害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生。 【7話無料】駆除人

漫画「駆除人」の感想!異世界転生した清掃員が活躍する異彩を放つ面白いマンガ|魂を揺さぶるヨ!

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

登場人物 コムロナオキ 異世界では害虫駆除の仕事をしておりレベルも非常に高く強い。 マイペースな正確であり、人に対してとても優しく、 依頼された仕事もきっちりこなす。 見た目とは裏腹に非常に強く、相手になる敵はなかなかいない。 アイル 訓練生の教官をしていたが、ナオキの仲間になり冒険している。 戦闘技術は非常に高く、格闘と魔法で戦っていく。 ベルサ 餓死寸前で出会った魔物に詳しい魔物学者。 ナオキに助けられ、仲間になり一緒に冒険をする。 どんな魔物も好きで、テンションが高い。 3巻のあらすじ 10話:もう1人の異世界者 ナオキとアイルとベルサは、海を渡り緑と命が溢れる「密林の島」に辿り着いた。 密林の島は自然が豊かだったが、奇怪でもあった。 そこには 「ワイルドボア」と呼ばれる超大物イノシシの形の魔物や、通常のマスマスカル 大きなネズミ よりひと回りデカい魔物と出会う。 しかし、ナオキは冷静に殺鼠スプレーで倒していく。 マルケスにダンジョンを案内してもらうことになり、ついていくナオキ、アイル、ベルサだった。 そんなダンジョンは、ナオキの想像を遥かに超えるものだった。 ダンジョンでは、空が広がり、熱い太陽が照り付け、砂漠が広がり、そこに生息する見た事の無い大型の魔物たちの姿にナオキ達は圧倒されてしまう。 最下層にあるダンジョンコアがダンジョンの各階層・魔物を生成し、マルケスはそのダンジョンを管理をしているのだった。 ナオキはマルケスはかつて勇者として活躍した過去があり、不死の身体を手に入れ、魔王討伐を目指したかつての経緯を聞く。 それ故に年老いても死ぬことが出来なくなってしまった。 マルケスはナオキ、アイル、ベルサとの姿をみて、かつての冒険していた自分を想い出し、それを懐かしく想う彼から、驚くべき事を言われてしまいます。 それは自分の命を奪ってほしいというものだったのだ… 12話:300年ぶりの青春 マルケスは自分の命を奪って欲しいと願ったが、もちろんナオキはあっさりと断る。 部屋を出てマルケスの部下であるガイストテイラーに声をかける。 茶を飲みながらナオキはガイストテイラーと話し、マルケスとの昔話をしてくれた。 そして翌日、アイルと共にスノウフォックスという魔物狩りに向かう。 餌を仕掛け、スノウフォックスが夢中に食べているところを30匹まとめて退治してしまう。 ベルサはマルケスと一緒にダンジョンに行き、モンスターの研究資料を完成させてしまう。 翌日に、アイルと共にスノウフォックス狩に向かい、小さなかまくらを使い、餌となる肉を仕掛け、食べている隙に、素早いスノウフォックス達を仕留めていき、30匹をまとめて退治してしまいます。 マルケスのダンジョンに潜り、狩りを繰り返し、ベルサはダンジョンに生息するモンスターの研究資料を完成させ、依頼を無事に達成していきます。 何時の間にか仲良くなっていたアイルとマルケスと、この島での時間を有意義に過ごし、旅立ちの時間を迎えます。 ナオキとマルケスは話し、マルケスはこれからの人生をできる限り前向きに生きることを決めたのだった。 ナオキ一向は再び旅に出るところを見て、マルケスとガイストテイラーも新しい目標を見つけた。 13話:ドラゴンの恋愛事情と迫りくる性欲 そして新たな旅に出るナオキ一向。 しかしナオキがレッドドラゴンと会った時にもらったクリスタルの匂いを追い、レッドドラゴンの恋人の水竜がやってきた。 襲われそうになったが、ナオキのドラゴン語で話すことに。 水竜はレッドドラゴンに恋愛しており探していたのだった。 ドラゴンも恋することを初めて知ったナオキだった。 そしてナオキ一向は巨大な水竜と共に旅を始めた。 しかし水竜は、彼氏のレッドドラゴンが浮気している噂を聞きお話が止まらない。 と同時にナオキは異世界で、初めての危機が。 それがまさかの「静欲の発散」だった… ナオキ一向と水竜は次の街にたどり着き、水竜はなんと人間化した。 ナオキは性欲が溜まっていることもあり、心の中で羨むのだった。 そしてもちろんのこと、水竜はレッドドラゴンを詰めるのであった。 黒竜という竜の人間化した姿が現れた。 黒竜はナオキに仕事を依頼したいと話、ナオキがどれほどの実力かを確かめることに。 黒竜がナオキの実力を試した際、見えたものは、 ナオキはなんとレベル91だったのだ! 仕事の報酬は船と地図ということでナオキは依頼を引き受けた。 14話:駆除人は異世界に染まらない 黒竜から依頼を受けた内容とは、ゾンビと竜の駆除だった。 竜の駆除だったが、その竜もゾンビ化してしまったものだった。 そのゾンビ化した竜の彼女の名前は、光竜といい恐ろしく強く、美しかったものだった。 しかしある日、どこぞの勇者に深い傷を負わされとどめは刺されなかった。 その傷が原因でゾンビ化してしまったものだった。 街のゾンビの相手はベルサが肉を利用し退治し、ナオキとアイルはドラゴンゾンビを倒すのだった。 ドラゴンゾンビが眠っている丘の上に、ナオキは魔法陣を書いてくり抜くのだった。 くりぬき、光竜が目を覚ました。 アイルはとっさに光竜の首を切ろうとする。 しかし一発では切れずに距離を取ることに。 ナオキが向かおうとしたが、ここはアイルが再び魔法を使い光竜に挑む。 そして今度は、光竜の首を切ることに成功し駆除完了。 感想 3巻も非常にユニークな内容になっています。 龍が人間化することは、他の漫画にない魅力になっています。 また出てくる人たちが可愛く、異世界感が出てて非常におもしろくなっております。 また3巻でも様々な魔物が出てきたが、相変わらずナオキは最強という安定感があります。 駆除人を是非お読みください!!! 「駆除人 3巻」を無料で読む方法 FODのサービスであれば、 1ヶ月2週間無料のプレミアム会員になることで駆除人3巻も無料で読むことができます。 しかも2巻以上も。

次の

【完結済み】異世界。なろう小説。おすすめ12選。

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

転生したらスライムだった件 突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。 意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!え?…え?何でスライムなんだよ!!!… 異世界転生といったらこの作品。 自分は、この作品がきっかけで異世界転生にはまった。 展開も早く、難しい理屈もないので読みやすい。 初めて読むのであれば、この作品がオススメだ。 スキルもありダンジョンもあり、生産も進化も魔王もでてくるので、王道異世界もの小説ってこんな感じなのかということがわかる。 また、登場キャラも個性が強く、とくに初っ端出てくるドラゴンがいい奴で、終始面白い。 こいつが出てきただけでにやけてしまうのは仕方ないだろう。 小説だけでも満足だが、やはり絵があるほうが好きだ。 ああ、未来に行って完結した漫画を読みたい!! 盾の勇者の成り上がり 盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。 「異世界に勇者として召喚される。 」と聞くと、能力チートでウハウハな感じを想像してしまうが、この作品は違う。 召喚されたときから、勇者であるのはそうだが冷遇されているところからスタート。 始めは弱く、それでもめげずに、少しずつだが主人公も武器も強くなっていく。 そんなところが引き込まれる。 「次はどんな強化がされるんだろう。 」とワクワクドキドキする展開の仕方。 裏切られ、疑心暗鬼な主人公が仲間を得て、心身ともに成長していく。 この底からギリギリながらも這いあがっていく感じが手に汗握る。 作品がかなり長いので、途中でだれると思ったが、そんなことはなくどんどん引き込まれていった。 アナザーストーリーまでは読んでいないが、かなり派生のある作品。 ビルドエラーの盾僧侶 ~最強タンクが異世界で回復職についた場合~ 新作VRMMORPG『クロスクロニクルオンライン』で一之瀬真は回復職にもかかわらず防御力を上昇させるVITへステータスポイントを全振りしたキャラを間違って作ってしまった。 そのせいで真は回復職なのに回復では役立たずというレッテルを貼られ、周囲から地雷認定を受ける上に、キャラデリ不可、転職不可の異世界へと放り込まれてしまう。 しかし真は持ち前のMMO知識と経験を駆使してオリジナルのプレイスタイルを確立し … こちらの作品も、上で紹介した『盾勇者』と同じように、主人公の武器が盾だ。 この作品は、異世界転生ではなくVRMMOの世界で、実際にこんなことが将来できるようになったらいいのにと思いながら読んだ。 実世界よりゲーム内の時間が長いとか、精神と時の部屋やん。 システムの穴を突く主人公。 レベル。 特殊な仲間。 読みたい要素がバッチリ詰まっている。 いい感じの長さなので、盾勇者より手軽に読める作品。 魔法書を作る人 35歳童貞社畜の四十万静はサービス残業中に過労で倒れてしまう。 思い返せば酷い一生だった。 オタばれからいじめられ、以来だれにも心を開かず、就職してからは働いて働いて、友達も恋人もなく孤独に生きてきた。 結局、そのまま息を引き取った静は異世界に転生し… 魔法を書いて発動するタイプの世界。 レベルもスキルもステータスもないという珍しい設定。 「レベルもステータスも無かったら、面白くないやん。 」と思っていたが、ついつい引き込まれて読んでしまった。 それまで、レベル!スキル!ステータス!に飢えていたが、ない作品もありだね。 特に、師匠とのやり取りのところは泣いてしまう。 なんでこんなに泣かせにくるのか。 金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~ ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。 四人の勇者に巻き込まれて召喚されてしまったのだ。 日色は自由に異世界生活を満喫することにした。 書いた文字の意味を現象化させることができる《文字魔法》を使う少年が、いずれ世界を救う物語。 異世界召喚系の作品。 召喚されたのに、めっちゃ冷静な主人公にびっくり。 そして、主人公の能力がなんと文字!?そう、ユニークチートものだ。 文字って!新しいな、おい!! 「こんな漢字はどうだろう。 」「いったいどんな使い方になるのだろう。 」と考えながら読んでしまう。 やはり、漢字の多様性といったらもう大変。 能力の使い方でここまで、チートになるとは。 ただ流されるままにゲーム世界をへろへろと楽しむことに。 そんなゲーマーのプレイレポートです。 この酷いあらすじ紹介詐欺。 へろへろどころか、廃人プレイ!へろへろって「ヘロヘロになるまで」ってことか!? 主人公が 重度のバトルジャンキーで、サモナーというモンスターを召喚して戦ってもらう職業なのに、本人がバトルに突っ込んでいく。 わかりやすく説明すると、モンスターを召喚、モンスタ-を待機させ、自分が殴りに行く。 そう、置いてけぼりをくらったモンスターもいったい何が起こったのやらだ。 出てきた敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ。 見敵必殺(サーチアンドデストロイ)。 もちろん、召喚モンスターもレベルが上がれば進化や融合もできる。 そっちがメインだろうに、添え物感が半端ない作品。 このまま、似たような展開が続くかと思われたが、後半で少しずつ雰囲気が変わってくる。 そして 最後の戦いは涙ちょちょぎれる!!。 まさか、こういうことだったとは。 自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う 自他共に認める自動販売機マニアである彼は、交通事故から自動販売機を守って死んだ。 そこで人生を終える筈だった彼が目覚めたのは、自然豊かな湖畔だった。 異世界の迷宮で一人……一台佇む彼が一人の少女と出会うことにより物語は動き始めるのだった。 転生したのに、不遇職やスキルって話はよくあるが、 生き物ですらない! 自販機!いったいどうやって生きていくんや?そもそも生きてるのか? 気になるところ満載で読み始める。 「自販機ってこんなにも種類あったんだな。 」と思った人は少なくないはず!! どんな姿かたちでも異世界ならやっていける。 そんな自信をくれる作品。 異世界でアイテムコレクター ただ、物を集めるのが好きだった俺は72財宝と呼ばれるアイテムを集めさせられるために大魔王の娘ルシルによって召喚された。 そして、説明を聞いている途中で、大魔王の力を己の身体に取り込んでしまい、強大な力を手に入れてしまった。 その力で俺は材料からアイテムを作り出すための能力、アイテムクリエイトを習得した。 ちょっと間抜けな女勇者の従者になったり、大魔王の娘をチョコレートで餌付けしたり、迷宮に魔物を配置したりと大忙しだが、とりあえず目指すはアイテム全取得! 862139218種類制覇! 図鑑コンプリートと思いきや生産系の物語。 素材を集め、作る!たったそれだけなのに世界を救う!? とんでもない、料理を作るヒロイン登場。 お粥がドラゴンに!しかも、食べられるために襲ってくる!? バトルジャンキーも、ドジっ子も、冷たい目のお姉さんも登場。 面白いかって? 面白い。 そして、そこそこ長い。 LV999の村人 この世界には、レベルという概念が存在する。 モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。 また、誰もがモンスター討伐に乗り出せる訳ではなく、生まれついて神から授かった役割(ロール)にも大きく影響を受ける事になる。 ... 異世界転生ではないですが、異世界のお話。 現在の世界の仕組みに疑問を持ち、それにあらがう主人公。 人間や魔族。 双方の考えを変えたいのだが、うまくはいかない。 仲間や命。 世の理について、自分の頭でしっかりと考えることの大切さ。 本当に双方のためになることはなんなのか。 そして、本当の敵とは? すごく考えさせられる。 差別や偏見とか。 人権とはなんなのだろうかとか。 今の人生に無気力な人にはぜひ読んでほしい。 前に進もうと思える作品。 最近、遂に完結!後日談開始!! 転生したけどやっぱり底辺ぽいので冒険者をやるしかなかった 現代からファンタジーっぽい世界に転生したはいいが、特別才能も能力もない。 前世の知識や経験も活かせるわけでもない。 生まれ育った村にいても、それ以上の先はない。 ならばと思って町に出て冒険者に…。 書籍化されてないですが面白い。 ステータスはないがレベルだけわかる世界。 他の作品のように、劇的に強くなるわけでも、魔王を倒すわけでもない。 ただの一般人の人生譚のような作品。 主人公の苦悩と頑張り。 家族のあたたかさ。 そんな、何気ない日常の積み重ねのお話。 これだけ、どうでもよいような作品が出回っている時代に、なんで書籍化されてないのだろうかと思うほどの作品。

次の

異世界転生した清掃員が最強。ギャグファンタジー溢れる「駆除人」3巻のネタバレ

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

登場人物 コムロナオキ 異世界では害虫駆除の仕事をしておりレベルも非常に高く強い。 マイペースな正確であり、人に対してとても優しく、 依頼された仕事もきっちりこなす。 見た目とは裏腹に非常に強く、相手になる敵はなかなかいない。 アイル 訓練生の教官をしていたが、ナオキの仲間になり冒険している。 戦闘技術は非常に高く、格闘と魔法で戦っていく。 ベルサ 餓死寸前で出会った魔物に詳しい魔物学者。 ナオキに助けられ、仲間になり一緒に冒険をする。 どんな魔物も好きで、テンションが高い。 3巻のあらすじ 10話:もう1人の異世界者 ナオキとアイルとベルサは、海を渡り緑と命が溢れる「密林の島」に辿り着いた。 密林の島は自然が豊かだったが、奇怪でもあった。 そこには 「ワイルドボア」と呼ばれる超大物イノシシの形の魔物や、通常のマスマスカル 大きなネズミ よりひと回りデカい魔物と出会う。 しかし、ナオキは冷静に殺鼠スプレーで倒していく。 マルケスにダンジョンを案内してもらうことになり、ついていくナオキ、アイル、ベルサだった。 そんなダンジョンは、ナオキの想像を遥かに超えるものだった。 ダンジョンでは、空が広がり、熱い太陽が照り付け、砂漠が広がり、そこに生息する見た事の無い大型の魔物たちの姿にナオキ達は圧倒されてしまう。 最下層にあるダンジョンコアがダンジョンの各階層・魔物を生成し、マルケスはそのダンジョンを管理をしているのだった。 ナオキはマルケスはかつて勇者として活躍した過去があり、不死の身体を手に入れ、魔王討伐を目指したかつての経緯を聞く。 それ故に年老いても死ぬことが出来なくなってしまった。 マルケスはナオキ、アイル、ベルサとの姿をみて、かつての冒険していた自分を想い出し、それを懐かしく想う彼から、驚くべき事を言われてしまいます。 それは自分の命を奪ってほしいというものだったのだ… 12話:300年ぶりの青春 マルケスは自分の命を奪って欲しいと願ったが、もちろんナオキはあっさりと断る。 部屋を出てマルケスの部下であるガイストテイラーに声をかける。 茶を飲みながらナオキはガイストテイラーと話し、マルケスとの昔話をしてくれた。 そして翌日、アイルと共にスノウフォックスという魔物狩りに向かう。 餌を仕掛け、スノウフォックスが夢中に食べているところを30匹まとめて退治してしまう。 ベルサはマルケスと一緒にダンジョンに行き、モンスターの研究資料を完成させてしまう。 翌日に、アイルと共にスノウフォックス狩に向かい、小さなかまくらを使い、餌となる肉を仕掛け、食べている隙に、素早いスノウフォックス達を仕留めていき、30匹をまとめて退治してしまいます。 マルケスのダンジョンに潜り、狩りを繰り返し、ベルサはダンジョンに生息するモンスターの研究資料を完成させ、依頼を無事に達成していきます。 何時の間にか仲良くなっていたアイルとマルケスと、この島での時間を有意義に過ごし、旅立ちの時間を迎えます。 ナオキとマルケスは話し、マルケスはこれからの人生をできる限り前向きに生きることを決めたのだった。 ナオキ一向は再び旅に出るところを見て、マルケスとガイストテイラーも新しい目標を見つけた。 13話:ドラゴンの恋愛事情と迫りくる性欲 そして新たな旅に出るナオキ一向。 しかしナオキがレッドドラゴンと会った時にもらったクリスタルの匂いを追い、レッドドラゴンの恋人の水竜がやってきた。 襲われそうになったが、ナオキのドラゴン語で話すことに。 水竜はレッドドラゴンに恋愛しており探していたのだった。 ドラゴンも恋することを初めて知ったナオキだった。 そしてナオキ一向は巨大な水竜と共に旅を始めた。 しかし水竜は、彼氏のレッドドラゴンが浮気している噂を聞きお話が止まらない。 と同時にナオキは異世界で、初めての危機が。 それがまさかの「静欲の発散」だった… ナオキ一向と水竜は次の街にたどり着き、水竜はなんと人間化した。 ナオキは性欲が溜まっていることもあり、心の中で羨むのだった。 そしてもちろんのこと、水竜はレッドドラゴンを詰めるのであった。 黒竜という竜の人間化した姿が現れた。 黒竜はナオキに仕事を依頼したいと話、ナオキがどれほどの実力かを確かめることに。 黒竜がナオキの実力を試した際、見えたものは、 ナオキはなんとレベル91だったのだ! 仕事の報酬は船と地図ということでナオキは依頼を引き受けた。 14話:駆除人は異世界に染まらない 黒竜から依頼を受けた内容とは、ゾンビと竜の駆除だった。 竜の駆除だったが、その竜もゾンビ化してしまったものだった。 そのゾンビ化した竜の彼女の名前は、光竜といい恐ろしく強く、美しかったものだった。 しかしある日、どこぞの勇者に深い傷を負わされとどめは刺されなかった。 その傷が原因でゾンビ化してしまったものだった。 街のゾンビの相手はベルサが肉を利用し退治し、ナオキとアイルはドラゴンゾンビを倒すのだった。 ドラゴンゾンビが眠っている丘の上に、ナオキは魔法陣を書いてくり抜くのだった。 くりぬき、光竜が目を覚ました。 アイルはとっさに光竜の首を切ろうとする。 しかし一発では切れずに距離を取ることに。 ナオキが向かおうとしたが、ここはアイルが再び魔法を使い光竜に挑む。 そして今度は、光竜の首を切ることに成功し駆除完了。 感想 3巻も非常にユニークな内容になっています。 龍が人間化することは、他の漫画にない魅力になっています。 また出てくる人たちが可愛く、異世界感が出てて非常におもしろくなっております。 また3巻でも様々な魔物が出てきたが、相変わらずナオキは最強という安定感があります。 駆除人を是非お読みください!!! 「駆除人 3巻」を無料で読む方法 FODのサービスであれば、 1ヶ月2週間無料のプレミアム会員になることで駆除人3巻も無料で読むことができます。 しかも2巻以上も。

次の