マグナ 250。 ホンダ(HONDA) Vツインマグナ

V−TWIN MAGNA(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】

マグナ 250

マグナって『マグナが好きだから乗ってるんだ!』って意見持てそうですけど、DSだと400と比べちゃいますね。 普通二輪の中では。 僕はシャドウ400とDS400で迷った経験があります。 悩みに悩んでシャドウを購入しました。 後悔もしていませんし大変愛着持ってます。 ただしDSも非常にいいバイクだと思います。 中古車希望なら、ひとまず両方の見積書をもらってみてください。 中古車はタイミングが重要だと思います。 チェーン店いいと思いますよ。 便利だし。 後悔もしていません。 ちなみにご存知だと思いますし他の方も同じことおっしゃっていますが、悪い店は悪いです。 チェーン店か否かに関わらず。 当然いい店はいいです。 ツーリング仲間にDS250乗りとDS400乗りがいます。 燃費で言えばダントツDS250です。 ただ皆さんもおっしゃっておられるように車体がかなり小さいです。 ちなみにDS250乗りは女性で150センチくらいの人です。 これぐらいの体格の人が乗るならDS250も有りだと思います。 ご友人がエリミ乗りなのでしたら一緒に走る事もあるでしょうから DS250だとワンサイズ小さなバイクに見えるのでどうかと思います。 DS400だと問題ないとは思いますが。 250で考えておられるようですのでマグナが良いと思います。 Phantom200もよさそうなバイクなんですけど 200ccですし単気筒ですから好みでは無いかもですね。 自分は50 250 400 大型…とバイクを所有してきましたが… 維持費の境目は車検代 2年に一度の5〜6万 を除けば 『原付クラス 125スクーター等含む と250以上』 しか思ってないです 自動車であれば税金も任意保険も数万円単位で違いますし、ガソリン代も何千円単位で違いますが、バイクの税金と任意保険なんて原付クラスか中型クラス以上かでしか分けてないし、ガソリン代も『そのバイクのタンクが沢山入るかどうか』でしか給油時の差はナイと思ってます 自分は中型乗ってる時と大型の今と維持費が変化した実感はありません タイヤがちょっとだけ高くなったくらいです 大型になってから『カスタム熱』が湧いたのでカスタム費用はかかりましたが、友人の250ccのCRMに乗っているヤツもカスタム費用はえげつないです カスタム費用は排気量は関係ないと思います ガソリン代が年間で見た場合、中型より高くついたのは長距離に出かける機会が増えただけです 年間の税金や任意保険の違いは 『一回の外食した金額程度』なので維持費の違いで考えるならば、車検代だけを考えていいと思います 自分はマグナに乗っています。 断然マグナ派です。 250に乗っているとどうしても400以上との「鼓動感」の差が気になってしまうのは否めません。 ですが、車検の恐怖に負けて250にしました。 車検はお金がかかるということ以外にも、車検でカスタムがひっかかるという可能性もあります。 まぁ車検にひっかかるカスタムしちゃだめですけど笑 そういう意味では250は自由度が高いと言えます。 つまりワンオフパーツの可能性も広いと言えます。 前置きが長くなりましたが、DSの方がカスタムパーツが多いというのは大して差にはならないと思います。 カスタムする前提で話をすすめてますが、カスタムする気なら目指す姿、方向性を考えてみて下さい。 クラシックならDS、ドラッグならマグナ 個人的な見解からの一例 、といったその車種が向いている方向性があると思います。 あとマグナはデカイと言われますが、タッパある人が乗るとやっぱり250なんだなという感じです 自分はちびなので大丈夫ですが笑。 やはり横幅の迫力が大型の迫力なんだと思います。 その点では車体が小さいと言われるDSも、ロー&ワイドをテーマにしているだけに前後から見れば良く見えます。 色々と挙げてみましたが、どっち付かずな文になってしまいました。 最後になりますが、実は自分もその二択で迷いました。 自分がなぜマグナにしたかと言いますと、バイク好きで尊敬でき頼れる友達がマグナと言ったことと、バイク屋を巡って今の相棒と出会ってしまったことが理由です。 バイク屋の人もバイクは「出会い」だと言っていました。 じっくり考えて、衝動買いしてください笑 長文失礼しました。 皆さん、貴重なご意見ありがとうございます。 先月、DS250のパールホワイトを購入しました。 結局、予算30万ぐらいといいながら、新車で買ってしまいました。 実車を見ての一目ぼれでした。 やはり、決定打は実際に見て、跨ってですね。 まだ500km程度しか走ってませんが、 やはり高速走行はしんどいですね。 今後、遠方ツーリングに行くためにも 高速は避けられませんが・・・。 下道を60-70kmくらいで流すのがとても気持ちいいです。 250なのでパワー不足は想定範囲内ですし、 車高も低く安定していて、とても運転しやすいです。 ビギナーや女性にオススメの理由もわかります。 パールホワイトカラーもクラシカルでとても気に入っており、 非常に満足のいく買い物になりました。 今後のアメリカン250購入予定の方の参考になると 思いますので、トピは消さずに残しておきますね。

次の

マグナ250: 気ままな父親日記

マグナ 250

新型レブル250とVツインマグナ どっちが買いですか? 私的にはエンジンの違い、無論デザインも違うけど、それ以外はほとんどおんなじ印象です。 特筆すべきはエンジンがCBR 250SSと同 じで ギアレシオも数値上は同じなんですね。 かといってライディングポジション的に必要のない速度とも思います。 Vだと振動、鼓動感が単気筒に比べ薄いですかね? 決めてはやはり鼓動感かなと。 補足極めて残念です。 250で鼓動感が得られるものを探していたので。 ありますかね? 若い頃は見た目重視で乗っていましたが、それを過ぎた今はのってて楽しい方が優先されまして。 気づくのが遅いんですが。 そこでSR400を試乗した際すごい突き上げでびっくりしました。 でも恥ずかしながらできれば250ccでほしいです。 よくにたエストレアは静かと聞き、 全然違うけどスズキ バンバン、グラトラビッグボーイは震動感はあるけど、年的におしゃれバイクは似合わないかなと思っています。 言いたいことは最初の回答者が全部代弁してくれたけど、どちらかと問われればやっぱりレブルですよ。 このクラスに鼓動感など求めることがナンセンスです。 どちらも洒落で乗るバイクです。 これは貶しているのではなく褒め言葉です。 マグナは250ccなのに、いっぱしのパフォーマンスクルーザールック。 そこに洒落が利いている。 レブル(反抗者)はその名のとおり、大艦巨砲主義のクルーザーのヒエラルキーを皮肉っている。 ホンダはわかってやっている。 どちらもお洒落なバイクなのですよ。 そこをよく踏まえた上で乗らないとダサダサになります。 「鼓動だ!振動だ!」なんて言ってたらイタイだけです。 マグナ250に乗っています。 「鼓動感がなければアメリカンじゃない」という風に アメリカンを定義している方からみると 「マグナはアメリカンではない」 という結論になるんでしょう。 確かに鼓動感はあまりありません。 マフラー変えればそれなりにできるみたいですし、 そういうマグナも見かけたことがあります。 ドラッグスター250にも乗っていますが、 こちらも同じで鼓動感は皆無。 マグナの方がまだ鼓動感はある方です。 ノーマル状態で大型アメリカンと同程度の 鼓動感を求めるのはまあ無理だと思います。 ただ、マグナもドラスタもアメリカンとか考えずに 一台のバイクと考えたらどちらも乗りやすくて快適なバイクですよ。 以前も書いたことあるんですが、 同じ250でもマグナとドラスタは乗り味が全然違います。 マグナもそれほど走らないわけじゃないですしね。 それを踏まえて結論ですが、 マグナに乗っている自分でも 今選ぶなら新型レブル一択です。 マグナは2007年に生産終了しているモデルです。 昔売れてたこともあり、今でも多く中古で出回っますので 手に入れやすいですが、やはり古いバイクです。 汎用部品では代替できない部品が出てきてもおかしくない状況です。 そういう点でもレブルがいいです。 外観も個人的には好みですしね。 エンジンの上のほうがスカスカなのだけ気になりますが…。 Vツインマグナに乗ってます。 結論から言うならレブル250でしょう。 新車を買えるなら新車に越したことはないです。 マグナは絶版から10年経ちます。 新しくても10年前の車両で、新車はなし。 当然いろんなところにガタがきます。 自分も毎年のようにいろんなところを整備しながら乗ってます。 それも楽しみの一つですが。 部品もなくなってきてるし、この先は怖いですよ。 それでもマグナの形や走りが好きで乗ってるから、その点においては不満なし。 レブルもカッコいいと思います。 走りについては遜色なし。 250クラスに走りの違いなんて感じられません。 長く乗るならレブル、自分の好みを追及するならマグナといったところでしょうな。 250なんだから、そんな事は全くない。 鼓動感なんて、存在しない。 単にアメリカンのカタチをした、コミューター 安易な移動手段 に過ぎない。 アメリカンは最低でも、単気筒辺り、500ccくらい無ければ成立しない。 ハーレーでも、最低排気量は883だ。 他は、皆、1000cc以上、1500cc辺りが今や中心になっている。 エンジンが回りすぎて、爆発間隔が近くなって、音が連続してしまう。 だから、そんな感覚上の想像の話なんて消し飛んでしまう。 ツインだろうが、シングルだろうが、音はボーッと連続して聞こえ、振動は皆無で、何も感じない。 比べる意味がない。 日本の、普通二輪免許で乗れる排気量のアメリカンは全部フェイクだから。 フェイク、パロディと、わかって乗るならカッコいいが、本気で鼓動だの、テイストだのを語り出すなら、カッコ悪い。 滑稽だ。 排気量で差別する積もりもないし、ハーレーは大嫌い、アメリカン大嫌いだが、あのアメリカンのおおらかな感じは、時速90マイル=アメリカの制限速度以内で、音が連続しない。 爆発1つ1つが別れて聞こえ、そこまでの走りが気持ち良い事。 それに尽きる。 大きな排気量のエンジンをユルユル回して、1つ1つの爆発を右手で拾いながら走ることが、アメリカンの醍醐味。 それには排気量が必要。 250や400、750でも足りない。 1000は必要だと思う。 それくらいないと、トルクが足りない。 だから、回さないと走れない。 回すから音が連続してしまう。 だから、250クラスでテイストの話なんて出来ない。 機構的に意味がない。 カタチだけで、選んで、カタチを、愛でる乗り方をするのが正しい。 味なんて無いのですから。

次の

マグナ250|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

マグナ 250

25位 4. 5点 評価人数:70人 台 61件 1052人 1件 車輌プロフィール 1994年6月に発売されたV-ツインマグナ(ホンダの正式なカナ表記)は、第30回東京モーターショー(1993年)に参考出品され、軽二輪車らしからぬほどの存在感溢れる堂々としたプロポーションや、各部の凝った作り込みなどで、大きな反響を得た本格的なアメリカンモデルった。 搭載された249ccの水冷4ストV型2気筒エンジンは、MC15Eの原動機型式からもわかるように、スポーツバイクのVT250シリーズと同じもの(時代的にはゼルビスと同時期)。 VT250スパーダ、ゼルビスと、扱いやすさやツアラー的な性格を持つようになったこのエンジン(MC15E)は、アメリカンツアラーとしてのV-ツインマグナにうってつけだった。 フロントサスペンションにシンプルな構成のテレスコピック式を、リアには5段階のプリロード調整機構付きサスペンションに角型断面のスイングアームを組み合わせて採用していた。 97年にハザードランプを装備するなど、何度かマイナーチェンジを受けたものの、大きな仕様変更はなく生産が続けられたが、2007年の9月1日に、継続生産モデルに対して平成18年排出ガス規制が適用されたのを期に、新車ラインナップから外れた。 タイプグレード名 V-TWIN MAGNA モデルチェンジ区分 カラーチェンジ 型式 BA-MC29 発売年 2006 発売月 11 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2315 全幅 mm 880 全高 mm 1065 ホイールベース mm 1620 最低地上高(mm) 130 シート高 mm 690 乾燥重量 kg 172 車両重量 kg 184 最小回転半径(m) 3. 1 圧縮比(:1) 11 最高出力(kW) 20 最高出力(PS) 27 最高出力回転数(rpm) 10000 最大トルク(N・m) 23 最大トルク(kgf・m) 2. 3 最大トルク回転数(rpm) 7500 燃料供給方式 キャブレター 燃料タンク容量 L 11 燃料タンク・リザーブ容量 L 2. 9 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 396. 0 エンジン始動方式 セルフスターター式 点火装置 フルトランジスタ式 点火プラグ標準搭載・型式 CR8EH-9 点火プラグ必要本数・合計 2 搭載バッテリー・型式 YTX7L-BS バッテリー容量 12V-6. 4 エンジンオイル量(オイル交換時) L 2. 1 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 1. 9 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・5段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 2. 821 2次減速比 2. 714 変速比 1速 2. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 3. 5 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2. 00 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.

次の