ヨルシカ 夜行 歌詞。 ヨルシカ『夜行』歌詞の意味を考察・解釈

【ヨルシカ/ノーチラス】歌詞の意味を解釈!まさかのエイミー目線!物語は核心へ。

ヨルシカ 夜行 歌詞

ヨルシカ• J-Pop• provided courtesy of iTunes 美しい情景描写の元で描かれる 新たな物語。 純文学を思わせるような 情緒溢れるリリック。 必見である。 ヨルシカの楽曲は毎回さまざまな考察がなされており、本楽曲もその例にたがわず多くの解釈の余地が残されている。 この記事では楽曲が残した多くの余白について、筆者の個人的な考察を述べていきたい。 最後までお読みいただければ幸いだ。 n-bunaさんのコメント 『夜行』の作詞・作曲を務めた n-bunaさんは楽曲の配信に寄せて、Twitterにて次のように述べている。 夜行は大人になること、忘れてしまうこと、死へ向かうことを夜に例えて書いた詩です。 サビの晴る(春)に掛かるのが春の花の一輪草、花言葉は追憶で、この歌は春に咲く花を思い返す夏の歌でもあります。 人生の夜を行こうとする誰かに贈ります。 n-buna nbuna-staffより 大人になること、忘れてしまうこと、死へ向かうこと。 ここではn-bunaさんのこのコメントを元にして、歌詞の意味を読み取っていく。 ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね 列車にでも乗って行くかい。 僕は何処でもいいかな 君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ そっか、隣町なら着いて行くよ (中略) ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。 僕はそれが見たいかな 君は忘れてしまうだろうけど思い出だけが本当なんだ そっか、道の先なら着いて行くよ ヨルシカ 夜行 1番と2番のAメロBメロ。 このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね。 いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね。 僕も君も、ずっと先へ向かって行く。 疑うこともなく、好奇心を持って。 何かしたいことはあるのかい。 僕はそれが見たいかな。 いつか訪れる未来に期待するように、ただ真っ直ぐに前を見つめている。 『君は忘れてしまうだろうけど思い出だけが本当なんだ』。 この部分だけは、感情のベクトルが明らかに他の部分と逆を向いている。 過去に想いを馳せること。 思い出の輝きに気付くこと。 それが顕著に表れているのがサビの歌詞だ。 さらさら、さらさら、さらさら、さらさら 花風揺られや、一輪草 言葉は何にもいらないから 君立つ夏原、髪は靡くまま、泣くや雨催い夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね そっか、大人になったんだね ヨルシカ 夜行 n-bunaさんのコメントにもあった通り、ここは夏に春に咲く花を思い返す場面。 そして1番、2番共に、春は美しく輝かしいもの、夏は涙を流すものとして描かれている。 『言葉は何にもいらないから』。 つまるところ、 サビでの主人公は子供だった輝かしい春の日を追憶し、夏に涙を流しているのである。 言葉は何もいらない。 大人らしいものなんて必要ない、と。 誰だって、幼い頃は未来に希望を抱いている。 だけど大人になって、子どもの頃がひどく懐かしく思えてくる。 もう二度と戻れないとわかったその途端に、過ぎ去った日常にどうしようもない憧れを抱くのだ。 しかしどれだけ振り返ろうと、夜になってしまえば昼間には戻れない。 夏になってしまえば輝かしい春の日には帰れない。 戻らない青春に涙して、はたと気づく。 『 そっか、大人になったんだね』。 戻らない過去を知ること。 思い出の輝きに気付くこと。 必ず意味があるはずである。 ここで注目したいのが、二つの漢字が使われているときの視点である。 ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね 列車にでも乗って行くかい。 僕は何処でもいいかな 君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ そっか、隣町なら着いて行くよ はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね ヨルシカ 夜行 一貫して、Aメロ・Bメロでは「行く」が、サビでは「往く」が用いられている。 調べてみたところ、 「行く」は単に目的地に向かうことを、 「往く」は元の場所に変えることを前提に目的地に向かうことを意味しているらしい。 戻れないどこかへ進むことは怖いから。 子供の頃は未来に期待していて、一方通行でも進むことを厭わなかった。 だが今は、過去の煌めきを知ってしまっている。 いつか戻れることを心のどこかで期待して 「往く」と表現しているのである。 たとえ過去には戻れないとわかっていても。 MVから察するに女性である。 MVでは最後に彼女が消えてしまうような描写があるものの、歌詞で彼女がどうなったのかは明言されていない。 一体彼女はどこに消えてしまったのか。 この謎を解く鍵は、先ほどの 「往く」という表現にある。 はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね 僕はここに残るんだね ずっと向こうへ往くんだね そうなんだね ヨルシカ 夜行 『ずっと向こうへ往くんだね』。 ここで 「往く」の意味を考える。 少し前の歌詞では、本来 「行く」であるべきところを 「往く」とあえて表現していた。 何が言いたいか。 元の漢字は 「行く」ではなく、 「逝く」だったのではなかろうか。 そう考える根拠は他にもある。 上記の通り、楽曲の最後はこう締めくくられている。 しかしAメロの歌詞を振り返ってみると、 君が生きているのなら僕は取り残されるはずがないのである。 君は忘れてしまうだろうけど思い出だけが本当なんだ そっか、道の先なら着いて行くよ ヨルシカ 夜行 二人の間には、どうやら考えの違いはある。 僕は過去を振り返り、君は未来を向いている。 だがたとえ考えが違っても、僕は君に着いて行こうとしているのである。 もしも君が生きていたら。 きっと僕は君に着いて行くだろう。 また、n-bunaさんは「夜行は大人になること、忘れてしまうこと、 死へ向かうことを夜に例えて書いた詩です」と述べている。 僕が取り残されたということは、やはり君は死んでしまったのではないだろうか。 もちろんこれは一つの憶測にすぎない。 決定的な根拠なんてないし、「逝く」ではなく単に「行く」であった可能性も否定できない。 まとめ 大人になることは過去に想いを馳せること。 もう戻らない過去が美しく輝くこと。 夏の夕に春に咲く一輪草を想う。 人生の夜を行こうとする誰かに贈る、切なくも美しい名曲である。 ヨルシカ関連の記事はこちらから ご意見・ご感想はお気軽にコメントください zz-1.

次の

ヨルシカ 夜行 歌詞

ヨルシカ 夜行 歌詞

---------------- ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね 列車にでも乗って行くかい。 会話の内容から「僕」と一緒にいる人がどこかへ行こうとしていることがわかります。 一体どうなっていくのでしょうか。 続くサビは以下の通りです。 これを元に考えると、ここは過去の思い出について歌っているように思えます。 それを裏付けるように、次の歌詞は夏の様子が表現されているのです。 サビ前半部分は回想、そして後半部分が現実。 3行目からはなんだか物悲しさを感じます。 いつの話なの?2人は一緒にいるの? ---------------- ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。 1番では「夜になったら」と言っていたのが「大人になったら」に変わっていますね。 前半に比べ、もう少し規模の大きな話をしているようです。 そして注目していただきたいのが3行目。 思い出が色褪せないのは察しがつきますが「君」を忘れてしまうのは何故なんでしょう? 一緒にいるのならお互い忘れずに何度でも思い出すことができるはずですよね。 「ってことは一緒にいないの?」と思った方もいるかもしれませんが、続く歌詞では「道の先ならついていく」と言っています。 一体どういうことなんでしょう。 ちなみに、続くサビは以下のような歌詞です。 しかし、1番と少しだけ違うのは、この後に以下のような続きが歌われていること。 ますます謎は深まるばかり・・・。 ストーリーのヒントはラストに 最後のサビは前半は1番と同じ内容が歌われています。 注目すべきなのは後半。 一体どこへ行ってしまったのでしょうか。 答えが最後の最後に出てきます。 それを踏まえてもう一度歌詞をみてみると、謎が紐解けてきます。 まず、これは幼い頃から一緒にいた2人の物語。 恐らくその幼い頃に「君」はずっと向こうに行ってしまったのでしょう。 しかし、状況がよくわからない「僕」は心の中の「君」に呟きます。 「隣町ならついていくよ」と。 そしてサビの部分は大人になった「僕」の回想ではないでしょうか? 「夏の終わり」が象徴的に歌われていることから「君」は夏に亡くなったのでしょう。 夏が来るたびに「君」のことを思い出しているんだと推測されます。 そして、思い出に浸った後で気づくのです。 「そっか、僕は大人になったんだ」と。 そう思うと非常に悲しいストーリーですよね。 でも、suisさんの優しい声がそう感じさせないのが素晴らしいところ。 この楽曲にはストーリー仕立てのMVもありますので、ぜひチェックしてみてください! ご自身で色々な考察をしながら聴きくと、より楽曲の魅力に浸れるかもしれませんよ。 TEXT ゆとりーな.

次の

夜行

ヨルシカ 夜行 歌詞

作詞:n-buna 作曲:n-buna 時計が鳴ったからやっと眼を覚ました 昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ 出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ どうせ出ないのは夜が明けないから 喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪魔してるんだよ さよならの速さで顔を上げて いつかやっと夜が明けたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから 傘を出してやっと外に出てみようと決めたはいいけど、靴を捨てたんだっけ 裸足のままなんて度胸もある訳がないや どうでもいいかな 何がしたいんだろう 夕飯はどうしよう 晴れたら外に出よう 人間なんてさ見たくもないけど このままの速さで今日を泳いで 君にやっと手が触れたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を忘れたって覚えているから 丘の前には君がいて随分久しいねって、笑いながら顔を寄せて さぁ、二人で行こうって言うんだ ラップランドの納屋の下 ガムラスタンの古通り 夏草が邪魔をする このままの速さで今日を泳いで 君にやっと手が触れたら もう目を覚まして。 君を忘れた僕を さよならの速さで顔を上げて いつかやっと夜が明けたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから tokei ga na xtu ta kara yatto me wo sa masi ta kinou no kaze ga tyotto uso mitai da de kakeyo u ni mo 、 axa 、 yohou ga amemoyou da douse de nai no ha yoru ga a ke nai kara nodo ga kawa ku toka 、 kokoro ga ita i toka 、 ningen no zenbu ga zyama si teru n da yo sayonara no haya sa de kao wo a ge te ituka yatto yoru ga a ke tara mou me wo sa masi te。 mi te。 ne boke manako no kimi wo nando datte ega i te iru kara kasa wo da si te yatto soto ni de te miyo u to ki me ta ha ii kedo 、 kutu wo su te ta n da kke hadasi no mama nante dokyou mo aru wake ga nai ya doudemo ii kana nani ga si tai n daro u yuuhan ha dou siyo u ha re tara soto ni de yo u ningen nante sa mi taku mo nai kedo konomama no haya sa de kyou wo oyo i de kimi ni yatto te ga hu re tara mou me wo sa masi te。 mi te。 ne boke manako no kimi wo wasu re ta tte obo e te iru kara oka no mae ni ha kimi ga i te zuibun hisa sii ne tte 、 wara i nagara kao wo yo se te sa xa 、 hutari de i ko u tte i u n da rappurando no naya no sita gamu rasu tan no huru doo ri natukusa ga zyama wo suru konomama no haya sa de kyou wo oyo i de kimi ni yatto te ga hu re tara mou me wo sa masi te。 mi te。 kimi wo wasu re ta boku wo sayonara no haya sa de kao wo a ge te ituka yatto yoru ga a ke tara mou me wo sa masi te。 mi te。 ne boke manako no kimi wo nando datte ega i te iru kara.

次の