乾燥機 部屋干し。 【カワクーナ】【ご予約期間は1000円引き!】衣類乾燥機 小型 コンパクト 乾燥機 省エネ 部屋干し 梅雨 カビ 子供服 洗濯物 1人暮らし 節電 めざましテレビ :0871

部屋干しの味方!衣類乾燥機おすすめ10選

乾燥機 部屋干し

ジメジメした季節に大活躍する除湿機ですが、最近では衣類乾燥機能が搭載された 「衣類乾燥除湿機」の人気が高まってきています。 部屋干しだけでなく、夏の湿気対策や冬の結露防止にも活躍します。 とはいえ、商品によってコンプレッサー式やハイブリッド式などの除湿方式も異なり、電気代や除湿性能もさまざま。 そこで今回は、おすすめの衣類乾燥除湿機10選を人気ランキング形式でご紹介します。 パナソニックやシャープ、日立などの有名メーカーをはじめ、アイリスオーヤマのようなコスパ優秀メーカーからも、クチコミ評価の高いモデルを徹底比較しました。 あわせて衣類除湿乾燥機の特長や選び方のコツなども解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。 出典: 衣類乾燥除湿機は、除湿機のなかでも衣類乾燥に力を入れたモデルです。 最近では花粉やPM2. 5、排気ガスなどの問題から、洗濯物を部屋干しする人が増えています。 部屋干しには衣類乾燥機を使う選択肢もありますが、衣類乾燥除湿機なら 夏の湿気対策や冬の結露防止なども一台で完結させることができます。 また除湿をしながら衣類乾燥をするため、扇風機やエアコンなどを使って部屋干しする場合と比較して 洗濯物が乾きやすいのも大きなメリット。 洗濯物の乾燥時間を短縮したい人や、タオルや衣類をふんわり仕上げたい方は、以下の記事で紹介している「衣類乾燥機」も候補に入れてみてください。 設置スペースは必要になりますが、どれも満足度の高いモデルを厳選しています。 衣類乾燥除湿機の選び方 除湿・部屋干しと一台二役の活躍をしてくれる衣類乾燥除湿機は、モデルによって除湿方式や除湿能力が異なります。 自分にあった商品を見つけるためには、以下の3項目をチェックしましょう。 除湿方式• 除湿可能面積• 排水タンク容量 いずれも除湿能力や衣類乾燥に関わる重要な項目ですので、以下で詳しく解説していきます。 衣類乾燥除湿機の除湿方式には3つのタイプがある 衣類乾燥除湿機を選ぶうえで、まずチェックすべきは除湿方式です。 除湿方式には以下の3つがあり、それぞれ適した季節や電気代が異なります。 コンプレッサー式• デシカント式• ハイブリッド式 各方式の特徴については、以下の表をご覧ください。 コンプレッサー式はジメジメした季節に最適 出典: コンプレッサー式は、本体に取り込んだ湿った空気を冷やすことで水滴にして除湿する、エアコンの除湿機能のようなタイプです。 室内の空気を水滴に変える方式で、 湿度が高いほど除湿できる量が多くなります。 そのため、気温が高くジメジメした季節にはとくに効果的です。 また後述するデシカント式と異なりヒーターを使わないため、 消費電力が少ない(電気代が安い)こともメリット。 ただしコンプレッサーを搭載しているため、本体サイズや運転音が大きめな傾向があります。 梅雨時や夏場など、 湿気の多い時期に衣類乾燥除湿機を使いたい方にはコンプレッサー式がおすすめです。 デシカント式は安定した除湿力と静音性が魅力 出典: デシカント式は、ゼオライトと呼ばれる乾燥剤に水分を吸収させて湿気を除去するタイプ。 吸収された水分は内部のヒーターで温められ、再び冷やされて水滴になり排水タンクに溜まります。 ヒーターを使用して水分を温めるため、 寒い季節でも安定した除湿ができることが魅力。 また、コンプレッサーを搭載していないので 静音性の高さも利点です。 しかし、ヒーターを使用することによる消費電力の増加や室温の上昇がネックとなります。 そのため、 夏場以外でも衣類乾燥除湿機を使用したい方にはデシカント式がおすすめです。 ハイブリッド式は夏でも冬でも効率的な除湿が可能 出典: ハイブリッド式は、コンプレッサー式とデシカント式のいいとこ取りをしたようなタイプです。 そのため、夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式、というように季節に適した方式を選ぶことができ、 年間を通して効率的な除湿をすることができます。 両方式を搭載しているため必然的に本体サイズが大きくなりがちで、価格も高い傾向にありますが、1年中使いたい方や 高性能なモデルを探している方にはとくにおすすめの方式です。 衣類乾燥除湿機の除湿可能面積は広めを選ぶ 出典: 衣類乾燥除湿機の除湿能力が高ければ、そのぶん衣類乾燥に適した環境になり性能も上昇します。 そのため、除湿能力は必ず確認しておきましょう。 除湿機が「24時間運転するとどのくらい除湿できるか」を示した数値を、 「定格除湿能力」と言います。 そこで登場するのが 「除湿可能面積」。 除湿可能面積は定格除湿能力をもとに算出され、木造(和室)・鉄筋(集合住宅)において、それぞれ どのくらいの広さを除湿できるかを示しています。 具体的な数値を、以下の表にまとめました。 定格除湿能力 木造 鉄筋 2. また、部屋干しをするとお部屋の湿度も上昇しますので、より高い除湿能力が求められます。 衣類乾燥機能を重視する場合は、自分のお部屋の面積よりも 除湿可能面積が広いモデルを選ぶのがおすすめです。 長時間除湿したいなら、衣類乾燥除湿機の排水タンク容量を確認 出典: 衣類乾燥除湿機を選ぶうえで、排水タンクの容量も見逃せないポイントです。 排水タンクとは、除湿する際に出た水を溜めておくタンクのこと。 この排水タンクがいっぱいになってしまうと、衣類乾燥除湿機の運転が止まってしまいます。 「気が付いたら除湿をしていなかった」といったことにならないためにも、タンク容量をチェックしておきましょう。 とはいえ、タンク容量が大きいモデルほど本体サイズも大きくなる傾向にありますし、とくに 女性の方は満タンに溜まった水を捨てるのは大変です。 タンク容量は2. 0Lほどのモデルにしてこまめに水を捨てるようにするか、4. 5Lほどのモデルにして捨てる回数を減らすか、お好みで選びましょう。 就寝時や外出時など長時間連続使用する方に関しては、ある程度はタンク容量の多い商品を選ぶのがおすすめです。 夏でも冬でも大活躍!衣類乾燥除湿器のおすすめ人気ランキングTOP10 衣類乾燥除湿機は、除湿・加湿と一台二役の活躍をしてくれるスグレモノ。 しっかりとパフォーマンスを発揮するモデルを選ぶためには、「除湿方式」「除湿可能面積」「排水タンク容量」の3項目は必ず比較しましょう。 あわせて、 衣類乾燥に適した機能が搭載されているかも確認しておくと安心です。 シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイー」など、部屋干しの悩みのタネである ニオイや雑菌の繁殖を抑えてくれる機能を搭載したモデルも販売されています。 ほかにも衣類乾燥専用のモードやタイマー機能、オートストップ機能などがありますので、各商品をチェックしてみてください。 それでは、衣類乾燥除湿機のおすすめ人気ランキングTOP10を発表していきます。 3kgと軽め。 そのため部屋を移動して使うのにも適しており、浴室などへ運ぶのも苦になりません。 またタンクにはハンドルがついているため、 排水もカンタン。 「小さいのにパワフル」 「浴室の湿気があってもしっかりと衣類乾燥できる」 といったクチコミが見られ、 衣類乾燥・除湿性能が高く評価されています。 扱いやすい衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 強い風を送れるため、 部屋干しの乾燥時間を短縮することが可能。 340cmの振り幅をほこる首振り機能もあるため、広い範囲に効率的に送風できます。 また サーキュレーターと除湿機は単独でも使えるため、季節や場所を問わず活躍してくれることでしょう。 「浴室でもしっかりと衣類が乾燥できる」 「除湿量がとにかくすごい」 など満足度の高い商品ですが、いっぽうで「故障しやすい」といった意見もあるので、保証期間などを確認して購入するのがよいでしょう。 除湿だけでなく、 サーキュレーターでしっかり送風もしたい方におすすめの衣類乾燥除湿機です。 5L 便利機能 プラズマクラスター 切タイマー(1〜12h) 乾きの質と力が違う。 プラズマクラスターを搭載したパワフルタイプ シャープが販売する「CV-H180」は、プラズマクラスターを搭載した衣類乾燥除湿機。 とくに部屋干し衣類のニオイ対策に力を入れたモデルです。 運転中はもちろんのこと、 運転した後もプラズマクラスターで消臭してくれる「臭い取り対策モード」で二重のニオイ対策がほどこされています。 また縦にも横にも広範囲に送風が可能なため、洗濯物が多くても 安定した乾燥能力が見込めます。 「湿気の多い時期でも洗濯物がよく乾く」 「雨の日でもカラッと乾いてニオイがしない」 など、衣類乾燥面では高評価が並んでいますが、「運転音が大きい」といった指摘もありましたので音の気になる方は注意が必要です。 衣類乾燥や消臭能力の高い衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 5L 便利機能 切タイマー(1〜9h) 衣類乾燥オートストップ機能 コンプレッサー式採用。 パワフルな除湿力をもつ衣類乾燥除湿機 国内メーカーコロナの「CD-H1819」は、 鉄筋なら40畳までカバー可能な高い除湿可能面積を誇る衣類乾燥除湿機です。 約2kgの洗濯物を46分で乾かせるスピーディーさで、衣類が乾き終わったら自動で停止する衣類乾燥オートストップ機能も搭載しています。 また運転停止後には、除湿機の内部を乾燥してくれる内部乾燥モードによりカビの発生を抑制することができます。 防菌・防カビフィルターは10年間交換不要ですので、 メンテナンスの簡便さも魅力です。 「家族4人分の洗濯物でも乾きやすい」 「除湿能力がかなり高い」 といった衣類乾燥・除湿性能がしっかりと評価されています。 除湿可能面積が広いので、 家族で使える衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 7L 便利機能 夜干しモード 切タイマー(1〜9時間) 季節や地域を問わないハイパワーの大容量モデル 三菱電機の「MJ-P180PX」は、 除湿可能面積の広さが魅力の衣類乾燥除湿機です。 パワーのあるモデルですので、大量の衣類もスピーディーに乾かすことが可能。 静音性をおさえた夜干しモードもあり、 就寝時の使用でも運転音が気になりません。 また、花粉などをキャッチしてくれる銀イオン抗アレルフィルターやプラチナ抗菌フィルターを採用しているため、衛生面でも信頼性の高いモデルです。 「パワーがあり、家中の除湿ができる」 「今まで使った除湿機のなかでいちばん除湿能力が高い」 など、除湿能力が高く評価されています。 除湿能力の高いモデルを探している方におすすめです。 部屋干し衣類の除臭やカビ菌の抑制が可能なナノイーXは、従来のナノイーと比較すると部屋干し臭を抑えるスピードがなんと10倍。 衣類乾燥モードも少量から速乾、おまかせなど複数種類から選択することができます。 また洗濯物を2列に詰めて干しても 乾きムラの少ないツインルーバーを採用し、より部屋干しの効率を高めています。 「カーテンや台所のニオイなどもしっかりとれる」 「除湿はおまかせにすればかなり静か」 など、除臭性能も高く評価されており、 静音性を褒める声も見られました。 除湿可能面積が広く、高機能な衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 衣類乾燥にピッタリのモデル トヨトミの「TD-Z80G」は、衣類乾燥・除湿・衛生面などのバランスに優れた衣類乾燥除湿器です。 洗濯物の多さにあわせて選べる衣類乾燥モードを搭載しており、 効率の良い部屋干しが可能。 除湿面では温湿度センサーもついているので、 常に快適な湿度に調整してくれます。 また吸込口には抗菌フィルターが設置されているため、衛生面も安心です。 「洗濯物がカラッと乾く」 「しっかり除湿できて衣類もよく乾く」 など、衣類乾燥の性能がしっかり評価されている商品ですので、信頼性の高さも魅力。 高性能なデシカント式衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 大型のフラップを採用することで風が洗濯物に当たりやすくなり、部屋干し衣類を 効率的に乾かすことができます。 湿度も40・50・60%の設定ができ、 除湿機としての基本性能もしっかりと備えています。 「性能もランニングコストも、コスパも最高」 「しっかり除湿してくれる」 といったクチコミ評価も高く、信頼のおける機種であるといえそうです。 コスパのよい衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 2L 便利機能 ナノイーX 少量速乾モード 花粉モード ニオイモード クローゼットモード 衣類乾燥に特化した、最新のハイブリッド式衣類乾燥除湿機 パナソニックの「F-YHSX120」は、衣類乾燥に適した機能が充実している衣類乾燥除湿機です。 搭載されたナノイーXにより、 部屋干し臭を抑えることはもちろん、家庭内に発生する8種類のカビを抑制してくれます。 干し方によって風向きを選べるため、効率よく部屋干しが可能です。 また、 少量の衣類を一気に乾かすことのできる少量速乾モードも便利。 最新商品のためユーザー評価は出揃っていませんが、前モデルの満足度が非常に高い一台ですので、さらに進化した性能に期待したいところです。 機能性の高い衣類乾燥除湿機を探している方におすすめです。 手軽な価格が魅力の衣類乾燥除湿機 シャープが販売する「CV-H71」は、価格以上の性能を発揮する大人気モデルです。 シャープの独自技術であるプラズマクラスターにより、 部屋干し衣類の生乾き臭やタバコ臭などを効率よく除臭し、カビ菌の増殖なども抑制してくれます。 「小さくてもパワフル」 「毎日大量の水をとってくれる」 など、価格以上の性能がクチコミでも評価されているモデルです。 コストパフォーマンスに優れた衣類乾燥除湿機をお探しの方にはとくにおすすめの一台です。

次の

衣類乾燥機のおすすめ9選!除湿器型も【2020年版】

乾燥機 部屋干し

POINT• 洗濯物同士は感覚をあけて干す• 布の重なりを減らす• 外側は大きく厚手のもの、内側はくつしたなど小さくて薄いものを干す これだけでも乾き方に違いがでますよ。 除湿乾燥機を使った部屋干し方法 除湿乾燥機を使うと、そのまま部屋干しするときよりも洗濯物が早く乾きます。 除湿乾燥機を置くときは、 洗濯物のすぐ下に置きましょう。 送風口から出た風が洗濯物の水分を飛ばし、空気中に広がった湿気を乾燥機がすばやく取り除きます。 ルーバーが動かせるタイプであれば、 できるだけ洗濯物全体に風があたるように調節しましょう。 サーキュレーターを使った部屋干し方法 強い風の力で洗濯物の水分を吹き飛ばしてくれるサーキュレーターも、部屋干しするときの強い味方になります。 洗濯物のが乾きにくい原因の1つに、空気が流れないということがあります。 サーキュレーターを使えば 洗濯物のまわりの空気が循環して、乾きやすくなります。 サーキュレーターも 洗濯物のすぐ下に置きます。 角度を真上にして 洗濯物に直接風があたるようにすれば、効果的に乾かせますよ。 POINT除湿乾燥機もサーキュレーターも、洗濯物のすぐ下に置くと効果的 除湿乾燥機とサーキュレーターの比較 除湿乾燥機とサーキュレーターでは、どっちがより効率よく洗濯物を乾かせるのか、電気代や乾くまでの時間を比較しました。 電気代の比較 一日5時間稼働させたとして、ハイブリッド式除湿乾燥機の電気代と一般的な首ふりタイプのサーキュレーターの電気代は次のとおりです。 ハイブリッド式 除湿乾燥機(冬) ハイブリッド式 除湿乾燥機(夏) サーキュレーター 1時間の電気代 17円 5円 0. 5円 1か月の電気代 2,550円 225円 75円 冬は ハイブリッド式除湿乾燥機が一番電気代が高く、サーキュレーターの電気代が一番安いことがわかりました。 除湿乾燥機には 夏場につよい「コンプレッサー式(取り込んだ湿気を冷媒機で冷やす方式)」と、 冬につよい「デシカント式(取り込んだ湿気を乾燥剤で乾燥させる方式)」があり、これら 2つの機能をあわせ持ったのが「ハイブリッド式」です。 ハイブリッド式は気温によって2つの稼働方式を使い分けており、 気温が低い冬は「デシカント式」で稼働します。 この 「デシカント式」はヒーターを使うために電気代は割高になるのです。

次の

衣類乾燥機のおすすめ9選!除湿器型も【2020年版】

乾燥機 部屋干し

4人家族や5人家族など、家族向けの暮らしに便利な家電品として、衣類乾燥機は非常に人気があるアイテムです。 衣類乾燥機があれば、天気が悪い日でも洗濯をして乾かすことができるため、洗濯物を溜め込みたくない主婦には憧れの家電の一つとも言えます。 そんな人気の高い衣類乾燥機は、販売されているメーカーによって容量や機能などに大きな違いを持っているものも少なくありません。 また、衣類乾燥機にはパナソニックや日立などの代表的な家電メーカーの他、さまざまなメーカーが取り扱っています。 そんな衣類乾燥機ですが、どのようなポイントを基準にして購入すれば良いのでしょうか?今回の記事では、使用環境や機能などによって向いている購入層を分け、おすすめの衣類乾燥機をランキング形式でご紹介していきます。 環境にも最適!機能性の高い衣類乾燥機の選び方 衣類乾燥機は搭載されている機能に違いが出てくる他に、使用する環境によっても選び方に違いが出ています。 また、ガス式や電気タイプといった乾燥方式があり、その点も購入する際に悩むポイントになりそうです。 そこで、使いやすい衣類乾燥機の選び方を3つご紹介していきます。 使用する環境で選ぶ まずは、使用する環境に合った選び方をご紹介いたします。 何人家族なのか 一日の洗濯量は1人あたり約1. 5kgと言われています。 これを元に計算すると、4人家族の洗濯量は約6. 0kgという具合に導き出すことができるでしょう。 そして、衣類乾燥機の容量4~6kgのものがほとんどです。 このように、家族全体で使用する容量を把握しておくことで、ムダに大きいサイズや、容量が小さくて一日に何回も衣類乾燥機を使用するという事態を避けることができます。 大きめの衣類乾燥機を置けない場合 容量が5kgや6kgというような、大き目の衣類乾燥機を置くことができないというケースも少なくないでしょう。 そのようなケースには、小型の衣類乾燥機が効果を発揮してくれます。 大量の洗濯物を乾かすのは向いていませんが、ただ部屋干しするよりも高い効果を求めることができます。 魅力的な機能で選ぶ 使用する環境に合わせた選び方とは別に、各メーカーの衣類乾燥機に備わっている、魅力的な機能についてご紹介いたします。 アイロンがけに時間がかからない「シワ取り」機能 衣類乾燥機のシワ取り機能によって、アイロンがけが楽になります。 シワ取り機能は完全にシワを取り払ってくれるわけではないため、この機能でアイロンがけが不要とはならない点に注意しましょう。 過乾燥を防ぐ「毛布乾燥」機能 毛布は過乾燥によって暖かさが損なわれてしまうことがあります。 しかし、毛布乾燥機能を搭載している衣類乾燥機であれば、過乾燥の心配もありません。 毛布であっても最適な乾燥に期待することができます。 便利機能の代表的存在「タイマー」機能 衣類乾燥機を使用する時間や終了する時間を登録しておくことで、それに合わせた運用をすることができる機能です。 タイマー機能は炊飯器をはじめとする家電製品でも魅力的な機能として知られ、衣類乾燥機を使用する上でも、魅力的な機能でしょう。 衣類乾燥機のガスタイプと電気タイプ、それぞれのメリット・デメリットで選ぶ 環境や機能で選ぶことも大切ですが、衣類乾燥機にはガスタイプと電気タイプという種類があります。 それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。 ガスタイプのメリット・デメリット ガスタイプのメリットとして挙げられるのは「電気タイプと比べて乾燥スピードが早いこと」と「使用コストが電気タイプと比べると安い」という二つが挙げられます。 ガスタイプと電気タイプの衣類乾燥機で洗濯物を乾燥させた場合、電気タイプで約150分かかるところ、ガスタイプでは約50分で終わってしまうこともあります。 また、使用コストに関しても、電気タイプが約180円かかるところ、ガスタイプは約60円と、1回の使用コストが安い点が魅力です。 ガスタイプのデメリットとしては「本体価格が電気タイプよりも高価である点」や「工事費用がかさむ」という点にあります。 電気タイプのメリット・デメリット 電気タイプの衣類乾燥機は、ガスタイプのメリット・デメリットと反対であるという認識をすると、比較しやすくなるかもしれません。 電気タイプの衣類乾燥機はガスタイプの製品と比べて本体価格が安く、工事が必要ないという点がメリットとして挙げることができます。 これは、ガスタイプよりも初期費用がかからないと考えることができます。 しかし、ガスタイプと比較すると衣類乾燥に時間がかかり、1回の使用コストが高めであることがデメリットです。 こんな環境の人は衣類乾燥機を買うべし!! 近くにコインランドリーがあるから、自宅に乾燥器がなくても平気。 日当たりがいいベランダもあるから、部屋干しで済ませている。 もしかしたらそう考えて、自宅に乾燥機は必要ないと考えていっる人もいるかもしれません。 確かに乾燥機を使えば、電気も使いますので「電気代を考えると購入を渋る」人もいるでしょう。 ですが、乾燥機の機能は年々進化しており、衣類を乾燥するだけでなく温風で乾燥させ部屋の空気を循環させる機能付きの商品もあります。 シャツやブラウスなど、シワになりやすいものはどうしても部屋干しに頼ることにもなりますし乾燥機では乾かせないデリケートな衣類もあります。 自分の家庭や環境にあった乾燥機が1つあれば、いざという時もお気に入りの服をサッと着て出かける事も可能です。 衣類乾燥機は部屋干し衣類がある人におすすめ 女性のブラウスやストッキング・タイツ・ランジェリーは、衣類乾燥機を使うことができませんので必然的に部屋干しすることになります。 天気が良ければ、ベランダの窓際で乾かすこともできますが外から見える場所に乾かすことはできません。 そんな時には「送風式」の衣類乾燥機がおすすめです。 タイマー機能があるものなら、出掛ける前にセットしておくだけでしっかり乾燥。 部屋もカラッとすっきりします。 一人暮らしにもおすすめしたい衣類乾燥機 一人暮らしに人は、まとめて洗濯・コインランドリーで乾燥機のパターンも多いようですが、コンパクトな乾燥機があれば天気の悪い中洗濯ものを持ってコインランドリーまで出かける必要もありません。 乾燥機は高額!なイメージを持っているかもしれませんが、小型乾燥機ならスマホより安いです。 置き場所にも困りませんし、送風タイプはリーズナブルな価格で手に入れられます。 雨の日でも快適&便利!おすすめの衣類乾燥機15選 ここからは、ランキング形式にて、おすすめの衣類乾燥機15選ご紹介いたします。 環境に合わせたものや、機能性の高いものなど、おすすめの衣類乾燥機を選びました。 スパイラル気流で温風がしっかり衣類を乾燥さえるだけでなく、ピンポイント送風も可能。 急いで乾かしたい衣類も楽々です。 左右首振り機能のワイドスイング送風では、広範囲に送風できるので洗濯ものが多い時にも便利です。 サーキュレーターとしても使用ができますので、冷房・暖房の空気循環効率アップに使用できます。 アイリスオーヤマ 衣類乾燥機 カラリエ IK-C500の評判・口コミ 浴室乾燥もついてるのですが、ガス代がきになるし、思いの外乾かなくてストレスだったため、こちらを購入しました。 短時間で乾いてくれるので、ストレスが減りました! 交換の対応も迅速で、素晴らしかったです! 雨の日、洗濯物の部屋干しに除湿器にするか、迷いましたが、除湿器は冬も夏も使えるハイブリット式のものだと、かなりのお値段するので、お値段的にもお手頃のこちらにしました。 雨の日は洗濯機の風乾燥をして、浴室の換気扇を回し浴室でこのカラリエの速乾モード首振りで4時間で、家族3人分の洗濯物がほぼ乾きました。 浴室内は一晩中換気扇を回しているので朝には乾燥している状態です。 3月のかなり寒い日で4時間で乾いたので、真冬でも行けそうな気がします。 おかげで雨の日、浴室で洗濯物が乾かせるようになったので、部屋がごちゃごちゃしなくなりました。 2kg・スパイラルドライ気流・乾燥ヒーター・ワイドスイング送風・タイマー機能 部屋干しをする時の強い味方 小型の扇風機型になっている衣類乾燥機になります。 部屋干しをする際に、ピンポイントで風を送ることができる点や、約90度の範囲に渡って送風することができる点が魅力です。 ヒーター乾燥機能を搭載しているため、冬でも衣類乾燥に期待を持つことができます。 部屋干しは今まで扇風機で乾かしていたという方に試してみてもらいたい製品です。 アイリスオーヤマ 衣類乾燥機 カラリエ IK-C300-Aの評判・口コミ 扇風機よりも全然早く乾かせます。 温風の温度がもう少し高ければ良かったのですが、首振りもタイマーもついているので良しとしましょう。 既に1ヶ月近く毎日ガンガン使用しておりますが、問題なく使用できています。 すぐに届けて頂き、助かりました。 思ったより稼働範囲は狭かったですが、お値段、静かさ共に満足です。 今までは洗濯物を乾かすのに除湿機でしたが、水を捨てる手間などもなく、便利です。 5kg・スパイラルドライ気流・乾燥ヒーター・ワイドスイング送風・タイマー機能 持ち運びしやすい軽量タイプの衣類乾燥機 第15位にご紹介した「カラリエ IK-C300-A」よりも軽量になっている、衣類乾燥機です。 基本的な機能は変わりませんが、軽量化することでシューズボックスや浴室乾燥など、あらゆる場所で使用しやすくなっています。 また、衣類乾燥で利便性を発揮するタイマー機能は「2・4・6・8・10時間」から選択することが可能です。 アイリスオーヤマ 衣類乾燥機 カラリエIK-PL300-Aの評判・口コミ 金額的に半信半疑で購入しましたが大正解でした!部屋が1階なので部屋干しなんですが、湿気が多い季節の生乾き臭に悩まされていました! 乾きも早いし、音も気になりません! 毎日利用してます。 ガスタイプであるため、初期費用はかかりますが、使用コストや乾燥時間が短縮できる点が魅力になります。 部屋干しをすると湿気やニオイが気になるという方におすすめです。 使い勝手の良い5kgという容量の他、毛布乾燥とタイマー機能が付いているため、利便性の高さも感じることができる衣類乾燥機になります。 Panasonic 衣類乾燥機 5kg NH-D502P-Wの評判・口コミ 音も静かでドラムがステンレスなので綺麗 清潔感がある ふんわり乾燥できて満足です 冬の部屋干しの補助に使っています。 同じ機種を10年くらい使ったので、買いなおしですが満足しています。 タオルなど仕上げに使うとふんわりします。 ガスタイプで素早く衣類を乾燥してくれるため、洗濯からアイロンがけまでの時間短縮に繋がります。 リンナイ 乾太くん RDTC-53Sの評判・口コミ 男の子の双子の幼児を抱える我が家としては、梅雨時や冬は洗濯破綻をきたしていました。 以前電気式の乾燥機を使ったことがありましたが、二時間かけてもまだ乾かない上に、うっかり料理で電子レンジを使ったらブレーカーが飛ぶといった有り様でしたので、ガス式のものにしようと思いました。 さらに家庭用に比べ、一万円程の価格差だったので、それならばタフな方を買おうと思い本製品を選択。 結果、夫婦で「乾燥機様」と呼ぶ程、大満足。 乾燥時間は満タンに入れても30~40分と極めて速く、仕上がりはふんわり。 やはり電気より燃料燃やす方が圧倒的に効率が良いです。 星5つと言わず星7つ位付けたい神製品です。 マンションで使用・お風呂横の洗濯機の上に設置を希望していたが、排気ダクトが通常排気とは別に外へ出さないと行けないらしくベランダへ設置しました。 (置き場所も避難通路の幅がないと設置不可のようですが業者確認設置可確認)ガス管は業者に窓側まで工事してもらいました。 ベランダへ自分で設置(自己責任)音はボイラー音?初め気になりましたが排気音ダクトを自分で作成し気にならなくなりました。 乾燥機自身の感想は満足で普段着の乾燥1回分が乾燥35分ぐらいで完了、すぐに服をたたんでタンスへ入れられます。 苦労した甲斐がありました。 室内からの配管と電源はコンセント式で簡単です。 5kg・電気タイプ・毛布乾燥機能・ヒーター乾燥・シワ取り機能 しっかりとした仕上がりとシンプルなデザインが特徴 ふんわりとした肌触りで、ゴワゴワしない仕上がりが魅力として挙げられている衣類乾燥機です。 シンプルなデザインが特徴的ですが、十分な機能性も持っているため、毎日の洗濯を楽しむこともできるでしょう。 部屋干しの生乾き臭とはおさらばできますね! 東芝 ED-45Cの評判・口コミ 以前使っていたものが壊れて同じタイプを探していました。 大型量販店では単独の乾燥機がなかなかなく、取り寄せだったりしたため、こちらで購入しました。 発送も迅速で設置も問題なくして頂けて良かったです。 洗濯物の乾きが悪い梅雨時、冬場などは毎日のように使ってます。 以前も東芝のランドリエという乾燥機を26年間使用。 東芝製品は耐久性があるのではないかと、今回も東芝製を購入しました。 まず音が静かになった!これにはビックリしました。 次に振動がほとんど無く、マンション住まいですが夜中の使用も 階下の住人を気にせずに乾燥機を使用できる。 洗濯物が絡まないようにドラムが逆回転して、結果取り出しがとても楽にできると 家内に大好評。 全員花粉症なので、花粉フィルター付きはありがたい。 こんな感じです。 0kg・電気タイプ・毛布乾燥機能・ヒーター乾燥・シワ取り機能 衣類が多めのご家庭に向いている衣類乾燥機 第9位の「東芝 ED-45C」よりも容量が大きくなっているタイプです。 最大6. 0kgまでの衣類を乾燥させることができます。 「東芝 ED-45C」よりも、大家族で衣類が多く出てしまうご家庭や、2日分の洗濯物をまとめて洗濯するご家庭に向いている衣類乾燥機です。 東芝 ED-60Cの評判・口コミ 札幌なので、冬はなかなか乾かないと大変です。 今のところ、特に問題なく家族のために使ってます。 とても満足してます 最近購入したのですが、とても便利です。 自宅で洗濯物の量が大変でも、 乾燥機があるので乗り越えられそうです。 第7位:ALUMIS アルミス 小型衣類乾燥機 乾燥機容量 2. 5kg ASD-2. 5kg・電気タイプ・ 冷風、熱風2段階選択 コンパクトサイズで1人暮らしに最適の衣類乾燥機 衣類乾燥機の容量としては特に小さい2. 5kgというサイズではありますが、1人暮らしをしている方に適している衣類乾燥機と言えます。 衣類乾燥機としての性能をしっかりと持ちながらも、冷蔵庫の上でも設置できるコンパクトサイズは非常に特徴的です。 ワンルームや1Kなど、家電を設置するスペースが限られている場合にもおすすめの衣類乾燥機です。 また、消費電力は850Wとなっています。 ALUMIS アルミス 小型衣類乾燥機 乾燥機容量 2. 5kg ASD-2. 5Wの評判・口コミ 全自動洗濯乾燥機の乾燥部門が故障。 買い替えるにはもったいないし…。 で、購入。 大きさだけは仕方ないです。 今までの洗濯機の上の空間が無くなりました。 それ以上の働きをしてくれています。 急に乾燥機が壊れてしまい。 使っていた物より0. 5㌔小さいから悩んだけど…うんうん確かに小さいでも音が前より数倍小さくてうるさくないからいいですね。 普通によく乾きます。 私は満足してます。 衣類乾燥機の定番とも言えるシワ取り機能や、利便性の高いタイマー機能が備わっているため、効率的に使用して行くことができる点も魅力です。 パナソニック NH-D603の評判・口コミ こちらの商品にした理由は、乾燥後の「ふんわりキープ」を選択しない機能があるからです。 深夜電力で夜中乾燥するし「ふんわりキープ」は、要らないと思っていました。 無駄な電気を使わなくていいので、安心して眠れます。 仕上がりもしっかり乾燥されていて、音も気になりません。 使い方も簡単です。 以前、ドラム式の洗濯乾燥を使用していたのですが、6年で故障し、やっぱり、縦型洗濯機+衣類乾燥機に戻しました。 発送も早く届けていただきました。 ありがとうございました。 最高です!!買って良かった!!と天地がひっくり返る位 嫁が大喜びです。 お陰様で晩御飯は焼肉でした。 有難う御座います。 焼肉美味しかったです。 0kg・ガスタイプ・毛布乾燥機能・シワ取り機能・タイマー機能 ガスタイプならではのスピーディな衣類乾燥が魅力 初期費用が高いというデメリットがあるガスタイプの衣類乾燥機ですが、衣類を乾燥させるスピードや使用コスト、仕上がりに関しては、文句なしというコメントも多く見られます。 ガス代もそれほどかからないということで、導入するご家庭も多いようです。 ガスタイプで素早く衣類を乾燥させることができる他、利便性の高いタイマー機能も搭載しているため、より効率的に洗濯・乾燥することができます。 力強い温風でカビなどの除菌もしっかり行ってくれるので、赤ちゃんがいる家庭でも安心の衣類乾燥機です。 梅雨の時期にはもってこいではないでしょうか。 0kg・電気タイプ・毛布乾燥機能・ヒーター乾燥・シワ取り機能・タイマー機能 充実した機能で衣類乾燥の効率アップ! 充実した機能を用いることで、衣類をふんわりと、やさしく仕上げてくれる衣類乾燥機になります。 タイマー機能では、15分刻みに設定できるので、電気代の節約にもなるのではないでしょうか。 ドラム式の衣類乾燥機となっており、乾くスピードも速いのが特徴です。 容量は4. 0kgとなっているため、2~3人家族向けのサイズ感です。 日立 4. 0kg 衣類乾燥機HITACHI DE-N40WX-Wの評判・口コミ 早く買えばよかったです! 独り身なので洗濯干すにも悪天候だと干せず洗濯物が滞留してしまい悩む毎日でした。 前のはもう7. 8年前のもので、それに比べて軽く、タイマーも15分、30分と、設定できるので助かります。 注文から2日ほどで手元に届きました。 購入し、一カ月ほど経ちますが快調に毎日使用しています。 0kg・電気タイプ・毛布乾燥機能・温風乾燥・ヒーター乾燥・シワ取り機能・タイマー機能 静音性にも優れ、効率的な衣類乾燥に期待できる衣類乾燥機 第3位の「日立DE-N40WX」よりも容量が1. 0kgアップし、機能にも温風乾燥が搭載された、一つ上位のタイプになります。 衣類乾燥機の中でも比較的静音性に優れ、その機能性の高さから、効率的な衣類乾燥を行うことができる点が魅力です。 運転音が静かなので、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめの製品です。 日立 これっきりボタン DE-N50WV 割りと静かで振動が少ないので良かったです 乾燥時間も早いですね 操作もシンプルに電源入れてスタートだけ(前回の設定を記憶しているのですぐにスタートできる) あと、フィルターが掃除機で掃除して使えるのでコストが安く済みます 初の乾燥機購入なので、他とは比べられませんが、満足しています。 洗濯後は、コースを選ばなくても、おまかせで良いので、楽ちんです。 雨の日の憂鬱が減りました~。 0kg・電気タイプ・毛布乾燥機能・温風乾燥・ヒーター乾燥・シワ取り機能・タイマー機能 圧倒的な人気を誇る衣類乾燥機 第2位でご紹介した「日立 DE-N50WV」よりも容量が1. 0kgアップした、6. 0kgタイプの衣類乾燥機です。 ボタンを押すだけで乾燥機を始動させることができるシンプルさや、衣類乾燥機の中でも高い静音性を持つため、音のストレスを感じることも少ないようです。 容量が6. 0kgあるため、一度にたっぷりの洗濯物を乾燥させることが可能で、効率的に衣類乾燥を行える点も魅力となっています。 あらゆる環境に適し、十分な機能性を誇る衣類乾燥機として、圧倒的な人気を誇っていると言えるでしょう。 シワ取り機能までついているので、小さいお子様がいて家事の短縮をしたい!という忙しいお母さんにもおすすめの製品です。 日立 6. 0kg 衣類乾燥機HITACHI これっきりボタン DE-N60WV-W評判・口コミ 今までは浴室乾燥機を使用してましたが、 衣類乾燥機を買った事でいつでもお風呂へ入れて最高です。 なので毎日フル稼働しています。 しかし電気代が安いような気がしています。 前の物よりも燃費がよく、また6キロとたくさん入るからでしょうか?10年くらい使いたいです。

次の