に関する書類などが届きます。 STEP. 5税金の控除の申請を行う ふるさと納税で寄附金の控除を受けるには、ステップ4で受け取った「寄附金受領証明書」を添えて確定申告をする必要があります。 また、サラリーマンなどの給与所得者は、一定の条件を満たすことで「ワンストップ特例制度」を利用することもできます。 ふるさと納税の寄附金控除について ふるさと納税で寄附金の控除を受けるためには、確定申告を行うか、ワンストップ特例制度を利用する必要があります。 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、以下の条件を満たせば、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度です。 ワンストップ特例制度を利用することで、おもにサラリーマンなどの給与所得者は確定申告を行うことなくふるさと納税を利用できます。 ふるさと納税ワンストップ特例制度の適用条件• ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者(会社員など)である。 一年間(1月~12月)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内である。 確定申告とワンストップ特例制度の税控除の比較 確定申告を行った場合、ふるさと納税の寄附金控除は所得税と住民税から行われます。 しかし、ワンストップ特例制度を利用した場合、所得税の控除分もあわせて、全ての控除が住民税から行われます。 確定申告を行っても、ワンストップ特例制度を利用しても、控除される寄附金額の合計額は変わりません。 確定申告を行う場合• ワンストップ特例制度を利用する場合.

次の

ふるさと納税サイトの「さとふる」でamazonキャンペーン!!

さとふる amazon

出典:さとふる さとふるのキャンペーンは通常「キャンペーンコード」の入力が必要ですが、 今回は不要です。 そのままさとふるでふるさと納税をするだけでOKですね。 いつまでが対象? 2018年12月15日(土)午前0時0分~ 12月31日(月)午後11時59分 年末ギリギリまでOKです。 注意点としては、年末ギリギリの申し込みはクレジットカードのみが対応です。 多くの自治体は現金振り込みは早めに申し込みを終了します(自治体の業務は12月28日(金)までです)。 担当者も休む方もいるでしょうし。 5,000円以上の寄付が対象 キャンペーン期間中、 合計5,000円以上寄付が対象です。 かにやいくらなど 海鮮類の返礼品が手厚いですね。 さとふるさん太っ腹ですね。 \早速チェック/ さとふるのふるさと納税をさらにお得にする方法 ちょっとしたことですが、さとふるのふるさと納税を少しお得にする方法です。 などジャックスカードを持っていると、ジャックスモールを利用すると思います。 5%にアップしていますね。 また、であれば、dカードモールを使えるので、 dポイントが通常2%つくのが、 2. 5%とポイントアップしています。 また、の場合、エムアイカードWEBサービスページ経由の利用で通常ポイント5倍(2. 5%分)のところ、期間中は 7倍(3. 5%分)付与とすごいですね。 Amazonギフト券がもらえることで、この2,000円の負担も賄うことができるかもしれませんね。 毎年ふるさと納税をしていますが、これだけ大体的にAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しているのは記憶にないです。 年末のこの時期にしたほうがお得だったかなーという思いです。 これから、ふるさと納税をされる方はある意味ラッキーですね。 ノーリスクでAmazonギフト券ももらえちゃうわけですから。 以上、さとふるの100億円還元キャンペーンでした。 運営者 30代の会社員しながらブログ書いているジンです。 子育てしながら、資産1億円をめざして、お金を増やす、減らさないことを考えるブログを運営。 ふるさと納税歴5年。 お得なふるさと納税情報も発信しています。 株式投資では配当金再投資をメインに、不労所得を増やす方法を取っています。

次の